車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月16日 イイね!
静岡空港 旧車ミーティング (2017年4月)

今日は静岡空港・旧車ミーティングに行ってきました。桜の開花も遅かった今年の春ですが、今日は、初夏を思わせるような暖かい陽気になり、とても気持ちのいい、日曜日となりました。午前中、素敵なクルマを見学しているだけでも日に焼けるほどの陽気でした。今日も魅力的なクルマがたくさん来ていました。


今日、一番カッコイイなと思ったクルマは、このジネッタG15。
G4やG12は、時々見かけますが、G15は初めてみました。


   オーナーさんの話では、G15は、G4やG12のようなレーシングカーフィーリン
   グでは無いということでした。


   車両重量は、600kgを下回るということ。軽快なスポーツドライビングが楽し
   めるクルマなんだろうなと思います。


   エンジンがリアエンドに搭載されいるため、重量配分は後ろに掛かっており、
   コーナリング中、テールが流れるようなことは無いか聞いてみると、車両重量
   が軽いことからそのようなことは無いということでした。


   7000回転までストレスなく回るエンジンですが、回し過ぎるとエンジンが
   壊れてしまうため、エンジン回転には注意しているということでした。


内装も素敵なので、ドアを開けていただき、撮影させてもらいました


   取り付けられている小径ステアリングからもクイックなハンドリングが想像
   され、バケットシートにより、正確なハンドリングでコーナーをトレースでき
   る様子が想像されます。運転するのがとても楽しそうです。


   最近スポーカーでも液晶パネルを採用しているクルマがあるけど、スポーツカ
   ーのメーターは、アナログメータでなきゃ、だめですよね!
   メッキのメータリングが輝く、7連メータは機能的にも見た目にもグッドです。


今日はオーバル・ビートルが2台並んでいました


オーバル・ビートルが2台並んでいる姿は珍しいですよね


こちらは、静岡空港のミーティングでは、いつも見かけるビートル。
いつも、素敵だなと思って拝見しています。今日も綺麗な状態でした。


私は初めてお目に掛かった、ホワイトリボンが印象的なビートル。
このビートル、外装も素敵ですが、内装やエンジンも素敵でした。


   内装のシートや内貼りの色は艶やかな赤でダッシュボードの黒との相性がよく
   
カッコイイよかったです。後付されたタコメーターなどのメータ類が、スポー
   ティな雰囲気を醸し出しています。


マフラーの輝きも綺麗な輝きを放っておりカッコよかったです


ツインキャブで武装したエンジンもとても綺麗で常に手入れされている感じです


   常連さんのビートルも同じようにツインキャブ仕様。こちらのエンジンもいつ
   も
綺麗な状態です。


   今回のミーティングには、ビートルと同じエンジンを積んだ、こんなクルマも
   来ていました。


真後ろから見ると、こんな感じのクルマです。初めて見ました。


車名はわからないのですが、EMPI IMP バギーなのかな~


迫力のあるバギースタイルが注目を浴びていました


コックピットも必要最小限のスパルタンな内装でした


今日はトヨタ2000GTも2台来ていました


何度見ても、かっこいいクルマです


こちらは定番のハコスカGT-R。でも今日はハコスカはこの1台だけでした


フェラーリも4台登場していました。まずはディノ


次は308GTB。この頃のフェラーリのデザインは好きですね


   インチアップされた328GTS。でもこのホイール17インチでした。
もっと、
   大きいホイールに見えます。


最後は360モデナ。外観も排気音も超迫力のマシンでした


   内装を見ると、コンペティションカーの雰囲気です。サーキットで活躍されて
   いそうなコックピットでした。
Posted at 2017/04/16 21:15:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 静岡空港 旧車ミーティング | クルマ
2017年04月09日 イイね!
川根の桜まつり

桜トンネルで有名な川根の家山に行ってきました。
桜がようやく咲いたと思ったら週末は雨。
午後になって
雨が止んだので花見に出かけました。
桜はちょうど満開で見頃でした。



家山駅で出発待ちしているSL。桜の下の菜の花がいいアクセントです


「さくら」のヘッドマークを付けたSLが家山駅を出発します
川根の桜まつりは今日までなので、ヘッドマークも今日までかな?


桜トンネルの桜も満開で、綺麗な桜のアーチが出来ていました


午前中が雨模様だったせいか、見物客は、例年より少ない感じでした


すでに桜が満開のだったので、桜の花びらも散り始めていました


線路の周辺もたくさん桜が咲いています。こんな感じでSLを撮りたかったな


こちらは家山川の土手の桜。遠くには家山名物の鯉のぼりも見えます


土手の桜もトンネルのようになっていて、気持ちよく散歩することができます


今年も家山の桜もきれいに見ることができました
Posted at 2017/04/09 20:44:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | SL | 日記
2017年04月05日 イイね!
MEGAWEB探訪 パート3

最後のパート3では1階フロアに展示されていたプラモデルついてレポートします。
トヨタ車のラリーカーの展示に合わせて、ラリーカーのプラモデルが展示されていました。
作品は「We are Rally car modelers Community」というラリーカー模型製作クラブの方々が作成したものでした。市販のプラモデルをベースに個々のレースに合わせたカスタマイズが見事でした。


今回、写真撮影したのは、展示ケースの前列に飾られていたラリーカーです。
後列は撮影しにくかったので撮りませんでした。


     Renault 8 Gordini
     1969 Rally Automobile de Monte-Carlo
     Driver : Jean-Luc Therier
     Result : 5



     Lancia Fulvia 1.6 Coupe HF
     1972 Rally Automobile de Monte-Carlo
     Driver : Sandro Munari
     Result : 1



     Lancia Stratos  HF
     1975 Rally Automobile de Monte-Carlo
     Driver : Sandro Munari
     Result : 1



     Lancia Rally 037
     1985 Tour de Corse - Rally de France
     Driver : Attilio Bettega
     Result : R


     Triumph TR7
     1977 Tour de Corse - Rally de France
     Driver : Brian Culcheth
     Result : 11


     Audi Quattro A1
     1983 Rally Automobile de Monte-Carlo
     Driver : Michele Mouton
     Result : R


     Mitsubishi Lancer Evo Ⅰ
     1994 Rally Automobile de Monte-Carlo
     Driver : Kenneth Eriksson
     Result : 5


     Mitsubishi Lancer Evo Ⅴ
     1998 Rally Catalunya - Costa Brava - Rallye de Espana
     Driver : Tommi Makinen
     Result : 3



     Ford Focus RS WRC '04
     2005 Rally Automobile de Monte-Carlo
     Driver : Toni Gardemeister
     Result : 2



     Suzuki Swift S1600
     2009 Rally RACC Catalunya - Costa Daurada
     Driver : Aaron Burkart
     Result : 37

     Toyota Celica 2000GT (TA22)
     1973 Daily Mirror RAC Rally
     Driver : Ove Andersson
     Result : 12


     Toyota Celica 2000GT (RA20)
     1977 Lombard RAC Rally
     Driver : Hannu Mikkola
     Result : 2


     Toyota Celica 2000GT (RA40)
     1981 Tour de Corse - Rally de France
     Driver : Per Eklund
     Result : 6


     Toyota Celica Twin-cam Turbo (TA64)
     1984 Oman International Rally
     Driver : Mohammed Bin Sulayem
     Result : R



     Toyota Celica Twin-cam Turbo (TA64)
     1985 Rally Cote d'Ivoire
     Driver : Juha Kankkunen
     Result : 1



     Toyota Celica GT-Four (ST165)
     1989 Commonwealth Bank Rally Australia
     Driver : Juha Kankkunen
     Result : 1


     Toyota Celica GT-Four (ST185)
     1992 Safari Rally
     Driver : Carlos Sainz
     Result : 1


     Toyota Corolla WRC
     1998 Rally Automobile de Monte-Carlo
     Driver : Carlos Sainz
     Result : 1



     Toyota Corolla WRC
     1998 Safari Rally Kenya
     Driver : Didier Auriol
     Result : 4



     Toyota Corolla Levin (TE27)
     1975 Jyvaskylan Suurajot - Rally of 1000 Lakes
     Driver : Hannu Mikkola
     Result : 1

Posted at 2017/04/05 21:11:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | MEGAWEB | クルマ
2017年04月04日 イイね!
MEGAWEB探訪 パート2


パート2では1階フロアについてレポートします。
1階では3/24(金)~6/25(日)の間「日産ラリー車 特別展示」が行われていました。
日産ラリー車以外にも見所はたくさんありました。


このクルマは1971年のサファリラリーで優勝したフェアレディ240Z


   日産では、かつて国内外で活躍した数々の名車を再生するプロジェクトを行っ
   ている。
このフェアレディ240Zは2013年12月1日に約40年の時を超えて蘇ら
   せたクルマだ。


   クルマの脇には、当時の様子がうかがえる写真が何枚か飾られている。こんな
   昔の写真を見るのもいいものです。


1971年のサファリラリーは、3台体制で臨み、1-2フィニッシュを達成している


こっちは、1970年のサファリラリーで優勝したブルーバード1600SSS


   70~80年代にかけて、「ラリーの日産」といわれるほど、当時のラリー界で
   強い存在だった。


   1958年にオーストラリア1周ラリーのAクラスで優勝したダットサン 1000
   セダン 210 富士号。


   綺麗に再生されているが、レース時のバトルダメージはそのまま維持して再生
   されている。
ラリーカーはバトルダメージを残した方が、レース時の凄まじさ
   が再現され、カッコイイですよね。


   「MEGA WEB」はトヨタが運営するテーマパークだから、日産だけでなくト
   ヨタのラリーカーも展示されている。


   1997年の欧州向けカローラをベースに作られたラリーカー。
1999年には通算
   4勝を挙げ、マニュファクチャラーズチャンピオンを獲得している。


   1995年に第43回・サファリラリーに出場し、藤本吉郎が日本人として初めて
   サファリ・ウィナーとなったセリカGT-Four(ST185)。サファリラリーの荒々
   しさは、このクルマの外観を見ただけでも感じさせられる。バトルダメージを
   受けたラリーカーはやっぱりカッコイイ。


   ST185の後継のST205。このクルマはコルシカラリー優勝車のレプリカであ
   る。綺麗なラリーカーは、どこか迫力感が無いように感じてしまう。日産の
   再生プロジェクトでバトルダメージを残している理由がよくわかる見本だ。
 

   1983年から「グループB」で争われるWRC参戦用として、セリカをベース
   に開発されたラリーカーのセリカツインカムターボ(TA64)。
このクルマは、
   1984年のサファリラリーで優勝したマシンである。


   1987年から「グループA」で争われるWRC参戦用として、セリカGT-Fourを
   ベースに開発されたラリーカー。
このクルマは、1990年のサファリラリーで
   優勝したマシンである。


   1992年から実戦に登場したセリカGT-Four(ST185)。1992年のWRCでは、
   カルロス・サインツがドライバーチャンピオンを獲得したマシン。
   「カルロス・サインツ」の名を聞いただけでも懐かしさがこみ上げてくる。
 


   ラリーカーを見終わったあと、1Fの他のエリアへ。正面は「グリースGPS」
   というミニカーショップ。
1/43、1/18サイズのレーシングモデルを中心に販
   売していた。


   ミニカーショップを奥には、カフェがある。平日のせいか、お昼の時間帯だが、
   誰もいなかった。個人的には、空いていて落ち着けたけどね。


   カフェの奥は「メモリアルラウンジ」というコーナー。歴史的なドライバーの
   写真やミニカーが展示されている。


   展示されているミニカーは、ヒストリック・レーサーがたくさん展示してあり
   ます。ジャガーEタイプのレースカーはカッコイイですね。


   ロータスエランの26Rは浮谷東次郎を思い出す名車である。26Rはカッコイイ
   です。この後で写真を掲載しますが、1階のテラスに浮谷東次郎のカラーリン
   グのヨタハチがテラスに展示されていました。


右側のデイトナ仕様のRX-7は好きなレースカーです。


「メモリアルラウンジ」には様々な古いポスターが飾られていた。


   このポスターは1977年のモナコGPのローズ・ヘアピン。映画「RUSH」で取
   り上げられたシーズンの翌年だ。
中央の「ゼッケン11番はフェラーリのニキ
   ・ラウダ」「ゼッケン1番はマクラーレンのジェームス・ハント」


   映画「栄光のルマン」のスティーブ・マックイーン。いつみてもカッコイイ男
   である。
そういえば、考えてみると、「栄光のルマン」を見ていなかったな~


   1999年のルマン24時間のポスター。この年メルセデスが宙を舞う衝撃的な事
   件が発生した。
300km以上のスピードで宙を舞うメルセデスの姿はテレビで
   見ていたが、ビックリしたことを覚えている。


   カフェとミニカーショップの間では、ガラス越しに「レストアピット」の様
   子を見ることが出来る。この日はシトロエンのDSのレストアが行われてい
   ました。過去のレストアされたクルマの内容はMEGAWEBのHPで見ることが
   出来ますが、数多くのヒストリックカーがレストアされています。
 

   レストア中のDSの横には、メッサーシュミットが置かれていた。
   このメッサーシュミットは定期点検かな?
MEGAWEBで所有しているヒスト
   リックカーの定期診断もここで行っているようです。
 

   レストアピットで働く匠もHPで紹介されていますが、みなさん一流の整備士
   さんのようです。今更ながら、憧れる仕事です。


   整理整頓されたピット内の様子。壁面に配置されている工具類を見ただけでも
   いい仕事をしていることが想像できます。


カフェでオーダーしたものは、このテラスで飲食することもできます。


   旧車を眺めながら、のんびりするのもいいかもしれない。こんな場所が家の近
   所にあったらいいなと思う。


   浮谷東次郎が1964年に船橋サーキットで優勝した時のカラーリングのヨタハ
   チ。このヨタハチもMEGAWEBでレストアされたクルマです。ホイールはMA
   Gホイールではないが、この8スポークのホイールもレーシーな雰囲気でよく
   似合っていてカッコイイです。


   「MEGA WEB」のヒストリックガレージは、こんな感じの場所でした。
   初めて来ましたが、想像以上に楽しめる場所でした。機会があれば何度でも
   立ち寄りたいなと思いました。これだけ見ごたえがある場所にも関わらず、
   入場無料だなんて、さすが世界のトップ10に君臨するトヨタですね。


Posted at 2017/04/04 20:59:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | MEGAWEB | クルマ
2017年04月02日 イイね!
MEGAWEB探訪 パート1


3月29日(水)「MEGA WEB」のヒストリックガレージへ初めて行ってきました。
入場無料ですが、展示内容はとても充実しており、旧いクルマ好きとしては、1日居ても飽きないスペースだなという雰囲気でした。パート1では2階フロアについてレポートしたいと思います。



2階の入り口から入ると、まず展示されていたのは、コスモスポーツ


1971年式のマツダ コスモスポーツ(L10B型)


   個人的には、コスモスポーツを見ると、帰ってきたウルトラマンのマットビー
   クルを思い出します。


中に入ると300ccのイセッタが展示されていました。年式は1960年


   このイセッタは、メガウェブオープン時、千葉県在住の方から購入したものと
   いうことでした。


   しかし、イセッタはかなり調子が悪かったため、2005年にメガウェブでレスト
   アされたようです。


奥に進むと1960年代のアメリカを想像させる雰囲気のエリアとなります


旧い街並みに駐車されているピカピカの旧車はとてもいい雰囲気です


奥に見える古びた感じのシャッターや壁の雰囲気がクルマを引き立てます


1967年式のジャガーEタイプ。美しいデザインのオープンカーです


こんなネオンも昔のアメリカの雰囲気を引き立てています


1963年式のコルベット。艶のある黒いボディに反射する照明の光がきれい


奥のカラフルなショーウィンドウと対照的な渋いコルベットだから写真映えする


ショーウィンドウの中に飾られている旧いグッズを見ているだけでも飽きません


アメリカのいろんな州のナンバープレートが数多く飾ってあります


昔のガソリンスタンドもリアルな感じ。


給油機は旧い本物のTEXACOのものを使用し、リアリティを増している。


1959年式のシボレーのインパラ。これぞ「アメ車」という雰囲気


   さらに進むと、細い路地をイメージしたエリアになります。
路地の上をまたぐ
   ように干されている洗濯物を見ると、ヨーロッパの路地を想像します。


   美しい1953年式のシトロエン11B。このクルマもメガウェブでレストアされた
   車体です。


   この車両は、都内在住の方から購入する前は、ベトナムで使用されていたそう
   です。ドレスをまとった貴婦人のようにも見えます。


1945年式のMG TC。当時軽快なスポーツカーとして人気があったようです


   MGの壁ぎわに貼ってあるポスターも古びた雰囲気がいい感じです。「卒業」の
   ポスターの表記はイタリア語のようです。
マリリンモンローは1950年公開の
   「アスファルト・ジャングル」。破れているポスターは「カサブランカ」かな?


1966年式のアルファスパイダー。映画「卒業」にも登場していますね。


   「MEGA WEB」のヒストリックガレージで所有しているクルマは現在36台ある
   らしく、
展示するクルマも定期的に変更されているらしい。だから、しばらくし
   てから訪れると、違うクルマが展示されているでしょうね。


   2Fの別のフロアでは、自由に見ることが出来る珍しい書籍や歴史的なクルマの
   ミニカーが陳列されている。


   
壁にはクルマのパネルや絵画が飾られている場所も。とにかくクルマに関する
   もので埋め尽くされています。
クルマ好きにとっては、一日居ても飽きない空
   間です。


   ミニカーの陳列棚はこんな感じ。同じトヨタ2000GTでも様々なバリエーショ
   ンのタイプが飾られている。
オープンボディのトヨタ2000GTは「007は二度
   死ぬ」でボンドカーとして製作されたクルマのミニカー


   この陳列棚はレースでも活躍したトヨタ2000GTが飾られている。
活躍したレ
   ースの内容も説明されており、見て楽しめるように工夫されている。


   私みたいにクルマの歴史に疎い人間にとっては、簡単でも説明が書いてくれて
   あるだけで、歴史を知ることができるのでうれしいです。


   このクルマはトヨタが欧米のメーカーに対して日本のクルマ製造技術を見せつ
   けるために挑戦した時のクルマ。
フォード3個、ポルシェ10個持っていた記録
   を更新し、世界に「TOYOTA 2000 GT」の名を知らしめた。


ゼッケン1番は1967年富士24時間レースで1-2フィニッシュを飾った時の1号車


   こっちはキャロル・シェルビーの手によって1968年のアメリカ・SCCAシリ
   ーズに参戦したクルマ。
全13戦中、3度の1-2フィニッシュを成し遂げたモ
   デル。トヨタ2000GTはアメリカでも活躍していまた。

   「MEGA WEB」のヒストリックガレージは、2Fだけでも十分楽しめる内容で
   した。1Fも興味深い内容が盛りだくさんだったので、パート2として別途レ
   ポートします。


Posted at 2017/04/02 22:31:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | MEGAWEB | クルマ
プロフィール
「静岡空港 旧車ミーティング (2017年4月) http://cvw.jp/b/2544828/39622096/
何シテル?   04/16 21:15
シムロ21と申します。よろしくお願いします。 スポーツカーと旧車が好きでイベントに出かけて写真を撮るのが好きです。 プラモデルも好きで、旧車を中心に作って楽...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
2 人のお友達がいます
呑んだくれ白ぱんだ呑んだくれ白ぱんだ ぶんやぶんや
ファン
6 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ロードスターがデビューしてから 「いつかはロードスター」 と思い何年の月日が経ったでしょ ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
ファミリーカーとして初めて4ドアを購入しました。 シートを交換した以外はフルノーマルです ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
憧れのVTECエンジンのシビックを購入したのは、28歳の時だった。 エンジンレスポンスの ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
24歳の時、R32のスカイラインがデビューする。 R31でちょっと高級志向になったスカイ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.