車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
師走の川根路をドライブ

今年も師走になりました。
50歳を過ぎると年月の流れがやっぱり速く感じます。
でも、師走と言っても、まだ初旬。
川根路の紅葉はまだ綺麗に色付いています。
そんな景色の綺麗な川根路をドライブしてきました。


   12月最初の日曜の午後、国道473号は、交通量も少なく、気持ちよく走ること
   が出来ました。


   クルマを停めて、眼下を見下ろせば、山肌が色付き、とてもきれいな光景が拡
   がっています。


   茶畑も向こうの山肌もさまざまな紅葉が混ざり合い綺麗です。
川根路では、こ
   んな光景がいたる所で見ることが出来るため、走っていてとても気持ちのいい
   気分にさせてくれます。

   SLが通過する時間帯が近づいてきたので、福用の踏切近くでSL撮影です。
   トーマスもいなくなった今の時期、SLは1日1往復のためか、撮り鉄さんは
   いませんので、好きな場所で
撮ることが出来ます。


   福用の周辺の山もきれいに色付いています。
   「この綺麗な紅葉をバックにSLを撮影することが出来るかな?」などと
   思い
ながら構図を考えます。ど素人ですけどね。


SLが来ました。今日はC10です。一発勝負のため、緊張します


SL撮影は疾走感が出るように「流し撮り」で撮影するのが好きです


   でも、流して撮ると背景の紅葉の山の綺麗さが引き立たないんですね。
   なかなか、難しいですね~



   SL撮影後も福用周辺をブラブラして紅葉を楽しみました。軽い運動にもな
   るし、何よりとても気持ちがいいんです。
観光地でもないので、誰もいません。
   こういう空間も悪くありません。


国道473号を南下し、家路に戻る途中、「大代のジャンボ干支」の看板を発見


夕方4時半を過ぎると、辺りはだいぶ暗くなってきました


ジャンボ干支の会場に到着しました


来年の干支は「酉」ということで雄鶏と雌鶏とひよこが2羽作られていました


   斜め横にはハートのリングに幸運の鐘が吊るされていました。この
「大代の
   ジャンボ干支」は
毎年県内ニュースで取り上げられることもあり、毎年たく
   さんの人が訪れます。


   まだ、ライトアップ用の灯光器の調節などを行っていました。まだ、出来立て
   ホヤホヤだったみたいです。

   でも、このジャンボ干支を見ると師走だなと感じます。いい風物詩です。
Posted at 2016/12/04 22:25:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 川根 | 日記
2016年12月03日 イイね!
【名車】 Team LOTUS TYPE 72E

この写真は、2012年11月17日、静岡ツインメッセで
行われたタミヤフェアに展示されていた「ロータス72E」です。
この年の12月にEBBROから発売される1/20スケールの
「ロータス72E」のプラモデルの発売に合わせて展示されました。


   このクルマは、CTL (Classic Team Lotus) Japanの所有する72/6です。
   71年にDスペックで製造されレイネ・ウィーゼルのレースカーとして使用。
   72年にはデイブ・ウォーカーのレースカーとなりシーズンオフにEスペックに
   アップデートされた。
   73年からはロニー・ピーターソンのレースカーとなり4勝を挙げる。


   このマシンはイベントなどでデモランを行っているようなので、今後もどこか
   で走行するシーンを見ることが出来るかもしれません。


JPSカラーは、ロータスに一番似合うカラーリング


1973年はロニー4勝、エマーソン3勝でコンストラクターズ・チャンピオン獲得


フロントサスペンションは、ダブルウィッシュボーン・トーションバー


フロントタイヤ


リヤタイヤ


エンジンは、フォード・コスワース DFV、V8、NA3リッター


最高出力は460bhp/10250rpmを発揮するエンジン


エキマニの美しい焼け色


   リヤサスペンションは、パラレルトップリンク・ロアウィッシュボーン・
ツイ
   ンラジアスアーム・トーションバー


このシフトレバーでヒューランドFG400 5速マニュアルのギヤボックスを操る


大きなリアウィングには勝利の数だけ月桂冠のマークが刻まれている


LOTUS 72のエキゾーストノート

https://www.youtube.com/watch?v=D5JXc50qPU8


LOTUS 72の走行シーン

https://www.youtube.com/watch?v=iIUvQTalpIs


Posted at 2016/12/03 21:13:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 名車 | クルマ
2016年11月24日 イイね!
寸又峡で紅葉狩り

勤労感謝の日は、寸又峡へ紅葉狩りに出かけました。
真っ赤に紅葉した寸又峡もそろそろ終盤という感じで落葉も目立ちました。
静岡県内でも有数の紅葉のメッカであり、たくさんの人で賑っていました。


   寸又峡に到着したのは午後1時30分ごろでした。

   千頭から寸又峡に抜ける道の中で、すれ違いのできない区間が3つあり、紅葉
   の時期は交互通行が実施されています。

   寸又峡に向かう時間が遅かったためか、交互通行の渋滞に遭遇したのは1区間
   だけでした。思ったよりスムーズでした。


   駐車場に入る手前でも渋滞が発生していましたが10分程度で駐車することが
   できました。思ったより駐車スペースは多くかったです。

   ただし、普段は無料の駐車場も、紅葉の時期は500円でした。普段必要のない
   クルマの誘導は大変な様子でしたからね。


   寸又峡に来る途中でも紅葉している風景を見かけましたが、やはり、寸又峡の
   紅葉の方が鮮やかに感じました。


   昼食を済ませ「寸又峡プロムナード」を進みます。
   このコースを進むと「死ぬまでに渡りたい世界の吊り橋トップ10」に入った
   「夢の吊り橋」があります。


   寸又峡プロムナードは平坦な山道で、運動不足の私でも疲れることなく歩くこ
   と
が出来ます。


紅葉の景色を眺めながら歩くのは、とても気持ちいいです


赤や黄色など、さまざまな色に紅葉した山の木々がとてもきれいです


   崖の下に吊橋がありました。これは「夢の吊り橋」ではありません。この辺り
   には、いくつかの吊橋があるようです。


   寸又峡プロムナードを歩いて行くと「天子(てんし)のトンネル」があります。
   冬になると寸又川上流より、天子の鬼の風(龍神の風)という冷たい風が吹き
   抜け、この風にふれると無病息災が叶えられるそうです。


トンネルの中はひんやりとしており、天井からは水がポタポタと落ちてきます
※実際のトンネルは、もっと明るいです


こういうアングルでみる紅葉もいいですよね


   トンネルを抜け、少し歩くと「夢の吊り橋」に降りる下り坂があります。
   「夢の吊り橋」の待ち時間が120分以上という看板が立っていました。
   2時間も待つ気がしないので、今日の「夢の吊り橋」はパスしました。


見下ろすと遥か彼方に「夢の吊り橋」が見えます


吊橋のかかる谷間からは、悲鳴や歓声が鳴り響いていました


比較的しっかりした吊橋ですが、上下に揺れは慣れないと怖いですよね


   吊橋の下はダム湖になっており、エメラルドグリーンに輝く水面を見ることが
   出来るみたいです。この日は曇りだったから、あまり鮮やかではなかったかな


今日は吊橋を見下ろした地点でUターンしました


帰り道の景色は、行きと違う角度で見るせいか、改めてきれいに感じます


鮮やかな色に発色する楓の葉っぱは、何度見てもきれいです


さて、寸又峡の温泉街に戻ってきました


   テレビでも何度か紹介された足湯カフェのある「晴耕雨読ヴィレッジ」。
この
   日もテレビの取材が来ていました。11/29の第一テレビの「まるごと」で
OA
   されるようです。この情報は静岡県限定ですね。


温泉街にはいろいろな店が立ち並び、店内を覗くのも楽しいです


さて、そろそろ、帰宅します。色鮮やかな紅葉に包まれた寸又峡でした
Posted at 2016/11/24 21:17:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 寸又峡 | 日記
2016年11月23日 イイね!
静岡空港 旧車ミーティング (2016年11月) ③ 国産車編

第3日曜日に開催される静岡空港旧車ミーティング。
11月のミーティングに集まった旧車の中で、第3弾は国産車をまとめてみました。


今回初めて参加したというシングルナンバーのダットサントラック320型


愛嬌のあるちょっと眠そうな目の、味わいのあるダットサン・トラック


   オーナーさんは「どのクルマもピカピカで恥ずかしい」と言っていましたが
   ダットサントラックは時間経過を感じる雰囲気の方がいいと思います。


こちらは、ピカピカのダットサン520のピックアップ


同じ赤いボディカラーでも色合いが違う2台のSR311


ノーマルとロールバーの付いたレーシーな雰囲気の対照的なSR311


70年代前半の国産スポーツカーを象徴するこの2台が並んでいます


ハコスカは、何度見てもカッコイイ。ハードトップのGT-Rは迫力があります


今回は全部で7台ぐらいのハコスカが集まりました


このイベントでは、毎回4ドアのハコスカがたくさん集まります


こちらは、ほぼオリジナル状態と思われるTE27のレビン


   こっちはトレノのTE27。レビンとはフロントマスクの形状が異なります。
   TE27のトレノは初めて見たので新鮮でした。車高も落ちてカッコイイです。


   テールランプの形状もレビンとは異なるトレノ。4点式のシートベルトも装着
   されており、オーナーさんは、年に1度ぐらいサーキットを走るそうでした。


空港のイベントでよく見かけるチェリー。ホイールが変わっていました。
個人的には、ワタナベのホイールの方が似合っているように感じました。


   昭和37年に登場した、初代のマツダ・キャロル。
   3mに満たない全長でこのデザインを確立しているのはすごいと思います。


   デザインはカッコいいんだけど、居住性はイマイチなんだろうなと思われます。
   リアに搭載された360ccのエンジンは18馬力とちょっと非力だったみたい。 


   こっちは昭和42年に登場したN360。キャロル同様の3mに満たない全長
   だけど、こっちは居住性バッチリ。高校卒業後、友人4人であっちこっちよく
   出かけました。


   360ccのエンジンは31馬力と大したことないけど、数値以上のパワーがあり、
   すごく楽しいクルマでした。さすが、ホンダという感じのクルマでした。


   そして昭和45年に登場したホンダZ。このクルマはツインキャブ仕様で、
   5速ミッションも搭載しており、相当気持ちよく走ると思います。
   ホットハッチの走り的なクルマですね。
Posted at 2016/11/25 22:53:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 静岡空港 旧車ミーティング | クルマ
2016年11月22日 イイね!
静岡空港 旧車ミーティング (2016年11月) ② 外国車編

第3日曜日に開催される静岡空港旧車ミーティング。
11月のミーティングに集まった旧車の中で、気になる外国車をまとめてみました。


まずは、3台、仲良く並んだロータスヨーロッパ。絵になりますね~


1番左のJPSカラーのロータスヨーロッパ。カッコイイですね~


2台目の濃いモスグリーンのヨーロッパも渋いです


3台目のヨーロッパも、JPSカラーでした。3台共とても綺麗な状態でした


このジャガーは、1964年式のシリーズ1のEタイプ


ボンネットが開けられていたのでエンジンを拝見


金管楽器のようなエキマニの輝きが、とても見事でした


4.2リッターの直6のエンジンは、とても綺麗な状態でした


MG-Bといえばオープンですが、こちらはクーペスタイル


あまり見かけないMG-Bのクーペですが、なかなかカッコイイですね


COBRAのバケットシートが印象的な走りに徹したインテリア


静岡空港旧車ミーティングは、小ぶりなクルマが多く集まります


小さいクルマの中でも、ミニは毎回たくさん集まります


ミニのバン。オシャレな雰囲気です


ナンバーから察すると1969年式のミニかな? エンブレムはモーリス


ウーズレーの1300 mk2。これも1969年ぐらいのクルマだよな~


こちらのFIAT500は、オバフェン仕様でワイルドな雰囲気
ドアの取っ手が前についている前期型で、年式は1964年


BMWの02。古いクルマのデザインって、味わい深いですよね


この珍しい3輪のローマックスも、このイベントでは、お馴染みです


こんな曲がり方していると「コテン」って倒れそうです


こちらも3輪。といってもBMW・R100のサイドカー。渋かったですね
Posted at 2016/11/22 22:34:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「師走の川根路をドライブ http://cvw.jp/b/2544828/38956677/
何シテル?   12/04 22:25
シムロ21と申します。よろしくお願いします。 スポーツカーと旧車が好きでイベントに出かけて写真を撮るのが好きです。 プラモデルも好きで、旧車を中心に作って楽...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
2 人のお友達がいます
ぶんやぶんや 呑んだくれ白ぱんだ呑んだくれ白ぱんだ
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ロードスターがデビューしてから 「いつかはロードスター」 と思い何年の月日が経ったでしょ ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
ファミリーカーとして初めて4ドアを購入しました。 シートを交換した以外はフルノーマルです ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
憧れのVTECエンジンのシビックを購入したのは、28歳の時だった。 エンジンレスポンスの ...
日産 スカイライン R32 日産 スカイライン R32
24歳の時、R32のスカイラインがデビューする。 R31でちょっと高級志向になったスカイ ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.