• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

シムロ21のブログ一覧

2017年06月14日 イイね!

カローラ・レビン (TE27) (フジミ) 1/24

カローラ・レビン (TE27) (フジミ) 1/24

車 種:カローラ・レビン (TE27)
メーカ:フジミ(1/24)
定 価:1296円 (税込)
このキットはamazonで916円(税込)で購入した


1972年にリリースされたTE27を「カフェレーサー風」に仕立ててみた。


   遊び心で「カフェレーサー風」にしてみたが結構カッコよくなりました。
   このプラモデルの製作記をちょこっとだけ書いてみました。


   最初に悩んだのはホイール。キットには鉄チンホイールしか付いていないので
   別売されているホイールを履かせることにした。定番のワタナベが良いかな?
   と思ったけどフジミのワタナベは15インチでちょっと径が大き過ぎる。


   フジミのSSRマークⅢは14インチで径もちょうどいいし、旧車にも似合う
   のでSSRマークⅢに決定。車高が高いのでちょっと落とすことにする。


   リアはシャーシを削って車高調節できたがフロントはサスペンションパーツ
   の
加工が必要だった。パーツをカットして、白いプラ棒を追加して車高調整
   した。


   下回りは見えないけど、せっかくモールド整形で再現してあるのでエンジン部
   と排気管を色分けしてみる。


エンジン部と排気管以外を全てマスキングしてシルバー系の色で塗装する。


   エンジンはシルバー塗装し、エナメル塗料のブラックでウォッシングすると
   金属っぽい雰囲気になる。排気管はガンメタで塗装。色合いの違うシルバー
   系
で塗装すると雰囲気が出る。プロペラシャフトも少し色合いを変えてみれ
   ば
立体感のある下回りが再現できた。この方が雰囲気が出てカッコイイ。


   ボディパーツは、パーティングライン消しやスジ彫りを施し、サーフェイサー
   を吹き付け乾燥後、2000番程度の紙やすりで表面処理をした。


   ボディカラーはMrカラーの「グランプリホワイト」で旧車っぽいホワイトに
   塗装するが隠ぺい力が弱いため、その前にMrカラーの「GX1クールホワイト」
   で塗装する。この塗料はMrカラーの中で最も隠ぺい力の高い白である。


   シャーシが完成したのでボディをかぶせてみる。組み合わせてチェックするこ
   と
も重要だが、何よりも完成形が見えてくることがうれしい。こんな風に製作
   途中
のクルマの変化を楽しむことがプラモデル作りの醍醐味である。


   「カフェレーサー風」のカラーリングはどんな風にするかいろいろ考えた結果
   センターに緑のラインを入れることにする。ラインはマスキングしてエアブラ
   シで緑塗装するのだが、このマスキング作業だけでも1時間以上かかった。
   プラモデル作りはこのような地道な作業の繰り返しである。


   緑で塗装した後にマスキングを剥がす。この瞬間は、いつもドキドキする。
   綺麗に仕上がっていると、すごくうれしいんだけど大体いつも塗料が漏れる。
   この後、部分的にマスキングして再塗装したり筆でタッチアップして修正する。


   その後、デカールを貼ったが、ボンネットのデカールに空気が入っていて、
   クリア塗装したら、お餅みたいに膨らんでしまった。針で穴を開けて抑え込ん
   で
直したり大変なことになったが、気にして見なければわからないレベルに修
   正できた。


   クリア塗装が完了したので、また組んでみる。だんだん、完成形に近づいてい
   る
姿を見ている時って、一番楽しかったりするんだよね。


   さて、窓枠など細部の塗り分けを行うために、またマスキングをする。
   この段階で注意しなければいけないことは、デカールを貼った場所に直接マス
   キング
テープを強く貼り付けないこと。昔マスキングテープを剥がした時に、
   いっしょに
デカールが剥がれたことがあり、それ以来デカールの上にはティッ
   シュを挟むようにしている。


   窓枠は「セミグロスブラック」、フロント/リアのライト周りは「自作のガン
   メタ」
など、部分ごとに色分けして塗装していきます。


   色分けしてマスキングテープを外した状態。この辺りまで来ると、一気に完成
   させたくなるが、一つずつ丁寧に仕事を進め、
完成形に近づけていく。


   墨入を完了させ、バンパー/ミラー/ワイパー/ナンバーなどの細かいパーツの
   塗装を完成させ、全て取り付ければ完成です。


   作っている時は、結構大変だけど、完成させると達成感があり、何度見ても飽
   きません。さて、次は何を作ろうかな?



Posted at 2017/06/14 21:08:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | プラモデル | クルマ
2017年06月11日 イイね!

ちょっと川根にドライブ

ちょっと川根にドライブ

今日の午後は、川根方面にちょこっとドライブして、帰りに福用の踏切付近でSL撮影してきました。


   トーマスがいない時期の大井川鐵道は、どこかのんびりした雰囲気になる。
   個人的には、これが本来の大井川鐵道の雰囲気なんじゃないのかな?などと
   思ったりする。


新金谷に向かうSLを待っていると、千頭行きの普通列車が通過した


   この電車は21000系で関西の南海電鉄から大井川鉄道にやってきた電車。
   昭和33年に南海高野線の急行・特急用として製造された電車だ。


   高野山へ向かう急勾配を登り、河内平野を110km/h走る高性能な電車として、
   当時は活躍していたそうです。大井川鐵道では、このような古い電車が走って
   おり「動く列車博物館」と言われるほどである。


写真撮影は、こんな風に茶畑が拡がっている場所


   SLがやって来ました。今回は、試しにシャッター速度を1/50に設定
して、
   撮ってみました。


   そしたら、スゲー速度で疾走するようなSLになってしまいました。
   実際はのんびり走っているのに、これじゃ暴走列車のようで、失敗作である。


   今回の失敗でSLは、このぐらいの距離の場合、シャッター速度は1/100ぐら
   いで流し撮りしないとダメなんだということがわかりました。


   SL撮影した後、福用駅に寄ってみました。駅舎に自分のクルマをからませて
   撮りたかったのですが、これでは迷惑駐車のクルマの写真である。


大井川鉄道の駅は無人駅が多い。福用駅も無人駅で田舎の駅って感じである


   駅舎の中にはこんなポスターがあった。
   大井川鉄道は、スイスの「ブリエンツ・ロートホルン鉄道」と姉妹提携して
   いる。
大井川鉄道の井川線で採用されているアプト式が、スイスの山岳観光
   鉄道の
ブリエンツ・ロートホルン鉄道でも採用されているため、姉妹提携し
   ている。


   古い「火の見櫓」がそびえ立つ山間の福用の道。何となく気持ちが落ち着く
   感じがする風景だ。

Posted at 2017/06/11 22:58:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 川根 | クルマ
2017年06月10日 イイね!

グランツーリスモSPORT(クローズドベータ版)

グランツーリスモSPORT(クローズドベータ版)


グランツーリスモSPORTのクローズドベータ版が6月3日からプレイ可能となり、友人がテストプレイヤーに募集し、当選したということで先日プレイしてみた。
2013年12月にGT6が発売されて、すでに3年6ヶ月が経過している。
どんな風に進化しているか期待してプレイした。



   グランツーリスモはGT2からGT6までガッツリとプレイしており、
GT4からは
   「GT FORCE Pro」を使ってプレイしていたハンコン派である。
   ただし、友人の環境にはハンコンは無いためコントローラでのプレイとなった。


今回のマシンはヒュンダイのジェネシス


   コースはニュルブルクリンクの北コース。GT6まで何度も走行しているので
   どんな風に変更されたか気になっていた。


   走ってみて最初に感じることは映像の美しさだ。PS4だから映像の解像度が上
   がる
ことは、想像していたが、やはり映像がきれいになると気持ちいい。


   と言っても、GT6でも十分きれいだったので、GT3→GT4、GT4→GT5の時の
   ような感動的な印象には至らないというのが個人的な印象だ。


   今までハンコンでしかプレイしていなかったので、ドライビングの向上は確認
   できなかったが、コントローラでもあまりコースアウトせず、走ることができ
   たので、コントロール性も向上しているのかもしれない。


   グランツーリスモSPORTでは、エキゾーストノートのリアリティも向上させ
   た
と聞いていたが、ベータ版をプレイした感想では、従来とあまり変わってい
   ない
印象だった。もっと、迫力のある排気音を演出してもらいたいものだ。


   とは言うものの、やはり新しいグランツーリスモSPORTでのプレイは楽しい。
   美しい森の鮮やかさが増したニュルのコース。初夏を思わせる森の緑と綺麗な
   青空の下での走行は本当に気持ちいいです。


   ヒュンダイのジェネシスでは、最高速は240km/h程度。多少非力であるが
   コントローラでのドライビングは、この程度のスペックのクルマが私にはお
   似合い
かもしれいない。


   さて、ベータ版では規定の距離を走行すると、毎日プレゼントカーがもらえる。
   この日は、フォードのマスタングのレースカーがゲットできた。
   プレゼントカーをもらえるワクワク感。このワクワク感はグランツーリスモの
   醍醐味である。「グランツーリスモSPORT」欲しいかも?と感じてしまった。


   ちなみに今日もプレイしてみたが、今日のプレゼントカーはアルファの4C。
   レーシングスペックで武装した4Cは、メチャクチャカッコイイ。


武装した4Cでブランズハッチを走ってみる


軽量マシンは、キビキビ走ってとても気持ちいい


やっぱり、こんなマシンはハンコンで走りたいものだっ!


テールが流れてもカウンター当てれば簡単に姿勢修正可能である。


   影像の美しさだけでも「グランツーリスモSPORT」は購入する価値があるの
   かも
しれないが、過去の新しいグランツーリスモには驚きの進化があった。
   でも、「グランツー
リスモSPORT」にはまだ見つかっていないというのが個
   人的感想である。まだ、見つけていないだけかもしれないが・・・

Posted at 2017/06/10 21:30:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月28日 イイね!

親父の形見

親父の形見


親父の遺品を整理していると腕時計があった.。
腕時計に興味はあったが、私自身腕時計を1本も持っておらず、知識も何もないため、この腕時計がどのようなものか全然わからなかったが、機械式の手巻きという趣味のいい時計だった。



   押し入れから出てきた状態はこんな感じで、メタルベルトの影響からかあまり
   魅力的には感じなかったが、調べてみるとちょっと高価な機械式時計だった。
   この腕時計、オリジナルは革ベルトだが、長年使用して痛んだため、このメタ
   ル
ベルトに変えたようだったが、私には似合わないため革ベルトに変更した。


   革ベルトに変更することでアンティークっぽい感じになりカジュアルな格好
   でも似合う雰囲気になりました。押し入れから出てきたときは、動いておら
   ず、
「電池切れかな?」と思いましたが、保証書に「手巻き」と書いてあり、
   竜頭
を回すと動き出した。この時計、機械式の手巻きの腕時計だったことだ
   けでも
個人的には驚きました。


   この時計のオリジナル状態はこんな感じのようです。
   セイコーのローレルというブランドで型番は「LJAL600」
   1995年頃に販売されていたモデルで販売価格は70,000円
   18KPGのベゼルに、銀無垢のケースという高級感のある仕様です。


   セイコーの「ローレル」というブランドは、1913年にセイコーが製造した

   産初の腕時計につけられたブランド名で、由緒ある歴史的なブランド名のよ
   うでした。
   ただし、このブランドは発売から10年あまりで姿を消してしまったようです。
   ローレルブランドは、1958年に一度復活し、その後1995年に復活した。
   この時計は1995年に復活した時のクラシックシリーズの「オーセンティック
   
ライン」のモデルでした。


   この時計で印象的なのは針の洒落たデザインときれいな青色です。
   針の先端部分に輪が付いている独特の形状は、天才時計師と称賛されたブレゲ
   の考案した時計の針で、「ブレゲ針」というようです。

   また銅針に焼き入れして硬度を上げる際に青く変色した針を「ブルースチール」
   
と言うそうです。ただし、この針は高級品で、この時計の針はブルースチール
   ではなく
青色に加工したもののようですが、とても綺麗な青色です。

   さらに、この時計の「ギョーシェ文字板」の美しさも評価されていました。
   と言っても、私は、ギョーシェ文字板という言葉も初めて聞いたのですが、
   時計の文字盤の代表的なデザインの中で、ギョーシェ彫りというものがあそう
   です。
文字盤やベゼルの周囲に手動の旋盤を使って連続した模様を彫刻する装
   飾加工の
総称を「ギョーシェ彫り(guilloche)」といい、17世紀頃に発明された
   技巧で、
もともと光の反射を防止したり時計を薄く見せたりする効果を狙った
   ものの
ようです。この時計のギョーシェ彫りはプレス加工で模様を作っている
   と
思いますが、本当の高級腕時計では、手動の機械彫りされているようです。


時計の厚みは薄く、とても軽量です。菊型の竜頭も洒落ています。


   この時計は、今から18年前の1999年10月29日に購入したもので、裏ぶた
を見
   ると、かなりの使用感が感じられますが、これも親父が気に入っていた
証拠だ
   と感じます。銀無垢だから傷も付きやすいんですかね?

   裏ぶたには、月桂冠をイメージしたデザインがレーザーマーキングされており
   細部にわたって、凝ったつくりになっています。


   搭載されるムーブメントは21石・手巻きのCal.4S24。Cal.4S24は機械式キ
   ング
セイコーに搭載されていた52系キャリバーを改良して完成されたもの。

   耐震装置はセイコー独自のダイヤショックを搭載している。
   この4S系の機械には、医療用の精密機械に使用されている高精度素材が使わ
   れて
いるそうで耐久性の面でも非常に優れた実用性の高いムーブメントです。


   時計が入っていたケースには保証書が入っており、親父がこの時計を購入した
   
店もわかったので市内の時計店に行ってみると保証書の手書きの文字を見て
   「これは私が書いたものですね。大切に使ってもらっていてうれしいですよ」
   と
店主のおっちゃんはニコニコしていました。この革のベルトもこの店で購入
   した。
思いがけない形で入手した機械式時計。いい親父の形見ができました。
   大事に使いたいと思います。

Posted at 2017/05/28 10:40:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 腕時計 | 日記
2017年05月25日 イイね!

静浜基地航空祭 2017

静浜基地航空祭 2017
久しぶりに静浜基地航空祭でブルーインパルスが復活しました。
静岡空港の旅客機の離陸などで中断したり、演目もかなり少なかったけど、ブルーインパルスはやはり迫力があって、カッコいいですね。
今回は午後のブルーインパルだけの見学しました。お気に入りの写真をアップします。



















来年の静浜基地航空祭もブルーインパルスが来るといいな

Posted at 2017/05/25 20:51:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 航空祭 | 日記

プロフィール

「カローラ・レビン (TE27) (フジミ) 1/24 http://cvw.jp/b/2544828/39937138/
何シテル?   06/14 21:08
シムロ21と申します。よろしくお願いします。 スポーツカーと旧車が好きでイベントに出かけて写真を撮るのが好きです。 プラモデルも好きで、旧車を中心に作って楽...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

2 人のお友達がいます
呑んだくれ白ぱんだ呑んだくれ白ぱんだ ぶんやぶんや

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ロードスターがデビューしてから 「いつかはロードスター」 と思い何年の月日が経ったでしょ ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
ファミリーカーとして初めて4ドアを購入しました。 シートを交換した以外はフルノーマルです ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
憧れのVTECエンジンのシビックを購入したのは、28歳の時だった。 エンジンレスポンスの ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
24歳の時、R32のスカイラインがデビューする。 R31でちょっと高級志向になったスカイ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.