車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月21日 イイね!
横浜市こども植物園の散策ですバラが咲き誇るこの時期、天気も良いので散歩がてらに近くの植物園に行ってきました。

真っ赤なバラといえば、プレミアムな赤のSoulRedということで、バラに負けない洗車したてホヤホヤ状態で出発です。




到着~。

お嬢もいなばもお尻がセクシ~!




ここは道路を挟んで2つの公園があり、そのうちの1つが植物園になってます。

そんなに広くはないですが、高低差のある公園です。




ちょっとしたメタセコイヤ並木がありました。
(クルマは入れません)




小高い丘の途中がバラ園になってます。




綺麗な赤です。




ちょうど咲き頃のようです。




いなばもご満悦の様子。




バラを背景にツーショット。




ホント綺麗です。






これもバラなんですね。




なんて見ていたら、いなばは暑くてオーバーヒート。
小さい頃から毛の生え変わる周期がズレていて、まだモコモコの冬毛です。

いなば 「へっへっ、アチー! 眩しー! 肉球が焼肉になっちゃう!」




また抱っこしてもらって日陰に入ります。




つるバラもいいですね。




なんとかクールダウンした様子。




みんなでパシャリ。




更に高いところまで上がる遊歩道があり、この後ぐるっとまわりました。




いなば斜め後ろショット。




お嬢斜め後ろショット。




いなばちゃん久しぶりの登場だったね。
お疲れ様でした。
Posted at 2017/05/22 07:29:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年05月14日 イイね!
2017 静岡&山梨の旅です(Vol.4)翌朝は、前日の疲れも無く爽やかに目覚めました。

あいにくの曇り空ですが、雨は降らなさそうとのことなので、存分に走りたいと思います。

(以降の写真は、風景を無視した「お嬢のみ」になりますw)

お昼ごはんを食べて出発です。
ルートを確かめるため、近所の公会堂でナビチェック。

今回は、素直に中央道で帰らず、新山梨環状道路→R358→R139→R138のALL下道で小田原まで抜けるルートで攻めます。




■ 新山梨環状道路 ■ (~甲府南)

平坦&直線かつ80km/hで走れるので、Ecoモードで走ります。

昨日はずっとStockモードで走っていたので、その差がよくわかりました。
ただ、車両データの学習が終わったとはいえ、それまでのEcoモードと大きく変わった気はしません。

相変わらず40km/hくらいまでの加速が素晴らしいです。
全般的に言えるのは、どのモードも走り始めの加速が良いことで、多少ふかしてでも、さっさとシフトチェンジしてスピードを上げてしまおうとしている感じです。

そして60km/hを超えたくらいからエンジン音が静かになり、回転も抑え気味になります。
これがEcoたる由縁でしょうか。
80km/hから先の加速は緩やかですが、リミッターが働いているわけではないので、出そうと思えば出せる感じです。
用途は、予想通り「街乗り」や「高速道路での巡航走行」向けといったところです。

確実にわかるのは、Ecoだからといって燃費走行に徹しているわけではなく、必要なところはノーマルよりも力強い、という点でしょうか。


■ R358 ■ (甲府南~精進湖)

ここは山越えが続くワインディング道路なので、Sportモードで走ります。

Ecoとは打って変わって高回転域までレスポンスよく回り、そのぶんエンジン音も大きめになり素晴らしいです。
上り坂もアクセルを踏み直さなくとも賢くシフトチェンジしている感じで、実に「思いのままの運転」で楽しいです。

ここで思ったこと。

昨日のR52もSportモードで走ればよかった。。。

精進湖にて休憩。




■ R139(富士パノラマライン) ■ (精進湖~河口湖)

ここは緩やかな下り坂となるので、Ecoモードでスマートに走っていましたが、途中で大渋滞となり、あえなく迂回ルートを迫られることに。

渋滞から離脱し、道の駅にて休憩。
ものすごいロスタイムとなりました。。。




雲行きも怪しいです。。。




■ 県道710&714 ■ (西湖~河口湖)

西湖と河口湖の湖岸に沿って走るこの道は、R139の迂回路になりますが、まるで嘘のよう空いてました。
とはいえ湖岸以外の山道は細く危険なので、Ecoモードのまま走ります。

途中でバイクの群れが追いかけてきましたが、とくに煽られることもなく、ニッコリ笑いかけてくれたりしたので、群れの中に混ざって暫く一緒に走りました。
さほど飛ばす集団ではなかったものの、バイクの加速はハンパないですね。
とはいえ低速域の加速なのでEcoでも充分ついていけます。

西湖にて休憩。

バイクの兄さんに「メッチャ綺麗なクルマだから女が運転してるかと思ったよ」とか言われました。
オッサンとわかったときには、さぞかしガッカリしたことでしょう。




皆さんに同じく惚れ惚れしてますw




ホント、魂が込められた赤ですね。






■ R138 ■ (山中湖~小田原)

最も長い距離となりますが、御殿場くらいまではあまり特徴がない道なので、Ecoモードのまま走ります。

ここまでで感じたこと。

わりとEcoモードは使える!

山中湖にて休憩。






御殿場(東名高速の入り口)を過ぎると道が空いてきて、いよいよ箱根の山に突入となるので、この上り坂をとっておきのSport+モードで走り抜けます。

坂だとすぐに5000rpmとか平気で超えて回るので、恐らく相当燃費が悪いのではないかと思いますが、加速感エンジン音ともにクルマの表情が変わるので、それを上回る満足感は得られると思います。

まさにビーストモード!

ここで思ったこと。

やはりSport+モードは「ここぞ」というとき以外は封印。

コンビニにて休憩。




混んできたので下りはEcoに切り替えます。




■ 西湘バイパス ■ (小田原~大磯)

高速走行からの更なる加速を見たかったので、Sportモードで走ります。

所々で追い越しをかけながら走りますが、スッと追い越してスマートに元のレーンに戻れるので、意図せずモタモタした追越しになってしまうことは防げるかと思います。

西湘バイパスを降りてからのR1は渋滞気味だったので、家までは安心のEcoモードで走りました。




お嬢には、この2日間いろいろな走りを楽しませてもらいました。
この調子で岡崎もよろしくたのむわって感じです!

あと、富士山一周したいなあ。


☆★☆★☆★☆★☆★☆

おまけ

Sport+で表情を変えたお嬢のイメージ。



Posted at 2017/05/20 00:41:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年05月13日 イイね!
2017 静岡&山梨の旅です(Vol.3)旅はまだもう少し続きますが、静岡ホビーショーの最後は、自分の中でのメインイベントであるジオラマの世界を紹介します。

相変わらず写真多め文章少なめです。

スローシャッターなうえにじっくり構えて撮る余裕もなかったので、ブレブレな写真もあります。。。悪しからず。


☆★☆★☆★☆★☆★☆


■ ジオラマ(戦車) ■

毎年もの凄い数の展示です。




いやあ細かい!
全く手を抜いておりませんね。




冬の光景も、その場の雰囲気がよく伝わってきます。




作るの楽しそうだなあ。




カミさんが好きなエジプトの光景。




こんな感じの地形に高低差のあるジオラマがいいんですよね。




このブースは力作揃いです。




コレなんかは究極に小さいです。
虫眼鏡で見たいくらいです。





ガルパンの戦車講座で知った傾斜装甲の戦車です。
ソ連製でしょうか。




まさに作戦遂行中ですね。




昨年も出展されていた作品ですが、角度を変えて撮影すると違ったように見えるのが面白いです。





ひとつのジオラマにも、たくさんのドラマがあります。




ドラマ①




ドラマ②




ドラマ③




怪我だいじょうぶかー。




「そこどけよ!」
「テメーがどけよ!」
ってな感じでしょうか。




トランスミッション修理中ー。




ここからは戦車のみ。




カッコええなあ。
コレ👇好きなんですよね。




ロシア系の戦車は今も昔もイイですね。




ムフフな芸が細かい!




■ ガルパン,その他 ■

これを見ると大洗の旅行(ホテルのデザート)を思い出します。




劇中のシーンですね。




戦車以外のジオラマで良かったのがコレ👇

古き良き日本の風景①




更に古き良き日本の風景②




以上で静岡ホビーショーの見学は終了です。

今年は、お目当てのモデラーズクラブのほか、企業ブースも好みなものが充実してて、いつもよりたくさん写真を撮ってしまいました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆


このあと、友人らと恒例の渋~いお店「金の字」で打ち上げです。




16:00の開店前から、お店に負けないくらいこれまた渋~いお年寄り客が並んでいる、地元では由緒あるお店です。




名物のカレーモツは、開店後1時間くらいで無くなってしまうので、最初からハイペースで行きます。

あー、ビールが呑みたい!
我慢してコーラを黒ビールと言い聞かせてカンパイ。




このあと、実家の山梨まで約70km強を走りました。

今回は以前よりもガラガラに空いていて、この距離を走って前後に車が見えたのは数回と、ほとんど独占状態でした。
R52は、適度なワインディングと距離の長さで、個人的には箱根新道より気に入っている道路です。
空いている割りにコンビニが多めなのも良いです。

曲がりくねった道路の所々で、建設中の中部横断自動車道の高架が山を突っ切っていて、それがカーブを曲がったところで急に見えるので迫力があります。




実家に着くと、可愛い姪っ子たちがオードブルをこしらえて待っていてくれました。
やっとビールが呑めたー!

自分への給油が完了し、RS CHIPの学習も終わった頃なので、明日は走りを堪能します。
Posted at 2017/05/19 12:40:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2017年05月13日 イイね!
2017 静岡&山梨の旅です(Vol.2)続きです。

殆どモデラーズクラブ目当てで来ており、全作品を写真に収めたいくらいの気合いでしたが、人が多くなかなかうまく撮れませんでした。

昨年と同じ作品を展示しているブースもあるので、撮り逃していたヤツも撮ってたりします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆


■ フィギュア ■

おじさん世代には懐かしい、リン・ミンメイです。
小さいですが良くできてます。




よくわからないキャラですが、ちょっとダイナマイトだったのでパシャリ。




艦これですね。
撮影ブースになっていました。




さすが照明があると綺麗に撮れますね。
会場全体が暗めなので、今度はライトも持っていこうかなぁ。




艦これらしく、ソファーに砲台が・・・




平成ガメラです。
ムチャクチャ迫力ありました。




おどろおどろしいシン・ゴジラです。
般若のような顔と、腕と足の太さのギャップが凄いです。




おどろおどろしいでいえば、コレに勝るものはありません。




スーパードルフィーで艦これです。




■ クルマ ■

超精密なNSXです。




前回より少ないですが、痛車もあります。






我らがMAZDA車(ロードスター)も沢山ありました。






このデミオ、ラジコンだそうです。




有名すぎるシーンです。




懐かしい名車です。




☆★☆★☆★☆★☆★☆


一旦モデラーズクラブを離れて友人らと合流。

恒例のブラスバンドによる爆音アニソン演奏です。
↓ 観客の皆さん ↓




この後すぐまたモデラーズに行きましたが、ブログでは先に企業ブースを紹介します。




なんとMAZDAブース発見!




ルノーも展示してました。
クルマはホビーショーと親和性が高いですね。




アオシマのブースではGT-Rが!
ちなみに昨年はウラカンでした。






タミヤのブースです。




タイレルのラジコン発売にあわせ、実車サイズの展示です。




往年のデザインですね。




ドリフト用のラジコンです。
見てるとどんどん欲しくなります。
ああイカンイカン・・・




WRX STI。
タミヤのラジコンは、スケールモデルとしても充分通用しますね。




こちらは実力派な京商ブース。




企業ブースで一番見たかったバンダイブース。
巨大なアンドロメダが迎えてくれます。




もう少し撮影しやすい所に置いて欲しかった。。。




出ました!
Zと同様に機構が複雑なZZのニューモデルです。
最初に出たバージョンのMGは、素組みでしか作ったことが無いです。
プロポーションはあまり変わってなさそうですが、中身が詰まった感じで重量感があります。
サザビーといい、そういう傾向なんでしょうかね。




私の好きなMS-06でもフラッグシップな06-RとR2です。
こいつは幾つあっても良いです。




デカっ!
スカスカな感じもなさそうでいいですね。






ちいさっ!
MGと殆ど変わらない精密さですが、老眼には。。。






今年の企業ブースは見逃せないものが多かったです。

このあと、またモデラーズクラブに戻り、ジオラマの世界を堪能します!!
Posted at 2017/05/18 12:03:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年05月13日 イイね!
2017 静岡&山梨の旅です(Vol.1)同じ日に絶賛開催中の横浜オフに後ろ髪を引かれながらも、RS CHIP の学習(自分も)も兼ねて、静岡ホビーショー2017と、山梨の実家を訪ねてきました。

ホビーショーということもあって、旅のお供にガンプラをはべらかせているのですが、昨年のRX-78に続き今年はMSZ-006(ウェーブライダー形態)としました。
基本的に MS=ZAKU な私なのですが、Zは別格で、GUNDAMの中で最も好きなデザインです。

MS形態だけでなく、WR形態もホント秀逸です!




朝6:00に出発し、途中ハイドラでみん友さんを確認しながら(katsuさん気が付かずスミマセン・・・)、下道も殆ど渋滞無く現地に到~着~!

と思いきや、ツインメッセ静岡の駐車場に入るまでの数百mを1時間かけてノロノロ。。。

やっと到着したところでキリ番Get。
お嬢は良く出来た子で、私の気持ちをよく代弁してくれますw

お嬢 「はよはよ(84行け)」




ばーーーん!!




まずは恒例の自衛隊車両から。

ばーーーん!!
試作車両だそうです。




ばーーーん!! (コメント手抜き)




ばーーーん!! (ってほどではないです)




というわけで、早速モデラーズクラブの作品展から見て行きます。

写真の量が多く失敗も多いですが、選別も面倒なので何回かのブログに分けて紹介します。
(フォトアルバムだと思って見て頂ければと思います)


☆★☆★☆★☆★☆★☆


■ 艦船(洋上) ■

壮観な眺めですね。






戦艦霧島(金剛型)です。




模型というより、もうジオラマですね。




■ 艦船(宇宙) ■

凄いウェザリングなヤマトです。




大人気のアンドロメダ。
2202にあやかって、たくさん出展されていました。




デスラー艦を格納するデウスーラ、ガトランティスの空母に、ガミラスの三段空母を改造した?ヤマトのドックです。




ドメル艦隊(戦闘空母がいない・・・)




超巨大戦艦!(ちゃんとした名前付けて欲しい・・・)
模型も超巨大です!




これ、木製です。




霧の艦隊化した戦艦大和。
デカイし超細かいです。




1/300サラミス。




自慢のマゼラン級(フルスクラッチ)に、製作者も満面の笑みです。




■ 航空機 ■

あまり代わり映えが無かったので少ないです。




海洋生物?




■ 人型兵器 ■

1/144シナンジュ。
目立った改修は無さそうですが、RGなだけあって細かいですね。




ウェザリングなサザビーVer.ka.。
私には出来ない塗装です。




デンドロビウムのオンパレードなブースです。




ドム専用ってのが笑えます。
量産化されたらコワイですね。




サイコザク並に重装備な三連星ザク。




ベアッガイのカップル。




ほとんどリラックマです。




ダグラムに出てくるガンナーみたいですが、どちらかというと宇宙人?




アタマだけ1/35なザク。




最後は真面目にアーマードルーパー。
架空兵器とはいえ、ジオラマになるとリアルです。




毎度、モデラーズクラブは目を見張るものがありますね。
見ていてホント楽しいですし、刺激を受けます。

まだまだ続きます!!
Posted at 2017/05/17 19:52:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「[パーツ] #アクセラセダン ノイサス 耐熱制振シート http://minkara.carview.co.jp/userid/2548167/car/2097624/8479413/parts.aspx
何シテル?   05/22 22:01
Axeloidです。 2015/11/14に納車しました。 自身の車としては初めて所有する車になります。 少しずつ手を入れていきたいと思いますので、 ど...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
アクセラ定例ミーティング 2017.03.18 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/21 20:43:58
新ことわざ事典 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/19 23:31:57
【定例告知】定例開催前最終概要 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/13 04:58:01
ファン
29 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アクセラセダン お嬢 (マツダ アクセラセダン)
アクセラ セダン(ソウルレッド)に乗ってます。 初老に片足突っ込んでますが、自身の車とし ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.