車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月17日
秋の終りのクルマ旅 vol2
秋の終りのクルマ旅 vol2 秋の終わりのクルマ旅 
一日目はどこまで行ったっけ?オホーツク海が見えるところでvol1は終わっていました。

”Sea of Okhotsk”

オホーツク文化には大陸系文化の影響が明確に認めらると云われてます。遠くアムール流域のマツカツ族の直接移住説をはじめ多くの大陸起源説、影響説が唱えられています。司馬遼太郎の”街道をゆく”シリーズではここ北海道のオホーツク沿岸地域は取り上げられていて、いわば北海道人の原点の地でもあると勝手に解釈してるんです私はね。vol1で立ち寄った私と縁深い土地にはアイヌ文化の影響を受けた、土地の歴史が色濃く残っていました。江戸後期の探検家、間宮林蔵の足跡なども史跡として残されているところ。自分のルーツって何かその場所の空気で感じるものがあるんです。”旅人は北へ向かう”昔から男のロマンは北への旅なんですね。札幌は日本の中では十分北に位置しますが、やはりそれでも北への憧れってあるんです誰でも。それと東も。旭川出身の彫刻家砂澤ビッキは、自身のルーツであるアイヌ文様を芸術まで高めて北海道内だけでなく鎌倉にも足跡を残している。北へ東へ南へ西へ。さて脱線しました。

******************


浜頓別町に入りオホーツク海が見えてきた。
ここから先は北へ向かってオホーツク海を右に観ながらのルート。238号線オホーツクラインです。
ここでは幹線を海側へ寄り道、北オホーツク自然公園の北側に位置する通称”エヌサカ線”に分け入ります。




標識がとても分かりにくく最初は砂利道を間違った方向へ走行。見た目よりも深い轍に引き返すしかなくなりしばらくバック走行をしなくてはいけない羽目になりました。やけに四駆ばかり居るな。とは思いましたが砂利道でランクルに勝とうとしてはいけない。すでにエイトの下回りはドロドロ。でも気にはしない。



気を取り直してエヌサカ線。どこまでも続く地平線上の牧草地。トラクターが巡航してますが、順番に牧草地を均しています。とにかく青い空と地平線が雄大。













更に先へ

時折見えてくるオホーツクブルー。少し浜辺に分け入ってみたけどFRでは限界があります。釣り人達が束の間の休みに釣りを楽しんでます。


***


海岸線のワインディングに出て、走って走って宗谷岬が見えてきた。




宗谷丘陵に風車が立ち並ぶ光景は風力発電所。まるで計算された景観は”風の谷”だ。実在するんだ風の谷は。
周氷河地形と呼ばれるアイスランドと同じ地形は空中写真で見ると大地に刻まれた皺の様で面白い。よくこの自然景観に風力発電所を計画したものですね先人は。美しい。





小さな港町を越えて見えてきた。日本最北端。
それまでの道程と比較すると少しこじんまりとしていて、主張が少ない最北端です。




記念写真もガッツポーズとはなりませんでした。



とっとと先を急ぐ。


ってここでいい時間に。札幌までは明るいうちには戻れないことが解る。日帰りのつもりできたこの場所ですが泊まって翌日ゆっくり帰ることに決定。

宗谷湾を右手に稚内へ向かう。このあたりでオホーツク海と日本海の境界線の筈ですが海の境界ってよく解らない。


稚内市内に入ると燃料計も下のほうにきたので給油します。


道程の半分は高速道を高回転で走ってきたから燃費は悪い。ロードスターなら半分の給油量で済むんですけどね。
仕方がないやロータリーだし。燃費云々といわない。


稚内は初めて訪れますが大きな活気を感じる街です。それにやけに皆さん車が綺麗です。
強塩害地域では洗車に掛ける手間が多いのだと思う。でなくては車はすぐに傷みますからね。

このように。
ちょっとお気の毒な気がしますが人のロードスターとはいえ、なんだか放っておけない気持ちが…



稚内駅にほど近いランドマークの北防波堤ドームに立ち寄る。


ギリシャ建築を彷彿とさせる70本の列柱とアーチが斬新なポストモダン建築。北海道遺産に認定されています。写真で見たことはある場所ですが、写真よりもスケールを感じる大きさです。




通常は車両を乗り入れすることは出来ないようになってます。
がここではクルマを素敵に撮影出来る筈。どうでしょうか?






素敵な背景 夜の撮影にも挑戦してみたいと思うけど、今度はいつ訪れることが出来るかな。エイトで。




******************************

今夜の宿は天塩町の温泉施設に決めたので、日没前にはチェックインしたいところです。


ノシャップ岬へ立ちよって、日本海沿いを南下していくことに決める。


岬手前の住宅街にオスの鹿を発見。最初は彫刻でも置いてあるのかと思いましたが本物。漁網が絡まって鳴いていたので車を降りて助けようと近づきましたが野生動物ゆえ警戒心があってダメでした。助けてあげられなくてごめんな。




岬を過ぎたあたりから雲行きが変わってきました、目指す西方面は厚い雲に覆い隠されて楽しみにしていた夕日は拝めない感じです。抜海(バッカイ)の展望台。




NBロードスターとハチロクが先に休憩してました。いつもなら気軽に声を掛けますが疲れ過ぎてて止めときました。





道道106号線 オロロンラインを南下。


右手に日本海、左手にサロベツ原野。有名な景観です。天気が良ければ利尻富士が拝める筈ですがダメでした。


この一帯は宗谷丘陵の周氷河に阻まれた泥炭が長い堆積作用によって形成された地形との事。





穏やかな丘陵に沿ったワインディングと風景は宗谷丘陵がアイスランドなら、こちらはさながらスコットランド。ウイスキーが似合う景観です。







オトンルイ風力発電所。



オホーツクラインからここまでの間はずっと強風でした。一定方向に吹き付ける横風は髪も何もかもが乱れるほどでロードスターで訪れていたら幌は空けることが出来なかったでしょう。それくらい強風。



日も陰ってきて強風も相まってとても寒い。時どき夕日をみせるオロロンラインを南下して、午前中に立ち寄った天塩川の河口に位置する天塩町の温泉施設にチェックイン。
今日はゆっくり温泉に浸かって休みます。


****************************
明日は何に出会えるかな。


ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/10/17 19:11:46

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/17 20:35:46
サビサビの白いNB知ってます。ノシャップ岬の近くですよね?
毎年行く度に見るけど、、、なんだか、今年も会えたと見ると嬉しくなります(^^)
コメントへの返答
2016/10/17 22:57:33
Kenさんは毎年行ってるんですか?凄い❗
やっぱり遠いですね。でも絶景。
あのNBは名物なんですね。外観はボロボロだったけど元気に走るオーラは感じたのでオーナーさんは大切にしてるんだと思いますよ。
2016/10/17 21:15:04
「漁網が絡まって鳴いていた」のを助けようと思ったところにまーさんの優しさと正義感を感じます。だってエゾシカって大きいのでしょ?
コメントへの返答
2016/10/17 22:59:37
鹿は可愛いので放っておけなくなりました。

人には厳しんですけどね🎵反省。
2016/10/17 21:54:43
すごいです! 
いいいなあああ。 なんていいドライブ旅なのでしょう。。
コメントへの返答
2016/10/17 23:02:03
数年に一度くらい良い思いつきドライブでした❗
でも北海道ではこれが今年最後で春までは我慢。

キミさんは新しい相棒で冬でもオープンで走れるでしょうから羨ましい❗
2016/10/17 22:33:50
シカは結構攻撃的と言うから仕方ないですよ。
てか北海道はスケールがデカイですね。
コメントへの返答
2016/10/17 23:04:28
そうそう。雄の鹿だったので角で刺されるのが恐くてビビりました。

北海道のスケールのデカさ写真で伝わりました?
デカいですよ❗
2016/10/18 10:01:10
ワイドな画面なんですね?写真。 そのおかげか、広大さが伝わりますが、きっと現場は、こんなもんじゃないんでしょうね! 
このトンネルなに??素敵すぎる!とおもったら、防波堤なんですね。
昨日、これみたあと、 グーグルアースを駆使して、北海道上空を疑似飛行しちゃいましたよ。宗谷岬とか。 一見するだけじゃ、惜しいくらいの日記なんで、また観に来ました。仕事中、これを観てると、景色に癒されます。ありがとうございます。
コメントへの返答
2016/10/18 12:54:28
写真でも良いですけど、そりゃ現地は良いですよ🎵是非何度も見に来て下さい(笑)

といっても北海道はもうすぐ雪の季節なのですよ。白い世界も良いですよ。寒いけど。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「@ken!! 焼きおにぎり?」
何シテル?   12/09 19:20
飲河満腹(荘子)
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
ラーメン・ザ・ワーストテン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/22 14:00:38
fly away 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/22 13:59:02
秋の終りのクルマ旅 vol3完 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/19 22:37:08
ファン
18 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
新車での購入から20年目、やっとネオビンテージ。 ユーノスロードスター2台目の愛機。 ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
素のままで楽しみたいコーナリングマシン。 無駄なモノは足さない。 磨き傷ひとつない ...
アメリカその他 その他 支笏湖号 (アメリカその他 その他)
まるでロードバイクのようなミニベロ。 クロモリフレームにドロップハンドルという魅力的な佇 ...
その他 その他 ニセコ号 (その他 その他)
650Aタイヤを採用する正統派ランドナー 前フォークを抜き易くするオリジナル輪行用ヘッド ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.