• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

310710のブログ一覧

2005年10月16日 イイね!

謎の箱

謎の箱画像は某社から送られて来たパーツが入って来た箱なのだが、「特殊ピトー管」と書いてある。それも100本入り。もちろん自分がこの特殊ピトー管を買った訳ではない。箱が使い回しされているだけなのだが…気になる。

ピトー管というのだから気体の流速でも測るのに使用するのだろうが…
パーツ開発時のテストとかに使うのだろうか?

普段はちゃんと某社オリジナルの箱だが、今回は発送ミスにより追加発送となったパーツがこの箱に入って来た。現場が慌てて送って来たって感じ。

メーカーにとっては自分は末端のユーザに過ぎないが、「あのパーツもこんなの使って開発されたのかな?」とか、「どうやって使うんだろう?」とか…

こんな箱1つであれこれ想像するのもまた面白い。
Posted at 2009/05/16 14:04:10 | コメント(0) | ひとりごと | クルマ
2005年10月12日 イイね!

バッテリー選び

バッテリー選び軽量小型で容量あって長持ち…色々と物色してみたがありそうでない。2輪用は容量が少なく、レース用は性能は良いらしいが高額な割に寿命が短い(らしい)。
…が、見つけました。画像のバッテリー。重さも約6キログラムと軽量。純正が16キロだからなんと10キロの軽量化。さすがGT-R!
そう、このバッテリー、実はR34GT-Rの純正バッテリー。純正だから耐久性も問題なしでしょうということで即決。問題は大きさが全く違うのでトレーとステーを新規製作しないと…と考えてたらナイトスポーツからこのバッテリーをFDに付ける為の専用トレーが発売された。タイミング良いね。やはり考える事は皆同じと言う事かな。価格は8千円。ちょいと高い?とおもうが数種類の軽量バッテリーの大きさに調整できるようにと中々良く出来ててスマートに付きそう。自作で作る手間を考えれば良いかと発注してしまった。
次にGT-Rのバッテリー端子がBタイプなので、(FDはDタイプ)アダプターを買いにオート○ックスへ…あったあった…へっ?2980円?なんで、ただの端子がこんなに高いの?リジットから出てる真鍮削り出しだって2600円だったぞ。不思議に思いながら買わずに店を出る。ちょっと遠いジ○ームスに。ありました、同じ奴。値段は819円。そうでしょう、と独り頷きながら購入。個人的には300円位が適正価格だと思うが。あれは値段の付け間違いだね。

装着してみた画像。
純正サイズより小さいため配線がちょっと引っ張られるのを発見。面倒でも廻りの部品を取り外して配線の取り回しを変える。これでハーネスの「ツッパリ」がなくなった。これで満足。

取り外した、純正トレーとバッテリー・カバー(遮熱板?)をじっと見る。
なるほど、純正形状はちゃんと走行風がバッテリーに当たるようになってるよ…。
取り外した場所を見るとちゃんと冷却用外気導入のためのダクトも付いている!
さすが純正!考えてるよな~。

重いから外しちゃえ!みたいな短絡思考が愚かしい。
「やるんだったら、ちゃんとここ迄考えろよな。」
FDにそう言われた気分がした…。

なんか、ノーマル讃歌になってしまった。
改造は難しいね。

※この記事は過去に公開してた310710ブログより加筆修正し、再掲載したものです。
Posted at 2009/05/16 13:58:14 | コメント(0) | Rx-7 | クルマ
2005年10月11日 イイね!

セブンのバッテリーを小型軽量タイプにしたい。

セブンのバッテリーを小型軽量タイプにしたい。FDのエンジンフードを明ける度に気になる処が幾つかあるが、その1つがバッテリーの搭載位置。パーツの中でも重量級のバッテリーがオーバーハングに、それもコアサポートの真後ろに積まれている。おかげでバッテリーの交換がやり易いけど、セブンはそういうクルマじゃないでしょー?と思ったりするのも事実。なので、バッテリーの軽量化をやってみようと考えた。
ま、実の処は、Zのバッテリーが死んだ→FDのバッテリーをZに付けてしまった→FDに前と同じバッテリーを付けるのは芸が無い…これが真相。今までバッテリーの重さなんて全然気にしてなかった。

それにマツダの設計の人が「あれはあれでハンドリングとかバランスを考え、フロントタイヤのグリップを上げる為、あの位置にしてる」とか言ってた様な…
FDって実測すると、リヤヘビーらしいので(FRなのに!)。本当かもね。

バッテリーの小型化はインタークーラーのパイピングレイアウトの自由度が上がるのでやってる人は多い。中にはトランクに移動しちゃう人も。が、単に純正BATTをトランクに移動するとリヤの重心が上がっちゃうんだよね。トランクの床ってフロントの純正搭載位置に比べると高い。重~いBATTがそこに来る訳だから、限界走行時のリアのニュアンスが変わると思う。やるなら、超軽量タイプか2輪車用のバッテリーにしないと意味が無い。それにトランクでBATTのガスが出るとヤバイからシールドタイプにしないと。つまり、高価なレース用のBATTとかになる訳だが容量が少ないからすぐ上がってしまうようだし、オルタの負荷も大きいと思うから自分は嫌だ。

さて、どうするか…ちょっと思案中。

※この記事は過去に公開してた310710ブログより加筆修正し、再掲載したものです。
Posted at 2009/05/16 13:14:20 | コメント(0) | Rx-7 | クルマ
2005年10月10日 イイね!

エンジンオイル

エンジンオイル1日中雨。ガレージで作業する気も起きなかったので、ドライ○ーズ・スタンドにオイルやケミカル類のリサーチにいってきた。

「パワークラスター」という聞き慣れない銘柄のオイルがあった。
いや、実は何回かは耳にしていたのだが、実際に店頭で売ってるのは初めて見た。(普段カー用品店はあんまりいかないからな)
値段もかなり高め。雨宮のオイルが5リッター11,000位なのに、パワクラのRE用は4リッター18,000以上する。何が違うんだ~??

帰宅してWEBサイトを覗いてみたが、あまり詳しい事は書いてない。
ただ、S13シルビアでパワクラを入れたら7psパワーが上がったとか、ロードスターで10ps上がったとか自慢げに書いてある。ほんとかよ~。

以前ロードスター(NA6CE)を乗っていたとき、「ナプロ」のオイルを入れた事がある。
恐ろしく高くて(たしか4リッターで3万位した!)自分的にはあり得ない金額なんだが、当時ドラッグ中心に活躍していたSHOPの社長が「このオイルスゴイよ」って言うので入れてみた。(今思うとバブリーだったよな!)

凄かった。峠の上りで非力なNA6がスイスイ加速して行く!シフトアップポイントも手前になり、車速も明かに乗っていた。オイルで車が変わったのが体感出来たなんて初めてだった。

この強烈な印象が残っていた所為か、セブンを買った時、慣しが終わったらエンジン、M/T.デフ全て「オール・ナプロ」にしてしまった。(マイクロロンも後から入れた)
ナプロの人によれば、エンジンオイルは街乗りなら6万キロ無交換でも性能は問題無しと言っていた。(ただしフィルターは3千キロで交換)実際デモカーの500馬力GT-Rはサーキット3万キロ無交換走行でもトラブルは起きていなかったそうだ!?。

あまりにも信じられない高性能オイル…それがナプロだったのだが、実は今日本では入手不可だ。イラク戦争が始まってから本国アメリカからの供給が止まってしまったのだ。
日本支社のWEBサイトも開戦当時からは殆ど更新されてない。

そう、NAPROは軍御用達オイルだったのだ。オイルの説明書に(オイルに説明書が付いて来る自体既にフツーじゃなかったが)戦闘でエンジンのオイルパン等が被弾してオイルが無くなってしまっても、無事に基地まで帰れるように…と書いてあった記憶が。まさに MIL SPEC!!(笑)当時は笑って読んでたんだが、今思うと…
ガソリンも高いし、ナプロオイルは手に入らんし…クソブッシュめ!オマエが諸悪の根源じゃ~。

平和が一番ですよ。

※この記事は過去に公開してた310710ブログより加筆修正し、再掲載したものです。
Posted at 2009/05/16 12:58:19 | コメント(0) | ひとりごと | クルマ
2005年10月09日 イイね!

Zのバッテリーが死んだ。

ツーリング後日、四日ぶりにエンジンをかけようとしたら「カカカカカカッ」と情けない音がするだけでセルモーターが廻らない。…室内灯でも点けっぱなしにしたか…?
早速充電。始めて4時間位経って見に行くと、ボコボコと電極と液が反応してて…う、+端子側から2番目のセルが反応してない!電極が壊れたか?これじゃ充電出来ても10.5V位しかなんないぞ…。問題のセルの比重を測ってみる。表示は「DEAD BATT」…と言う訳で充電中止。
このバッテリー実は再生バッテリーなんです。たしか4千円位だった。75D23Lでこの値段は激安。保証も1年付くと言うので購入したんだけど、1年と10ケ月でお亡くなりになってしまった。前の8千円くらいの新品バッテリーが5年持った事を考えると…うーん、こんなもんかな。

とりあえず、セブンのバッテリーでも付けとくかと、セブンのバッテリーを外す。セブンはエンジンルーム前側にバッテリーがあるから作業は簡単。反対にZは大変。エンジンルームの奥でバルクヘッド上のカバーを外さないと脱着が出来ないし手も入りづらい。この場所って、今時の車はABSユニットが置いてあったりする場所(セブンもそう)だけど、ZのABSユニットはなんとトランクにある!普通逆だろ、ABSをエンジンルームでバッテリーはシールドタイプをトランクだろ…と書いた所で思い出した。当時、シールドバッテリーは発売されたばかり(?)で高かったんだっけ。ロードスターがトランクにバッテリーを搭載して、たしか小さいBタイプバッテリーなのに3万円以上した記憶がある。Zクラスの75D辺りでこれをやるとかなり高価なバッテリーになってしまったに違いない。

なのでABSのユニットがトランクに押しやられたのかと勝手に想像する訳だが、このZのABSの凄い所は配管が長いのにブレーキペダルの剛性感がしっかりあるところ。フロントブレーキなんか、マスター出てからトランクのABSに行ってまた戻って来てキャリパーに行くんだぜ(笑)。それなのにガツンとペダルフィールは良いんだよ。反対にセブンはダメなんだよね…何回もエア抜きして、マスターも五千キロしか走って無いのにO/Hしたけどダメ。もうABS外すか、マスター換えるしかないかもと思っている。それを考えるとZのブレーキはスゴイ。これで効きも良ければ最高なんだけど。

※この記事は過去に公開してた310710ブログより加筆修正し、再掲載したものです。
Posted at 2009/05/16 12:49:17 | コメント(0) | Z | クルマ

プロフィール

愛車いじりひとりごとブログです。 全ては自己満足の為に…
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2005/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
お出かけ用です。 長距離ドライブには最高のクルマです。 整備するには最悪のクルマです ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
孤高のロータリーターボエンジン。 時代を超えて輝くクルマ(笑)
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
足クルマです。
ホンダ S660 ホンダ S660
納車まで丸々一年… 人生初ホンダ車。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる