• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

エテカッテ・ジジーラモ@団ヤのブログ一覧

2017年10月22日 イイね!

最後の3日間 その③

最後の3日間 その③その三日目はレクサスオーナーとして個人的には憧れであり「いつかは乗りたい!」と思っていた車種(過去形・・苦笑)

レクサスLSの感想です。


遅ればせながら(笑) 本日”新型LS特別内覧会”に行って来ました。

My Dで展示されてるLSの写真を

動物写真家岩合氏ばりに、”イイ子だね!”と声掛けながら撮影しました(大笑)


美しい光る方向指示灯を写す(わかるかなぁ!)





一目見て、あのLSのいでたちはイメージ通りのナイスなクルマでした。
レクサスの象徴である、あの”スピンドルグリル”のデザインが一番と思える出来栄えです。
ビッグな車幅(1900mm)でそのように見えるのかもですが・・・・

個人的には凄く垢抜けた印象があります(苦笑)
エクステリアもインテリアもすべて私好みのクルマでした。

ただ、購入となると・・・・
それはNOです。

ボディサイズが大きすぎます。

やっと車幅1800mmに慣れ容認するところまで来ていますが・・・
車幅1900mmまでは到底容認できません。

私の持論『デザインが良ければ性能も良し』の法則からは素晴らしいクルマですが・・・
自動ブレーキ性能など”安全装備”のチェックも車購入の重要ポイントとなりつつあるご時世ではやはり試乗して確かめてみないとイイ車かどうかの評価はできないと個人的に思うのです(お歳でしょうか・・苦笑)

今回の新型LSを見ると近い将来(TRDブース担当者の情報では2019年に、サイズも現行サイズで)
に登場するだろう新型ISの期待が高まってきます。

とても待ち遠しいですが・・・今は来年発売されるボルボXC40に凄く心が引かれます。


余談ですが
今シーズンのメインファッションアイテムは”ダウンジャケット”です。
購入にあたって、まずPAPAS、ノースフェイス、コロンビア、モンベルetc.を調べてみましたが・・・
特に最近気になっていたのはパパスでしたが、なぜかダブルジッパー仕様でない。
クルマやバイク乗りには”ダブルジッパー”でないといけないと思うのです(笑)

探すこと数週間(笑)
やっと見つけたダウンはMIZUSAWA DOWN JACKET 「MOUNTAINEER」でした。
カラーはもちろんブラック
地元のセレクトショップにあるとの情報で行って見るとブラックはすでに完売!
ネイビーを着用してみるとサイズはLで確定。
ブラックのLを探してもらいましたがダメでした。
そこで、ネットで見つけたのが「ららぽーとEXPOCITYのデサントの直営店」。
しかもあと2着のみ。
そく通販で購入。
その際に返品ものや不良品であってはいけないと思いショップの店員さんにしっかり「検品」をして送ってくださいよと。

代引きで翌日朝10時に届きました。


さっそく検品してみると・・・
背中の真ん中に直径1cmのくぼみがあるじゃないですか・・・
すぐに電話を入れて修整方法を聞いてみると・・・
その部分に布をあてて低温アイロンをかけてくださいと
洗濯タグにはアイロンは×マークがある。
やはり、アイロンでは無理、もう一度電話すると「着払いで送ってください。交換で手配します」と

%$$$%#
中略

交換発送してもらった「マウンテニア」入りの段ボール箱をあけて取り出すとまるで○女のような香りと新鮮さがあるではないですか・・・あの最初のマウンテニアは何だったんでしょうかと思えるほどの落差がありました。

ちなみに、国語辞典には
検品とは商品や製品を検査すること。
さらに、検査とはある基準をもとに異状の有無、適不適などをしらべること。

まあ、どうしてなんでしょうかね!!
どこもかしこも、こうも検品不良が・・・・

ところで、ジムで当てられたMy ISの修理ですがパーツ交換だけで2度の再修理を含めてトータル約2ヵ月もかかってしまいました。目ざとい団ヤのせいでしょうかね?!

レクサスもデサントも事前に文章又は口頭で”検品”をしっかりやってくださいと言っていたのに・・・もう嫌になります。

ある基準!

デサントの水沢ダウンは岩手県奥羽山脈の麓、大自然に囲まれた聳え立つデサントアパレル水沢工場の最先端縫製技術を駆使して生産された正真正銘のMade in JAPANですので厳しい社内基準があると思うのです。
また、レクサスも国産最高級車種、”おもてなし”を謳っている以上厳しい社内基準があると思うのです(苦笑)

そう、デサントもレクサスもその社内基準はどうなんでしょうかね!!

まあ、結果的にはレクサスもしっかり素晴らしい仕上がり、デサントも再入荷(想像ですが・・苦笑)交換で帰ってきましたので雨降って地固まる感じに。





ここで一言『変われない物は生き残ることはできない by ダーウインの進化論







                             999/1000回目
Posted at 2017/10/22 17:10:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月03日 イイね!

最後の3日間 その②

最後の3日間 その②その二日目は当ブログの差し色的存在であるタイトル「きょうのAMA」です。

我が家の愛猫AMA君は
我が家の温水器の隙間で生まれました。
6匹生まれた中で生き残ったのはAMA君だけでした。
私がへその緒をカットして手厚く保護したのですが・・・・
兄弟は皆生きることができませんでした。
その兄弟の分も含めて長生きしてギネス記録を作ってもらいたい。



AMA君の最近写真







それと・・・
書きたくないですが・・・
書かないと気持ちの整理ができないほどの出来事が発生しました。

One month ago
ジムでトレーニング中に
「あなたの車当てられましたよ! すぐに見に行かれた方がよろしいかと!」
ジムで駐車中のMy ISの右Frバンパー&フェンダーをぶつけられた!!

ドライバーは常連客のおじいさん。

被害状態はこれです(悔)





聞くところによると彼は多少認知症が表れているらしく・・・・
2週間後にも同じ駐車場で同じ接触事故をやっちゃいました。
ジムではまた被害者が出るぞ~と皆さん戦々恐々です。

私の代車プリウス(HUDは面白かったなあ!)の時も修理後のISの時もなぜかMy carの隣に駐車しようとする行動。
私の横に駐車しないようにと釘を刺しておいたのに~~~やはり認知症かなぁ!!

7/28に預けて8/26に修理完了!
盆休みがあるにしてもFrバンパー&右フェンダーの交換修理に約一月もかかるとはどんだけ「上得意客への忖度」それとも「丁寧な作業」されたのでしょうか(苦笑)

友人に修理箇所の不具合を指摘された。
Frバンパーの左右のツラ合わせ部分(写真参照)
取付ける際に調整の為に先を曲げて”スジ”がついたようにみえたのです。



さっそく、My Dへ
担当者不在

3日後電話があり、このFrバンパー部品は施工段階での”凹みスジ”でなく最初からその状態で送られてきました。確認の為、再度同じ部品を取り寄せたところ多少の違いはあってもほぼ同じように見えますと。
そうでしょう 地元NO.1の修理工場ですから、まったく私の愚かな推測でしたね!
ト○タ車体さん疑ってすみませんでした。

私がMy Dで見た同じISはそのようなスジはなかったですが・・・担当者曰く、CPO展示のISも大なり小なりのスジがありますよと。
これは一概に信じられない!
新車からMy ISは洗車時に何度もみましたがそのような”凹みスジ”はなかったと。
今回の交換部品はまるでB級品、アウトレット商品のように見えるとは・・・
どういうこと?!
この程度の部品を作る会社は・・・ましてレクサス部品なら絶対にないと思うのですが・・・
気持ちはレクサスから離れはじめました(苦笑)

この部品(塗装済みで送られてくるパーツ)について突っ込んで聞いてみると
塗装する前の樹脂成型段階でそれらしき状態であり塗装してもその凹みスジは消えず表れた状態で送られて来ると。
こんなものですかレクサスのパーツは?!
私的にはあり得ない!!

何度も言いたい~~レクサス車の部品に限らずこの状態はあり得ないと思うのですが。

この程度でよく検品に合格しましたね!!


非常に残念な気分になってしまいました。
部品(パーツ)工場の責任者にしっかり私の考え方を伝えてもらいたい!!
そしてキレイな部品(パーツ)が送らて来るのを希望します。




ここで一言『AMA君の顔を見ると心が和みますが、レクサスの交換パーツを見ると心が苛立つ!』









                       カウントダウン2   998/1000回目

Posted at 2017/09/03 15:49:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月26日 イイね!

最後の3日間 その①

最後の3日間 その①期せずしてWOWOWであの難解な「ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間」の続編が放映されています。

それに引掛けてブログ投稿1000回目を前にして「最後の3日間」としてブログを書くことに。
尚、最期は「最後」を選びました(笑)

その一日目は当ブログの10%にあたるタイトル「セレブ菜園シリーズ」を再登場させました。
当菜園は葉物野菜から果物野菜まで幅広くやってきました。

珍しいところでは、沖縄から取り寄せた苗による”サトウキビ”の栽培もしました。

いろいろ栽培した結果、一番喜ばれたのは①そら豆 ②トウモロコシ ③マスクメロン ④大玉スイカ・・・この順番は単に栽培の順番です・・笑

中でも”マスクメロン”=”高級果物”のイメージ(個人的意見・・苦笑)でプレゼントした時の喜びは
もらう方もあげる方もとても満足できる野菜です。


今年もたくさん収穫!!
毎年1株はツル枯れ病(?)で、突然それも収穫時期に枯れてしまうのですが、今年は早期発見で完治させ8株全部無事収穫(8×3=24個)予定(バンザイ!)

ただし、1株1果実が基本の立体栽培ですが・・・・
心優しいもとい欲どうしい性格が邪魔して適切な摘果ができず。
1株2~4果実とした為、果実のサイズは少し小ぶりが60%を占めてしまった(泣笑)
でも・・・お味の方はあの”千疋屋”に納入できそうな甘いメロンに。

そこで、セレブ菜園のメロンは千の上で万疋屋に、でも(マンビキとは響きが悪い・・笑)ので、万の上で億疋屋に、これも(オキビキヤと思われる・・笑)で、最終的には”百疋屋”ブランドにしたいですね(気持ちだけ・・苦笑)


メロンの栽培ポイントは灌水と温度調整に尽きます(経験論)


百疋屋ブランドのマスクメロンの収穫写真(2017.7.20)はこれです。荷札の日付は人工授粉日







7月24日の大玉スイカとのコラボ写真はこれです。





百疋屋ブランドにはセレブの刻印入りです。 その写真はこれです(苦笑)





ところで、ツイン・ピークスには迷言(名言)の一つに
「フクロウはフクロウではない」があります。


この和訳が本当に深(不解)過ぎてよく分かりません。

原語は「The Owls Are Not What They Seem」
これなら、「フクロウは見かけどおりとは限らない」で少しは理解できる気がします(苦笑)

いま、放映中の「ツイン・ピークス The Return」は凡人の団ヤにはその面白さが分かりません・・シクシク!





ここで一言『LEXUS Are Not What They Seem』







                   カウントダウン3  997/1000回目
Posted at 2017/07/26 18:44:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月27日 イイね!

巣箱を作ってみたぁ~~

巣箱を作ってみたぁ~~このところ1ヵ月以上ご無沙汰しても何も感じなくなりました。

ブログを書く意欲がありません・・・
と言うよりブログネタがありません・・・

今の心境は、まるで200勝前の大投手 又は2000本安打目前の大選手と言ったところです(苦笑)

「例えのレベルが大間違いだ!」とブーイングがありそうですが、それはご勘弁
くださいませ。なにぶん、あと4回で1000本安打(回目)ですから・・・

そのあと4回がとてもシンドイです(苦笑)

さて、今回は夏休みに孫と遊ぶネタとブログネタのWネタ作りで”巣箱”を作ってみました。
団ヤは昔、工作は得意でしたが・・・
今は不得意もとい気力が出ないのです(泣) 

匠(職人かも?!)は頭の中に図面があるんだ~で、メンドクサイ図面など引かず、即興の成り行き任せの”勘”で作ってみました。
ですから製作過程で次々変更変更で頭の中のイメージと違う作品(?)が出来上がるのです。
それによって良い物が完成します(苦笑)

次の写真を参照




ただ、そうは言っても”材質”には拘りました。
板は無垢、木ネジ&蝶番はすべてステンレス(ホームセンターのステンレスは錆びますが・・笑)
偶然ホームセンターで特価の松の板(8.5cm×85cm×1cmの5枚組で¥368)を見つけたのがそもそもの作るきっかけになりました。
特価品(B級品)ですから板のシワリは当たり前、幅8.5cmですから巣箱の最低サイズにしても2枚を合わせる必要が・・・これが意外と時間がかかってしまうのです(泣)


ところで、”巣箱”と言ってもやみくもに作ればいいものではありませんよ。
飛来していただくお鳥さん(なぜか敬語で・・笑)の種類でサイズを決める必要があります。
特に鳥が出入りする入口の穴の大きさが重要です。
希望する鳥はスズメ目の”シジュウカラ”に。
従って穴のサイズは2.8~3.1cmに決定。

出来上がった”巣箱”にレクサスマークを付け、しかも玄関には足ふきマットが必需品ですからレクサスのお・も・て・な・し精神に従い巣箱にも足ふきマットをセットしました(写真参照・・笑)

恒例のAMA君のチェックがはいります(笑)

次の写真を参照


どうでしょうか?!


素敵なログハウスの雰囲気がありませんか?(笑)
レクサスエンブレムを付けるだけで高級感が出ていませんか?(苦笑)
ただ、レクサス車もそうですが巣箱の重量があるのが玉にキズです。


余談ですが、デジカメ購入資金の残金で
ロレックス116500LN(ホワイト)を買う気構えでしたが・・・

これが正規店(こちらでは某デパート)での購入がほぼ絶望的な状態です。
週3回(火・水・金)と電話攻勢しても、いつも「入荷待ちです」と。
噂では外商・上得意先に回している。つまり”忖度”でしょう! (苦笑)

担当者はじめスタッフ全員「そんなことはありません」と言うのですがね!!
その上、日本ロレックスの締め付けで2017.7.1からデパートのポイント付与・ポイント券の使用を含む全ての優待サービスをやめる案内が・・・(写真参照)

言いたい! すべての”忖度”をやめろ~~

クレジットカードは使用できると言うことですから現金を持って歩かなくてもいいのは助かります。
それにしても、カタログに載っている商品の一部とは言え購入が厳しい状況は改善してもらいたいです日本ロレックスさん。




ここで一言『日曜大工はDIYだぁ! つまり、誰でも(D) いつでも(I) やれます(Y) ?!』







                          カウントダウン4   996/1000回目
Posted at 2017/06/27 17:57:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月22日 イイね!

季節家電の逸品!

季節家電の逸品!この季節になるとエアコンのクーラー用スイッチがONになる!

ところですが・・・・
我が家では”扇風機”のスイッチがONに。

新緑の若葉の清々しさ、その合間から流れ込む爽やかなを楽しむ・・・エコ精神も満喫。

風が足りない時は扇風機のを流す!

この時大切なことは
”扇風機”のデザイン&性能です。

いまだに使用している扇風機は26年前(1991年製)のナショナルF-C307Hです。
この製品に適う(かなう)扇風機は未だ見つけることができていません。
ただ、5月20日に発売されたパナソニックの高級扇風機リント(品番F-CWP3000)には心が動きましたが残念ながら卓上型がない・・・・和室にはイマイチなデザイン!

愛する扇風機ですが、さすがに26年も経つと前後ガードカバーのサビが目立つ、リモコンはボロボロ状態に。しかし「備えあれば患いなし」の精神から2010.9.3の首振りモーター交換時に、錆が出始めた前後ガードカバーなどの部品在庫確認をしてもらったらガードはすでに供給打ち切り、残っている部品はたった一個のリモコンのみと。
そこで、互換性のある前後ガードカバーを探してもらって注文。

今シーズンからその新しい前後ガードカバー(違いはNationalのロゴ入りとカラーがマットからツヤありになるだけ・・・写真参照)とリモコン(保護シールをそのままで・・笑)で新品状態に。
作動音の優しさもそのままでF-C307Hから送り出されるは心地よい一言です(苦笑)

優れた製品は存在するだけで素晴らしい居住空間を演出してくれます。
風情満点と言ったところでしょうかね!!



レクサス車も部品交換しながら長年乗れるクルマであってもらいたいですが・・・
単純な機械製品の扇風機と違いクルマは年々精巧な機械の塊になって来ていることを考えると新型=最強と言える。そこで、モデルチェンジごとに車を買い替える人は単に浪費癖ありと言い切れるでしょうか???


ところで毎年この時期になると団ヤの過去のブログ記事(美しすぎる扇風機!)へのアクセスが多く見られます(ウレシイ!)
このブログ記事の内容は団ヤのベスト10の一つと言っても過言でない面白さと自負しております(大汗)
参考までに、ここをクリックすれば見えます。


余談ですが、あのPAPASのサマージャケットの”検品”の件ですが・・・
交換用ジャケットのセレクトが本社担当部門でできず(苦笑)  購入ショップに3着送品しますのでその中から選んでくださいませとメールをいただき先月無事納得のいくジャケットをGetしました(苦笑)
遅くなりましたが一応報告まで。


私の「みんカラ」のブログ記事もあと5回で大台ですが、正確にはあと3回で1000回目になります。
みんカラの利用規約違反(特に風紀違反かなぁ・・苦笑)で2回削除されていますので・・・前科2犯(笑)

その規約違反ですが
①は動物の死骸など人に不愉快さを感じさせる写真掲載違反(突然カラスたちのケンカで空から降ってきたカラスの死骸を)
ここ①ここ②をクリックすれば関連記事が・・・

②WOWOWで放映されていた写真掲載(女子フットボール戦の中継映像で選手が相手選手のパンツに手がかかりお尻丸出しの珍事)したところ何の連絡もなく問答無用で削除されました。
関連記事なしですから要約しますと動画と言う流れの中での恥部はたとえ放送中にリプレイが繰り返されて解説者のグッドコメントがあっても・・・その場面の静止画はNGだったのでしょう!?
この程度の写真で”ワイセツ”扱いされるとは・・・・

私見ですが、”色っぽさ”はどんな時でも、車にも必要と思うのですがね!!





ここで一言『みんカラのお蔭でブログ記事を書くことを覚えました。ブログを書く人はこんな人でしょうか・・・過去のこの記事① この記事②をクリックしてみる?!』






                    カウントダウン5   995/1000回目
Posted at 2017/05/22 15:55:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「最後の3日間 その③ http://cvw.jp/b/255980/40610537/
何シテル?   10/22 17:10
興味を持つとすぐ飛びつく性格ですが、すぐに飽きます。過去のマニアックな行動:某女性歌手のファンクラブ入会とクレー射撃(スキート)etc.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス ISハイブリッド レクサス ISハイブリッド
10月7日納車。 ジジ臭くないジジーラモにピッタリな300h version L。 見栄 ...
ミニ MINI ミニ MINI
2007年5月23日登録 ガラスサンルーフがいいです! 雨の日が楽しくなります。
レクサス CT レクサス CT
2011年6月8日登録 時代がハイブリッド車ということで、しかも、ほんの少しEV感覚が味 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる