車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月26日 イイね!
さてこの前言っていたエアーダクトへのフォースエアーインダクションですが、基本的にはこの写真で示した様な感じに作ってみようと思ってます。

緩衝材の一部を削り取って空気の流通路を作ります。角度は上のダクトに流れる様に。ここは余分な物を付随させずにシンプルにと言う事で。

そしてその部分に当たるフロントバンパーのデザインの部分をくり抜いて空気の入り口を作ります。既に一部くり抜き、バイパスも作りましたが、あれでは少し遠慮し過ぎと言う感じですのでもう少し大きくしようと思います。

それにこの緩衝材はフロントバンパーに密着してますので、この双方のくり抜きで空気の流通路が出来ると思います。


そうすれば速く走れば走るほどより多くの空気がインテークに送り込まれる事になりますし、外の冷えた空気が入り込みますのでインテークの冷却にも役立つでしょう。

インテークって空気を取り入れるだけなのですが、結構エンジンルームからの熱が伝わってパイプが加熱するんです。ですからこれは空冷式のインテークみたいなものです。

前回は正直このグリルや緩衝材の予備を買う事まで考えていませんでしたので少し遠慮してしまいました。でもオリジナルの予備を持つのであれば今の物はどんな風に改造しようが自由と言う事になりますので結構好き勝手に出来そうです。

せっかくアフターマーケットのインテークを買ったのですから、オリジナルに戻さずにそれを活用する形で周囲の条件を改造してみようと思います。
Posted at 2017/05/26 03:44:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | オイちゃんの車奮闘記 | 日記
2017年05月23日 イイね!
実は今回吸気系を少し弄ってみた訳ですが、どうも腑に落ちません。これだけ色々な所に手を加えてあるのに何故吸気系には手を加えなかったのかと言う事です。

インテークもエアーダクトもオリジナルのまま。なんからしくないですよね。それでこれを改造した人に聞いてみたのです。何故この吸気系にだけは手を加えたないのですか?と。

すると実に面白い返事が返って来ました。何でもトヨタ側のエンジニアの話ではオリジナルのエアーボックスにK&NかTRDのフィルターが一番安定してパワーが出るとか。

要するにそこに関しては向こうも色々と研究してそこに落ち着いたと言うのです。ですので私のやった事は正解だったのかそれとも余計な事だったのか?

さてどうでしょうかね?

ただ一つ言える事は、オリジナルのダクトでも私の使ったダクトでも空気の吸入口はフロント・バンパーの後ろ、そしてポリウレタンの緩衝材の上と言う事になります。

そしてその緩衝材はフロント・バンパーのグリルに密着してますので、下からの空気の流れと言うのはかなりその緩衝材でブロックされてしまうと言う事です。勿論全く空気が入らないと言う事はありませんが、ラジエターの前の様にはいかないと言う事です。ですのでいくら大きな吸入口が開いていても果たしてそれで効果が出るのかと言う疑問は残ります。

改造した人の話では、以前は右下のグリルから強制的に空気を取り入れてパイプでダクトに繋いでいたとか。何でもフォースエアーインダクションと言うのをやっていたと言うのです。それで右下のグリルのデザインの所をくり抜いていた訳です。そして邪魔になる緩衝材は取り外していたそうです。

ただ転売するのに緩衝材抜きではまずいのでその部分は元に戻しておいたと言う事らしいです。

なるほどそれでくり抜きの理由がよく分かりました。私もそこまでは考えませんでしたが、確かにダクトの口を大きくしただけでは本当に空気が流れ込むのかと言う疑問がありました。

向こうがやったような事までは考えが及びませんでしたが、私なりに考えてした事は、丁度その緩衝材の前辺りに当たるグリルのデザインをやはり同じ様にくり抜きました。そしてその緩衝材にも少し手を加えて空気の流れるバイパスを作りました。


これで少しは空気の流れが良くなるでしょう。そうすれば大きなダクトも少しは有効になると思います。

ただ私も同じ様にもしこれを転売するとなると手を加えた緩衝材では売れませんので、一応OEMの緩衝材だけでも注文しておこうと思ってます。一応緩衝材は必須アイテムですので。ただ付いてなくても外からは見えないし、まただからと言って捕まる事はないのですが、事故を起こした時、保険会社の査定の対象にはなるでしょう。

そう言えば私の初代のスポーツカー、アフターマーケットのバンパーを入れていたのですが、あれは緩衝材があると装着出来ないものでしたので取り外して付けてました。
Posted at 2017/05/23 03:56:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | オイちゃんの車奮闘記 | 日記
2017年05月23日 イイね!
オイちゃんの車奮戦期133 (エアーダクト) 前回のインテークが終わりましたので今度はそれに関連してインテークの前に来るエアーダクトと言うのも交換しました。これは言ってみれば外の空気をインテークに導く管の様な物です。

写真1は上がアフターマーケットのダクト、下がオリジナルのダクトです。


オリジナルのダクトは吸引口が小さいので大きなダクトに交換しました。これで少しは空気の流通が良くなるでしょう。これで何かが劇的に変わると言う訳ではないでしょうが多少なりとも改善はするでしょう。

写真2はそのアフタマーケットのダクトを取り付けた所です。


私のやってる事など普通の人には何やってるのと言う事になるかもしれませんが、そこが趣味の域と言う事でしょうか。自分なりに楽しんでますのでこれはこれで良しとしましょう。

この後早速週末の日曜日に峠にテストドライブに行って来ました。峠も久し振りになります。所が峠の入り口辺りに差し掛かった頃に、工事とかで片面通行になってました。

片方が通り終わらないと反対側は通れないと言う事で随分と車が並んで待ってました。面倒になり今回はそこで諦めて引き返してきました。峠でのテストドライブはまたいつか出来ますので。

その代わりそれに乗って日本食の食料品店まで行って来ました。前日の土曜日に買い残した物がありましたので。一応高速を1時間ちょっと走った訳ですが、特にこれはと言うものはなかったのですが、まぁ悪くはないのでしょう。

正直こんな物って計器で計って見なければ少し位の違いなど分らないものですから、言ってみればこれもまた気分の問題でしょう。

自分で良いと思えば良い。それでいいと思います。
Posted at 2017/05/23 03:16:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | オイちゃんの車奮闘記 | 日記
2017年05月19日 イイね!
オイちゃんの車奮戦期132 (更なる改造) さて私も今の86を買って約4ヵ月半。そろそろ本格的に自分で改造してみようかなと思いました。今までにやった事はHIDライトを付けた位ですから。

と言っても私は専門家ではないのであくまで自分で出来る範囲でと言う事で。最初のスポーツカーでやっていた様な事です。

ただこの車は既に専門家の手で色々と手を加えられてますので今更私が弄れる所はそれほど残ってはいないのですが、一つ不思議と吸気系は弄ってないようです。

それでまずはインテークかなと言う事で K&N と言う会社の Cool Air Intake と言う物を注文しておきました。これは私が最初に持っていたスポーツカーに入れたのと同じ会社の品物です。

一応これを入れると6.6馬力アップすると言われてますので今の210馬力と合わせて216.6馬力になります。最新の2017年型のトヨタ86とスバルのBRZはオリジナルの200馬力を205馬力に上げて来ましたがそれよりも馬力では増加分の5馬力の3倍以上になります。

それからこれに関連して空気を導入するダクトも大きいのに変えてやろうと思いこれも注文しておきました。それには HKS(日本の会社)の Air Intake Duct と言うのを選びました。この両方を取り付けると空気の吸入系がより改善出来るのではないかと考えています。

でまずは K&N のインテークが届きましたので夕べ早速インストールしてみました。

まずはボンネットを開いて今入ってるインテークを外す所からです。(写真01)そして外した所が写真02。結構スカスカでしょう。外すのは慣れてますので問題はありませんでした。





外したオリジナルのインテークが写真03です。これは残しておきます。この車を売る時にはオリジナルに戻そうと思いますので。



次にK&Nのインテークですがヒートシールドと呼ばれる空気取り入れ口を入れる箱です。この裏に断熱材を張り付けて設置します。

ここまでは良かったのですがこの後少々問題が。まずは留め金のねじ穴が小さくてオリジナルのねじの大きさと合わず苦労しました。その大きさのドリルがなかったのでやすりでコツコツと削って穴を広げ、それが終わったら、その箱にチューブを入れるのですが、ゴムで穴の周りをシールドしたらきつくてチューブの突起物が入りません。これもまた苦労しました、本当に汗びしょになってやってました。

それが辛うじて入ったら今度は留め金が大き過ぎてつっかえてしまってちゃんと収まらない等々、散々でした。

まぁ、一部誤魔化しも入れて何とか収めました。そして出来上がったのが最後の写真です。(写真04)



それで早速走ってみたのですが、何となく静か。そんなはずは?。でもそうかもしれません。この車はこのインテークからエンジン音を室内に取り込んでよく聞こえる様にしているのですが、このK&Nのインテークはその部分を外して、キャップをしてしまいますので音が室内に入ってきません。

では外の音は?これも思ったほどうるさくないのです。むしろオリジナルより大人しいくらいでした。ワイフにはまたうるさくしたんでしょうと言われたのですが。

まぁ、それでもこれで空気の流れが良くなって馬力が上がれば言う事なしです。
Posted at 2017/05/19 23:23:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | オイちゃんの車奮闘記 | 日記
2017年05月19日 イイね!
やっと火曜の夜で全ての修理が終わりその翌日からまた私の車に乗って行ってます。その火曜の夜は早速様子見で近所を走ってきました。

バンパーの下には五か所アルミの板を張り付けておきました。まぁ、気休めみたいなものですが、でもそれをアルミのテープで挟む様にして張り付けておきましたのでアルミによる静電気処理効果も出て一石二鳥かもしれません。(写真01)


かすり傷の方は完全に見えなくなり真新しいバンパーの様にも見えます。(写真02)趣味も高じると色々助かります。


このオレンジの細いテープは車のボディペイント用に売っている1/8インチ、約3mm幅のビニール・テープです。これは普通のカーショップではなかなか売ってなくてこちらでは車のやや特殊な専門店でしか手に入りません。日本ではどうかは知りませんが。ただ最近はこう言う物でもアマゾン等で検索すれば手に入るでしょう。

サイドのランプも一応テープで剝がれないように留めておきました。どれくらい持つかはわかりませんが、次の Side Marker が来るまで持ってくれればいいので。

そう言えばこの前の月曜日に芸事の古い幹部の乗ってる車のバンパーが私と同じ様な所をこすってました。あの車は確か買ってまだ1年位だと思うのですが、あれだとボディーショップで修理してもらったら500ドルは取られるだろうと言っておきました。

ただ私はバイトはしません。他人の車をいじるのは神経も使うし責任も出ますからね、自分や家族の車なら少々失敗しても失敗したですみますが、他人の車ではそれではすまないでしょう。ましてお金でももらった日には失敗は出来ません。

ですから私は他人の車は修理しません。それに設備や道具も十分ではありませんしね。あくまで趣味でやってますので。
Posted at 2017/05/19 01:48:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | オイちゃんの車奮闘記 | 日記
プロフィール
「ホームページのあれこれ http://cvw.jp/b/2567749/37776986/
何シテル?   04/29 07:16
ペガサスの翼です。現在アメリカ在住です。よろしくお願いします。 長い間家族の為にファミリーカーばかり乗ってました。でも子供達も大きくなり独立しましたのでこれか...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
1年点検(納車から2年 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/20 23:04:03
オイちゃんの車奮戦記パート39(Muffler Cutter) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/21 01:02:42
お友達
私はプロのレーサーでも、プロのメカでも、また修理の専門家でもありません。ただ車で走る事が好きなアメリカにいるおやじです。特に週末は一人で峠を走ってます。まぁ、気軽に趣味で車を転がしてるおやじです。よければ色々と情報交換したり、話をしませんか。
16 人のお友達がいます
ちゅーはいむちゅーはいむ * エイジングエイジング *
CHELLCHELL TAKATAKA
mifune,mifune, ラインハートラインハート
ファン
10 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
マツダ ロードスターの2016年型2リッターNDに乗っています。
トヨタ 86 トヨタ 86
1年前に買ったマツダのロードスターNDを壊してしまったので、今回はこのトヨタ86を買いま ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.