• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

@yori7110のブログ一覧

2017年07月20日 イイね!

S15シルビア(赤)のZ33ミッション換装。

S15シルビア(赤)のZ33ミッション換装。ものすごく久しぶりに、シルビア(赤)の作業を行いました。

春に、板金屋さんにフロントバンパーとサイドステップの再塗装を依頼して、いまだに出来上がらないので、ずっと駐車場の奥に眠っておりました。


5月末に行われたディレチャレでシルビア(白)がミッションブローでリタイア・・・
その後、愛知県の方々と食事をしていた時に、Z33の純正6速を搭載すると、かなりのパワーまで対応できる事を教えて頂き、作業を行う事にしました。

白いシルビアは360馬力しかないので、赤に装着していた、ニスモの6速を積む予定です。

仕事が早めに終わったので、8時45分から作業に取り掛かれました。


マフラーを外していたので、すぐにミッションの取り外しにかかれました。



車両を造る時に、ある程度の作業性も考えておりましたので、ミッションのボルトはすべてインパクトで外せます。



作業を始めて20分少々でミッションがおりました。


タカタサーキットを1回と、岡山j国際のレブミーティングを一回走っただけなので、ニス6はとても綺麗です。



愛知県のワーキーメイトさんにお世話になり、Z33へのベル変換スペーサーを使わせていただきます。

事前に純正パーツをそろえていたので、本日中にZ33ミッションを載せようと思っておりましたが、思わぬ事が有りました。

自分のシルビアですが、クラッチがニスモのスーパーカッパーミックスのシングルプレートでした。
パワーUPを見越してのミッション交換なので、やはりツインプレートが必要になると思います。

ATSのカーボンンツインにするか、OSにするか、ニスモのツインにするか迷い中ですが、多分ATSにすると思います。



先日の月曜日に、山口県のフジイレーシングに、CPUセッティングのため、A南さんのランエボを運びました。

その時、藤井さんに自分のシルビアの今後のことを相談させていただきました。
そしてタービンを交換することにしました。

今のままでも十分に速いと思うのですが、前回の岡山国際を走った時に、やはり高速での伸びが無いように思いました。
中低速は十分にあるのですが、はやり赤いシルビアで走りたいのは、筑波サーキットや岡山国際、オートポリスですので、タービン交換で 本来のパワーを発揮できればと思います。

最近ロードスターで色々なサーキットを走り本当に楽しいのですが、シルビアには自分の本当にやりたいことが有るように思います。

藤井さんと話をしてから、今後の自分の活動や方向性を改めて決めることが出来、楽しみで仕方ありません。

その分仕事にも力が入ります。
明日からも仕事を頑張ろうと思います。


Posted at 2017/07/20 01:19:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | S15シルビア(赤)整備 | クルマ
2017年07月18日 イイね!

タカタサーキット走行&岡山国際2回目

タカタサーキット走行&岡山国際2回目先週の火曜日にタカタサーキットを走行できました。

前回の走行からの変更点は、
・軽量フライホイールへの変更
・リアのヘルパースプリングの装着
・フロントロアアームのボールジョイント交換
・タイヤ195-55-15(2分山)を、205-55-15(8分山)に交換

4か所も変更点があるので、どのような結果が出ても何が良くて何が悪いのかは 解りにくいです。

まぁ、タイヤの交換は溝が多い分 悪いことは無いと思います。

1本目の走行で、


前回の走行で、どうしても入らなかった61秒台に入りました。

タイヤ外径が小さくなったせいか、軽量フライホイールのせいなのかは解りませんが、2コーナーから3コーナーまでのストレートで、3速でレブに当たるようになってしまいました。
そのため、ものすごくブレーキングが難しくなりました。


2本目の走行ですが、



車にも慣れて、ロードスターの走らせ方も良くなってきたのか 常に1秒台で走れるようになりました。
ベストタイムの61秒376は偶然かもしれませんが、良いタイムで走れてよかったです。

この時も、コーナーの進入でリアのトラクションが大きく抜けるように感じ、アクセルを開けるのが1テンポ遅れるようになりました。

リアの車高を下げてみれば良かったのですが、試運転のつもりだったので、全く工具を持ってきておりませんでした。




午前中の早い時間に自分なりに良いタイムで走れたのと、車のセッティングの変更もできないので、岡山国際に向かう事にしました。

次にいつゆっくり時間が取れるかわからないので、一気にテスト走行をしておこうと思いました。

タカタサーキットから岡山国際サーキットは意外に時間がかかり、途中昼食もとったので3時間かかりました。




岡山国際に到着し素早く準備をして走行時間を待ちました。



走行枠は2枠取りました。

1枠目の走行で30分枠を、2回の走行に分けて走りました。
1度目のコースインで、


1分56秒でした。
前回よりも2秒以上も遅いです。

タイヤの内圧をチェックして2回目のコースインですが、

やはり前回よりも1.5秒近く遅いタイムでした。

携帯アプリでの計測なので、前回がたまたま衛星の具合などが良く いいタイムが表示されただけなのかもしれません。

それよりも、やはり車の状態が前回よりも悪くなった点があります。
まず、ストレートが本当に遅いです。
ロードスターやシビックに乗っておられる方が、「205よりも195の方がストレートが速い」と話しているのを聞いたことが有りますが、本当だと思いました。

本来自分はシルビアに乗っているので、タイヤが太くなって悪いことが有るのだろうかと疑問に思っておりました。
でもロードスターで岡山を走るなら自分は195の方が良かったように思います。

あと、タカタでは良かったフロントキャンバーが岡山ではコーナーの進入でフロントタイヤが突っ張るような感じがして思うようにコーナーに侵入できませんでした。

他にも改善しなければならない点が多いように思いましたので、1枠のみでこの日の走行を終えました。

頑張って岡山国際まで足を運んだのにタイムが伸びなかったのは残念でしたが、改善すべき点を多くを見つけることが出来たので、実りの多い日でした。




帰りに鵜飼谷温泉に入って帰りました。


ほぼ帰り道にあるので、これからは岡山国際に来たら、ゆっくりお風呂に浸かって帰ろうと思います。



タカタサーキットはコーナーばかりなので、幅の広い205の方がいいように思いますが、自分の車は2コーナーから3コーナーまでのストレートでレブリミッターに当たるので外径の大きい195-55-15の方がいいかもしれません。


あと、新コース入り口と、最終コーナーはどうしてもアクセル全開では走れませんでしたが、コーナーのかなり手前で、一瞬だけアクセルを1~2割ほど戻すと、あとはアクセル全開で曲がれることが解りました。

この赤いロードスターは耐久用なので自分のベストタイムは狙えませんが、この秋には軽いNAロードスターで、タカタサーキットで自己ベストを更新したいと思います。


冬のタイムアタックに向けてシルビアの作業にもそろそろ取り掛かろうかと思います。
Posted at 2017/07/18 01:57:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2017年07月14日 イイね!

ロードスター赤の整備&足回り変更セッティング

ロードスター赤の整備&足回り変更セッティング先日、タカタサーキットで走行して、少しだけタイムを更新できたのですが、もう少しタイムを縮められそうに思いましたので、ロードスターに手を加えてみました。

例によって、通常の仕事が終わってからの作業なので本当に体がしんどいです。

二日続けて、午前3時までの作業でした。
朝にはすべて片づけて次の日の仕事に備えなければなりません。
自分専用の作業スペースが欲しいです。


お客様のロードスターを下取りした時に、一緒にいただいた軽量フライホイールを装着しようと思います。




純正が7.8kgで、軽量フライホイールが4.5kgです。



軽量フラーホイールは、エンジンの吹け上りが良くなりますが、アクセルを抜いた時に、エンジンの回転が下がりやすくなるので、タイムUPにつながるかどうかは、走ってみないと解らないかもしれません。


リアの足回りにも少し手を加えてみました。


リアにヘルパースプリングを入れることにしました。

伸び側のストロークを得られればいいと思い装着するのですが・・・えらそうなことは言えません。
今までの足回りの設定は前オーナー様の設定をそのまま引き継いで走っておりました。
今後は自分の好みに合わせていこうと思います。


あと、フロントのキャンバーを増やすためにフロントロアアームのボールジョイントの交換を行いました。


アッパーアームの加工を考えておりましたが、良い部品が供給されていたので、この度 取り付けてみます。

ロアアームを5mmほど延長できますので、装着するとキャンバーも増えますが、ものすごいトーインにもなるのでアライメントも一緒に調整しました。




フロントキャンパーが、3.54分
リアキャンパーが、2.09分でした。

リアの車高が少し上がったので、リアキャンバーが少し減りました。


一気に色々変更してしまったので、タイムが上がっても下がっても 何が良くて何が悪いのかが解りにくいかもしれません。
本当は一つ一つ変更して走行して試したかったのですが、また仕事が忙しくなってきたので、なかなかサーキットに足を運べそうにありませんが何とか時間を作ろうと思います。




Posted at 2017/07/14 16:03:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2017年07月11日 イイね!

岡山国際サーキット ロードスター赤&タカタサーキット

岡山国際サーキット ロードスター赤&タカタサーキット今日は火曜日で、久しぶりに丸一日お休みを取ることが出来ました。



先日の日記の続きになるのですが、マツ耐オートポリスから帰った次の日に、岡山国際サーキットに走りに行きました。

12月にマツ耐の最終戦が岡山国際サーキットであるので、この時期から練習しても仕方ないのですが、九州での感触が良かったので続けて走りに行きました。

 

この車では岡山国際を走るのは初めてです。
マツ耐のシルバー号で、以前走らせてもらった時には2分2秒でした。

この日は二枠走りましたが1枠目で、1分57秒 1分56秒 1分54秒 1分54秒で
最終的に1分54秒155で走行を終えました。



岡山国際の一般走行では、タカタサーキットのように計測器が無いので、今回はスマホで計測するしかありません。
まぁ 一つの目安にはなると思います。


2枠目ではハードトップを外して走りました。
九州では「ハードトップが着いていた方が、空力的に有利なのでタイムも速くなる!。」とアドバイスを受けましたが、実際にはハードトップを外したほうが、アドウッドの立ち上がりが良くなり、レッドマン&ホッブスコーナーともに走りやすくなりタイムも上がりました。



4ラップ目で自己ベストの1分53秒599でアタックを終えました。

この後は、冬のマツ耐のために、4速&5速&6速で走行し1分58秒で走る練習と、5速と6速のみの超燃費走行で2分00秒~2分3秒で走る練習に終始しました。

自分なりにはとてもいいタイムで走れたと思います。

シルビアで1分40秒を切って走ってもとくに怖いとは思わないのですが、ロードスターでタイムアタックするのは、自分にとってはギリギリの走りなので 本当にスリルがあり楽しいです。

最近ではシルビアの人というよりも、ロードスターの人になりつつあります。
今後も事故しないように気を付けながらロードスターを煮詰めていこうと思います。




次の週の火曜日に、タカタサーキットを走りました。
耐久レースを走り、岡山国際を思いっきり走った後のタイヤですので、もう溝がほとんどありませんが、一応前後左右を組み替えて走りました。




タカタサーキットに着くと榎〇さんと、源さんたちがいました。
榎〇さんは、ランエボのシェイクダウンです。
今回はブレーキローター&キャリパーの交換&その他です。


この暑い時期に、57秒9で走っておられました。
榎〇さんは、源さんが、ほぼマンツーマンでアドバイスをしております。
走り始めて まだ1年たっていないのに、どこまで速くなるんだろうと思います。
本当にすごい。


12月のマツ耐岡山国際でもチームを組みたいものです。


〇〇さんもBRZで走っておられました。
いつもチョコレートやいろいろなものをいただいてありがとうございます。


やはり86やBRZはかっこいいです。
岡山国際でも86が本当に多かったです。
もう少し中古車の市場が安くなったら自分も乗りたいと思います。




この日は本当にタカタサーキットを楽しめました。
これまでの自己ベストが62秒4でしたが、62秒1まで縮めることが出来ました。

この日の走行は64秒から始まり63秒後半 63秒前半 62秒後半 と徐々にタイムを削ることが出来、ベストが62秒1でした。

ローパワーの車は、車の性能よりも自分の技術でタイムを縮めている実感が感じられて本当に楽しいです。 



今回は195・55・15での走行したので、次回は205・50・15のタイヤでタイムアタックしてみたいです。
タイヤは71Rです。
タイヤの溝がほとんど無くても本当によくグリップしてくれるタイヤです。
自分にとってはSタイヤみたいな感じがしました。




この日、源さんがシティを走らせました。
Sタイヤで58秒台で走っていたと思います。
この赤いシティの色は、NSXの赤に全塗装したのだと、僕が高校生の時に聞きました。

このシティに憧れて、自分のシルビアも同じ色にしました。

車の色は父親と同じに出来ましたが、運転技術はまだまだ遠い存在です。




Posted at 2017/07/12 00:44:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | 岡山国際サーキット | クルマ
2017年07月08日 イイね!

マツダ耐久レース 九州ラウンド オートポリス

マツダ耐久レース 九州ラウンド オートポリス
仕事がずっと忙しく、また他にもやらないといけない事が山積みでしたが、やっと一息つけたので、少し前の日記を書いておくことにしました。


一か月ほど前に、マツダ耐久レース 九州ラウンドに、ナイトー自動車として3台のロードスターでエントリーしました。

もともと、シルバー号(本気で走ります。)  クロ号(初心者の耐久入門)の2台でのエントリーでした。


事前の打ち合わせの時に、「今回のオートポリスは、シルバー号には誰が乗るの?」とTDCに聞いたところ、

「源さんと、にゃんばさんと、自分(TDC)ですよ!!。」

・・・・僕の名前がないじゃん!!!。

でも、よく思い出してみると、先日、「僕は岡山の最終戦に出してくれればいいよ」って自分で言ってしまっていました。

TDCが、「頼康さんにシートを譲りますよ」 って言ってくれたのですが、自分としてはもう一台ロードスターを造って一人で鉄人レースに出ようとおもいました。

正直なところを言いますと、上位を狙って走るシルバー号に自分が乗って、ちゃんと走れる自信が有りませんでした。


結局、赤いロードスターを耐久用に仕様変更してオートポリスを走ることにしました。
心の中ではシルバー号に勝ちたいなぁと思い、エントリー名は「赤い刺客ロードスター」にしました。

でも、にゃんばさんに 「赤い刺客www」って書かれました(T_T)。



エントリー締め切り直前に、タカタサーキットでランエボでアタックされている 榎〇さんにチームに加わってもらい、二人で2時間半の耐久レースを走ることになりました。
榎〇さんは国際コースを始めて走るのと、サーキットをタイムアタックでしか走ったことが無いのですが、類稀なるセンスの持ち主なので、耐久レースも大丈夫でしょう。



レース当日、無事にオートポリスに到着し、みんなでテキパキと準備をしました。



にゃんばさん&TDCは耐久慣れしているのでものすごく手際がいいです。




黒号も わきまこ君、藤〇君、今回初参戦の河〇君の3人でエントリーですが、順調に準備を進めております。





自分はと言いますと正直何をしたら良いのか分からず、ずっとチームの動きに合わせて準備をしました。
よく考えたら、僕自身が去年の岡山j国際でのマツ耐に一回出場しただけで、全くの耐久初心者でした。

しかも、岡山国際を走った時はチームは表彰台に上りましたが、僕の走りはチームの足を思いっきり引っ張ってしまってました。

やはり今回はシルバー号に乗らなくてよかったです。




レースが始まり、第一走者は僕が走りました。
シルバー号は源さんがドライバーです。

僕たちは燃費計も無線も無い状態での走行なので、とりあえず源さの後ろに着いていくことにしました。

・・・・源さんのシルバー号のペースがめちゃくちゃ速い!!!。

手元のラップタイマーで2分22秒で周回しておりました。
僕はほぼ全開で走っておりますが、もしかしたら源さんは燃費走行しながらこのタイムで周回しているのかも・・・と考え、僕の運転技術でこのペースについていくと、後半でガス欠してしまいそうなので、ペースを落とすことにしました。

40分ほどが過ぎ、「そろそろピットサインが出るころだなぁ」と思いながらストレートを何度も通過しました。
その後 5周ほどしてやっとピットサインがでたのでドライバーチェンジしました。

ピットに帰ると、「頼康さんにピットサインを何度もだしたのに全然見てないでしょ」と言われました。

僕がそろそろピットインをと考える前に何度もサインボードを出してくれていたそうです。
反省しました。恥ずかしい限りです。




総合3位でピットに戻り、榎〇さんにドライバーチェンジして、ぼくは休憩に入りました。
燃料もまだまだあるし、なかなか良い走りが出来たように思います。

第二走者の榎〇さんは日ごろランエボでタイムアタックしているのですが、FRのロードスターには不慣れですし、タカタサーキット以外のサーキットを走るのも初めて・・・・もちろんオートポリスを走るのも初めてです。

順位が大幅に落ちるだろうと思っておりましたが、それよりも、タカタサーキット以外の大きなコースも体験していただきたくて、今回、マツ耐に誘わせていただきました。

楽しんで走っていただければと思います。

榎〇さんが走り始めて20分が経ちますが、順位がほとんど落ちない。
しかも、2分28秒で周回しておられました。
さすがです(^^)。

これは意外と上位に行けるかもっ!。

2時間半の耐久レースで、3回のピットストップが義務付けられています。
とりあえず、ピットイン消化のために一度 榎〇さんにピットに帰ってきてもらいました。

ドライバーチェンジは無しでこの後も走っていただきます。

「あと何分走れそうですか?」と聞くと
「30分は大丈夫」との事でしたので、あと30分頑張って走っていただくことにしました。
コースに送り出す前に、榎〇さんから 「燃料が少ないんですけど・・・」と言われゲージを見ると、4分の一くらいしかガソリンが有りませんでした。

僕が走り終えた時はまだ5分の4は有ったように思うのですが、たぶんゲージの誤差だと思います。
ガソリンを使っても最初はゲージは減りにくいだけで、実際には僕がかなりガソリンを消費してしまっていたのだと思います。

榎〇さんに「できるだけ燃費走行に切り替えましょう」と言ってコース内に送り出しました。


僕たちがガス欠の不安を抱える中、シルバー号は総合優勝を狙って、トップを走っておりました。
シルバー号は 「先行逃げ切り」 の作戦のようで、第一ドライバーの源さんが思い切り2位以下を突き放す作戦だったようです。
ファステストラップも源さんの2分21秒です。

先ほどのピットストップから15分ほどして榎〇さんがピットに戻ってこられました。
「このまま自分が乗っていたらガス欠しそうなので、ドライバーチェンジしましょう」との事でした。

全く準備していなかったのですが、滞りなくドライバーチェンジして、僕が走り始めました。

残り時間は45分ほどです。
でもガソリンのゲージが ほぼE線の真上です。

僕も超燃費走行に切り替え、シフトも6速と5速のみの走行に切り替えました。
それでもガス欠の不安がありましたので、最後は6速のみで走りました。

6速ホールドで2分30秒から32秒で周回できるようになり、マツ耐の醍醐味を思いっきり味わいました。

タイムアタックで速く走るよりも、燃費を気にしつつもエンジンの回転を落とさずにコーナーを周るほうがかなり難しいし怖いです。

レースの最後の方で ようやく少しだけ運転がうまくなったように思います。


12時50分からレースが始まり、3時15分まで走り終えたところで、何とか完走できそうな目途がたったので、2周のみ思いっきりタイムアタックしてみました。
1アタック目で2分21秒 2周目で2分20秒で自己ベストを更新できました。
本日のファステストラップも刻めました。
赤い刺客が最後に一刺ししてやりました(^^)。

2周のアタックの後にチェッカーを受けるはずが、チェッカーフラッグが振られていません。
もう一周しないといけないのかぁと思い、燃費走行でもう一周しましたがまだチェッカーが振られません。

2時間半経過し、3時20分を過ぎているのに・・・・ロスタイムとかあるのか???。

ガス欠の不安に襲われながら3周目でようやくチェッカーが振られました。


よく考えたら、12時50分からフォーメーションラップを1周して、その後ローリングスタートでレース開始でした。
つまりローリングスタートで、トップの車がコントロールラインを通過してから2時間半のレースの開始ということでした。
自分の勘違いで、とんでもない失敗をするところでしたが、何とか完走できました。

結果は、赤ロードスターは総合で7位 クラス5位か6位だったと思います。

シルバー号は総合2位 クラス優勝を果たしました。
源さんが速いペースで後続を引き離し、藤堂君とにゃんばさんが逃げ切る作戦が見事に決まりました。

本人たちは総合優勝したかったようですが、作戦通りに車を完走に導いた3人は本当にすごいと思います。

特に、にゃんばさんとTDCはチームオーダー通りに車を走らせ自分たちは燃費走行に徹する仕事を果たしました。
僕にはできない走りをする二人を誇りに思いました。

ナイトー自動車の若手を引っ張っていってくれる存在です。



ちなみに黒号は総合11位でした。
黒いロードスターは、1600ccで、足回りもダウンサスのみの変更なのに、24台の1位は立派だと思います。
河〇君あたりは、次は赤いロードスターに乗ってもらおうかなぁ。

3台とも無事に完走してマツ耐 九州ラウンドを終えました。

他にもいろいろなハプニングや面白かったことが有りました。




レースを終えて、宿泊組は黒川温泉 新明館に宿泊しました。
すごく良い旅館で、仲居さんたちもとても親切でした。残念ながら、みんからにUPできる容量の写真が全くありません。

夕食の時に、榎〇さんと、わきまこ君と 河村くんと色々な話をしました。
やはり耐久は一人で出るよりも、みんなで走ったほうが楽しいですね。

自分は子供の頃、ソフトボールをしていて、みんなで力を合わせて試合に勝つ喜びがありました。

大人になってからはレースやタイムアタックでの楽しみは有りますが、仕事以外で他人と力を合わせて何かを成し遂げる楽しみがなかったように思います。

今回はいろいろなことを勉強させていただき、本当に良い経験をさせて頂きました。

Posted at 2017/07/08 03:16:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | 九州オートポリス | クルマ

プロフィール

「S15シルビア(赤)のZ33ミッション換装。 http://cvw.jp/b/2570814/40117421/
何シテル?   07/20 01:19
@yori7110です。よろしくお願いします。 ほぼサーキット走行と車の整備のことしかありませんが、自分の記録として書き留めておこうと思います。 走...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

全国に知り合いが出来ればよいと思いますので、よろしくお願いいたします。
81 人のお友達がいます
オレゴンオレゴン * 三十爺三十爺 *
ないちん FD3Sないちん FD3S * ピンケロ2号ピンケロ2号 *
ペイン222ペイン222 * 我が道を行くぶた我が道を行くぶた *

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

日産 シルビア シルビアS15 赤 (日産 シルビア)
サーキット仕様のシルビアS15(赤) ミニサーキット仕様のシルビアS15(白) 街乗り用 ...
日産 シルビア シルビアS15 白さん (日産 シルビア)
ミニサーキットを走ることだけを考えて造りました。 手持ちの部品を使い非常にリーズナブルな ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
友人から5万円で譲っていただいたNBロードスターです。 その後いろいろと手を加え、足回り ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.