• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

skenjiのブログ一覧

2017年05月17日 イイね!

993給油テクニック

993に給油するとき、全然満タンになってないのに、止まってしまうこと、ありませんか?


実はこんな形で、ノズルごとひっくり返してあげると、ちゃんと満タンまで給油できます。

プチテクニックでした。

Posted at 2017/05/17 13:10:54 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年01月19日 イイね!

ポルシェ993のコックピット

ご存知のとおり、初代の911から993まではダッシュボードの計器は似たレイアウトをとっており、5連メーターの雰囲気を引き継いでいる。水冷化された996からはダッシュボードのデザインも変わり、よく言えばモダンに、悪く言えば普通の車のようになった。

993のダッシュボードは、同年代の車に比べてもちょっと古い感じがしていただんけど、車のことをあまり知らない人に言わせると「飛行機みたい」だそうで、そういわれるとなんかいい気分。

さて、このダッシュボードの、細かなところだけどよくできているなと感じたところを。

ウィンカーの音が小さい:「カッチンカッチン」鳴りはするが、音が小さいので気が散らない

ライトの状態を示すインジケータ:普通の国産車だと、ポジションランプ/ヘッドライトが点いている状態でインジケータが点灯するんだけど、993はちょっと違う。ポジションランプ点灯時にインジケータが点灯、ライトを点けるとインジケータが消える。これ実はかなり合理的だと思う。国産車だと、いまヘッドライトがついているのかいないのかをダッシュボードからはわかりにくい。なのでヘッドライトを消したまま走ってしまっていて、あ! となったりする。しかし993の場合、インジケータが点いているということはヘッドライトは点いていないわけで、このまま走るのは問題があるとすぐ分かるわけだ。

ランプを全部けすボタン:ライトのインジケータが象徴的なんだけど、要は何かインジケータが点いていれば、そのまま走るのは問題あるよ、という設計になっているようだ。例えば、サイドブレーキが引かれているとか、ブレーキのパッドが減っているとか、ヘッドライトが点いていないとか。燃料が切れそうになると同じようにインジケータが点灯する。ところが、何か光っていると問題あり、というのに慣れてくると、燃料が少ないというだけで赤く光るインジケータがちょっと目障りだったりする。そう思うユーザーが多いためか、この警告ランプを消すボタンというのがセンターコンソールにあって、主には燃料切れのインジケータ点灯を消すのに使っている。

アナログの時計:いちおうどんな車でもたいていは時計がついていると思うんだけど、意外とデジタル表示だったりバックライトなしで夜はほとんど見えなかったり、外気温と切り替え式だったり、と計器の1つとしてちゃんと扱われていない感じがするのが時計。でも、スマホ全盛で腕時計もしないこのご時世、実は時計のニーズって意外にあるんじゃないかと思う。そしてデジタル表示よりもやっぱりアナログ表示なのである。意外にこれが気に入っている。

物理ボタン&1ボタン1機能の原則:一時期、液晶パネルが流行って車にも搭載されるようになったころ、液晶表示を見ないと空調もまともに操作できない車があって辟易したことがある。そこを見なくても手触りだけで操作できることは、車のユーザーインタフェースとしては必須だと思うんだけど、この点、どんどん退化していっている気がしてならない。が、年代的にも思想的にも993はここはしっかりしていて、運転席から手をのばすだけで、姿勢を替えずに空調やオーディオを操作できるようになっている。ポイントは用途ごとに場所を分けてスイッチが設置されており、手触りで分かること。それから1ボタン1機能の原則が守られていることだ。これは電子制御バリバリの991などにも引き継がれているようで、1つのボタンには1つの機能しか割り当てられていないという(991についてはすべて確認したわけじゃないです。。)。例えば、あるボタンを押すと何かの切り替えモードに入って、その上で別のボタンを押すとモード内の設定が切り替える……こういうユーザーインタフェースは避けられている。

1つイマイチだなぁと思うのは、センターコンソールのスイッチ。
上段に、左からハザード、リアウイング制御、アラートインジケータを止める と並んでいるんだけど、ちょっとハザードが探しにくくて押しにくい。ここばっかりは、押し込みトグル型の国産車みたいなほうが便利なんだけどな、と思う。ドイツでは走行中にハザードを押すこと(サンキューハザード)は、交通マナーとして存在していないのかな? まぁ1997年当時はほかの車のハザードも押しにくかったような気もします。

Posted at 2017/01/19 21:42:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月19日 イイね!

空冷ポルシェの油量、油温、油圧の見方

空冷ポルシェで、「とにかく注意して見ろ!」と言われるのがオイル周り。

そのため、運転席の5連メーターも、左から「ガソリンメーター」「油量」「油温」「油圧」「タコメーター」「スピードメーター」「時計」と並んでいる。オイルだけで3種類も!

でも、このオイル周りのメーター、どのように見たらいいのか? は意外に難しくて、空冷ポルシェオーナーとかショップとかディーラーに行くたびに聞いているんだけど、まだ完全には理解仕切れない。そこで、これまでに聞いて理解した話をまとめておく。

まず重要なのは、油量と油圧はある程度油温が上がららないと正常に表示されないということ。エンジン始動直後はあてにならない。さらに、走っているときは油量は正しい数字を示さない。


油温:だいたいいつ見てもOK。中央よりちょっと下あたりに来ていればちょうどいいらしい。油温が上がりすぎると、水冷でいうオーバーヒート状態になってヤバイらしいんだけど、僕のはここがおかしな状態になったことは幸いなことにない。それから、エンジン始動直後は油温が下に振り切れているけど、ここがちょっと動くくらいまでオイルを温めてからちゃんと走るのが大事。僕は下から2つ目のラインくらいまで油温が上がるまでは、回転と速度を抑えて走るようにしている。

油量:油温が上がらないと正常な値を示さない。また、走っている最中は下に振り切れることが多いので、アイドリング状態のときに確認する。一番上が白くて一番下がオレンジ色だけど、走ってオイルが減っていくとだんだん下に下がっていく。メーターの一番上から一番下で、だいたいオイル1リットルくらいになる。いろいろ聞いたことを総合すると、「オイルの入れすぎはダメ」。減ってくると不安になって、エンジン壊れちゃうんじゃないか?とドキドキして、ついオイルを継ぎ足しすぎちゃったりするんだけど、入れすぎるとオイルを吹く、エンジン壊れるという。特にサーキットとかで横Gがかかるとヤバイらしい。逆に、減っている分には案外大丈夫というのがヒアリング結果。僕の場合、1000〜2000キロで1リットルくらい減るかな? という感じ。ちなみに写真の量は少し入れすぎのようです。


油圧:こちらが一番わからないメーターです。こちらもある程度油温が上がらないと正常に表示されないように思えます。基本的には、アクセルを踏み、回転が上がり、負荷がかかると油圧が上がり、負荷がへると下がるようです。わからないのは、どの程度が正常範囲なのかということ。僕の場合、アイドリングで静止しているときで「2」。巡航時、アクセルオフで「4」。アクセルを踏んでいるときはほぼ「5」という感じ。油圧計はよく不調になるということで、僕のは1年前に新品に交換済み。だけど、いまだにこの表示でいいのかわかりません。




参考URL:
オイル量について
http://azusin1.fc2web.com/yuonnkei/yuonnkei.htm

こちらもオイル量のはなし
http://kurumaseibi.livedoor.biz/archives/51349949.html

油圧について
http://members.jcom.home.ne.jp/takefumi.sugiura/maintenance/oil_pressure/oil_pressure.html
Posted at 2017/01/19 21:08:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月27日 イイね!

空冷ポルシェ993に乗ってみて

空冷ポルシェ993を手に入れて10ヶ月。
ほぼ毎週、深夜に走っています。

まず、買う前にいろいろ調べていてビビったほど、オイルはシビアではないです。だいたい500キロくらい走るとオイルが1リットルくらい減るので、油量計を見ながら足していくこと。それくらいでしょうか。
夏場のオーバーヒートも噂には聞いてましたが、オイルクーラーがバッチリ動いているせいか、油温が半分より上に上がることも全くなし。

加速は、以前乗っていた国産280馬力ターボに比べるとまぁ穏やかなくらいで、気軽に全開にできます。でも、リアのトラクションを感じられるのは本当で、後ろから蹴り出されるように加速します。

本当に違うと思ったのは、高い速度域からの加速で、4速レッド直前まで引っ張るのも簡単。ああ、ポルシェって200キロ以上日常的に出せる車なんだな、と感じたのが国産との最大の違いでしょうか。しかも、高速度域でもピタっと安定して、怖さがありません。ここは個体差もありそうですが、程度の良さを実感します。

そしてブレーキ。なにが凄いって、前のめりにならず、沈み込むように姿勢が変わるんですね。ほんとガツンと踏んでも安心。しかもタッチがとてもいい。
唯一、フロント荷重が軽いせいか、低速度域で雨のときなどパニックブレーキをすると、かんたんにABSが作動します。これは結構怖い。

コーナリングはオンザレール。少なくもと、首都高レベルではオーバーもアンダーも感じません。以前ジムカーナ場で走り回ったときには、フロントが逃げ回る感じてからので、よほど姿勢を作ってあげないとリアも出ない。しかもドリフト継続する感じじゃなくて、自然にスライドが止まっちゃう。LSDが入ってないから仕方ないんですけど。

燃費は実測でリッター6から7キロ。ガンガン回して高速を走ってこんな感じ。一回の出撃でだいたい100キロくらい走るので、18リッターくらいかな。

空冷ポルシェの高騰もあって、ガンガン走るのはもったいないとも言われますが、やっぱポルシェは走ってなんぼ。楽しい車です。
Posted at 2016/12/27 13:11:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年04月15日 イイね!

ETC装着!

先日、ヒューズボックスからなんとか電源を取れて一安心。

今日はその電源を使ってETCを取り付けてみました。

助手席近辺にうまくアースが取れるところが見つからず、ちょっと手こずりましたが、助手席奥の何かのユニットを取り付けてあるネジにテスターを当ててみたらアースとして使えるようなので、そこに接続。

アンテナもガラスに貼り付けて、なんとか装着完了。

うまくETCゲートが開くかのテストも兼ねて、首都高を走ってみました。

問題なく走行できて、Good!
Posted at 2016/04/15 01:10:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #911クーペ リアから白煙!? オイル吹きこぼれアンダーカバー清掃 http://minkara.carview.co.jp/userid/2573608/car/2126458/4417860/note.aspx
何シテル?   09/09 13:23
skenjiです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ETC車載器取替(Panasonic CY-ET909KDZ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/26 13:40:17
PORSCHE 993 キーライト LED化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/26 13:37:56
993 ETC取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/06 14:23:25

お友達

ポルシェオーナーの方、ぜひ走りに行きましょう!
2 人のお友達がいます
りんご7りんご7 かづき@ISかづき@IS

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
ずっと夢だったポルシェ 993 カレラをついに購入しました!空冷最高!
トヨタ アイシス トヨタ アイシス
親から中古で譲り受け
アウディ A4 アバント (ワゴン) アウディ A4 アバント (ワゴン)
黒の1.8Tクワトロ S LINE。初めてのAT車でした。
マツダ RX-7 マツダ RX-7
1985年式 初代のRX-7 GTX。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.