• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

イーグルが好きのブログ一覧

2017年11月06日 イイね!

座間市9遺体事件


毎日、座間市9遺体事件を報道している。
朝食を食べている時も、帰宅して一杯飲みながら夕食の時も
頭部がボックスに入っていたとか、異様な臭がしたとか
自殺志願者に取り入って殺したとか、一家団欒のお茶の間には
ふさわしくない内容の報道である。
それでもテレビ局が面白がって報道するのは、面白がって見る人がいるからだ。
死臭とか切断された頭部とか、実はみんなが大好きなんだな。
だからこそ、毎時ニュースのたびに不愉快な内容を垂れ流す。
人を殺すとか、死体を切断するとか、大好きなんだ。
だからこそ、昔から残酷な殺人や死体が歩き出すなどの小説や映画があるわけで。
私たちは大なり小なりそういう残忍な趣味趣向を持っているということ。
しかしながら、だからとホイホイと行動に移せるものではない。
理性がある。
そのキャップのはけ口として推理小説やホラー映画がある。
アメリカの銃乱射事件にしても今回の座間市の事件にしても
フィクションとリアルの区別がつかなくなった、一種の脳の障害が原因なんだろうね。
私は動物を殺したり人を傷つけたりすることに快感を得る趣向はないが
ストレスが貯まってくると、現実逃避するために
推理小説を読んだり、ホラー映画を観る。
推理小説では横溝正史がダントツ。
死体をあえて目立たせることで猟奇殺人を際立たせる。
映画ではハンニバルレクターシリーズだろうな。
死体をオブジェとしたり食べたりする猟奇は群を抜いている。
アンソニー・ホプキンスはレクター博士役が当たり役になりすぎて
他の仕事ができないと、レクター博士役をやらないことを名言。
TVドラマで有料放送で一度だけオンエアされた若き日のハンニバルも
多分二度と放送しないのではないかと思われるくらいエグい。
ゾンビ物や13日金曜日物を怖い映画だと思っている人が多いが
本当に怖いのはハンニバルシリーズであることを声を大にして言いたい。
これをじっくり見ることで、殺人事件の犯人となるのを助けられる人が多いのではないか。
この手の映画を犯罪の温床となるなんていうアホは何もわかっちゃいない。
Posted at 2017/11/06 19:50:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画 | 音楽/映画/テレビ
2017年08月20日 イイね!

今日のトワイライトゾーン


今日の無駄遣いは、1980年代の映画である。
レンタルで探してみたが、すぐに見つからなかったので衝動買い。
とは言っても、こんな古いものは名画シリーズで定価1500円だった。
もともとはTVシリーズだがこれは劇場版である。
ディレクターのクレジットがしびれる。
スティーヴン・スピルバーグ、 ジョン・ランディス、 ジョー・ダンテ、 ジョージ・ミラー
多分、この頃はみんな30代の新進気鋭の映画監督だった。
スピルバーグはこの翌年にETを公開しているから、乗りに乗っていた時期。
映画製作だけでも大作を次々にという時期に
トワイライトゾーンのようなショートムービーや、
もう1つ今回購入してしまった「アメージング・ストーリー」というTVシリーズも撮っている。
アイディアが彼の頭から湯水のように溢れ出ていたとしか思えない。
80年代前半のあらい映像である。
音声は英語だけかろうじてステレオ、5.1となっている。
が、ナローレンジで出力も小さい。
ちょうど、フジテレビで怖い話というオムニバスをオンエアしたばかりだが
この手のオムニバスの怖い話の原型がトワイライトゾーンなのである。
音楽に3Bというスタンダードがあるように、怖い話というジャンルの基本のキは
トワイライトゾーンではないだろうか。
Posted at 2017/08/20 20:52:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 音楽/映画/テレビ
2017年08月11日 イイね!

アイアムアヒーロー映画評

大泉洋は好きである。
まだ、名前が売れていなかった頃、
人気絶頂だったパフィーの番組でパフィーとの絡みは良かった。
軸足を東京に移してからの活躍は皆さんの知るところ。
どんな役でもそつなくこなす。
素晴らしい役者であり、バラエティでは素晴らしいタレントである。
という大泉洋を使っての映画、アイアムアヒーローである。
実はどんな映画なのか、前知識なしで素直に見ていた。
早い話がゾンビモノ、スプラッター映画だった。
アメリカモノでは、ゾンビやらバイオハザードやらこの手の映画は星の数。
ところが、実際見てみると見事にそれらを超えていない。
それどころか、ウィルスとかその原因や広がりなど
すべての考証を無視して、ひたすら大変だという。
さらに謎の女子高生の存在や病気も、何も解明しないままだし。
最後はショットガンを撃ちまくり、ゾンビを制圧してジエンド。
原作が人気のある漫画だそうで、あまり話をいじれなかったとすれば
原作がつまらないということか。
ところがである。
amazonなどの映画評をみると、平均点がかなり高いのだ。
海外で賞を取ったそうだし、私のほうが世間からずれているのだな。
もう1つ
ストーリーは理解しがたいが、それ以外はよくできていた。
まず、大泉洋以外に有村や長澤がいい感じ。
ゾンビのキャラクターデザインや特撮も良くできていた。
原作にとらわれずに、俳優の力量に依存することなしで、頑張って作れば
日本のホラーもここまでできるということなんだな。
見終わって残念感がいっぱいになったのは私だけか。
Posted at 2017/08/11 13:39:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 音楽/映画/テレビ
2017年07月30日 イイね!

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

久しぶりに映画鑑賞。
比較的新しいクドカンの映画である。
冒頭バス事故で死んでしまう、というのは東野圭吾のストーリーを
思い浮かべてしまうが、話は思わぬ方向へ。
クドカンは次にどうなるかを全て裏切ってくれる。
その上、伏線を張り巡らしてハチャメチャな話を
きっちり絡め取っている。
クドカンは相当なロックマニアなようで、
ロックバンドやそれにまつわる話を散りばめて。
支離滅裂なネタを2時間でまとめるというのは
才能がなければできる話ではない。
強いて言えば、このハチャメチャ感のターゲットをどの層に置いているか。
初老の私の年代はちょっとついていけない感がある。
かと言って若い人にジミヘンは左利きなどというギャグは難しい。
こういう理屈を楽しめる人と、アシカやカマキリになるのを楽しめる人と
幅広く、というのがクドカンの世界観なのかな。
面白いのは、地獄の世界観。
資料を元にして(ストーリーでは高校生が読んでいる本)
解説めいた場面も多く出てくる。
天国より地獄のほうが…というオチが笑えた。
Posted at 2017/07/30 08:30:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 音楽/映画/テレビ
2016年06月25日 イイね!

天空の蜂 [DVD]

大好きな東野圭吾原作ということで、無条件に受け入れてしまう自分がいる。
映画化した時に原作を先に読んだ。
東野圭吾にしては、ちょっと浅いというか単純というか。
内容も高速増殖炉の話が中心で、と、発行年を見ると1995であった。
彼の略歴を見ると秘密や手紙や白夜行より前になる。
つまり、初期の作品、それもアクションなわけで。
アマゾンの評価など見ると、ディテールの設定が甘いと書かれていたが
東野圭吾の初期作品として甘んじて受け入れることにしよう。
二人の主役の子供との関わりの暗い過去とか、
原発に関わる問題点とか、今の東野圭吾はもっとひねるべきところを
わりと単純にさらりと書いているのも特徴。
かぶせるような不幸の連鎖がない。
不幸自慢もさらりなのである。
さて、映画の話。
てっきり設定を現代にするかと思っていたが、原作に忠実に90年代に。
懐かしい自動車が出ていた。
テレビや携帯電話も当時のもので。
今回、唯一自衛隊として登場するUH1なんだけどなんか違うんだよね。
理由がわかった。羽が4枚もある。
調べてみたけど、最新のベイパー系以外は2枚羽だよね。
細かく見ていくとあらが目立って感情移入しにくい。
しかしである。
原作よりつまらないとは思わなかった。
アレンジしたところも含めて、最後まで楽しめた。
評価1という人が多かったが、私は4をあげたい。
Posted at 2016/06/25 13:11:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「お金があれば何でもできる http://cvw.jp/b/2574735/38590029/
何シテル?   09/23 21:52
イーグルが好きです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

ブログはお友達公開としています。
時事ネタや試乗記などご興味ある方は申請してください。
いいおっさんなのでお若い方はご遠慮してください。
多分話が噛み合わないかと。(笑)汗
12 人のお友達がいます
メタポロRメタポロR * ちゃぐちゃぐ *
ハヤタハヤタ * pikamatsupikamatsu *
miracle_civicmiracle_civic * Ocean5Ocean5

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ルーミー トヨタ ルーミー
3ヶ月待たされて、仏滅の夜に納車である。 そういうのを気にするオヤジなら営業マンに怒鳴り ...
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
ポロは案外良くて満足しています。 今現在のVWの主力エンジンは1.2T。 ポロとゴルフに ...
トヨタ ハイラックスサーフ サーフ最終型 (トヨタ ハイラックスサーフ)
トヨタではRVのグレードにサーフという名前をつけていた。 ところがバブル以降サーフといえ ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
サブで使っている、近所へのお買い物用。 ところが、普段はほとんどこちらを利用している。 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.