車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月29日 イイね!
自作綿菓子製造機を作っていて、完成に近づいています。
http://minkara.carview.co.jp/userid/2576178/blog/38923925/
問題点を解決した、最新号を作るかも知れませんが・・・

次に、ザラメを供給する方法を考えます。
出来る事なら、園児自身にザラメを扱わせたいです。

現在は15cc~20ccの量が最適量なので、その量を計量スプーンで量っているが、
素早く簡単に量りたいです。
時間が掛かるとザラメで遊び出し、そのまま食べ始める傾向にある事も、実験で分かっています。

30年位昔に、ロイヤルホスト(ハッキリ覚えていない・・・)のコーヒーの砂糖は下を向けると定量が出る仕組みになっていたと思います。
こんなやつ。





似たような容器でも、デニーズ(ハッキリ覚えていない・・・)は下を向けると空になるまで砂糖が出続けた。

昔の記憶を思い出したけど、ロイヤルホストの容器の出口は斜めカットでカッコ悪いが、デニーズのは垂直カットでカッコよいと思っていた。




ロイヤルホストの砂糖の容器があれば使いやすいかも?と思い、ネット検索すると
「シュガーディスペンサー」と言うらしい。
100円ショップにもあるみたい。
が、帰りに寄った100円ショップにはなかった・・・

ま、3g位しか出ないので改造が必要。
1ショットでは綿菓子には足りません!


自作しようにも仕組みが分かりません。
「試しに1個買う必要があるなぁ・・・」なんて考えながら仕事をしていると、
急にひらめいた!!!「口形状に何か理由があるのでは?」

斜めカットで向きが決まったら、3分で設計できました。






アルミパイプに、斜めカットと切り欠けを入れてテスト用部材完成。
ペットボトルに装着する為に、蓋に穴を空け装着。






切り欠けの開き具合で、量を決められる。
調整して、20㏄出す事に成功!


こんな感じで出ます。



粉せっけんやコーヒ粉などに応用できるなぁ。


























Posted at 2016/11/29 22:24:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月27日 イイね!
自作綿菓子製造機 【6号機】②http://minkara.carview.co.jp/userid/2576178/blog/38807588/
の続きです。

前回は不発気味に終わったので、そのまま開発を続けます。

上手に出来ないのは、茶色ザラメが原因かも知れないので、白ザラメを入手したい!
プロ用の機械には「茶色ザラメでは綿菓子が出来ません」と、説明が書いてある機種もあるようだ。

近所のスーパーを探しても、白ザラメは置いていない・・・
30件以上は回ったが、見つからない。
ネットで探すと、茅ヶ崎にあるプロ用の綿菓子機を貸してくれる店にあるようだ。
1袋500円の「白ザラメ」を買うために、5000円以上を使って買いに行く(笑)
後に聞くのだが、「スーパーマーケット成城石井」にあるかも知れないと事です。




白ザラメを入手して、綿菓子を作ってみたが、あまり成功しない・・・
分かったのは、茶色ザラメより白ザラメの方が融点が低い事。

回転が上がらない事が気に入らないので、窯を変更してみる。
本当に色々な窯を作っていた(笑)

左の「ウコンの力」サイズは、ブレないが周速が出せない・・・
微糖の「香りを楽しむタイプ」は、蓋の板厚が薄すぎる・・・
芯ブレを無くす為に、缶の全長を短く加工している。
が、缶の剛性も影響するので難しい・・・

会社の先輩や後輩に何本も飲んでもらい、カミサンにもお願いした。
産まれて初めて、缶のサイズで飲み物を選ぶ事を経験した。




どうやら飲み物の缶ではダメかもしれない・・・
缶を探す為にスーパーへ行く。

背の低いパイナップルの缶詰めと、シーチキンの缶詰めを見つけ、理想過ぎて小声で「おっ!」と声を出す。
加工のしやすさから、アルミを選んでいましたが、剛性の強い鉄も視野に入った事による恩恵でもありました。

シーチキンの缶は径が小さくなるので、同じ回転数なら周速は不利になる。
それでもコーヒー缶よりは径が大きいが・・・

実際に回してみると、パイナップルの缶は今までにない回転をする。




次にシーチキンの缶を回してみる。
シーチキンの缶はパイナップルをはるかに上回る回転をする。
周速を考えても、シーチキンの勝ちです。

缶に穴を開けて、綿菓子を作って見る。
本物の機械のように出来る。
(写真はありませんが、この頃は4号機位かな?)




今まで上手く行かなかったのは、回転が足りなかっただけだ!

気を良くした私は、更に回転を上げる為に「トルクチューン2」に変更。回転もさることながら、トルクが上がるのでザラメの片寄りに強いぞ!
(ミニ4駆を知ってる方は①で既にトルクを使っているのはバレているでしょうが、ここで対策したように書いています)

後に「アトミックチューン」や「レブチューン」も気になる。
(ミニ4駆が分からない人ごめんなさい)
「アトミック」や「レブ」を超して「ライトダッシュ」を使ったが、「トルクチューン」の勝ち!
やっぱり偏心しているから、トルクが大きい方が回れるね!
「アトミック」や「レブ」ではダメですね。

「ハイパーダッシュ」や「ブラズマ」も試して見たいが、仕様書にある「園児向け」では無いし、二次電池やモーターの稼働時間に影響するだろう。
よって、モーターはトルクチューンに決まり!
まだ試していませんが、次回モーター変更する際には、少しトルクが上がるので「トルクチューン2モーターPRO」にすると思います。



家のゴミ捨て場に「浅田飴の缶」が捨ててある。
これは良い形の缶だ!
回してみると、シーチキンの缶をはるかに超える性能だ!!!!

早速、綿菓子を作ると雑な温度調整でキメ細かい綿菓子が出来る。
やはり、回転(周速)が高い事が良い結果となる。




ここまでくれば、骨格だけで完成になる。

アルミのアングル材と鍋で、フレームと桶を作り完成。




近所の子供にモニターをしてもらい、熱源から窯までのダクト(ヒートパイプと私は名付けた)がむき出しだと、ここで出来た綿菓子が溶かされて、絡まったり割りばしから綿菓子を奪う事が分かったので
二重(ヒートガードと名付けました)にして、ヒートガイドの表面温度を150℃以下(ザラメの融点)
にします。
モーターと窯の接続部に綿菓子が絡むと故障するのも分かったので、モーターガードを付けました。




こんな感じで、綿菓子が出来ます。
https://www.youtube.com/watch?v=9mu5jdGFErM




【構成部品の説明】

窯:
株式会社浅田飴 浅田飴子供せきどめドロップ(ぶどう味)
http://www.asadaame.co.jp/products/medicine/kodomosekidomeg.html
が、現在試した物の中では、ぶっちぎりで高性能!!!!
板厚が厚いのでブレないし、肉厚により温度が保てるので安定した釜温度を保てる。

次に良いのが、シーチキン缶
浅田飴に比べ、肉厚が薄いので少しブレやすく、温度管理が少しシビアになる。

穴の径はあまり試していませんが、私はφ0.6mmの穴を空けています。
「穴径が大きいと、べっこう飴になる」と言う方がいますが、これは周速が遅いか、暖める温度が高過ぎです。

穴数は20個も空いていれば良いです。多くても問題ありません。

穴位置は、人によっては「下から20㎜は穴を空けない方が良い」と言っている方が居ますが、それは周速が足りないだけです。
周速が出せていれば、下部から0㎜~30㎜まで自由に開けて下さい。

窯と桶の底面距離は、ある程度高さが無いと、綿菓子の山が釜の近くに出来てしまい、釜に絡み付いたり、園児が割りばしで、釜を突っついて故障の原因になる。



桶:
カインズホーム製のアルミ鍋
http://www.cainz.com/shop/g/g4936695050302/
Φ360㎜ 1780円
今の私の技量では、このサイズ(鍋半径-釜半径)が綿菓子の直径になる。
もっと大きい桶ならば、夜店の大きさの綿菓子が作れる!



フレーム:
アルミアングル800円位かな?



熱源:
もう、30年使っているEPIgasコンロ



ザラメ:
茶色でも白でも良いです。
ただし、ザラメ種類に合わせた火力の調整が必要です。

1回に15cc~20ccのザラメを入れられます。
茶色ザラメだと、白ザラメに比べ釜が焦げやすいです。
メンテナンスサイクルが、短くなります。



モーターマウント:
耐震ゲルが無いと、ブレが酷い。
多くの人のように、窯を手で持っていれば、最高のサスペンションになりますが、固定は難しいです。

Posted at 2016/11/27 23:31:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月27日 イイね!
30年以上東京の西多摩地区でバイク通勤している私ですが、色々防寒対策はしてきました。

一番痛いのが指先!
ハンドルカバーを付ける事に抵抗があったので、ウインター手袋とグリップヒーターでしのいでいました。

巻き付け式のグリップヒーターを買ったのは、25年位前かなぁ?
その時は感動でした。
グリップヒーターは温かいと云えば温かいのですが、グリップを握っている内側のみ
痛くない感じです。
外側の指はもちろんの事、レバー操作をしている指は痛いです・・・

今から10年前ですが、事情により通勤時間が1時間を超える事になったので
ハンドルカバーを買いました。
この頃くらいから、お洒落なハンドルカバーも売りだした頃ですね。

周囲では「ハンドルカバーとグリップヒーターの組み合わせは最強だ!」と言っていたので
かなり期待していたのですが、効果は想像には届きませんでした。

ハンドルカバー装着前にも電熱手袋はあったので試していましたが、どれも効果の薄いものばかり・・・
グリップヒーターの性能と比べても、大きく負けていましたね。
自作の電熱手袋も作ったり、市販品も改造しましたが、火傷したりすぐに壊れてたりしていました。

リチウム電池を使ったものが市販されてから、大きく性能が向上しましたね!
3万円位していたので買っていませんでしたが、1万5千円位になってから、
有名バイク用品屋さんの電熱手袋を買いました。

これは温かい!
雪の降る通勤でも温かいです。

しかし1ヶ月位で断線で故障。
交換してもらいました。
翌年に使い始めたらまた断線。自分で断線個所を修理。
2週間後に別の場所が断線→修理。
すぐにまた別の場所が断線・・・

この商品は設計がミスか、材料不良です!

通販で「おててのこたつ」が5500円(手袋のみ)であったので、
ラジコン用のリポが使えるように改造。
自分と使い方に適した容量の電池を何個も持てるので、去年1年は暖かい快適な通勤でした。





先日の雪で「電熱手袋」を出しました。
通勤で使ったら左手の中指と親指が痛い!?
信号待ちで、「強・中・弱」と切り替えると
強はチクンと痛い。
中はハッキリ痛い。
弱は言われれば痛い。
これは感電ですな(笑)

ワークマンで、感電防止用のインナー手袋を買ってきました。

ちなみに、グリップヒーターとハンドルカバーと電熱手袋を併用している私の使い方では、
電熱手袋のアウターが厚いとグリップヒーターの熱が伝わってこないので、
薄いアウターを使っています。





今回買った感電防止用98円手袋と、ラジコン用2セルリポ(1000円位かな?)です。
今年の通勤も頑張るぞ~! おー!





Posted at 2016/11/27 11:56:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2016年11月23日 イイね!
スタッドレスタイヤ交換ウイッシュとハイゼットを、スタッドレスタイヤに交換しました。

今晩雪が降るかなぁ・・・
Posted at 2016/11/23 18:45:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | くるま | 日記
2016年11月06日 イイね!
⑧で書いた木標の位置ですが、⑧から帰宅後に当時の写真の木標位置を思い出しました。

小岩-浅間尾根ルートと、浅間尾根ルートとの合流地点。がこの場所です。
(手書きの赤矢印は今回の話とは関係ありません)







この写真を見ると、合流地点の案内板と木票が30m以上離れている感じがしません!
写真のような地形も100m位しか続かないです。






滑走範囲ですが、狭山スキー場が滑走距離300mです。
その半分位の滑走距離な気がします。

ただ、前傾で滑っている上級者と思われる方

このような一部の上級者は、広範囲に楽しんでいた可能性も高いと考えています。
前に書きましたが、萱を運ぶために下まで木を切って運びやすくしたかも知れません。
そこも滑走していたかも?

しかし、普通の方は上部の150mで遊んでいたとは思い、あくまでスキー場としては
上部150mと考えています。

自分もハイクアップをして遊びますが、150mの距離をハイクアップはキツイです・・・










Posted at 2016/11/06 06:44:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | スキー | 日記
プロフィール
「自作シュガーディスペンサー(粉物を一定量出す装置) http://cvw.jp/b/2576178/38932931/
何シテル?   11/29 22:24
「空」と「雪」と「砂利道」があれば、ご機嫌です。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
デカマラ好きですか?削女すればバチが当たるぞ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/19 21:42:56
お友達
2 人のお友達がいます
SekiaiSekiai R2@hideR2@hide
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
ダイハツ ハイゼットカーゴ ダイハツ ハイゼットカーゴ
ダイハツ ハイゼットカーゴに乗っています。
ヤマハ WR250R ヤマハ WR250R
CRM250R→CRM250ARと20年以上乗って来ましたが、ついにエンジンがかからなく ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
2000年位購入。 プライスボードで35万円、ホロの交換も含めて手元に来るまで50万円位 ...
トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
私は、大きな車は乗れません! カミさんが乗っています。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.