車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月06日 イイね!
今年は車の事故のニュースが多く感じた気がします。
車関連のニュースに注目していたのもあるかもしれませんし
報道機関がこぞって取りあげているからかもしれません。

先日も病院にタクシーが突っ込んで尊い3名の命が失われたという事故もありました。
先ほども東京でタクシーが歩道に乗り上げてけが人が出たというニュースもありました。

病院の事故など様々な事故ニュースを見る限り
ある特定の車種が多い事が気になりました。

トヨタのプリウスです。
乗ってる人が多いんで事故も多くなり
ニュースで見る機会もおおいのかもしれませんけど・・・

ただ、これから書くことはプリウスを批判してる訳ではなく
車全般に言える事なので誤解されないようにお願いします。

今現在、ハイブリッドやらPHV、PHEVなどの車が普及してますが
ありとあらゆる部分が電子制御でコントロールされてます。

燃費の為だったり
運転者の負担を減らす為だったり
コストダウンの為だったり
様々な意味を持って電子制御化されてます。

例えばアクセル制御
電子スロットルが主流になってる感じですが
ワイヤー式に比べて部品点数が増えてます。
色々な仕組みがあると思いますが
基本的にモーター駆動で動かしてるみたいですが

そのモーターが壊れたら?
軸の摩耗によって固着してしまったら?
制御コンピューターが壊れてしまったら?

もちろんワイヤー式でもそういったトラブルがない訳ではないようですが
ワイヤー式ならワイヤーが切れてしまったり
ワイヤー、スロットルの固着があれば
アクセルペダルの一定の可動領域がスカスカになってわかりやすいし
故障という事がすぐに判断できます。

電子スロットルの壊れた車に乗ったことがないので
そうなった場合どうなるのかわかりませんけど
普段と変わらないペダル感覚なんでしょうか。

なんでもかんでも電子制御に変更してしまうと
若い人から80歳を超える老人まで乗る車
メリット、デメリットになると思うんです。

世の中の物事にはメリット、デメリットが必ずありますけどね。。。

正直、今の車って昔のように10万キロ設定で作ってない気がしてます。
ただ安全性能向上の為にボディーの剛性などはかなり上がってるんですけどね。
電子制御なんて目に見えない電気と
人間が組み上げたプログラムで成り立ってます。

プログラムミスがあったり
目に見えない電気が悪さをすることもあります。
電子部品も壊れます。

しかも車のように振動の多い車に精密なコンピューター
当たりはずれがある電子部品
10万キロ20万キロ走っても壊れない時もあれば
極端な話1万キロでも壊れるかもしれません。

事故だから運転手の人為的ミス
なんて一括りにできる時代ではないと思います。

自動運転も自動運転支援システムも
ある意味、自分の意思とは関係ない動きをさせるわけです。

それは赤の他人にハンドルを握らせているのと同じ。

どれだけ技術が進歩しても
人間が作ったもの、そしてそれを扱うのも人間
そこに100%の安全、安心は無理です。

今回のタクシーが突っ込んだ事故
ドライバーの証言が正しいのであれば
車の故障による事故です。

ドライバーが責任逃れで話しているとすれば
万死に値する行為です。

トヨタがこの車両の分析を行ったとして
自社が不利になるような事実が出てきた場合
それを公表するんでしょうか。

プリウスに欠陥があったとなると
想像を超える大規模なリコールになるでしょうし
プリウスから派生してる車種や
同じ機構を採用してる車すべてが対象になるでしょうし

それか経年劣化による不具合等で事故につながった
なんていうかもしれませんね。

プリウスに関してはアメリカでも問題になった車種
故障とかではなくマットが引っかかるという問題でしたが。。

ただ、罪もない方が亡くなられている事も事実
トヨタに限らず
不具合の情報が上がってる車種がある車メーカーは
内容を精査して電子制御に頼りすぎる事の危険性や
長距離を走ってる車の経年劣化、変化を起こしそうな部品の交換などを
勧めるべきであると思います。

車検で馬鹿みたいな高額な値段を請求するくらいなら
そう言った顧客のメンテナンスをやった方が
稼げるかもしれませんよ。
Posted at 2016/12/06 10:36:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月05日 イイね!
今日はずーーーっとやり忘れていた
イグニッションコイルの配線をやりました。。

やり忘れてたというか迷っていたというか。。。

何を迷っていたのかと言うと
純正の見た目を取るか
配線を切って新たにカプラー接続にするか
その点で悩んでました。

ヤフオクなどを見てても
やっぱりR32系のパワトラは安くても5000円台
それより安いのもありますけど
動くものを買って裏をくりぬて結線して云々・・・
動くのにもったいない・・・
それなら欲しがってる方が買って使った方が
世の中にあるRの延命ができる!・・・はず・・・

なのでカプラー接続にしました。。。
カプラー自体は以前に購入しておいたんですが
迷っていたために本日まで放置してました。。。

さて、ここからが頭の悪い自分なので
無事に作業をできるのか・・・
ここが最大の難関です。。。

まずは画像を・・・


上がコイルについている配線で
下の画像が車体から出てる配線です。

車体側は6本
コイル側は7本
本数が違います。。。

1~6のコイルへの配線と1本がアースです。

これを切って新たに端子を圧着して
6Pの防水カプラーを使います。

問題は一気に切ってしまうと
どれがどの配線なのかわからなくなりそうという事。。。
なので一応、安全策として写真を撮って
端から1本ずつ切ってはカプラーに刺して
車体側をやってはコイル側を・・・の繰り返しを6回やりました。

何度も刺す場所を確認して間違いがないように
注意をしながら慎重に進めて無事終了。


こうなりました。

見た目は・・・ですけど・・・
カプラー使わずに防水カバー付きの普通のオスメスの端子だけで
やっても良かったんですが
こっちの方がまだ見た目的にいいかなっと思ったので
こっちにしました。

残ったアース線はブレーキの配管に這わせて
純正のブースト圧センサーの所で固定。
以前の持ち主がやったであろう雑な配線もすべてやり直しました。

購入した時から2つのスイッチが運転席に取り付けてありまして
1つはアテーサーを切るスイッチ
1つは補助の電動ファンを強制的に回すスイッチです。

補助の電動ファンの配線が謎な配線だったので
現状でも動きますが気になったのでやり直したのと
コイルの所にあるパワトラと一緒に締めるアース線も
なぜかバッテリーにマイナスに直だったのと
線の太さが0.75sqと細かったので
2sqに変更してこれもボディーアースに変更。。

あとはホーンの配線もやり直しました。

HIDは純正のバラストを使用してるので
不要な配線はないので触らずです。

コイルの配線は間違えてないはずなので
あとはエンジンをかけるまで正解がわかりません。。。

アラフォーの誕生日だというのに・・・
仕事を少々、Rをいじって終わりな一日です。。。
Posted at 2016/12/05 21:18:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月04日 イイね!
2本目のブログあげます。。

一つのブログにまとめて書くには
内容があまりにも違いすぎるので分けました。。。


先日からタービンの取り付けをやってましたが
昨日、やっと終わりまして。。。

仕事の合間を縫って
ナットを探しに行ってたんですが
ほしいナットが3軒の大型ホームセンターを回っても
見つからなかったのです。。

どんなのが欲しかったのかと言うと
クロメートナットと言う
金色っぽいナットです。

三価クロムと言うのが先日買ったナットなんですが
メッキ処理の名前らしいです。。。
詳しくはわかりません。。。

仕方がないのでステンレスのフランジナットにしました。。

すべてのナットを交換したので計12個
2時間で取り外しから取り付けまでやりまして
タービン下側のエンジンとタービンを固定するステーを付けて
オイルリターンホースを取り付けて
終了です。

やっとここまでこぎつけました。。。
今度は万が一でも雨が入らないようにと
ビニールかぶせました。。。。汗

あとはパイピングを付けるだけなんですが
カムカバーのゴムのガスケットを交換しないと
オイル漏れがあるので。。。
カムカバーを外すにはまたインテークパイプを外す必要があるので
画像の状態でストップしてます。。

そしてカムカバーを止めているプラスネジなんですが
ここについているシールワッシャー(ゴムワッシャー)も
劣化していて所々千切れてたりしてます。。。

なのでここも要交換なんですが
これ1個200円以上するんですよね。
それが20個
4000円以上するわけです。
調べた所1個250円って情報もあったので
5000円くらいするかもですね。。

たかがワッシャーにつぶれるゴムがついてるだけなのに。。
しかもこれ5、6年前に新品に変えたんですけどね。。
1個外してみた所
ゴムはガチガチでした。。。

なぜこんなワッシャーを使っているのか
耐振なのはわかりますけど
ゴムを使ってるって事は適度に振動しないとだめなんですかね。。。
割れたり、ゆがんだりするって事ですかね。。。

でも、ネジ自体を見るとネジを切ってない
段差があるんでプラスネジとは言え
締めこんだらそこそこ固定されるはず。。
ここで現物の画像を。。。


ワッシャーからゴムが外れてますが
わかりやすいようにわざと別々にしてあります。

ただのワッシャーにゴム接着されてるだけです。
という事は
このゴムの部分を代替品で補えば
安く済ませれるのではないか・・・と考え中です。

おいおい・・・1個250円でそこまで考えるなよ。。。
って思うと思いますけど
いつ生産が打ち切りになるかわからない部品たち。。。

先取りで今後の対策を考えていくのが
頭を柔軟に保てるコツだと思ってるので
現在代替品を考え中です。

実は半月状のゴムやカバーパッキンやゴムワッシャーが
フルセットになったのを安く買える
所も知ってますが。。。

一応、自分で試して失敗したら
そこで買う予定です。。

あとは今月にある程度部品を揃えて
サージタンク側をくみ上げて・・・
出来たらいいなーっと妄想中です。。。
Posted at 2016/12/04 23:17:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月04日 イイね!
まずは先日ブログで書きましたが
ドリフト大会中にタイヤが外れ
女性に直撃して意識不明の重体になっていた事故ですが
女性が亡くなられた事が続報として報じられました。

ヤフーニュースで報じられていましたが
コメント欄がひどい。
まるで亡くなった女性を傷つけたり
責任があるかのような罵詈雑言

世の中は広いとは言え
亡くなられた方を貶めるようなコメントを残す人間が
居ることが残念でなりませんし

そういった人間が面白半分で人を傷つけたり
死に追いやっても何の反省もしない
感情を持つ人間として欠落した
残念な人間であると感じます。

サーキット内で起きた事故とは言え
一般道でも十分にあり得る事案です。
以前にも一般道でトラックのタイヤが外れて
母子に直撃して亡くなられた事故もあるのです。

確かに車側には整備に関して落ち度はあるとは思いますが
それが直ちに事故につながる可能性を誰も予期できません。

前のブログでも書きましたが
あの車はドリフトには向かない足周りの気がします。
それでも今までドリフトができていたのも事実

事前に大会側で事前検査を実施しますが
あくまでもドリフト大会に出る為の基準を満たしてるかどうか
規定違反がないかどうかを調べるだけであって
ボルト一本まで外して見るわけではないので
これも車両所有者の自己責任の範疇です。

大会側もサーキット側もこのような事故については
一切責任はもちません。っと明記したうえで
開催しているので責任は問えません。

車両を運転していた人が賠償責任などを追う義務が出てくるかもしれませんが
サーキットと言う場所と亡くなられた女性がチームスタッフと言う立場
事前に参加するにあたっての誓約書を
どのような内容で交わしていたのかが問題になってくると思います。

それにしてもあのコメント欄については
昔も今も実際は変わらないのかもしれませんが
あんな心のすさんだ悲しい発言ができるものだと
嘆くばかりです。

亡くなられた女性のご冥福を心からお祈りすると共に
このような悲しい事故が再び起こらないように
皆さんにも気を付けていただきたいです。
そして自分自身にも改めて日々の仕事や自分の車の
整備への戒めとして
自分が携わった方々が事故を起こさないように
そして自分も事故を起こさないようにと
心に刻んで日々、精進していきたいです。

Posted at 2016/12/04 22:42:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月01日 イイね!
先日、ライトのブログを書きましたが
そのライトに何気にこだわってる部分と言うか
自己満足と言うか
遊んでみたというか。。。



このようにRの文字を入れてます。。

アルミテープをRに切り取って
リフレクターに貼ってあるんですが
アルミテープを張る部分の大きさで
リフレクターにクリアッドを塗ってあるので
ライトをつけるとキラキラと反射します。。

もう一つの予備のリフレクターは
GT-Rのエンブレムのようにした
文字をタッチアップで書いてあります。
もちろん、型を使って書いたので
手書きの雰囲気はないですけど。。。

あまり気が付かれたことはないですが
気が付いた方は
ん?・・・・ん?・・・・
と2度見して立ち去っていきます。。。

とビミョーなこだわりと言うか遊びでした。。。

本日はタービンをエンジンに取り付けたんですが
エキマニを外した時にエンジンの排気ポートにウエスを詰めてたんですが
後ろ3気筒分のウエスを外すのを忘れて組んでしまって・・・・汗
前側3気筒分は外してたんですけど・・・

2時間かけてくみ上げたのに
1時間かけて半分ばらしました。。。。

さすがに紙とは言えそのままとは行かないので。。。

くみ上げてる時に新品のフランジナットを使ったんですが
純正品ではなく
ホームセンターで買ってきたものですが
これが自分の中では納得のいく感じではなかったので
自分のミスでバラす事になりましたが
結果的に違うフランジナットに交換するので
よしとしてます。。。

何が納得いかなかったのかと言うと
そこまで力を加えて回してないのに
6角の山が僅かにグニュっとなってたんですよ。。
本来なら気にならない程度なんですが
エキマニなので高温と冷却を繰り返して
錆の発生も起こる場所

あまり硬度のない物だと
もし次に緩める時にナットがトラブルの原因で
めんどくさい作業になるなら
多少の出費はあったとしても
しっかりしたものを使った方がいいと思ったんですが・・・

買ったナットは決して激安と言うわけでもない
ごく普通のナットなんですけどね。。。

ここは奮発してチタンナットでも入れようか!とも思ったんですけど
適材適所。。。

一方の強度を上げても
一方の強度不足でぽっきり折れても
困ってしまうので。。。

ここは少しグレードを上げた普通のフランジナットで。。。
スタッドボルトも新品に変えた方がいいんですかね。。。
20年物だし。。。

ここまで来るとあれもこれも変えた方がいいのではないか・・・
と言う連鎖地獄に陥っている気がします。。。

あと1年でRを降りるなら現状でも良いんですけど
まだまだ大切にしたいと思ってるんで。。。

ボディー自体も結構厳しいし。。

修理するための予算がどんどん膨らんでいくんですが
財布の中身が追い付いてきてくれません。。。涙
馬車馬のように働いても足りません。。。

年明けにはエンジン音聞けたらいいな・・・
Posted at 2016/12/01 23:31:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「事故と電子制御 http://cvw.jp/b/2576306/38964923/
何シテル?   12/06 10:36
らぼぉです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイライン GT-R BNR32 日産 スカイライン GT-R BNR32
日産 スカイライン GT-R BNR32に乗っています。
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.