車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月24日 イイね!
とあるお客さんの車検での話です。

車検の前に事前チェックをするんですが
フロントブレーキパッドがかなり減っていたので
そこだけは交換しないと車検が厳しいですよと伝えたんですが

自分が薦めるのは純正品か社外品と言っても
ドライブジョイだったりアケボノだったり
きちんと名が知れたブレーキパッドをお薦めしてます。

ですが・・・
ヤフオクなどをやってる方だと
1000円前後から買える安いパッドもあるんで
その安い奴を付けてくれればいい!と言われたんですけどね。。。

それならプラス3000円出してきちんとしたメーカー品を買うべきで
なぜそうした方がいいのか?
お客さんに理解してもらえるように努めてます。

たぶん、1000円くらいで買えるのはメイドインチャイナあたりの製品
しかもメーカーもわからない
製造過程も基準も満たしてるのかもわかりません。
そして肝心な使用している材質もわかりません。。。

たぶん、各メーカー品を作ってる工場からノウハウをパクッて
別の工場、又は同じ工場で生産してるものかもしれませんが
メーカー不明品の格安パッドを薦めるわけにはいきませんよね。。。

車にとって走る止まる曲がるの基本性能の一つ
止まるの部分をおろそかにはできませんよね。
たった数千円の違いで重大な事故につながるかもしれないという
可能性が1%でも増えちゃいけないので。。

財布が厳しい自分でも最低限のラインとして
純正品か純正同等の社外品を使うようにしてます。

1000円のが売れてるんで仕様、使用に問題はないと思いますが
ブレーキパッド交換なんてまず素人がする場所ではないので
車検やらなんやらで信頼できるショップ以外でやった場合
知らない間に1000円のパッドに変えられていたらあれですけど・・・

なので、自分はそこらへんのショップに信用で負けちゃうと
すぐに店がつぶれるので
お客さんが確認できる時間があれば確認してもらったり
時間がない時は買った現物の写真、交換途中の写真、交換後の写真を撮って
交換終了後にお客さんに見てもらって確認してもらうようにしてます。

手間がかかるんですけど
そういう積み重ねで次の仕事につながると思えば
なんの手間にもならないですね。

周りにも激安パッドを使ってる人がいないのでレビューがわかりません。。
使ってる方が居たら教えていただきたいですね。。。

Posted at 2017/02/24 20:30:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月20日 イイね!
「スカイライン」≠「GT-R」のナゼ 歴史と伝統、そしてゴーン氏の「決断」

とある車関係のまとめを見てましたら
こんな記事を発見。

コメント欄にはいろいろな意見が書かれていて
興味深かったです。

個人的意見として書くので反論異論はあると思いますが・・・
こんな人もいるんだな~程度で見てください。。。


第2世代はR32からR34までを最後にスカイラインGT-Rはその歴史が終わりました。
そして日産が満を持して世に送り出した次世代GT-Rは
R35GT-Rでした。

そこにはスカイラインの名前はありませんでした。

記事中には切り離すことによってスカイランとGT-Rは別の方向性で
磨きをかけることができたと書かれてました。

そこが違うんだよ!って思うんですよね。

スカイラインと言う普通のセダン、クーペの車なのに
GT-Rって言う名前が付いたらスポーツカーになる
そして値段は高いにしても
一般的な社会人なら何とか頑張れば購入できる値段設定

そして一番重要なのは
見た目がおとなしいのにサーキットで走れば破竹の勢いで勝ち進む
その凄さと魅力だった気がします。

R32がレースで大活躍してる頃は中学生だった自分ですが
F1でもなくルマンでもなく
市販車の形そのままで中身が別物に近くとも
サーキットを走るスカイラインGT-Rがものすごくかっこよくて
大人になったらいつかは乗ってみたいと思い
憧れた車でした。

R35とスカイラインを切り離すことで
GT-Rはものすごい化け物になりました。
GT-Rと言う名に恥じないスポーツカーなのは間違いないです。

日産の思惑通りR35のGT-Rブランドの戦略は成功したと思います。

ですが、スカイラインの最上級グレードがGT-Rなのが
魅力なんですよ。。。
V36だろうと37だろうと
スカイラインの形の中に存在するGT-Rを作ってこそ
本来の付加価値が出来上がると思うのです。

古い考えだと言われればそれまでなんですけどね・・・

BNR32なんてHCR32と見た目はほぼ変わらないのに
エンジンもRB20、25とRB26も排気量がわずかに違うだけなのに
GT-Rと言うだけで漂う雰囲気が違ったり
エンジンも別物と言ってもいい程の性能の違い
その分エンジンルームが狭くてメンテが苦労しますが・・・汗
(細かい部分では随分違いますけどね・・・)

進む道を分けて専用に開発すれば
あれもこれもそれもどれもと考えずに
セダン、クーペ用の開発
スポーツカーの開発と打ち込めるんで
無駄な部分でのコストをかけなくて済むのはわかりますが
R35は日本を代表する高級スポーツカーへ
スカイラインは普通の車へ
進化と退化しただけです。。。

つまり
R32~34時代のようななんちゃってRみたいな遊び心も
出来ない上に
中古で買った所でR32~34みたいな維持費は高いけど
なんとかやっていけるレベルの車じゃないR35

だから思うんです。
分ける事によって
R35は日産、日本を代表する車になった
そしてその分岐点で夢と言う言葉を置き忘れてしまった
夢を見させてくれる車ではなくなったんだと思うんです。

もちろん、日産は会社なんで儲けを追及しなきゃいけないし
その技術力の高さを宣伝しなければいけないので
R35が生まれたのも自然の流れなんだとは思いますが

普通のスカイラインの形をしてるのに
ここまでスポーツができちゃうの!?って方が
すごいと思うのは自分だけでしょうか。。。

と長々と書いて見ました。。。
Posted at 2017/02/20 15:52:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月19日 イイね!
記事へのリンクです

この記事を読んで思った事。

うそでしょ?

そんな事を思います・・・

フロントの窓ガラスが曇った状態で走るって・・・
この記事の最後にも書かれてますが

目隠しをして乗ってるのと同じですよ?

前が見えない状態で運転するって
こんな言い方はあれですけど
大バカ者ですよ。。

車なんて普通に走ってても事故をする時はするものだし
ましてや前が見えない状態なんて
故意で運転してるわけで
それで事故を起こして人を怪我、死亡させてしまったら
傷害罪、殺人罪適応でいいでしょ。。。

車を運転してるからって
業務上〇〇なんて言ってる法律が適応されますけど
安全に運転する義務、業務を放棄した人間に対しては
業務上なんてつけなくていいと思います。

免許区分の改正なんてくだらない改正してるくらいなら
処罰の改正をしてほしいくらいですよ。
いつまで経ってもなくならない飲酒運転
高齢者の運転ミスによる重大事故
こっちの対策が急務でしょう。
もちろん、車と普通の事件事故では
適応される法律が違うんで一概には言えませんけど・・・

高齢者の講習の記事へのリンクです
これもどういうことだ!とお怒りモードです。
あれこれ法改正やらなんやらやっても
現場が対応できてない状況だったら放置してるのと同じですよ。
最長で5か月待ちとかその5か月の間に運転して事故したら本末転倒ですよ。

その上適性検査の基準を厳しくするんで
さらに混雑が予想されて云々・・・

免許更新でいつも思うんですよ。
警察署で毎日毎日免許を更新する人は必ずいるし
それも相当な人数ですよ。
その割に担当の人が少ない。
なので、ちょっとした事なのに時間がかかる。

正直、警察署で写真撮るんですけど
あれなんて一般人が無理なら警察OBのバイト雇えばいいでしょ?・・・
給料も点数稼ぎで取り締まって巻き上げた違反金から捻出すればいいことだしね!

交通安全、交通安全と言っておきながら
車の事故が多いのに人手が足りなくて
講習が予約でいっぱいですぐには出来ません。なんて
言ってる間に事故が起こるんだから
抜本的な解決策を打ち出して早急に解決すべき問題ですよ。

前にも書きましたが
違反者、犯罪者を取り締まるだけが警察じゃない
違反者、犯罪者を生まないようにするのも警察の仕事ですよ!
Posted at 2017/02/19 14:33:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月12日 イイね!
今日は仕事がなくて休みにしたので
昼からRを洗車しました。

と言うのも約1年間乗ってなかったので当然洗車もしてなかったのと
昨日、雪が降ってたんですが窓ガラスの撥水が皆無・・・
外も内も汚れが取り切れてないので見えにくかったのもありまして
車体も含めて久々に本領発揮で洗車しました。

12時ごろから始めて終了したのが15時半
途中の休憩15分・・・
久々に本格的に体を動かした気がしました。。。

撥水コーティングがきちんとボディーに付着するように
まずは水洗いをして軽く汚れを落としてから
水垢取りで車体全体を綺麗にしました。

本来ならと言うかお客さんの車だったらここで鉄粉取りの工程を挟むんですが
自分の車なので省略・・・

洗剤を使わない状態でタオルと水のみで手洗いして
軽く拭いてから窓ガラスの油膜取り

この油膜取りが難敵なんですよね。。。
普通なら市販の油膜取りの商品を使うんですが
自分のRだけに限っては細目のコンパウンドでやります。
お客さんの車は業務用の高い油膜取りを使うんですけどね。。。
自分の車だけはコスト削減です。。。

一度、前、横、後の順番で磨き上げます。
そのあとに一度綺麗に洗い流してから
軽く絞ったタオルでガラスを拭くと油膜の残った部分と取れた部分とで
差があるのでもう一度油膜を取る作業をするというのを
3回から4回ほど繰り返して綺麗にしました。

ここまででほぼ2時間。。。
ノンストップで作業し続けて疲れましたが
このまま終了とはいかないので・・・

撥水コーティングは洗車機を使ってかけました。
この撥水は車体もガラスにも撥水コーティングがかかるんで
便利なんですよね。

ただ、下地処理がしっかりできてないと車体にもガラスにもかかりません。
ガラス系やらワックスとかありますけど
ポリマー系のコーティングで十分だと思ってるので
この洗車機のコーティングをかけてますが
お客さんの車は要望に応えて色々なコーティングに対応してますよ。。。

ちなみにこの洗車機は洗う事はもちろんですが
洗わないままコーティングもかけれる機種なので
事前に下地処理してあるRは洗うと逆に汚れや油分がついてしまうので
洗車をしないままのコーティングです。

その結果

ピカピカです。
ホイールとかは時間の関係でやれませんでした。。
ところが洗車を終えた後のこの撮影時に気が付いたことがありまして。


この画像でもわかりにくいんですが
ドアを塗った際にボンネットに塗料のミストが飛んでいたんで
綺麗にする為に軽く磨いたんですけど
その磨いた痕が綺麗に見えるようになってしまいました。。。汗
まぁじっくり日の光に当たった状態でみないとわからない程なんですけどね。。

そして外は完璧とは言えませんが仕上がったので
内側の窓ガラスを全面ガラスクリーナーを使って掃除して終了。

実はこの窓ガラスの全工程をやると
一撃でガラスの状態の良し悪しが出てしまうんです。。。

新しい車は良いんですけど
古い車になればなるほど
ガラスの細かい傷などがはっきりと見えるようになるのです。。
もれなくRはものすごい数の微細な傷がありまして。。。

徐々にコーティングが入り込んで微細な傷が埋まって気にならなくなるんですけど
そこまで行くのに多少の時間がかかるんです。。
交換したいんですけどね。。
なかなか財布が許してくれません。。


なんとなく横から・・・

反対側は黒いドアなんでこっちにしました。。汗

洗車やコーティングもやってるのですが
ここまでの要望はまずないです。
ただ、手洗いして~
洗車機で洗って~
が多いです。。。

コーティングはあまりありませんね。。
自分のやった簡単な撥水コーティングはよくありますけど
ガラス系のコーティングは綺麗になるんですけど
値段が高くなるんでやってくれる人はあまりいません。。。
利益ギリギリでやってるんですけどね。。
それでも高いようです。。涙

あと、今回は以前働いていたガソリンスタンドで全部作業しました。
なのでうっすらスタンドっぽい所が画像に写ってますよね。。
快く場所を貸してくれる店長さんに感謝です。
Posted at 2017/02/12 19:25:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月11日 イイね!


久しぶりにと言うか何年かぶりに本屋へ行ってきました。。。
ネットで買う事が多いんで店舗へ行く機会は減りましたよね。。

そして上の画像の本を購入してきました。
他にうちの父親が
亡くなられた菅原文太さん主演のトラック野郎が大好きな世代なので
偶然見つけたトラック雑誌にトラック野郎時代の菅原文太さんのポスターが付いていたので
お土産で買いました。。。汗
そこそこ喜んでました。。

Rの雑誌に関しては・・・
自分としては出せる訳のない金額を出して
オーバーホールやいじる方々が載ってました。。。
うらやましい限りです。。。
エンジンに関しても載ってまして
よだれが出るほどうらやましいオーバーホール内容でした。。。涙

それにしてもNISMOのRの色がかっこいい。。。
ダークメタルグレー・・・この色が素敵・・・ぽっ・・・
日産乗りならNISMOの響きもいいですよね~

そしてトップシークレットと言う車業界ではかなり有名なショップも載ってました。
大昔から超ド級の車で日本国内はもとより海外でもやらかして
大変な事になった店長さん・・・汗

R35のエンジン積んで内装がシート以外全く別物になってる
R32が載ってました。。
誰かがやるだろうとは思ってましたが・・・汗
車内の写真だけ見せられたらR32とは全く別物なんでわかりませんけど
外観だけはR32をとどめてるのでどんな化け物マシンなのか気になりますね。。

ある意味羊の皮をかぶった狼ですね。。。

1989年から始まった第2世代のGT-R
2017年になった今でも多くの人を魅了し続ける
初代GT-Rから脈々と受け継がれてきた伝説と魅力
これらも時代と世代を超えて愛され続ける車であってほしいのと
R35もすごいですけど
R32~34までのようないつまでも愛される車を日産には再び作ってほしいです。
Posted at 2017/02/11 23:27:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「ブレーキパッドの話 http://cvw.jp/b/2576306/39367910/
何シテル?   02/24 20:30
らぼぉです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
お友達
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイライン GT-R BNR32 日産 スカイライン GT-R BNR32
日産 スカイライン GT-R BNR32に乗っています。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.