• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

らぼぉのブログ一覧

2017年10月15日 イイね!

トヨタ自動車が新人事制度導入へ

トヨタ自動車が新人事制度導入へ

こんな記事がありました。

一応、支給には規定がありますけど
実際の工場でバイトや契約で働いている人たちの
給料を先にあげた方がいいんじゃないですかね?

それか馬鹿みたいに圧力をかけて安く仕入れてる
部品を製造する下請けさんたちへ適正な値段で買ってあげるとか。

デスクや営業などをやる会社員になったことがないんで
わかりませんが・・・
なぜ残業してまで仕事をするのか。
1日平均1時間とかの多少の残業ならわかりますけどね。。

残業しなければならないほど仕事が回らないなら
人を増やせばいい。
残業代で17万も出すなら
その17万で一人雇えば仕事を分担できるでしょうに?
って思うんですけど・・・

残業が必ず発生する部署や人は大体固定されてるんだろうし。
なぜ仕事が回らなくて残業するのか。
残業代を出す前にそこを分析して解決策を模索するほうがいいと思うんですけど。

人が足りないのか
仕事をこなす能力が足りないのか
様々な角度から分析して解決策を実施したうえで
どうしても残業しなければならいのなら
解決策のどこに問題点があるのか。

なぜそこを考えないんでしょう。。。

雇われてる側もなぜ自分は残業をしなければ
仕事をこなせないのか
どうすれば効率よく仕事ができるのか
考えないとだめですけどね。

車いじりで例えるなら
手動でドライバーを使ってねじを緩めるより
電動ドライバーで緩めたほうが効率的。

まあサラリーマンもやったことないくせに
わかったような事言ってんじゃねーよ!って
言われたらそれまでですけど。

トヨタは下からの声が届かないほどでかい会社だから
仕方ないかもしれませんけど
上から押し付けるのではなく
どうしたら働きやすくなるか
聞く耳を持ったらもっといい会社になるんじゃないですかね。

と学もない人が言ってみました。
Posted at 2017/10/15 14:09:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月14日 イイね!

お人好し日本人。

プリウス、売れ行き低迷に悩む

こんな記事がありました。

プリウスだけですかね?
自分からすれば全メーカーの全車種とまでは言いませんけど
トヨタでも日産でもマツダでも三菱でも
欧州車のデザインをよく言えば取り入れて
悪く言えばパクってますよね。

トヨタに関してはあのバカでかいダサすぎるグリル周辺のデザイン。
せっかくヘッドライトやらボディーのスタイリングはいいのに
あのグリル周りで100点のデザインが20点。

プリウスに限って言えば
先代のモデルが完成形の形だったと感じざるを得ません。

その流れではないかもですが・・・
日本の技術を使った品質の高い中国車

こんな記事もありました。

今まで様々な技術に対して漏洩防止策をとってこなかった日本の負けです。
家電にしろ自動車産業にしろ
隣国にパクられまくって今や家電なんて虫の息。
当然、メイドインジャパンブランドにあぐらをかいて
いろいろと疎かにしてきた企業の責任ですよね。

実際に車に関してはまだ少し猶予があるっぽいですけど
それも時間の問題。
デザインなんて正直どうとでもいじればいいだけです。
欧州デザインをパクってる日本車みたいに。

肝心なのはエンジン、シャシーなどの基本的な部分。
この部分を高い次元で安全性、安定性を中国が手に入れたら
質と量を生産できる中国となり
日本で売れなくても経済規模の大きい地元中国はもとより
インド、アフリカなどで売り上げを伸ばしたら
もう日本は終わりです。

何でもかんでも外国へ生産拠点を移して
生産と供給のバランス
為替変動での利益のリスク回避
地元、地元付近での生産によっての販売価格の優位性
などなど様々な要因があって
世界各国に工場を作ってますが
本当に大丈夫なんですかね?
一般庶民の自分はわかりませんが・・・汗

そういえばトヨタに関して言えば
プリウスだったか
ハイブリット技術の資料を全部誰でもみれるように
公開したって昔あったような。。。
うろ覚えですけど・・・

このままだとそんな遠くない未来に日本の大手企業は軒並み
世界で負け続けるんでしょうね。

漏洩してはいけない
公開してはいけない
技術はたくさんもってるのに
お人好し日本人。
すぐにどこかの国に漏らしちゃいますからね。





Posted at 2017/10/14 21:25:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月05日 イイね!

日産にはがっかりです&これはダメです。

まずは日産の不祥事、大が付くほどの不祥事ですね。
完成検査を資格がない補助検査員などがやっていたり
書類に押す他人の印鑑を不正に押して書類を偽造してたり・・・

なにやってんだ!日産は!
会社ぐるみ(各工場)でこの不正をしていたという事もわかってますよね。

コスト削減の為に人を減らした結果ですかね?
1日何台の車が完成して
それを何人の人員で検査してるんですかね?

資格がないからと言ってどうせマニュアル化された物を
次々と検査していくだけだろうとは思うので
完成検査ができてないとは思えませんが
そこいらの町工場の仕事じゃないんだし

人の命を乗せて走るものだし
一歩間違えれば他者をも巻き込んで死亡事故につながる
事故にもなるんだから
生産者がずさんな事をしてちゃだめですよね。

ゴーンになってからと言うか
外資が入るとコストだのなんだのと言っては
品質が悪くなる一方
ちゃんとした物にはそれなりのお金がかかる
それを無視して安くていい物なんてありえません。

人件費を削減するために人を減らして
残った人間の負担が増えれば
手抜きをしたり見落としが増えたり
弊害しかないんですよ。

1000万円分の人を減らして
人件費が浮いたと喜んでたら
実はその何倍もの損をしてる時もあるんです。

職人の国、日本だったはずなのに
いつの間にか過去になりつつあるんですよね。
今後、日産は業績悪化するんですかね。

顧客をだまし続けて車を売ってたんですから。


そして別のお話へ。

この画像を見ていただきたい。

特に赤丸部分をです。

まるでスリックタイヤです。
カーブを曲がり切れず
公園にある車止めのコンクリート製の支柱に激突して
運転者は体を強く打って死亡したそうです。

想像するのが難しくない画像です。
スピードの出しすぎでカーブに差し掛かり
タイヤが滑って制御しきれず
支柱に激突。
支柱はかなり遠くまで飛ばされていたので
スピードが出ていたのは間違いありませんし
バイクの破損状態を見てもちょっとしたスピードでの
事故ではないと判断できます。

バイクのタイヤが高いのは知ってます。
車に比べても割高感は否めません。。。
ですが、2本しかタイヤはないんです。
特にフロントタイヤなんて滑ったら制御ができる人なんて
プロのレーサーでも難しいのに素人なんて即事故に直結です。

リアが滑る分には多少の制御はできるんで
フロント程重視はしてませんでしたが・・・

さすがにこの画像のようなフロントタイヤではちょっとしたミスで
グリップが利かない状態になりますし
この事故は起こるべくして起きた事故であり
他人を巻き込まないでよかったとすら思います。

大変厳しい言い方ですが
あの状態になるまで乗り続けた運転者が悪いです。
死人に鞭打つ言葉かもしれませんが
自分の命を守るのは当然自分。
それを放棄した結果です。

きちんと整備していれば起きなかった事故かもしれない。
それを一緒にいた仲間が教訓にするのか
運がなかったと思うのか。
これを読んだ方がどう捉えるのか。
ハンドルを握るドライバーとライダーの方への問いかけです。
Posted at 2017/10/05 19:09:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月26日 イイね!

やっぱりいいね

リンク

暇な一日の始まりなので
朝っぱらからネット記事を漁ってました。。。

そしたら上のリンク先の記事を見つけたんですが・・・

やっぱり欧州車っていいですね。

日本でポピュラーなのがやっぱりベンツとBMW
車をあまり知らない人でもこの前なら聞いたことがあるって確率は高い方かと。。

そのメーカーの名前に恥じないスタイリングと個性
セレブに愛される理由があるように思えますよね。

時代は流れてモデルチェンジを繰り返す中でも
一見してベンツ、BMWってわかるスタイリング
そこに受け継がれる伝統の形
変わり続ける中で変わらない物を持ってる感じが好きですね。

まぁ買えるほどセレブでもありませんし
中古で買ってまで乗りたいとは思いません。。
なぜかと言うと
ベンツやBMWに見合う品がないからです・・・汗

他にも欧州車は様々な有名なメーカーがひしめき合ってますが
どのメーカーを見ても日本で言うトヨタ的な一般庶民相手のメーカーであっても
個性を出しててあのメーカーね、ってわかるほどです。

それに比べて今の日本メーカーは?
エンブレム取ってたらどこのメーカー?って車ばっかり。
欧州車がやり始めた事をパクッてばかり
デザインもしかり。

トヨタがスポーツブランドを立ち上げたって話もありましたが
スポーツブランドを立ち上げて無駄な開発費を使うくらいなら
下請けに還元しなさいと思うわけです。

スポーツブランドなんていらないし
やりたいならTRD仕様を出せばいい。
無駄にTRDの名前つけてぼったくりな値段設定さえしなければ良いだけの話。

スポーツ車はどうしても環境の観点からみると
悪くとらえられがち
その意識をトヨタのスポーツブランドではなく
トヨタとして行えば
他の普通の車と比べても環境にやさしい車作りができる
良いメーカーって評価されると思うんですけどね。

別ブランド作る時点で
差別化を図ってると言うよりも
トヨタとは違うんでいいでしょ?的な言い訳&逃げ道を作ってるだけですよ。

と話はそれましたが・・・汗

大好きな日産にしてもデザインがダメだし
エンジンに関してもよそのメーカーから引っ張ってきて
コスト削減だの・・・

合理化してコストダウンするのも結構ですけど
そのコスト削減に見合うだけの
顧客の満足が得られなければ
意味がないんですけどね。。

って一般のドライバーはそこまで思わないですかね。。
買い物へ行く、ドライブへ行く
メンテはカー用品店かディーラー任せ
新しくて見た目が良くて故障がなければ
車としては正解なんで。。。

日本のメーカーにも伝統を誇れる車を生み出してほしいんですよね。
あっちの国ではこれが流行ってる
こっちではこれが主流
じゃあそれに乗っかりましょう!じゃなくて
日本だからできる日本人だからできる車を作ってもらいたいですね。。
Posted at 2017/09/26 09:06:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月23日 イイね!

LEDヘッドライトの中身を考察


とあるルートからタダで仕入れたLA100S、ムーヴカスタムのLEDヘッドライトの中身

レンズが外れてます・・・汗
ユニットがないので点灯はしません。。


ピンぼけ酷いですが裏側のヒートシンク



中のLED



拡大・・・

こんな小さなチップであれだけの明るさを実現してるのかと思うと
凄いですね・・・

ただ、こんな小さなチップに対して裏側のような大きなヒートシンクが必要になるのは
びっくりです。。

必要十分以上のヒートシンクなのか
必要最低限であの大きさなのか・・・

LED部分の台座はネジで固定されているので
この部分だけを交換も可能なんでしょうか・・・
部品単体で出るとは思えませんが
調べた事がないので不明です。。。

これをもしR32のヘッドライトの中に仕込むと・・・
HIがなくなるのでダメですね。。。汗

もし、この部品の流用を考えた時に
ヒートシンクの事を考えてライトケースに当たらないように
宙に浮かした状態で固定したり
ヒートシンクの大きさを考えた場合
HIDとどちらがいいのか・・・

現状うちの32はワゴンRスティングレーのHIDプロジェクターを装着しているので
プロジェクターを入れ替える前提で考えた場合
このLA100Sのを使うにはちょっと無理かもしれません・・・
HIがないので別でHIを備えるスペースが・・・

一応、N1ライトなのでもし万が一やる場合は
フォグの場所をHIに使えるように加工しなければなりません。

そう考えると現状のHIDプロジェクターを入れた方が
手間やスペースを考えずに済みますね。

ただ、1灯式のLEDプロ目を使うと考えた場合
片方をLO、片方を加工してHIに使って
2灯式で行けばできる気もしますが
コンピューターユニットもプロ目も4つ使う事になるので
割高になる気がするのでダメですね。。

国産でLEDだけでHI、LOを切り替える純正のヘッドライトがあるのか
調べてみましたがわかりません。。
レクサスとかならあるかもしれませんが・・・
値段がべらぼうに高いので加工用で買うには現実的ではないですし

海外の車メーカーならありそうなんですが
これもまた値段が高そう・・・

結果、もしどうしてもLEDにしたい場合は
HIDの球をLEDの球に交換するくらいが一番安上がり
発光点が違うので暗くなる可能性はありますけどね。。。

とまぁネタ的にはあんまりですけど・・・
たまに更新です・・・
Posted at 2017/09/23 19:44:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「トヨタ自動車が新人事制度導入へ http://cvw.jp/b/2576306/40578848/
何シテル?   10/15 14:09
らぼぉです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
日産 スカイライン GT-R BNR32に乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.