• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

デミッコのブログ一覧

2017年09月15日 イイね!

神戸方面釣行再々

この日も二匹目のドジョウを狙うべく、終盤間近のケンサキイカ狙いで神戸方面へ足を運ぼうと着々と準備を整えていました。
一応嫁にもこんな遅い時間「一緒に行くか」と声をかけたところ意外にも「行く」という返事が…
ということはタックルを追加で用意し、釣り場もトイレ確保できるところでないと不自由なのでポイント選びも限定されます。
おまけにスーパー銭湯にも行くという条件付きなので、まあ昼間の釣れない時間はゆっくり風呂にも浸かって睡眠でも取れれば良いかと、色々嫁の追加準備しているだけで時間が取られ出発時間が夜中の1時半頃。
今回も台風接近直前釣行ということで現場の状況も不安である中、嫁と2人で行ってまいりました。

ポイント到着が3時頃。波風なしで若干肌寒さも感じられます。普段は遠目で見ていたこのポイント。足場もフラットで釣りやすい場所です。
おまけにトイレも完備しているので誰でも手軽に利用できる施設となっており、足元には無数のイカスミ跡が残っておりますので、これまでの釣行痕跡が証明されている証でもあるわけですね。
大変久しぶりに嫁を連れての釣行となるわけですが、まあ大名釣りとまでは言いませんが、タックルを準備しエギをセットして最初の一投目するまで2人分やらないといけないわけでなかなか自分のことまでテンポよく捗りません。お互い横目で見ながら1時間ほど黙々とキャストするも全く反応がありません。

嫁が寒くなったので車へ退避すると言って車へ戻っている途中に、ググゥッというイカ特有の反応が…
しかし惜しくも針がかりしませんでした。やっと時合が到来かと嫁を呼びに車まで戻り「アタリ始めたで」と報告し再度キャストを開始する。
またしてもググゥッという反応と同時に軽くアワせるのですが針がかりしません。しかしこれもいつものパターンのように空合わせからの追い食いで続けざまに乗ってきました。結構大きいアタリで重量感もありそこそこでこれまた大きめのケンサキイカかとラインを巻き上げます。
足場まで高さがあるので使用しているライトロッドでは抜き上げられず、ラインを掴みゆっくりと持ち上げ足場のコンクリートへ慎重に抜き上げたその獲物は、トンカツサイズ位のアオリイカ。結構よく引きました。
再び釣れたよと嫁を呼びに行って、今度は一緒にキャスを再開するも一向に反応なし。回遊していた一瞬の時合を呼びに行った時間ロスで失ってしまったか。
折角嫁にも釣らせてやろと頑張っていたが、この地合は逃してしまったかも…

そのうち辺りは薄明るくなり始めタチウオか青物狙いで、エギからルアーにチェンジする。
しかし絶好の時間帯は潮も動かず、ベイトの姿も見えずで全くもって反応なし。
周りはイカ狙いで入っているアングラーが多く青物狙いでキャストしているアングラーは1~2人。あまりこのポイントは青物狙いではやらず少し離れたテトラ帯でやるアングラーの方が多いのだろうか。確かに腰丈くらいのフェンスがあってキャストはやりづらいポイントではあるのだが。
唯一アオリイカを釣っている人を1人見かけただけでほとんど釣れている様子は無い。
少し可能性が低いと思い近くの別のポイントへ移動することに。

ここも実績のあるポイントなのですが、今日は潮回りがあまり良くないのか前回ほど潮が動いておらず雰囲気すらなし。
一応キャストして様子を見てみるもやはり反応無し。
様子を見に来た兄ちゃんが話しかけてきていろいろ情報を交換するが、どこもあまり状況は好ましくない模様。西の方からこちら方面へ来たようで、どこもベイトがいなしらしい。
後ろでサビキ釣りしているおっちゃんには小アジがそれなりに釣れているのですが。
この間嫁は車中で朝寝。10時過ぎ頃一旦終了し嫁と約束していたスーパー銭湯へ行く。

4時間ほど昼食兼休憩し夕方のタチウオ狙いで過密ポイントへ様子を見に行く。
超がつくほど有名ポイントでもあるため平日でも人混みは避けられなく、この日もやはりというか常に立ち入るスペースが無さそうです。
仕方がないので別のポイントへ移動しいつもよく行くポイントへ入ります。

16時半頃ポイント入りしてしばらくアタリがありません。
そのうち釣り人も増えていき、隣に中国人らしき餌釣りの人が陣取り竿4~5本で構えます。
日も暮れかけそろそろかというときに、周りでポツポツと小さなタチウオ(F2.5~3)が釣れ始めました。
嫁にレクチャーしながら僕も真剣モードでキャストを繰り返すのですが全く反応無し。
しばらくして嫁が何かに引っかかったかもと言うので、緩めず引いてと慎重に引き上げてくると、指3本幅無い位のタチウオでした。
嫁曰くトントントン、トントントン、スゥ~という感じであまり引かなかったわと。
僕には一向にアタリはありません。
それを見ていた隣の中国人、餌釣り仕掛けをセットし3本仕立てでタチウオを狙い始めました。
少し間隔をおいて釣りをしているにも関わらず、電気ウキは僕らのキャスト位置まできていても回収することなく平然と。その隣の釣り人の場所までいっているにも関わらず毎回…
こんなやつがいるから都会の釣りは嫌気さすんですがね。
回収しないんでこちらもお祭り覚悟でキャストをしますが、案の定クロスしお祭りしたラインを回収しこちらで解消します。
そんな中嫁にまたしてもタチウオのアタリ。先ほどと同じくらいのタチウオで嫁に先制されましたが、僕にはやはり一向にアタリがありません。同じようなルアーに付け替えたり違うルアーにとっかえひっかえ変えたり。
しばらくして隣の中国人の仕掛と再びお祭りし、今度はグチャグチャに近い絡まり方で嫌気が差したところでこの日の釣りは終了としました。
オッサンほんまにええ加減にせえよぉ~(ー_ー;)
Posted at 2017/09/16 19:16:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2017年09月01日 イイね!

神戸方面釣行再び

週末はどうも大型の台風15号の影響が出てくるとのことで、釣り場に影響のない今しかチャンスはないと、先週に引き続き今回も神戸エリアででイカと青物を深夜から早朝にかけて狙いに行ってきました。

どうもケンサキイカも終盤らしく数釣りこそは期待できないが大型が出るとのこと…
まして台風が通過するともなれば釣況が変化することは必死なので、今のうちに行っておこうと最近調子の良いことを理由に行ってみることに。

仕事を終え帰宅し、ちゃっちゃと準備を済ませ下道で神戸方面へ向かうこと1時間半弱。ポイントに着いたのが深夜0時前位だったろうか。
この日は若潮ということもあり、潮はあまり動いていない様子。
少しは台風の影響も懸念されていたが、ほとんど無いと言ってよいほど無風・ベタ凪・かつ満点の星。
平日の深夜ということもあり釣り人はさほど多くない。って言うか入れ替わり帰っていった人たちで車の置き場も確保できた程。

早速超軟調アジング用ロッドかつ新品リール(17ソアレCI4+ C2000SS PG)にエギをセットしキャストしまくるが全くもってアタリなし。
途中シーバスロッドに切り替えてタチウオなんぞも狙ってみるも全く反応無し。

2時間程して横の人が釣っているのを遠目にしているとこちらにもやっとアタリが。
ほぼほぼ向こうアワセで小ぎみ良い引きで上がってきたのは胴寸15cm程のケンサキイカ。
その後すぐに1匹ヒットしたが、掛かりが浅かったためか抜き上げ寸前で水面にポチャ。

それから1時間程アタリは遠のいたが、再度遠投キャストし水面に着水したと同時に巻き上げるリールに明らかに大きな反応。グッと竿がのされ大きくしなったが、すぐにフッと軽くなり外れてしまった。
折角の大物らしき獲物が掛かったのにと思ったのも束の間、続けざまにそのままトゥイッチを入れて誘ってやると再び抱きつきロッドが大きくしなる。
今度ばかりは逃さないぞと軽くアワせて慎重に巻き上げ足元まで引き寄せる。ヘッドライトで照らして見てみると結構大きい。ロッドのしなりだけではごぼう抜きが出来ないくらいで、ラインをつかんで手繰り寄せソォーッと持ち上げ抜き上げる。
胴寸20cmオーバーのなかなかのケンサキイカ。狙いに来た甲斐がありました。
オカッパリからこれくらいのものが釣れるのであれば、数は釣れませんでしたがまあ納得。
その後小さいのを1パイ追加し夜が明けてきた。

そろそろ青物もしくはタチウオ狙いでロッドを持ち替えます。
暗いうちから青物狙いでやってくるアングラーが次々ポイント入りしてきて、知らないうちに満席状態。
皆さんキャストに励みます。が、前回と違って今回はどこもヒットさせている様子は無さそうです。
ただただ時間だけが経過し、外道のアタリすら無い状態。
完全に日も上り日光が海面に照し始めた8時頃。沖合でナブラというか小規模なボイルが発生。
それをめがけてジグをキャストしますが届かない。キャストしながら様子を見ているのですが、なかなか近づかない。おそらく青物はいることはいるのだろうと黙々とキャストするも反応がないまま時間が経過。
潮の状況も前回とは違って流れもなく穏やかなことから、9時にストップとしました。

Posted at 2017/09/01 21:39:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2017年08月23日 イイね!

神戸方面釣行(淡路方面行きたかった)

久しぶりにちょっと遅めの夏休み有休を使って2日程淡路島へ釣りの旅に出ようと計画を立てていました。

昼過ぎから出発。下道を走り夕マズメ~夜を神戸方面で釣りをして、夜中淡路島に渡って東浦方面から時計回りでめぼしいポイントを探索し一周しようかと考えていました。

途中食料を買い出ししポイントについたのが16時過ぎ。
タックルを準備していると、万全に用意してきていたはずのLEDライトを持ってきていないのに気がつく。あちゃぁ~(-"-)。これが無かったら泊りがけで釣りに行く意味がない。どうしよう???
ともかくこのポイントで釣りすることが先決で、後で考えようとそそくさとポイントへ持ち込むタックルを準備しキャスティングポイントに。

平日にもかかわらず既に満員御礼。しかもピーカン天気で風も無い。立っているだけでムシムシし護岸で覆われているせいもあって風通しもなく照り返しも強い。既に汗だく。
適当な感覚で並んでいるアングラーの無理のなさそうな隙間に入らせてもらいつつしばし様子見していると、目の前でツバスが上がった。やはり釣れているねと読み通りに入ったこのポイント。
潮は適度に流れ海中からのかき混ぜ具合(吹き出し盛り上がり感)も一層雰囲気を醸し出しており、ここ一発何か出てきそう感がありそうな状態でのスタート。

早速20gのジグパライワシをセットし2投目でいきなりゴンッというアタリが…
フッキングしたと思ったのも束の間痛恨のバラシ、しかしそのまま追い食いで再びガツンとアタりフッキング。ドラグはジィ~ジ、結構ラインを持っていかれ必死の思いでポンピングしながらやり取りし足元まで寄せる。
姿を見せたのは40cm程のハマチに近いツバスのスレ掛り。尾びれの付け根下辺りに掛かっていたので余計に引く。どんな大物かと思ったんですが。
勢いづいたこの状況でさらに両隣でも釣り上がり、さらに隣奥の方でも釣っているようでパッとみ見渡す範囲まんべんなく釣れている状態でした。プチ祭り状態だったんじゃないかと思います。

少し間をおいてそして僕にも2匹目の追加ヒット。
同じようなサイズのツバスです。
先ほどから釣っている隣の人は間髪入れず次々ヒットさせて6本くらい釣っていたんではないでしょうか?
目の前では単発のボイルが何回かあったり、ベイトの大群が押し寄せてライズしていたりして今までこんな状態を求めていたんです。獲物のサイズは若干足りませんが。でもまあ挑んだタックルがシーバスタックルだったのでこれくらいのサイズがギリだったかもしれません。足場もテトラではなくコンクリート棚にフェンスがあって少し高さもあるので、最終的にはタモを使わず一気に抜き上げましたがね。
と、こんな地合いが30分~40分位続いたのではないかと…

次第にこういった状況も落ち着き、18時前のまだ日が陰る前の明るい時間帯でも青物釣りの人達は帰っていく方がチラホラと。まだこれから釣れるんやという時間なのに。なのでポイントは半ば空き始めてきました。

そしてしばし休憩を終えてそろそろ地合いも終了し落ち着いてきたかなと、タチウオ狙いで例のチャートのバイブレーションに付け替えてキャストを繰り返しているとまたもやゴンという強烈なアタリ。
またまたツバスがヒット。やはりいました。ギリギリまで粘ってみるもんです。周りは釣れていません。しかしその後反応もなくなり日も暮れ空き始めていた釣り場も、ケンサキイカ釣り狙いで入ってくる人達が徐々に増えてきて釣り場も混み合ってきました。

僕もライトタックルに変更しようと準備を始めるのですが、ライトがないので手元が暗くて作業ができない。
仕方がないのでスマホのライトで手元を照らすのですが、固定できなので作業がやりづらい。しゃがんで腿に挟みエギをセットします。思ったよりも明るいので何とか作業が継続できますが、これがテトラ帯だったらとてもじゃないけどできそうにありません。
2.5号のエギをキャストし釣り再開。目の前ではイカ釣り漁船が何隻もやってきてケンサキイカを釣らせているのかこのあたりに結構いるのかなと期待が高まります。
事前情報ではここ最近大きな群れが去って釣果が落ちているようなことを見受けますが、隣のおっちゃんはやはりアタリが少ないのかこのポイントを後にして去っていきました。

それでも結構人が入れ替わり立ち代わり入ってくるのでケンサキエギング人気はまだまだ健在です。
そうこうしているうちに隣に後から入ってきたアングラーが早速釣り始め早々のヒット。
ヘッドライトを常に辺りかまわず照らしてチラチラさせているのが少々腹立たしいが、漁船や他のアングラーも照らしてることもあるから少々我慢した。
しばらくして僕にもアタリと思われる重みがロッドの先から伝る。
手繰り寄せたラインの先に水面からプシュープシューとイカ独特の噴射音が響く。この時20時前位だったろうか。その後3杯追加し潮の流れも速くなり少しアタリが取りづらくなった。
周りも上がっている様子はなくプチ地合いは終わったかと…

そして再び2時間程して先ほど使用していたシーバスタックルにエギをセットし今度は遠投して狙っているとこのような少し硬めのタックルでも明らかに抵抗感のある引きが…
遠投していたので巻き上げるまで少し間が掛かったが、上がってきたのは少し大きめのケンサキでした。

トータル5杯ほど釣ったところで、本日の獲物の事を考えるとこのまま釣りの旅を続行するにはすこし負担があるので、苦渋の決断で家に帰ることを決意。
まあこれだけ釣れたのだから帰る決心がついたという事なのかも。
大抵準備万端で(ライトは忘れましたがこれまでも結構重要な忘れ物をすることがある)何日か釣行する時は、初日に釣れることがこれまでよくあります。
なので折角釣行プランを立てていたにも関わらず、折角の休暇を持て余してしまった訳ですね。

とりわけ家に帰って獲物の下処理をするのに一苦労せねばならず、家族で食べるには十分すぎる獲物の量。
しばらくは魚料理生活が続きそうです。

※ケンサキイカの現場での画像はライトがないため撮影できませんでした。

=======================

ここからは少し違った視点で今回の釣りを振り返ります。(時間ができたからなんですがね…)
今回のポイント神戸以西方面ではありますが、我が家からおよそ60km無い程の距離で一般道で高速使わず平日の昼間2時間程掛かります。(夜中は1時間半少し)
いつも新たな釣行の度控えてるのですが、何処をどう通ったのかどれだけ時間が掛かったのかとか、どれだけ費用が掛かったとか釣行の度記録しています。それでいてなるべく費用を抑え節約運転を心掛け下道を走りいかに駐車場を使わないかといった、対費用効果というか釣果というかそういうのをいつも意識していて満足度を比較しています。

今回この釣行は最終目的こそは達しませんが、総走行距離112km、燃費メータ計測20.8km/Lでしたので使用した燃料は5.38リッター。
いつも入れているスタンドでの軽油価格が8/23現在92円ですので、今回使った燃料料金は494.96円≒500円。としても片道250円で行った計算となります。
250円と言ったら私鉄の2区ぐらいの料金ですよね。こんな料金で本日の釣行が出来たとなると結構コスパ高いんじゃないですか…。
駐車料金もありませんし、高速も乗りませんし、まあ途中買い物はしたもののゲットした獲物もそれなりにありましたから、格安釣行だったのかと自己満足しております。(ハイブリッド車やEV車と比べものにはなりませんが、トータルの維持費として考えれば良いのではと)

まあ今回は最終目的を達しなかったから比較的短距離に終わりましたが、いつもはもっと長距離を釣りしに行く旅が結構あります。
釣れない時は全く収穫無く、長距離走って時間だけ消費しムダ金使ったということもしばし。
これらの積み重ねが経験値になって釣行する際の読みになってくるのですがね。
かれこれソルトルアー歴20年。プライベートな話になってしまいました。(^-^;
歳を取ると次第に長距離が苦手になってくるのですが、まだまだ頑張って釣りに励みたいと思います。
Posted at 2017/08/24 17:51:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2017年08月18日 イイね!

紀北方面釣行

近頃の日中の気温は半端じゃない程暑く釣りをしていられる状態ではないので、夕マズメ~夜を集中的にやってみようとここ最近いろんな釣り物が出始めてきている紀北方面へ。

ポイント取りも兼ねて16時過ぎ現地入り。それでもまだ日は容赦なく照りつけており直射日光と海面からの照り返しでじわじわと体力も消耗していきます。
潮通しの良い地磯になったポイントでナブラでも出ないかと目配りをしながらキャストを開始。
一応タックルはULSJ(ウルトラライトショアジギング)とシーバス用タックルで挑みます。

開始時間がちょうどこの日の満潮止まり位の16時過ぎ頃でしょうか。
潮の動きもさほどなくベイトの姿も見かけないままノーバイトで時間だけが経過します。
読みではカマスが夕暮れあたりから爆釣するはずだったのですが予想に反して反応なし。ならばタックルを持ち替えてタチウオか何か狙おうと日も暮れ辺りも暗くなりかけた中、地磯際の水面が何やらざわついているシルエットを確認。
もう一度ライトタックルに持ち替えざわついてる水面へ小型ミノーをキャストすると、ついにカマスがヒット。
25~6位の結構太めの良型カマスだ。
そのカマスをクーラーボックスへ入れる為、少し離れて置いておいた場所へ持って行くのにポロリポロリと落とし挙句の果てには潮だまりからナチュラルリリースしてしまう始末。
ルアーのフックは絡まりそれを手直して再びキャストするまでがちょっと手こずってしまった…
再度キャストするとまたもや良型のカマスが釣れたが、これもクーラーボックスに入れるまで手間取り再度チャレンジした時にはすでにプチ地合いは終了しアタリは遠のいた。

ん~、どうしてもこのポイントは満潮時水面がくるぶし位まで被る所なので、持ち物は少し離れた場所に置いておかないと濡れてしまう所なんです。なので潮が引いていればバンバン釣った獲物は足元の潮だまりに放っておていも問題ないのですが、少し予想外な展開だったのでチト反省。

もう一度シーバスタックルに持ち替えタチウオでも釣れないかと遠投しキャストを試みます。
既に辺りは真っ暗で8時過ぎた頃だったのではないでしょうか。
夜中の定番チャートのバイブレーションを引くロッドに微かな反応が…
即合わせしましたが空振りに。再度キャストし同じようなアタリ。
アワせそびれましたが何となく向こう合わせで掛かってきた獲物はやはりカマス。こんな真っ暗な中でも釣れるんですね。
その後もう一匹追加し全く反応がなくなりました。

21時過ぎ再度ライトタックルに持ち替えエギをセットし、剣先イカでも釣れないかとキャストするも開始早々痛恨のエギロスト2個。戦意喪失させられましたがめげずにチャレンジすること数投、モゾっとしたアタリにキュンキュンとした引き応え。明らかにイカの引き。抜き上げ寸前に水面をライトで照らすとコロッケサイズのアオリイカが触腕一つで掛かっていた。
あまり高さの無いポイントなので岩の割れ目からそっと潮の波に乗せて地磯まで引きずる。
久しぶりのアオリイカなので型は少々小さいけれどキープ決定。
その後キャスト試みるも反応なし。

場所を移動しとある漁港へ。
既にメジャー化してしまったこの漁港も、昔は誰一人いないさみしいポイントだったのですが、釣り番組で取り上げられたりして出入りするアングラーも多くなってしまいました。
日付も変わろうかというこんな時間でもすでに数十人のアングラーが入れ替わり立ち代わりキャストを繰り返しています。
そんな中空いている隙間に交じりエギをキャスト。
ライト周りの明暗部では時折ベイトがライズする様子と集団で泳いでいく姿が確認できますが、肝心の獲物の姿は確認できません。結局1時間ほど粘りましたが反応がなかったので終了としました。
ちなみにカマスの画像は撮っていません。




Posted at 2017/08/19 22:17:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2017年08月11日 イイね!

神戸方面釣行

昼から神戸方面へ巷でフィーバーしている剣先イカ狙いで行ってきました。

少し遅かったかもしれませんが、台風5号の通過もあって一時の爆釣モードから少し落ち着いた感も否めませんが、物は試しで初めてのターゲットということもありチャレンジしてみることに…

到着夕方5時頃。まず最初はライトタックルでジグ単でアジを狙います。
アジは保険としてエサ用でキープしておきます。
コツコツと場所によってはアタリはあるもののなかな掛かりません。
すぐそばではサビキ釣りで子供たちが調子よく釣っているので釣れないことはないとは思うのですが、なかなかジグ単体では獲物のサイズとジグヘッドのサイズが合わないのか掛かりが悪いようです。
こんなことで時間をロスするのももったいないので、ここはやはり必殺サビキをセットしまんべんなくキャスト。
すると簡単に小あじがヒット。6匹程釣ったところで剣先イカエギングに備えタックルを変更します。

薄暗くなる頃にはポツポツとイカ狙いでやってくるアングラーが徐々に姿を見せ、思い思いの場所に陣取っていきます。
モタモタしていたらベストな場所が占領されてしまうので、そそくさと準備しキャスト開始したのが7時頃だったでしょうか。

予想に反して開始2時間余り全くアタリなし。エギをキャストしたりチイチイ針にアジをセットしキャストしても全く反応はありませんでした。

何やら隣が懐中電灯照らして騒がしそうにしているのを見ていたら、釣っているではありませんか…
ならばとこちらも丹念にエギをキャストしているとピックアップ寸前に何となく違和感が。
ゴミか藻か引っ掛けたような感じだったんですが抜き上げると剣先イカでした。
明確なアタリは感じられなかったものの目的の獲物だったんでまあいっか…
その後1杯抜き上げ寸前で波にさらわれバラしてしまいこの1杯どまりでした。
帰って醤油バター焼きで食べたら絶品でした。また食べたくなりました。


Posted at 2017/08/14 22:45:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味

プロフィール

2016年からDJデミオユーザーになりました。 釣り好き、パソコン好き、ドライブ好き、投資好き(^-^; DIYで何でもチャレンジしてみます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

LEDポジションライトのデイライト化part1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/24 16:06:13
LED自作の基礎知識(^O^) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/31 11:39:49

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
マツダ デミオ XD Touring L Package

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.