• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

デミッコのブログ一覧

2017年11月16日 イイね!

岸和田方面釣行

台風一過の2連続ボーズでこの日。
(ボーズはボーズでもいろいろあったんですがね…)
最近行けてなかったポイントの様子見を兼ねて昼から南方面へ釣行してきました。

岸和田エリアに足を止めていろいろ湾内を覗くのですがあまりベイトがいない様子。
それでも平日の真昼間、釣り人は普通に居るのですが、あまり釣れている様子もない。
ならば外向きのテトラ帯へ様子を見に行くも結構風が強く、体感温度もグッと下がるほど寒くどうもやる気が起こりません。
そんな強風の元、とりわけ歩いて先端の方へ移動しつつ様子を眺めていても、何ら変化に乏しい状況でした。
その他いろいろ移動するもどこも芳しい状況ではない様子。

結局、夕マズメ狙いで最初覗いたテトラ帯へ16時頃エントリー。
このポイントで青物狙いで入ったのは初。
巷のネット情報ではハマチが良く釣れていたとの情報もあって、ピンポイント(高台)ではアングラーが集中してキャストしている様子も伺えます。
僕の入ったポイントは少し離れたテトラ帯。
少し離れた左隣に一人アングラーがキャストしているだけ。

昼間の強風が少しマシになり、若干釣りやすくなったと言った状況。
それでも波は結構打ち寄せる中、特にベイトの姿も鳥山も無くひたすらジグをキャストを繰り返しますが1~2回コッンと何かアタったかのような感触がしたのですが、反動で手元が滑りアワせきれず…
隣の方が何やら釣っている様子が見えるのですが、どうもシルエットからしてエソらしき姿。
ルアーをとっかえひっかえ付け替えキャストをするのですが、なかなか反応が得られない。
そうこうしているうちに日もだいぶ水平線近くに傾き辺りも暗くなり始めてきた頃、20gのチャートのジグにガツンと竿をのされるような大きなアタリ…
青物か?と感触を確かめるのですがそんな強力な引きではない。やり取りした挙句テトラ際へ寄ってきた獲物はサゴシでした。
折角用意したタモ網が護岸近くに置いてあって波打ち際で暴れて外してしまいそうだったので、リーダーを掴んで一気にテトラを駆け上がりタモを置いてあるところにネットイン。
何とか無事に取り込むことが出来たそのサゴシは50cm程。

何とか1本とることが出来たのですが、クーラーボックスは車の中で氷も用意しておらず。
とりわけビニール袋に入れてテトラの杭にくくりつけて、次を狙います。

そして完全に日も沈み真っ暗になった17時半頃、同じジグで底を取って1シャクリ入れようと煽ったところ、根掛かりかとロッドに相当の重みを感じた。
それでもゆっくり巻き上げることはできるので、ゆっくりゆっくりポンピングしながら巻いていると時折魚らしき生命反応が伝わってくる。
これはまさかのエイか?と心配しつつテトラ際まで巻き上げるも真っ暗でどこまで寄せているのか分からない。懐中電灯も護岸近くのバックの中に置いたままなので慎重に慎重に波打ち際まで寄せてきて浮いてきた獲物を凝らしてみてみると、デカいタチウオのスレ掛かり。胸鰭辺りに掛かっている。
タモを入れて掬おうとトライしてみたが、そのサイズが大きいのと波が揺れてルアーの針だけが引っかかりそうだったので、仕方なしに一気にリーダーを掴んで抜き上げた。
何とか外れず取り込めたそのタチウオの大きさは、指4本以上メーターオーバーのドデカサイズ。
いゃ~久しぶりにこんな大きな獲物を捕らえることが出来ました。
先に釣ったサゴシよりも大きいんで早速持って帰らねばと、氷なしのクーラーに詰め込み、ひょっとしたらまだ釣れるであろうこのポイントを後ろ髪を引かれる思いで早々と後にしたのでありました。



Posted at 2017/11/17 13:53:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2017年10月27日 イイね!

オーバーホール

なかなか車ネタが書けなくて恐縮です。
オーバーホールと言っても釣りで使用しているリールのオーバーホールの話です。
ここ2~3週間ほど前から調子が悪くなり、メーカーへ修理してもらうこととなりました。

最初のころの症状としては、リールを巻く時少し突っ掛かりがあったり、ゴリ感があるなといった感じで、さほど気にせず、だましだましで使っていました。

帰って洗浄し、注油したり、高速回転したり、逆回転したりするとその症状は一旦は治まるのですが、次釣行時に使い始めようとするとさらに巻き上げが重くなっていって、ついには普段のキャスティングに支障をきたすほどになってしまいました。

このハイシーズン中修理を依頼するのは避けたかったのですが、使えなくなったら仕方がない。
釣具店に依頼すると2週間くらいは戻ってこなくなるかなと覚悟していたのですが(以前別のリールを修理依頼したことがある)、修理についてネットを見ていろいろ調べてみると「SHIMANOダイレクト修理サービス」なるものを紹介しているサイトを発見!
目を通してみると、何となく良さげなサービスなんで自分も一度利用してみようかと…

SHIMANOトップページからアフターサービスのページに入ると、目的のダイレクト修理サービスがバナーみたいなタイトル画面のようにデカデカと表示されているのですが(2017.10.26 現在)、
少し残念だったのは、オーバーホールキャンペーン2017というのがあって、期間中に申し込むと通常よりお得にサービスを受けられるというのがあったようで、ギリギリ期間が終了していてこの時すでに対象外。
仕方がないので修理サービスへとリンクを辿ると、まずは“修理代金とは別にお取扱手数料 2000円(送料含む)が必ず発生いたします。”と脅し文句があり、実際のところ修理代・パーツの実費を含むとどれくらいになるのだろうと不安でしたが、僕の場合は承知の上で申し込みました。

そして「修理の依頼します」というボタンをクリックして会員登録を始めて登録完了!
発行されたログイン情報をもとに「シマノダイレクト修理サービス」にログインし、
以下細かい所は紹介したサイトを参考にしてもらうとして、
僕の場合の一連の流れは

◆当日
内容を記載・写真添付して、修理依頼の受付と宅配便の日時指定。
この時最短だった3日後を指定。
同日、しばらくして先方から荷物引き取り依頼が届く

◆3日後(週末挟む)
指定された日時(PM)にヤマト運輸が来て荷物を集荷。

◆4日後
先方から、受け取りましたという確認通知。

◆5日後
不具合内容確認と見積りのメールが届くと思っていたのですが、
すでに“商品を発送させて頂きました”とのこと。
えっ?どういうこと… と思うのと同時に“今回費用は発生しておりません”とな。

◆6日後
AM ヤマト運輸より到着
特に着払いでもなくそのまま荷物を受け取る

送り出した時の質素な梱包とは違って、しっかり丁寧な梱包の中に修理されたリールを手に取って確認してみると、ちゃんとスムースに動き問題なく直っていました。
修理報告書と納品兼請求書も入っていましたが、
結局、無償修理ということでした。
それでも修理報告書には4点の部品交換されていて¥2,400分が記載されていました。
このことがすべての人に通用するかは分かりませんが、報告書にも出ていましたが、原因にもよるものでその保証内容はケースバイケースだと思われます。

というような流れで、アッという間にリールが戻ってきました。
もし、これが販売店を通して修理に出していたらどれほど手間暇かかったことか…
釣具店へ行くだけでも近くじゃないので時間がかかるし、送料だけでも実費取られるだろうし、手数料だけでもいくらかかかると思いませんか。

それと、逆にオーバーホールキャンペーン期間中に出していたら と考えると…

っと、このような流れでとても気持ちの良い対応をしてくださりました。
修理していただいたリールも愛着が湧き、長く永く大切に使っていきたいと思います。
前述の筆者も言ってられたように、こんな素晴らしい神対応さすがシマノさん。改めて感謝いたします。

Posted at 2017/10/28 23:07:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2017年10月14日 イイね!

立て続けのマイポイント釣行

昨日に続き、立て続けで青物を狙いに同ポイント周辺を探索して参りました。

先日夕方から雨模様でこの日も雨を覚悟で現地入りをしましたが、幸い雨は降らず。
さらに週末の早朝と言うこともあって、混雑を予想してポイント入りをした訳ですが、意外や意外釣り人がほとんどいない。
って言うか、おそらくみんカラアルバム人気スポットということもあってメンバーさんがたくさん集結して釣りどころではないかと思ってたのですが、ほとんど人がいない中でポイント入りを果たせました。
後で聞くところによると、先週末警察が取り締まりに入ったらしく整備不良の車数十台検挙されていったということを後からやって来られたおそらくみんカラメンバーさんがおっしゃっておりました。
釣りをしている最中でも海上警察が船で見回りに来ていた時もありました。

そんな状況の中、新調したばかりのジグパラ20gチャートをキャスト開始すること数十投目、ガツンと大きなアタリが。
最初はそこそこ引くのでサゴシ何かかなと思っていたのですが、寄せてくるごとに引きが弱くなり喰い上げた感じでスッポ抜けたようないつもの感触。抜き上げてみるとやはりタチウオ。これも先日同様F3満たないくらいの大きさの。それでも結構良く引いた方じゃないかと思います。
この辺で釣れるタチウオは大体これくらいのサイズがレギュラーなのでしょうか。
リリースしてその後1本同じようなサイズのタチウオを追加しましたが、時合らしい時合が無いまま時間が経過しその後はサッパリ…

隣でやっていたアングラーとしばし情報交換し、少し腹ごしらえもして10時半頃再開。
早速ジグをキャストし着水と同時にカウントを始めた瞬間、少しラインが走ったような気がしたがそのまま着底させたつもりで糸ふけを取り1シャクリ入れるとなんとも軽い。
既にリーダーの先端から切られていて、回収して見てみると10cm程ザラついている。根もない着底までの中層辺りなので恐らくサゴシ(カッター)の仕業かと思われます。
ジグを付け替え再びキャストを再開するもアタリは無し。
時折ベイトの追われる姿が確認できたのでミノーに付け替えキャストして期待していたのですが、結局青物の姿は確認できずこの日の釣りは終了としました。
状況を見ていても潮の流れもあまり無く、チョット潮回りが悪かった日だったからかも知れません。


Posted at 2017/10/14 22:02:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2017年10月13日 イイね!

マイポイント釣行

時折雨降る中、昼過ぎから久しぶりの大阪湾奥マイポイントへ行ってきました。
かのフォトアルバム人気スポットでもある、みなと大橋のおひざ元にて調査を兼ねてやってみました。

16時頃到着しこの時は雨はやんでいました。
まずはジグパラ20gでキャストを開始。しばらくして中層辺りで何かがアタった。
これは何かがいるに違いないと真剣モードでキャスト。
すると隣の人が竿大きくを曲げる。
見ていると結構引きも強くやり取りしていて上がってきたのはハマチにちょっと満たないツバス。
一気に抜き上げた。いいね!
僕にも来ないかと丹念に探るも、5分もしないうちにまたもや同じ隣の人が竿を曲げる。
同サイズ程のツバス。うーん羨ましい…
やはりこんな湾奥にでも青物は確実に回ってきているんだと再確認。

しばらくアタリは遠のき少し雨も降り始めて隣の人は去っていった。
それでも辛抱強く頑張ってジグを着底させしゃくり始めると何か重い。
ゴミかヒトデかアメフラシか?引きが無く重みだけ伝わってくる。上がってきたのはフグでした。

そして次第に薄暗くなってきてベイトも回り始めてきたのか、近くのサビキ釣りの人には中アジが掛かり始めた。
僕も30gのジグに変更し遠投してシャくるとゴンっと待望のアタリ。
上がってきたのはF3無いタチウオ。
それから立て続けに2本掛かったが、投げた直後のフォール中にアタリ。
周りのルアーで狙っている人たちもポツポツと釣っている様子が見られたが、やはりどれも小ささそう。

その後3本程釣ったところで雨も強くなりアタリも遠のいたので終了としました。
タチウオはこれまで散々釣って食べてきたので小さいものは皆リリース(子供にも上げた分含む)
青物が釣りたかったんだが結局この日は釣れずじまい。
これまでのプチ遠征よりも、このポイントにいることが確認できたのでしばらくは通ってしまいそう…


Posted at 2017/10/13 23:43:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2017年10月07日 イイね!

マイポイント釣行

なんか最近タイトルの付け方がマンネリになってきたかな…

間髪入れずに行って参りました。
土曜日の昼から時間があったのでマイポイントへ行くことに。

阪神エリアの身近なポイントなのですが、今日はあいにく雨が降ったりやんだりで、ポイントに着いたのが16時半頃。この時は雨はやんでいました。
先日まで肌寒く風も強かったんですが、この時はベタ凪で少し気温も上昇しており蒸し暑さすら感じます。
既に多くの釣り人で賑わっている中、沖合に近い無理のなさそうなポイントに入ります。

この時現在、周りはあまり釣れている様子はありませんでしたが、ハマチの後処理をしていらっしゃる方がいたので何で釣ったかは分かりませんが、釣れていたんだろうなと言うことが確認できます。

そして僕もいつも使うチャートのバイブレーションをキャストすること数投目。
いきなりロッドをひったくる大きなアタリが…
何だ何だと慎重にポンピングをして岸壁際へ引き寄せてきます。水面から顔を覗かせたのはおそらく40cmあるか無いか位のツバスでした。
取り込む寸前で右往左往暴れまくってフックの刺さりどころが悪かったのか痛恨のフックアウト!
またもやバラシてしまいました。
それを見ていたファミリーが隣に入ってきて窮屈なポイントになってしまい、やりにくいのなんの…

続けてキャストすること数頭目。
またもやアタリが、っとアワせた途端PEのところからスパッと切られてしまい、これまで大変気に入っていた年季の入ったチャートのバイブレーションごとロストしてしまいました。(;_;)
ずっとこれで釣れ続けていたのに。

そしてしばらくして地合いに突入したのか、早速そのファミリーがタチウオをルアーで1本先制ゲットする。
それでもまだ17時半頃で曇天だったので周りもだいぶ薄暗くなってきていたからでしょうか。
さあタチウオの地合いが到来かとキャストをするのですが、案の定隣のファミリーとお祭りしまくり。
隣の子供がタチウオを釣り上げている最中こちらとクロスしていたりでもうグチャグチャ。
またもやラインシステムを組み直す始末で、その間周りでルアーでやっている人たちは次々と上げ始めています。
水面を見ているとタチウオがジャンプしていたりでとても雰囲気はよさそう。
やっとの思いでラインシステムを組み直しキャストを再開。

そしてやっとの思いでジグでF3チョイのタチウオをゲット。
水面飛び跳ねてるくらいだから活性は高いのだろうとミノーにチェンジ。するとやはりコンコンとアタリが多発。ピックアップ寸前にガツンと大きなアタリで結構引いたが、F4無い位の獲物でお腹にスレ掛かりだった。
さらにF3あるか無いか位のを1本追加し、6時頃位にはルアーに反応が無くなってきた。
後で入ってきたエサ釣りの方にはまだまだ釣れている様子でしたが、周りのルアー組は殆ど上がっていないようでした。
ここ最近ようやくこのエリアにもタチウオの大きな群れが入ってきたのかなといった印象で、よく釣れている方は7~8本位釣っていて(この時)、型もF3位がレギュラーサイズとなっており偶に大きいものも混じっている感じですね。
型の大きいものならば単なるシルバーじゃなく黒光りしていて風格もあるし、何と言ってもサゴシやハマチなんかも結構この辺りを再び数多く回遊している感じですね。


Posted at 2017/10/07 23:56:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味

プロフィール

2016年からDJデミオユーザーになりました。 釣り好き、パソコン好き、ドライブ好き、投資好き(^-^; DIYで何でもチャレンジしてみます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

LEDポジションライトのデイライト化part1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/24 16:06:13
LED自作の基礎知識(^O^) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/31 11:39:49

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
マツダ デミオ XD Touring L Package

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる