• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ハチロックのブログ一覧

2017年02月07日 イイね!

別れと出会い。

別れと出会い。2007年2月

我が家にやってきた彼は

2016年10月

私たちの元を去っていった



割と男っぽい性格の

でも、穏やかで

付き合いやすい

クルマだったと思う



子どもたちの成長とともに

変わりゆく我が家のクルマたち

どれも、大好きだった





















彼に代わって、今度は

少しだけ若返った「俺様」が

カーポートの下で

鼻先を陽の光に照らされて

のほほんと、のほほんと



今度の「俺様」は

俺様のくせに、でも

どことなく優しくて



そのシートに抱かれ

どこまでも走りたくなるから

ちょっと不思議だ



これから何年の付き合いになるか

わからなけれども

別れの日がくる

その時まで

どうぞ、よろしく、と



そう声をかけると

一緒に子どもたちの明日を

未来を乗せて走ろう、と

任せてくれよ、と

笑ったように見えて



あぁ、このクルマとも

通じるモノがあるんだな

大切にしなきゃ

って、思ったんだ














Posted at 2017/02/07 02:09:47 | クルマ絵日記 | 日記
2017年01月31日 イイね!

祝・みんカラ歴10年!

祝・みんカラ歴10年!「1月30日でみんカラを始めて

10年が経ちます!」



ひとくちに10年と言っても

ほんと

いろいろありました





















友達登録してくれた方


忙しい時間に都合をつけて

わざわざ栃木まで来てくれた方


そこまで来たから

ちょっと寄り道だと笑ってくれた方


さりげない気遣いのメッセージや

心のこもったメールも

思いやりの言葉も

愛の告白も


失った人も

嫌いになった人も

嫌われてしまったことも


どんな方にも

どんな出来事にも

10年分の感謝を





















過ぎた時間は、二度と

取り戻すことはできないけれど

分け合った時間がくれたものは

心の中に、ずっと















Posted at 2017/01/31 22:56:42 | アタシ絵日記 | 日記
2016年12月02日 イイね!

思春期、という名の水たまり。

思春期、という名の水たまり。 
 
 
何年か前に家族で訪れた

秋の日の公園に

久々、足を運ぶことにした





















前日の雨が嘘のように

この日の空は、青くて

きれいで





















子どもたちは手に手に

色とりどりの落ち葉で

いっぱいになった袋をもって




















今年はこの場面の中に

長女の姿がないことが

ちょっと寂しい





















一人で映画を観に行くと

中学生らしいおしゃれをして

車から降りて行った




















あの日から、一年が過ぎて

相変わらず悩みも尽きないけれど

いろんなことが少しずつ

少しずつ前へと





















それでも年頃の娘の耳には

親の言葉はすんなりと

入ってくれるはずもなく

けれど、きっと誰かに

聞いてほしいこともあるかも、と

KUMONの先生が

先日、長女の相手になってくれた





















先生と長女の間で

どんな言葉を交わしたのかは

聞いていないけれど

のちに先生からメールをいただいた





















メールの中に散らばる

色とりどりの言葉は

先生の誠実な気持ちそのもの





















「彼女には、他者とも

自分とも向き合える力を

持っていることが感じられ

嬉しかったです」

「思春期に誰もが通る道の途中で

しばし悩みの水たまりに

はまっている様子でしたが

いずれ抜け出ることができるのではないか

と思いますし、私も

はまって抜けたことがある

と話しておきました」





















「それから

人生が劇的に変わるような

出来事に出会うのは奇跡で

毎日地道にやっていく中で

積み重ねたものの中から

自分の方向を見定めて

歩いていくものだと思うけれども

それを今のあなたに悟られてしまったら

大人の立場がないので(笑)

反抗したり、いろいろぐるぐると

悩んで見つけて行ってね

とも言いました」





















「結局は

自らの意志で動かなければ

何も変わらないし

手に入れることもできない

ということに

いかに早く気付けるかですものね」

「でも、中学校という特殊で

狭い世界だとチャンスも少ないかな

と思い、自分のダメな例を

引っ張り出して話しました(笑)」





















「あなたが吹奏楽と、心理学とに

真剣に取り組んでいくうちに

どこかでそれらの比重が変わったら

あるいは違うものが見えてきたら

こだわりすぎずに受け入れてもいいだろうし」

「また、自分がどうしたいか(主観)で迷ったら

自分をどうしたらいいか(客観)

を考えてみるといいかもね

とも言いました」





















先生の言葉は、長女の心には

どんなふうに聞こえていただろう

親以外の、誰か、大人が

そんなふうに自分のことを

大切に思っていてくれる幸せに

いつか、心から気付いたら

彼女も自分自身を、もっと

もっと大切にできると信じたい





















長女の机に

鍵のかかる引き出しがある

いつもはどこに隠してあるかすら

わからないその鍵が

この日は机に放り投げられていた

見てはいけない、とも思いつつ

開いてしまったそこには























自分の代わりに切り刻んだのか

血の付いた消しゴムのかけら

そばには壊れたアクセサリー





















鍵が

誰にでも見つかるところに置いてあったことは

必死になってこの刃の引き出しを

もう隠さなくていい、と思ったからなのか

それとも、SOSなのか

親を試しているのか

もしかしたら

お守りのように、刃を持っているだけでいいのか

長女の心の表と裏、を思う





















引き出しをそっと閉め

鍵を元通りに置いて

私が部屋に入ったことがわかるように

春秋用の布団から冬の布団へ模様替えをして

彼女の部屋をあとにした





















長女からは何も言ってこない

言葉の代わりに

こたつの中で足をつつかれたり

私の肩に頭を乗せたり

そんなこともあったかと思うと

時おり、乱暴な言葉を投げつけたりもする

「うざいし」

「余計なこと言ってんじゃねぇし」

やっと私に向かって言えるようになった

こんな言葉も、いつか

大人になった時、自分で思い出しては

あんなこともなったな、と

苦笑いしてくれたらと思う





















一歩、二歩、進んでは

また逆戻りかもしれない日々

だけれども

色とりどりの思いが、ひらひらと

舞い落ちる彼女の心の中で

一筋の陽の光がさしていると

思う、今日この頃です

















Posted at 2016/12/02 05:19:03 | ヒトリゴト絵日記 | 日記
2016年09月19日 イイね!

夏休みの宿題。

夏休みの宿題。夏休みの宿題



さっきまで私の隣では
中学二年生の娘が
2冊ほどのワークに取り組んでいた



まだ丸付けは終わっていないものの
とりあえずは2冊とも最後のページまで
埋めることができたようで
ほっとした顔で自室へ戻っていった



朝が来れば、どんなに眠くても
部活の支度をして学校に行かなければならない



夏休みにさぼりまくったツケは
やっぱりいつか払わなければならないってことを
今日は思い知ったんじゃないかしら



そう、ひと月も前に終わった夏休み
提出期限のとっくに切れた宿題を
未だに娘は提出していない



家庭科の調理実習は
私が材料を用意して
彼女はフライパンで焼きそばを焼いただけ



それでも、お皿に盛りつけられた
焼きそばの写真からは
香ばしいソースのにおいが漂ってきそうだった





















デザイン画の美術の宿題は
私の趣味で猫をモチーフにしたものを
下絵だけ手伝うつもりが
久々の画用紙が楽しくなってしまって
結局は最後まで私が描いてしまった



期限までに提出できたのはそのふたつ
ワーク2冊と、作文ふたつは
中途半端に手を付けて
そのまま9月を迎えてしまった



もう中学生

勉強しなさい、宿題を提出しなさい

そんなことは言われなくてもわかっているし

言えば言うほどやらないのも中学生だ



どうしたものか、と学年主任に話したところ
「そうですねぇ、あまり強く言って
また何かされたら困りますものねぇ」



きっと、先生は
娘のリストカットのことを言っているのだろう



学校にとっても
学年主任にとっても
それは困ることだろう



先生の本音が見えて
私も思わず苦笑いした



素直で正直なこの先生が悪いわけじゃない

すべては私が悪い

さて、どうしたものか





















しばらく何も言わずにいたら
夏休みは部活とテレビと睡眠に費やされ
塾の宿題すらほとんどやらなくなってしまった



中二の中だるみ
とは聞いていたけれども
これはひどいなぁ



でも、あとあと困るのは
彼女自身だし
自分でもやらない自分が悪いってことは
自覚しているようだし



休み明けまで様子を見よう・・・
と余裕で構えていたら
あっという間に夏休みは終わってしまい



授業の再開と同時に迫りくる
実力テストと期末テスト
それから自分で申し込んだ英検や
来月に控えた吹奏楽部の大会



あれもこれも重なりすぎて
もう身動きが取れない
次第に焦りと不安が募りだしたのか
妹や弟にあたりだしてきた、今日この頃




















さすがにこれは、と
今日こそは一気に
宿題をやっつける提案をしてみた



今日、という日を選んだにはわけがある

今日はレビンマンが

会社の社員旅行で家を空ける日



どうもここ最近、父親に対して
少しばかり今までとは違う反応を
見せるようになった気がする



私への「うざい」と
父親への「うざい」は
どこかちょっと違う気がする



それをうまく説明するには
私も言葉足らずで、誰にも
伝わらないかもしれないけれど



とにもかくにも、父親不在の今日は
彼女も父親の視線を気にせずに
やりそこねた宿題に
手を付けることができるはず





















娘がワークをせっせと解いている間
私はふたつの作文の下書きを担当した



おいおい!と
どこからか声が
聞こえてきそうだけれども
まぁまぁ、今はこれでいいや



娘の宿題を肩代わりするなんて
今しかできないことだろうし



私も、自分の母親に
私の技量以上の絵を描いてもらったり
1日もつけなかった日記の
天気の欄を埋めるため
母親が知り合いに頭を下げて
その方のお子さんの日記を借りてきてくれたり



それはそれは
夏休みの宿題には
多大なる迷惑をかけた思い出ばかりが残ってる



なんだか方向性が
間違っているような気もするけれど
なんだかんだ言って親はいつでも
自分の味方だってことを
夏休みの宿題は教えてくれた



あと半年が過ぎれば
彼女も高校受験を控えた受験生になる



こればかりは、私も誰も
彼女の代わりになることができない



彼女にはすでに目標の高校があって
そこに入学したらば
吹奏楽部に入って思い切り
良い音を出したいのだそうだ
それだけは
親に練習を代わってくれとは言ってこない



今のうち、親に
甘えられるだけ甘えればいいや
























私は娘の
リストカットが怖いわけではない



今も右腕に残る
白く皮膚が盛り上がった傷を見る度
腫物に触る気持ちにはなるけれども



でも、それも私たち親子には
必要なことだったのかもしれない
とも思う



いつかきっと
彼女の気持ちの腫れも引くだろう



いつまでも
腫物の彼女ではいられない
そんな時が来るまで・・・





さて
ふたつの作文の下書きができた



これをこのまま写すも
彼女の言葉に書き直すも
本人の自由だけれども



どう考えたって
中学生の言葉じゃないのが並んでいる



いわゆる
「ハチロック節」がさく裂した作文だ



自分でも、そんな
作文を代筆するなんて
意地悪だなぁと思うけれども



この作文をほぼ原文のまま写して
提出するであろう娘の根性も
またまた大したものである



そしらぬ顔をしながら
先生に作文を手渡す娘の
顔が目に浮かぶけれども



ちょっと前までは
そんな大胆なことはできなかった娘の
ハートが、少しだけ
強くなったんだなぁ、と



どこからどう見ても
「バカ親」な自分を反省するために
今日はこのブログを挙げたのでありました















Posted at 2016/09/19 06:09:14 | コドモ絵日記 | 日記
2016年09月05日 イイね!

べき、という怒りからの脱出。

べき、という怒りからの脱出。 
たぶん、駐車場って

横一列に並んで停めるか

縦一列に縦列駐車か

前後に二台ずつ、平行に並べて停めるか

そんなもんだと思っていたけど



ゆったり停められる場所が空いていたから

普段なら滅多にしないのだけれども

今日はアタマから突っ込んで停めていて



買い物を済ませて

前方のスペースに停まっていたクルマと

ウィッシュのフロントの間を通って

運転席に乗ってエンジン始動



さぁ、帰ろうっと、ルームミラーをのぞき込んで

びっくり!



空いていたはずのスペースに

誰かのクルマ

いつの間にか、縦列駐車になっていて

思わずウィッシュの中で爆笑



ちょっと前の私だったら

この状況にムッとして

スーパーに戻って店内放送してもらうか

ドライバーが返ってくるまで待つか

とにもかくにも怒っていたと思う



常識がない、とか

自分勝手だ、とか

イライラしていたことと思う



でも、最近

この状況を笑おうって

そう思うようにしていて

何ていうのか・・・怒ることが

なんだか自分の心を痛めているようで



ギスギスした自分でいることに

本当に疲れてしまって

四角四面に

生真面目に

常識とルールが最優先で

当たり前、が口癖の

もう、そういう自分から

心を解放してあげようって思ってる





運転席から降りて

うしろのクルマとの距離を確認

少し下がっても大丈夫そうだから

この勝手な縦列駐車から

脱出は可能だけれども



通りすがりの女性も、この状況に

「あら、出られないじゃないね~」と

あきれたように笑って

そうか、これは笑うしかないんだ、と



でも、よく見るとそのクルマの左側には

停止線

停止線と平行に停めてるってことは

そこは通行スペースなわけで

通る人たちの邪魔になるだろう

予期せぬ場所にクルマが停まっていたら

いらぬ事故も起こるかもしれない





















まぁ、通る人が注意さえしていれば

単なる迷惑駐車で済むかもしれないけれど

停めた人、もしかしてぶつかる人

どちらも自己責任とはいえ

そうなれば嫌な思いをするだろう



笑って写真を撮っている場合じゃないけれども

案外、そこを通る人たちが

何事もなかったかのように

普通によけて走っていくのを見ると

これも珍しい光景じゃないのかもしれない



さて、これは注意すべきか・・・

はっと

思い出す言葉があって

~~すべき

べき、という固執の言葉



そうそう

私は、この「べき」で苦しんでいたんだっけ

下手な正義感が

いつでも「べき」を連れてきて

かたくなな責任感が

いつでも「べき」と背中を押して



「べき」は、いつでも

私を「良い人」にしてくれたけれども

「べき」は、とっても重たくって

とっても息苦しかった



「べき」が好きな人が集まると

私も負けじと「べき」を繰り出す

いつの間にか「べき」は討論になって

「べき」は私をがんじがらめにして

「べき」は私を怒らせて

そして、「べき」は

私をひとりにした





こんなところにクルマを停めるべきじゃないけれど

誰も、このクルマにぶつかりませんように

そう願って

駐車場をあとにした



どうか、誰もぶつかりませんように

誰も、怒りませんように



停戦のための応戦は

やっぱり心を痛めつけるから

どうか、誰も怒りませんように・・・



それが

これが

今の、私

どうか、誰も怒りませんように・・・


Posted at 2016/09/05 02:48:59 | アタシ絵日記 | 日記

プロフィール

「@KCKロック さん、ママサンタも、あと何年続くかわかりませんが、とりあえず今年は任務完了であります、早起きの甲斐がありました(*^^*)」
何シテル?   11/05 00:16
・   「日々反省堂」 というお店に勤務しておりますが 本人未だかつて、反省の色なし・・・ いくつもの過ちを繰り返し 繰り返し ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

心のままに -秋桜とともに- 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/10 11:28:43
想い… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/07 05:59:51
考える、、、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/15 21:52:45

お友達

 
一緒に泣いて

一緒に笑おう

永遠の命なんていらない

もし、自分に永遠の命が与えられたとしたら

自害してでも、その人生を終わらせようと思う

人は

命に限りがあるから、頑張れるのだと思うから

109 人のお友達がいます
ジンズージンズー * 2 ビート2 ビート *
YOURSYOURS *みんカラ公認 87y,AE8687y,AE86 *
雪月@フィールズ  ロックオンキャット♪雪月@フィールズ ロックオンキャット♪ * クラフトマンクラフトマン *

ファン

127 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
子ども3人ともなると、少々手狭・・・でも!可愛い相棒なので手放せません
ホンダ トゥデイ トゥデイ・タイプR (ホンダ トゥデイ)
オヤジの心をくすぐった一台(´∀`*)ウフフ
日産 ラシーン 日産 ラシーン
まったく同じグレードの、まったく同じ色のラシーンを2台乗り継ぎました。 初代ラシーンは新 ...
日産 シルビア 日産 シルビア
買い手が決まり、ドナドナっと旅に出ました(´Д⊂ヽ
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる