• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おかんきんの愛車 [トヨタ プリウス]

アウトサイドドアハンドルにウエルカムライトを施工(作成編)

カテゴリ : 電装系 > 電装パーツ > 自作・加工
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★
作業時間12時間以内
作業日 : 2017年10月08日
1
アウトサイドドアハンドル用ウエルカムライトを作成しました。
取り付け後は、画像のようにアウトサイドドアハンドル部分が内側に向かって照らされ、間接照明となって良い感じになりました。
2
予備のアウトサイドドアハンドルがあったので、それをバラしました。
赤丸印の丸いものがストッパーになっているのでこれをラジオペンチで抜き取りました。
その後矢印部分にマイナスドライバーを差し込んでこじると、バラせました。
3
バラすとこの3つのパーツになりました。
この一番上のパーツに加工を施します。

※正確にはストッパーピンも入れると4つになるのかな?
4
今回使用したものは左上画像のこの2つ。
両方とも百均で購入。
しかし、このセットが4セット必要になるので合計800円なり。
右上画像のUSBミニライトはLEDが電球色なので使用せず、白いカバーのみ取り外して使用しました。
左下のCOBミニライトはCOBのみ取り外し使用しました。
結局、使用したのは右下の2つの部品のみ。
何だかもったいない!
5
COBの放熱板をカットしてちょうど良い大きさにして、放熱板の保護皮膜を削り、現れた銅箔に電線を半田付けしました。
プラス側の電線の中間には抵抗を割り込ませました。
画像は100Ω(3W)を取り付けているのですが、COB、抵抗ともあまりにも熱を持つので470Ω(3W)に取り替えました。
もちろん、照度は少し下がりました。
それに先ほどの白いカバーに接着しました。
6
次に、アウトサイドドアハンドルの内側の部品を加工します。
先ほどの白いカバーの型を取り、(上画像)その型に沿って穴を開けました。(下画像)
7
穴を開けたアウトサイドドアハンドル内側部品に先ほど作成したCOBユニットを装着し、エポキシ樹脂で接着しました。
下画像は左が点灯していな画像で右が点灯した画像です。
写真ではあまり変わらないですがそこそこ明るいです。
8
確認のため、アウトサイドドアハンドルを組み立ててみました。
少し内側のパーツが(赤丸の部分が)浮いているような気がしますが許容範囲です。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ライセンスランプLED化

難易度:

リアドライブレコーダー設置

難易度:

ドライブレコーダー取り替え

難易度:

レーダー探知機の取り付け COMTEC ZERO 803V

難易度:

CCD フロントカメラ サイドカメラ バックカメラ 超小型 ゴム製 IP68 ...

難易度: ★★

ルームランプ交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

出来るだけお金をかけずにカスタマイズする事をモットーにしています。 ですから、出来映えは、あまり良くありません。 自分が楽しめたら良いと思っています。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウス トヨタ プリウス
トヨタ プリウスに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.