車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月03日 イイね!
 我們這一代人經歷著許多,出生在新中國,生長在紅旗下,承受過下崗的無奈,走過下海經商的繁榮,現在走進互聯網時代,每一個階段都在生命中烙下了深刻的印記。
  
  不斷的學習然後適應著每一次社會的變革,豐富多彩的人生歷程,才僅僅走過了一生的一半。我們正當年,一步一個腳印的走下去。人與人不同之處就在於,每個人生活經歷的不同。
  
  一個朋友在微信朋友圈發了一句話:改變是痛苦的,不改變則更痛苦。無論曾經有多成功,此刻每個人都面臨著嚴峻的考驗。經濟下行,如何從容的去做一個弄潮兒。每個做著事情的人都不輕鬆,重組,求新,改變,是這一年我們一起走過的路。
  
  文化的傳承在興起,提倡全城書香,提倡全民運動。國學的精髓,重回斯文。做一個有文化有修養的人,是我能感受到的進步。
  
  你用心對待的人,會一直在你的身邊護著你的每一次前行,是這些人的付出,才讓我們的人生會精彩萬分。
  
  無論以任何形式任何方式,一直待在你身邊的這些人就是我們一生中最重要的最應該善待的。
  
  不要把對你好的人弄丟了,我們習慣了等待,接受別人給予的愛,漸漸地忘了付出的能力。總認為這些對自己好的人,理所當然的應該這樣。到後來,一方無限制的熱情,在這些理所當然中逐漸冷卻。
  
  儘管世事滄桑,我們也要心存善良。不要去傷害別人,不要去抱怨生活,不要去怨恨什麼。你善待一切的心靈,是灑下的露珠,滋潤著萬物的生長。而那些為小事而生氣煩惱的根源,就是抱怨太多。你善待了別人,別人也會對你恭良。
  
  我用文字記錄下,這個將成為歷史的一年。以及用文字寫下我們遭遇過的,和正在經歷的。文學是最能反映一個時代的,因為寫作者,所寫下的文字,都與當時的時代背景息息相關。
  
  儘管世事滄桑,也要心存善良。世界時好時壞,願我們永遠記得熱愛。
Posted at 2017/01/03 15:44:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月15日 イイね!
両手を上げた弾みで丈の短いTシャツからちらりと白い脇腹が覗く。
だが、それを指摘すればこいつreenex膠原自生は焦ったように服の裾を引っ張った。


「やだっ見ないでくださいよ!」

「アホか。ガキの腹見てエッチもクソもねえよ。そんな薄着してると腹壊すぞ」


俺が盛大に笑えば、ちなりはぷっと頬を膨らませる。
平助と瓜二つの大きな瞳が俺を睨むように一瞬だけ細められた。


「子供子供って、そういうのやめてください。私だってもう高校生なんだから!」

「はいはい分かったよ。お前はもう一人前の女だよな」

「もう!またそうやって馬鹿にして!」


ぷいとそっぽを向いたちなりは、俯いたままぶつぶつと文句を言っている。

全く、こういう所は昔から変わらねえな・・・。ま、そこが可愛いとこでもあるんだが。
俺はそんな様子を横目で見ながら笑いを堪える。


「分かった分かった・・・。じゃ、どうやったら俺に大人の女だと認識させられるのか、ちゃんと考えておけよ。次回までの宿題だ」

「・・・はい。ってい暗瘡印うか、どうせそんなこと思わない癖に」

「ははっ、分かってんじゃねえか。じゃ、今日の授業は終わりだ」


唇を尖らせ不貞腐れるちなりを見て思わず吹き出しながら、立ち上がった俺はこいつの頭をぽんぽんと叩き部屋を後にした。







「お、平助。帰ってたのか」

「おう、ただいま!そっか、今日はちなりの家庭教師の日だったっけ。」


1階に降りると、ちなりの兄の平助が部活を終えてちょうど帰宅したところだった。

平助は俺が昔通っていた道場の後輩で、いわば弟みたいな存在だ。
その縁でこいつの妹の牙膏ちなりの家庭教師を請け負うことになったんだが・・・。


「ちなりの奴、ちゃんとやってるか?」

「ああ、あいつはお前と違って頭の出来はいいからな」

「なんだよそれー。俺だって本気出せば結構イケるんだぜ!」

「じゃ、その本気を出してみろよ。総司に聞いた話じゃこの間のテストも赤点取ったらしいじゃねえか」
Posted at 2016/11/15 12:55:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月31日 イイね!
縁側で猫のトシゾーと日向ぼっこをしているソージに向かって、まるでバレリーナのようにくるくると踊りながら近づ香港如新集團いていった私は相変わらずの冷遇に思わず愚痴をこぼす。

カボチャを頭に被り、手にはさっき台所で作った星型のニンジンに竹串を刺したステッキを持っている。
ものすごくチープだ。だけど江戸時代だから仕方ない。妖怪のせいじゃない。全部江戸のせいだ。


「なにその格好、気持ち悪い」

「ごめんね、僕嘘がつけないから」


ものすごく黒い薄ら笑いを浮かべたソージを見て若干背筋が寒くなりながらも、私は彼の前に回り込むと「はいっ」と右手を差し出す。


「・・・なに?」

「だからさ、お菓子ちょーだい」

「なんで?」

「今日はそうい香港如新集團う日なの。お菓子くれないと悪戯してもいいよ、って日なんだよね。ウケるでしょ?ね、ね?」

「別に」

「うわぁーノリわるーい!知ってたけどノリわるーい!」


私は縁側に寝っ転がると、駄々っ子のようにじたばたと暴れ出す。
そんな私をしらっとした目で見下ろしながら、総司は膝に乗せたトシゾーに向かって「相変わらずさくらちゃんて残念な子だよね」と言いつつ頭を撫でた。


「もういい、悪戯してやる!」

「どうぞ。すれば。」

「えっ」

「悪戯したいんでしょ?いいよ」

「えっえっ」

「ほら早く。悪戯しなよ。」


そんな肯定的な反応されると返って戸惑う。
だってハロウィンってのは嫌がる相手にげへへへーとゲスな顔しながらお菓子をねだるのが醍醐味なわけだし。


「しないの?悪戯」

「えっと、いや、だって・・・」

「じゃ、僕の方から」


そう言って立ち上がったソージはいきなり袴の腰紐に手を掛けた。


「な、なにすんだよ」

「何って、見ればわかるでしょ?」


焦る私をよそにソージは袴の腰ひもを解き出す。

なになにいきなり御開帳?
ねえなんで袴脱ごうとしてるの?露出狂なの?
ハロウィンにそんな露出香港如新集團いらないから。つーかここ縁側だけどいいんですかいいんですね。
Posted at 2016/10/31 13:06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月14日 イイね!
今夜も男の所にいるんだろうと分かっていても、どっかで帰ってきてくれるんじゃねえかって期待しちまってるんだよ・・・まだ子供だったんだよな。あの時、俺の心の拠り所は本当にお袋ただ一人だ瘦面けだったんだ・・・。」


その時の土方さんの気持ちを考えたら、自然と涙が溢れてきた。
子供が母親を拠り所にするのは当たり前の事だと思う。
なのに、そんな酷いこと・・・。


「バカ、泣くなよ」

「だって・・・」


私が耐え切れずに涙を零せば、土方さんは少し困ったような表情をしながらもそれを指先で拭ってくれた。


「・・・で、結局お袋は家を出て行っちまった。もちろん何度も出て行かないでくれと懇願したさ。だが、俺がどんなに追い縋っても、あの女は一度も振り向きもせず俺を捨てたんだ・・・。
・・・お前はいらない子だ、って吐き捨てながらな。」


そこまで話すと彼はふうと深いため息を漏らした。
でも、その表情は溜まっていたものを吐き出したかのように少しだけすっきりとしていて、それが私にとっ積極面對人生ては唯一の救いに感じられた。


「それからの生活は酷いもんだったさ。一日だって気の休まる日などない暮らしを送りながら俺は大人になった・・・。母親を恨み、二度と女なんて生き物を信じまいと思うことで何とか自分を奮い立たせ、なにくそと歯を食いしばり生きてきた。
・・・その結果がこれだ。俺は冷酷で人と心を通わせられねえダメ男になっちまったんだよ」

「そんな事ないです。土方さんは・・・」

「いや、そうなんだ・・・。以前、買い物帰りに会った女がいただろ?あいつの言うとおりだ。俺は母親への満たされなかった思いを女にぶつけることでしか自分を保てない、臆病者の最低な男なんだよ。」


まるで自嘲するようにそう漏らした土方さんは、目を伏せながらふっと笑って見せた。


「そんな・・・、そんな言い方しないでください!」

土方さんは冷酷でも最低でもない。
だって、私を救ってくれた・・・。


・・・でも、そう言いかけた私を遮るように土方さんが漏らした言葉に、私は思わず目を見開いた。


「だから俺は、誰も信じない人生を送ってきたはずだった・・・。なのに、お前に出会ってからの俺はどうかしちまってる。素性も知れねえお前を拾って家に置いて、文句言いながらもせっせと面倒みてやってよ・・・。全く、自分でも何やってんだかさっぱり分からねえよ。」

「土方さん・・・」

「だが、もしお前がいなくなったらと思えば、途端に不安になっちまうんだよ・・・。こんな生活いつまで兒童餐椅も続くわけがねえのに、俺は心のどっかでお前に縋っちまってる・・・。」
Posted at 2016/10/14 13:14:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月21日 イイね!
あら、マスオさんたら会社の独身女性社員に「この仕事は女の君には無理だと思うよ。」みたいな事避孕藥を言ってしまったのかしらん、などと想像しながら読み始めました。

ざっと読んでみましたが、マスオさんの発言のどこに問題があるのかまったくわかりませんでした。

マスオさんのサザエさんに対する発言はこれ。

「女はすぐ服装に凝るから嫌だ」

この発言の前後を含めた文章はこれ。

マスオは妻のサザエに一緒に将棋をやろうと提案し、サザエはそれを了承するも、「ちょっと待ってて」となかなかマスオの元にやってこない。そしてしばらくするとサザエは、将棋の駒の模様が入った着物を着てやってきた。「おまたせ」と陽気なサザエに対して、マスオは「女はすぐ服装に凝るから嫌だ」と問題発言をしたのだ。

将棋はマスオ緊急避孕藥さんとサザエさんの共通の趣味だそうです。

うーん、何度読んでもどこが性差別なのだかわからない。

マスオさんのこの発言は家の中の夫婦の会話の一部。 世の中、大多数の夫婦は男と女の組み合わせだと思うのですが、配偶者の発言を「男」または「女」の発言を象徴的に示すものとしてとらえることって往々にしてあることだと思うのです。その捉え方が正しいのかどうかは別として。

夕飯後の食器洗いを夫のマイケルに手伝ってもらったのはいいけど、汚れがちゃんと落ちていない事がよくあります。 そんな時「マイケルって食器の洗い方下手過ぎ💢」とは言わずに、「男って食器の洗い方下手すぎ💢」……こんなふうに、「男って」とういう表現を使ってしまう事がよくあります。


もし私が「男って食器の洗い方が下手過ぎるから、レストランの皿洗いのバイトには雇わない方がいいですよ。」って言ったなら性差別になると思います。

マスオさんの発言は、人間の女という性はこういう傾向にあるよね、っていうニュアンスであって、「性による社会的差別」ではないですよね。

私は、子供の頃弟に「男のくせに泣いてばかりいるわね」とよく言っていました。

義母が彼女の友人と会話しているのを横で聞いていると、双方全く異なった話をしているのに、楽しそうにしています。

義母「今夜はローストビーフを作ろうかなあ」

友人「昨日観たテレビ緊急避孕藥のクイズ番組、面白かった~」

こんな感じ。

夫のマイケルは「女性ってそういう会話をする人が多いよね。本人同士が楽しければ話がかみ合ってなくてもいいんだね。」と、言っていました。

マイケルのこの発言は、義母と友人の会話を肯定的にとらえているので性差別発言とは思われないかもしれないけれど、「女性って噛みあわない会話をする人が多いね。それって馬鹿みたい。」と、否定的に言った場合は性差別だと言う人も出て来るかもしれません。
Posted at 2016/09/21 16:27:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「很多浮淺的喧囂,漸漸運去 http://cvw.jp/b/2587576/39115720/
何シテル?   01/03 15:44
othersです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ブログカテゴリー
お友達
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
日産 300ZX (Z32) 日産 300ZX (Z32)
日産 300ZX (Z32)に乗っています。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.