車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月16日 イイね!
  沙蒿也沒有什麼用的,既不可入藥,也不可喂牲,沒有人去關注它,千百年來寂寞的死死生生。城裏養花養草的,無論如何也看不上它。沙蒿生長在田裏,農民一定會把他當野草鋤掉。毛烏素大沙漠裏一望無際,缺水少肥,環境惡劣,也無人煙,正因此成了沙蒿的歸宿地。沙蒿生長在大沙漠中,煉就了頑強的生命力。
 
  沙蒿最能抵禦乾旱和大風,它的根系特發達,有的根須有十幾米,就把根深深的紮進沙地,一直見到水為止。他把葉子長成針狀,儘量減少水分的散發和風暴的阻力。這是環境造就了沙蒿生存能力,而並非是他的天生本事。如果它在城裏的陽臺上養著,或者在農田裏靠水肥供養著,它永遠就沒有這樣的生存能力。有時環境惡劣並非壞事,環境造就能力。
 
  沙蒿並不是一無所用。毛烏素沙漠乾旱少雨,冬春風暴呼嘯,大漠上的沙子如水一樣嘩嘩流動。那黃沙不僅淹沒了農田土地,趕著一個個村莊南遷,而且形成沙塵暴,肆虐在黃河兩岸,大江南北。人類面臨這種災難已是無能為力,只得無奈的忍受和遷就。
 
  沙蒿長在沙漠上,那一根根發達的根系牢牢的把持著一片沙,那一堆堆蒿蓬阻擋著一股風,使風跑的慢了,沙子流不動了。有沙蒿的地方,沙子就被固定下來了,周圍也有了小草,有了一點生態。沙蒿春夏綠了,秋冬莖葉枯了,來年在那根上莖葉複綠了,周而復始。只要活著就是價值,只要活著就是奉獻。
 
  花圓裏花草千姿百態,姹紫嫣紅,的確很養眼。遊人對花草擊掌叫絕,流連往返,天下萬物羡慕。這的確很美,有多少文人騷客寫下了讚美的詩句。然而,沙蒿美嗎!
Posted at 2017/02/16 12:26:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月07日 イイね!
 歲月之褶,黛顰。自古多情傷別防脫髮洗頭水,一枝一葉恒情。遇時,煙籠水,月籠沙,燭影搖紅裏芳華,蹙眉攬鏡瘦顏色,庭深桐鎖,人亦漓,情亦酣。點點滴滴,憑誰記取;絲絲縷縷,倩誰呼喚。怎曉深心眷語;流轉輕嵐,未駐眸底微言。此時、人間四時,若柳拂風,輕舞步,蝶舞翩翩。自能寐醒之期;若重之語,鐫默想之心念。一羽柔,剪影夢。過步之輕,盼綠茵之愉悅;此孤之倦,可伴天籟之映。若寂靜之雨花,叩心窗畔。迷之嵐氣,述枉矢之夢囈;婉之水風,鐫遙情之思。
 
  淡煙畫間,輕輕而來,淺黛輕眉,哀淡淡,蕭蕭霏雨灑衣,榴開放紅裙舞,憑欄淺兮。誰知意,寄北風,榴花開,紅裙舞,雨中花飛雙燕。丹青妙手,墨灑輕痕,淡墨淺訴相思事,笑看棱鏡人自知。畫煙雨裏,萌動的心,斂了眉間流連,詞卷縈煙,奈何情塵緣淺,在月光中流膠之心?一縷未了的牽戀,遙望風月深...思念如月如那瑤池之仙子癡情。念;如花之情、如水之柔、如蘭氣質、如蝶之步,於輕歌曼舞中靜賞韶華。情亦酣如醉癡,伴著那世間最美之情,花間曼舞,暗香浮。在豔欲滴之枝間,弄影翩躚,裙袂飛揚。
 
  彼岸花開,相逢如畫,情深如詩。若情為蠱,我則已為你中了百年之毒,若愛乃罪,我已為你犯了千年之罪。將帶著千古之情,過幽之海,結一路之香以薄之翼,柔脆之懷,鐫刻恒古不變之情。望你身在天涯,思君心於咫尺,絲絲情化點點相思淚,滴在弦上音之。紅塵煙,夢寐常,風之鈴,不分君夢夢外?夢裏是你溫柔的眼,夢外為君摯熱之心,於是乎何分?我在佛前苦煉只為得一世相守之緣,而意在君之塵,自是不復能出其柔情似水,醉心那一坨至柔之思潮洪。為你沉淪,為你傾城。今世情緣,不負相思引位元堂 洗頭水
 
  徐徐清影,醉染纖塵,飄逸了幾世輪回,穿越時空瀲灩流年,卷醉了紅顏嬌柔之心。我願弱水三千只取一瓢,姹紫嫣紅獨守一色,凡塵百相只愛一人。幾許相思幾許愁?尋你,於三世之塵,為其未了之志;尋你,在花香凝之一池春水旁,為冥冥之場輪;尋你,在風月下歌之句裏,只為而今生如泣之思。九曲廊處,婉之榭間,我吹了一支之空幽笛,你一身披霞翩翩飛至,清風微送著,絲絲之香,見著生裏最唯美之姿,舞盡纏綿。
 
  於紅塵蒼穹中。前世的五百次回眸,換來今生的一次回眸。今朝,紅顏如故,昔習之容,牽著你之柔,擎其笑妍,以情心語和著我今之絕唱。以你飛花逐月之情,剪開輕嫋雨之然,望久之逢。積著彩雲中之輕妙之鳴…思為最深之愛。世之滄桑,斷不靈之度。纏綿縈繞之聲,於你我倆倆呼吸間徐徐下,情自我之眼神默旋焉,散為你欲語還休之婉。我之畫屏,當盛滿子紅粉之戀默。輕舞纖指,為你吟一闋無邊之思。在茫茫海,紅塵深處,潔藕不離的纏綿。拈一指流年,逾歲者塵,以知珍敬於心底。
 
  光陰流轉,一刻千年。天涯凝望,一紙相思,多少次,枕著一簾幽夢,酣然於夢裏的香甜,在夢中相愛守望治療掉髮,纏綿又妖嬈。思念,化作徐徐跳躍之音符,繚繞在旋律時空中。笑看那癡情夢懷,化成紛飛細雨,如銀之月滿庭空寂之矣,終得了前生往世其骨之馨。揩去眼中那癡之淚花,驅盡昔者淒迷與茫,前世之靈魄則於情漫焉。前許下之情,為今世之債欠下,愛與思之綿,聚於歲月之輪間。濃濃的月色,化不掉思之柔媚,蕩而失之憂;抖落月之寒,使淚化作一場透唐風宋詞之相思曲。此曲曲之悠悠,展矣世之滄桑,傳之曲調,披著月下之竹影,浮上之芊眠綺翠之竹梢。兮!則你之求,亦我之願。而今夜,此刻骨之情縈於腦海焉,石刻三生將鴛盟誓,與你、醉踏紅塵,傾情一生!
Posted at 2017/02/07 12:36:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月03日 イイね!
 我們這一代人經歷著許多,出生在新中國dermes 脫毛價錢,生長在紅旗下,承受過下崗的無奈,走過下海經商的繁榮,現在走進互聯網時代,每一個階段都在生命中烙下了深刻的印記。
  
  不斷的學習然後適應著每一次社會的變革,豐富多彩的人生歷程,才僅僅走過了一生的一半。我們正當年,一步一個腳印的走下去。人與人不同之處就在於,每個人生活經歷的不同。
  
  一個朋友在微信朋友圈發了一句話:改變是痛苦的,不改變則更痛苦。無論曾經有多成功,此刻每個人都面臨著嚴峻的考驗。經濟下行,如何從容的去做一個弄潮兒。每個做著事情的人都不輕鬆,重組,求新,改變,是這一年我們一起走過的路。
  
  文化的傳承在興起,提倡全城書香,提倡全民運動。國學的精髓,重回斯文。做一個有文化有修養的人,是我能感受到的進步。
  
  你用心對待的人,會一直在你的身邊護著你的每一次前行,是這些人的付出,才讓我們的人生會精彩萬分。
  
  無論以任何形式任何方式,一直待在你身邊的這些人就是我們一生中最重要的最應該善待的。
  
  不要把對你好的人弄丟了dermes激光脫毛,我們習慣了等待,接受別人給予的愛,漸漸地忘了付出的能力。總認為這些對自己好的人,理所當然的應該這樣。到後來,一方無限制的熱情,在這些理所當然中逐漸冷卻。
  
  儘管世事滄桑,我們也要心存善良。不要去傷害別人,不要去抱怨生活,不要去怨恨什麼。你善待一切的心靈,是灑下的露珠,滋潤著萬物的生長。而那些為小事而生氣煩惱的根源,就是抱怨太多。你善待了別人,別人也會對你恭良。
  
  我用文字記錄下,這個將成為歷史的一年。以及用文字寫下我們遭遇過的,和正在經歷的。文學是最能反映一個時代的,因為寫作者,所寫下的文字,都與當時的時代背景息息相關。
  
  儘管世事滄桑,也要心存善良dermes 價錢。世界時好時壞,願我們永遠記得熱愛。
Posted at 2017/01/03 15:44:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月15日 イイね!
両手を上げた弾みで丈の短いTシャツからちらりと白い脇腹が覗く。
だが、それを指摘すればこいつreenex膠原自生は焦ったように服の裾を引っ張った。


「やだっ見ないでくださいよ!」

「アホか。ガキの腹見てエッチもクソもねえよ。そんな薄着してると腹壊すぞ」


俺が盛大に笑えば、ちなりはぷっと頬を膨らませる。
平助と瓜二つの大きな瞳が俺を睨むように一瞬だけ細められた。


「子供子供って、そういうのやめてください。私だってもう高校生なんだから!」

「はいはい分かったよ。お前はもう一人前の女だよな」

「もう!またそうやって馬鹿にして!」


ぷいとそっぽを向いたちなりは、俯いたままぶつぶつと文句を言っている。

全く、こういう所は昔から変わらねえな・・・。ま、そこが可愛いとこでもあるんだが。
俺はそんな様子を横目で見ながら笑いを堪える。


「分かった分かった・・・。じゃ、どうやったら俺に大人の女だと認識させられるのか、ちゃんと考えておけよ。次回までの宿題だ」

「・・・はい。ってい暗瘡印うか、どうせそんなこと思わない癖に」

「ははっ、分かってんじゃねえか。じゃ、今日の授業は終わりだ」


唇を尖らせ不貞腐れるちなりを見て思わず吹き出しながら、立ち上がった俺はこいつの頭をぽんぽんと叩き部屋を後にした。







「お、平助。帰ってたのか」

「おう、ただいま!そっか、今日はちなりの家庭教師の日だったっけ。」


1階に降りると、ちなりの兄の平助が部活を終えてちょうど帰宅したところだった。

平助は俺が昔通っていた道場の後輩で、いわば弟みたいな存在だ。
その縁でこいつの妹の牙膏ちなりの家庭教師を請け負うことになったんだが・・・。


「ちなりの奴、ちゃんとやってるか?」

「ああ、あいつはお前と違って頭の出来はいいからな」

「なんだよそれー。俺だって本気出せば結構イケるんだぜ!」

「じゃ、その本気を出してみろよ。総司に聞いた話じゃこの間のテストも赤点取ったらしいじゃねえか」
Posted at 2016/11/15 12:55:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月31日 イイね!
縁側で猫のトシゾーと日向ぼっこをしているソージに向かって、まるでバレリーナのようにくるくると踊りながら近づ香港如新集團いていった私は相変わらずの冷遇に思わず愚痴をこぼす。

カボチャを頭に被り、手にはさっき台所で作った星型のニンジンに竹串を刺したステッキを持っている。
ものすごくチープだ。だけど江戸時代だから仕方ない。妖怪のせいじゃない。全部江戸のせいだ。


「なにその格好、気持ち悪い」

「ごめんね、僕嘘がつけないから」


ものすごく黒い薄ら笑いを浮かべたソージを見て若干背筋が寒くなりながらも、私は彼の前に回り込むと「はいっ」と右手を差し出す。


「・・・なに?」

「だからさ、お菓子ちょーだい」

「なんで?」

「今日はそうい香港如新集團う日なの。お菓子くれないと悪戯してもいいよ、って日なんだよね。ウケるでしょ?ね、ね?」

「別に」

「うわぁーノリわるーい!知ってたけどノリわるーい!」


私は縁側に寝っ転がると、駄々っ子のようにじたばたと暴れ出す。
そんな私をしらっとした目で見下ろしながら、総司は膝に乗せたトシゾーに向かって「相変わらずさくらちゃんて残念な子だよね」と言いつつ頭を撫でた。


「もういい、悪戯してやる!」

「どうぞ。すれば。」

「えっ」

「悪戯したいんでしょ?いいよ」

「えっえっ」

「ほら早く。悪戯しなよ。」


そんな肯定的な反応されると返って戸惑う。
だってハロウィンってのは嫌がる相手にげへへへーとゲスな顔しながらお菓子をねだるのが醍醐味なわけだし。


「しないの?悪戯」

「えっと、いや、だって・・・」

「じゃ、僕の方から」


そう言って立ち上がったソージはいきなり袴の腰紐に手を掛けた。


「な、なにすんだよ」

「何って、見ればわかるでしょ?」


焦る私をよそにソージは袴の腰ひもを解き出す。

なになにいきなり御開帳?
ねえなんで袴脱ごうとしてるの?露出狂なの?
ハロウィンにそんな露出香港如新集團いらないから。つーかここ縁側だけどいいんですかいいんですね。
Posted at 2016/10/31 13:06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「我以為有價值與奉獻就是美 http://cvw.jp/b/2587576/39325518/
何シテル?   02/16 12:26
othersです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ブログカテゴリー
お友達
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
日産 300ZX (Z32) 日産 300ZX (Z32)
日産 300ZX (Z32)に乗っています。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.