車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月14日
私は咄嗟に叫んだ
今夜も男の所にいるんだろうと分かっていても、どっかで帰ってきてくれるんじゃねえかって期待しちまってるんだよ・・・まだ子供だったんだよな。あの時、俺の心の拠り所は本当にお袋ただ一人だ瘦面けだったんだ・・・。」


その時の土方さんの気持ちを考えたら、自然と涙が溢れてきた。
子供が母親を拠り所にするのは当たり前の事だと思う。
なのに、そんな酷いこと・・・。


「バカ、泣くなよ」

「だって・・・」


私が耐え切れずに涙を零せば、土方さんは少し困ったような表情をしながらもそれを指先で拭ってくれた。


「・・・で、結局お袋は家を出て行っちまった。もちろん何度も出て行かないでくれと懇願したさ。だが、俺がどんなに追い縋っても、あの女は一度も振り向きもせず俺を捨てたんだ・・・。
・・・お前はいらない子だ、って吐き捨てながらな。」


そこまで話すと彼はふうと深いため息を漏らした。
でも、その表情は溜まっていたものを吐き出したかのように少しだけすっきりとしていて、それが私にとっ積極面對人生ては唯一の救いに感じられた。


「それからの生活は酷いもんだったさ。一日だって気の休まる日などない暮らしを送りながら俺は大人になった・・・。母親を恨み、二度と女なんて生き物を信じまいと思うことで何とか自分を奮い立たせ、なにくそと歯を食いしばり生きてきた。
・・・その結果がこれだ。俺は冷酷で人と心を通わせられねえダメ男になっちまったんだよ」

「そんな事ないです。土方さんは・・・」

「いや、そうなんだ・・・。以前、買い物帰りに会った女がいただろ?あいつの言うとおりだ。俺は母親への満たされなかった思いを女にぶつけることでしか自分を保てない、臆病者の最低な男なんだよ。」


まるで自嘲するようにそう漏らした土方さんは、目を伏せながらふっと笑って見せた。


「そんな・・・、そんな言い方しないでください!」

土方さんは冷酷でも最低でもない。
だって、私を救ってくれた・・・。


・・・でも、そう言いかけた私を遮るように土方さんが漏らした言葉に、私は思わず目を見開いた。


「だから俺は、誰も信じない人生を送ってきたはずだった・・・。なのに、お前に出会ってからの俺はどうかしちまってる。素性も知れねえお前を拾って家に置いて、文句言いながらもせっせと面倒みてやってよ・・・。全く、自分でも何やってんだかさっぱり分からねえよ。」

「土方さん・・・」

「だが、もしお前がいなくなったらと思えば、途端に不安になっちまうんだよ・・・。こんな生活いつまで兒童餐椅も続くわけがねえのに、俺は心のどっかでお前に縋っちまってる・・・。」
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/10/14 13:14:10

イイね!0件



この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「原田さんのエッチ http://cvw.jp/b/2587576/38858591/
何シテル?   11/15 12:55
othersです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
お友達
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
日産 300ZX (Z32) 日産 300ZX (Z32)
日産 300ZX (Z32)に乗っています。
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.