車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月22日 イイね!
我們的故事就像日記一樣,當寫完的那一刻,彼此都消失在了茫茫人海中。曾幾何時,我告訴你,我文科最好,你卻笑著對我說:一般男生都是喜歡理科最多的,你竟然是文科。如今想起,卻是我用它來記錄我們的愛情。
  
  有人問我,如果看不到確定的未來,還要不要付出。我只能說,並不是每一種付出都是在追尋結果。有時在付出的路上,能夠收穫的,是清楚地看到了自己想要的,或者不想要的,這又何嘗不是一種寶貴的結果……
  
  曾幾何時,是你給了我希望,給了我的人生夢想和人生目標;曾幾何時,我陶醉在你那溫柔體貼的笑聲裏,自己卻無法逃脫;曾幾何時;曾幾何時,感動於你的溫柔體貼。曾幾何時,我們都演講著自己的故事,講完之後卻是一場痛哭,慶倖我們都有著共同相似的經歷。
  
  時光流散,話語真假,我還是那麼的愛你,那麼的想你,那麼的思念你,雖然我們相隔著一望無際的距離,可是,我對你還是如此,從未更改過你在我心中的地位與形象。
  
  其實,我們都有著不同的想法和選擇,只是我對你癡心不變罷了,就像古人說的詩句一樣:相見時難別亦難,東風無力百花殘,春蠶到死絲方盡,蠟炬成灰淚始幹。
  
  很在乎你,才會這樣折磨自己;很想你,才會這樣天天煩著你;很愛你,才會這樣對你說出心裏的話語;很心痛,才會選擇離去......
  
  腦海裏的記憶似乎還不曾久遠,仿佛定格在昨天那般的清晰,憶起與你相處的點滴,壓抑的思緒窒息了心靈的疼痛,原來,微笑的沉默比流淚的挽留更加的痛徹心扉。
  
  一個人的夜晚,一個人的等待。不記得這是第幾個夜晚了,也不記得這是多少次的等待了。只是知道我一個人依然在堅持,依然在等待。
  
  如果,我們不曾相愛,我又怎能品味到這場銘心的芳華。
  
  如果,我們不曾相愛,我又怎能體會到這份刻骨的憂傷。
  
  如果,我們不曾相愛,我又怎能感受我愛你愛的那麼深。
  
  常常感歎:如果,今生我沒有遇見你,而你沒有遇見我,那麼我們還會不會變得如此沉默不語?
  
  常常感歎:如果,今生我沒有遇見你,那麼我會不會變得如此憂愁,如此多的感歎!
  
  千言萬語始終抵不過一個我想打給你的電話,可惜,今生我可能沒有機會了,而我只能用文字記載來告訴你。我很害怕這樣的夜晚,過去多少個這樣的夜晚我孤孤單單的度過的;我很害怕這樣的夜晚,自己還是和過去那樣一個人寂寂寞寞的;其實,我是真的怕了,只是現在心裏有了你,每天,每晚都會想著你,這樣我就沒有那種怕的感覺,可是我還是怕,怕沒有你,失去你,甚至看不到你。你是否也有同感?
  
  也許,命運的安排只是短暫的,並沒有什麼永恆的愛情,只是我對於感情很專一罷了!
  
  也許,是我自己沒有把握好這場來的太快的愛情,更沒有做好充足的準備就散了!
  
  也許,愛是一場是輸不起的遊戲,付出全部之後,留下的可能僅僅是刻在心底的一道傷痕!
  
  不管歲月如何改變,不管時間如何流散,不管你怎麼對我,而我對你的愛永遠都不會改變,今生唯獨只愛你一個人。
Posted at 2016/12/22 12:59:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月15日 イイね!
 遠處的山還在夜色中若隱若現,點點星光和著屋中漏出的燈光在極力裝飾這黯淡而又寂靜的夜晚。很快warrant 街貨量,太陽就會探出橘紅的身子,掀開這黑暗,驅散這嚴寒。
  
  睡著的人,是看不到這風景的。
  
  山腳下村莊星羅棋佈,鄉間小路旁農舍沒有規則的就地而起,或高或低,或富麗堂皇,或破敗不堪,不論怎樣,它都是一個家。也許在這個家裏面也會有一雙老人,拉長的目光靜靜守著村口,期盼征人歸來。
  
  這山,這村,這路,似曾相識。在哪里見過呢?哦,在外婆的家鄉,不就是這番景象嗎。外婆,都已經走了一年了,征人在此岸,您在彼岸,征人在喧囂的塵世,您在沉寂的地下。他多想撐一支長篙,穿梭在洪流中打撈出一些美好的記憶,將它們裝訂成精美的畫冊,掛在心上。他怕久了,人老了,船老了,渡口也老了,一切慢慢就模糊遠去了。
  
  擱淺的記憶裏,操勞一生的外婆,看著孩子們長大,孩子們又看著您老去。後來,冬季把您帶走了,再沒帶回來。您送他出門,他卻不能送您入土。奈何七尺之軀,許國,難再許家。一聲外婆,多麼親切的稱呼,如今卻無比的悲痛,那曾經甜蜜的呼喚都成了殘月下的一枕淚,縱然是杜鵑啼血,也不會再有回應。
  
  草木一秋,人生一世。草木乾枯,不會可憐,也不知珍惜,明年暖流滑過南方時,仍會再次喚醒芬芳。而人生一世了了,一切就變了,漂浮不定的旅途中,又少了一個可以落腳的驛站。人生的一卷長路在天邊鋪展,縱然隔著千山萬水,縱是無所停靠,他依舊會思念那遙遠的煦暖陽光,懷念那受苦受累一世的老農人。
  
  但,家鄉的山應該是沒變,俯瞰眾生,不打聽也不理會家常;家鄉的路應該是沒變,迎來送往,不喧嘩也不祈禱明天;家鄉的樹應該是沒變,遮風蔽雨,不張揚也不渴求回報。只沉默,日日夜夜,與天上的星,與天上的月,看誰先熬老時光。只是那家鄉的人,怕是擋不住光陰的力量,任由刻刀滄桑了眼眸,刺彎了脊樑,雕花了鬢角零類接觸行銷
  
  若可以,他希望用尚且算作健壯的身軀,擋一擋這光陰的流氓;若可以,他願意能夠把多出來的年月,贈給一雙親老一些;若可以,他一定會駕著一葉扁舟,擺渡流年。若有若,世間所有的苦難與悲傷就不必逆流成河,所有的惡都可以被擦拭乾淨。可惜,這世間,沒有若。
  
  太陽出來了,炊煙賦予了陽光稻草的氣息,但那並不是家鄉的味道。家還在南方的黃色裏,那裏有關於春夏秋冬的故事,有關於生老病死的傳說,還有關於兒女情長的童話。那裏是根的沃土,是落葉歸去的地方。
  
  用不了多久,春風吹來,化成一片綠的海洋。征人也會脫下一身的疲憊,將思念打包好,裝進行囊,在明月的指引下,回家搬運
  
  在南方偏南的地方,有一尊爐火,燒得正旺,溫暖了整個冬天。
Posted at 2016/12/15 15:43:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月04日 イイね!
 坐在街角的速食店,有一種想流淚的衝動,倔強的扭過頸脖,側靠在窗前,望著玻璃窗外幻色的街道,霓虹燈下固有的繁華,殊不知這個世界從何時起,只剩下一份空蕩的徘徊。眼淚終究還是忍不住的流下台灣數據卡
  
  從未有過如此般的心境,只因心中的一份執念,也許,我總是這般,喜歡躲在安靜的一隅,然後用安靜來填埋一天中昏暗的時間,用思索,用品讀,或者,捧著一盞清茶,怡然自得的在充滿悲歡的星空下,寫幾行關於心情的文字,當心思漸漸猙獰起來,仿佛充滿著不可知的愁緒,拼命想要梳理好,卻不知青絲幾縷,早已被精緻的發簪凝住,也許,這就是生活的氣息,讓你猜不透,卻依然為之動容。
  
  日子過得異常緩慢,周而復始,恍若空中樓閣般,想像著在這青山綠水之外,行走於春光喘促的明媚中,思考著我們曾經失去過的,或者現在擁有的一些碎碎念念,到最後,會拼湊起怎樣的人生。流年緊鎖,素白的記憶,終究是浮華的,於是,將那些不為人知的疼痛慢慢包裹,將所有柔弱輕輕拾起。
  
  推開歲月的門搖籃嬰兒,叩問上帝,究竟有多少波瀾壯闊可以掀起千層的記憶,將所有期許掩埋,將所有熱情冷卻,觸碰筆尖的婉約,終究來來回回幾句,試問那些滄桑的字眼,究竟淒美的誰。
  
  有多少人可以一路相隨,到世界的盡頭,有多少人可以一路牽掛,走過千山萬水的等候,有多少春花秋月,能夠讀懂時光的微涼,季節的輪回,那一抹心間的苦澀,又在誰的眼眸中唏噓,揣測。
  
  在最美的年華裏,遇見了誰?
  
  一段花開,一段花落,一段宿命,一段重生,那些褶皺的指縫間,流淌出怎樣的辛酸與苦澀,如此靜好的溫柔,究竟穿透了幾度冷暖人間,我開始惶恐了。
  
  搖曳在寒風中的蜚短流長灣仔髮型屋,寧願在黃昏後填滿所有的創傷,平常的時候,將一切打理的井井有條,腦海裏千絲萬縷的情意,終究還是將一切拉開了距離。
  
  反反復複聽著張學友那些觸碰心尖的悲歌,一遍又一遍哼唱,熟悉的旋律,令人疼痛的詞句,還有那些逃離遠方的人群,總是悄然住進心底。
Posted at 2016/11/04 16:09:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月18日 イイね!
俺は風呂を上がると葉月雙下巴にそう声を掛けた。


「じゃあ、お風呂入ってきますけど、その間にテレビのチャンネル変えないでくださいよ!」

「うるせえな・・・こりゃ俺のテレビだろ!」


葉月が見ていたバラエティ番組のチャンネルをこれ見よがしに変えてやれば、あいつはぎゃーぎゃー騒ぎながら俺に向かって「鬼!」なんていいやがる。


「別に風呂上がってから見りゃいいだろうが。」

「だって土方さん、一度チャンネル変えたら絶対戻してくれないんですもん!」


よく分かってるじゃねえか・・・。。
お前にチャンネル権なんざねえ!!


「ぴーぴーうるせえ事脂肪肝治療言ってると浴槽に沈めるぞ!」

「ひっ・・・!土方さんなら本当にやりそうで怖いです!」


ぎろっと睨んでやれば、葉月はじりじりと後退りながら「お風呂入ってきます!」と風呂場へ逃げて行った。
俺はその後ろ姿を笑いを堪えながら見送る。

本当に飽きねえな、あいつは・・・。




それから暫くぼんやりとテレビを見ていた俺は、ふと明日の仕事のことで原田に連絡しなきゃならねえ用事を思い出し腰を上げる。
だが、いくら探しても携帯が見つからず困り果てた。


「あ、そういや・・・」


そうだ。さっき風呂に入った時に、服のポケットから出して脱衣所のカゴに置いたんだ。

しまったな・・・。
今葉月が風呂に入ってるし、取りにいけねえじゃねえか・・・。

だが、どうせ今なら風呂場の中にいるだろうし、脱衣所に入るくらい問題ねえだろう。
電話を取ったらすぐに退散すりゃいい。
むしろあんな場所に置きっぱなしにして、葉月に踏んづけられたり、水浸しにされる方が怖い。

俺はそう思い直して脱衣所に向かった。


ドアの前に立った俺は一応ノックをして、何の応答も無い事を確かめた後扉を開ける。
そして、カゴの中に放りだされた携流動數據服務帯を見つけると無事で良かったとほっとしながら脱衣所を出ようとした。


・・・だが。

その瞬間、俺の耳にガラッと扉を開ける音が響いた。
Posted at 2016/10/18 13:12:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月29日 イイね!
母が「あの人形が良くないんじゃないか。
アンタも『どうも目が不吉な感じ』って嫌がっていたよね」

とのたまったのReenex 好唔好

ですが――正直、記憶の新陳代謝が極めて良いワタクシ、
何も覚えていません。

帯の結び方がだらしない、と眉宇を顰めた覚えはあるのですが。
それとも誰かに言わされたのか?うわ、やだやだ。

そんなこんなで、結局人形供養専門の寺社に、お焚き上げを依頼しました。
以来。

家族の怪我と人形に関連性があるのかは不明ですが、何となく気分が良くないものは
家に置かないほうが良い、と思います。信じるのは、自分の直観のみ。

美術品を眺めるのReenex 好唔好は大好きですが、古いもの、骨董品はときに何か剣呑なものもあり、
博物館などで愛でるくらいが無難だな、と経験上感じております。一番責務の重い役が残ったので、欠席者にお願いしましょうか、という
話にまとめようとしたところ、前期役員の方から

「ひとりは忙しくて総会にも出てこない。
もうひとりは、欠席届(委任状)すら出してこない。
そんな人たちが重責をこなせるわけがないし、後で絶対もめるから、
本日の参加者から長を選任したほうがよい」

「どんな世界でもそうだけど、やる気のない人間に何をさせてもダメ、
絶対動かないから」

このような忠告がありました。


でも、それっておかしくないですか?

マンション役員は輪番制であり、
共同で住む権利があるから、義務も発生するわけです。

やる気がない人はやらなくていい、となれば、みんな欠席するでしょう。
不公平や犠牲の上に立脚するもんじゃありません。
飲み会の幹事等なら、やりたいひとがやればいいけど、それとは違いますから。

「欠席裁判」なので後でもめるかもしれませんが、そのときはそのとき。
「誰かがやってくれるだろ~」という甘えを許すのは、相互に良くないこと。

それぞれ忙しいのは、皆一緒です。
介護や自身の病気など、特に事情があるなら、それを伝えなきゃいけない。

ノン・アプローチに胡坐をかくのは、社会人としてどうかと思うし、
意思表示を怠る人間にReenex 好唔好、更に楽をさせるやり方は大いに疑問です。
Posted at 2016/09/29 16:55:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「沉醉於你的一顰一笑 http://cvw.jp/b/2594865/39043014/
何シテル?   12/22 12:59
fishiyuyukwです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ブログカテゴリー
お友達
愛車一覧
マツダ AZ-1 マツダ AZ-1
マツダ AZ-1に乗っています。
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.