車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月27日 イイね!


モダンアメリカンちっくなニッサンガゼールを手に入れ毎晩ドライブを楽しんでいた頃です
車歴そのイチに書いた事がありそのニで書いた競技と言う世界へ誘われ足を突っ込みました

まあ大層な意味は無く正直オイルやメンテなどのサポートしてくれるのが魅力でしたw
三菱さん、偶然とは言えお声をかけて頂いて本当にありがとうございました



人との出会いは一期一会
そして新しい趣味になるキッカケも作ってくれます

競技はタイムが出りゃ車の形なんてどうでも良かったんですw
そりゃカッコ良いのがあればそれに越した事は無いのですがそれだけランサーターボの簡素な姿
も気に入っていたのでしょうw

デビュー戦でいきなり下位は嫌だなと考え三菱の子に何度か練習場に連れて行ってもらいました
その中ではまあまあの成績は出せていましたので自信過剰になっていましたww

とは言えその当時のジムカーナチャンピオン、今でも忘れません、年下ですが西原君と言う天才が
西を制覇していました 見ていると前半はそんな速く無いのですが後半が鬼のような速さw

地味な走り方でしたが彼はとてもマニアックな超高等テクニックを軽々とやってのける天才でした
走る前から優勝のコメントが欲しいと雑誌記者に言わせるなんて普通あり得ないでしょーww


今だから言えますが知り合いに警察の人がいます その人もジムカーナやレースをしていました
打倒西原に燃えていましたがタイムは私よりぼろぼろwですが彼は西原君と一緒に練習したがって
いました パトカーの特練の基本は西原君のような走り方がお手本とされていたからです
ですがさすがに彼の練習場所は教える事はできませんでしたww

西原君と時同じくランサーターボに乗っていましたがタイム差は歴然ww
一分そこそこのコースで「ここまで違うか!」ってくらいにw

その頃から西では西原基準でした
彼がランタボに乗り始めれば次の競技会ではランタボばっかww
ハチロクに乗り換えたらみーんなハチロクw
MR2に乗り換えたらみーんなMR2

私は知り合いの息子がトヨタに勤めたのをキッカケにハチロクに乗り換えましたが・・・
おまえもあいつらと同じかーと笑われたのを覚えていますw

違います!私はあのソアラみたいなカッコが気に入っただけなんですwwそれにGTは安いしww
当時本体価格だけで130万ですよwでも転勤が決まり私のハチロクは通勤専用車になりましたww

次MR2を買った時も同じ事言われましたが・・・
ちゃうねん!一度でええからミッドシップを体験したいねんとww

それだけ西では西原君が基準でした
彼も私より若いとは言え今は当然ながらおっさん化している事でしょうww

私にとって彼は到底到達できない領域にいるスーパースターでした
共通の友人を介し話してもシャイな感じで礼儀正しい若者で好感が持てました
彼にライバル感は持ってはいても彼を悪く言う人は競技場には全くいませんでした
いざ彼が走り出すと上位チームの人達がビデオを必死に撮っていたのを思い出されます



自分で速いと思ってジムカーナの門を叩く人は多いです
しかし上位は完全に別次元 同乗させて頂くと異次元的な速さなのですww
特に私道の練習場で同乗すると「あーおりゃーここで死ぬわー」みたいな感じさえありましたw

例えるなら草野球の四番でピッチャーしてた子と日本ハムの大谷君みたいなモンですわーww


身内ではどんなに速くてもそんな所へ行けばゴミクズみたいなもんですw
どんな趣味でも自分と「かけ離れたバケモノみたいな存在」を近くで見てしまえば意気消沈しますw

現実的に趣味では同じレベルもしくは少し上の人と競うのが一番楽しいものなのですww
いくら真剣に取り組んでもわいわいがやがやと談笑しているのが一番ですw

でもその競技参加から私のアメリカンな根っこは存在しながら少しづつ変化してきました
日本国内ではそのアメリカンな夢を現実に楽しむ場所がほとんど無いですからww



そして辞めるキッカケを話します
そう思い当たる方はよくよく考えて結論を出してください

車の競技は別競技と違い微妙な立ち位置です
ゴルフは日々近所で練習してもいざコンペとなると遠い所へ行かなければなりません
行きは問題無いのですが帰りは渋滞路で凄く眠くなります

車の競技は更に遠い所へ車やタイヤ、パーツなどどでかい荷物持って行かなければなりません
よっぽど環境に恵まれた所へ入りかなりの継続的な情熱が無ければ現実に襲われます

そして社会人ですから働かなければなりません
当時アホほど働いていましたので日曜は体を休めたいのですww
そしてお世話になっていたクラブのマスターに言われました

「寝たい、休みたい、疲れた」と思ったら辞めた方が良いと

そう感じてもその場所まで行ってしまえばアドレナリン全開で十分遊べます
しかし自走組は「自宅を出てから帰宅するまでが競技」であると諭されました
帰りに気が抜けて居眠りでもしたら他人を巻き込む事故にもつながるからです
特殊なスポーツだけにそこだけはキチンとやらなければ人生が狂うのが現実です
そして同じ競技に参加している人達にも「競技者=暴走族」と世間から思われ迷惑がかかるのです

私はその言葉を聞いて思い当たる事がいくつもありました
そして離れる事を決意しました


今でも疲れている時は車には乗りません
出発前にうきうきわくわく感があり帰り道では楽しかったと感じて終わる日で無いと家を出る事は
ありません それは通常のドライブでも同じで自分の中での決め事になりました

それと年配者には大事な事ですが同じ仕事を何十年もしていると体内時計が完成されています
私の場合は休日は午後2~3時頃異常な睡魔に襲われます
ですから今ではロングドライブもしません

若い頃は体に時計は無かったのでどんな所へもだらだらとドライブしていましたが今は長時間の
集中ができなくなっています

安全な場所で自爆はまだ良いですが他人様を巻き込むなんて洒落になりませんから自粛は当然です

実は静岡の方へある人を訪ねて行ってみたいのですが行き帰りの時間、渋滞など考えると無理と
判断しました 現状の自分で考えると仕方が無いのでとても残念です


そんなこんなで自分のカーライフの方向性が完全に見えてき始めたのが車歴そのジュウイチ
(番外編) の事故からです


体に無理がかかる運転は絶対やめよう
あの事故は本当にバイクだけの責任だったのだろうか
もしかしたら自分にもっと集中力があれば回避できたのでは無いだろうか
もし集中できていたら子供たちが血まみれで入院する事は無かったんではないだろうか
そう自問自答した日々から後にそう結論付けました


皆さんも必ず自分の根っこはお持ちだと思います
でも継続している人はどれくらいいるのでしょうか

今回もだらだらと書きました
根っこから枝分かれしてしまうのも自分って事ですね(^◇^)

とは言うもののアメリカへ行けば多分私はその根っこを満たすべくアメリカンV8のレンタカー借りて
まずはロスアンゼルスのフリーウェイだなー(*´ω`*)
Posted at 2016/12/27 12:51:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月08日 イイね!



実は一番乗ってみたい国産車があります
みんカラの皆さんはほとんど知らない車だと思います

それはサバンナRX-3です
あのアメリカンなフォルムには当時憧れたものです



性能は一切考えずフォルムだけで乗ってみたい車って皆さんにはありませんか?
フェラーリですか、ランボルギーニ? 私は違うんですww

若い人ならスーパーカー的な物が多いと思います
でも私はタイヤが四本走っているのかと思わせる昔のコルベットスティングレーとかww
あとふるーいカマロ、マスタング、ダッジチャレンジャーなどなどそそられますねー







如何にも車!って感じじゃないですかー!( `ー´)ノ
車なんて速く走らせるにゃアクセル踏むだけだぞーと言わんばかりの時代
そのいい加減さがたまらなくそそられますw

死ぬまでにはそれらに一度で良いので乗ってみたいと思います
可能であるならウエストコーストの海岸沿いを窓を目一杯開けて左肘かけてww
ロス深夜のフリーウェイも良いですねーww 砂漠のど真ん中地平線が見える道も最高ですww

普段は軽く流してww
速さが欲しけりゃ踏むだけよーみたいなすげーいい加減な感覚でww

もちろん時代の流れと共に変化はしました
でも私の根っこはそこにありますw


その変化とは・・・




Posted at 2016/12/08 12:26:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月02日 イイね!

気になっていたホンダフィットに試乗できましたのでご報告
残念ながらMTではなくATでしたが・・・

キモチ良いっ!ww
フィットと言えど侮るべからずですw

何せ女性の持ち物でしたのでやさしーくやさしーくw
RSのオプションなのか無限仕様?出で立ちは凄くスポーティですが可愛いフォルムですw

G'sビッツがやんちゃな子としたらフィットは優しい子
そしてイマドキのATの便利さに改めてびっくりです

もっと「根性」入れて踏んでも良いですよ

な、何ですかそのセリフは(;゚Д゚)
女性の発するお言葉ではありませんww
ではお言葉に甘えてww



正直な所このクラスではスイフトスポーツがダントツだと信じて疑いませんでした
しかしフルノーマルでは「極端な差」は無い気がします

しかし今回試乗させて頂いたのは「フィットRS無限仕様」「G'sビッツRS」「スイフトスポーツ」
です 頭に付く冠ネームで何が普通のRSとどう違うのかは分かりませんw

居住性と操作性や乗り味などで「ノーマルカー」として三台比べたらフィットに私的な軍配がww
でも価格と装備など考えるとスイフトスポーツのコスパは最強ですw

他の二台の予算でスイフトならタイヤとホイールもセットで入ります
元々良い物が入っているのでそこはナビにする手もアリですね
もちろん無理やり使う必要も無いので浮いたお金は生活費に回すのが世間の常識でしょうけどww


でもですね・・・今回は他の車を意識し過ぎてうわの空でありました

試乗させて頂くにあたりご挨拶の時からその隣の車にそわそわしていました
その女性に付いて来た男性の車 「スバルインプレッサ」

なんでしたらこちらの車もどーぞなんて言われたらもうわくわくどきどきものでしてww
フィットの感触が頭の片隅に追いやられています
フィットファンの皆様本当にすみません ( ;∀;)



スバルインプレッサ
重さはありますがそんな事関係無く車体をぐんぐん引っ張って行くチカラはバカヤロウの2乗ですw
がっつり効くブレーキにも驚きw これは四駆かと思わせるくらいぐいぐい曲がっていってくれます
色々ある操作系のスイッチ類はさっぱりわからなかったのでオーナーのセットそのままでした


うそー!時代はここまで進んだのぉーかぁー!と驚くばかりでした
考えてみれば最近物は友人のBRZくらいしか乗った事は無くまあランサーの味違いみたいな物
だと考えていましたが全然違います かなりの硬派ですww

切り足さなくても踏んだらスパッと曲がるとーってもバカヤロウな車ww
ヘタに切り足しして踏もうものならオツリでふらふらww
あいつ変ですww

キモチ良いとかそんなレベルでは無くこの道じゃオイラは無理!みたいな感じです
コーナーからコーナーまでのツナギの区間が短ければ踏んだら即フルブレーキww
最近乗った事の無い味のバカヤロウな車でしたwww

隣に座っていたオーナーさんもにこにこ顔です
後ろ多少滑ってもこの程度でしたらまだまだガンガン踏めますよーとか言われてもですねー
飛び出す加速に山林の影が後ろへ吹っ飛び遠近感のしょぼい老眼が付いていきませんわー( ;∀;)

あんた普通の人じゃねーだろーってなもんですww絶対にw
それに助手席前のダッシュに張り付けてある計器類は何なんですかあー(^▽^;)
どーしてロールバーや両席にフルバケ入れてるんですくわぁー



ところで彼女は誰なんですかー
ここ数年私のナビしてもらってます

・・・・


そう言う事ですか・・・
お二人とも頭のネジ緩んでる人だったんですね('◇')ゞ



フルノーマルに拘ってるのは何故ですかと聞かれます

えーとオカネがかからない
大幅改造は企画製作者に失礼かと思う事もあります

でも明らかに個体をマイナスにしてる部分を見つけると変更はしたくなりますね
でも私はキャブ時代の遺物ですのでイマドキの電装系などホント苦手でして・・・


ではこの車のマイナス点はありましたか
もちろんです!

5人乗りを殺してまでロールバーを組む事は私にはできませんww
なるほどww

今度は私が運転しますのでイマドキの車を感じてください
ををーっ!ありがたい事です!



それから約1時間くらい彼とのドライブを満喫してきました
怖さが無ければ根性で曲げれる感じのランサーとは違い操作ミスると言う事聞かないインプレッサw
そのフィーリングはホンダNSRとスズキRGB-Γのようでしたww

色々変更できるスイッチの話も聞かせて頂きましたがさっぱりですw
ただ彼の好みのセットが私的に一番気持ち良く走れました


お礼って訳では無いのですがファミレスで食事ww
イマドキの車事情を色々とお聞きしてお腹一杯ですw

別れ際駐車場の明るい所でしげしげと見ると・・・
フロントフェンダー後ろからドアパネルにかけて上向きにがっつり付いた傷の流れ

この人かなり踏む人なんだとww
そんな人の横に同乗するのは多分もう無いでしょうww

インプレッサ手に入れたらきっとあなたもそうなりますよと言われますが・・・
いえいえ、私はロールバーなんて入れませんからww



インプレッサ・・・
イマドキのパーツ突っ込んでいくらするんだろうww
まず母体は中古でいくらなんやろ・・・・・・・


久々の強烈なターボの感覚に酔いしれた夜でした




でもウチの可愛いワンコ(DC5)は手放しませんよーww
スッピン(フルノーマル)でトシ食ってても(11年半)何ら可愛さに陰りはありません

まあ完璧な化粧を施した超絶美人に一晩お相手して頂いたようなモンですわーw
超絶美人をくどき落とすのはかなり手ごわいですしねーww

可愛いはいつ見ても飽きないですが超絶美人は裏切りもあるし飽きるモンですしねーww
色々スネても許せるのは可愛さの特権だと信じてますww









しかし

あのインプレッサ

気になるなぁーww
Posted at 2016/12/02 13:22:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月21日 イイね!



この夏に試乗させてもらった車のトリを飾るのがマツダの新型ロードスターです

フルノーマルの新型ロードスターはと、に、か、く、めっちゃ気持ち良かったですw
しかも新車の匂いが香るぴっかぴか  

オーナーさんの趣味は週末の洗車ですww
しかも幌まで綺麗に手入れなさっていますww

残念ながら旧型フルノーマルには乗った事が無いので比較はできませんがガチガチに脚を固め
更にイニシャルの強いLSDが入った物には何度か乗った事はあります 
あまりに動きがマニアック過ぎてさすがに全く違うような感触でしたw


新型の綺麗にロールしながらぐんぐん前へ進む感触は最高です
まさしくFRって感じでしたw

LSDも純正で入っているとの事でしたが何が入っていようといまいとこれだけ気持ち良ければ
パワーなんてどうでもいいやーみたいなww


でも二人乗り・・・しかも屋根が無いのが私の中では×ww
今は電動屋根が付いたモデルもあるそうなので〇(フィーリングが同じかどうかはわかりません)
しかし二人乗りがなぁww

同じ二人乗りMR2で経験した-2(-3)の不便さはぬぐえませんw
後席に人を乗せるのも重要なファクターですけど有る無しで荷物も関係して来るんです
トランク使えよーと仰る方も多々いますでしょうが手元に置くか置かないかではかなり変わります

新型ロードスターは昔も今も一人ドライブに特化した趣味の車と割り切れる人には最適なチョイス
だと信じて疑いません  セカンドカー的な存在感がむんむんですw

彼女いない若い独身の方たちは特にご遠慮くださいみたいな?ww
私はその不便さからMR2を売りましたので間違いないかとww

思えばそのままMR2に乗って彼女と別れた方が幸せだったのかも知れません・・・( ̄▽ ̄;)
そう!今のヨメでございます('◇')ゞ


助手席?そんなん誰も乗せんわー ヨメ?どーでもええわー パワーはいらんわー
車はフィーリング、フィーリングやねんと考える人にこそこの新型ロードスターww

山間部のスピードツーリングなんてめっちゃキモチ良いですよー 保証します(^◇^)/



ウチのヨメは街中で一度見たアウディのA8の四輪駆動がカッコ良くて一番だと言います
あほくわぁーっ!いくらすると思うてんねんっ!!( ;∀;)
分相応に今の軽でも乗っとけっ!
Posted at 2016/10/21 17:38:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月18日 イイね!



そして巷で評判のトヨタの新86です
比較的新しいモデルを試乗させて頂きました

これは・・・
フルノーマル純正オプション付きでしたが内外装とても良くできていて重厚感がありスポーツ的な
売り出し文句とは違いちょっと物足りない気がしました

これもスポーツを全面に押し出したキャッチコピーでしたので期待し過ぎたからかも知れません

物足りないとは言え新86はとても良い感触でした 決して悪いとか遅いとかでは無いのです
各部が良く出来過ぎているのかあのエンジンではパワー不足「感」を感じたのかも知れません
多分後ろから押し出される感触が薄い?みたいな??
多分・・アスリートのイメージが抜けきらないうちに乗ったせいかも知れません

最近のハイパワー車と比べると完全に見劣りしますが2ドアツーリストと考えると十分過ぎます
搭載エンジンはパワーを乗せるのを前提に作られた物らしく他種にターボ付きもありますね
メーカーがその気になればノーマルでさくっと300PSくらい乗せられます、今後期待は膨らみます

それとFRなんですがそれっぽい感触を感じないのですが・・これはあくまで私的な意見です
むしろこれがイマドキの良く作られたFR車なのかも知れません 
多少乱暴に扱っても歴代トヨタのFRFRしてない感触です
クラウンアスリートとは全く別物の感触です

後部座席は少し我慢が必要ですが外観で満足される方ならどんな用途にでも使える良い車だと
思います 個人的にはヘッドライトとテールライトの形がどうも・・・

外観のイメージ的には旧型スープラをモチーフとしてデザインされているのでしょうか
そう考えればヘッドとテールを変更すれば旧型スープラに似て来るでしょww

昔もレビンはミニソアラ、トレノはミニダブルエックスと呼ばれていましたのでトヨタ的には
そんな方向性もアリかと思います ならデザインだけはトヨタなのかな???

むしろこの車は排気量から考えてセリカを継承して作られた物では無いかと思ってしまいます


新86はこの時代には珍しいスタイルなので気に入られた方には個人的に推します
良くできた2ドアクーペだと思います



最後に!

レビン、トレノを継承するハチロクを名乗るなら何故自社製品にしなかったのでしょうか
タイアップ商品は売れるファミリーカーで発売すべきであると考えています
でなければ売るだけ売って次作は無いみたいになってしまう事が懸念されます
スバルはスバル、トヨタはトヨタなんですから

ではどうしてトヨタとスバルのコラボなんでしょう
まさかまさかとは思うんですが

某人気漫画で主人公のお父さんが自分のハチロクを息子に譲り後に買い足した車がスバル・・
主人公はスバルにも乗っています



ありえないですよねーww
違いますよねーww
Posted at 2016/10/18 16:59:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「根っこからの枝分かれ http://cvw.jp/b/2595291/39069781/
何シテル?   12/27 12:51
sin-rです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
ホンダ インテグラタイプRに乗っています。 年齢的にMT車は最後と考えなるべく触らないで ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.