車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月03日 イイね!
二年参りと初日の出 at大洗年の瀬で仕事に私事にと目まぐるしく動き回っていた結果、見事に体調を崩して風邪を引き、大晦日の半日ほど寝込んでおりました。
ちなみに自分の仕事納めは12/30、仕事始めは1/2です(苦笑)

そんな貴重な年末休暇を無駄にするわけにはいかん!と気合いの力で復調させ、年越し蕎麦を食した後に、二年参りへS660を相棒に出発しました。




高速へ乗った直後、やけに車体から不快で余計な振動を覚え、慌ててSAへピットイン。
なんということでしょう、右後輪のみ空気圧が1.0近くまで下がっていました(´Д`|||)
遡ることその3日前に乗った時には、帰宅まで特に異常が無かったので、スローパンクなのはほぼ間違いなし。
納車されてから9ヶ月で3度のパンクとは、トホホ……。

気を取り直して空気圧を補充、再び大洗を目指す航路へ。



どうにか日付の変わる前に大洗磯前神社へ到着しましたが、既に長蛇の参拝列が出来ている上に沢山の車が停まっていて駐車場所がない!
これまたどうにか確保して境内へ入り、小一時間程並んで参拝を済ませ、御神酒と御守も購入。

大洗で初日の出を見るつもりでしたが、海岸線のありとあらゆる所に駐車された車がびっしりと並んでおり、これは無理だ!と早い段階で見切りを付けました。
ならば隣町のひたちなかならどうかな?と思い大橋を渡ってみたところ、見事に此方側が穴場でした!(*´ω`*)

折角なので大洗対岸から大洗(夜)を撮影。



しばらく待つと段々と空が白み








そろそろかな?




来た!






神々しささえ感じられました。







絶好の駐車位置を確保できたことで、初日の出を背景に愛車の写真を撮る機会にも恵まれました!






この写真は本当にお気に入りの一枚となりました。




撮影終了後、急いで高速に乗り一時帰宅。クラウンへ乗り換えて今度は家族で柴又帝釈天へ初詣へ向かいました。



9時頃に到着しましたが、こっちは意外にも人入りが少なめ。
落ち着いて参拝することができました。



最後になりましたが、
皆様方、どうぞ今年もよろしくお願いします!
Posted at 2017/01/03 20:13:47 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年11月25日 イイね!
161120 インパクトブルー・栃木ツーリング新鮮味のある方を優先し、11/20(日)のインパクトブルー栃木ツーリングを先に書くことにしました。
11/13(日)のあんこう祭のブログは明々後日までには何とかします( ´△`)



今回のツーリング地は栃木県・那須塩原。紅葉する景色と山道を存分に楽しめる地です。
行程は、東北道羽生PA→道の駅日光ろまんちっく村→日塩有料道路→もみじ谷大吊橋駐車場→クラシックカー博物館→那須 森のビール園。

那須塩原は自分にとって第2のホームグラウンドと呼べるくらい、子供の時分から親に連れられて足繁く車で通った地であり、郷愁を呼び覚まされるほどです。
そこをツーリングで訪れられるというだけでもうワクワクして仕方ありませんでした。



毎回のように書きますが、インパクトブルーの朝は早い。
最初の集合場所は東北道・羽生PA下り。
朝6時までに辿り着いていれば問題なくツーリングに参加できる日程です。日程なのですが、

朝4時半、自分が到着した段階で既に15台ほどは到着済でしたΣ(´□`;)







当日早朝は濃霧が酷く、常時視界が20mのトンネルの中にいるような悪天候の中、それでもこの集まりの良さには毎回驚かされます。
特筆すべきは、都合により参加できないにも関わらず、羽生PAまでお見送りのためだけに5台(+1台は次の目的地までで離脱)もの人達が駆けつけてくれたということ。お見送り班だけでオフ組めますよこれ( ・∇・)




色々と喋っているうちに6時を過ぎたのでいざ宇都宮は道の駅日光ろまんちっく村まで出発!
今回も-BON-さんが走行写真の流し撮りを行ってくれて、見惚れるような写真を頂きました!



人様から撮って頂いた写真が結構溜まったため、近日中にフォトギャラリーへアップしようと考えておりますヽ(´▽`)/




そんなこんなで日光ろまんちっく村。
現地組と合流し、インパクトブルー恒例、グラデーション整列撮影♪
いつ見ても蒼観な青の一団ですね!










ここから下道で今市市を経由し鬼怒バイパスを北上。有料の龍王峡ラインを通らず、鬼怒川対岸の会津西街道を通って日塩有料道路(日塩もみじライン)を快走、塩原のもみじ谷大吊橋を目指す、複雑かつ過去に類のないロングツーリングコース。
分岐多数で土地勘がなければ迷走必死。


ここでリーダーのえろぽんさんよりツーリングを先導する大役を仰せつかりました!

伏線は羽生PAにあり。自分含む7名ほどで秘密(?)会議。
長丁場を延々と連なって移動するのはあまりに非現実的なので、グループを数台ずつ分散し、それぞれに先導車を設定し引っ張る作戦でした。


しかし大役なだけに幾ら土地勘があっても緊張のし通しです。
自分だけならルートを変更するなり、Uターンするなりで何となく辿り着けます。
40台を超えるツーリングでは、一度のミスで集団が道を逸れてしまえば、進路の修正にどれだけ掛かるやら。
信号待ちの度に何度Googleマップとにらめっこしたか、数えきれないほどです(;´∀`)

会津西街道へ入った辺りでちょうど霧も晴れ、美しく紅葉する丸山や鶏岳、鶏頂山が眼前に現れる最高のロケーションに!流石に気分も高揚します。



だいたい順調だったのですが、日塩道路に入る手前の立体交差で痛恨のミス。



龍王峡ラインを逆方向へ駆け上がってしまいましたが、眼前のトンネルを見た瞬間、道と方向を間違えた(日光へ戻る方面だ)と気付く。



慌てて無理矢理合流を右折し復帰。その節はご迷惑をお掛けしました。
図らずしもショートカットになってしまったため、日塩道路入口で5分ほど3台で待機し、無事に合流しました。ああ焦った……。(;・∀・)




日塩もみじラインでも-BON-さんに走行写真を撮って頂きました♪
紅葉のトンネルがふつくしい(*´ω`*)





少し残念なことに、前日の雨による落ち葉が多かったですね。
ただこの滑りやすい路面でもS660は抜群の安定性を発揮。
先頭の特権を生かし、緩急織り混ぜてワインディングを存分に楽しみました!



もみじ谷大吊橋駐車場は紅葉シーズンなこともあって満杯だったため、ここをスキップしクラシックカー博物館へ。








興味深い車がいっぱいありました。名前だけでしか聞いたことのない車を間近で見ることができて満足ヽ(´▽`)/
まずはクラシックカー博物館の青車を激写!








オースティンヒーレー、いわゆるカニ目のかわいいやつ。






オールズモビル・カーブドダッシュ(米、1903)
自動車産業初のライン生産方式による大量生産車とのこと。
お隣はド・ディオン ブートン(仏、1901)。これは現在まで続くド・ディオンアクスル式サスペンションを最初に用いたガソリン車、ということです。






このオースチンロンドンタクシーには乗ることも出来ました。




ソファーがふっかふか!





馬車の発展形として車が進化していったことを、改めてこのクラシックカー博物館で理解できました。

ここで各々の自己紹介を済ませ、すぐ近くの森のビール園へ移動し昼食タイム。







時間も押していたので早々に館内へ入ろうとすると、おや?
青いS2000がS660の隣に並んでいます!




こんなチャンスはそうそう有りませんので、思わず突撃。
並べての写真を撮らせて頂きました!





オーナーさんへお話を伺ったところ、このS2000はAP2(後期型)のタイプS限定色、アペックスブルーパールとのこと。鮮やかで、それでいて深みのある蒼でした。
車体の綺麗さ、カスタムの丁度良い度合い。S2000を本当に大切にして乗っていることがひしひしと伝わってきます。

S2000の青も珍しいのですが、同じく青色のS660も希少色。
S2000のオーナーさんも思わず隣へ並べて、まじまじと眺めていた最中だったようです♪

ちなみにですが、S2000とS660はこれだけ車体サイズが違い、エンジン搭載位置も違うのですが、ホイールベースの長さがほぼ同じだったりします。
これは勿論意図的なもので、ホンダの考えるコーナリングマシンの最適解がこのホイールベースだそうです。





…えー、そんなことをしていたら一人だけ昼食に遅刻しました(;´∀`)
ビュッフェ形式だったので思わず食べ過ぎましたが、広々としていたため席の移動も自由で、話が大いに弾みました♪

和やか賑やかな昼食会も、あっという間に時間が過ぎてしまい、再び恒例の撮影タイムへ。


インパクトブルー・ヘッドライトウォッシャー部!




3代目のWRX STIからヘッドライトウォッシャーが標準装備となったため、意外にも該当車多数。
欧州車にもよくついてますが、機能しているところを見ることがほぼなかったので新鮮でした。



ベイサイドブルーの3台!



このカプチーノはオールペンの上にフルレストア済とのこと。
BNR34の2台は両方がVスペックな上にコンディションも良好!いずれもオーナーのこだわりが感じ取れる素晴らしき青車です!



グラデーション整列撮影








全体写真!





シシィさんのドローン空撮!













森のビール園のライトアップをバックに。

自分撮影




-BON-さん撮影


わざと並べて-BON-さんの写真の引き立て役になってみました(笑)





ここで中締め解散したあと、ガストにて二次会を開催。
ビュッフェで食べ過ぎて別腹も一杯にししてしまったので、自分達のテーブルは全員がドリンクバーのみをひとまず注文。
そうしたらなんと、隣のテーブルは全員がデザートを注文していました!Σ(゜Д゜)


れーぐさん食べ過ぎぃ!(笑)








当日は大変充実した、楽しい一日を過ごすことが出来ました。
絡んで頂いたインパクトブルーの皆様、並びに場を設えて下さった那須クラシックカー博物館様、那須 森のビール園様、本当にどうもありがとうございました!
Posted at 2016/11/25 22:02:14 | コメント(3) | トラックバック(0) | impact blue | 日記
2016年11月16日 イイね!
行ったのが11月9日なので既に一週間前のことになってしまいましたが、茨城はひたちなか市と大洗町へ観光がてらS660でドライブへ行ってきました。



まず行ったのが国立ひたち海浜公園。




今回、バラまつりをやっていたことが公園来訪の決め手だったので、じっくりとバラを観賞。













ただ全体的にはまだ見頃には少し早い状況でした。



もう一つ惜しかった点は、青いバラ(ブルーローズアプローズ)を見られなかったこと。バラまつり期間中の土日祝にしか展示されないのでした。
とはいえこれだけ見られれば満足です。


園内はとても広大なため、レンタサイクルを借りて散策。
秋らしさをしっかりと感じることが出来ました!









途中、古民家エリアにも立ち寄り、ほっと一休憩。





江戸時代初期・中期の邸宅を近年移設したものだそうですが、聞けば東日本大震災をもほぼ無傷で耐えたという。
先人の建築技術の素晴らしさを改めて思い知りました。



雲一つない快晴の秋空に恵まれ、木々や草花の良い香りもする爽やかな空気にも包まれ、この上なくリフレッシュすることが出来ました(・∀・)
しかし頃合いはお昼をとうに過ぎ、お腹が空いてきました。美味しいものを求めて那珂湊の鶏惣へ。




お目当ての常陸牛バーガー!
これはなかなかに美味しゅうございました。



この鶏惣さん、常陸牛にローズポーク、奥久慈しゃもなど、こだわりの品物を取り揃えている一方で惣菜類も充実しており、コロッケやメンチカツはお手頃ながら一味違う個性のある美味しさ。すき焼きメンチはちゃんとすき焼き風に味付けされた具材が入っており、これもまた美味しかったです!


そのまま橋を渡って南下し、大洗海岸へ。
本日天気晴朗なれども波高し。




どうしても晴天の元、海をバックにS660の写真を撮りたくて試行錯誤してました(;´∀`)







よし、撮影完了!これで今回大洗へやってきた理由の1/2を達成。
残り?商店街食べ歩きとまいわい市場でお買いもの!
惣菜のカワマタで五目おこわ、味の店たかはしでみつだんごを食べ、すっかり満腹状態となったので早々(といっても17時前後ですが)に帰路へと着きました。(・∀・)


さっそく看板の華さんへ新・生徒会長のたすきを掛けているあたり、やはり芸の細かさとキャラへの愛を感じずには居られません。




今回の道中の燃費計表示。行きは下道帰りは高速。




カタログ燃費は21.2km/L(6MT)なので、表記上は余裕でカタログ燃費超えを達成していました。
もっとも実燃費が最低でも-2km/Lなので、実際に超えることが出来ていたかは微妙なところです(;´∀`)


























最後に、この日一番クスッと来た二コマ。



これでクスッとくる人はほぼ間違いなく立派なガルパンさん。

Posted at 2016/11/16 04:28:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅行・観光 | 日記
2016年10月24日 イイね!
オプミ2016&impact blue山中湖ツーリング 後編少し間が空きましたが後編です!
今回は写真多めでお送りします。








去年は会場のかなり手前から渋滞が酷かったそうですが、今年はオフ会グループの入場時間をずらす・案内スタッフを増員する・駐車場のレイアウトを変更する、などの変更が功を奏したようで、入場の待ちはほとんどありませんでした。




そして早速目に飛び込んできた富士山!








午前中は終始富士山が綺麗に見える絶好のオプミ日和!












impact blueのお隣は、マツダ車の赤を中心としたCLUB SOULREDさん(鼓動デザイン以降限定?)
青と赤の共演とは、なかなかナイスな配置です(・∀・)


















無事に整列駐車が終わり車から降りたところ、お隣のC4コルベットのkonimaru Zさんが放熱のためにボンネットを開けているのを発見。
便乗してこちらは深い意味もなく開けておいたら、みんカラのスタッフさんにいつの間にか写真を撮られてましたヽ(´ー`)ノ





オープントップ越しにボンネット×2!







来場者先着プレゼントのシュアラスターセットを取りに行くついでに、スバコミ展示の新型インプレッサをしばらく眺める。









インテリアを筆頭に一等上質になってますね。レヴォーグどころかレガシイすら追い越してる気がします。
フロント・サイド・リアの面構成も巧みですね。一貫したキャラクター性を見て取れます。




「み」のマグネットステッカーのためにスタンプラリーを回りましたが、スタンプ集めに集中しすぎてほとんどブースの写真を撮っていません(;・∀・)
ゲットした「み」はとりあえずあんこうの餌にしておきました。




しかし、各エリア各エリアで距離がだいぶあるので、スタンプラリーはなかなかしんどかったです。もうちょっと余裕があれば、一般駐車場も回って面白い車探しをしたかったのですが。
結局、最初の先着配布とスタンプラリー以外はずっとimpact blue周辺に居ました。眠かったし疲れたので動き回る気力が足りなかった……(;・∀・)


面白いといえば、チャミ男はなかなかに不気味(笑)でしたね!
ちゃんと仮眠しているように見えますwww




オプミ最後に阿部ンタドールさんと共にゲスト参加された、たいちゃくんさんのご厚意でジャガーXJ8の運転席へ座らせて頂きました。







V8エンジンの重厚感を伴った軽い吹け上がり、豪華なのに不思議と居心地のいい英国流モダンリビングが印象的でした。
どうもありがとうございました!






オプミ解散後、流れで夕飯を食しに二次会(別名 放課後活動)にも参加。
御殿場の魚啓(うおけい)さんにて海鮮丼を注文。ネタは新鮮だし量もたっぷり、質もなかなかと美味しくいただきました(・∀・)




完食し店を出ると、時に19時頃。渋滞情報を見ると東名はおろか中央道もまだ真っ赤っ赤なので、もう少し時間を潰したほうが良いよね、という話になり。
まだデザートを食い足りないという声多数で、ファミレスで三次会も開催です!
自分は紫芋のサンデーをぺろっと行きました(*´∀`*)






三次会を終えて解散する頃にはすっかり道路状況も落ち着いたため、東名と首都高を使う王道ルートで帰宅。
道中、オッチーさん、こんきちさんとランデブーを軽く楽しんでいたため、幸いにも眠気もなくテンションを維持したまま帰宅(・∀・)
徹夜状態とは思えないくらいの快調振りに、逆に自分でびっくりです。



初のオプミ参加でしたが、天気にも恵まれ大いに楽しむことが出来ました。
絡んでいただいた皆様、どうもありがとうございました!

最後はみんカラスタッフさんもお気に入り?なこの言葉で締めておきます。









※この記事は
みんカラオープンミーティング<OPM(オプミ)>2016 について書いています。

イベント:みんカラオープンミーティング<OPM(オプミ)>2016
Posted at 2016/10/25 05:19:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | impact blue | 日記
2016年10月21日 イイね!
プリウス試乗してきました結論から言うと、
乗り換えませんよ?だから背中押さないで!

何シテル?で書くにはちょっと文量が収まらず、かと言ってレビューするほど情熱はないので適当につらつら。



父が最近50プリウスに興味を示し出し、たまたま休みも被っていたため、昼食ついでに行きつけのネッツ店へ行くことになりました。



特に予約はしていませんでしたが、すんなりと試乗車を用意してもらえました。まあ平日ですしね。

試乗車はSツーリングにTSSPを着けた、売れ筋仕様。ライムグリーンは最近のトヨタ車一押しカラーですね。
既に発売から一年近く経ちますが、じっくり見るのは自分も今回が初です。


という訳で一時間ほど試乗。


(たまたま撮影の背景が古民家になっただけで、我が家ではありません。念のため)



父と交代で試乗してみての感想は、
・ブレーキ制御がかなり自然になった。
・ステアリングフィールがだいぶ自然になり、適度な軽さに。カーブなどでは重めとなり、操舵を実感しながら割と素直に曲がっていく。
・ダンパーがちゃんと仕事していて、乗り心地良好。突き上げでもうねりでも安定していて不快感なし。
・シートがしっかりしていて、安定した姿勢で楽に座れる。
・後席空間も膝下は余裕のスペース。頭上は、座高93cmの自分だと髪の毛が触れる。
・先行車追従のレーダークルーズがとても便利で正確。一時的に機能がキャンセルされても、簡単操作で復帰できる。

と、総じて良好な印象でした。
いやー、新車はいいですね!特にこの車なら多数の実用的な先進機能に加えて先進的なデザインですから、買い換えの満足度も高いことでしょう。


30プリウスはレンタカーでPHVを借りたことがあるのですが、
乗り心地は許せるけどステアリングフィールが余りにも空虚で、まるでステアリングだけを宙で回しているような感覚でした。




50プリウスならクラウンから乗り換えても大した不満なく乗っていけるでしょう。
でも顔付きがあまり好みではありません。この点は父とも一致。


こっちはシンプルに格好良いと思います。


というより本命はPHVです( ・∇・)
出たらまた試乗に行くことでしょう。



ただ、クラウンはクラウンでやはり別格。
試乗を終えて帰路に着くべく乗り込むと、自分の第一声から「やっぱりクラウンはいいなあ」となるくらい。

特にうちのクラウンは、いくら10年落ちと言えど距離も乗っていなければ故障もなく、そして未だに愛着があって乗っている車なので、特段何にも買い換える理由がないんですよねえ(。-∀-)

そんな結論に改めて落ち着いた今日でした。
Posted at 2016/10/21 19:37:36 | コメント(2) | トラックバック(0)
プロフィール
「@並盛りジョニーさん
記憶では1TR-FPE(DOHC VVT-i)への換装後、格段にパワーが向上したとwiki等で見た覚えがあったので、あれ?と思った次第でした。
なんでそれを覚えているかと言うと単純に箱形セダン好きだからです(笑)」
何シテル?   01/18 14:52
螢りん(ほたる りん)と申します。 主に運転好きの部類です。車なら大概何にでも好奇心が湧いて、まず乗ってみたくなります。 初車のカリーナGTによってNA高回...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
スズキ純正WGVチャンバー取り付け♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/18 12:13:47
ピラーを簡単イメチェン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/17 23:05:03
トヨタ特許アルミテープのパクリ、吸気編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/15 06:14:34
お友達
人見知りなので突然のお誘いだと考え込みます(;・∀・)
とはいえ袖すり合うも多生の縁とも言います。
来る者拒まず、去る者追わず、をモットーに、車種に関わらず色々と交流を持てれば幸いです。

私からのお誘いはティン!と来た極少数の方と、折に連れ交流が深まった方にのみしております。
68 人のお友達がいます
あお◯のおっPあお◯のおっP * ふくやまさんふくやまさん *
キャンにゃんキャンにゃん * はるぱぱんはるぱぱん *
シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認 オッチー@GGBオッチー@GGB *
ファン
12 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S660 ホンダ S660
S660の青です。 納車11ヶ月待ちの末、2016年の3月半ばに納車されました。 運転し ...
トヨタ カリーナ カリーナさん (トヨタ カリーナ)
平成9年式、AT210カリーナGTの5MT。 エンジンは8000回転まで気持ち良く吹け上 ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
たまの遠出の際に運転するため、ハイドラ用に登録。 フルノーマル状態につき覆面ごっこもでき ...
フィアット プント (ハッチバック) フィアット プント (ハッチバック)
フィアットの2代目プントくん。 縁あって譲り受け、近場への足車として活用していました。 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.