• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CLUB365のブログ一覧

2017年09月22日 イイね!

下らない独り言♫その844 おはぎ

 里わたる風も涼しさをまして、野には千種の花のいろ

 たねやのおはぎを戴きました。パッケージに附いていた但し書きに、

 ひっそりと秋も深まるお彼岸に、ご先祖様へのお供えをするおはぎは、素朴な歳時のお菓子です。たねやのおはぎは、米どころ近江のお米に、麦や大豆などの十穀をあわせ、ふくよかに仕上げました。

 みずみずしい粒餡には北海道産小豆を。

 きな粉はより芳ばしい状態でお楽しみいただけるよう、あえて別添とさせていただいております。

 ご先祖様への思いを伝える秋の日を、健やかにお過ごしください。

 とあります。

 今週末にはお墓参りをせねばなりません。いつものように、無事を感謝して。

 妻と私には4つは多過ぎましたので、2つは食後のデザートに、残りの2つは翌日の朝食にいただきましたが、たねやの和菓子は甘さ控えめの上品な味で、朝食にもぴったりでした。水出しアイスコーヒーも、もうそろそろ今シーズンは終わりですね。
Posted at 2017/09/22 03:52:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月21日 イイね!

下らない独り言♫その843 犬を飼いたい?その1

 犬を飼いたいと思って彼是20年以上が経つ。もし、最初に飼っていたら、その犬は既に天寿を全うしただろうほどの年月が経ってしまった。

 今まで犬を飼うことを躊躇した最大の理由は昼間の時間帯をどうするかだった。日中は不在になる家で、独りぼっちで過ごさせるのが心痛かったからだ。犬の一生は短いのに、その半分近くを独りぼっちで過ごさせることになる。

 既に退職していた義母に頼って相談したこともある。折角、歩いて2,3分の処に棲んでいる。そのために震災後の苦しい時期に二重ローンをも顧みず今の処を購入したのだから。でも、義母は犬が苦手でちょっと困った反応だった。無理強いはできない。

 それ以外にも理由はあった。本気で飼う気だった頃はバセンジーを考えていた。南アフリカ原産の犬で、豆柴ぐらいの大きさだろうか、表情豊かで、眉の辺りに皺を寄せ困ったような顔を見せることもある。彼方此方に見にも行った。私たちの居住環境ではちょうどイイ感じのサイズだった。毛も短く、室内で飼うには最適だ。冬の散歩には服を着せてあげようなどと考えたりした。

 でも、タイミングを逸すると、なかなかペットショップでも出逢わなくなった。そうこうしている内に、本当に飼いたい犬種はゴールデンリトリーヴァーであることに気が付いた。今までの出逢い、近所を散歩する犬、盲導犬の広報活動をしている犬との出会いなど、色々様々なことを総合的に見ると、心が必ず動く犬種がゴールデンだった。

 でも、大き過ぎる。人間にも小柄な女性が存在する。だったら、犬にも小柄な雌がいてもイイんじゃぁないかとも考えた。だからと言って、仔犬を見ても大柄になるのか小柄にとどまるのかは分からない。成長し切ってでの結果論に過ぎない。

 で、出した結論が飼うんだったら盲導犬訓練途中でダメ出しされたゴールデンリトリーヴァー。トレーニングを受けているからそこそこは賢いはずだし、ひょっとすると人懐っこすぎて不適格だったのなら、尚一層最適だ。賢さだったらラプラドールリトリーヴァーかも知れないが、なんとなく賢過ぎて少し冷たい。それに比べてゴールデンは、底無しに人がイイ、というか犬がイイ。(続く)
Posted at 2017/09/21 05:04:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月20日 イイね!

下らない独り言♫その842 敬老の日

 台風のせいで日曜日に集まろうとしていたのを1日ずらして敬老の日に集まることにした。

 その1週間前に義母が肉が食べたいとのことで、徒歩圏ながら、結構、遠くから足を運んでも肉を食べに来るというほどに神戸では、結構、有名な肉屋さんの料理長を務めたという経歴の店主が開いている焼き肉屋さんに行った。テーブルが4つほど、カウンター席もランチ時には使うらしいが、夕食時はテーブルのみ、コジンマリした店だが、店主が色々とテーブルを回って焼いてくれたり、肉についての蘊蓄を垂れたり、兎に角、店主大活躍の店なので、ちょうどイイ大きさなのだろう。

 A5ランクの肉のみを仕入れて、店主自らちょうど美味しい焼き具合でそれぞれに置いてくれる。焼き加減はその肉のちょうど美味しいところ。

 ウェルダンのウェルダンが好きな私にとっては地獄のような店だが、初めてレアでも気持ち悪いと感じずに美味しいと感じられた。

 肉の質なのか、店主のトーク力なのか、どちらか分からないが、食とは本来そういうものだ。

 食材も大切だが、店の造りに始まって、スタッフのホスピタリティ、雰囲気によって左右されるものだ。美味しいものをおいしく食べていただきたい、という熱意が伝わってくるような店、だから、遠くから足を運ぶ人がいるのだろう。

 こういう場合、会計はいつも義母がしてくれる。昔からそうだ。ちょっとトイレに立つ振りをして会計を済ませて来たこともある。だから、こちらからはなかなか誘いにくい。払ってくれることが分かるから。

 だから、お返しはいつも、我が家でそれなりの食材を揃えて、という場合が多い。我が家なら支払いはできないから。

 ただ、敬老の日に合わせて集まるのはどうもワザとらしい。だから、少しずらして集まろうとしたのだが、台風の最中に集まるのもどうかと思い、翌日にした。その分、食材の買い出しのタイミングが難しかったが、何とかなった。

 妻が台風に襲われる前に神戸大丸で以前から見ていて、リフォームが終わったら買おうと言っていたオランダ製のセラミック調理台を買って来ていた。

 セラミック部分の大きさは25cm×50cmほどで、その台座が竹でできており、白いセラミック部分に食材を置くと焼き肉などのバーベキュー料理ができるというもの。

 白いセラミック部分に少し傾斜がついており、真ん中に1cm×5cmほどの細長い丸の切り欠き部分があり、其処から余分な脂などが落ちる構造。

 メインは肉で、3種類ほどの部位の牛と、鴨肉を用意し、それに野菜やキノコ類、色々と焼いたが、どれもイイ焼き具合に個人の好みで調整ができ、しかも、付属のヘラで焦げ付きも綺麗に取れ、5人で焼きながら食べていても、別に手狭感が無い。

 大きさもテーブルの真ん中に置いて、周りに色々とお皿を並べるのにも適しているサイズ。しかも、白いセラミック部分がなかなかオシャレ。

 あまりに使い勝手が良かったので、昨日は試しに焼き鳥をしたが、必要以上に脂分やタレが真ん中の穴に落ちていかない。焼き加減もちょうどいい。意外と傾斜がある割には使える範囲は広そう。下に受け皿を置く構造だが、その受け皿にアルミホイルを敷いておくと洗う手間も省ける。なかなかメンテナンスが楽な調理台だ。売り場での説明では出しっ放しにしておいて、朝食にパンを焼く猛者もいるそうだが、これならトーストしながらハムエッグなどもできそうだ。

 食べることに夢中で肝心の写真を撮り忘れたことが悔やまれるが、本当におススメ。流石にもんじゃ焼きは難しそうだが、硬めのお好み焼きぐらいならこなせそうな勢い。

 世の中には知らないと損というものが、まだまだあるようだ。でも、セラミックに竹という出で立ちなのに、どうしてオランダ製なんだろう。てっきり日本製かと思っていた。
Posted at 2017/09/20 03:47:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月19日 イイね!

下らない独り言♫その841 夕凪の街

 この世界の片隅に の映画と同時上映されていたもので、全く期待していませんでしたが、前半の夕凪の街の部分は涙が溢れました。特に麻生久美子さんの演技に感動しました。

 「生きとってくれて ありがとう」

 『夕凪の街』(あらすじ)
 昭和33年の広島市街。原爆投下から十余年を経て、復興の進んだ街は活気を取り戻していた。母親フジミと二人でこの街に住む平野皆実(みなみ)は、ある日、会社の同僚打越(うちこし)から愛の告白を受ける。しかし彼女は、原爆で死んだ妹翼(つばさ)や父親のことが脳裏からはなれなかった。「どこかで、お前の住む世界はそっちじゃないという声がする・・・。うちは。この世におってもええんじゃろうか?」自分が生き残ったことに負い目を感じ、幸せに飛び込んでいけない皆実を打越は「生きとってくれて、ありがとうな」と優しく抱きしめるのだった。ところが突然、皆実は身体に異変を感じ始める・・・。

 『桜の国』
 平成19年、夏の東京。石川七波(ななみ)は、最近父親の挙動が不審であることを心配していた。今夜も一人、自転車ででかけていく旭(あさひ)をつけてみると、彼は駅で切符を買い始める。その姿を見ていた七波は小学校時代の同級生東子と久々に再会。二人が電車から長距離バスへと乗り換えた旭の後を追うと、目的地は広島だった。七波は旭が広島で立ち寄る先や会う人々を遠めに見ていくうちに、亡くなった祖母フジミや伯母皆実へ思いをめぐらせる。一方東子は皆実の弟凪生(なぎお)と付き合っていて、両親から被爆者の末裔である凪生との関係を反対されていた。自分のルーツと向き合う七波、原爆がもたらした真実を平和資料館で実感する東子。二人は、広島でかけがえのない瞬間を過ごしていく・・・。

 2007年7月28日公開(118分)
 監督:佐々部清 脚本:国井桂
 原作:こうの史代「夕凪の街 桜の国」
 キャスト:田中麗奈,麻生久美子,吉沢悠,中越典子,伊崎充則,金井勇太,田山涼成,粟田麗,藤村志保,堺正章(映画のチラシから引用)

 ※人類史上最大の民間人大量殺戮事件である広島と長崎の原爆投下。今まで観たどの映画よりもその悲惨さが伝わってきたような気がしました。こういう哀しい、悲しい物語は人の数だけ存在したのですよね。想像の域を超え、考えられません。

 麻生久美子さん演じる皆実に打越がプロポーズした時に「どこかで、お前の住む世界はそっちじゃないという声がする」「うちは、この世におってもええんじゃろか?」。背中で妹が「長生きしてね」という言葉を残して息絶えてから自分を責め続ける皆実に打越が言った言葉が最初の台詞。

 「生きとってくれて ありがとう」

 「一番怖いのは、死ねばいいと思われるような人間に自分が本当になってることに気がついてしまうこと」と、生き残った人もあまりにも多くの人が亡くなり、その惨状を目の当たりにしたことで自分を責め続ける。

 「原爆を落とした人は私を見て、やったぁ、また一人殺せた、と思うとる?」

 「原爆は落ちたんやない。落とされたんや」と言葉を荒げた皆実も26歳で亡くなってしまう。

 胸にしみる 空のかがやき
  今日も遠くながめ 涙をながす
   悲しくて 悲しくて
    とてもやりきれない
     このやるせない モヤモヤを
      だれかに 告げようか

 白い雲は 流れ流れて
  今日も夢はもつれ わびしくゆれる
   悲しくて 悲しくて
    とてもやりきれない
     この限りない むなしさの
      救いは ないだろうか

 深い森の みどりにだかれ
  今日も風の唄に しみじみ嘆く
   悲しくて 悲しくて
    とてもやりきれない
     このもえたぎる 苦しさは
      明日も 続くのか
Posted at 2017/09/19 05:11:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月19日 イイね!

下らない独り言♫その840 越えてはいけない一線を越えるヒト

 どんなに感情的になっても、越えてはいけない一線を越えることは、普通の人はしません。

 理由は簡単です。いかなる理由があろうとも、越えてはいけない一線を越えた時点で、それまでは第三者などの本人以外の人に批判が行っていたものが、越えた途端に越えたヒトへの非難に変わることを知っているからです。

 それは、いっときの感情を鎮めたこととは交換できないほどのダメージがあることだからです。

 なのに、一線を越えてしまったヒト、または、越えるヒト:

 某国国家元首。
 某国際宗教的破壊殺戮活動集団。
 某新興宗教団体代表と精鋭理系大出身者たち。
 なりすまし誹謗中傷名誉毀損犯一味6個体。
 元某政権与党所属暴言暴力女性衆議院議員。
 前民進党幹事長候補、元初代音楽劇主役女性衆議院議員。
 通学途中児童誘拐殺害犯某PTA会長。
 などなど

 きっと、そういう色々様々なことを思慮する心の状態ではなくなってしまうのでしょうね。きっと、病の領域にあるんだと思います。

 ただし、一線を越えたことが発覚してからの行動で、人間性を取り戻し、その非難を最小限に抑えることができるのも、生きているものに許された神が与えた選択肢かも知れません。

 それをどうするか、で新たな踏み絵を用意されていることに気が付くか否か。今日会見したヒトは、その辺りが40歳を超えても分かっていないようで、選挙区の方々も次の選挙では注目されることになりますね。御本人が分かっていないのですから、当然、落ちて当然なのですが、果たして民度は如何程のものなのか?

 それにしても、死んでしまった被害者は生き返ることはありません。加害者も大きな損失がないことには、死んでも死に切れません。その死が報われないことになります。死んではいない場合でも、其れ相応の損失がないことには、割り切れません。

 弱い人は許さない、強い人が許すことができる、という言葉があります。

 同時に、強い人は謝罪する、弱い人は謝ることができない、とも言えます。

 ただ、被害に遭った人が許すと言っても、きっと、加害の立場にあるものは一生償わないといけなくはなるのでしょうけどね。罪とはそういうものですし、償うべきが罰ですし。
Posted at 2017/09/19 02:11:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「狗を飼いたいと考え始めて、彼是十年。未だ現実とできていない。健康だから狗が飼えるのか、飼うから健康になれるのか。鶏が先か、卵が先か。失敗も後悔も許されない世界、悩む。」
何シテル?   02/24 10:57
 単なるクルマ好きですが、細かなコダワリを共有できると嬉しく思います。家族と同じく少しずつ長く愛情を注いでゆくものがクルマと考えています。流れ重視安全運転派で...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

NCロードスター生産台数のまとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/24 23:45:13
第3回富士山れんげまつり 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/17 13:00:40
( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧ マニュアルシフトに乗ってます♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/19 06:57:30

お友達

自己紹介の拙文をお読みいただき、御縁のある方とはコメントやメッセージで交流させていただいた後、御申請いただければ精査の上ご承認させていただく場合がございます。どうぞ宜しくお願い致します。
27 人のお友達がいます
H-SADAH-SADA * いがちゃん2いがちゃん2
あひりんあひりん はる^ ^はるはる^ ^はる
エルダリーエルダリー bezombiebezombie

ファン

141 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター MiataRSDropHeadCoupe (マツダ ロードスター)
購入時は、ほぼ、受注生産状態でオーダーが溜まるとラインに流すようで製造日が分かりました ...
ミニ MINI YellowCooperR (ミニ MINI)
伝統的倶楽部Club305時代からのOriginalMini好き、体格的な問題から購入で ...
その他 その他 VauxhallFronteraRS (その他 その他)
1998VauxhallFronteraSportRS3.0DOHCTurbo4x4です ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.