• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クレゴンのブログ一覧

2017年07月22日 イイね!

とりあえず保護( ̄▽ ̄;)



先日ブログで取り上げた子猫ちゃんですがそのままでは10匹以上猫がいる猫屋敷のようなところに連れていかれそうになっていたのでうちでしばらく預かる事にしました。

まだ小さいので大勢の猫たちの中に入れられて感染症などかかってしまうのを心配した結果です。。。

前保護者から仕事の帰りに引き取りに(>_<)




いざ実際に対面すると写真で見るよりも小さくおそらく生まれて1ヶ月くらいのように見えます。



新しい環境に馴染めるか心配しましたがすごく甘えん坊で人懐っこく元気に歩きまわります(=^x^=)

ごはんもよく食べるし・・・



お腹いっぱいになったらよく寝ます✨



安心してぐっすり・・・


誰にも教わってないであろうに・・・


トイレに置いてやったらちゃんと自分で穴掘って・・・


オシッコもウンチも一人でできます♫

用を足した後はちゃんと砂をかけて隠します。

本能ってすごいなぁ〜


日に日に活発になっていくのがわかる気がします。


掃除機の音にも動じません(・_・;

お気に入りは・・・

棚の一番下の入れ物の中。




すやすや寝てます(≧∀≦)




里親さん募集の準備をしなければと思っていた矢先 気をなることが・・・

シッポの先から血が出ているのを発見‼︎

明日動物病院に連れて行こう。
大したことなければいいのですが・・・( ˘ω˘ )



Posted at 2017/07/25 04:33:49 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年07月19日 イイね!

里親さん探し(=^x^=)

今日うちのお客さんがなぜか私を訪ねてきた。ヽ(´o`;

車の事かと思いきやどうやら子猫を保護したらしい。。。

2匹さまよっていて衰弱している子猫はもう少し様子を見る方向の様だが比較的元気な方の子猫の里親さんを探してる様だ。


写真しか見ていないがとてもかわゆい💕

確定ではないけどどうやら男の子らしい。

こんなにかわいい子猫すぐに貰い手が見つかりそうな気がするが・・・

いざ心当たりに声をかけるがなかなか貰い手現れず・・・。

大切に育ててくれる里親さんいないかなぁ・・・(>_<)
Posted at 2017/07/19 22:41:27 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年07月12日 イイね!

梅雨の晴れ間に佐田岬( ̄^ ̄)

7月11日火曜日。会社は定休日で朝から久しぶりにいい天気になりました。


朝からこんなに晴れるのは久しぶり。

あまりに天気が良いので洗車をしていると玄関の前に植えてあるシマトネリコの木から「ブンブン」とすさまじい音が聞こえてくるではありませんか。


今年は今までにないくらいシマトネリコの花が咲いています。花といっても鮮やかさは全く無く白い小さな花がモサモサになっています。

モサモサになった花に・・・

ミツバチが蜜を集めに来ている(=´∀`)


しかもいっぱい(^_^;)
軽く10匹くらいいる💦

庭に植えたブルーベリーも



あまり世話はしてないですがなんとか今年も実を結んでくれました。


芝生にはネジバナが勝手にこの時期になると花を咲かせますが今年も・・・

キレイな花を咲かせました。
年を追うごとに生えてくる量が増えて今年は今までで1番多く花が咲きました。

ネジバナの巻方向は決まってないらしく左巻き右巻きまちまちらしいです。


通常ピンク色の花を咲かせますが白いネジバナがあったので撮ってみました‼️(*´∇`*)

自分家だけで初夏を満喫するのも良いですが洗車もしたことだしドライブに行きましょう‼️

どこに行こうかと考えましたが行き先はほぼ決まっておりました。

やっぱ夏といえばメロディーラインで有名な佐田岬半島‼️

愛媛県の西に突き出した細長い半島です。
夏の佐田岬半島は半島の緑と海と空の青がマッチして絶景です‼️

それに・・・
半島の中程にある 「きらら館」

ここのじゃこ天とじゃこカツ
そんでもって

ソフトクリームが美味いんだぁ‼️(≧∇≦)

ということでソフトクリームを求めて佐田岬半島ドライブに出発〜⭐️



それにしてもすっかり夏だなぁ・・・




田んぼの緑と夏の空サイコーですがしばらく盆地の景色とはおさらばです。

海岸目指して走って行きます。



八幡浜の産業通りを通過し・・・


海が見えました‼️海岸線から旧保内町をめざします。


旧保内町の中心部で左折。

国道197号線に合流です‼️

国道197号線を西に走っていくともうすぐ原発で有名な伊方町。

このあたりからアップダウンが激しくなります。佐田岬半島根元から旧三崎町までの尾根に沿って作られた国道197号バイパスを通称佐田岬メロディーラインに突入です。

佐田岬メロディーラインは昭和62年に全線が開通したらしいです。

それまで使用されていた旧197号線は道幅も狭く半島自体の地盤も弱かったためたびたび地滑りで崩落して通行止めになったそうです。地元住民の方々にとっては念願のバイパス道路だったのでしょう(-_-)

海に突き出た半島という地形のゆえ台風でも接近したら被害も甚大だったと思います。


ステキな道路を作っていただいた事に感謝ですね(*´∇`*)

やっときらら館が見えてきた。



やっと到着‼️きらら館✨


そんで横っちょにある小さなログハウス(≧∇≦)

ソフトクリームくださいな‼️(≧∇≦)

んっ・・・⁉︎

・・・。



なんてこった‼️Σ(゚д゚lll)
せっかく楽しみにして来たのに・・・(T ^ T)

仕方なくおっちゃんに今あるアイスを伺うとチョコレートとバニラアイスがあるらしい。

仕方なくチョコレートアイスを購入。

今回は涙を飲んでチョコアイスにしたけど今度来るときまでにちゃんとソフトクリームの機械直してよ‼️ƪ(˘⌣˘)ʃ

と心の中で愚痴りながらも絶景で癒されるのでした。


ちなみに少し見えてる白いの伊方原発です。。。


さて次の目的地へ出発だ♫


国道197号バイパスを三崎方面へ

途中右折して坂道を上っていくと大きな風車が姿を見せました。


さらに登ると展望台到着(*´∀`)♪

ここの展望台あまり人こないし眺めも良くて好きです。


吸い込まれそうな瀬戸内海と空の青。
それに半島の緑が映えるでしょ(*´ω`*)


瀬戸内海と宇和海(太平洋側)一度に見れます。


最後に結構みなさんおなじみ せと風の丘パーク。


バックショット📷





ソフトクリームは食べれなかったけどいい気分転換になりました♪(´ε` )



それではまた(*・ω・)ノ✨



Posted at 2017/07/13 00:55:03 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年07月11日 イイね!

燃料ゲージ その後…(。-_-。)

今回初めてご覧になる方の為にまずここまでの経緯を説明しときます( ̄^ ̄)

マークⅡワゴンに本来設定のないデジタルメーターを装着するに伴い流用したLH100系ハイエース デジタルメーター装着車用の燃料ゲージ。


フロートのロッド形状がマークⅡワゴン用とハイエース用とでは違うのでマークⅡワゴンのフロート・ロッドをハイエース燃料ゲージに移植して使ってみたところ・・・

燃料タンクの燃料の残量に対してゲージの抵抗特性の癖が強く 燃料を満タン給油して通常通り走行してもある程度まではなかなか燃料計が減らないのですが・・・

給油後500キロ走行した辺りからの燃料計の減り方がハンパない事が判明‼️(ある程度の想定はしていたものの・・・)

燃料計を信用して走行していると給油が間に合わずガス欠になる危険が。。。

特性を改善する為に・・・

フロートロッドをショート加工したり・・・


巻き巻き抵抗の間隔を詰めてみたりしましたがほとんど変化なし。

大きな成果が得られませんでした。。。

ですので前回・・・


巻き巻き抵抗をほどいて抵抗配線を減量し、


巻き巻き抵抗の抵抗配線の間隔を詰めたり広げたりしてちょうど良い抵抗配分になるように手を加えて様子を観察しておりました。。。(´-`).。oO

どのような結果になったかご報告です‼️ヽ(^o^)



まず満タン給油時。。。

早くも問題発生ですΣ(゚д゚lll)


満タンなのに満タン表示しなくなりました。18セグメント。

満タン給油をした際 フロート・ロッドがストッパーに当たるまで上昇しますが・・・

それに連動して動く電圧を読み取る為の可動接点より上に5Vゾーンができてしまったようです。。。


【必ず抵抗の始点(電源側)は5Vで終点(アース側)は0Vになる。

可動接点が読み取った電圧が約5Vならば20セグメント(満タン表示)

可動接点が読み取った電圧が約0Vならば0セグメント(空 表示)するようになっている】


この燃料ゲージ問題を考え始めた当初は満タン表示するかしないかで大騒ぎだったが仕組みが読めてきた今となっては騒ぐほどの問題では無くなりました(^◇^;)

改良が必要ですが実験を進めます。。。

満タン給油後 約100キロ走りました。

18セグメントからなかなか減りません。

フロート・ロッドがストッパーにまだ当たっているようです。。。


満タン給油後 約150キロ走ってようやく燃料計に変化が。



17セグメントになりました。

満タンで約600キロ走れるとしたら理想的には150キロ走行で15セグメントを表示してもらいたいところ。。。


200キロちょい走った。


燃料計は2/3辺りという事でまずまずか・・・?

300キロほど走行。

さっきとあまり変わらず14セグメント。

理想的には10セグメント辺りを表示してもらいたいところ。


約450キロ走行。

燃料計は6セグメントを表示。

理想的には5セグメントを表示してもらいたいところなのでなかなかいい感じです。

約550キロ走行。

燃料計は残り2セグメントになりビンボーランプが点灯しました。

もう少し早くビンボーランプが点灯しても良い気がしますが・・・

その後 少し走ってデータ取り終了。

結果は下の図のようになりました。

青線が改良前で赤線が今回の改良後の給油後の走行距離とセグメントの変化の推移です。


気になるのはやはり満タン給油直後からの18セグメント状態の継続。

それと給油後200〜300キロ走行辺りでセグメントが不安定なところでしょうか。。。

給油後300キロ以降のセグメントの減り方は劇的に改善してます。

一応理想線と比較してみた(。-_-。)
黄緑の線が理想線です。



給油後450キロ辺りまでもう少しセグメントを少なく表示させる必要があるようですがなかなか煮詰まってきたような気がします。

あと何回かは微調整が必要のようですね(^_^;)



長文にお付き合いいただきありがとうございました‼️ m(_ _)m


それではまた⭐️⭐️⭐️(*・ω・)ノ


Posted at 2017/07/12 03:51:03 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年06月20日 イイね!

燃料ゲージに終止符を(~_~;)

GX71デジタルメータの移植に伴い取替えた燃料ゲージ。

ブログのデジタルメーター化シリーズ見ていただいた方はご存知かと思いますが私のマークⅡワゴンは100系ハイエース デジタルメーター搭載車用の燃料ゲージを流用しています。


燃料タンクの取り付け部の形状は奇跡的に同一であったためセンサーの取り付け自体はボルトオンでした。



しかし燃料ゲージから出ているロッドとフロートの形状が違うためマークⅡワゴン用とハイエース用を入れ替える加工を施し試験的に使っていました。

うまくいくかと思われた燃料ゲージの流用ですが実際に使ってみるとセンサーの抵抗特性の癖が強く・・・

満タン給油直後は燃料計のセグメントがなかなか減らないが、給油後500キロ走行したくらいから急速に燃料計のセグメントが減っていきます。。。

この特性を少しでも改善するために・・・

燃料ゲージのフロートロッドを短縮加工したり・・・


燃料ゲージの巻き巻き抵抗に手を加え・・・


巻き巻き抵抗の間隔を変えたりしてみましたが正直抵抗特性が改善されたのは気持ち程度で問題解決までは至っていませんでした。。。

この燃料計の問題が解決しないとデジタルメーター化計画の完結とは言えません。

ということで今日は再び燃料ゲージの抵抗特性を変えるための加工を施したいと思います。


まず前準備ですが現段階での特定の走行距離に応じた燃料ゲージの抵抗を測定します。
燃料ゲージの抵抗を測定する事によりそれぞれの燃料タンクの残量の時の燃料ゲージの可動接点の位置がわかります。

極端に急激な運転状態の変動(激しく燃料を消費するような激しい運転や長時間のアイドリング)がなければ 走行距離=燃料タンクの中の燃料残量に置き換えることができますよね?


私のマークⅡワゴンの燃料タンクの容量は62Lで燃費が大体10km/ℓなので単純計算で満タン給油で620km走ることができます。

余裕をみて600km走れるとして満タン給油後

150km走行時(推定タンク残量 3/4)
300km走行時(推定タンク残量 1/2)
450km走行時(推定タンク残量 1/4)

このことを前提にデータを取ってみた☆



少し過ぎたけど大体150km走行時に・・・


97.1Ωです。。。

続いて・・・

300時走行時には・・・


87.7Ω。

ラスト。

450km走行時には・・・


71.0Ωです。

それぞれの抵抗の時(それぞれのタンク残量の時)の可動接点の位置を確認するために燃料タンクに取付されている燃料ゲージ外します。。。


いつものようにカーペットをめくりサービスホールのふたを開けてネジ5つ緩めると・・・


外れた‼︎

さっき測った抵抗時の可動接点の位置を確認。


こんな感じになった。。。

それぞれの抵抗値のときの可動接点の位置をマーキング。

こんな感じになった☆


それにしても燃料ゲージが1番下から450km走行時までの間が極端に長い。

そりゃ〜おかしな特性になるわ(~_~;)

抵抗特性を改善の為に燃料ゲージを分解します。

まず巻き巻きコイルを固定しているカシメを上下2箇所ときます。

コイルと土台から出ている端子がハンダで溶着されてます。

ハンダごてでハンダを溶かしハンダ吸い取り器でハンダを吸い取って切り離します。

最後に巻き巻き抵抗の1番下の端子のカシメを外すのですが半ば無理矢理 精密ドライバーのマイナスタイプでこじって外しました。


後は巻き巻き抵抗をゲージの土台から外すだけなのですが可動接点がかなり邪魔になります。

極端に可動接点を曲げないように注意が必要です。


巻き巻き抵抗外れました。

それでは巻き巻き抵抗に手を加えていきます。

どのような作戦かというと・・・

燃料タンクの残量に対する可動接点の位置がわかったのでそれぞれの可動接点の位置に適した抵抗になるように前回同様巻き巻き抵抗いじります。

燃料タンク残量に対する可動接点の位置は変えることができないのでそれぞれの位置に適した抵抗値になるようにコイルの量と間隔を調整します。





巻き巻き抵抗上部の端子をこじって少し作ってやるとコイルの末端が取り出せます。

余分なコイルをぐるぐるほどいていきます。


結構ほどいた(笑)

とりあえず上下端子間の抵抗を測定してみる。


すると・・・



89.6Ω。計算苦手なんで約88Ωということにすると・・・


理想的な抵抗の配分的には画像のような感じになると思います。

燃料の量がタンク形状の関係で後半急激に減ることも考慮してコイルの間隔に変化をつけました。

一応今までの途中経過。






最初に比べたら巻き巻き抵抗のコイルの密度や間隔に変化をつけてるのが分かろうかと思います。。。



巻き巻き抵抗の試験的に改良が終わったので復元していきます。

巻き巻き抵抗の上下のカシメ部をカシメます。


こじって半ば無理矢理外した端子ははめ込むのは困難なため・・・


輪っか状になってるのをカットしてはめ込んで・・・


ハンダ付けしました。


電源端子もハンダ付けなおしました☆


金属カバーを取り付けて・・・


いざ車に取付け(*^o^*)

緊張のイグニッションスイッチ ON‼︎


ガソリン給油後約260kmで半分よりちょい上。

なかなかいい感じやん☆( ̄∀ ̄)



その後 燃料漏れの点検も兼ねて満タン給油してみたら・・・


・・・( ̄O ̄;)‼︎


再び満タン表示しなくなってしまった・・・

少しコイルを上側にし過ぎたようです。

改良が必要だな。。。


それではまたヾ(๑╹◡╹)ノ"
Posted at 2017/06/23 01:15:37 | コメント(5) | トラックバック(0)

プロフィール

「@えんどっち さんこんばんは

GX71 の中でもレアなマークⅡセダン。
レアなゆえにいじったら目立つしフェンダーミラーのツインカムのマニュアル5速とかだったらなおさら萌えそうですよ(*´∇`*)

何シテル?   07/11 00:42
みんカラ初心者ですがよろしくお願いします?? *\(^o^)/*
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

極太 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/20 22:29:49
シフト ブッシュ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/30 04:25:12
フェンダーミラー取り付け位置、寸法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/20 11:18:29

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ マークIIワゴン トヨタ マークIIワゴン
元々はGX61クレスタに乗っておりましたが結婚を機に今の車に乗り換えました。 購入当初 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.