車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月23日 イイね!
前回まででようやく燃料センサーの問題が一段落しましたので(厳密にいうと完全に解決した訳ではありませんが・・・)そろそろ配線の加工に突入したいと思います。

まずはマークⅡワゴンと GX71マークⅡの配線図などの資料を収集します。


配線図やシステム回路図などを参照しながらどの線とどの線を繋ぎ合わせたら良いのか調べていきます。

コネクター形状・端子番号・配線色などの情報を集めていきますが気が遠くなりそうです。。。

調べた情報をわかりやすいようにエクセルにて表にまとめてみました。


年式やグレードにより存在しない配線や配線色も間違っていたりしたので手書きで所々修正してます。


マークⅡワゴンのメーターのカプラーから取れない配線を加工・増設します☆

加工・増設しないといけないのは・・・

常時電源(+B)とスターター信号線と燃料センサーに繋がる線です。


最初に燃料センサーの配線から。

まず比較します。

こちらGX71マークⅡデジタルメーター装着車。


こちらマークⅡワゴン。

デジタルメーター用の燃料センサーもマークⅡワゴンのアナログメーター用燃料センサーも配線は3本出ていますが少し役割が違います。
今までにも散々燃料センサーについては記載してるので愛読者様はわかると思いますが、



マークⅡワゴンの配線には電源線とアース線はありますが電圧読み取り線がありません。
その代わりに貧乏ランプの配線があります


電源線はそのまま使えるし電圧読み取り線は貧乏ランプ線を繋ぎ替えてやれば問題なしですが、それよりも気になるのがアース線。

デジタルメーター用のアース線はマークⅡワゴンのアナログメーター用のアース線と違ってボデーアースではなくデジタルメーターユニットに戻ってます。


あえてアース線をメーターユニットまで戻しているのは何か理由があるのだろうか・・・?

ということでアース線加工してメーターまで延長します‼︎٩( ᐛ )و


カーゴスペースのカーペットをめくってやると右側にサービスホール出現。

スクリュー2個外してフタを開けると・・・


カプラーが二つ出てきます。大きい方が燃料センサーのカプラー、小さい方は燃料ポンプのカプラーなので間違えないように☆

とりあえずアース線がどこまで行ってるのか調べます。


配線図上では右リヤクォータにボデーアースされてるらしい。。。

実車で確認。


燃料センサーを起点に室内に引き込まれたアース線が白いカプラーを介して・・・


ボデーアースされてます。

一応燃料センサーここのカプラーの導通を確認しようとカプラーを抜くと・・・

ブルブルブル・・・・ストン‼︎

・・・。

エンストしました ( ̄O ̄;)

どうやらこのカプラーは燃料ポンプの配線も介しているらしい。

まさかカプラーまでのどこかで燃料ポンプのアース線と燃料センサーのアース線が統合されて一緒になってるのかな?だとすれば少し厄介。

もう少しよくカプラーを確認したら・・・


アースっぽい配線が2本あることがわかった。
この2本それぞれの線と燃料センサーのアース線との導通をチェックしたら画像左側の細い方の白黒線と導通反応あり。

逆に燃料ポンプのアース線とカプラーのもう一方の太めの白黒線と導通チェックしたらちゃんと導通反応ありました。
どうやら左側の細い白黒線が燃料センサーの配線で右側の少し太めの配線が燃料ポンプの配線らしい。
燃料ポンプと燃料センサーのアース線はそれぞ独立しているらしい♪

そうと分かればこっちのもんです。


燃料センサーのアース線をカプラーの手前でカットしてメーターまで配線を継ぎ足してやります。



既存のワイヤーハーネスに沿ってアース線を増設していきます。

やりにくかったんで内張外しました。


ドアを開けたここもカーペットをめくるとここも既存のワイヤーハーネスがあるので結束バンドで固定しながらメーター目指して配線増設していきます。


なんとかメーター裏まで配線持ってこれました‼︎

あ〜疲れた・・・(^_^;)
燃料センサーのアース線 増設完了☆


続いては・・・

スターター信号線の増設です。


なぜスターター信号が必要なのか詳しいことはわかりませんが・・・


どうやら電源の制御のために信号が入ってるみたいです。。。

さて、どこからスターター信号取ろうかなぁ・・・

1番手っ取り早いのはやっぱイグニッションスイッチのとこかな? 距離的にメーターからも
近いし(・∀・)♪

イグニッションスイッチの近く探ってみた☆
配線図的に黒地に白ストライプの入った配線みたい。

コラム下にそれらしき配線あったけど・・・

くっそ太てぇー‼︎ (>人<;)

この配線にエレキタップをかまして分岐させるのは少々勇気がいります(^_^;)

ここから取るのは断念した方が無難そう。
もっと細くて簡単に取れる箇所はないものか・・・

オートマのニュートラルスタートスイッチのとこなら確実にスターター信号きてるけど車外から電源取ってわざわざ車内まで配線這わすのはめんどくさいし・・・

もう一度 配線図を確認してみる


おや?スターター信号はどこまでいくだろうか?


あっ‼︎ ∑(゚Д゚) コンピュータだ‼︎
コンピュータのとこならそんなに太い配線はないから電源取りやすいはず‼︎

ということでスクリュー8個外してグローブボックスを取り外します。


コンピュータの3つのカプラーの中の1番手前側。2番の黒い配線のやつがスターター信号みたい。


エレキタップにて配線から電源取り出しました。


あとはメーター裏まで配線這わせるだけ☆


スターター信号線と燃料センサーのアース線増設できました‼︎(^-^)

残る常時電源の増設は手間があまりかからなそうだしショートするといけないのでまた次回に増設します。

次回はデジタルメーターの配線とマークⅡワゴンの車側の配線を繋げていこうと思います。



それにしても今回の作業で快く場所を提供してくれたみん友(元々 同じ職場の後輩ですが・・・)のまつぽっくりさんありがとうございました‼︎

また掃除しにいきますんで今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

それではまた☆☆☆ (・ω・)ノ


Posted at 2017/03/25 05:47:38 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年03月14日 イイね!
GX71用デジタルメーターをマークⅡワゴンへ移植に向けて試行錯誤を積み重ねる今日この頃。

最大の課題、燃料計の表示の点で100系ハイエース燃料センサー流用に一筋の光が差してきました。


なかなかいい感じに進んでいるようにみえますがまだまだ問題が・・・



①ハイエース用燃料センサーをそのまま使用すると燃料計のフルレベルが表示されない。(通称 1セグメント問題)


これはマークⅡとハイエースのセンサーの抵抗値の差から起こる現象なのか・・・?

この1セグメント点灯してない状態が満タンだと分かっていればなんの問題もない話なんですが気分的に気持ちが悪いです(>_<)


②実際にハイエース用燃料センサーがマークⅡワゴンの燃料タンクに設置できるか?



燃料センサー自体はハイエース用もマークⅡワゴン用もほぼ同じ大きさだと思われるがセンサー固定用ネジの取り付け穴の互換性が現段階では不明確。
(誤組み付けを防ぐためセンサー固定用の5つの穴の間隔は等間隔でない)

取り付け穴の互換性が合ったとしてもセンサー本体から伸びるフロートのロッドの向き・長さは大丈夫か?

フロートロッドの長さは明らかにハイエース用よりマークⅡワゴン用の方が長いです。

こちらハイエース。


こちらはマークⅡワゴン。


ハイエース用燃料センサーをそのまま使用したとするとまだ燃料の残量に余裕があるのに早めに貧乏ランプ点灯しちゃいます。そんなの不安で仕方ないです‼︎(>_<)

ロッドはマークⅡワゴン用をつなぎ合わせて延長が必要ですね。

とにかく謎が多いので実際にマークⅡワゴン用センサーを手にとって研究したいですが今実車に付いているセンサーを外すと走れなくなってしまうしパッキン再使用できるか不安。ガソリン漏れて車両火災とか嫌です。。。


ということで、この二つの問題を解決するために・・・



マークⅡワゴン用燃料センサー☆
まじで無駄使いです。
定価約7000円‼︎メーカー欠品で注文して約2週間かかりました。
ハイエース用燃料センサーより割高ですね☆
きっと嫁にバレたら殺されることでしょう(^_^;)

今回マークⅡワゴン用の燃料センサーを取り寄せたのはある思惑あるんです。

もしかしたら加工したらデジタルメーター用のセンサーとして使えるのではないかと。


前回までで抵抗値がGX71用と比べて約半分のハイエース用センサーでそこそこのクオリティが出せる事が判明。
マークⅡワゴン用センサーの抵抗値もハイエースとほぼ変わらないので加工してやれば使えるのではないか?
抵抗値特性が逆なのは配線を繋ぎ変えてやれば解決できるのではないかと。。。
もしマークⅡワゴン用燃料センサーが加工で使えたとしたら互換性とフロートロッドの問題は無論クリアできる‼︎


調べたいこと盛りだくさんです‼︎


固定用の穴の互換性の件。
ハイエース用燃料センサーとマークⅡワゴン用燃料センサーを並べてみると・・・


ほぼ同一言っていいほどクリソツ♪
違うと言ったらマークⅡワゴン用燃料センサーにはパッキン位置決め用の穴が空いてるくらい。
念のためハイエース用燃料センサーのパッキンをマークⅡワゴンの燃料センサーにはめ込んでみます。。。



大きさ一致‼︎(≧∀≦)


上から☆
穴位置も完全一致です‼︎(≧∀≦)
ということでセンサー自体はボルトオンですね(๑>◡<๑)

側面から・・・

フロートロッドの支点の位置・可動範囲もほぼ一緒です☆

ただ・・・


やはりハイエース用燃料センサーとマークⅡワゴン用燃料センサーとではロッドの傾き・長さかなり違います‼︎

さらに違う角度から・・・

ハイエース用燃料センサーに比べマークⅡワゴン用燃料センサーのフロートロッドは前後方向だけでなく左右方向にも大きく曲げ加工されてます。

ロッド加工めんどくさそう・・・
マークⅡワゴン用燃料センサーが配線加工でそのまま使えるならそちらの方が無難なんだけどなぁ・・・

果たして加工できるのか分解して中身を研究することに☆

3箇所かしめを解いてやると簡単に外れます‼︎


カバーを外すとこんな感じ☆


電源端子から入った電気が抵抗で変圧されて可動接点からアースに流れていきます。


続いてハイエース用燃料センサー。

みた感じはほぼマークⅡワゴン用と変わらないように見えますが大きな違いが。


デジタルメーター用燃料センサーは抵抗の末端部にアース端子があり常に電源端子からアースまで電気が流れてます。


絶縁加工されてる可動接点が燃料残量の変化に伴って動き各位置で電圧を読み取ってます。
(マークⅡワゴン用センサーでは単純にアースの役割の可動接点がハイエース用センサーでは電圧読み取り端子になってる)
抵抗の末端のマイナス端子と電圧読み取り端子がある事が最大の違いですね。

いろいろ考えましたがマークⅡワゴン用は可動接点が絶縁加工されてないのでデジタルメーター用に加工のしようがなさそうです。

マークⅡワゴン用燃料センサー加工計画は断念です‼︎(T ^ T)

やはりハイエース用燃料センサーのロッドを加工するほかなさそうです。

マークⅡワゴン用燃料センサーのロッドを切断してハイエース用燃料センサーのロッドとなんとか接合しなければ。。。しかしどうやって?

何かいい方法はないものか・・・

燃料センサーを見ていて前々から気になる事が・・・


センサーのロッド支点部の形状があれに似てるんだよねぇ・・・

多分同じことを思った方もいるはず‼︎
そう、ドアロックのリンクの形状‼︎

だとすればカシメを解いてやれば簡単に抜けるんじゃね?

試しにやってみた☆
精密ドライバーとペンチを駆使してカシメを広げます。

カシメを広げて引っ張ると・・・


意外と簡単に抜けました(≧∀≦)
今まで心配してたのが馬鹿らしいくらいに(^_^;)


今までロッドの先端だと思ってた部分はロッドとは別体☆
てっきりロッドが貫通してるんだと思ってましたが見当違いでした。もっと早く気付けば良かった。

同じ要領でハイエース用燃料センサーのロッドも外してみました‼︎

こちらも意外とすんなり抜けました。

そんでもってマークⅡワゴン用燃料センサーのロッドをハイエース用センサーに組み付けて・・・


マークⅡワゴン(デジタルメーター用)燃料センサーの出来上がりです‼︎(๑>◡<๑)

これで他に類を見ないくらいマークⅡワゴンにマッチングの良いデジタルメーター用燃料センサーの出来上がり☆



あとは満タン時の1セグメント問題が解決すればパーフェクト💯なんだけどなぁ・・・

この1セグメント問題に関しても気になる点が
あるんです。。。


燃料センサーの抵抗は一つだけ。抵抗は車種により多少の差はありますが抵抗の入り口は必ず5V。同じく抵抗の出口は必ず0Vになるはずですよね。

ハイエース用燃料センサーの抵抗も入り口付近は5Vになってないとおかしい。
5Vが読み取れるならちゃんと満タン表示できないとおかしい。。。

そんなことを思いハイエース燃料センサーの現物を確認してみると・・・


フロートのロッドを一番満タン方向に動かした時、ロッドはストッパーに当ってはいますが抵抗的には少し下に余裕があるΣ('◉⌓◉’)

ということで・・・

満タン側のストッパーを少し上側に曲げてみました。

すると・・・



ん⁉︎




やりやしたぜ‼︎(๑>◡<๑)セグメントフル点灯しました‼︎
おちは意外とアナログ感ありますが・・・


これでパーフェクトなマークⅡワゴン(デジタルメーター)用燃料センサー出来上がりじゃないの?(*'▽'*)


とりあえず燃料センサー問題は解決ですね(・ω・)ノ


あとは配線加工か・・・


ブログ書くの疲れたので続きはまた今度(・ω・)ノ
Posted at 2017/03/14 14:36:16 | コメント(8) | トラックバック(0)
2017年02月28日 イイね!
連日書き込んでいるマークⅡワゴンへのGX71マークⅡデジタルメーター移植計画ですが、前回のブログで述べた通り今のマークⅡワゴンの燃料センサーではデジタルメーター用の燃料センサーとは抵抗の特性が違います。

そのためそのままだとデジタルメーター装着した時に燃料計が正しく表示されません。


そこでこの燃料計を作動させるため燃料センサーをどうするか・・・?
ということになるのですがGX71マークⅡデジタルメーター装着車用の純正新品はすでに生産打ち切り。
その他流用が可能ではないかと思われる同年式あたりのトヨタ車(ソアラ・スープラ・クラウン・AE86 etc…)も軒並み純正新品は生産打ち切り。
ネットオークションなどでも中古品が出品されるのも稀で仮に出品されても軽く2万円以上の高額取引きになっている現状です。

他に昭和末期から平成初期のトヨタ車でデジタルメーターを装着していた車なかったっけ・・・?

いろいろ考えているとふと思いました。

デジタルメーター装着車種はセダンとかクーペだけでじゃないよね・・・

たしか昔のハイエースにデジタルメーター装着グレードがあったはず‼︎

調べてみると・・

ありました‼︎ひと昔前のハイエースにデジタルメーター(・∀・)

早速フューエルセンダーゲージ純正部品調べてみるとなんとお隣の香川県のトヨタの部品共販さんにあるとの事‼︎

はたして流用できるのかという事で抵抗値を調べてみると・・・

こんな感じ。

この値をこの前のグラフに当てはめてみると・・・

だいぶ違いますね(^_^;)
しかし気になる事が・・・

デジタルメーターの場合抵抗値と言うよりはデジタルメーター内部で5Vに変圧された電気をセンサーの可変抵抗で燃料の残量に見合った電圧に変換してそれを読み取っているようです。

抵抗と言うよりは電圧の方が重要?
それを裏付けるように大体のデジタルメーター装着車の修理書には燃料残量と電圧の点検項目があります。

こちらハイエースです‼︎


こちらGX71マークⅡデジタルメーター車☆


このデータをグラフ化すると・・・

こんな感じ‼︎(・∀・)


比較してみると満タン時とタンクが空の時のセンサー出力電圧がほぼ同じのようです。

ただ、GX71マークⅡ用センサーとハイエース用センサーではグラフ曲線に違いがあるのでタンク内の燃料が同じペースで減っていってもメーターの燃料計の動きに差が出るかも。。。

まあ でも満タンと空さえ表示できればなんとか使用できなくもない・・・はず‼︎

研究も兼ねてハイエース用燃料センサー取り寄せてみました( ̄Д ̄)ノ


定価 約5500円ほど。ネットオークションのGX71マークⅡデジタルメーター用の中古品に比べたらはるかに安いです。しかも新品‼︎

多少箱に貼られてるシールが黄ばんでます。
長期在庫かな・・・?


なんだか使えそうな気がする。(´∀`; )



実際にメーターと仮で繋げてみました。
まずE(エンプティー)の位置。






続いて約半分の位置。







最後にF(フル)の位置。





大成功かと一瞬テンション上がりましたがよく見ると・・・

あと一段セグメントが点灯してないです。

まぁこの位置が満タンだとわかっていれば問題ないしパッと見わかんないのでは(^◇^;)
自分的には合格レベル💮

あとは燃料タンクに実際に設置できるのか?
であるとかフロートのロッドの長さは適切か?そんなところでしょうか?

うまくいくかなぁ〜・・・( ̄O ̄;)


とりあえず今日はここまで‼︎

ばいちゃ☆☆☆ (・ω・)ノ



Posted at 2017/02/28 16:12:26 | コメント(10) | トラックバック(0)
2017年02月26日 イイね!
マークⅡワゴンのデジタルメーター化計画にともない燃料の残量を感知するセンサー(正式にはフューエルセンダーゲージ)をどうにかしなければなりません。。。



一番無難なのはやはりデジタルメーターの大元であるGX71マークⅡ 3兄弟(デジタルメーター搭載車)からセンサーを持ってくる方法。

純正部品が製造打ち切りになってしまった今、入手方法は中古品を探すしかありません。

しかしマークⅡ3兄弟もすっかり希少車種になってしまい燃料センサーを入手するのも容易でありません。

ごく稀にネットオークションで出品されていますが程度の悪いものでなければ2万円以上、程度が良いものならば3万円オーバーで取引されているような状況です。

さすがに3万円は出したくないσ(^_^;)
GX71マークⅡ3兄弟用にこだわっていてはいつになって計画が前に進まないので他車種流用について研究です。

どの車のものを流用するのが良いのか考えた時にやはり昭和末期から平成初期のデジタルメーターのトヨタ車という事になりますよね・・・(~_~)

候補的には・・・
GX61マークⅡ3兄弟
GX81 マークⅡ3兄弟
#A70系スープラ
#Z20系ソアラ
AE86
#S110系クラウン
#S120系クラウン
こんなところでしょうか?

流用するにあたり重要になるのがセンサーの抵抗値。

ちょいと可能な限り資料を収集して車種別にセンサーの抵抗値比較してみました。



ほぼ一直線に右斜め上に伸びてるのがGX71マークⅡ(デジタルメーター)用燃料センサーの抵抗値の変化です。


今着いているマークⅡワゴン用(アナログメーター用)のセンサーの抵抗値は燃料が満タンになるに従って下がっているのでGX71デジタルメーター用と特性が逆なのが分かるかと思います。抵抗の大きさ自体もだいぶ違います。論外です‼︎




満タン時の抵抗値がGX71マークⅡデジタルメーター用のセンサーと一番近いのは70スープラ用ですね。おそらく20ソアラも同等の抵抗値になるのでは?データ上おすすめは70スープラ用かな・・・?


GX81 マークⅡ用のセンサーも抵抗値的にはなかなか近いです。


AE86と120系クラウン用のセンサーは満タン時の抵抗値がほぼ同じですがGX71デジタルメーター用のセンサーと比べると多少抵抗値が高いです。流用すると特性づれするかもしれませんね(~_~;)


なぜか130系クラウンのセンサーはマークⅡワゴンのアナログメーター用のセンサーと同じく燃料が満タンに近づくにつれて抵抗値が下がるため流用は難しそうですね(>_<)

同じ年代のデジタルメーター用の燃料センサーでも抵抗値に多少差があるのがわかりました。

流用した場合どのくらいの影響が出るのかはわかりませんが打開策として参考にしたいと思います。

どうなることやら・・・σ(^_^;)

Posted at 2017/02/26 03:43:45 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年02月21日 イイね!
最近結構やられている方が多いマークⅡワゴンへのGX71マークⅡデジタルメーター移植。

当時デジタルメーターの先進的な外観が高級車(ハイソカー?)の証になっていたのと技術力の高さの象徴になっていたかと思います。


私も以前乗っていたGX61クレスタがデジタルメーターだったこともありできることなら今のマークⅡワゴンでもデジタルメーター化したいなとずっと考えておりました。

そんな時みん友のjust-away兄貴(尊敬の意を込めて兄貴と呼ばせてもらいますm(_ _)m)がデジタルメーターの移植をされてる投稿を見てデジタルメーター化願望に火が付いてしまったのでした‼︎(>_<)

一度火が付くと消すの困難‼︎
という事で部品集めからスタートです٩( ᐛ )و

まずはメーター本体から・・・
ヤフオクにて走行距離の極力少ないものを落札☆

メーター本体はまだ比較的容易に手に入ります(^_^)



しかし商品が来てビックリ‼︎



嫌な予感。。。


見事に割れてました。
ヤフオクの出品写真でもよく見ると確かに写ってないです。

完全に私の見落としです。。。
ちゃんとよく見て注文しないとダメですね⤵︎⤵︎

車につけたら見えない位置なのでなんとか修正するつもりです‼︎


続いてメーターの明るさを調整する為の部品(レオスタッドなるもの)とメーター裏の車速ケーブル固定用ステーですが・・・

この部品は私のように欲しい人は欲しいのでしょうけどあまり需要が無いのかヤフオクでもあまりお目にかかることがありません。

どうしようかととりあえずヤフオクを徘徊していると・・・

出品されているGX71デジタルメーターの詳細欄に・・・「GX71マークⅡの部品で必要なものがあるなら連絡ください」の文字が‼︎Σ('◉⌓◉’)

さっそく電話☆
レオスタッドとメーター裏のステーを売ってもらうように交渉。

いろいろ注文をつけましたが快く承諾していただきました。交渉成立です。

できればレオスタッドの部分のパネルも欲しかったのですが紛失していたようなのでなんとか今の車のパネルを加工して装着するつもりです。

レオスタッドのツマミノブがありませんが後日新品を注文しました(^з^)


残るは燃料の残量を感知するセンサー(正式にはフューエルセンダーゲージ)です☆

アナログメーターとデジタルメーターでは燃料センサーが違います。
そのままマークⅡワゴン用の燃料センサーではデジタルメーターを移植しても燃料計が正しい残量を表示してくれません。

ダメ元で先ほどレオスタッドとメーター裏のステーを売っていだだいた業者さんに部品があるかどうか聞いて見ると・・・「ありますよ」との返事♪(^з^)-☆

念のため画像を送ってもらうと・・・





・・・。

少し状態がよろしく無いようで・・・(^_^;)
できれば敬遠したいところなんですが・・・
今や新品は入手不可能。新品で5000円程度のこのセンサーがネットオークションで中古でも3万円オーバーで取引されています‼︎(T-T)

GX71マークⅡデジタルメーターをマークⅡワゴンに移植するにあたり今の一番のネックはこの燃料センサーの入手みたいですねƪ(˘⌣˘)ʃ

どうしようか考え中です‼︎

トヨタさん‼︎お願いだからもう一度作ってくれ‼︎🙏





Posted at 2017/02/21 22:12:30 | コメント(6) | トラックバック(0)
プロフィール
「@かんきち! さんへ

台風とかなら前もって対策できますがヒョウはいつくるかわかりませんね(;´д`)

自然の脅威は恐ろしい。。。(ノД`)」
何シテル?   03/27 15:02
みんカラ初心者ですがよろしくお願いします?? *\(^o^)/*
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
燃料センサー流用に向けて(´ω`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/11 02:31:53
デジパネ交換 1J Limited→1G E仕様(中期型) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/19 15:36:24
燃料計センサー清掃 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/19 02:40:41
お友達
ファン
16 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ マークIIワゴン トヨタ マークIIワゴン
元々はGX61クレスタに乗っておりましたが結婚を機に今の車に乗り換えました。 購入当初 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.