• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月21日

MINI原人のNew RINDO TREK 2017 (7) 手強し!ポン沖内林道

MINI原人のNew RINDO TREK 2017 (7) 手強し!ポン沖内林道 林道、それは最後のフロンティア。そこには原人の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは原人最初の試みとして、調査旅行に飛び出した中古車 ジムニさん号の驚異に満ちた物語である。 

昨日、裏沖内林道・熊見沢林道にクマさんを訪ねて行ったが、残念ながらクマさんはお留守であった。このような場合には裏山におでかけかもしれない。そこで原人は本日「裏山」にあたるポン(本)沖内林道を訪ねることにした。


 地理院地図
本日の行程図である。番号は下の番号に対応している。緑のAおよびBの線は国土地理院に無断で(笑)経路変更新規造成された林道である。
 7時31分①
ここがポン沖内林道のはじまりである。朝日がまぶしい。「ポン」とはアイヌ語で「小さい」、「子供の」の意である。
 7時34分②
立派な舗装道路が続き、この角をまがったところから林道が本格的になる。
 7時37分③
朝の美しい木洩れ日の中を進んでゆく。
 7時41分④
森と下草は深い。ゆっくり進む。
 7時47分⑤
第一の難関。道が川と化している。気を付けながら進まねば、深みにはまることがある。降りると靴が泥だらけになるので車の中からの撮影をお許しください。
 7時48分⑥
難関を乗り切るとこのような走りやすい林道となる。
 7時50分⑦
チェーン閉鎖である。番号を知っているので難なく通過。
 7時54分⑧
第二の難関: クマさんの足跡である。物理的難関というより精神的によろしくない。
 7時54分⑧
槍に着剣し、勇気を出して進む。
 8時05分⑨
第三の難関: 倒木つきがけ崩れである。横を慎重にとおりすぎる。
 8時07分⑩
第四の難関: 渡河である。あれ、地理院地図にこんな渡河はないぞ。目視により慎重にルートを選ぶ。
 8時08分⑩
川を渡り終え、坂を上がるときスリップしたがなんとか渡れた。
 8時09分⑪
第五の難関: 落石のある狭い崖っぷち。ゆっくり慎重にとおります。
 8時11分⑫
第六の難関: 太い倒木。タイヤの約半分の太さがあるがなんとか亀の子にならず超えられるであろう。
 8時12分⑫
ほー、越えられました。さすがジムニさん。
 8時16分⑬
第七の難関: また渡河です。これで訳がわかりました。川を二度わたるショートカットが作られたのです。この川はVの字になった土手が急峻で上りきれないかもしれません。ギヤを2ndに入れてはずみをつけてわたります。
 8時17分⑬
草の下がぬかるんでいてけっこうスリップしましたが、渡れました。
 8時26分⑭
坂を上っていくと草ボウボウで終了です。
 8時26分⑭
Geographicaでは地理院地図で林道のないところにいます。ナビなどの軌跡とGoogle mapの航空写真を参考にすると冒頭の地理院地図Bの緑色の線が新規林道のようです。迷わないように帰りましょう。
 8時36分⑮
第八の難関: ああ!スタックです。なんと倒木に乗り上げて左前輪が亀の子状態になってしまいましたorz。
 8時52分⑮
苦労してWild Gooseのウィンチを立木にセットします。油をさしていなかったので牽引ワイヤの引出しに苦労しました(汗)。
 8時52分⑮
牽引ロープは2つ折りにして、片方を左リアのAPIOの牽引フックへ、片方を右リヤの黄色く塗ったタイダウンに装着します。
 8時53分⑮
ギイコギイコやったあと、車をバックさせると抜け出せました。ほっとしました。もし抜けられなければ携帯が通じるところまで5 kmは歩かねばならず、当然JAFのトラックは渡河できませんのでレスキューに困難が予想されます。
 8時53分⑮
知らずに草の下にかくれていたこの倒木にのりあげたのです。深いブッシュを進むときには細心の注意が必要です。
 9時10分⑦
2つの渡河、1つの倒木、崖などをのりこえ、やっとチェーン閉鎖のところまで戻りました。再び鎖と錠を戻して本日は終了です。この林道は上級者にしかおすすめできません。ウィンチやクマと戦う武器は携行してください。
 10時27分HOME
車をリフトアップして底を覗くと、こんなに草がはさまっていました。
 10時39分HOME
倒木にのりあげた部分のダメージは意外とありません。このクリップが抜け落ちていたので、FITさんのために買ったクリップをはめるとぴったりです。


本日の遭遇危険度 クマ3つ

(1つ: ほぼ安全、2つ: やや危険、3つ: かなり危険、4つ: やばい、 5つ: そこにいます)

new RINDO TREK 2017
(1) 小平 鬼鹿富岡林道 (2) 樽真布 翁居岳林道 (3) 小平蘂川源流
(4) 裏沖内林道:クマ肉球! (5) 裏沖内林道:徒歩クマ探 (6) 裏沖内・熊見沢:熊お留守

RINDO TREK 2017
(1) 小平オトイチ川 三軒屋林道  (2) 三線沢川 知布志内林道  (3) 熊ノ沢・熊見沢林道(下見)
(4) 中記念別沢・富士ノ沢林道  (5) オトイチセコロ川 寧楽林道  (6) オトイチセコロ川 その2

2016年度「緑のトンネル」関連ページ:
(1) 増毛暑寒別公園線(2) 千望台・神威岩公園線(3) 増毛中歌山の神線
(4) 増毛中歌山の神線(5) 増毛箸別線(6) 増毛別刈線
(7) 留萌緑の回廊(8) 増毛信砂林道(9) 留萌桜庭林道
(10) 留萌道道613号(11) 留萌ポンルルモッペ市道(12) 留萌大和田線
(13) 留萌 峠沢林道(14)中幌糠川・展望沢・樽真布林道(15) アイトシナイ新規林道
(16) 増毛アイトシナイ線(17) 増毛信砂線(18) 小平 奔沖内線
(19) 増毛暑寒線(20) 増毛暑寒線(21) 増毛阿分の林道
(22) 増毛笹沼湯の沢線(23) 増毛別苅線(24) 増毛別苅線
(25) 増毛貝沢川林道(26) 増毛暑寒沢林道(27) 増毛暑寒沢線
(28) 増毛暑寒沢林道(29) 増毛箸別線(30) 増毛中歌山の神線・暑寒線
(31)舎熊岳・新信砂林道(32) 小平大椴ダム・新道道(33) 小平鬼泊の林道
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2017/09/21 18:15:47

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

MINI原人のNew RINDO ...
MINI原人さん

MINI原人のNew RINDO ...
MINI原人さん

MINI原人のNew RINDO ...
MINI原人さん

MINI原人のNew RINDO ...
MINI原人さん

MINI原人のNew RINDO ...
MINI原人さん

MINI原人のNew RINDO ...
MINI原人さん

この記事へのコメント

2017/09/21 18:53:18
原人さんこんばんは。
大冒険でしたね。読んでいてハラハラドキドキしました。
渡河、ぬかるみ走行、ウインチ、ジムニさん頼もしい!
ですが、くれぐれもお気を付けください。
コメントへの返答
2017/09/21 19:35:03
y34グランツさん、
コメントありがとうございます。
2度目の渡河のときには渡りきる自信がなく、一番緊張しました。このような手強い林道ははじめてです。車高をもう少し上げる必要性を痛感しました。今後も気を付けます。
2017/09/21 20:30:01
原人さんこんばんは。
熊さん本気で走ると結構な速さです。
しかも大きい!
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/122169
コメントへの返答
2017/09/22 05:03:01
y34グランツさん
貴重な情報ありがとうございます。
クマさんの走る速さは時速50kmといわれてますね。林道のジムニさんより速いです!こまりますね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「南留萌林道概説、30回に及ぶこのシリーズ、遂に完結です。一地域の林道をこれだけ詳細に解説したものはこれまでありません。今後も精進・見聞・改訂を重ねて有用なガイドとしてまいります。」
何シテル?   02/18 07:57
・ 北海道留萌市在住の「MINI原人」です。 ・ 学名 MINIpithecus roadsterus ssp. cooperS。絶滅危惧種です。 ・ いろ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

     原人でもお友達にしてくれますか?
1500 人のお友達がいます
nao@47nao@47 * 歩龍歩龍 *
けんぢゃんけんぢゃん * nikuyasannikuyasan *
利根川の天然水利根川の天然水 * 路地裏のJ-Boy路地裏のJ-Boy *

ファン

116 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI MINIさん (ミニ MINI)
MINI原人が青天井ドライブを楽しむ車です。いろんなしがらみを風であたまからふっとばすこ ...
スズキ ジムニー ジムニさん (スズキ ジムニー)
2017年8月9日納車されました。
ボルボ V40 ボルボさん (ボルボ V40)
フォーマルな用途や遠出の旅行などに使っています。原人が現代人のフリをするためのクルマです ...
ヤマハ PAS ナチュラL ママチャリ原人号/マダム号 (ヤマハ PAS ナチュラL)
焦げ茶色がMINI原人用、エメラルドグリーンがマダム用です。アシスト性能が進化し、坂道も ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.