• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

intensive911(JUN)のブログ一覧

2017年03月24日 イイね!

★レクサスLC500hの見積もり再取得。エレガント路線に変更してみた

★レクサスLC500hの見積もり再取得。エレガント路線に変更してみたさて、一旦見積もりを取得したレクサスLC500hですが、試乗後に翻意して仕様を変更。
というのも、当初は「スポーティー路線」で行こうと考えていたのですが、実際に試乗してみたところ「ラグジュアリー路線」の方が合っているのでは、と感じたため。
特にこのインテリアカラー「ブリージーブルー」のインパクトが強く、これは「(ぼく的に)必須」だと考えています。

よってグレードを当初の「ベースグレード」から(ブリージーブルー内装が選択可能な)「Lパッケージ」に変更していますが、これによる車両本体価格の変更は無し。
豪華グレードに変更しても価格が変わらないのは「?」ではありますが、ベースグレードではルーフやドアシルプレートがカーボンとなるものの、Lパッケージではルーフがガラスに、ドアシルプレートがステンレスに。
この(カーボンの)分が安くなり、代わって装備される豪華仕様との価格が相殺され、「プラスマイナスゼロ」となるわけですね。

加えてボディカラーも「ネープルスイエロー」から「ホワイトノーヴァガラスフレーク」に変更していますが、これは試乗記にて触れたようにレクサスLC500の各部が「無機質」な仕上げとなっているので、これに合わせた(無機質な印象のある)ボディカラーの方がおそらくいいだろう、とも判断。
メタリックグレー系かホワイト系かで迷いますが、リセール重視でここはホワイトを選択しています。

なおレクサスLC500は「なんでも」付いている車と言ってよく、オプションとして追加するものは非常に少ないのも特徴。
よって車両本体価格の他に考えるのは諸費用程度で、そこまで大きくオプション価格が影響しないのが良いですね。

ざっと装備を挙げるとバックガイドモニター、バックソナー&クリアランスソナー、ブラインドスポットモニター、クロストラフィックアラート他ドライバーズアシスト、LEDヘッドライト、シートヒータ−/ベンチレーション、などなどが標準装備。

なお新しく見積もりを取得した内容は下記の通り。
マークレビンソンを外したので前回よりも30万円弱安い価格となっています。

レクサスLC500h Lパッケージ
車両本体価格 13,500,000円
ボディカラー:ホワイトノーヴァガラスフレーク 0円
内装:ブリージーブルー 108,000円
(メーカーオプション)
カラーヘッドアップディスプレイ 86,400円
ステアリングヒーター+寒冷地仕様 35,640円

(ディーラーオプション)
ETC登録 2,700円
ドライブレコーダー 61,560円
フロアマットA 105,840円

リサイクル関連費用 14,830円
自動車税 135,000円
自動車重量税 7,500円
自賠責保険料 36,780円
OSS申請代行費用 26,568円
希望ナンバー 5,940円
預かり法定費用 8,600円
車庫証明法定費用 2,700円
印紙代 14,540円

合計 14,164,158円
外観の雰囲気はこんな感じになりますが、カスタムはやはり必須で、A〜Cピラーをブラックにラッピングし、ホイールをゴールドもしくはブロンズにペイントすればかなりいい雰囲気になるのではと考えています。


レクサス的に考えるLC500の仮想ライバルは「ジャガーFタイプR(1401万円)」「ポルシェ911カレラS(1584万円)」「BMW 650i(1050万円)」「メルセデス・ベンツSクラスクーペ(1477万円)」とのことですが、ぼくとしてはスポーツカーよりもラグジュアリーカーがライバルとしては妥当で、その意味ではBMW 650i、メルセデス・ベンツSクラスクーペがよりライバルとして近いのかもしれません。

ただし実際のところBMWやメルセデス・ベンツの顧客がレクサスと競合するというのは考えにくく、実際は国産車オーナーで比較的金銭的余裕がある人が潜在的顧客になるのかもしれない、と思います。

もしくは今までスポーツカーを購入したことがない人がレクサスLC500を指名買いする可能性もあるのかもしれません(例えばレンジローバー・イヴォークの顧客のうち一定割合はその外観に惹かれて購入しており、それまで自動車を購入したことがなかった、また自動車に興味のなかった人、と聞きましたが、それに近いかもしれない)。
Posted at 2017/03/24 12:33:34 | トラックバック(0) | 日本車 | 日記
2017年03月20日 イイね!

★マツダCX-5の見積もり取得。総額380万円、残価が高くフルローンでも毎月51,000円の支払い

★マツダCX-5の見積もり取得。総額380万円、残価が高くフルローンでも毎月51,000円の支払いさて先日試乗したマツダCX-5の見積もりを取得。
支払総額は3,800,199円となり、車体の性能や装備を考慮すると「かなりお買い得なのでは」と考えています。

グレードは「XD PROACTIVE」で、メーカーオプションにてシートヒーター、パワーシート、電動テールゲート、ステアリングヒーター等をセット。
「Lパッケージ」になるとレザーシートなどが付与されるものの、「そこまではいらないだろう」と考えてこのグレードを選択していますが、その差額は30万円程度なので、この価格でレザーシートがつくと考えると、それもまた「お買い得」なのかもしれませんね。


なおぼくがCX-5について「XD PROACTIVE(4WD)」を選択したのは「ランニングコスト」と「利便性」「リセール」の観点から。

ディーゼルは購入時こそちょっと高くなりますがランニングコストが安く(ぼくは年間で15000〜20000キロくらい走る)、かつ冬季のことを考えると4WDは必須。
リセールについては上記と同じように考える人が東北や北海道に多いと思われ、「ディーゼル4WD」のリセールバリューが高いだろうという目論見があります(買うときに高くとも売るときのことを考えると元が取れる)。

ここでその内容を見てみましょう。

マツダCX-5 XD PROACTIVE 4WD SKYACTIV-D 2.2
車両本体価格 3,434,400
自動車税 41,200
自動車取得税 免税
自動車重量税 免税
OSS申請代行費用 15,552
証明書等管理業者利用料 11880
検査登録 3,240
請負印紙代 200
希望番号 7,020
検査登録 3,240
車庫証明 2,700
リサイクル預託金合計 12,480
パックDEメンテ 50,800
販売車両リサイクル法関連費用合計 12,770
フロアマット 30,888
ナビゲーション用カード 48,600
ETC 54,093
ドライブレコーダー 38,448

合計 3,800,199円


なお支払プランは下記の通り(フルローン、ボーナス払いなしでの計算)。
おなじみ残価設定ローンを利用していますが、CX-5は3年後の残価設定が55%とかなり高いので、毎月の支払が低くなっていますね。

支払期間3年の場合
ローン元金 3,800,199円
残価 1,749,000円
最終前月 64,128円
毎月(35回) 64,115円
支払期間5年の場合
ローン元金 3,800,199円
残価 1,113,000円
最終前月 51,090円
毎月(59回) 51,089円

CX-5は装備が充実した車で、選択したグレードではパーキングセンサー、バックモニタ、ブラインドスポットモニターなど安全性や利便性に関わるものはおおよそ装備していますが、あと取り付けたいのは下記の通り(ほぼ「見た目」を向上させるためのものです)。

フロントアンダーガーニッシュ 31,320円
リアアンダーガーニッシュ 31,320円
シグネチャーウイングイルミネーション+LEDデイライト 71,172円
アルミペダルセット 19,543円

なおアクセサリーカタログにはKENSTYLE、DAMDによるオプションパーツ群(エアロキットなど)も掲載されており、カスタマイズに関してもかなり幅の広い車と言えそうです。
Posted at 2017/03/20 23:18:20 | トラックバック(0) | 日本車 | 日記
2017年03月15日 イイね!

★マツダCX-5の見積もり取得。総額380万円、残価が高くフルローンでも毎月51,000円の支払い

★マツダCX-5の見積もり取得。総額380万円、残価が高くフルローンでも毎月51,000円の支払いさて先日試乗したマツダCX-5の見積もりを取得。
支払総額は3,800,199円となり、車体の性能や装備を考慮すると「かなりお買い得なのでは」と考えています。

グレードは「XD PROACTIVE」で、メーカーオプションにてシートヒーター、パワーシート、電動テールゲート、ステアリングヒーター等をセット。
「Lパッケージ」になるとレザーシートなどが付与されるものの、「そこまではいらないだろう」と考えてこのグレードを選択していますが、その差額は30万円程度なので、この価格でレザーシートがつくと考えると、それもまた「お買い得」なのかもしれませんね。




なおぼくがCX-5について「XD PROACTIVE(4WD)」を選択したのは「ランニングコスト」と「利便性」「リセール」の観点から。

ディーゼルは購入時こそちょっと高くなりますがランニングコストが安く(ぼくは年間で15000〜20000キロくらい走る)、かつ冬季のことを考えると4WDは必須。
リセールについては上記と同じように考える人が東北や北海道に多いと思われ、「ディーゼル4WD」のリセールバリューが高いだろうという目論見があります(買うときに高くとも売るときのことを考えると元が取れる)。

ここでその内容を見てみましょう。

マツダCX-5 XD PROACTIVE 4WD SKYACTIV-D 2.2
車両本体価格 3,434,400
自動車税 41,200
自動車取得税 免税
自動車重量税 免税
OSS申請代行費用 15,552
証明書等管理業者利用料 11880
検査登録 3,240
請負印紙代 200
希望番号 7,020
検査登録 3,240
車庫証明 2,700
リサイクル預託金合計 12,480
パックDEメンテ 50,800
販売車両リサイクル法関連費用合計 12,770
フロアマット 30,888
ナビゲーション用カード 48,600
ETC 54,093
ドライブレコーダー 38,448

合計 3,800,199円


なお支払プランは下記の通り(フルローン、ボーナス払いなしでの計算)。
おなじみ残価設定ローンを利用していますが、CX-5は3年後の残価設定が55%とかなり高いので、毎月の支払が低くなっていますね。

支払期間3年の場合
ローン元金 3,800,199円
残価 1,749,000円
最終前月 64,128円
毎月(35回) 64,115円
支払期間5年の場合
ローン元金 3,800,199円
残価 1,113,000円
最終前月 51,090円
毎月(59回) 51,089円

CX-5は装備が充実した車で、選択したグレードではパーキングセンサー、バックモニタ、ブラインドスポットモニターなど安全性や利便性に関わるものはおおよそ装備していますが、あと取り付けたいのは下記の通り(ほぼ「見た目」を向上させるためのものです)。

フロントアンダーガーニッシュ 31,320円
リアアンダーガーニッシュ 31,320円
シグネチャーウイングイルミネーション+LEDデイライト 71,172円
アルミペダルセット 19,543円

なおアクセサリーカタログにはKENSTYLE、DAMDによるオプションパーツ群(エアロキットなど)も掲載されており、カスタマイズに関してもかなり幅の広い車と言えそうです。
Posted at 2017/03/15 18:00:51 | トラックバック(0) | 日本車 | 日記
2017年02月27日 イイね!

C-HRのガソリンモデル見積もり取得。総支払額325万円、月々17,900円

C-HRのガソリンモデル見積もり取得。総支払額325万円、月々17,900円先日試乗したトヨタC-HRですが、さっそく見積もりを取りました。
試乗はハイブリッドモデル、ガソリンターボ両方とも行っており、見積もりも両方とも取得しています。
ハイブリッドモデルに関しては比較的多数のオプションを装着し、現実的範囲での「理想」を追求していますが、ガソリンターボエンジンについては比較のため(オプションがなければどれくらい違うのか)、「最小限」にて見積もりを作成。



さて、見積もりの内容は下記の通り。

トヨタ C-HR G-T 見積もり
車両本体価格 2,775,600
自動車税 28,700
自動車重量税 36,900 ※ハイブリッドは免税
自動車取得税 69,300 ※ハイブリッドは免税
自賠責保険料 36,780
検査登録手続き代行費用 18,360
車庫証明手続き代行費用 16,200
納車費用 7,560
希望ナンバー代行費用 5,940
預かり法定費用 8,600
預かりリサイクル預託金 11,270
印紙代 200
メンテ費用 47,300
ホワイトパールクリスタルシャイン 32,400
BI-BEAM LEDヘッドランプ
フロアマットデラックス 23,760
ETC 2.0ユニット 39,960

合計 3,258,772円


なお、下記の通り簡単に支払いプランも作ってもらっています。
36回払い、残価設定ローンですが、これによると金利は3.9%、月々の支払いは19,311円、残価率は約50%程度。

頭金 959,852円
ローン元金 2,000,000円
初回支払 19,311円
毎月 17,900円
最終支払額 1,582,090円


正直なところ、いざ購入するとなるとガソリンターボかハイブリッドかは非常に迷うところ。
ハイブリッドはやや高価ですが、購入時の減税を考えると、支払総額ではガソリンターボと大きな差はありません。
かつ燃費に優れるので、ある程度の距離を走るのであれば、ハイブリッドの方が「元が取れた上にランニングコストが安い」と言えます。

ただ、ガソリンターボには「4WD」というハイブリッドにはない駆動システムがあり、これが「必要」であれば迷わずガソリンターボ、ということに。
なお売却時の価格については、「4WD需要」を考慮するとハイブリッドよりもガソリンターボの方が高くなるという「逆転現象」が生じる可能性もありますね。


参考までにハイブリッドモデルの見積もりは下記の内容となっています。

トヨタC-HR ハイブリッドG 見積もり
車両本体価格 2,905,200
自動車税 36,200
自動車取得税 免税
自賠責保険料 40,040
OSS申請代行手数料 26,568
納車費用 9,504
資金管理費用 380
希望ナンバー代行費用 5,940
預かり法定費用 8,600
預かりリサイクル預託金 11,270
印紙代 200
メンテ費用 47,300
ホワイトパールクリスタルシャイン 32,400
BI-BEAM LEDヘッドランプ等 151,200
バックカメラ 37,800
ETC登録費用 2,700
ナビ/TVキット 30,000
ナビ(T-connect)9インチ 277,560
フロアマット(ラグジュアリー) 31,320
スイッチキット 2,916
インテリアイルミネーション 22,680
インパネアクセントイルミ 27,000
モデリスタ イルミパネル 55,080
IRカットフィルム 35,640
ETC 2.0ユニット 39,960
TRDオーバーフェンダー 101,520
TRDフロントスポイラー 46,440

合計 4,058,018円
Posted at 2017/02/27 17:38:18 | トラックバック(0) | 日本車 | 日記
2017年02月20日 イイね!

★レクサスLC500の商談をしてきた。もう実車は配備済み、カタログも準備

★レクサスLC500の商談をしてきた。もう実車は配備済み、カタログも準備さて、3月に発売のレクサスLC500の商談に。
まあ実車が来るのはまだ先だろうと考えていたのですが、なんと既に実車配備済み(しかも見れる)。
これについては発表まで明かすことはできず、ここでは割愛しますが、結構何箇所かのレクサスディーラーには既に入庫しているようですね。




なおレクサスL500のような大きなクーペは東京や大阪でしか売れず、東京/大阪のレクサスディーラーは展示車や試乗車をごっそり取らされている模様(この辺り、アウディA5カブリオレが東京在住者にターゲットを絞ったのと同じ理由かもしれない)。

トヨタC-HRでもこういった先行商談はありましたが、その場合は実車の配備はなく、加えて用意される資料もトヨタが公式に先行ティーザーサイトに公開していたものとほぼ同一で目新しい情報はなく、そのため今回のレクサスLC500についても「新しい情報は得られないかもしれない」と考えていたのですが、すでにカタログ(本カタログではないものの23ページもある。配布可能)、セールス用資料がしっかり整い、それらを見せていただくことができました。



ここで詳しくそれらを紹介するのはコンプライアンス上の問題があるので適当にぼかして記載するしかないのですが、とにかく気合の入った車としか言いようがなく、ターゲットは「ジャガーFタイプR(1401万円)」「ポルシェ911カレラS(1584万円)」「BMW 6501(1050万円)」「メルセデス・ベンツSクラスクーペ(SLだったかも。1477万円)。

FタイプではなくFタイプ”R”、911カレラではなく911カレラ”S”と上位グレードを持ってくるあたりに自信が現れていると言ってよく、この辺りを相当に意識している模様(セールスマニュアルはレクサスに限らず大変参考になるので、機会があれば一度見せてもらうと良いかもしれない)。

さて、詳しい情報は実車が公開されたのちに述べたいと思いますが(2月末〜3月初旬にかけて先行公開イベントもある)、とりあえず見積もりを取得。



LC500とLC500h(ハイブリッド)の二種があること、それぞれに「ベース」「Lパッケージ」「Sパッケージ」が設定されているのはすでに公開された通り。
価格はすでに発表され、下記のようになっています。

LC500 13,000,000円
LC500 Lパッケージ 13,000,000円
LC500 Sパッケージ 14,000,000円
LC500h 13,500,000円
LC500h Lパッケージ 13,500,000円
LC500h Sパッケージ 14,500,000円
ガソリンエンジンモデルとハイブリッドとの差は50万円で、これは売るときにそのままペイできるであろうと考え、見積もりではハイブリッドモデルのLC500hを選択。
グレードについてLパッケージは豪華仕様(カーボンルーフがサンルーフになったり)ですが、カーボンなど高価な素材が減る分と追加される豪華装備とが相殺されてベースグレードと価格は同じ。
Sパッケージになるとリトラクタブル式のリアウイングが追加されたり、ホイールが21インチになったりという差別化があり、内容を見る限りでは「余裕があれば選択したい」と思えるグレードです。

ただしぼくは「ベースグレードで十分」と判断し、1350万円の標準仕様を選んでいます(Sパッケージでしか選べない内装の”ブリージーブルー”は捨てがたいですが)。
ボディカラーは新色の「ネープルスイエロー」一択。
内装はベージュのような「オーカー」で、この組み合わせはぼくが以前に乗っていたポルシェ・ボクスター(986)、911カレラ(997)と同じ組み合わせ。
基本的にこの色が好きなんでしょうね。


メーカーオプションは4つしか選択肢がなく、そのうちの三つを選択。
ヘッドアップディスプレイはおそらくアウディの今後登場する新型車と「世界最大」を競うであろうサイズと思われ、レクサスのキモ入りなので選んだ方が良さそう。
マークレビンソンも「後でオーディオを入れ替えることを考えると」この価格であれば許容範囲。
ステアリングヒーターは必要ではないのですが、「意外と安いので」選択しています。

さて、ここでその価格、内訳を見てみましょう。

レクサスLC500h ベースグレード
車両本体価格 13,500,000
ボディカラー:ネープルスイエロー 162,000
内装:オーカー 0

(メーカーオプション)
カラーヘッドアップディスプレイ 86,400
マークレビンソン プレミアム・サウンドシステム 219,240
ステアリングヒーター+寒冷地仕様 35,640

(ディーラーオプション)
ETC登録 2,700
ドライブレコーダー 61,560
フロアマットA(マット高い!これでも一番安いヤツ) 105,840

リサイクル関連費用 14,830
自動車税 135,000
自動車重量税 7,500
自賠責保険料 36,780
OSS申請代行費用 26,568
希望ナンバー 5,940
預かり法定費用 8,600
車庫証明法定費用 2,700
印紙代 14,540

合計 14,440,498

総額で1440万円と安くはありませんが、日本車らしく「もとから何でもついている(シートヒーターはもちろん、ベンチレーターまで)」ので、車両本体以外にかかる費用は極小。
この辺り「車両の他に200万円くらいオプションでお金がかかる」ポルシェとは異なるところで、パフォーマンスに比べると「割安」と言えるかもしれません。

あとは実際に運転してみてそのハンドリングやダイレクトさ、ブレーキ性能、その他もろもろを確認してからの判断となりそうです。
加えてレクサスの利点としては、以前にもあげたように「中古相場が高い=売りやすい」ということ。
この辺りアウディ、メルセデス・ベンツ、BMWとは大きく異なり、ポルシェに近いもがありますね。


なおレクサスLC500は3月1日より受注を開始し、生産には3か月〜5か月くらいかかる、とのこと(ハイブリッドの方が納期が早い)。

なお、レクサスにて担当さんと話をしていたところ、「もうこのレクサスができて10年になる」とのこと。
ぼくはそのディーラーのオープン時にも招待してもらっていて、店内の設備見学にも呼ばれていたので、つまり10年来の付き合い、ということに。

しかしその間にぼくはただの一台もレクサスを購入したことはなく、それでもこうやって新型車が出ると話を聞かせてくれたり、試乗させてくれるというのは非常にありがたいことで(他にもそういったディーラーさんはある)、その親切に応えるために一台はいつか買わねばなるまい、と考えています(LC500が流れても7月にマイナーチェンジを受けるNXなど)。

Posted at 2017/02/20 18:43:46 | トラックバック(0) | 日本車 | 日記

プロフィール

「@intensive911(JUN) こちらこそ、お願いします!」
何シテル?   12/03 22:41
登録名は「intensive911」ですが、HNは以前より「JUN」で通しています。 ランボルギーニ・ウラカンLP610-4、アウディTT(8S)、BMW i...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ぼくの基本ブログ→Life in the FAST LANE 
カテゴリ:自分関係
2014/01/19 08:51:18
 
フォローお願いします→Twitterアカウント 
カテゴリ:自分関係
2011/08/02 08:49:29
 
いいね!お願いします→Facebookページ 
カテゴリ:自分関係
2011/08/02 08:46:47
 

お友達

意外とシャイなので、なかなか自分からお友達にお誘いすることができません。
気軽に誘っていただければ幸いです(自分では、基本的にフレンドリーだと思っています)。
老若男女国籍性別種族車種にかかわらず募集中です。
面識あるなし、メッセージやりとり有無も無関係。フランクにゆきましょう。
612 人のお友達がいます
岡昇岡昇 * CBIICCBIIC *みんカラ公認
c21suzukic21suzuki * CoonyCoony *
きゃのん@2008きゃのん@2008 * goosegoose *

ファン

726 人のファンがいます

愛車一覧

ランボルギーニ ウラカン (クーペ) ランボルギーニ ウラカン (クーペ)
2014年1月19日に発注、2015年4月12日に納車(オプションの関係で生産が数ヶ月遅 ...
アウディ TT クーペ アウディ TT クーペ
以前に乗っていた8J/TT(二代目)に続いて購入した8S/TT(三代目)。 今回「維持 ...
BMW i3 BMW i3
ポルシェ・ボクスター(981)の後継として購入したBMW i3。 レンジエクステンダー付 ...
ランボルギーニ ガヤルド (クーペ) ランボルギーニ ガヤルド (クーペ)
ガヤルドLP560-4ビアンカ。日本限定車、シリアルナンバー1/15(つまり1番)です。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる