• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じぷレコのブログ一覧

2017年05月20日 イイね!

変わり者が行く!!オアフ島漫遊

変わり者が行く!!オアフ島漫遊
社員研修という名の海外旅行でハワイに行ってきたのですが、
毎年の行事で、すでに行き尽くした感もあって、ここ数年はマイナースポット巡りに腐心しております。



今年もJEEPを借り、レンタルMTBを積んで、H1を西へ。
日本人がほとんどいないWESTを目指します!!

7スロットグリルを模したガラスモールがかわいいね(*^-^)


ほとんどの方はWESTといっても馴染みはないと思いますが、フリーウェイが終わり、コ・オリナリゾートを過ぎると一気に田舎、それもノースショアとは違った衰退・荒廃が目立つ町並みになります(ノд-。)


マカハ、ヨコハマ・ベイを過ぎますと、いよいよ舗装が途切れます。
ここからはレンタカー禁止区間ですのでMTBでカエナ岬を目指します。

この道はかつてはサトウキビ列車が通っていたようで、少しですが枕木が残っていました


チェロキーの草ヒロ発見!!
かと思ったら、地元トレイルランナーのお兄さんが乗って帰って行きましたヾ(~O~;)

何もそんなところに停めなくても・・・
でもJEEPらしい、いい歳の重ね方をしている車両ですね。


潮吹き岩。
波が打ち付けると水圧と気圧で小さい風穴から轟音とともに間欠泉の如く潮が吹き上がります。

まったく日陰がない、灼熱地獄の中にありながら色んなことを想像してしまったのはナイショです(*^-^)


すでにこの時点でMTBはパンク。
灼熱の土道をおっさん共がMTBを引いてカエナポイントを目指すという
まさに研修という名目に違わぬ内容になっております(〃゚д゚;

古いマツダ車が2台。味がありますな


翌日、
懲りずにカエナ岬を目指しますが、今度はノースショア・ハレイワ経由で。

モクレイアという、民家も店もない地点で舗装は切れ、レンタカー禁止区間となります(自家用車はOK)
前日の教訓から、徒歩で目指すことになりました。
こうなると研修というより罰ゲームに近いです┌(;・_・)┘

荒涼としたワイアナエ山脈の北麓を海沿いに行きます。
スイスの軍用車があります。個人の所有物ですかね。
赤いのはUS日産のエクステラ。これ日本で発売してほしいです
(m。_。)m オネガイシマス


やがて全ての車両が通行禁止に。ここからは自然保護の為、歩行者のみ進入可です。

カエナへのトレイルは日陰がない、落石などの他に
こうした自然保護の為の立入禁止エリアにも細心の注意が必要です。


カエナ岬に着きました。潮溜まりにアザラシ?

昼寝をしているハワイアンモンクアザラシ。
アザラシって寒い国の生き物のイメージだったので死体が打ち上がっているかと思いましたが、ハワイ固有種のようです。


ハワイのオフローダー。

ピックアップトラックが主流です





ラジコンに興ずる親子。
すでにハワイアンオフローダーの英才教育が始まっているようです。




釣りをする者、サッカーをする者、ただ座って黄昏る者・・・
グループでこの地に来ても、やることはそれぞれ違うところがいかにも自由の国といった感じです(*゚▽゚)*




さらに日は変わりまして、今度はハナウマ湾方面を目指します。
ダイヤモンドヘッド早朝登山後でしたが、ワイキキから東へ、MTBで行きます


カハラ、ハワイカイ・・・
登り下りを繰り返しつつ、WESTとまったく異なる高級住宅街を行きます。


この日、ハナウマ湾は停電の為、閉鎖だったので少し先まで行きました
(停電で閉鎖になる理由が分からん(・_・?))

激登りのハナウマ湾入口を過ぎれば、前方に目の覚めるような青い海にダイブするように下ります。

適当にMTBを停めて名もない海岸に降り立つ。
ここまで来ると海の青がワイキキとは違います。


このあたりも潮吹き岩ビーチと呼ばれているようです。
茶褐色の岩のヒダから潮が吹く様子に熟j(以下略


お気に入りのG-SHOCKも、たっぷりソーラー充電できて喜んでます。

少し回り道をしましたがこの日は往復で約35kmを走り抜きました。


フォードF-350。ただただデカいです。
こんな厳ついビークルに乗っていても、運転は極めて紳士的でした。


あとは定番のガーリックシュリンプやらロコモコやらパンケーキやら・・・


この店、東京にもありますね。





今回のレンタカーも紹介しておきましょう。
ご存知エクスプローラー。


先代のモデルはアメリカの定番SUVという割にはハワイではあまり見かけなかったのですが、このモデルはどこにでも走ってました。
ちなみに残念ながらグランドチェロキーは写真撮るのも困難なほど、数台しか見ませんでした(o ̄∇ ̄)


日産VERSA。
ティーダのアメリカ版ということですが、小型ながら後席がとても広く、トランクも大きい良くできた車でした。


個人的には、慣れていない道こそ視点の高いSUVをオススメしたいです。
車幅感覚が分かりやすい他、レンタカーが必要な田舎は車線が広く、小さい車ですと右か左に寄り気味になります(((((・_・;)


その他の車ネタ(・o・)

テスラ。
ワイキキにテスラのショールームがあります。

ん~このドアから乗り降りするのは気恥ずかしい。
西部警察の大門課長がライフル抱えながら転がしてたやつと同じだ
Σ( ̄ロ ̄lll)


充電中のテスラ。
ノベルティグッズもあってこれからが楽しみなメーカーですね。




ホノルル警察のパトカーにもエクスプローラー



その他のスポット

ほとんどねずみに会わない、アウラニディスニーリゾート。
日本の「夢の国」を想像して行くと肩透かしを食らうかも(-_-)
大人の高級リゾートです。

そもそもTDLを「夢の国」っていうこと自体が恥ずかしいような(。≧Д≦。)・・・


クカニロコバースストーン。オアフ島の内陸でオアフのへそとも呼ばれています。
入れない区画があるという情報がちらほら見られましたが、この日は普通に入れまして多くのロコがおりました(日本人は我々だけでしたが・・・)


なんでも強力なパワースポットらしく、デリケートな人は長居をすると体調に変化を来たすようです。ちな、おっさんには何の変化もございませんでした(。≧Д≦。)


楽しいハワイはあっという間に終わり。

ワイキキでショッピング、マリンスポーツなどのイベントはいっさいなしの、変わり者のハワイ漫遊でした。
ホノルル空港改め、ダニエル.K.イノウエ国際空港(なんじゃそれ)を離陸した機内からワイキキの町並みを見下ろしつつ思い出に浸りながら帰国しました。

来年はさらに激しく、マニアックに、MTB+登山に挑戦する予定です、アロハオェ~
☆⌒(*^-゚)ノ~♪see you again♪~
Posted at 2017/05/27 13:46:32 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年05月03日 イイね!

滋賀から志賀へ…若狭佐久烈林道行脚( ´∀`)

滋賀から志賀へ…若狭佐久烈林道行脚( ´∀`)いきなりですが、このブログはGW中に何日かに分けて訪問したものであり、いわゆる一筆書きの林道訪問ではありません。タイトルに偽りありです (^^;



あっ、あといつものとおりムダに長いですがよろしくお願いいたします
(・ω・;)



最近、滋賀県が林道天国であることに気付いてしまい、
先回、積雪で諦めた林道のリベンジから今回の林道行脚は始まります。

まあ、林道というのはどこも斜面が脆く、崩土落石は標準装備なんですが、このあたりは崩土を除去して復旧というより、乗り越えて踏み固める手法のようです(‘ェ’*)


草の生え方等から、林道としては新しい部類に入ると思いますが
岩の感じや景色は有名林道と比較しても遜色ないものです。
ここはオススメ( ˘ ³˘)



土や岩の色が微妙に異なっているのも、荒涼とした印象を与えるものです。



ヘアピンカーブ。成長が楽しみな林道です。
距離もそこそこあってホームグランドにしたいですね。

別途、フォトギャラリか何かに特集しようと思います(*゚∀゚)っ


次なるエリアに行く前に小休止。



ちょっと移動距離が長かったのですが、ここも前回挫折した林道。
滋賀→福井の峠越え、かつ県境越えになります。

しかし、この道をアクァで行くなんて、なかなかだな、ぉぃ(*゚∀゚)っ


ノーマルジムニーが一番楽しめる道です。



地図で見ると、このあたりが県境で、しかも分水嶺になっているようです。



猛者現る!!
アクァでもクリビツてんぎょうなのに、日本が誇る高級車、レクサスではないか。よく来たなぉぃ(*゚∀゚)っ
もしかして、福井側から来たのかしゃん?




おそらくこの林道の最高位でしょう。
一本分岐していますが、地図によるとすぐに行き止まりな感じですから、そのまま先に進みます。

豊橋ナンバーのCX-5が置いてあります。
愛知県人には馴染みのない滋賀福井の県境の山奥に。
同業他車ですかね。まあ、そういう私も岡崎ナンバーだし、軽だし、しかもおっさんは住民票を移して横浜市民だし(*´ρ`*)


ジムニー専用の幅員ですね。
レクサスもCX-5さんも恐らく滋賀側からのアプローチだね。



峠からかなり高度が下がりましたが、雪が残ってます。



沈下橋のような橋もあります。



ラムネ色が美しい。
ここでテント張るものいいかも。

って、私、テント持ってないのに、いかにも知ってる風にかましてしまい申し訳ございません´∩`)

でも、この林道オススメですね。景色はあまり良くありませんが、
ところどころにウォーターフロントがあり、特に関西の方には人気のロングダートです。


日本海側にでたところで、この有名な林道も行くとしよう。



なるほど、オバマ氏に行くわけだな。Yes!We!Can!!



舗装部分が長いですが、海が見渡せる、ここも人気の林道です。



って行っている間に、通行止め現る。
I can't stop the loneliness どうしてなの?

約20kmの林道はお預けとなりました。


再び滋賀へ。

写真はありませんが、ダム沿いの舗装林道は、舗装部分が土や石や木と流水の影響で非常に滑りやすい路面になっております。


面白い残雪。上から割と大き目の石を投げつけてみましたが、
崩壊することはありませんでした(゚ω゚)



さて、日付は変わりまして、志賀高原に来ました。
それにしても車と人が多く、志賀高原らしい写真は撮れませんでした。



さすがにこちらは滋賀よりも残雪多めです。

森と池がいかにも信州らしい、ロマンチックな雰囲気です。


潤満の滝展望台で消防車と救急車がいました。

帰宅後に知ったのですが、山菜取りの老人が転落し重傷を負ったようです(-ω-;)


救助隊の皆様。
さすがに私みたいに太った隊員はおりません。

体力・技術・知識・・・・
選ばれし精鋭たちが救助に向かいます。これぞ漢の仕事!!かっこいいです。と思ったら、救急車の機関員さんは女性でした。

GWの中、本当に頭が下がります。
私は活動の邪魔にならないように、直ちにその場を去りました。


志賀草津道路は雪の回廊でしたが、あまりにも人と車とバイクと自転車が多く、無法地帯と化しており撮影はいっさいせず。


そうしているうちに、今回の行脚の最後のロングダートです。

今年はこの水溜りにいっさい水がなく、やや拍子抜けでしたが
さすがは東信地方の雄。景色、距離、路面など楽しい林道です。









今回の行脚は水辺に恵まれてます(´∀`)



やはりここに入ってくるのはジムニーぐらいですかね。
同じ白いJB23じゃん。私もいつかはキャンプしたいな~
とりあえず恨めしそうに見ておきましたww



途中、草津あたりで大渋滞があったのでココは諦めようと思ったのですが、むしろ夜の帳が下りる、魅力的な時間帯に到着しました。

今回の林道行脚の終着地にふさわしい、いくつかあるジムニー乗りの聖地のひとつといえるスポットでしょう。
冷たく、やや強い風が、暑がりの私と、GW後半だけで1,200kmを走りぬいたJB23を心地よく、しかし帰りを促すように吹いていましたヾ(・ω・ )…..


結局、GWの前半も入れると、1,500km程度走ったことになります。
もう40代半ばというのによく頑張ったというか、我ながら関心するやら呆れるやら・・・

あと、地味ですが分水嶺を2回越えたことになります(´∀`)
(滋賀-福井の黒河越えと、志賀-草津の山田峠)


毎度のことながら、退屈で中身の薄い、しかもタイトルと本文がかなりズレているブログになりましたが、ご覧いただきありがとうございました。


               ・
               ・
               ・
               ・



おっと、わすれちゃいけないこのコーナー

        ~~σ(´ω`*)   今日の草ヒロ  σ(´ω`*) ~~


GW特別企画として、毎年恒例となった長野市にございます、信濃川田駅跡の定点観測です。

背景がボケない。

さすがは水没歴のあるカメラのせいか、ピンボケ多発のクセに
こういう時はクリアに写る。・゚・(ノД`)


塗装の剥離が一段と進んでいます。



銀色車がなくなった?

まだまだ今後も目が離せない、信濃川田駅であります。





今日もにゃんこはおりませんでしたので
代打として、志賀高原の野生のサルをどうぞ!!⊂´⌒(´艸`)









END

Posted at 2017/05/08 02:29:39 | コメント(8) | トラックバック(0) | 林道 | 日記
2017年04月29日 イイね!

GW前半線_晩春の三遠南信を行く

GW前半線_晩春の三遠南信を行く
割と長めのお休みがいただけたので、今年のGWは林道三昧となりそうです。
そんなGWの一発目は三州・遠州・南信州エリヤです。



この林道、超マイナーで、僕も過去に1回しか来たことがありません。



春なのに萌えるような紅葉
緑の茶畑とのコントラスト。日本は美しい




ご他聞に漏れず、この林道も舗装区間が長くなったような気がします。
前半は鬱蒼としてますが、急に開けた支線があったので迷わず突入!!

空は既に夏の気配すら漂わせています


そしてなかなか遊べる支線です




なんじゃアレ?(*ω*?



どうやらジムニーなら行けそうなので行って見ました



なんだか下に降りる道らしきものが・・・
行けなくはなかったのですが無茶はしないのだ


しかしなんじゃこりゃ?


まあ、楽しいから細かいことは気にしない



ところどころ、ご機嫌な眺望が広がります。



しかし鉄塔が似合うジムニーだな( ^^)r"

鉄塔の標柱に中部電力静岡幹線と書いてありました。


やがて下モ山線は2つに分かれてまして、どちらも作業道っぽい暗くてジメジメした道になりますが、どちらに行っても同じ県道に出ます。

まあまあ標高が高いのですが、集落があって畑があって・・・
そこには人の営みがあるのですね


さらに標高が高くなりまして、1000m近くあるかな。
この日2本目の林道となる村道霧坂線。


村道ですが、全線未舗装の貴重な林道です。


この日は暑い1日でしたが、この辺りは落ち葉と木に葉っぱがないので
まだまだ冬の景色。

落ち葉に隠れていますが、岩やら石やらが多く
座席を通じて心地よいバイブレイションがさらにやる気にさせてくれるのです。


かつての王シフトよろしく、アホンダラな4WD車は通さない勢いのフールプルーフも、嘲笑うかのように通り抜けてやりますヽ(゚ω、゚)ノ







別名、霧坂グリーンラインという名称があって
かつては木の標柱があったのですが、なくなってました。




あたらしい標識もモゲてます _| ̄|○

国道の路側帯脇から山奥に入っていくので、非常に目立たない林道です。


さて、愛知、長野の県境を何回か跨いで
3本目の林道、虫川新野線。


あの杉玉みたいなのはクマ棚なのか?


この林道も長いのですが、徐々に舗装比率が高くなっています。



おいしそうな支線があったので入ってみると200mほどでチェーンゲート。



廃牧場らしいです。

白いボディと黒いバンパーが牛模様に見えなくもないか(‘v`)


長野県最南端の阿南町新野。
標高800mの高原盆地では桜が満開でした。







今日はネコは見かけなかったので、今日のぬゃんこのコーナーは
お休みですが、ジンギスカンの食材がおりましたので代わりとさせていただきます((* ´艸`))




一方、このコーナーは通常運転でございます。


~~~∑d(*゚∀゚*)  今日の草ヒロ  ~~┗─y(*´∞`*)

岡崎名産の味噌ブランドのマークに外国風のナンバープレート。
ん~香ばしい(´・д-人)


2017年GW1発目の林道はいかがでしたでしょうか?

みんから先輩の情報やら、先日のリベンジなどもあって西へ東へ・・・
こいつは忙しいGWになりそうだ^ω^


Posted at 2017/05/01 20:41:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | 林道 | 日記
2017年04月14日 イイね!

春 RUN MAN

春 RUN MAN
夏日の予報となったこの日

さすがに信州方面はまだ雪の中だろうということで滋賀福井方面に遠征しました。


今回のブログはいつにもまして長めでございます。
申し訳ございません。



1000mにも満たない、しかも西日本の山地ですが雪解け水が川に轟音を響かせて流れております。
青い水、白いジムニー、黒いバンパーww


澄んだ水には小魚も泳いでおりました。
しかし、この日1本目となるロングダートは重い残雪に阻まれ到達できませんでした。
みんから先輩の方々のブログに長野や群馬方面の林道がすでにうpされていたので滋賀県なら雪は無いだろうと思っていましたが。。。

ソロなので無理はできません。


滋賀県ではちょうど桜が満開でした。



余呉湖畔。
平日でしたがたくさんの人が桜を撮影してまして、良い場所はすでに先客がいらっしゃいました




青い空
青い湖
ピンクの桜




緑の絨毯
黄色い花


そして白いジムニーに黒いバンパー(/ω\)





2本目の林道。こちらは木之本の小さい盆地を囲むような、山脈のリッジトレイルとなる林道です。



10km超のロングダートが楽しい林道ですが、入口と出口は数kmしか離れていません。欲を満たすためだけにある林道だね(^з^)-☆

遠くに見えるは白山かな?


日陰には雪があります。



はるか遠くにこれから行く道が見えます(見えますよね?)



この林道、私がよく行く長谷高遠林道に雰囲気が良く似ています。



春先にありがちなアトラクション・・・
ちょっと工作をして太い枝を除去。笹がボディーについた泥を払ってくれます。




おいおい、屋根はどこいったんだ?
優勝パレードでもしたかのような屋根の無さ・・・・




50mほど先にも・・・



もうすぐ集落というところでコレ。
太い枝は工作で切り落としましたが、幹は弾力があって塩梅よく切除できない。


弾き返されるような弾力もいいですけど、少し枯れたような風情がボクは好きですね。若い娘と熟joとどちらがイイかと尋ねられたら・・・(@_@)
仕方なく路肩を行きましたら、すんなりと通過できました。20分程時間をロスしました


そんなこんなで下界に下りて来ました。



次、この日のメインとなる、滋賀→福井の峠越えの林道です。



所々、路肩に雪はありますが、ほとんどがドライでしたが・・・



あるカーブにさしかかったところコレですわ・・・
つわものどもの夢の跡か、いくつかの轍がありましたが到底超えられるものではありませんでした。


これで今日の目的は叶わないということになりました。
先人たちが戦い、志半ば夢破れて辛酸をなめたであろうこの壁ですが、申し訳ありませんが周囲は冷気が漂っていて気持ちよかったので30分ほどサボりました(*´∀`*)


諦めて引き返すの図



この林道の詳細は伏せますww



三国山、黒河・・・
日本全国どこにでもありそうな地名ですね(^o^;)




これまた1000mにも満たない山ですが、どこか白馬村の風景に通じるものがあります。



林道は諦め、ソースかつどん。福井名物ですね。
駒ヶ根のそれと違い、キャベツはありません。その分、米がパサついていると感じる方もいるかもしれません(^o^;)




そのまま帰るのも不完全燃焼なので地方鉄道をなぞりながら帰路につきます。

えちぜん鉄道 小舟渡駅より。
青い山脈と九頭竜川がイイですね。日本は美しい


えちぜん線の窓に今年も桜が映る




発坂駅ちかく。路面電車のような近さ。



比島駅。ローカルな雰囲気もさることながら
側道もすでに路線に取り込まれています(・o・)




ホームより。
民家との近さがいかにも地方鉄道ですね。wikiによればこの駅は普通電車でも大半の便が通過扱いのようです。


秋には線路に紅葉が積もり、それを巻き上げながら通過する電車があるとどこかのサイトに書いてありました。秋にも来たいですね。


電車が来るとこの距離です。
ドアを開けると普通に接触しますww




次の終点、勝山駅まではこんな風に路面電車のようになってます。
背後に見える雪のアルプスも素晴らしい。


これまたwikiによれば過去に短期間のうちに2回も電車同士の衝突事故を起こしたそうですが、電車だけでなく自家用車との衝突にも注意が必要そうですね(-o-;)





目的の林道は通り抜け出来なかったけど
青い水や桜や地方鉄道もあって充実した滋賀・福井でした。

本日の走行距離 約600km!! おっさんがよく走りましたね。

長野群馬への往復よりは近いとはいえ、前日夜に横浜から新幹線で帰ってきて、次の早朝に出発でしたので多少腰にきました。

幸い、GWの連休は長めに取れそうですので、今回越えられなかった林道は宿題ということにします。





長文駄文、ごらんいただきありがとうございました。


(=´▽`=)ノ 忘れちゃいけない、草ヒロのコーナー (=´▽`=)ノ



今日のニャンコ
春になって行動的になっているのか、いい絵が撮れませんでした (ΦωΦ)




Posted at 2017/04/17 01:48:02 | コメント(6) | トラックバック(0) | 林道 | 日記
2017年03月18日 イイね!

湖国探訪(鉄分多め)

湖国探訪(鉄分多め)

春まだ浅い近江路。

北国の~旅のそるぁああ~

そんなわけで、今回は鉄中心のネタでございます。




近江鉄道。
滋賀の「近鉄」とかガチャコン電車とか呼ばれています。

黄色の電車が多いイメージでしたがこれなんかは昔の飯田線と同じカラーリングです。
自転車も乗せることができるらしいですが、そのような乗客はいませんでした。


日野駅。
何やら大掛かりな工事をしておりますが何インチうpするんだ?((;゚д゚)


完全な建て替えではなく、今風にリメイクされるんでしょうか。
地域の方の安全や利便性を考えると仕方ないかも知れませんが・・・

なつかしい思いつれて戻れよ~


建て替え前の日野駅(2014年11月撮影)

カーブの途中にあり上下線交換もできます。
途中駅ですがこの駅発着の便もあり、近江線の中では割と大きな駅ではないでしょうか。

上田電鉄でいうと下之郷駅と同じような役割ですね

(マイナーなものをマイナーなもので例えるから分かりにくいことこの上ない・´ω`・)


近江鉄道は滋賀県という関西圏にありながら、西武鉄道の完全子会社です。
かつては西武ライオンズカラーの車両があって、「関西で関東を感じられる」違和感が面白くもありました。なお、写真はありませんがバスは今でもライオンズカラーです。



ちょっと乗り鉄してみます。

画質が悪くて見えないのですが、ヘッドマークに「赤電」とあります。
西武系なのでほとんどが西武のお下がり車両です。

(実際乗車したのはタイトル画像の車両)


見た目力弱い路盤、使い込まれた古い車両。
揺れとレールを踏む音が何とも心地よいです(((( ;゚Д゚)))


この駅なんか本当に原っぱにあるのですが、意外にも僕ら以外に乗降客が数人いらっしゃいました。
木の架線中、草むらと同じ高さの路盤、ほとんど土と化したバラストがいかにも地方鉄道という感じです。


桜川駅。
誤って画像を削除してしまったため、これも過去画像になりますが、今も変わっていません。wikiによれば開業当初そのまま、115年前の駅舎ということです。






この駅もやがては改築されてしまうのだろうか?



昔の国電に似た車両。これも西武のお下がりかな?




この駅もインパクト大。
新八日市駅ですが。「新」じゃない八日市駅よりもはるかに古いです。



秩父鉄道とか上信電鉄のような雰囲気。




レトロの代償と言ってはいけませんが、ほぼバリアフリーの施設はありません。
「でかける人を、ほほえむ人へ」との両立は難しい課題ですね( ;゚Д゚。)


高宮駅。
狭い住宅地の奥地にあるのですが、多賀大社への支線がほぼ直角に合流しているので、ホームをそれに合わせて(ムダに)広いです。



近江鉄道は車両や駅以外にも、その沿革や創業についても非常に興味深く面白いものがあります。様々なサイトがありますので堤さん的には
「調べたければどうぞ・・・」といったところでしょうか(〃゚艸゚)



さて、順番は前後しますが、滋賀入りする前に、三重の三岐線も見てきました。

武甲山を背景に秩父鉄道を撮影。ではなく、藤原岳をバックに三岐線。
掘削された山が痛々しくもあり壮観でもあり・・・
休日のせいか、いつもは長大なセメント貨物を曳いているのですが、この日はデキのみ。

これも西武のお下がりっぽい。

このあたりの風景も秩父鉄道の皆野駅あたりと実に良く似ています。
(マイナーなものをマイナーなもので例えるから分かりにくいことこの上ない・´ω`・)
PartⅡ)



それもそのはず、秩父鉄道とこの三岐鉄道の親会社はともに太平洋セメントです。
昔は機関車の貸し借りもしていたとか・・・


滋賀・三重を巡りましたが、気分的には埼玉プチ探訪といった感じでした。遠く離れていても何かと繋がりがあるものですね。

ただ、このあたりは、みんから先輩によるとステキな林道もいくつかあるようですので、夏になる前にもう一度訪れたいと思います。


おわり。




最後は掘削つながりで。
翌日に登った地元の低山(260m)登山の写真。

高度感を出すために山にいらっしゃった話し好きのおっさんと・・・(*´∀`*)

Posted at 2017/03/21 22:19:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行/地域

プロフィール

「景信山。緑と真っ赤な紅葉🍁」
何シテル?   06/03 16:10
ポンコツなおっさんが ポンコツな車を転がし ポンコツなカメラで撮影し ポンコツなPCで編集しております。 極度の貧乏&機械音痴のため、ノーマルで乗っ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

シリーズ 林道紹介 第100回 「林道金谷元名線」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/07 20:29:15
今年初の ハイドラレポート in Hawaii  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/14 18:23:14
2017 GW あれこれ (^-^)v 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/06 12:48:19

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

ジープ グランドチェロキー ジープ グランドチェロキー
フォードエクスプローラーの後継として購入。 JEEPということでそのオフロード性能に期待 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
やっぱジムニーはコレでしょ! 手動ウィンドゥに無塗装バンパー・・・・ 40周年記念車です ...
輸入車その他 GIANT 輸入車その他 GIANT
MTBの手始めとして10年ほど前に量販店で購入。 極度の機械音痴のためほとんどメンテナン ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
いわずと知れた名車。 購入時78,000km。維持費が意地費となり中途半端なカスタムに。 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.