• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じぷレコのブログ一覧

2017年09月10日 イイね!

キハ 

キハ 
今年は秋の訪れが早いようで、暑がりには助かります。







横浜から横須賀線-総武快速線1本で千葉県の五井まで来ました。

五井駅で15両編成の長大な総武快速電車から、小湊鉄道の1両編成のヂーゼルに乗り換え。ギャップがたまらんです(´∀`∩



ホームと車内には独特の燃料臭が充満しています。
しかもこの車両、クーラーがなかったです。
秋の訪れが早いと言ってもさすがに扇風機だけではねえ。まあ、それも含めてのレトロというものです (=・ω・=).


しかし走り出すと全開の窓からとても気持ちのいい風が入ってきます。
乗客が多いため車内撮影はできませんでした。
立て付けの悪い窓の音が、ガタガタと賑やか。ヂーゼルのエンジン音を掻き消す勢いです(^^)

埼玉の八高線やその他のヂーゼルカーに数回乗車したことがあるのですが、最近のハイパワーかつ高性能の車両よりも車内・車外とも音は静かでした。
というか、いかにも力弱く迫力がありません(≧ヘ≦ )


海のイメージが強い千葉県ですが、いかにも中山間地の風景に
こころが和みます。稲刈り中の田んぼを見つつ・・・


稲の青臭さと

デーゼルの排気が混じりあった懐かしい香り・・・


線路と生活道路が近いのが、いかにも地方鉄道といった感じです。


電車が出発した後の駅って郷愁ありますな

河合その子さんは歌ってました。
♪細く光る銀のレールに空の青さが映ってる(昭和ネタ)


夏空と秋空の逢瀬。。。
夏の強い日差しというより、柔らかな秋の日差し降り注ぐ房総路。


踏切ってなんか好きなんですよね~
ちなみに拠点駅の五井の最寄の踏切は昔ながらの鐘を叩く警報機の踏切でした× 涼やかで懐かしい音色もまたレトロ。


さながら林道のような鉄路・・・
でも松〇伊代さんのようなことはしてはいけません(o’∀`o)



ここは関東の駅百選らしいです。
妙にたくさんの人がいます。


言い忘れましたが、私、五井→上総牛久を乗車し、そこからは上総川間駅を経由して、上総鶴舞駅まで歩きました。
といっても上総牛久駅からわずか3km程度です。

昔は有人駅だったのかな
窓口の枠や銭受け台の支柱とか細かい造作が凝ってますね。


レトロと放置荒廃は紙一重だと思うのですが、しっかり手入れされていて
みんなに愛されていると感じました。


おや、なんか様子が違う車両が・・・




多くの人はコレ目当てだったのですね。
ノーマークだったので変な角度+鉄ちゃんがフレームイン(´ ω` )

トロッコ車両でしたが、既存の車両をくり抜いて改造したようなものではなく、台車の上は簡素な柱と屋根で開放感というか、開けっぴろげww

若い女子が多数乗車していてさながらナイトプールのようです。きっとインスタ映えするよね(^ω^)

通過速度があまりにも低いため、肖像権に抵触しそうなので撮影自粛。
ただ、私の対象は若い女子よりも、じゅk・・・( ˘ ³˘)♥
なので心配ゴム用なんですが。。。


日が短くなりましたね

上総鶴舞駅から上総牛久まで、約3kmを再び歩いております(´ε`;)


普通はこの路線に乗ったら養老渓谷に行くものだと思うのですが




本当は来月、仲間うちで養老渓谷の山登りを計画しており、その下見の予定でした。しかし、午後からの行動開始というのと、養老渓谷行きの電車の本数と料金に泣きが入ってですね・・・

でも、そのおかげで農村風景も堪能できたし、7km近く歩いてカロリーも消費できたというものですヽ(^∀^*)


まあ、古いものを維持するにはお金がかかるというのはジムニーも鉄道も同じということですな( ´∀`)


そしてこの切符、「上総牛久⇔五井」の往復ではなく正確には
「上総牛久→五井」の片道切符です。まぎわらしい(゚Д゚)

ちなみに五井から養老渓谷は片道1,200円ほどです(^_^)


以上、値は張るけど、
気張らない、キハの旅でした 凸=3=3=3=3


おわり




あっ、ヂーゼルと言えば・・・



社用車の車検をしてもらった車屋でカタログをもらいました。
クリーンヂーゼルのトルクフルな走りと低燃費・・・
現代の車としては高燃費鈍足マシン2匹の所有者としては気になる車。
次期車として検討したいです。

対抗馬としてコイツも・・・

最近はエコカーばかりでつまらない・・・という意見を散見しますが
エコカーでも楽しさやワクワク感ってあると思うのです。
※個人的な意見です(*´▽`*)


今日のニャンコ(=ФωФ=)


上総鶴舞駅にて
駅務室の中に家具調テレビ(これもレトロ)の上に招きぬこの親子

昔、私のうちにもトヨタブランドの家具調テレビがありました。
wikiによればシャープがOEM生産しTOYOTAブランドに流通していたとのこと。

Posted at 2017/09/10 16:13:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月15日 イイね!

CLOUDY ROAD

CLOUDY ROAD
雲は湧き 光あふれて天高く 純白のジムニー今日ぞ飛ぶ、若人よ・・・


こんな夏の風情はどこへやら・・・





雲は垂れこめ、光あふれず、天低くオフホワイトのポンコツ今日ぞ逝く
中年よいざ・・・



今年の夏を象徴するような曇天の中、長野・新潟・群馬辺りを徘徊です。



水墨画のような色のない山あいを淡々と走ります(o´д`o)=


県境となる峠。
トンネルを抜けるとそこは・・・

入る前から出口が曇ってるのが分かります(ノД`)



そんな中、わずかに残る紫陽花が刺し色になってくれます!!



と思ったら早くも紅葉??
異常気象の影響か?




しかしこの林道、意外に見通しの良い直線が多く、雰囲気はなかなか良いです。



これで晴れていたら文句なしですが
暑くないのは嬉しいことです。



フリーソフトで補正し多少明るくしてますが
絵に描いたような厚く重苦しい雲(;-ω-)


涼しくてもハチアブは減らない・・・・
いや、むしろ涼しいおかげで例年に増して元気なようです∈(゚◎゚)∋



冬よ早く来たれ(●´3`)~~



夏と秋が同居。中途半端な天候のせいか
向日葵もコスモスも中途半端(♥>△<♥)




スキー場と同じ名前を冠する林道。
ゲレンデのイメージで開放感抜群と思いきや、鬱蒼とした、やや不気味な林道でした。


それにしてもトレランってこんなトコも走るんだ!!
クマとか出ないのかな∪・ω・∪


一瞬ですが、眼下に野〇湖を見ることができます。

ちなみに長野・群馬あたりはここのほかにもう一つ野〇湖があります。


過去に何度も遊んだお気に入りのこの道も通行止め。
まあ、林道において通行止は当たり前のように来るものだし
仕方ないゼはしゃいでたあの日にさらば・・・

当分のあいだとは・・・
あんな日は もう二度と来ないような気がして(>Д<)・・・


道中はあいにくの天気だったものの風はなかったのですが
ここだけは相変わらずの強風と横殴りの雨。気温14度。快適(*゚ω゚)

あまり期待してなかったのですが、天気が良ければHF岳に登るつもりでしたが・・・
シンボルの索道跡も雲の中・・・



さすがにこの天気ではラジコン飛行機愛好家はいませんでした。




青い空とまぶしい太陽がまったくない林道奇行。。。


毛の無い峠はいつものこととして、それにしても今年の夏は写真も暗いものが多いですね。宿題として、また秋晴れの季節にリベンジします。




       (ФДФ) 久々の今日のにゃんこ (ФДФ)


あらかわいい(ハート


カメラ目線いただきました(Ф∀Ф)



Posted at 2017/08/21 22:00:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | 林道 | 日記
2017年07月16日 イイね!

マイナス異音を浴びながら・・・

マイナス異音を浴びながら・・・
パソコンの不調でUPできなかったので、1ヶ月以上前の記録になります。




久しぶりの林道奇行。屈伸も念入りにネ




60,000kmを越えたあたりから、車体を揺さぶると、左前タイヤハウス周辺から金属の擦れるようなギュコギュコと異音が気になってます(ง `ω´)ง



猛暑予想のこの夏ですが、曇天が多く景色はイマイチ
でも暑がりには涼しくて好都合です。

通い慣れたこの林道(市道)
晩夏から初秋には盛大なススキに覆われるこの区間も今のところ道としての体を成しているようです


近接するこの林道は女性的な、いい雰囲気。

マイナスイオンを放出しております。



ところ変わって、
この林道、八○岳っていう名前がついているのでさぞかし絶景かと思いきや、眺望は皆無で、どこからでもクマが出てきそうな暗くて不気味な雰囲気

しかも笹に隠れてそこそこ大き目の岩が落ちてます。



アブやらハチが車体にコンコンとアタックする音が・・・
車内から撮影( ✧Д✧)



こんな道にもかかわらず、「二人の小径」なんていう
嬉し恥ずかしなネーミング(゚∀゚)


この道は仲睦まじい男女が歩くことを想定しておるのですね
そういえば森の影から男と女の声がしませんでした
☚(꒪ټ꒪☚)



次の林道は平行しているのですが、まずまず明るい




若者の海離れを加速させるように・・・
日本で海から一番遠いエリアに来ました。
(私が若人ではないことは言わずもがな・・・)



木々の間から見ゆるエメラルドグリーンがステキ



さらに場所は変わりまして
長野
と山梨の県境を行くこの林道は、河原のような石がゴロゴロ
こういう道ではコキコキ音が気になります(゚ρ゚)




「ケツ肉の厚さ+顔のでかさ+背骨の長さ=座高が高い」・・・
そのせいで段差を乗り越えるたびに、タテノリで天井に頭がぶつかりそうになる。まさにロック!!




山梨県に目的の林道があったのですが通行止めだったので近隣の林道を行きましたがこれがなかなかイイ



ガードレールの主張が強いですが、遠くに男っぽいMかき山!!
伏字にするとマスマス?男っぽいネ´ω`




Mかき山が良く見える広場。
あるみんから先輩はモザイクを入れようかと悩んでおられましたが
幸い私のポンコツデジカメではその心配は無用のようです(*'-')





やっとかめなこのコーナー
  
          (*´ω`)o~~  今日の草ヒロ  ~~o(´ω`*)



状態の良いジムニーであります。


今日はぬこが見られませんでしたので信州牛を・・・

Posted at 2017/08/19 22:10:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | 林道 | 日記
2017年05月20日 イイね!

変わり者が行く!!オアフ島漫遊

変わり者が行く!!オアフ島漫遊
社員研修という名の海外旅行でハワイに行ってきたのですが、
毎年の行事で、すでに行き尽くした感もあって、ここ数年はマイナースポット巡りに腐心しております。



今年もJEEPを借り、レンタルMTBを積んで、H1を西へ。
日本人がほとんどいないWESTを目指します!!

7スロットグリルを模したガラスモールがかわいいね(*^-^)


ほとんどの方はWESTといっても馴染みはないと思いますが、フリーウェイが終わり、コ・オリナリゾートを過ぎると一気に田舎、それもノースショアとは違った衰退・荒廃が目立つ町並みになります(ノд-。)


マカハ、ヨコハマ・ベイを過ぎますと、いよいよ舗装が途切れます。
ここからはレンタカー禁止区間ですのでMTBでカエナ岬を目指します。

この道はかつてはサトウキビ列車が通っていたようで、少しですが枕木が残っていました


チェロキーの草ヒロ発見!!
かと思ったら、地元トレイルランナーのお兄さんが乗って帰って行きましたヾ(~O~;)

何もそんなところに停めなくても・・・
でもJEEPらしい、いい歳の重ね方をしている車両ですね。


潮吹き岩。
波が打ち付けると水圧と気圧で小さい風穴から轟音とともに間欠泉の如く潮が吹き上がります。

まったく日陰がない、灼熱地獄の中にありながら色んなことを想像してしまったのはナイショです(*^-^)


すでにこの時点でMTBはパンク。
灼熱の土道をおっさん共がMTBを引いてカエナポイントを目指すという
まさに研修という名目に違わぬ内容になっております(〃゚д゚;

古いマツダ車が2台。味がありますな


翌日、
懲りずにカエナ岬を目指しますが、今度はノースショア・ハレイワ経由で。

モクレイアという、民家も店もない地点で舗装は切れ、レンタカー禁止区間となります(自家用車はOK)
前日の教訓から、徒歩で目指すことになりました。
こうなると研修というより罰ゲームに近いです┌(;・_・)┘

荒涼としたワイアナエ山脈の北麓を海沿いに行きます。
スイスの軍用車があります。個人の所有物ですかね。
赤いのはUS日産のエクステラ。これ日本で発売してほしいです
(m。_。)m オネガイシマス


やがて全ての車両が通行禁止に。ここからは自然保護の為、歩行者のみ進入可です。

カエナへのトレイルは日陰がない、落石などの他に
こうした自然保護の為の立入禁止エリアにも細心の注意が必要です。


カエナ岬に着きました。潮溜まりにアザラシ?

昼寝をしているハワイアンモンクアザラシ。
アザラシって寒い国の生き物のイメージだったので死体が打ち上がっているかと思いましたが、ハワイ固有種のようです。


ハワイのオフローダー。

ピックアップトラックが主流です





ラジコンに興ずる親子。
すでにハワイアンオフローダーの英才教育が始まっているようです。




釣りをする者、サッカーをする者、ただ座って黄昏る者・・・
グループでこの地に来ても、やることはそれぞれ違うところがいかにも自由の国といった感じです(*゚▽゚)*




さらに日は変わりまして、今度はハナウマ湾方面を目指します。
ダイヤモンドヘッド早朝登山後でしたが、ワイキキから東へ、MTBで行きます


カハラ、ハワイカイ・・・
登り下りを繰り返しつつ、WESTとまったく異なる高級住宅街を行きます。


この日、ハナウマ湾は停電の為、閉鎖だったので少し先まで行きました
(停電で閉鎖になる理由が分からん(・_・?))

激登りのハナウマ湾入口を過ぎれば、前方に目の覚めるような青い海にダイブするように下ります。

適当にMTBを停めて名もない海岸に降り立つ。
ここまで来ると海の青がワイキキとは違います。


このあたりも潮吹き岩ビーチと呼ばれているようです。
茶褐色の岩のヒダから潮が吹く様子に熟j(以下略


お気に入りのG-SHOCKも、たっぷりソーラー充電できて喜んでます。

少し回り道をしましたがこの日は往復で約35kmを走り抜きました。


フォードF-350。ただただデカいです。
こんな厳ついビークルに乗っていても、運転は極めて紳士的でした。


あとは定番のガーリックシュリンプやらロコモコやらパンケーキやら・・・


この店、東京にもありますね。





今回のレンタカーも紹介しておきましょう。
ご存知エクスプローラー。


先代のモデルはアメリカの定番SUVという割にはハワイではあまり見かけなかったのですが、このモデルはどこにでも走ってました。
ちなみに残念ながらグランドチェロキーは写真撮るのも困難なほど、数台しか見ませんでした(o ̄∇ ̄)


日産VERSA。
ティーダのアメリカ版ということですが、小型ながら後席がとても広く、トランクも大きい良くできた車でした。


個人的には、慣れていない道こそ視点の高いSUVをオススメしたいです。
車幅感覚が分かりやすい他、レンタカーが必要な田舎は車線が広く、小さい車ですと右か左に寄り気味になります(((((・_・;)


その他の車ネタ(・o・)

テスラ。
ワイキキにテスラのショールームがあります。

ん~このドアから乗り降りするのは気恥ずかしい。
西部警察の大門課長がライフル抱えながら転がしてたやつと同じだ
Σ( ̄ロ ̄lll)


充電中のテスラ。
ノベルティグッズもあってこれからが楽しみなメーカーですね。




ホノルル警察のパトカーにもエクスプローラー



その他のスポット

ほとんどねずみに会わない、アウラニディスニーリゾート。
日本の「夢の国」を想像して行くと肩透かしを食らうかも(-_-)
大人の高級リゾートです。

そもそもTDLを「夢の国」っていうこと自体が恥ずかしいような(。≧Д≦。)・・・


クカニロコバースストーン。オアフ島の内陸でオアフのへそとも呼ばれています。
入れない区画があるという情報がちらほら見られましたが、この日は普通に入れまして多くのロコがおりました(日本人は我々だけでしたが・・・)


なんでも強力なパワースポットらしく、デリケートな人は長居をすると体調に変化を来たすようです。ちな、おっさんには何の変化もございませんでした(。≧Д≦。)


楽しいハワイはあっという間に終わり。

ワイキキでショッピング、マリンスポーツなどのイベントはいっさいなしの、変わり者のハワイ漫遊でした。
ホノルル空港改め、ダニエル.K.イノウエ国際空港(なんじゃそれ)を離陸した機内からワイキキの町並みを見下ろしつつ思い出に浸りながら帰国しました。

来年はさらに激しく、マニアックに、MTB+登山に挑戦する予定です、アロハオェ~
☆⌒(*^-゚)ノ~♪see you again♪~
Posted at 2017/05/27 13:46:32 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年05月03日 イイね!

滋賀から志賀へ…若狭佐久烈林道行脚( ´∀`)

滋賀から志賀へ…若狭佐久烈林道行脚( &#180;∀`)いきなりですが、このブログはGW中に何日かに分けて訪問したものであり、いわゆる一筆書きの林道訪問ではありません。タイトルに偽りありです (^^;



あっ、あといつものとおりムダに長いですがよろしくお願いいたします
(・ω・;)



最近、滋賀県が林道天国であることに気付いてしまい、
先回、積雪で諦めた林道のリベンジから今回の林道行脚は始まります。

まあ、林道というのはどこも斜面が脆く、崩土落石は標準装備なんですが、このあたりは崩土を除去して復旧というより、乗り越えて踏み固める手法のようです(‘ェ’*)


草の生え方等から、林道としては新しい部類に入ると思いますが
岩の感じや景色は有名林道と比較しても遜色ないものです。
ここはオススメ( ˘ ³˘)



土や岩の色が微妙に異なっているのも、荒涼とした印象を与えるものです。



ヘアピンカーブ。成長が楽しみな林道です。
距離もそこそこあってホームグランドにしたいですね。

別途、フォトギャラリか何かに特集しようと思います(*゚∀゚)っ


次なるエリアに行く前に小休止。



ちょっと移動距離が長かったのですが、ここも前回挫折した林道。
滋賀→福井の峠越え、かつ県境越えになります。

しかし、この道をアクァで行くなんて、なかなかだな、ぉぃ(*゚∀゚)っ


ノーマルジムニーが一番楽しめる道です。



地図で見ると、このあたりが県境で、しかも分水嶺になっているようです。



猛者現る!!
アクァでもクリビツてんぎょうなのに、日本が誇る高級車、レクサスではないか。よく来たなぉぃ(*゚∀゚)っ
もしかして、福井側から来たのかしゃん?




おそらくこの林道の最高位でしょう。
一本分岐していますが、地図によるとすぐに行き止まりな感じですから、そのまま先に進みます。

豊橋ナンバーのCX-5が置いてあります。
愛知県人には馴染みのない滋賀福井の県境の山奥に。
同業他車ですかね。まあ、そういう私も岡崎ナンバーだし、軽だし、しかもおっさんは住民票を移して横浜市民だし(*´ρ`*)


ジムニー専用の幅員ですね。
レクサスもCX-5さんも恐らく滋賀側からのアプローチだね。



峠からかなり高度が下がりましたが、雪が残ってます。



沈下橋のような橋もあります。



ラムネ色が美しい。
ここでテント張るものいいかも。

って、私、テント持ってないのに、いかにも知ってる風にかましてしまい申し訳ございません´∩`)

でも、この林道オススメですね。景色はあまり良くありませんが、
ところどころにウォーターフロントがあり、特に関西の方には人気のロングダートです。


日本海側にでたところで、この有名な林道も行くとしよう。



なるほど、オバマ氏に行くわけだな。Yes!We!Can!!



舗装部分が長いですが、海が見渡せる、ここも人気の林道です。



って行っている間に、通行止め現る。
I can't stop the loneliness どうしてなの?

約20kmの林道はお預けとなりました。


再び滋賀へ。

写真はありませんが、ダム沿いの舗装林道は、舗装部分が土や石や木と流水の影響で非常に滑りやすい路面になっております。


面白い残雪。上から割と大き目の石を投げつけてみましたが、
崩壊することはありませんでした(゚ω゚)



さて、日付は変わりまして、志賀高原に来ました。
それにしても車と人が多く、志賀高原らしい写真は撮れませんでした。



さすがにこちらは滋賀よりも残雪多めです。

森と池がいかにも信州らしい、ロマンチックな雰囲気です。


潤満の滝展望台で消防車と救急車がいました。

帰宅後に知ったのですが、山菜取りの老人が転落し重傷を負ったようです(-ω-;)


救助隊の皆様。
さすがに私みたいに太った隊員はおりません。

体力・技術・知識・・・・
選ばれし精鋭たちが救助に向かいます。これぞ漢の仕事!!かっこいいです。と思ったら、救急車の機関員さんは女性でした。

GWの中、本当に頭が下がります。
私は活動の邪魔にならないように、直ちにその場を去りました。


志賀草津道路は雪の回廊でしたが、あまりにも人と車とバイクと自転車が多く、無法地帯と化しており撮影はいっさいせず。


そうしているうちに、今回の行脚の最後のロングダートです。

今年はこの水溜りにいっさい水がなく、やや拍子抜けでしたが
さすがは東信地方の雄。景色、距離、路面など楽しい林道です。









今回の行脚は水辺に恵まれてます(´∀`)



やはりここに入ってくるのはジムニーぐらいですかね。
同じ白いJB23じゃん。私もいつかはキャンプしたいな~
とりあえず恨めしそうに見ておきましたww



途中、草津あたりで大渋滞があったのでココは諦めようと思ったのですが、むしろ夜の帳が下りる、魅力的な時間帯に到着しました。

今回の林道行脚の終着地にふさわしい、いくつかあるジムニー乗りの聖地のひとつといえるスポットでしょう。
冷たく、やや強い風が、暑がりの私と、GW後半だけで1,200kmを走りぬいたJB23を心地よく、しかし帰りを促すように吹いていましたヾ(・ω・ )…..


結局、GWの前半も入れると、1,500km程度走ったことになります。
もう40代半ばというのによく頑張ったというか、我ながら関心するやら呆れるやら・・・

あと、地味ですが分水嶺を2回越えたことになります(´∀`)
(滋賀-福井の黒河越えと、志賀-草津の山田峠)


毎度のことながら、退屈で中身の薄い、しかもタイトルと本文がかなりズレているブログになりましたが、ご覧いただきありがとうございました。


               ・
               ・
               ・
               ・



おっと、わすれちゃいけないこのコーナー

        ~~σ(´ω`*)   今日の草ヒロ  σ(´ω`*) ~~


GW特別企画として、毎年恒例となった長野市にございます、信濃川田駅跡の定点観測です。

背景がボケない。

さすがは水没歴のあるカメラのせいか、ピンボケ多発のクセに
こういう時はクリアに写る。・゚・(ノД`)


塗装の剥離が一段と進んでいます。



銀色車がなくなった?

まだまだ今後も目が離せない、信濃川田駅であります。





今日もにゃんこはおりませんでしたので
代打として、志賀高原の野生のサルをどうぞ!!⊂´⌒(´艸`)









END

Posted at 2017/05/08 02:29:39 | コメント(8) | トラックバック(0) | 林道 | 日記

プロフィール

ポンコツなおっさんが ポンコツな車を転がし ポンコツなカメラで撮影し ポンコツなPCで編集しております。 極度の貧乏&機械音痴のため、ノーマルで乗っ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

【カインズホーム】 洗車スポンジLでデッドニング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/14 21:38:14
ハワイで見た「CX-9」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/14 21:27:50
ラーメン&房総半島ドライブオフ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/10 22:17:56

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

ジープ グランドチェロキー ジープ グランドチェロキー
フォードエクスプローラーの後継として購入。 JEEPということでそのオフロード性能に期待 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
やっぱジムニーはコレでしょ! 手動ウィンドゥに無塗装バンパー・・・・ 40周年記念車です ...
輸入車その他 GIANT 輸入車その他 GIANT
MTBの手始めとして10年ほど前に量販店で購入。 極度の機械音痴のためほとんどメンテナン ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
いわずと知れた名車。 購入時78,000km。維持費が意地費となり中途半端なカスタムに。 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.