• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hanomamoriのブログ一覧

2017年12月15日 イイね!

歯周病は歯を失う最大原因」

歯周病は、「サイレント・アーミー」~沈黙の病気~とも呼ばれるように、痛みなどの自覚症状が出にくく、それが災いして予防を怠りがちになったり、進行が進んでしまうことがあります。また、歯周病は放置しておくと身体全身に影響を及ぼすことが近年の研究で明らかになってきました。歯周病は、どのような病気かというと、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯の歯周病原菌となるいろいろな細菌が、 歯周ポケットの中で異常増殖すると歯肉がはれ、 歯槽骨の破壊を起こさせるのです。そして、歯肉のところで慢性炎症が起こり、それが糖尿病や心臓病にかかりやすくなったり、それらを悪化させます。もっとわかりやすく説明すると歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していくのです。また、「歯周病は歯を失う最大原因」なのです。

歯磨きをすると血が出る
出血の原因は、歯垢(プラーク)です。歯ぐきが炎症を起こしているので、悪化する前に汚れを取り除きましょう。まずは、染め出しを行ない磨けていないポイントをお調べいたします。歯磨きのコツをご指導させていただいた後、専門的なクリーニングを行わせていただきます。
歯科用ユニット
歯ぐきが痩せている
誤った歯の磨き方などにより、歯石が溜まり歯槽骨が溶けてしまっています。 ブラッシング指導とプロフェッショナルケアをしましょう。歯ぐきが痩せているは、歯を支える歯槽骨が溶けてしまっていることが原因です。 誤った歯の磨き方を続けると、徐々にお口の中に歯石が溜まってしまいます。 この歯石により歯周病菌が発生し、歯槽骨を溶かしてしまうのです。

口臭が気になる
臭いは、お口に付着した歯石が主な原因です。スケーリングでしっかり取り除きましょう。
臭いの原因を、まずはしっかりとチェックしましょう。歯磨きの仕方だけでなく、日々の生活習慣に原因がある可能性もございます。 原因が分かった後は、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて、口臭の原因である歯垢を除去します。 歯に汚れが溜まらないよう、定期的にご来院ください。
マイクロスコープ 歯科
歯がぐらぐらする
歯を抜かないで済むよう、早急に治療しましょう。まずは、頑固にこびりついている歯石を丁寧に取り除きます。進行状況に合わせて、外科治療も視野にいれながら治療を進めていきます。

早めの診療
歯周病は、初期のうちなら完治することができます。かなり悪化していても、現在は治療法の進歩で適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、抜かなくて済むケースが多くなってきました。少しでも上記で述べたような自覚症状があれば、痛みがなくても積極的に診察を受けて下さい。
Posted at 2017/12/15 17:22:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月15日 イイね!

驚くべきことに、世界で最も患者数の多い病気は歯周病です。

ギネスブックに「全世界で最も患者が多い病気は、歯肉炎などの歯周病である」と記されているほど・・・厚生労働省の調べでは、日本人の成人の約80%が歯周病にかかっているというデータもあります。また、「歯を失う原因の第一位が歯周病」ということも耳にされたことがあるのではないでしょうか。自覚症状が少ないため気づかないまま悪化することが多く、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
生体情報モニター
歯周病は初期の自覚症状がほとんどないことでも知られており、歯の痛みや違和感に気付いたときには重症になっていることも珍しくはありません。口腔内には非常に多くの細菌が生息しており、その中には体の中に入り込むことで重篤な病気を引き起こすものも存在しています。その中の1つが歯周病菌で、何らかの原因により体内に入り込むことで、心臓病や肺炎、糖尿病、早産といった症状が引き起こされると言われています。

歯周病は糖尿病と同じく慢性疾患で、一度進行すると完全に元に戻すことが出来ません。自覚症状が少なく、長い年月をかけて進行します。腫れや痛みを感じてもしばらくすると一旦なくなり、治ったと思う事もよくあります。また、歯科医師に治療してもらっていても、痛みや腫れがなくなると治療を中断してしまうケースもあります。その為、気づくと手遅れになっていて、抜歯を余儀なくされる場合が少なくありません。
パルスオキシメーター
スケーリング(歯石取り)
食べかすなどが残ると、歯垢として歯の表面などにこびりつきます。
これが初期であればブラッシングで除去することもできるのですが、歯石レベルになると不可能です。この段階だと歯科医院で「スケーラー」と呼ばれる専用器具で除去しなければなりません。
歯石は、毎日丁寧にブラッシングをしていても付着するものなので、定期的に歯科医院で除去することが望ましいでしょう。

ルートプレーニング
歯周病が進行すると歯周ポケットの溝が深くなり、その中にも歯石が付着してしまいます。これを「スケーラー」で除去することは難しいので、「キュレット」という専用器具を使用します。キュレットはそのまま歯周ポケットの溝の中に入ることができるので、深い部分の歯石でも確実に除去することができます。
Posted at 2017/12/15 15:36:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月13日 イイね!

歯周病の検査を実施しましょう。

歯周病は、「沈黙の病」とも呼ばれ、痛みなどの自覚症状があまりありません。
今日、歯を失う一番の原因は歯周病だと言われています。さらに日本人は、80歳以上になると4~5本の歯しか残っていない事実を知っていましたか? 歯周病は、歯周病菌による感染症で、生活習慣病のひとつです。

30代後半から進行しやすくなり、その一番の原因はプラーク(歯垢)と呼ばれる物質です。歯についた食べかすは、ほんの2、3分から数分で、口腔内細菌が増殖してプラークという細菌の塊に変化します。細菌が産出する酸、毒素や酵素によって歯周組織に炎症をおこし、歯周病となります。

歯周病は、「沈黙の病」とも呼ばれ、痛みなどの自覚症状があまりありません。それが災いして、予防が怠りがちになったり、治療が続かず、気づかぬうちに症状を悪化させてしまいます。歯周病菌はとても狡猾なバイキンなのです。 しかし、1つだけ、歯周病菌にもいいところがあります。それは、1度無くしてしまえば、あとは比較的簡単な日常の心がけで予防できること。下記の事項に当てはまる人は必ず、また一度も確認をされたことがない方も、今このときに、歯周病の検査を実施しましょう。
マイクロスコープ 歯科
歯肉炎
歯肉炎は歯周病の中でも初期の段階で、歯ぐきに炎症が起きている状態をいいます。歯ぐきが赤く腫れたり、歯磨きのときに血が出たりします。
痛みが出ることはほとんどありません。
エアーモーター
重度歯周炎
歯周炎になると、歯ぐきがぶよぶよと腫れ、場合によっては痛みが出て咬めなくなったり、歯がぐらぐらして移動してくることもあります。

ブラッシング指導
おひとりおひとりの歯並びや噛みあわせにあわせて、歯垢をしっかりとおとせるブラッシングやフロッシングの仕方をみにつけ、より効果的なセルフケアができるようにします。

スケーリング・ルートプレーニング (基本)
歯冠(歯肉のふちより上部分)の歯石をとりのぞくスケーリングと、歯根(歯肉のふちより下部分)の歯石をとりのぞいたあと、その表面をなめらかにしてふたたび歯石が付着するのを防ぐルートプレーニングをおこない、歯周病のリスクを低減します。
Posted at 2017/12/13 17:00:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月13日 イイね!

歯周病とは、歯に付着した細菌性プラークによって引き起こされる感染症です

歯肉(歯茎)に限局した(歯肉のみが炎症を起こした)ものが歯肉炎といいます。また、歯を支えている骨にまで影響を及ぼし、骨が溶けている(吸収)状態のものを歯周炎といい、現代人の多くは少なからず歯周炎になっています。

歯ぐきから血が出るのは歯周病のサイン
歯磨きのたびに歯ぐきから血が出る、歯がグラグラしてきた、歯ぐきが痩せてきたなどの症状がある方は、歯周病の疑いがあります。歯周病は実に全体の7割以上の成人がかかっている国民病です。歯周病は歯を失ってしまう原因のワースト1であるだけではなく、最近の研究では全身に様々な悪影響を及ぼしてしまうことが分かってきました。
歯科用ユニット
全身に深刻な影響を及ぼす歯周病菌
歯周病菌は増えてくると唾液や血液の中に入り込んで体のあちこちに飛び火し、全身に深刻な影響を及ぼしかねないことがわかってきました。高齢者に多い嚥下性肺炎、敗血症、心内膜炎、早産、低体重児出産などとの関連性が指摘されています。

歯周病のリスクが高い方の特徴
歯周病はお口の問題だけではありません。喫煙やストレス、さらには不規則な生活などとも深い関わりを持っています。歯周病とは生活習慣病であるとも言えるでしょう。以下に当てはまる人は、歯周病のリスクを抱えている可能性が高いのでご注意ください。

喫煙習慣がある
喫煙をすることで、口の中の粘膜や歯肉へタバコの煙に含まれる有害物質が吸収され、歯周病のリスクが高まります。
歯科 マイクロスコープ
疲労・ストレスの蓄積
体の免疫力が疲労・ストレスによって低下すると、それだけで歯周病のリスクは高まります。

食事中によく咬んでいない
咀嚼(そしゃく)をしっかり行わないと唾液の分泌が少なくなり、口腔内の細菌が繁殖しやすくなります。

間食の回数が多い
お菓子などの甘いものをだらだら食べていると、口腔内に糖分が長時間滞留してしまい、それを栄養源に細菌が歯垢を作ります。
Posted at 2017/12/13 15:48:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月12日 イイね!

歯周病とは放っておくと歯を失ってしまう、歯ぐきと歯を支える骨の病気です

みなさんは、歯周病についてどの程度の知識をお持ちでしょうか? 歯周病は見えないし、身体にも影響はないなどと、軽く考えている方はいませんか? こちらでは、歯周病の怖さについてご紹介したいと思います。 歯周病は歯茎の病気の総称で、大別すると、歯肉炎と歯周炎があります。

両者は別の疾患ではなく、まず歯肉炎になり、それが悪化すると歯周炎となります。 歯周病になると、歯茎やその周辺の組織が細菌によって炎症を起こし、悪化することで、すべての歯が抜けます。 以前では、老化現象でしかたがないと思われていました。 実はそれが、歯周病の大きな原因だということがわかってきたのです。

歯周病が招く全身の病気
歯周病の恐ろしさは、口の中の病気だけにとどまらず、 糖尿病・心臓血管疾患・骨粗しょう症・肺炎・感染性心内膜炎などにも影響を及ぼすことが分かってきました。  特 に、糖尿病は、歯周病の原因にもなっているので、また歯周病も糖尿病の原因とされています。放置すると悪循環になってしまうこともあり、注意が最も必要です。 
歯科技工用マイクロモーター 
歯周病のリスクが高い方の特徴
歯周病はお口の問題だけではありません。喫煙やストレス、さらには不規則な生活などとも深い関わりを持っています。歯周病とは生活習慣病であるとも言えるでしょう。以下に当てはまる人は、歯周病のリスクを抱えている可能性が高いのでご注意ください。

疲労・ストレスの蓄積

体の免疫力が疲労・ストレスによって低下すると、それだけで歯周病のリスクは高まります。

喫煙習慣がある
喫煙をすることで、口の中の粘膜や歯肉へタバコの煙に含まれる有害物質が吸収され、歯周病のリスクが高まります。
超音波スケーラー
食事中によく咬んでいない
咀嚼(そしゃく)をしっかり行わないと唾液の分泌が少なくなり、口腔内の細菌が繁殖しやすくなります。

間食の回数が多い
お菓子などの甘いものをだらだら食べていると、口腔内に糖分が長時間滞留してしまい、それを栄養源に細菌が歯垢を作ります。
Posted at 2017/12/12 17:31:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「歯周病は歯を失う最大原因」 http://cvw.jp/b/2610573/40852629/
何シテル?   12/15 17:22
hanomamoriです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW 116iに乗っています。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる