• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

global garageの愛車 [日産 NISSAN GT-R]

スマートルームミラーを組み込む! その1

カテゴリ : 外装 > ミラー > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2017年06月01日
1
VARISのハネのお陰で後ろが全然見えない僕のGT-R。後方視野の悪さだけなら、そこらへんのカウンタックにだって負ける気がしない。信号待ちで真後ろに着いたクルマですらよく解らず、ルームミラーで確認できるのことは、今、昼なのか夜なのか。それだけだ。
サイドミラーを多用する習慣がつき、バックするときはカメラを使うので特に困ることもなかったワケなんだけど、やっぱり後続車との距離感を掴むという点で劣等感は否めないでいた。

そんな矢先にリリースされた日産純正のスマートルームミラー。こういうのがそのうち出るだろうという予感はあったワケだけど、「もう?」っていう唐突感もあったりした。極端に横長のスクリーンに広角レンズの画像を補正して出すのは結構面倒臭い技だ。左右を広げるのは画質的にありえないので、左右の解像度を基軸にして中心側を間引いていく必要がある。従って全体の解像度が落ちてしまい、日常的にスマホで映像を見ている現代人には違和感を覚えさせてしまう。カメラ側の解像度アップとそれに伴う補正処理のリアルタイム化を行う必要があったりするんだよね。2つ以上の挟角カメラを使うという手もあるが画像結合のキャリブレーションが複雑なので量産性が悪過ぎてコストが見合わない。

日産のディーラーに出向いてスマートルームミラーを初体験したときは、正直、「やるなぁ。」って思った。これを45,000円で量産までこぎつけたことにアッパレだ。鮮明だし光量変化への追従性なんかもしっかりとしてるし、ルームミラーっぽさの演出も手抜かりない。やるなぁ、日産。

実は僕もこういう技術のプロ。"見る"や"聞く"、"覚える"、"学ぶ"等々人間が当たり前のようにやってのけることをどうやったらコンピューターで再現できるか、そんなことを生業にして飯を喰ってたりする輩で、いわゆる、AIとロボティクスの専門家なんだけど、このスマートルームミラーはよく出来てる。イマドキ、CMOSのバックカメラなんてのは中華でよければ2,000円で売ってたり、ルームミラー型の液晶モニターなんて10,000円出せば手に入るので似たようなモノを組み上げることは可能だが、ただのCMOSとスクリーンをくっつけたって実際は使い物にならない。日産のスマートルームミラーはそういうレベルの代物ではなく競争領域がまるで違うモノ。自動車を知っている技術屋が、自動車のルームミラーのために作ったモノなんだよね。だから使える。
じゃ、不満はないかと言われれば...そりゃある。山ほど...。ただ、新技術のスタート地点としてとてもよく出来てる。今後急速に進化するだろう。間違いなく今が買い時ではない(笑)。
しかしながら、今の僕にはクルマの後ろの何かが見えるだけでも大いなる付加価値なのだ。
2
スマートルームミラーを組み込む! その1
スマートキーにはそれを受信するためのアンテナユニットが存在するワケだけど、R35GT-Rの場合、それが何故かルームミラーの中に入っている。かくゆう僕もあどさんからその情報を得たワケだが、「なんで?なんでルームミラー?」というのが未だに解決できないでいる。ダッシュボードのどっかに入れ込んどけよ、ったく。
スマートルームミラーを組むうえでは、当然、純正のルームミラーを取り外すワケだから、このアンテナユニットを移植する必要が何はともあれある。従って、純正ルームミラーをバラそうと試みたが、安全性の観点からかネジも何にも使われておらず全て接着されているようでバラせない。しょうがないので...切る。
間違ってもアンテナユニットを切っちゃわないように...切る。アンテナユニットの位置は写真の通りの位置にある。コネクタは基盤に直結されているため、コネクタ側とは逆側から切っていったほうがいいだろう。
じゃあ、なぜ僕は写真からも解る通りコネクタ側から切ったのか?

「やっぱりこっちにあるのかなぁ...」って覗きながらやってたら結果こうなった。覗こうとしていたらバキって外れたんだよね(笑)。

純正ルームミラーをバラしたら、アンテナユニットは1枚のエレキ基盤で構成されているだけでボルト1本で留まっているので、これを取り外す。
3
スマートルームミラーを組み込む! その1
取り外したアンテナユニットを100円ショップで買ってきた"薬入れ"に入れて固定。薬入れであることに特に拘る点では全くないのだが、ルーフ内に押し込んで隠すので本来は出来る限り熱に強い材質であることが理想。僕の選択肢のように低密度ポリプロピレンはどう考えても最善ではない。

ま、でも100円ショップをアンテナユニット持ってウロウロしてみたけど、ないね。ない。これ以外にない。
4
スマートルームミラーを組み込む! その1
もちろん、写真のように背面の一部をくり抜きコネクタを露出させておく必要がある。
5
スマートルームミラーを組み込む! その1
ナンバープレートはプラスティックの嵌合で留まっているだけなので、グっと跳ね上げると上に持ち上がりバンパー裏の作業ができるようになる。

写真では暗くなってしまい全く写っていないが、矢印の位置に専用に制作したステーにマウントされたカメラがある。全て耐熱の両面テープで固定した。軽量なので全く問題はない。
このカメラは室内用ではあるが、ここなら水がかかる心配もないため防水加工は施さなかった。またマフラー上になるので熱が回るが、元々80度以上に充分耐えられるように設計されているはずなため、これもまず問題ないだろう。
6
スマートルームミラーを組み込む! その1
写真矢印の位置にカメラの口径に合わせた穴を開け、耐熱のスモークアクリルを同型に切り出し接着した。スモークにしたことによって映像が暗く映ったりとか、そういったマイナス要因が出るかと思ってテストをしてみたが全くない。自動的に明るさを補正をするからなのかも知れない。とにかくスモークにしたことで後付け感がなくなったのでルックスはヨシである。
通常、ルームミラーは上から見下ろす感じで映っているワケだが、この位置からだと今迄の感覚とは異なる風景だ。低い位置からの視野で、全くの障害もなく後ろの景色がどーんと広がっているのは、ちょっと慣れが必要な感じだ。何というか...ルームミラーに写るものに現実感がない。ただの映像を見ているような...そんな感じである。
7
スマートルームミラーを組み込む! その1
ルーフ裏に写真のように張り付けるのは避けたほうがいい。ルーフの外側表面はどっかの研究機関が実証実験していたが、日本の気候で70度まであがることがあるらしい。
そのまま鉄板温度が裏までくることはないとは思うが、「あり得ない。」とも言い切れない。低密度ポリプロピレンではその場合、溶け始めてしまう。
8
スマートルームミラーを組み込む! その1
...ということで、写真のような固定の仕方にした。ルーフまでの距離で5cmはある。耐熱両面テープで張り付けて完了。
スマートキーの操作に支障が出ないか確認したが、特に何の変化もなかった。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ステルス サイドウィンカー

難易度:

デッド二ング、遮音

難易度:

フロントホイール塗装

難易度:

DCT冷却用エアガイド

難易度:

対策キャップ取付け

難易度:

★H29年3月23日(木)KSP REAL Wide Tread Spacer

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

神奈川県の懲りないクルマ馬鹿です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

ファン

79 人のファンがいます

愛車一覧

日産 NISSAN GT-R 日産 NISSAN GT-R
実はあまり期待していなかったんだよね。 僕はスポーツユーザであるからして電子制御だらけの ...
フィアット アバルト・500 (ハッチバック) フィアット アバルト・500 (ハッチバック)
世の中には敬してやまない天才が存在する。 まずその筆頭はアルベルト・アインシュタイン、ま ...
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
当家では10年ほど前から、ちょい乗りクルマは軽自動車...という定義で安定している。維持 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
993の生産が終了した1997年、従って丁度一昔前迄の話ではあるが、世の中の変わらないも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.