車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月21日 イイね!
自作 オリジナルグランツーリスモカレンダー2017

自作で作りました。
グランツーリスモは昔から大好きで、自分がまだ小学校中学年の時、初めてのTVゲームPS2を買ってもらい、GT4を始めてからこの方GT5、GT6と続けてきました。
「リアルすぎてつまらない」「画質が悪い」「音がクソ」等々ネットでは散々ですが、それでも自分のカーレースゲーでは今もなお、rFactorに続いて最高峰です。
Forzaも気になるのですが、あれはwin10だけだし、ここではとりあえずGTだけ。
それで昔小さい時はあまりに好きで、自作のTシャツで白い下着にGTロゴを描いたりしました。
いずれGTグッズみたいなの出たら嬉しいんだけど、この方見たことがありません・・・。
1月はとうに過ぎてそろそろ節分の用意、今更ですが他のファンの人などの為にも、一応アップします、、、
コンビニで印刷すれば、結構いい値段のカレンダーを買った気分になります(金銭的にw













あ、どうでもいいですけど、なぜかギリシャ版も用意してあります。
ギリシャに興味ある方等、言ってくれれば上げます。

Posted at 2017/01/21 22:25:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月18日 イイね!
※ホンダオーナーの方、特に2代目シビックRのオーナーの方は閲覧をご遠慮ください。ごめんなさい悪気は無いんです。誤解しないで下さい。私はホンダの車も大好きですし、何より最高のNAの極められたエンジンと走りには憧れもあり、どうにか自分の車として持ちたい所有欲もあるくらいです。納得頂けたらどうぞ。

セリカがディーラーに入院してから2週間が経ちました。
あー、あれからあまり車運転してないや・・・。
唯一格安レンタカーで一日運転、それからセリカの現状確認とC-HR試乗、それからメガウェブ・・・。
なんていうかそれまではNo car No lifeみたいな感じだったので車に乗れないと禁断症状みたいなのでて発狂して覚せい剤のヒッピーみたいにベッドでガクガク震えてたりするのかなぁなんて事考えてましたけど意外と車の無い生活も普通に大丈夫でしたね。
むしろ今までは無駄に車を回してた時も多々あり、それがむしろ普通じゃなかったのかも。
大体いつもこんな感じでいれば良かったのかもしれないんですが。
まぁそれまでほぼ毎日のように乗ってたんであまり自覚が感じられなかったんでしょうけど。
でも車が逝っちゃって、何とか過ごせるには過ごせるにしても、何かが抜けた感じがするのであります。
車が無いのが何か落ち着かない感じですね。
一応見積もりも出て後はこちらの直すか次第なのですがそれが意外に・・・いやましてディーラー頼みだとむしろ妥当かwとにかくそれほどそこそこ逝ってるのもあり、手放すのも覚悟の一つ。
その後はどうするか。
ぶっちゃけ手放してから、それで終了も一つ。
そもそも都心で車の必要性はあまり無かったし、そもそも今回車を買ったのは自分の将来的な点が大きかったものです。
そして今現在、単なる都内の教習に限らず、戦後混乱を経験している祖父譲りの父親からの厳しいダブル教習を受け、それから1年間近くもの間、毎日早朝と深夜を狙って都内を走り回り、首都圏の環境を知りつくし、全国各地の峠道のワインディングを駆け抜けました。
完全完璧、過剰な自信までは持ちたいとは思いたくないのですが、それでも上記したようなそんな親でも納得するくらい十分かな、という感じではあるのですが。
だが、そうなるとまた車の無い生活へ。
なんだかそれも心細い。
何より友達も認めるNo Car No Lifeになってしまった現在。
何より車の無い世界というのがどうも想像できないのですね。
そうなるとどうしようかなぁ、そろそろ次の車を考えるというのも来たのかな?
そう思い、ここ暫くはグーネットやカーセンサに嵌る一方で。
次に買いたい車とすると、今まではセリカだったのでそろそろ他の車に乗り換えても良いのかなと思い、前から気になっていたものとすればいくつかありました。
まず1つ目。
NA軽量と来たからには、次は本格最強のNA軽量と行こうか。
ホンダ、インテR。
なぜここでシビックRじゃないかというと・・・ちょっとは見た目配慮でw
確かに車自体、エンジン自体は初代も2代目もセリカ以上に良いとは思いますが、どうしても見た目が・・・。
真ん丸ポッチャリって雰囲気がどうもイマイチ。。。
特に許容の2代目はギアの位置がどうなのよって所にあるし・・・。
かと言って3代目は高いし、4代目はターボで手が届く以前だし。
ってな感じでインテRがしっくりでした。
特に欲しいのはDC5。
傑作だった初代DC2に比べ、更に200ccと20psUPのK20Aエンジンに加え、重量もセリカとほぼ変わらぬ高剛性ボディ。
見た目もカッコ良いし質の良さもマッチしてて良さげ。
それから2つ目は。
パワーゴリゴリターボ。
今までといえばエンジンに何一つ付いていない、いわゆるうどんで言う素うどん、そばで言うかけそばみたいな感じだったので、そろそろトッピングでも添えようかなというところ。
ターボエンジンはあまり関わりが無くて、唯一今までの中だと2台。
1台はマツダの1日試乗で乗ったアクセラだったかアテンザだったかのディーゼル直射ターボエンジン、もう1台はS660の試乗。
前からターボを毛嫌いしていた自分でどうも近寄りがたいものがあったのですが、そんな好き嫌いは車好きとしてはアカンぞよ!ということで。
つまり子供にピーマン山盛野菜炒めを出した時にピーマンだけ除ける、そんなおこちゃまのままではアカンのじゃということなんですね。
それでインプやランエボもありますが、値段的都合的に良いのはスバルのレガシィb4。
ぶっちゃけセリカの前にも一瞬購入検討の1台でした。
個人的には当時も280psというパワーへの憧れもあって、それに都合が良かったのもレガシィb4だったという訳なんですね。
あとレガシィb4の特にBL系なんかはちょっと新しいからディーラーサービスもまだ保障出来るだろうなぁと期待の上実際最近まで結構見ていたのもこの車でした。
んで、MTでフルエアロで社外マフラーでうんちゃらかんちゃら・・・という感じで。
あとセダンでトランクも広めで実用性も高いだろうし。(これは今思いつきました)
そして3つ目。
ボンボンNAパワー。
もちろんフェアレディZが出来れば嬉しいですが、実用性の観点からしてスカイライン350GTとか。
やはりターボ嫌いのNA信者ならこっちやろ!ってな感じで。
あー欲しい車、悩みに悩む・・・。
ただ、ところが。
ここでまた逆悩みが。
インテR・・・高い。
安く、安くとは思っても修復が付いてしまう、程度が良さげでも中身の保障ができなかったり。
特に従兄の知り合いでシビックRに乗ってる又話を聞くと、ホンダの高回転スポーツVTECは信頼性がイマイチだったりとか。
もっともサーキットを酷使しているなどもあると思いますが、安いと目に余る修復歴、かといって程度が良いとそれだけ値段も張る。
それからやはりホンダのType Rはその道を極めた人の乗り物なんだと思います。
それは単に運転の技術だけじゃなく、車の部品からなにからも見極め、自分でも手が入れられるくらい。(DIY)
もっとも店任せでもそれだけの財力がなければ・・・いやそれだとType Rに乗る意味が無いのか笑
その点、自分はオートバックスやディーラー任せでロクにエアフィルターさえも自分でやろうとエンジンルームを開け、メインのホースを外すだけで苦戦し、戦意喪失したくらいだったので・・・しょうがないっすねw
ライトスポーツなりの操り回す楽しみならセリカでも十分楽しめたし。
ならこの際回しは捨て、今度はパワーゴリ押しで勝負じゃ!(何と?)
NA極め、スカイライン!
350GT。
3.5LエンジンのパワーはNAの極め!
ただ・・・傍目からしてもどうもノーマルだとインパクトが・・・。
どうも単に普通の乗用車のような感じしかしないという。
フルエアロで社外マフラー付けたクーペで少々良さげかと思ったら今度は大事な問題が。
燃費、税金。
まして250GTでも街乗りで10km/Lも難しい車、マニュアルでも回す自信がありません。
その点レガシィb4が有利かな。
スペックもトルクも強く、ボディも軽く多分ウェイトレシオも高そう。
ただ、やはりターボ。
個人的に毛嫌いしているのも、エンジンに卑怯改造をするやり方エンジンに細工をするような感じがしてどうもそこが自分のくだらなく詰まらないプライドがビミョーサインを出すのです。
それからやはり出だしに緩みが禁物の都心ではターボラグの怖さが。
ひとたび緩めば悪名高きタクシーやぶっ飛び営業車に襲われかねない世界。
もっとも前回のアクセラだったかアテンザだったかのディーゼルエンジンのターボラグの酷さには悶絶してしまった自分。
まぁレガシィb4くらいならそれほどラグが酷いとは思わないですが。
ただ何よりターボだと燃費も悪いためにこちらも回す楽しさが半減しそうです。
オイルや消耗品も頻繁な交換が必要だったりするし、あと燃焼温度や吸気温度が高くなる分エンジンへの負担が高かったりして。
ターボにするだけリスクも高いかもですね。
それにスカイラインにしろレガシィb4にしろ、双方ともやはり・・・見た目が。
セダン車。
他の人から見ると、・・・多分普通の乗用車でしょうねw
見た目のインパクトが・・・。
少なくともスポーツカーとは思わないでしょう。
マツダのRX-8は友達で持ってる奴から話は伺ってます。
Type Sの高回転はNAの魅力ですが、扱いにくさには伺ってます。
燃費はまぁ10km/Lは頑張れば行ける。
ただエンジンの扱いがめんどくさい。
低燃費を頑張っても難しく、かといって回さな過ぎると通常のレシプロとは違ってすぐエンジンの中にゴミ(カーボン)が溜まってダメになってしまうとか。
ちなみに友達はRX-8専門店でその辺も配慮して頑張ってATの弱い方―恐らくType Eかな?を購入したとのことで。
それまでセリカ前の購入予定でもRX-8が候補にしていましたが、改めて友達の話を聞いてああ、少なくとも学生時分で買わなくて良かったなとホッとしました。
ああ、なんとか経済性にインパクトに低リスク。
それで楽しさも併せ持つことが・・・。
・・・あれ、1つ待てよ。
ここで一つ。
セリカなら、どうなのよ。
あ、その発想が無かった・・・。
それも最近1週間前後に、セリカ以外の車を中古ネットで調べに調べ上げて、目星までつけておいて置きながら、そこでセリカを思い出したのでした。
いやー、これじゃ同じセリカ好きから怒られてまう・・・。
早速そこでセリカを調べた所・・・。
なんでだ、もう乗った車なのに。
知ってるのに、でもアカン。
やっぱ、いいわ。
セリカ、惚れるw
何と言ってもレベル高いデザイン!
気に入らないのは所詮ネット厨房ごく一部としても、それでも大部分はカッコいいって言ってくれるもん!
よく人は見た目じゃねーよっ中身だよっ#って諺がありますが。
確かに人は見た目より大切なものはあるもんですね!
でも車は別!
車は中身が大事?・・・んなわけねぇーよ!
車は所詮見た目だよ、見た目!
んなん2代目のシビックなんかと比べてみて、子供がどっちに寄りつくかいな。
そりゃ車高低くて流線型なセリカに決まっとるがな!
あんな丸々ポッチャリ、所詮分からない人からしたら見た目はヴィッツやアクアと同等程度にしか思わんでしょうが。
実際自分もフィットと何度見間違えたことか。
それで乗ったところで案の定、想定外にぶっ飛んだ走りで逆に子供が怖がったらどうするんじゃ!
ガハハハ!
弱者の弱音、とくと味わったか!(うわーん、ホンダオーナーの皆さん、ごめんなさーい!!)
さてっと、明日からホンダ車に轢き殺される夢見るかも・・・。
上記は冗談としても実際に近所の子供も憧れの的、事故った日も見たいがために待ち望んだ人達が大勢いたのも事実です。
自分個人的には中身はノーマルでも、見た目はカッコいいのが良いですね。
特に車高+重低音マフラー、加えてコッテコテのフルエアロ、長いエアロバンパーにカナードやデフューザーが付いてたりして。
おまけにGTウイングなんか付いてたら一発でアウツですね、アウツ。
やられたーって感じです。
キューピットに矢を撃ち抜かれました。
とにかくいかにも一般人からすればあんなレーシングカー公道走っていいんかいってなくらい見た目だけで勘違いされそうなのが好きなんですね。(無論極度のオーバーフェンダー、シャコタン、鬼キャンは好きじゃないんですが、というよりやってる人には申し訳ないけど生理的にも受け付けないw)
探すと・・・あ、もうダメだ。
あるんですねぇ~これが。
セリカってやっぱりすごい。
本当にはたから見ればレースカーにも見えなくもないような車があって。
セリカはとにかくこういう楽しみがあるんですね。
また、〇〇の代わりリスク、これはさまざまな車や自動車会社は避けて通れないとしてもトヨタはその中身の信頼性が高い。
もっとも昔からWRCや耐久ラリーやパリダカに出て高い信頼性を自動車技術に取り入れてる。
他の車とも違って少々乱暴に扱っても頑丈で問題も少ない。
ハイオクだけど、同じハイオクのスポーツクーペ、よりもハイオク車種の中でも比較的燃費が高く、通常での安定した燃費の高さからいざという時には遠慮なく回せるし、その気になればレギュラーでも走れる。(やっちゃダメだけど)
NAだし、4A-GEエンジン譲りと、YAMAHAのバイクエンジン技術譲りの高回転は吹け上がる気持ちも良い。
スポーツクーペとしては実用性も高い。
FF特有のトランクの広さや後部座席の確保も。
無論後部座席はクーペなりな狭さはあっても、同じくらいのでFRクーペ(86とか)ほどの狭さは無い。
友達の中には後部座席の方が前のスポーツシートより好感度が高かったりもして。
これは単にスポーツクーペとしてだけじゃない、車としてもレベル高いかも。
そして何より1番なのは、乗り手を選ばず、乗り手と共に成長してくれる。
トヨタのスポーツ車の良いのはそれです。
Type Rや普通のスポーツカーのようにその道を極め、分かる者に限定されることは無く、86のようにオールマイティで全ての人に受け入れられる。
それがトヨタのスポーツ、そしてセリカの特筆点です。
そして乗り手と共に育つからこそ、その強さは無限に広がる。
スカイラインGT-Rをコーナーで軽く抜いたという話や、中速コーナーでアウトからNSXと並走までたたみ掛ける動画も見たことがあります。
そう、これが本当の車の良さなのかもしれません。
そうなると手放すセリカも惜しい・・・どうしようか。
出来ることなら、保険からお金が下りれるなら乗ってたセリカから出来る限りの特別部品を引き取って次のセリカに回すのもアリだったり・・・。
てか、ドアはしょうがないにして、前後バンパーは修理するよりほかの別のエアロ取り付けしちゃうのってアリじゃないのかな・・・。
・・・案外そっちの方が安かったりしてw
Varisエアロ付けたいぜy・・・
とりあえず、今は今後の検討です。
車は後や・・・。


あ、そうそう。
そういえばこの間、レンタカーで初違反。
オレンジ線を越えて捕まりました。
それからすぐしてSDカードが初めて届いた時、無事故無違反の達成おめでとうございます!と書いてあった時には一瞬、何の嫌がらせだよと思ってしまいました(は?w
渋谷周辺は夜近くでもまだ取り締まりキツイので気を付けましょう。
Posted at 2017/01/18 00:48:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月02日 イイね!
新旧セリカを比較

ちょっと前にお台場のMEGA WEBに行ったときにヒストリックガレージに初代の1600GTセリカが展示してあったので、比較も含めてバッチャバッチャ撮って来ました。
とはいえ、いつだったか覚えてないので今も展示してるか分かりません。


正面




斜め右側面




左側面



正直言って、似ても似つかない・・・笑
むしろ丸目4灯な点、ぽっちゃりぽろぽろな点、前の6代目STの方が近い気がする・・・。
唯一、ハザードがバンパー端っこについてるのが共通してるのには、あら、と思いました。


右斜め後ろ




後ろ左側面



ライトのあたり、ちょっと似てるかも。
曲線部とライトの感じが、面影も・・・

右側面




右サイドドア側面




正面左サイドドア側面




フロントウインド

中を撮ろうとしたらボケボケ・・・


リアリフトバック


おっ、この辺も面影あるかも・・・。
やはり同じセリカであるからこそ受け継ぐ所は受け継いでるんですね・・・。
なんか分かりませんが、安心しました(?)

その他諸々・・・
セリカエンブレム




正面グレードエンブレム




リアグレードエンブレム


サイドシルパネルグレードエンブレム





あと中が観れたら良かったけれど、今回のセリカは通常展示のみだったので、触れることもできませんでした。
でも初代と最終代を比較するという、ある意味夢のようなことができて楽しかったです。
メガウェブでたまにヒストリックカーの同乗体験などもあるのでもしセリカがあったら乗ってみたいですね~。
運転も出来るのかな??

Posted at 2017/01/02 15:37:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月25日 イイね!
最悪のクリスマス・イブ・・・聖なるクリスマス・イブ、街はクリスマスにふさわしく周りは静寂と冷たい空気の中にあった。
クリスマス・イブ、聖なるこの夜18:45頃、私は所有する愛車、トヨタのスポーツスペシャリティーの傑作、セリカ TRD Sports Mに乗り込み、行きつけの教会へと向かっていた。
時間は余裕綽々、周りの空気を楽しみも含め、静かな住宅街の中、私は周りのクリスマスムードを壊さぬようゆっくりと道を走っていた。
そして十字路、優先道を直進しようとした、その途端・・・





どっかーん!!
やってまいました・・・
、というより、やられてまいました、ってのが正しい表現なのかな?
本当になんで、こんな良い日に限って車に乗り出すと不吉な事しか起きないんだろう??
この間も車に乗り出そうとしたら、駐車場内で右フェンダーを駐車場奥の出っ張りに擦りつけてしまい、思いっきり凹ませて心まで凹んでました。
あの時はさすがに自分の単独だったので本当に後悔と自分に対する怒りで、一瞬、「ウインドウに首挟んで一回死ねば、時間戻んじゃね??」とか考えてました。
しかも極めつけはその日、落ち込んで家に帰ってきてから、注文していたTRDのシフトノブが届いていたという。
このタイミングでかよーー!!w
ただあの時はフェンダーのみだったのでまだ傷は浅かったのと、車も自走可能、板金も個人で探し、とても堅気ながら良心的な所で破格な安値で完璧に直してもらいました。

そして昨日。
TRDのエアフィルターに交換し、長らく少々不安だった低回転アイドリングの不調が改善され、長らく楽しみにしていたクリスマスイブの教会礼拝、次の日のクリスマス。
教会の小さな子に是非ともカッコいいスポーツカーを見せてあげたい一心もあり、ウキワクしていて、、、
そして、その結果が、これ。
しょうがないんです。
事故は、しょうがないんです。
事故が絶対起きるなんで世の中ないから、しょうがないんですよ。
でもね、しょうがないんですけどね。
でも、一つ。
やっぱりそれでも、一言だけ言わせて下さい。
しょうがないんですけど、それでも一つだけ。


ふざけんなよクソが!!!!!!!


何に対して言ってるのか、特に何に対してでもありません。
相手方に対しても言うつもりもないです。
自分に対しても・・・特にないですね。
でも言いたくなっちゃうんですよね。
なんでこんな良いことあった時に同時並行で不吉が起きるのか。
結果今日、教会で楽しみにしていた子供たちへ実物の観覧は叶わぬものとなりました。
クリスマスって夢を運ぶんでしょ?
なんで、壊されたの??ww
ほんと、ふざけんなよ、この、クソが!!!!ww

改めて、詳しく説明すると、舞台は夜で暗く、見通しも悪い十字路。
優先道で直進中に右側から出てきた車に横っ腹をどつかれた感じですね。
ちなみに、相手方の車は正直な所、正体がちゃんと分からず、でも恐らく目視、ベンツのGクラス車両、それから相手方が持ってきた車検証にAMGの名称がついていたので、恐らくG63・65辺りかなと思います。
後部のエンブレムも結構短かったし。
今考えると検証は全て警察や保険会社の寄越した警備員にまかせっきりで相手側に関しての情報は何も得ようとしなかったので非常に反省・悔やまれる所です。
十字路はかなり見通しが悪く、優先道からしてもミラーは右側に付いて、左の状況しか映してくれないため、更に見通しの悪い右側は全く状況不明。
でも、私はそれを知っていました。
この道はよく通るのでこういった十字路のクセで見える側の道側に寄せるクセを付けて、出来る限り状況の分からない側の道の視界を出来る限り確保することをしていました。
所で今回は右の状況も個人的には問題なし、という感じでそのまま直進したところ、案の定、そのG63ベンツ、通称ドツイター・ルネン号(自分が命名)がやや飛びだしてきた感じですね。



体重2.5t、500psオーバー&70kg.mオーバーのパワー、極めつけはV8DOHCのツインターボ、こんなウンコを捻りだすのにジェットエンジンを付けるようなドツイター・ルネン号からすればセリカたんなどかわゆいミニチュア。
簡単に道路から路肩へと押し出してくれました。
これは恐らくその乗り上げた時の傷と脱落。
大体んな、バケモンスペック、日本で使うことないじゃろがい!!



んで、右後ろバンパーも外れ、凹み。
これに関しては記憶が定かではないのですが、恐らく土俵(路上)から押し出してから軽く突かれた痕かなと。
あれ・・・?ってことは、相手ちゃんとブレーキ踏んでた??それともこっちが踏み過ぎてたのが二次的に起きたのかな?
でもブレーキは踏むでしょうけど、でもAMGくらいならブレンボくらいの良いブレーキ履いてるっしょ?
・・・?????
疑問が湧きに湧きますが、おのずと明らかになることでしょうな。

さて、何はともあれ、自分の交通事故体験はこれが人生初となりました。
でもそのお相手がまさかのベンツは天下のAMGだったとは誰が思えましょうか。
全く、冗談じゃねぇぜい・・・。
あ、幸い両者ともけが人はいませんでした(今かい)
でもちょっと前も別な十字路で飛び出し食らいました。
でもその時はまだその道から変な違和感があったのでやや警戒していたのが吉、手前の急ブレーキで回避できました。
その時の車は軽自動車、乗っていたのがいかにもまぁ自己主張控えめ的な清楚そうな可愛い女の子だったのでまだ良かったものの、今回は・・・。
まず単純に良い車、そして最上級クラス、そして恐らくは同時にそれに乗ってるのもまた・・・なんだろうなーとかw
まぁ悪口は言いたいとも思いませんけれど。

所で今回のような事故は必ずしもどちらかが10:0でってわけにはいかないのももとより。
事故動画のにわか共のコメントのように、どちらかが100%悪なんてのはあり得ないんですね。
つまり、ここで私が見ている人々に何が言いたいのか、というとつまり、今回でも過失うち自分方にも事故の割合はあるということですね(前方不注意)。
免許を持っていないにわかなら、その無知な頭でワイワイやってるだけで良いんですけど、免許を持っている人ならなおさら。
このことをしっかりと頭に入れておいた上で責任もって運転して頂きたいということを今回、ここで記したいため、これを残した理由でもあります。
今回は車同士だったので良かったものの、これがバイク、はたまた自転車のように体が露出したものだった場合、もしかしたらどちらかが怪我をしたのは恐らく必須。
物を壊すくらいならまだしも人の身体、人の命を危ぶまれかねないのは話も違います。
今回の車でも、セリカのように軽く、小さい車でもGクラスのような車、特に今回のドツイター・ルネン号のようにバケモノスペックも兼ね備えた車なら、セリカを簡単にひっくり返すことだって容易です。
今回もドライバー席側だったのでなおさら、大袈裟な話、下手したら死んでます。
だからこそ、そういった車は更に意識の注意をしてほしい。
強い車は、それだけ意識と責任も高くなることを分かってほしいという事です。
クリスマスや冬季の休暇に入ると、一気に日曜が広まります。
この日のドライブでも都内のタクシーや軽トラ達が日曜にやきもきする現場を多々目の当たりにしました。
車の運転、そんな中で自分は思った中では、時間ではなく経験だと思います。
運転と共に経験があるからこそ、車の反応も知ることができます。
駆動反応、加重移動、物理環境・・・。
そういったものも体でもって経験し、経験するからこそ、おのずと運転に対する意識や責任が強くなり、そしてそれが一般の運転へとつながるのだと。
だから都内でも軽トラやタクシーがぶっ飛んでいるようでも、それは経験によって培われた上で成り立つもの。
その経験の違いで、きっと運転する人達の意識や責任の大きな違いが生まれることだと思います。

もう一つ、今度は個人的なことですが。
今回でもやはり自分が非常に残念なのは、自分は免許を取って大方1年、日々、首都圏都内の入り組んだ道や交差点と、ぶっ飛んだ車達との共存しながらの車生活、そして同時に峠道のワインディングや、近年発達したTVゲームやPCの先進レーシングシミュレーションによるトレーニングや習得した準レーシング技術もあってこそ、自分は例え相手方の過失が強い状況下であったとしてもしっかりと回避する、そんな一種のプライドのようなものがありました。
そんなだけに、結局免許習得後1年が経って、こんなことが起きてしまい、非常に残念で仕方がありません。
もしあの時、少しでも十字路上での異変に気が付いていたら。
あの時の切り替えしで、別なスペースが空いていた、そこに飛び込む方法もあったかもしれない。
それ以前に、そもそもあの道を通る事自体必要性があったのか。
悩んでも悔やんでも、悔やみきれません。
以前、駐車場でつけた傷のように、今回の一件で、また新たに身に染みる思いです。

今後は保険会社と忙しくなる間車もおあずけ・・・。
また、例の板金屋さんに頼み込み、かな。
でも今回のドアはさすがに交換になるのかなぁ~・・・ウインドウうまく閉まらんしw
でもこれから暫くは車はレンタカー頼りになるのか。
もし保険側で上手く下りれたら、いろんな車乗ってみたいなぁ・・・。
MT車、ホンダの、特にシビックRとかw
レンタカーにあったけどあれ乗れないかな。。。
いや、むしろあれに乗ったらセリカに戻れなくなったりしてwあー怖い怖いww


※先ほど改めて事故相手側からご丁寧にも連絡を頂きました。良い車に加え、結構良いとこ住んでる割に意外と親切で、もしかしたらなんか俺、勘違いしてるのかも・・・

Posted at 2016/12/25 16:32:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月05日 イイね!
トヨタスポーツの隠れた名車!WRCから脱却し、本来の完全なスポーツスペシャリティーの姿として感じられるが、誕生した車としては当時は先を行く車も多く、あまり人気も無かったらしい。
特に限定生産とされたTRD sports Mも人気の低下は留まらず、結局目標の限定生産台数前に生産を終了したとの事、らしい。
ただし、それでも当時としてはスポーツスペシャリティーの復権に相応しい全てを兼ね備えた一つ。
今も尚先端を行くデザイン、品質の良いNAエンジンの回し分、ライトウェイトの軽快な走り、そして高い積載性能と日常性を尊重しながらも非日常を両立させられるスペシャリティークーペ。
個人的にはまさにトヨタの隠れた最高傑作の名車の一つと信じている。
Posted at 2016/12/05 16:33:26 | コメント(0) | クルマレビュー
プロフィール
「自作 オリジナルグランツーリスモカレンダー2017 http://cvw.jp/b/2619941/39207699/
何シテル?   01/21 22:25
はじめてで何も分かりませんが、よろしくお願いします。 基本、ここでは車関連のことでしか書き込みません。 免許習得半年過ぎ、まだ称号も若葉マーク止まりですが、...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
1 人のお友達がいます
にっしぃぃにっしぃぃ
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初マイカーで興奮してます。 ほぼほぼ毎日乗車状態・・・笑 ハイオクのNAクーペのスポーツ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.