• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月11日

若者と高齢者の交通事故 ~「綺麗事だ」では甘くない車社会~

今朝はラッシュのドライブの中で渋谷一周。
ここで事件がありました。
246を渋谷へと進む途中、神泉町前のトンネルで前を走るトラックの荷台から、なんと積荷がボロロッと落ち、その後ろを走っていた車が気づかずに荷物を轢いてしまいました。
しかも思っていたよりは意外とその荷物が大きく、車の下に巻き込んだまま引っ掛かってしまい、脇へと止めに行ってしまいました。
すぐさまトラックの後ろをロックオンしたまま走り、本来左折の渋谷駅前交差点の信号でトラックに指摘しに行きました。
一応、ドライバーさん「すいません、ありがとうございます」的な感じで言ってましたが、あれあの後大丈夫だったのかな・・・?
荷物巻き込んだ車も大丈夫だったのかしら。
前もあのトンネル入り口で左から気付かずにこっちに車線変えようとしている軽トラにドツかれかけたのを速攻で避けてギリセーフだったことがありました。
あの辺って色々起こるよなぁ~。

所でこの間、Dpickという大学生交流アプリのようなもので興味深いものがありました。
それまではくっだらない話題ばっかで、なんかここ2chみたいだな、ガキの荒廃板かよと思うくらいでしたが、それでもまぁ一応入れて、ちょいちょい覗いていましたが。


僕は最初、免許を取っていないと勘違いしてしまいましたが、でも免許を取る点あまり変わりませんが。
MTを解除するかしないか、という話題に対してやっぱり最近の人はまぁ重点置きしていないようですが・・・。
それに対して現在、トップ3の回答がこちら。




まぁこんなもん、特に重要視するほどでもないのでいいのですが、驚いたことが一つ。
誰もAT/MT関わらず、運転するなら車を運転している、乗っているという強い意識と自覚を持って運転すべし」ということを、この百何個のコメントの中で一度も触れられていないのです。
これからの時代、MTの必要性は皆無に等しいものです。
もちろん我々車好きからしたら、MTが無いのはアル中のヒッピーから酒を取られたようなもんと同じですが、MTは基本必要ないものです。
でも、MT免許である種の予防であるということは前に自論で投稿した通りなのですが。

http://minkara.carview.co.jp/userid/2619941/blog/38452181/
(車の"ゆとり事故"防止へ・・・ ゆとり世代に告ぐ!教習はマニュアル免許を取り、運転には常に意識を持て! )

ようはこの違いによって運転とその注意や安全への貢献ですが、結局のところ、それでもそれを踏まえたうえでATを取る人もいるわけですね。
でもだからこそ。
だからこそ、この運転への注意と意識を強く持つこと、それが車へはより大切なものなのです。
そしてなんと!
我々世代は誰もそれを触れていないのです!
恐らく我々ゆとりのような世代からすれば、”たかが車の運転”と切り捨ててしかいないということなんでしょうね。
そしてここから疑問がもう一つ。
高齢者の事故の多発は多いにしても、こんな頭の中でチューリップしか咲いてないような人は事故を起こさないのか?
そもそも高齢者の事故は本当に多いのか?そして若者は大丈夫なのか?
調べると驚きの結果、というより個人的にはむしろ長らく引っ掛かって腑に落ちなかった点がスカッと晴れた結果が出ました。
今回はそれを自論も混じえながら綴ってみたいと思います。

①事故年齢層から見る年齢推移

次のグラフを見つけました。







これはどれも警察庁から出してる記録です。
この年齢層別で見ると高齢者が圧倒的に事故死率の高いのが分かります。
ほら~やっぱり。
高齢者の事故は多いんだっつーの。
だってニュースとかでも色々言ってんじゃん~。
・・・、っと脳内チューリップの若者世代は言うと思います。
我々は頭が単純なつくりになっているので一度に取り入れる情報量は単に限られているだけでなく、その脳に入る以前に”興味&都合フィルター”に掛けられ、ここで都合の悪い物と興味のないものはフィルターに掛けられて脳内に伝わる形になっています。
お、我ながらうまいかもw( ^ω^)

http://www.news24.jp/feature/226/feature226_01.html
(各地で高齢運転者による交通事故が相次ぐ)

https://mainichi.jp/articles/20161113/k00/00m/040/079000c
(高齢者運転事故 相次ぐ 04年以降、毎年400件超)

https://matome.naver.jp/odai/2142234728396277701
(死んだほうがマシ!?高齢者が起こした悲惨な交通事故とは!?)

でも、まずここで注意。
グラフを見てほしいのですが、こちら、あくまでも”事故死”者数です。
事故の数を言っているわけではありません。
事故によって死亡したその数を言っているわけです。
そしてそれを見ると確かに高齢者が多い、けどそりゃ当たり前。
だって70、80代のジッチャンバッチャン、いくら元気で健康だからと言っても、されど高齢者。
人間の体は年を取ればそれだけ体力や体が弱くなるのは必然です。
もっとチューリップ頭でも分かりやすく言えば、高校生がじゃれあってコンクリの上でラリアットとかプロレスごっこをすればまぁよくて軽い打撲や擦り傷程度で済みますが、同じ高校生が80歳のジッチャン相手に同じことしたら、打撲や擦り傷で済むわけがないというのと同じことです。
若い人は元気ですから、どっかしらボコンボコンぶつけたりした所ですぐコロッといく玉じゃないでしょう。

では実際、死亡した場合に限らない交通事故を総合してみると・・・。


これは平成27年度の事故の年齢別のグラフです。
これを10万人に絞ってみると・・・


なんと驚き!
20代の事故率が高齢者と比べて圧倒的に多いのが分かります。
対して高齢者の事故は殆どありません。
所で、平成25年中の交通事故の発生状況から16~29歳を若年層、65歳以上を高齢層として考えると、それぞれの事故件数は、若年層「144,676件」、高齢層「104,243件」となります。
まぁ高齢層も少なくないですが、それでも若年層が圧倒的とも言いませんが、多いことが分かります。
また平成24年の統計によれば、16~24歳の事故率は1.54%であるのに対し、65歳以上は0.72%。
うん、もう結果は出ましたね。
つまり事故を起こす多さから見れば・・・

若者=免許返納
高齢者=免許返還

むしろ事故を起こさない高齢者ドライバーにはその御礼としてベテランドライバー特別手当のようなものでも与えるのが妥当だと思うんですが。
さぁ、ワカモンどもよ、せっかく取った免許だが皆で一緒に返納しに行こう!
いや返納はしなくとも、まぁ身分証としておいて。
運転はしないこと!
これで日本での交通事故は一挙に減るでしょうね!
え?だってもう結果出ちゃったじゃんw
まぁ、ちょっとやりすぎました。
ですが、結局のところ若者より高齢者のほうが事故を起こす割合ははるかに低いことが分かります。
つまり、”高齢ドライバーの事故”というのは単なる死亡事故や、それによって巻き起こる悲惨な現状によって生まれる一種の、”感情論”によってなりたった空想論が強いと思います。
それがニュースやメディアなどが過剰に反応して、大々的に放送するので一般常識的に「高齢者の運転は危険なもの」と決めつけられていくのでしょう。
そう考えると、現在の免許返納などが薦められているのは、そのメディアや若手が押し上げる感情論を持ちあげに高齢者を貶める非遇であるとしか見ようがありません。

②高齢者が事故を起こしにくい理由
これで十分、ワカモンが事故ってばっかで高齢者が事故を起こしにくい現実は分かったと思います。
と、そこで今度はなぜ高齢者が事故を起こしにくいか、その理由を自論で挙げてみたいと思います。
もっとも、もみじマークを付けてや、年を取って運転しないなどはその理由にもなりますが、今回はそういった表面的なことではなく、内面的な点から自論を立てていってみたいと思います。

1.高齢者とその性格
我々の世代は今の高齢者に対して非な印象を持つとしたら、正直な所「めんどくさい」が第一出ると思います。
やたら考えは古臭いくせに自論ばっかり立て付けて、それを我々に押し付けてくる。
ハッキリって、めんどくさい。
ですが、高齢者はそれだけに性格が厳格です。
規律やマナーに重きを置いて、それに反する若者はトコトン指導する。
もちろん中には、大したことでもないのに・・・という所でも一般的に見たら必要以上な過剰な指摘をしたりするからこそ、若者が逆にそれに反発します。
でもそんな大人だからこそ、車への厳格さの強さはそれこそのもの。
反面、今の我々はそんな指導をさせる人など身近にいないですから、何事にも甘えが生じます。
それは車の運転にも・・・。
そう、そしてその甘えがあるとっさのときにー。
恐らくこれを眺めてる人の中には自分と同じ世代も居れば、中にはその親かそれよりすこし若い世代の人もいると思います。
そんな人なら、身で知ったこともあるでしょう。
道で飛び出した時に、車に轢かれかけた途端、窓をピャッと開けて顔真っ赤の運転手に怒鳴られる・・・。
その怒りの恐怖・・・。
我々はそれを知らないのです。
まして自分が運転で同じ立場になっても逆に言われる側になってしまうくらいです。
余談ですが、前にセリカで青信号の横断歩道をそのまま突っ切ろうとした途端、横からポケモンGOに夢中の子供がヒョコヒョコと出てきた、ぬぅおおおおおっと慌ててブレーキでも間に合わない。
車を壊すのも意を決し、サイドブレーキで対向車線一杯に車を反転させてギリギリで留めました。
車を降りた自分はその子に「お母さんかお父さんいる?」と聞いて母親登場。
そこで私は状況説明をしてから、「赤信号を渡るな、とは言わないですよ。歩きスマホをするなとも言いません。やむを得ない場合だってありますからね。でも、せめてこういうのは気を付けるようにさせないと・・・。私じゃなかったらこんなこと(回避方法)できないで突っ込んでましたよ?」とそれこそ今考えたら、歩行者に甘々すぎる感じで言ったらこっちが青二才の若モンなのを気を楽にしたのか、「それ以前にそれを気を付けるのが運転手でしょ?」って言われたのを今でも忘れません。
これは今考えれば大問題でしたが、それ以上に私たちって結局こんな感じなんだよな~としか思えません。
話が逸れましたが、ようは若者はチキンなのです。
ですが、そんなチキンも都合の良い時悪い時でコロコロ変わり、気分が良い時になって空回ってぶっ飛ぶんでしょう。
常に厳格と規律、そんな世代で育たなかった自分たち。
まして自分など1995年生まれ、それこそゆとり中のゆとり、キング・オブ・ゆとりんの世代こそ正しく分かりやすく性格が出ているのが分かると思います。
かと言って、厳しくすれば現代では体罰や虐待とも受けられます。
もちろん体罰や虐待が人の成長に利点を与えるなど考えたことも無いですが、それでもある時に厳しく、そんな経験さえ無いのが我々。
そうなだけに高齢者と若者に大きな差があるのが原因だと思います。
これは教習などもそうだと思います。
昔の教習は厳しかったらしいですね~。
怒られ怒鳴られ、いじわるをされながらもヒーヒー言ってハンコをもらう。
所が自分の御年67になる親父などそれだけに限らず、今度は”第二”の教習が待っています。
それはそのまた父。
祖父の指導。
毎回のように運転で連れる度、ポコポコぶたれながら怒鳴られながら運転したという話を聞きました。
そして不幸にも、いやむしろ世代的には幸いにもか、その伝統は私にまで受け継がれました。
現代の教習はやはり若者の車離れで免許を取ることが少なく、昔のように厳しくしたらすぐ辞めてしまったり、取る人がいなくなってしまうんだそうですね。
だからどこもそうだったと思いますが、非常に甘い。
ですが、自分の場合そう簡単にはいきませんでした。
セリカを購入してからというもの、ドライブに父親を隣に乗せれば、それこそ殴ったりけったりは無いものの、厳しいの怒鳴るのなんの。
ただでさえ前のオーナーが車高調を入れて乗り心地が悪いのに、っという泣き言も許されず・・・そんなときにも厳格な親父によってある意味自分の今のハンドルを握る事とその意識に繋がっているんだろうなとも思います。
昔は見てくれる人がいました。
今の我々にはいません。
だから限度も分からずにいるのでしょう。

2.昔の車社会は今ほど甘くない
今の日本はいわゆる”ゆとり”であり、かつ”おもてなし”の国。
表も、そのまた暗黙のマナーも認められ、それに沿って生きています。
昔の日本は今よりも自動車社会的世界は広がりつつ、かつ厳しくありました。
交通戦争とまで言われる時代があったからこそ、その実情はそれこそ今で言えば、車線の割入りや黄灯無視は当たり前、煽り寄せ運転に、無理をした悪質的な走りなども一般的だったものでしょう。
それに対して今はと言えば、くっきりそれも弱まり、まぁ飛ばす車も多少速度が速いくらいで昔ほど無理な運転は少なからず自分的には見られません。
車の性能は上がって、多少速くは成りますが、それでもその程度。
名古屋や首都圏などの荒々しい運転も、昔からしたら可愛いもんでしょう。
そんな交通戦争期をも車と共に生き抜いた人間であるからこそ、逆に今のゆとりのある車社会には案外なじみやすく、それだけ運転しやすい分事故も起こしにくいというのも考えられる一種です。

3.現実だけでなく長年の歴と勘
車でも、これは意外と大きなところで、長く運転している人と若年ドライバーとでは全く運転時の配慮や勘が全く違います。
前に一度見たことがあるのですが、運転中の運転者の視線の分布を表したもので、長年ドライバーは視線がただ真っ直ぐの直線道なのにあらゆる所に分布されているのに対し、若年者はほぼ一点のみしか集まっていないのです。
ちなみにレーシングドライバーやある種それを嗜む人も視線の分布のバラけが大きく、かなりなベテランの人は後ろに目でも付いてんじゃないか、って思うくらいの鋭い感覚を持っています。
これも長年のドライバーとしての積み上げはもちろんの事でしょう。
自分も免許を取ってこの方暫く経ちましたが、何となくこの勘というものが分かるような気がしてきました。
それは単に安全や危険だけでなく、車の流れや車線の動き、空き具合などでこの先に出る方法などが自然と頭の中で計算式のように浮かび、それを反映できるようになります。
もちろんそれは当りもあれば外れもあります。
だから外れた時にはそこからまたさらに有効な、それでも危険を冒さず、周囲にも安全な方法を思考する。
それにはまた視線を周囲に送って多少たりとも少ない情報でもそこから拾って答えを導き出す。
勘とそれを実行に移せる勇気が昔と今では違うものだと思います。
余談になりますが、元レーシングドライバーでジャーナリストの黒澤元治という人がいます。
この方は御年で77歳になりますが、去年は新型、今の一つ前のシビックRで筑波で1分7秒台、同職で現役レーシング職の土屋圭市よりも速いタイムを記録していましたが、これも一般的な車のドライバーと同じ、長年の車と共に携わってきた人間であるからこそ、このプロドライバーらしい運転技術とドライビングプレジャーが生かせるものだと思います。
所でこの人は免許返納するのかなぁ。
自分は都内は人並み以上には走れる自信はあると自負はしていますが、それでもこの年齢である以上、自分がじゃぁもうベテランドライバーだなどとさなさら思っても居ません。
ましてやまだまだ、むしろ慣れた時の今からこそだとも思います。
ほんの数年走ったからといって、それが車とキャリアだとも思いません。
本当のドライバーとキャリアというのは何十年と走り込んでこそ、それが言えるものだと思います。
だからこそ、高齢者の運転は違いなく、そして明らかに事故も少ないのだと思います。

③若者が事故を起こしやすい理由
長らく高齢者の運転について話したので、今度は我々に目を向けてみたいと思います。
もう高齢者目線での中でほぼ結果は出たも同然だと思いますが、一応自分自身に思い知らせるためにもこれまた自論を挙げてみたいと思います。

1.浅い運転歴と技術の過信
今の若者というのは自己主張をしないで黙りがちな感じですが、無駄なところで無駄なプライドや過信をしたりするものでもあると思います。
今の我々大学生、18~22歳辺りが免許を取るとしても、長くて4年。
自分の場合20で取ったので、2年弱。
恐らく自分は今、かなり転機に来ていると思います。
車の運転というのは、慣れた時が一番怖いと言いますし、これは事実です。
慣れ始めた時、今までの安全確認や行程を疎かにしがちです。
もちろん、安全を優先させるからこそ安全な運転と環境がもたらされるのであって、それが欠ければ欠けるだけ、その運転環境はどんどん劣悪します。
運転し始めて口うるさく「安全第一だぞ」と言われるのに対し、心ではわかっていても結局我々若者は「分かってるよ、めんどくせぇなぁ~」と切り捨てる性格があります。
自分はそれを自分で言い聞かせるために、毎回カレコでは使う度にベーシックからプレミアムに限らず初心者マークを貼り付けています。
人から事故の事を訊かれても、絶対に事故を起こさないよ、などとは絶対に言いません。
なぜなら事故は絶対起こらないわけがないので、事故を起こすときは起こすのですから。
でも絶対に事故を起こさないという確証は出来ないが、絶対に事故を起こさない運転を心がける、とは言います。
それはそれが自分の運転と技術に過信しないストッパーなのです。
これは一種自分個人的なプライドもあると思うのですが、恐らく他の若者からすれば一種の綺麗事だぁ~と切り捨てることでしょう。
でも、結局はそんな切り捨てる行為こそ、車社会での綺麗事であり、過信な技術力から漫然な運転へと変わり、この多くの若者が起こす事故へと発展するのでしょう。
若い人でも、いくら他とは違う運転ができるようでも、人よりも素早い電光石火のシフトチェンジが出来ようとも、どこの一般道を百何十キロ出せる技術があったとしても、どこの峠道を何分以下で走れる自信があろうとも、運転への意識が無ければ十分なサンデードライバーであり、十分な事故を起こす運転者です。

2.自分に対する甘えとそれを黙認する結果
簡単にいい例とすれば、先ほども言ったように免許のATとMTの違いなどです。
これは前に投稿したようにMTとATの意識の違いなどがここに現れます。
現在のATとMT習得率は大きな差は出てないとはいえ、明らかにATの方が大きいのは目に見えています。
一方でATを取ったこそ事故が多いのも事実だと思います。
前にも挙げたようにMTの多い操作と意識に対して、簡略化されたAT、運転者の運転意識とその余裕には差があるものでしょう。
MT免許習得者のように周囲状況をしっかり把握できるのに対し、AT限定者のように限られた状態でしか周囲を把握できない。
これでは事故を起こすのもどちらが大きいかは明確でしょう。
そしてこれも「どうせMTはいらないから」「無駄でめんどくさいから」という若者相応な理由で切って捨てられ、その結果でしょう。
運転意識もそうですが、このように自分に対して甘く甘くやるのが現代の若い人の特徴であり、その甘さによって低下する運転意識が多発する事故へとつながるものだと思います。

3.その結果、機械に頼りすぎ、自身での制御力が足りない
近年の車は最新の技術や最先端の機器が組み込まれ、それに頼りがちで自分で制御するということを忘れがちです。
もっとも最近は自動ブレーキ機能やヒルアシストなどはありますが、言ってもそれは現代の最新車種の殆どです。
学生に手頃な中古車や実家の車、格安レンタカーなどにあるのは殆どが現代の最新技術の詰まれていない一昔前の車が殆どです。
そして現代の車社会には最新の新車もあれば、そういった一昔前の車も多く走っているのが事実です。
そういった車はもちろん運転側に制御の多くを任せますから、それを操るのは人です。
その人の制御する力が無ければそれだけ事故を起こす確率が高くなるのは明らかです。
現代の最新技術は確かに素晴らしいものですが、確実にその性能が保障されるものでもありません。
性能や機能に頼ればそれだけ運転者の運転意識が薄れるのもまた事実。
ましてや自分に甘い若者が頼るだけ意識が薄れるだけ、事故を起こしやすくなるのも目に見えてくるでしょう。

別途―高齢者の事故も多いのは事実

1.30代後半から60代に比べると高齢者の「事故率は高い」

散々のように同世代をDisって、高齢者を棚上げしたものになりましたが、高齢者の事故が多いのも事実です。


一応分かるように10代20代が事故が多いのは分かりますが、年を取りつつ、60代を超えると一気に事故が増えていくのが分かります。
見方を変えて今度は法令違反での年齢別を見てみます。


20代の事故件数と80代以降の事故件数を比較してみると、「信号無視」「優先通行妨害」「歩行者妨害」「一時不停止」「安全不確認」などで80代が20代の事故件数を超えていました
その一方で、20代の事故件数が多いのは「漫然運転」「脇見運転」「動静不注視」「安全速度」などになっています。
いくらベテランとはいえ、高齢になってくると、体が思う通りに動かなくなって、車の操作や周りの流れに追いつかなくなってしまうのでしょう。
とはいえ、安全運転義務が疎かになりやすい若者、これも前述したような甘えや過信のものがあるでしょう。
もちろん人口の割合的に若い人が増えているのは確かですが、されど高齢化社会、高齢者だって沢山いるのが日本です。
結局の所、どっちがどっちとも言えません。
若者の事故は「安全運転の意識・技術が足りないから起こる」のに対し、高齢者の事故は「安全運転の意識に技術・能力が追いつかなくなることで起こる」といった所でしょう。

最後に
自分は前から高齢者の人が事故ばかりを起こすのを聞いてどうも腑に落ちない点がありました。
運転に関してはそこらのドライバーと比べればベテラン。
そんな高齢者がなぜ事故が多いのか。
むしろ若気の類、熱の入る世代の方が事故が多くて良いと思ったのに。
普段、車で走っていても周りでもみじマークを付けた車があちらこちらでゆっくり走っているのを度々見かけます。
それを見ててもまた疑問が浮かびます。
なぜこんなスピードで走っててそんなに事故が多いのか。
例え事故が起きるとしても、ここまでの運転なら限りなく高齢者側の非は無いに等しいのでは。
むしろその横をビュンビュン抜けていくベンツのSクラスや営業車などの方がよっぽど事故るようにしか思えない。
自分はかなり高齢者に囲まれて過ごした方でもあり、いろんな人の運転などと共に生きてきた自分でもあります。
その運転は、なんというか寛容的というか、決して荒々しさやとげとげしさなど無い、今でも思うと模範的な運転だと思っていました。
それにそもそもATに甘えてMTを取るような人が増える今、自分は大袈裟にATにしか甘えない人は事故ると考えていた位だったので、それでも高齢者が多く事故を起こす、という事に度々疑問を持っていました。
でも結果、その感は当っていました。
「アクセルとブレーキを踏み間違えた」そんな事故、高齢者も少なからずですが、自分からすれば、そんなんどうやったら踏み間違えるんだよ?と多少びっくりするくらいですが、考えてみれば結局、そんなはたからすればびっくりするような間違いも出るくらいのものが今の時代では普通にあるというものなんでしょう。
最近、テレ朝のドラマでやすらぎの郷の中の話で、大御所大女優のお年寄りがハマーで高速を逆走するって話がありました。
今度の山田洋二監督の家族はつらいよ2でも免許返納を基にしてストーリーを立てているようですが、まだ観てません。
前のも面白かったし、今度も観たいな・・・。
ここからはあくまでも個人的な考えですが。
若者・高齢者含め、多分これからは車の事故は少なくなっていくと思います。
車はまず、古いのは減ってゆき、部品供給も出来ないからマニアご用達車になるだけでしょう。
加えて最新鋭の安全技術などの車が増えるだけ、事故は起きにくくなると思います。
それに順応できるかが今後の高齢者が事故を起こしやすくなるか否かが掛っているように見えます。
ただ別途で追記したように最新の技術に順応しやすい若者に比べ、順応が難しい高齢者がそれによって事故を起こしやすくなるのも事実でしょう。
これからは自動運転の時代ですが、それもいつになるか分かりません。
ただ恐らく、まずはこういった車の機能のアップから始まっていくのでしょう。
例えば今なら自動ブレーキやクルーズコントロールがあってレーンキープがあって、そこからまた派生していく感じなのかなと思っています。
そんな完全自動運転にされるまでの間、果たして今や今後の若者はどこまで自分で機械を制御するということが可能なのか、そしてそれまでにどれほどの事故が起こるのか。
それはもう、神のみぞ知る、って感じですかね。

んでは最後の最後は・・・とりあえず同世代へ向けてって事で〆を。
えっとですね。
んーまぁ、自分も同じ年だから分かるけど、結局のところ、こんなことタラタラ書き綴ったところでウチらは学習能力もないからしょうがないもんだろうよね。
うん、もうね、しょうがないです。
そんなふうにウチらは育っちゃったんだから。
恨むなら親かこの国の教育方針を恨んでください。(ぇ
って、まぁそう言ったってしゃーないだし、それでもまぁ何個か言い残しとくとするなら、まぁ二つだけ。
まずはやっぱり何を言ってもやっぱり運転には意識を持つこと。
「またそれかよ。もういいよ」って思った奴、もう救いようありません。
どうぞお好きに事故ってください。(ォィ
ってのは冗談だけど、本当に。
車は凶器だ。
世界一強い人間がいても、車の力には勝てない。
だから車を操るというのはそういう凶器を扱っているということを常に自覚持っていること。
もう一つは、それでもまぁ救いようのないやつは結局事故るんだろうけど、事故るなら人は巻き込まないこと。
車同士で事故るんならまだいい。
もっとも単独が一番理想なんだけど。
車の中は少し前の車だとしても、安全装備はある程度あるからまだ大丈夫だ。
それに体の丈夫なウチらなら、多少その中でぶつけたって死ぬほどでもない。
事故は絶対起きないわけがないもんだから、事故を起こしても人を巻き込んだらそれこそおしまいだ。
衝撃吸収ボディとは言っても、死なないのは、もう奇跡だ。
運が良いと言って良い。
死ぬのが普通だ。
だってこんな鉄の塊が何十キロで生身のプヨプヨフニャフニャな人間に当ったら普通どうなるか考えなくたって分かる。
その結果、言い方は悪いけどでも結局、君は人殺しになる。
もちろん法律や罪名が違うってだけで、実質は人殺しだ。
だから事故っても絶対に人を巻き込むんじゃない。
どうしても巻き込みそうなら、それでも自分の持ち得る技術のうちで全力で回避するんだ。
車なんかかまうな。
そのおかげで人1人の命が助かるんなら君は人殺しから一転、人助けのヒーローだ。
いくらその相手が気に食わない奴でも人命は優先だ。
その事を忘れちゃならない。
自分は父親の友達で元60年代にフォーミュラーレーサーだった人がいて、この人は自分が車を買って乗り始めた時、「ただ好きなように走れ。スピード、規則、構うもんじゃない。だが、蟻一匹、蠅一匹殺すな」と言われたのが今でも心に残っている。
今もなおこれは自分の信念であり、プライドでもある。
もちろんこれを聞いたところで、ピンとこないだろうし、それこそお決まりの「綺麗事だ」で終わるんだろうけど。
自分もこの通りにこの方都内を走ってきたけど、綺麗事や気に入らないことは切り捨て、都合のいい面ばっかり見ながら能天気に運転してるほど車の運転は甘くないんだよ。
ちょっと厳しい事を言わせてもらったけれども、まぁ自分から言うことはそんな感じかな。
もっと言おうと思えば言いたいことは沢山出てくるけど、まぁどうせ言ったところで無駄だろうしいいや。
そんな感じで、よろしく頼むよ、ブラザー。
いや、ブラザーちゃうな。



今日は急にゲリラが降ったりやんでカラ晴れして暑かったり・・・なんじゃ今日はw



ブログ一覧 | 日記
Posted at 2017/09/11 19:49:22

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

マスコミュニケーション
nobu-Dさん

最近の車のマナーは良くなってるし、 ...
JOUSUIさん

75歳で免許は強制返納でもいいくらい
森野熊三さん

限定条件付き免許
シロナガスさん

正しくは「高齢ドライバー人口増加に ...
散らない枯葉さん

高齢になったらいつ運転を放棄するべ ...
毛呂さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「車遍歴を巡って ~プリウスに乗ったよ~ http://cvw.jp/b/2619941/40547567/
何シテル?   10/08 21:07
最近使い慣れてきました。 基本、ここでは車関連のことでしか書き込みません。 免許習得から早2年弱、若葉マークは依然付けっぱですが、日々日々ドライブとワインデ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ノート 日産 ノート
現在所有(嘘)の車。 、、、と言ってもカーシェアの車。 本当、ザ・乗用車って感じで、何も ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
現在所有の車(嘘)。 人生初の車2台所有(嘘)。 あ、でも元のノートは同じ駐車場で2台あ ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初マイカーで興奮してます。 ほぼほぼ毎日乗車状態・・・笑 ハイオクのNAクーペのスポーツ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.