• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Nuk-P@RailStarのブログ一覧

2017年06月17日 イイね!

ついに電動化!?

ついに電動化!?画像は、インナーガレージ入口にあるEV充電装置のメインスイッチ。

あれはたしか、昨年の夏頃のことでした。
毎週のようにハウスメーカーさんとの打ち合わせを重ねていた中、ふとその話題がガレージの付帯設備に及んだ際、真っ先に私たちの意向を確認されたのが、なんとEV充電設備のニーズだったのですよ。

(・・・えっ?)

想定外の質問に大いに意表を突かれながらも

「いやぁ、私は(内燃機関にこだわる)マツダ車オーナーですからねぇ」

と、私が即座にプライオリティーの低さを伝えたので、アウターガレージ内の一等地に充電設備を据える提案は早々に却下。
実をいうとそれ以降、私はEV充電の設備に関し、設計担当さんと積極的に会話を交わした記憶はないのですが(単に忘れているだけかも)、さすがにこのご時世、省エネ住宅設計でEV充電対応を無視する暴挙はあり得なかったようで、いざ新宅が完成してみると、インナーガレージの片隅にはしっかり200Vの充電用コンセントが^m^。
ま、冷静に考えれば、私が巨額の住宅ローンを払い終える前に本格的な電動化時代が来ることは明白なので、時代に無関心なオーナーの行く末を案じたスマートな配慮であったと、今は大いに感謝している次第です^^;。

そんな経緯のあった我が家に晴れて本日、初のモーター付きの乗り物が納車されました。

ジャーン。



ハイ、最初からオチは十分予想できたと思いますが(苦笑)、納車されたのはEVではなく、電動アシストサイクルでした。

一般には普及が進んでいる電動アシストサイクルですが、私たち家族全員にとっては初体験の乗り物。
今日は皆が代わる代わる真新しいサドルを跨いで、その新鮮な運転感覚を味わいました^^。
今後はぜひとも、街中のチョイ乗りに活躍してもらいましょう。

それにしても・・・

今回全く解せなかったのは、メーカー(Panasonic)のカタログラインナップ。

自転車店で入手した最新総合カタログや、メーカーの公式Websiteを入念にチェックしながら機種選びをしたというのに、最初に注文した超スタイリッシュな機種は、在庫の問い合わせ時に、まさかの「生産中止品」であることが判明。(だったら公式Webサイトから落としておけよ・・・)
夫婦ともにお気に入りの機種だったのでショックは甚大でしたが、仕方なくデザイン性は諦めることにして、次の機種を選定。
しかしなんと、失意の中で選んだその機種も同様に、在庫問い合わせ時に「生産中止品」であることが判明。(だからぁ、公式Webサイトに堂々と載せておくなって・・・)
ただ、幸いなことにメーカー在庫が各色1台ずつあったので、さらなる妥協の機種選びへ歩を進めることはなく、今回の納車に至ったわけですが、聞くところによれば、最初に断念した機種はかなり以前から生産停止状態だったようで、メーカーの最新カタログへの掲載方法に関しては、やや割り切れない思いが残りました。

製造を止めたのなら、消費者に余計な期待を抱かせないように、せめて「在庫限り」くらいの表示はしておいてほしいですよねぇ・・・
Posted at 2017/06/17 23:56:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 隠れ家の乗り物 | 日記
2017年06月11日 イイね!

「マイナス 8● ロマン。」

「マイナス 8● ロマン。」なんだよ? ●って・・・

久々にブログが挙がったと思ったら、またも不可解なタイトルでスミマセンm(__)m。

元ネタは勿論、R33のGT-Rがニュルブルクリンクのラップタイムを21秒縮めたという、懐かしい宣伝フレーズですね。
でも、なんたってこの私、あれだけ通い詰めたはずのサーキットに2010年の一時復帰以来ずっとご無沙汰・・・という体たらくなので、どうやら伏字は「秒」ではなさそうです。

ハイ、答えは「kg」(キログラム)でした。

実をいうと私、今年の2月から僅か4ヶ月間で、体重が8キロも落ちたのですよ・・・。

正月の御節太り?を引き摺った71キロ台からスタートして、現在が63キロ台。
振り返れば・・・社会人になってすぐの頃、半年間にわたる工場実習で疲れ果て、61キロ台まで落ちたのが成人以降の最軽量値だったので、その頃の体重ゾーンに四半世紀ぶりに復帰しているのですね。
もうね、短期間にこれだけ体重が変動してしまうと、ズボンやベルトが全く合わなくなるのは当然として、スタミナが減って疲れやすくなるわ、顔が骨張って不健康感が漂ってしまうわで、自分自身や周囲への影響も小さくないことに気付かされます。

ただその一方で、体重計の数値が少しずつ着実に減っていくのはなんとなく気分が良いし、街のショーウィンドウに映る自分のシルエットが以前よりもスリムに見える驚きは、決して悪いものではありません(笑)。
ま、それもこれも、現在は心身ともにかろうじて健康を維持できているという自覚があるからこそ、こうして面白可笑しく語れるのですけど^^;。

では一体、なんでそこまで瘦せたのか?

キッカケとなったのは、今年の1月に受けた会社の定期健康診断。
ここで私は悪玉コレステロールが上限値を大きく超えてしまい、2月某日、保健師さんに呼び出されて個別指導を受けるハメになったのです。
そして、数値の改善のためには、意識的に運動の時間を設定するなどして、生活習慣を根本から変える必要があると諭されたのですが・・・

(冗談じゃない!)

おりしも2月は、新居の工事や打ち合わせの進捗に暗雲が立ち込め、大いにストレスを溜めていた時期。
おまけに、仕事のピークに加えて両親の体調悪化という突発事態も重なり始め、のちに自分自身が「人生で一番多忙だった」と振り返ることになる3月を目前に控えた頃。到底、日々の生活パターンの中に新たなイベントを追加するのは無理に思えたのです。

そこで私は、わざわざ運動時間を設けるのは最終手段として温存することにし、
「現在の生活パターンのまま、質の改善で対応してみせます」
と宣言したのです。(心の中ではカッコよく啖呵を切ったつもりで 笑)

で、思い浮かんだ具体的な方策が2つ。
1つは保健師さんの指導内容にもあった真っ当なもので、「遅い時間の食事量を減らす」こと。
即ち、夜遅く帰った日は夕飯の御代わりは控え、かつ、その直前、帰りの新幹線内でも軽食を一切取らないことにしたのです。
そしてもう1つは、私独自のアイデアのため効果は甚だ疑わしいのですが、「飲み物を全てトクホにする」こと。
普段愛飲しているブラックコーヒーやお茶、コーラや炭酸飲料に至るまでを全て、(ちょっとお高い)特定保健用食品に切り替えてみたのです。

その他の方策はとくになく、ただ単にこの2つを心掛けるようにしただけ。
朝や昼の食事に特段の気を遣ったわけでもなく、ましてや、意図的に運動をするようなことも決してなく。
そのうちに超多忙な期間に突入してしまい、画像のような引越しのドタバタ劇による多大な肉体的疲労や、諸々の心労や精神的疲労が重なったこともあって、正直、ストレス解消のための暴飲暴食に走る暇も与えられないまま、気が付けば冒頭のマイナス8キロ状態に至ったという訳でした。

(残念ながらそこにロマンはありませんでした・・・)

実はもうすぐ、個別指導後の最初のフォロー検査がやってきます。
この4ヶ月の間、採血は一切していないので、最大の懸案であるLDLコレステロール値が下がったという確証は全くないのですが、BMI値は一連の体重減少のお陰で"肥満"判定寸前の「24.9」から「22.3」まで大きく改善しました。

果たして、あの日の宣言通りの"有言実行"を数値で見せつけ、保健師さんを驚かせることができますかどうか^m^。
Posted at 2017/06/11 21:42:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | 隠れ家の家人 | 日記
2017年05月18日 イイね!

次なる十年の計 ~第十五話・完~

次なる十年の計 ~第十五話・完~第十四話からの続きです)

私が年男だった2016年に企画した申年プロジェクト
構想から家の完成まで約1年半の歳月を要したと聞けば、なんだか長いような短いような・・・でもやたらと高密度だった印象の強い、足掛け3年にもわたる壮大な取り組みでした。

現在、このブログを認めている時点で、依然として外構工事は未完成(^^;)。
そればかりか、家本体に関する外・内装の修正工事が幾つも残っていて、一体いつになったら最終清算ができるのか、未だに不明(苦笑)。
よって、プロジェクトの“完了“とは些か言い難い状況にはあるのですが、新居での生活も既に2ヶ月。
この辺りで一旦、一世一代の大計画を総括しておかないと・・・ということで、私が当初ぶち上げたコンセプトが結果としてどの程度実現に至ったのか、ざっくり検証しておこうと思います。

私が当プロジェクトの超初期に、ハウスメーカーや建築家に向けて提示したコンセプト(新拠点の目的およびMUST要件)は、第五話でも紹介した通り、随分と欲張りなものでした。

================================================================
【プロジェクトの目的】
メイン:現在の車庫周りの環境を大きく改善し、カーライフの充実と効率化を図る
サブ :実家や駅に近い立地を生かし、両親の生活支援と通勤の利便性を向上する

================================================================

ここに関しては元々の表現があまり具体的でないこともあり、基本的にはメイン・サブともに問題なく達成できたと言えます。

メインの方はこの後で細かい要件ごとに検証するとして、強調したいのがサブの方。
とりわけ、両親の生活支援という点では、従来2キロ弱あった自宅と実家との距離がほぼゼロに等しくなった効果は、やはり絶大なものでした。
何より、私や嫁さんだけでなく、子供たちも含めた家族全員での両親とのコミュニケーション機会が激増。その分、余計な所まで目に付いてしまう弊害もあるにはありますが、殆んどタイムラグなしに気軽に2人の様子が窺えるという絶大な安心感は、それを補って余りあるものでした。
加えて、2階廊下に設けた南向きの小窓を通して、実家の玄関前の様子が居ながらにして簡単にウォッチできることが予想外の効果を挙げていて、単なる「近居」よりもグッと「同居」に近付けた実感があります。

そして、通勤の利便性向上についても、唯一人の当事者として大いに実感が沸くものでした。
駅から自宅まで2分弱という近距離になったという事実が、朝の支度に大きな余裕を生んだだけでなく、従来は自由席車両までの距離が遠いという理由で避けてきた16両編成・のぞみ号を最近では積極的にチョイスするようになり、朝夕ともにドアtoドアの通勤時間が大幅に短縮されています(^^)v。

ということで、本題のカーライフ要件の検証に移りましょう。




===================================================================
【主なMUST要件】(※但し、実現手段は一切指定なし)

① 2台(RX-7&ビアンテ)を密閉式エリア(A)に収め、かつ、ドアの開閉や軽整備が余裕で可能なこと
② 道路に面する表エリア(B)に最大3台(定常2台+来客用1台)が置けること
③ Bエリアの2台(デミオ&アクセラ)の乗降は雨に濡れずに行えること
④ Bエリアの2台の出入りはそれぞれ独立して可能で、かつ、Aエリアの2台の出入りを完全に妨げないこと
⑤ Bエリアを利用して、脚立を使った洗車ができること
⑥ Aエリアにタイヤ(計6セット)や工具の収納スペースが確保できること


===================================================================

まずは①について。
設計段階において”断腸の思い”で幅を30センチ削ったインナーガレージが、密閉式エリア(A)に対する解となったわけですが、実際にビアンテとRX-7を収めてみると、図面上で懸念していた程の窮屈さはなく、車両前後のクリアランスも含め、十分に及第点ですね。
ただ、ダウンライトの照明に関しては、ボディーコーティングのツヤ・撥水強化作業をしてみた限り、やや照度不足だったかもしれません・・・(点数を付けると90点)。

次に②。
全幅7.8メートルの横長カーポートを繰り出した玄関前スペースが表エリア(B)の解。
定常の2台置きの状態で、デミオもアクセラも前後ドア&バックドアの開閉がスムーズに可能なので、これも及第点。ただ、全長4.7m超のビアンテだとバックドアの開閉が窮屈で、停車位置をやや前寄りにする必要が生じますが、これは土地の制約から致し方ないでしょう(=85点)。

続いて③。
デミオもアクセラも、すべてのドアはきっちりカーポートの傘の下にあるので、基本的にはOK。
ただ、アクセラの鼻先位置が軒下ギリギリとなり、雨が降ると軽く濡れてしまうのが玉に瑕。
今から思えば、クルマ止めの前後位置や、カーポートの据え付け位置など、もう少し現場で詰める余地があったのではという、全体レイアウト上の反省があります(=80点)。

そして④。
結果的にエリア(A)・(B)は隣接しない独立レイアウトとなったので、これは完全にOK(=100点)。

さらに⑤。
実際にビアンテの洗車テストをし、実用上の不満はなし。そればかりか、クルマの前後左右に適度なスペースがあり、カーポートが直射日光を遮ってくれるので、従来よりも遥かに快適な洗車作業ができることがわかりました。
強いて欠点を挙げれば、床の一部がタイル張りで若干の凹凸があるため、脚立の安定に気を遣う必要がありますが、従来は傾斜のある急坂での脚立洗車でしたから、格段に安定度は増しています(=95点)。

最後に⑥。
タイヤはその後5セットに減ったものの、現在はまだ2セットしか持ち込んでおらず、残りの3セットの処理が未決。インナーガレージ内に十分な余裕はありませんが、工具の分も含め、決してスペースが創出できないわけではないので、いかに効率的な空間利用法を編み出すかが課題ですね(=75点)。

ハイ、どれも基本的には要件をクリア・・・というか、そもそもが必須条件であったわけで、すでに私の関心は、その先にある「カーライフ充実」の可能性追求へと移っています。
クリアできたMUST要件を存分に生かして、どこまで私自身が新拠点でのカーライフを充実させ、1台1台のマイカーを輝かせていけるか、まさにこれからが腕の見せ処でしょう(^^)。


さて、全十五回にわたったこのシリーズも、一旦ここでひと区切り。
次回からはもっとみんカラらしい切り口で、クルマ好き・レース好き・マツダ好きの私がどう新カーライフ拠点を構築したのか、自己満足な演出の部分を中心に、新たなシリーズで少しずつ紹介していきたいと思います。

(完)
Posted at 2017/05/18 22:01:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | 隠れ家の新プロジェクト | 日記
2017年05月13日 イイね!

点検のウラ番組

点検のウラ番組連休らしい外出が何もできなかった我が家のGW・・・。
でも、引越しから1ヶ月を経てもなお、消化すべきタスクは山ほどありまして(^^;)。

本来のタイミングから2ヶ月遅延したデミオの半年点検もそのひとつ。

そもそも、ディーラーから点検の案内ハガキが届いたのは2月末。
しかし、当の3月がこれまでの私の人生で最も多忙な1ヶ月間となってしまった関係で、かろうじて月半ばに初車検のアクセラXDをお店に持ち込んだのを最後に、以降はディーラーと全く音信不通の状態に・・・(+_+)。
まぁ、これほど洗車好きな私がマイカーを1台も洗えず、スタッドレスタイヤの交換も先送りされた異例尽くめの3月でしたから、無理もありませんよねぇ(^^;)。
悪いことにデミオは点検と同時にガラスコーティングを施工する計画だったので、ディーラー経由で業者さんとの日程調整を進めないことには、タイミングが決められなかったのです。

そんなわけで、GW連休終盤になってやっと入庫の段取りが叶ったデミオですが、実はここで、ちょっとだけ興味深いドラマが待ち受けていたのです。


「作業が午前中いっぱい掛かりそうなので、代車を用意しておきますね」

サービスマネージャー氏の言葉に、ややくたびれた軽自動車をイメージしていた私。
実際のところは前回、前々回と、我が家とは縁の深いアクアティックブルーのSKYACTIVデミオが代車として登板していたのですが、なぜか今回はDEデミオは全く頭になくて、それ以前に借りた白のAZ-ワゴンを勝手に想像していたのです。
ところがところが
点検当日にいざクルマを持ち込んでみれば、そこに用意されていたのは現行のDJデミオ。しかも、赤髭のXD(1.5Lディーゼル搭載車)ではありませんか!!

ときたら・・・ウン、
真っ先に嫁さんに乗ってもらわないとね!^^

そうなんです。
年始早々に私の気まぐれで、シートヒーター欲しさにDJデミオの代替を妄想したという顛末劇は、過去のみんカラブログにも認めた通り。
残念ながらその時は、嫁さんをCX-3試乗車の運転席に誘導するのに失敗してしまい、いつしか熱は冷めてしまったのですが、それでも私は
「(13Sは)坂道や加速でストレスを感じることがある・・・」
と嫁さんが吐露したことが、ずっと気になっていたのです。

「勝手知ったるデミオだし、ちょっと買い物にでも行って来たら?」

そんな私の誘いに乗って、XDツーリングのスマートキーをトートバックにしのばせた嫁さん。
ディーラー試乗などの特別なシチュエーションでなく、あくまで普段使いの用途で、エンジン違いのデミオのパフォーマンスが嫁さんにどう映るのかは、送り出した当の私としても、大変注目するところだったのです^^。

果たして、近所のスーパーから帰還した嫁さんの第一声は・・・

「とっても軽かった!」

「えっ?」

「軽い」というコトバに思わず意表を突かれた私(笑)。

だって・・・無理もないでしょう。
DJデミオのガソリン車とディーゼル車ではざっと100kg以上の重量差があり、その大半がフロント部に集中。ディーゼル車の方が遥かに車重・・・とりわけ前軸荷重が「い」という客観的事実がまず存在します。
加えて、私の個人的な見解でいえば、DJデミオは2種類のエンジンの重量差や性能差に応じて車両のキャラクターが明確に分かれる印象で、ガソリン車では「軽快感」、ディーゼル車では「厚感」がそれぞれお気に入りのポイントだったのです。

だから、「重」と真反対の「軽」というワードには思わず戸惑ってしまったのですよ。
・・・最初の数秒間は(^^;)。

当然ながら、すぐに嫁さんの真意は汲み取れました。
ドライバーの意志、つまりは加速のためのアクセル操作に対し、きっとデミオXDは「軽々と」「軽快に」応えてくれたのでしょう。

さらに嫁さんはコトバを続けます。
「なんかこう・・・思い通りに動いてくれたというか、ストレスがなかったのよ!」
これを何度も力説(笑)。

まさか嫁さんの口から“人馬一体”に近いニュアンスのコメントが飛び出すとは思いも寄りませんでしたが、これは裏を返せば、普段の我が家の13Sがなかなか嫁さんの思い通りになっていないということです。

ハイ・・・これには少々説明が要りますね。
普段デミオにあまり乗らない私がフォローするのも変な話ですが(苦笑)、ガソリンの13Sにも他のマツダ車と同様の素直な反応特性はしっかり仕込んであって、実際にリニアなエンジンフィールと小気味よい変速レスポンスをセットで体感すると、心底爽快な気分に浸ることができます(^O^)。
ただ・・・
いかんせん1.3LのNAエンジンはお世辞にもパワフルとは言い難く、余力の無さがスイートスポットの狭さに繋がってしまいがち。
例えば同乗者がいてウェイトが増えていたり、例えば平坦路から勾配路に差し掛かったりすると、いとも簡単にそこから外れてしまい、アクセルレスポンスにストレスを覚える頻度が増えてしまうのです。だからといって嫁さんが積極的にマニュアルシフトを駆使して低いギアを選ぶわけでもなく・・・。
おまけに、少し前までの自宅のロケーションは、狭い急坂の中腹。嫁さんが子供たちの送迎に外出するたびに、二重三重のストレスに苛まれていたのは想像に難くないのです。

そんな、いつもの諦めモードな感覚で同じDJデミオのアクセルを踏んでみたら、過去3年間のデミオとの日々を覆すような目覚ましい加速感、頼もしいレスポンスが返ってきたわけですから、思わず嫁さんのテンションが上がるのも不思議ではありませんよね^^;。

さてさて、この一件のお陰で、年明け以来ずっと完全凍結していた13Sの代替検討も、実現タイミングはともかくとして、ひとまずパワーユニットとしては、1.5Lのクリーンディーゼルエンジンが当選確実となった雰囲気です^m^。

そんなドラマの筋書きまで想定していたかどうか定かではありませんが、初車検を半年後に控えた今回の代車手配、なかなか気の利く選定だったですね(^^)v。
Posted at 2017/05/13 16:57:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | 隠れ家のマツダ | 日記
2017年05月09日 イイね!

迎え迎えて、また迎え

迎え迎えて、また迎え長かったGW連休も終わり、通常の生活が戻ってきました。

実をいうと私は連休突入の直前にも休暇を取ったので、なんと十日連続の休みだったのですが、残念ながら、長期の休暇という実感は一度も涌くことはありませんでした。

というのも、連休直前に病院から外出許可を得、短期間ながら久々の帰宅をした父が、連休の中盤、激しい痛みをおして強く退院を希望したため、その受入れ準備やら母の体調不良のケアやらが発生し、こちらは全くもって心休まる間がなかったのです。おまけに、春先から蓄積されていた心労や疲労の所為で、あろうことか退院した父と激しい口論までしてしまいましたしねぇ・・・(+_+)。

この影響をモロに受けて、折角のGW連休ながら、我が家では行楽めいた外出は一切なし。
当然ながら、私のみんカラブログも全くの不発に終わってしまいました。

ただ、そんな不憫な?家族の気を紛れさせてくれたのは、時折り宅配業者が届けてくれた新しい家具や調度品だったり、わざわざ新居を訪れてくれた友人や知人の姿だったり。
斯くいう私も、親しい友人が2組も遠方から訪れてくれたし、我が家きっての社交家の長女に至っては、連休中はお友達の訪問がない日の方が珍しかったくらいで(^^;)。

そんな按配で、今までの古家暮らしの時代には考えられないような頻度で、まさしく入れ替わり立ち替わり、家の中に明るい声が弾む様子には思わず癒されましたし、これは間違いなく、新カーライフ拠点の構築を主目的に掲げた”申年プロジェクト”の副次的効果ともいうべきものでしょう。

実は私自身も、今回のGW連休が終盤を迎える頃になって初めて、新居・・・いや、新カーライフ拠点がもたらした”予期せぬ”有難みを、しみじみと噛み締めるシーンがありました。

それはたしか、相次ぐ来客のためにリビングに自分の居場所がなくなり(苦笑)、やむを得ず1階の自陣ゾーンに避難してきた時のこと。
3月下旬の引越し以降、暇を見て少しずつ進めてきたホビールームやインナーガレージの整理もやっと一段落していたので、私はふと何をするでもなしにガレージに降り立ち、コンクリートの床上に無造作に置いていたSPARCOのバケットシートに深々と腰かけてみたのです。

するとどうでしょう。
階上の賑やかな雰囲気から隔離された空間で程良い静寂に包まれてみると、驚くほどゆったりと時が流れて、意外なほど気分が落ち着いたのです。

この居心地の良さというか、気分がリフレッシュされる爽快な感覚は、正直、カースペースの検討には余念の無かったこの私が完全に見落としていた、インナーガレージの思わぬ活用シーンでした。
無論、このガレージ空間を拠点に、従来の縦長カーポート時代には実現困難だった様々な メンテナンス作業にトライしたり、家族とマイカーとのより親密な付き合い方を模索したりと、夢広がる「動」の青写真は沢山描いていたのですが、その反対に、何もしない「静」の過ごし方もあったとは・・・お恥ずかしい話、これは完全な盲点でした(^^;)。

前述の通り、基本的にはバタバタと過ごし、心休まる暇のなかった私のGW連休。
でも強いて挙げるなら、この静かなるリラックス法を発見したひと時こそが、私にとってはこの十日間で最も有意義で、価値のある瞬間だったと断言できますね。

(身辺が落ち着いたら少しずつカースペースの紹介をしていきたいと思っていますが、もう少しかかるかも・・・)
Posted at 2017/05/10 00:13:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | 隠れ家の案内 | 日記

プロフィール

小学生時代のスーパーカーブームを機に、なぜか国産車に傾倒していった変わり者です。こちらではマイHPとかぶらないクルマネタで攻めたいと思っております(^^ゞ
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

Jacobins Square  
カテゴリ:My Personal Homepage
2011/09/15 18:08:17
 
WW2 
カテゴリ:Our Enthusiastic Project
2011/09/15 18:06:58
 
MZ RACING 
カテゴリ:My Favorite Site
2010/05/25 00:05:21
 

お友達

ファン

126 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
独身時代の2000年にⅣ型からスイッチしたⅤ型。以降5年間で計29回のサーキット走行に供 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
2014年の秋に我が家にやってきた、三代目の嫁さん専用車。全身に躍動的な"魂動デザイン" ...
マツダ ビアンテ マツダ ビアンテ
我が家の遠出&多人数移動用の三列シート車として、V6フレンディのショートリリーフの跡を受 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
嫁さん専用車として2011年7月に契約した、マツダの「SKYACTIV TECHNOLO ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.