車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月20日 イイね!
尊きマナー突然ですがつい最近、救急車に乗り込む機会がありました。

私にとって人生初となった同乗体験(^^;)。
それは僅か十数分間の出来事ながら、実に様々な驚きや発見を私にもたらしました。
例えば・・・

今更改めて言うまでもないことかもしれませんが、車載の医療器材は個人病院の処置室よりも遥かに充実しているように見え、マイカー移送とは天と地ほど条件が違うことを甚く痛感したり、走行中はシートベルトもできない状態ながら、救急隊員の方々が献身的に処置に当たってくれることを目の当たりにし、心から感謝の念を抱いたり。
斯様に、今回の体験は見るもの聞くもの全てが新鮮で、多くの気付きを与えてくれるものでしたが、私にとって最も印象に残ったことは、上記以外の部分にありました。

それは・・・
緊急車両に道を譲ってくれるドライバーの行為が心底有難いと感じたこと。

たとえ信号待ち中で自車を動かし難い状況であっても、殆んどのドライバーが救急車の通行スペースを空けようと右に左に懸命に動いてくれて、そのことが素直に嬉しく、そして心強く感じたし、交通量の多い国道バイパスの交差点に赤信号で進入していく際などは、左右から突っ込まれやしないか体が硬直する思いでしたが、無事スムーズに通過でき、ホッと胸を撫で下ろしました。

(その分、頑として動かなかった1人のご婦人ドライバーには怒りが込み上げそうになりましたが・・・)

救急車両に進路を譲るのは道交法でも定められている当然の行為ではありますが、田舎の一本道ならいざ知らず、今回のような渋滞気味の市街地においては、1台だけが単独で動いてくれても意味はなく、救急車の進路に居合わせた全てのドライバーの協力があってこそ、社会全体として初めて機能することを痛感しました。
患者の容体が一分一秒をも急ぐ重篤な状況であれば、その機能の成否が生命を左右することにもなるわけですからね。
(幸い、今回はそこまで緊迫した状況ではなかったですが)

私が免許を取得してから約30年。
これまで、私自身はなるべく早くサイレンや赤色灯を察知し、適切な対応をするよう心掛けてきたつもりですが、運悪く停車中で前後が詰まって動き難いケースなどでは「ったく、困るよなぁ・・・」と迷惑気に感じたことも、正直ゼロだったとは言い切れません。

が、今後はそんな邪心は封印し、1人のドライバーとしてより心通うクルマ社会に寄与するために、自らがもっと率先して行動を起こし、周囲の動きをもっと積極的に誘発するように振舞わねば・・・
そう誓ったのは言うまでもありません。
Posted at 2016/11/20 12:48:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 隠れ家のおつとめ | 日記
2016年11月15日 イイね!
突然の放出劇あーら、かわいそうに。

ガレージ費用を捻出するため、泣く泣く愛車を手放したのね・・・


なーんてね(^^)。

今回、我が家を去って行ったのはクルマじゃなくて、懐かしのスタッドレスセット。

写真のROZESTホイール(STYLISH MODE X9)とスタッドレスタイヤ(DSX-2)をセット購入したのは、2008年の暮れのことでした。
それ以降、ベリーサそしてDEデミオと、嫁さん専用車2代にわたり、冬用の靴として計6シーズンを走破。
(といっても、雪上を走る機会は数回しかありませんでしたが 苦笑)
ところが
現在のDJデミオからタイヤ外径が変わってしまったため、継続流用を断念せざるを得ず、裏庭の倉庫で2年半近く眠っていたところ、幸いにもDEデミオのオーナーさんからお声が掛かり、とんとん拍子でこのたびの電撃移籍が成立した次第(^^)v。

せっかく嫁いでいくのだから、しっかり身支度をしてやらねば・・・
と、いざ倉庫の奥(というか底)から久しぶりに運び出してみれば、収納直前に施したホイールコーティングのお陰で、十分な輝きを保持しているではありませんか(^^)v。
気合いを入れていた分、思わぬ肩透かしを喰らったカタチになったので、タイヤの溝に挟まった小石を丁寧に除去し、せめてもの餞としました。

ぜひ新天地でも活躍してもらいたいところです。
(あ・・・タイヤは賞味期限切れっぽいので、早くNewタイヤを組んでもらってね)

というわけで、この放出劇により、裏庭の倉庫に眠る予備タイヤ群は、計6セットから5セットに微減。
当然ながら、現在計画中の新カーライフ拠点にも倉庫を設置する予定ですが、さすがにタイヤを20本も持ち込むと・・・かなり窮屈な状態になってしまいそうなので、さらなるスリム化が必要になるかもしれません。

現在、各予備タイヤの持ち主は・・・

 RX-7 : 1セット(サーキット用17インチ)
 デミオ : 1セット(スタッドレス15インチ)
 ビアンテ : 2セット(純正17インチ&スタッドレス16インチ)
 アクセラ : 1セット(スタッドレス16インチ) ※但し外径違い

といった状況なので、1セット余分なビアンテについ目がいってしまいますよね(^^;)。

斯くなる上は、ビアンテ純正17インチにアクセラ正規サイズの新調スタッドレスを組み合わせ、外径違いの16インチスタッドレス(16年選手の純正BBS)を完全退役させるのが得策のような気がしています。

え?

誰だ? RX-7のサーキット用が一番要らないよって囁くヤツは!(苦笑)
Posted at 2016/11/15 23:45:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 隠れ家のカーメンテ | 日記
2016年11月05日 イイね!
2年半ぶりの所感画像は・・・実家のアクセラXDのマツダコネクトモニター。

i-DM画面の紹介は久々ですが、先日ふと思い立ってi-DMステージを解放。
現在は5thステージでアベレージ4.7~5.0の間を彷徨う日々を過ごしています。

ステージを解放した理由は・・・別段大したものではありません。
今から2ヶ月ほど前にアクセラを修理入庫させた際、サービススタッフさんが何度も確認走行をしてくれたようで、アベレージが一時的に4.5まで急降下したのです。
ま、翌日から少しずつアベレージ回復に励んで、程無く5.0まで回復するに至ったのですが、その勢いでつい、ステージアップの喜びを味わってみたくなっただけで(笑)。

というのも、ここ最近、借り物のNDロードスターや代車のDEデミオをダシに、i-DMをステージアップして返却するささやかなチャレンジを企てたことはあったものの、ことマイカーに関しては、今から2年前、新車購入したDJデミオを3rdまでステージアップして以来^^;。実家のアクセラXDに至っては、2014年4月の納車直後に単なる「怖いもの見たさ」で3rd→5thのステージアップを試みて以来というから、彼是約2年半ぶりのステージアップ体験となったわけです。

さてさて、私がアクセラのステアリングを握るシチュエーションは今も当時も殆ど変わってなくて、実家⇔自宅の往復だとか、両親の病院送迎など、近距離&短時間走行がその大半を占めます。
中でも、乗車時間が10分未満の”チョイ乗り”が圧倒的に多いことは、父の慎重なドライブとの合算結果とはいえ、給油ごとにリセットしている平均車速が毎回20km/hにも届かないことが如実に物語っています。

で、アクセラXDでの久々の5thステージ挑戦、2年半前と比較してどう映っているか?

一言でいえば・・・
かなり気楽になった感じ(笑)

アハハ・・・これには少々説明が要りますね。

まず、大変不本意ながら(苦笑)、この2年半で私の運転スキルが劇的に向上したわけではないので、走り慣れた単純なコースでさえ、少し油断をするとパシパシ白ランプを喰らってしまうという体たらくは相変わらず。

但し、2年半前は・・・白ランプによるスコアの低下をなんとか喰い止めねば!と、腫れ物に触るような慎重でぎこちない運転に終始(-_-;)。来る日も来る日も息苦しいドライブが続いてしまい、アベレージ維持を意識すればするほど、運転が楽しくなくなっていったのです。
ましてや、慣れない道を走ったり、混雑した病院の駐車場で他車の予期せぬ動きに遭ったりすると、驚くほど低調なスコアを叩き出してしまい、半端ないストレスを溜めていたものです。それが・・・

現在は、昔ほどは息苦しく感じないのですよ。

無論、これまで2年以上続けてきた3rdステージとは、判定の厳しさは別次元^^;。
「えー! そこで白付けるの??」
「ウソ? 今のは青ランプでしょーがぁ!」

などと、ブツブツ独り言を繰り出すことも少なくないのですが、「まぁ、仕方ないよね」と素直に受け入れる心の余裕ができたのは紛れもない事実。

では、その余裕は何処から来たのか?

前向きに分析すれば・・・

これまで2年半の3rdステージ体験で、基礎的なスキルが上がったから。

白ランプが多少付いたとしても、それ相応に青ランプも付いているため、スコアの上でも精神衛生上も、十分に吸収できているってこと。
実際、それほど強くスコアを意識しなくてもそこそこのアベレージで推移しているのは、私の進歩が決してゼロではなく、少なくともスコア上は一定の底上げがなされた証拠でしょう。

一方、やや後向きに分析すれば・・・

i-DMと一定の距離感ができたから。

誤解を恐れずに言うなら、2年前に比べると、私はこのi-DMに縛られ過ぎなくなったということです。

無論、私はi-DMという運転評価システムの意義や、走る歓びを標榜するマツダらしいユニークな着想については現在でも大きく評価してますし、未だにi-DMのスコアチャレンジには興味が尽きることがありません。
ただ、何かを思い立ち、愛車で一人気ままなドライブができたのは、今やもう昔の話。
両親や家族のために複数のクルマを使い分けている現在のカーライフや、週一以上の休暇取得をその他の出勤日で埋め合わせる現在の勤務状況(および、精神的・体力的負担)を考慮すると、i-DMに対し求道者的なチャレンジを企てる余力は残りそうにありません。
そこで私が辿り着いたのが、遠からず近からずの現在の距離感というわけです。
決してのめり込むことなく、かといって決して軽んじることもなく、i-DMが冷酷にあぶり出す操作の出来不出来を常に意識しながら、理想的な運転を模索し続けていきたい・・・
と、昨年頃からは少し肩の力を抜いて考えることにしたのです。

ことi-DMに関しては、みんカラを見る限り、熱心な推奨派の方々と、無関心な非推奨派の方々に二分されているかのような印象を受けますが、やや気合いの抜けた(苦笑)中間派もいるぜよ・・・とばかり、個人的な思いをしたためてみた次第です。もちろん、i-DMへのエールを込めてね。

で、現在の5thステージはいつまで続けるつもり?

はぁ・・・いつか3rdに戻そうとは思うけど、まだ決めてなくて(爆)

(最近、公私ともにちょっと余裕がないなぁ 苦笑)
Posted at 2016/11/05 21:30:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 隠れ家の走り | 日記
2016年11月05日 イイね!
みがいたどぉー本日は朝から、気合を入れてアクセラをフルメンテ。

数日前に俄雨に遭ったようで、ソウルレッドのボディに汚い乾き跡が残っていたのが気になって仕方なかったんですよねぇ・・・

スポンジでの手洗いには普段の倍くらい時間をかけたし、最後のツヤ・撥水強化剤の塗り込みなんて、わざわざ脚立を持ち出し、上からも力を込めて磨き上げましたもの(^^)v。

ただ・・・

あまりに勢力を注ぎ込み過ぎたのか、疲労困憊でお次のデミオの洗車は・・・あえなく中止(-_-)。

ツヤ・撥水強化メンテをルーチン化してもうすぐ1年ですけど、未だに匙加減が全く掴めてません(爆)

(現在、腰痛で静養中)
Posted at 2016/11/05 13:04:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | 隠れ家のカーメンテ | 日記
2016年10月31日 イイね!
謎の熱視線(画像はイメージです)

朝から父の通院に付き添った、先週木曜の出来事。

ま、付き添いといってもその中身は・・・受付“待ち”、検査“待ち”、分析“待ち”、治療“待ち”、診察“待ち”、カルテ“待ち”、精算“待ち”と、殆んどが待ち時間なのですが(-_-)。

院内滞在時間の大半を占める膨大な待ち時間。
ここ数年、この非生産的な時間を有効活用する術をあれこれ模索してはいるのですが、待ち時間自体が毎回大きく変動してしまうので、未だに会心の過ごし方は見つからず・・・(-_-;)。点滴などの物療中は所要時間が比較的読みやすいケースといえますが、その場合はハナから病院を抜け出してますし(苦笑)。

、軽~く愚痴を言ったところで、ようやく本題に突入(笑)。

今回は普段より1時間以上早いペースで最後の精算まで漕ぎ着けたので、父を実家まで送り届けてから、私は1人、やや遅い昼食をとることにしたのです。

私がアクセラで向かったのは市内の中華レストラン。
人気のランチタイムはとっくに終了していたので、広大な駐車場は閑散としていて、思わず休業日かと不安になったほど(^^;)。
あまりにクルマがいなくて、かえって停める位置に困りながらも、レストランの建物と背中合わせになる日陰の枠に狙いを定め、アクセラの頭をエイッと右に振ってアプローチ。
ギアをリバースに入れ、グルッと周囲の安全確認をしたその時・・・私は隣接する別の駐車場から、ただならぬ視線を感じたのです。

よく見れば、右隣の敷地の奥にアクセラと正対して駐車していた白いデミオの運転席から、若い女性がこちらをジッと見ているではありませんか。

その時、2台の間隔は少なく見積もっても15メートル以上。
当然、お互いの顏などよく見える距離ではないので、偶々視線が合っただけだと、私はさして気にも留めずにいたのです。
ところが、その遠くからの視線は、私がバックを開始した時も、左右の枠線をミラーで確認している時も、車止め寸前で速度を微調整をしている最中も、全く途切れる気配がありません。
とにかくその女性はスマホの手を止めたまま、ジッとこちらを凝視し続けているのです。

「何だか訳がわからないけど、みっともない真似はできないゾ・・・」

と、自らプレッシャーをかけてビシッと一発駐車を決めた私(^^)v。
一方で、その女性は依然として同じ格好で、遠く正面に駐車したアクセラの運転席を注視しています。

ここまでくると、さすがに気まずく感じ始めた私。
助手席に置いた自分のスマホの着信確認をしたりして、意図的に間合いを取ってみたのですが、再び顔を上げても、女性の姿勢は全く変わらず(大汗)。

最初にその視線に気付いてから、ここまで裕に20秒以上は経過したでしょうか。
無理なく視線を向けられるほぼ真正面の位置関係だったとはいえ、その女性は隣りの敷地から、赤いアクセラの駐車劇の一部始終を、まるで何かに憑りつかれたようにずっと見続けているわけですよ。

「一体、何なんだ???」

その瞬間、実に様々なことが瞬間的に頭を過り始めた私・・・。

「ソウルレッドの輝きに思わず目を奪われた?」

(たしかに、朝方シャンプー洗車はしたけど・・・)


「ウィンドウ越しの私に思わず目を奪われた?」

(おいおい、それはないゾ 爆)


「コーナーポール付のアクセラに何か心当たりでも?」

(まさか、父と何かあったの?・・・汗)



私がそんな思いを巡らしている最中も、件の女性の視線は固定されたまま。
こうなると、私がクルマを降りるその瞬間を待っているような気がしてきて、次第に焦燥の感が。
だって、もし仮にアクセラに見惚れていたとしたら、肝心のドライバーがカッコ悪いと興醒めですから(苦笑)
うーん、困った。
そもそもが年寄りの付き添いだったので、あまり服装には気を遣っていなかったし、たとえ着飾ったところで、所詮私は胴長短足のアラフィフ男。

「うわー、リアハッチからこっそり降りたいよ(爆)」

柄にもない弱気まで顔を覗かせたところで、ふと我に返った私。あれこれ思案をしても空腹には勝てないことを悟り、意を決してクルマを降り立ち、逃げ込むような気持ちでお店に入ったのでした。
その時、白いデミオの方をチラッと振り返る勇気は・・・私にはありませんでしたね(^^;)。

人気も疎らな店内でテーブル席に腰を下ろし、徐々に平静を取り戻してきた私。
すると次の瞬間、実に呆気ないくらいに、摩訶不思議な熱視線の謎が解けた気がしたのです。

もしかして・・・

「同じソウルレッドのアクセラに乗る知人がいたの?!」


うぅむ、たぶん間違いないな(苦笑)
Posted at 2016/11/01 00:59:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 隠れ家のアクセラ | 日記
プロフィール
小学生時代のスーパーカーブームを機に、なぜか国産車に傾倒していった変わり者です。こちらではマイHPとかぶらないクルマネタで攻めたいと思っております(^^ゞ
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
Jacobins Square  
カテゴリ:My Personal Homepage
2011/09/15 18:08:17
 
WW2 
カテゴリ:Our Enthusiastic Project
2011/09/15 18:06:58
 
MZ RACING 
カテゴリ:My Favorite Site
2010/05/25 00:05:21
 
ファン
124 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ RX-7 マツダ RX-7
独身時代の2000年にⅣ型からスイッチしたⅤ型。以降5年間で計29回のサーキット走行に供 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
2014年の秋に我が家にやってきた、三代目の嫁さん専用車。全身に躍動的な"魂動デザイン" ...
マツダ ビアンテ マツダ ビアンテ
我が家の遠出&多人数移動用の三列シート車として、V6フレンディのショートリリーフの跡を受 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
嫁さん専用車として2011年7月に契約した、マツダの「SKYACTIV TECHNOLO ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.