車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月22日 イイね!
酉年の空想 -下降編-便利で快適なシートヒーターをぜひ家族にも・・・

そんな殊勝な思いから、“極寒”レザーシート標準装備(笑)の嫁さんデミオを代替するとしたら・・・
と、突拍子もない空想を始めてしまった私。
勢いにまかせてスイスイとデミオXDとCX-3を候補に挙げたまでは良かったのですが、その後冷静に考えていけばいくほど、現実的な問題が次々に目の前に立ちはだかり、お正月の浮かれ気分も一気に冷めていったのです(^^;)。

今回の下降編は、上昇気流モードから一転、盛り上がった私の気持ちが急降下を始めていくその顛末をじっくり語ってみます(苦笑)。

俎上に載せられたデミオXDCX-3

フルSKYACTIV+魂動デザインの両車を、あらためて我が家目線・・・つまり、現在のカーライフに対する影響や付加価値という観点から眺めてみると、最大の話題は1.5Lのクリーンディーゼルで間違いないところですが、この初物ユニットは2台共通ゆえ、比較項目はそれ以外の領域から探し出さないといけません。

もっともイメージしやすい項目は「追加費用」「目新しさ」の2点でしょうか。

デミオXDを例にとると、車両価格が相対的に安く、追い金の少なさから最も現実的な選択肢となる一方で、現所有車(デミオ13S・Lパッケージ)からの変わり映え感に圧倒的に乏しいことが、新しモノ好きの私にとって果てしないネック(-_-)。

なにせ、私が同型内でクルマを買替えた事例といえば、FD3SのⅣ型→Ⅴ型が唯一ですからねぇ。
V型にはマイチェンレベルの外観変更も伴っていましたが、何よりも私の心を捉えたのは、最高出力アップ(265ps→280ps)と冷却性能/空力性能の改善という、サーキットユーザーが泣いて喜ぶ実効的進化と、経営再建下でそれを世に問うたマツダの心意気(^^)。
これらが、逆風下のREを応援したい気持ちを倍化させ、私は何の迷いもなく同型間の買替えを決断したわけですが、正直なところ今回はそれに匹敵するレベルの動機はなく、外観上の変化の乏しさがひたすら重く圧し掛かるのです(苦笑)。

・・・実は、ここで私はひとつ妙案を思い付き「かけ」ました。
どうせ現在の愛車のイメージから抜け出せないのなら、それを逆手にとり、内外装色をそっくりそのまま踏襲する「エンジン載せ替え案」がそれ。うまくいけば、周囲に気付かれずにこっそり買い替えることも可能かもしれません。
しかし、昨秋の商品改良時、我らがブルーリフレックスマイカ色が現行デミオのカラーパレットからドロップしたため、この秘策はあえなくボツに(涙)。

そんなわけで、2年以上の所有で新鮮味のないデミオが自ずと後退し、やや消去法的にCX-3が先頭に立つ展開になるのですが、ここで私は嫁さん専用車の大切な使命を思い出し、ふと我に返るのでした。

そうだ、このクルマの助手席には母親が乗るんだった・・・

小柄で膝の悪い母は、近年は高齢も手伝い、クルマの乗降が思いのほか容易ではなくなってきました。
事実、実家のアクセラXDでは座面高が低過ぎて「降りる」のに苦労し、我が家のビアンテでは逆に座面高が高過ぎて「乗り込む」のにひと苦労。結果的に、両車の中間的な座面高の嫁さんデミオがかろうじて「可もなく不可もなく」の状態なので、このたびの父の運転自粛を受け、嫁さんや私が母を買い物に連れ出す際は、決まってこのデミオを登板させているのです。

ところが、私が調べたところ、CX-3の前席の座面高はデミオより50ミリ近くも高いのですよ。
イタタ・・・

この点が大いに気になったので、先日ディーラーで実車検証をしてみると、高さ以外でも別の不安要素が浮上。
店頭に鎮座していたのは、CX-3特別仕様車“Noble Brown”。
このナッパレザーシート、前席座面の両縁がひと際高くそそり立っていて、この私でさえ乗降の際にお尻や太ももが引っ掛かってしまったのですよ。
さらに、乗降の際にサイドシルを跨いでいく時の平行移動量がデミオよりも大きく感じ、単純な高さ以外の部分でも、あれやこれやと母親の乗降の支障になるポイントを見つけてしまったのです(+_+)。

アチャー。

店頭で一気に熱が冷めていく私を見て、必死のフォローを繰り出した担当セールス氏によれば、通常のクロスシート仕様であれば座面の両縁はさほど高くないとのこと。即ち、レザーシートを諦めてシートヒーター付のクロスシート車を選べば、先の懸念ポイント解消の可能性はあるというわけです。

しかーし
そもそも、上質でお洒落なホワイト内装の雰囲気が好きで、デミオのレザーシート仕様を購入した私。
それが偶々シートヒーター未設定時代の初期型だったがために、後に座面の冷たさが問題として浮上したわけで、その解決策が巡り巡って「レザーシート仕様の放棄」というのは・・・さすがに本末転倒な印象が否めません^^;。

こうなってしまうと、新鮮味の多さが魅力的なCX-3も、現実解としては問題含み。
もちろん、実際に母親に乗降させてみるという奥の手(敗者復活戦)は残すものの、現時点では二度にわたる消去法を経て、再度ボールはデミオXDに戻ってきたカタチとなりました。

でも、ここまで後ろ向きな攻守交代が続いてしまうと、気分はすっかり冷めてしまうもの(-_-)。

嫁さんデミオの初車検までは、あと8ヶ月。
果たして、私自身が新鮮味の薄いDJデミオ同士の買替えを我慢できるのか?
当の本人でさえ全く想像できない状況ですが、あと数ヶ月すれば肝心のシートヒーターの出番も終わり。
当面は申年プロジェクトの仕上げ作業に集中しながら、じっくり焦らず考えていきたいと思います。
Posted at 2017/01/22 22:22:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 隠れ家のマツダ | 日記
2017年01月16日 イイね!
酉年の空想 ー上昇編ー空想はいつも、現実逃避の手段なのであります(^_^;)。

あれは昨年の秋口のこと。
一世一代の”申年プロジェクト”に本腰を入れていくにあたって、私は心底不本意ながらも、ディーラーの担当セールス氏に対し、とてもつれない宣言をしてしまったのです。
曰く、クルマを頻繁に買い替える私の奇特な趣味も、しばらくの間は封印せざるを得ないかもと(苦笑)。

ま、これも自業自得であります。
計画的に住宅資金を準備していたわけでもなく、そればかりか、ご承知の通りのクルマ道楽・マツダ道楽っぷりを続けていたわけで、これから目の前にそびえ立つであろう●金の山の高さには、思わず目眩がしてしまうほど。冒頭のような弱気の発言が口を付いて出るのも無理からぬところでしょう。

事実、私自身もプロジェクトの構想段階からそんな事態を予見し、苦肉の対応方針を練っていたのです。
即ち、ここ当面は現有マイカーたちを新しいカーライフ環境----練りに練った「真っ新の箱」---に収めることに大きな喜びを見出し、その新拠点でマイカーたちをさらに生き生き輝かせてやることに注力しようと、決意を固めていたのです。

もちろん、そうはいってもクルマ好きとしての熱意が冷めたわけでは決してなく、むしろ、新しいガレージ環境を前提とした非現実的な妄想は止まるところを知らなくて、当の本人も驚くばかり。
例えば・・・
「今ロト6が当たったら、ビアンテをXC90に、デミオをKangooに替えたいなぁ」
なぁんてね。
(その前に借●を返せよ・・・と即ツッコまれそうですが 笑)

ま、空想だけならタダなので実害はないわけですが、今回ばかりは中途半端に現実味のある話が目の前をかすめてしまったものだから、つい悪い虫が騒ぎかけてしまったのですよ。

発端は、前回ブログにも書いた「シートヒーターの有難さ」ですね。

昨秋、実家のアクセラXDでシートヒーターを初めて体験し、今更ながらその抜群の効果に感心してしまった私。
次の瞬間、私の脳裏に浮かんだのが、家族に対する申し訳なさでした。
なぜって、これまで誰一人としてこの快適装備の恩恵に与れていないわけですからね・・・。
とくに深刻なケースが、私がオフホワイト内装欲しさに選んだデミオ13SのLパッケージ。
そのレザーシートは冬場にシート座面が驚くほど冷たく、当時小学生だった長男が半ズボン姿で寒そうに座っている光景を目にし、速攻でボアクッションの調達に走ったほどでしたから。

そんな後ろめたさを感じていた最中、DJデミオ発売から1年余りが経過した2016年の1月、何の前触れもなくシレッと前席シートヒーターが追加装備された時は思わず目を疑い、「なぜ最初から設定してくれなかったの?!」と臍を嚙んだものです。

但し、現実的には初期型DJデミオでは逆立ちしてもシートヒーターは選びようがなかったわけで、自らの選択に過失はなかったんだと、一応は納得していたのですよ・・・
・・・・・・・・
その絶大な効果に気付かされるまではね(爆)

いやぁ こうなるともう堪りません。
「大切な家族にいつまでも不憫な思いをさせるわけにはいかない」

折りしも2017年は、実家のアクセラも含めたマイカー4台が、よりによってオール車検の当たり年。
ま、これは過去、いかに私が無計画で衝動的な買替えをしてきたかを裏付ける話なんですが(苦笑)、別段それを反省することもなしに
「なにも全車、無条件で車検を通す宣言はしてないよねぇ・・・」
なんて悪魔の囁きが聞こえ始めたから、もうエライこっちゃですよ(爆)。

とはいえ、話題の中心となるDJデミオが嫁さん専用車という役割を担っている以上、日常の取り回し性や使い勝手を大きく犠牲にするような選手交代はあり得ません。
よって、美しさや躍動感といった外観上の魅力と引き替えに肥大化したマツダの新世代商品群は、その大半が哀れ対象外となり、代替候補はせいぜいデミオかCX-3。

空想というわりには一気に選択肢が狭まったところで(苦笑)、つい数ヶ月前に嫁さんがふと漏らした一言が鮮明に蘇ります。

「坂道や加速時、ストレスを感じることがあるよ・・・」

そもそも、3年前に現在の13S(ガソリン車)を発注した時も、4代目となったDJデミオの一番の推しが「XD」(ディーゼル)であることは重々承知済み。
クラス概念を超える抜群のGT性能を最大の魅力と感じつつも、我が家のロングツアラー・ビアンテとの棲み分けや、新型デミオの機種別のデリバリー時期などを考慮して、軽快な走りと納期の早さをかって、現在のガソリン車に決めたという経緯があります。
ただ、こうして一度は目を瞑ったはずの13Sの弱点を、当のメインユーザーに感じさせていたという事実は、私にとって少なからずショックでした。

「うぅ、やはりそうだったか・・・」

その経緯を思い出した瞬間、実質的にデミオ「13S」リピートの可能性は消滅。
また、同じガソリン車ながらモアパワーが期待できるマニアックグレード「15MB」は、安全装備の水準やマツコネ未設定などで不満があるため、デミオでの候補グレードは自ずと「XD」一択に。
つまり、「デミオXD vs CX-3」という、1.5Lディーゼル同士の一騎打ちの様相を呈してきたわけです。

アハハ、正月早々、空想は加速する一方でしょ(笑)。
まさに大空を舞うトリ(鳥)の如く、その想いは一気に上昇していくかのように見えたのですが、そのうち、私は大切なことに気付くのです。

空を舞うといっても・・・酉年のトリって「鶏」じゃなかったっけ?

というわけで、下降編につづきます(爆)
Posted at 2017/01/16 22:46:54 | コメント(4) | トラックバック(0) | 隠れ家のマツダ | 日記
2017年01月06日 イイね!
アクセラプチ報告 –Vol.33–実家のアクセラXDで私が感じた「あんなこと」「こんなこと」をユーザー目線で綴ってきた”プチ報告”シリーズ。

後期高齢者の老夫婦に鮮やかなソウルレッドのマイカーという、決してインパクトの少なくない取り合わせも、登場からすでに2年半以上の歳月が経過しました(^^)。

2014年、それまで9年間愛用した初代アテンザスポーツワゴンから、新車のアクセラXDに乗り換えた私の父。
自動ブレーキなどの最新安全デバイスは言うに及ばず、スマートキーやアイドリングストップシステム、果ては左上リバースのMTのシフトパターンなど、見るモノ触るモノの大半が人生初体験の装備だったにもかかわらず、深紅の新たな相棒をごく最近まで大過なく乗りこなしてきたという事実は、私からすると正直、望外の大健闘とも形容できるものでした。
いみじくもその2年半余りの間、父が幾多の疾病によって何度も生命の危機を迎え、毎回毎回それを奇跡的に乗り越えてきたという波乱の日々を併せ考えると、私は余計に感慨深く、大健闘という表現がますます真実味を帯びてくるのです。

しかしながら、先々月に緊急入院した際、現在の父の容態がいつ急変しても不思議ではない状況であることを知らされるに至り、私は主治医や父本人と相談した上で、再退院した父には当面、クルマの運転を控えてもらうことにしました。

今後の容体如何では恒久的なものともなり兼ねないこの措置、息子の私には結構辛い決断でした。
なぜなら、助手席が定位置だった子供の頃の私にとって、父はいつも尊敬すべき運転の師。今回の決断はその父に息子が引導を渡すことになるし、その結果のひとつして、父がここ十年来ライフワークとしてきた趣味の畑通いを実質的に奪い取ることにもなってしまうわけですから。
でも、ハンドルを握るということは即ち、本人や同乗者はもちろん、クルマの周囲を通行する多くの人々の命をも預かるということ。常に完調が期待できない身体だと判っていながら、みすみす多大なリスクを背負い込む選択は、やはりあり得ないと考えたのです。

無論この苦渋の措置で、今後、老夫婦のお抱え運転手として私たち夫婦の出番が激増することは確実。
でも、私自身はむしろこれをウェルカムと考えるようにしました。
だって、大好きなクルマの運転を通じて、しかも、贔屓のマツダ車のハンドルを握りながら、少しばかりの親孝行ができるのですから、これ以上何も望みようがないではありませんか(^^)

●SCENE #40 こんなにイイものだったとは!!!

そんな経緯があり、実家のアクセラXDのドライバーズシートを占有することになった私。
当面、父とシートを共用する前提がなくなったのを機に、父に配慮して譲歩していた部分を少しずつ、元に戻していくことにしたのです。

そして、私がまず目を付けたのが、前席のシートクッションでした。

2014年4月の納車以来、アクセラXDの座面を覆い続けた市販のクッション。
この設置は元々は助手席に座る母親の個人的嗜好を尊重したもので、主な目的といえば「汚れ防止」や「豪華さの演出」といったところ。
でも、実はそれ以外にも切実な目的がありまして。
それは、オーナーの父が身形や体裁にわりと無頓着であるが故に、趣味の畑でひとしきり野良仕事をした後、そのままの格好でクルマに乗り込んでしまうことに起因する「運転席の汚れ防止」の意味合いがかなり強かったのですね。
夏場なんて、私が運転席に座ったら、シートクッションが父の畑仕事の汗でジメッとしていることがよくありましたからね(苦笑)。

そんなわけで、赤ステッチをあしらったシックなシートクッションを取り払い、久々にXD純正の本革シート座面が顕わになったところで、私はこれまで封印されていたとある機能を、この時とばかりに作動させてみたのですよ。

ハイ、もう粗方想像がついたと思いますが・・・シートヒーターの「スイッチオ~ン」ですよ(笑)。

私も父も歴代マイカーで初装備となったこの快適機能。
折りしも季節が晩秋から初冬に移り替わろうとしていたこともあり、実際に作動させてみたら・・・これがなかなか快適ではありませんか!(爆)。

夜間にずっと玄関先で北風に晒され続け、底冷えするような寒い車内に乗り込んでも、シート座面から背面にかけて瞬く間に温かさが伝わってくるその即効性たるや、もはやエアコンの比ではありません。
ここ周南の中心部は基本的には温暖な地域なので、前述したような寒さと対峙するシーンは早朝や夜間くらいですが、そんな時もこのシートヒーターがあれば必要にして十分。
こうなると本質的なエアコンの出番は、デフロスターでの視界確保時のみ・・・とさえ思えましたね。

いやぁ、これは癖になりそうだ。

思わずそうつぶやいた私。
その後、家族を代わる代わるアクセラの助手席に招き入れ、その絶大な効果を体感させたのは言うまでもありません(笑)。

今更ながらのシートヒーター初体験と、それがもたらした予想外の大きな衝撃。
実はこれが、実家のアクセラを運転する際のひと時の快楽に止まり切らず、自身のカーライフの思わぬところに飛び火をしていくことになるのですが、それはまたの機会にでも。



<余談>
たったこれっぽっちの駄文、書き始めてからアップするまで半月以上かかってしまいました・・・。
まだまだ完全復帰までは程遠い感じですね(苦笑)
2017年01月02日 イイね!
申年、終わる。いやいや、フツーは「酉年、始まる。」でしょ(^^;)。

年明け早々、ここみんカラで公私ともの全力疾走を誓った2016年

その意味するところは、ここ数年間ずっと犠牲にしてきた仕事(「公」)での巻き返しをしっかり図りつつも、「私」も決して成り行き任せにはせず、家庭と趣味をより一層大切にしていくことを誓った、とても欲張りな宣言であったのです。
そして、有言実行に向けた施策の最大の目玉でもあり、年男として一大転換を期した私の本気の証でもあったのが、我が家のカーライフ環境の抜本的改善を図る"申年プロジェクト"でした。

ただ、さすがにこの秘策はビアンテの足廻りモディファイやRX-7の防錆対策ほど単純な話ではなく(苦笑)、また、予期せぬ出来事によりシナリオが狂いかけたこともあり、年末までに完遂とはいきませんでしたが、彼是1年がかりで十分な仕込みはできたと思っています。
しかしながら、晩秋以降の事態の急変にすっかり生活ペースを乱され、結果的にここみんカラと疎遠になってしまったのは痛恨の極み。

さぁ、2017年はいよいよ収穫の年
少しずつその成果が出てくれれば、徐々にみんカラにも復帰してこれるものと期待しています・・・いや、正しい仕込みであったことの証明のためにも、そうしなければいけませんよね(^^)。

ということで、最後になってしまいましたが

皆さんの2017年のカーライフが素敵なものとなりますように!
Posted at 2017/01/02 22:15:58 | コメント(4) | トラックバック(0) | 隠れ家よりご挨拶 | 日記
2016年12月18日 イイね!
心のスイッチ随分久しぶりだなと思ったら、実に1ヶ月ぶりのブログアップ・・・。

私がみんカラを始めて約10年。
ここまでインターバルを空けてしまったのは間違いなく初めてですし、この空白が、気合いを入れて1日から31日まで全日更新を続けた2016年1月と同じ年の出来事だというのは、俄かには信じられない気もします。

念のために説明すると、この1ヶ月、私自身は別に入院していたわけでもなく、海外出張で長期不在にしていたわけでもなく、少し風邪気味な週末はありながらも、元気に過ごしていました。
また、FBなど他のSNSに鞍替えし、みんカラと縁遠くなっていたわけでも「決して」ないのです。
(細々と給油記録はアップしてましたしね・・・)

なのに、この果てしなきブランク。
一昨年、実家の両親が相次いで入院・手術を強いられる事態となり、自らの生活パターンが激変したときも、ストレスの発散を兼ねて、クルマやマイカーに関する情報発信は絶やさず続けてきたというのに。
さらに、年男になる今年は"申年プロジェクト"と称する新たな(無謀な?)チャレンジを通じてカーライフの抜本的改善を目論み、自らを奮い立たせていたというのに。

まぁ・・・ちょっとだけ描いたシナリオが狂ってしまったのですね。

我が申年プロジェクトは、そう遠くない将来、両親のさらなる加齢や病状悪化によって実家詣での頻度が増加することを見越し、ほぼ同居に近い生活環境を作り出すという、かなり思い切った決断も含んでいます。
ところが、そのための準備作業が端緒に就くか就かないかのうちに、予想よりも早いタイミングでその時期が到来してしまったのですね・・・。
下手な喩えを持ち出すなら、寒波に備えてコートを買おうとしたのに、洋服屋に着く前・・・いや、軍資金をATMで引き出す前に、未曽有の猛吹雪に遭ってしまった感じ^^;。
(ネットで買えよというツッコミはなしでお願いします)

あぁ、せめて数ヶ月後だったら・・・

当初はそんな悔しい思いが何度も頭を過り、皮肉な巡り合せを嘆くこともありました。
しかし、そこを憐れんでいても事態は進展しないし、むしろ、何ら希望や楽しみのない中でこうした苦境を迎えるよりも、一大プロジェクト進行の足音を心の支えにできるだけでも恵まれているのだと思い直し、今できるベストを尽くすしかないと、ここ1ヶ月間、仕事と家庭を両立できるギリギリのところで奮闘を続けてきたのですよ。

そもそも、今の私に現実逃避という選択肢はあるはずもなく、これが唯一かつ最良の判断であることは疑いようがありません。
ただ・・・

その最中に、従来通りにみんカラブログを認めるのは、困難でした(+_+)。

一日の自分の持ち時間が確実に減っていく中、その使い方も、従来より遥かに家庭や仕事の比重が増えるようになり、結果として、完全なる自由時間は激減。
実際にこの4週間のうち、ブログの下書きに手を付けてみたことは一度ならずあったのですが、思いの外モチベーションが持続せず、ほんの数分で断念する有様だったのです。

もっとも、そんな調子であれば、今回の生存報告ブログさえ覚束なかったはず。
そこを乗り越える契機となったのは、多忙の中なんとか時間を作り出して決行したロードスターRFの試乗(^_^.)。

中身の方は最近にないくらいボロボロで、らしくない試乗に終始してしまったのですが、担当セールス氏との会話も含めて、久々に良い気分転換になったことは確か。
まぁ、自他ともに認めるクルマ馬鹿ですから、やはり、心のスイッチを最後に入れてくれる存在は、物心付いた頃から心の中にずっと宿る"ジドウシャ"だったってことでしょうか。

ということで、RF試乗記をいつ披露できるかは全く確約できませんが、当ブログをひとまずの生存報告とさせていただき、心配して連絡を下さった方々には、この場を借りて御礼を申し上げたいと思います。
Posted at 2016/12/18 14:45:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | 隠れ家よりご挨拶 | 日記
プロフィール
小学生時代のスーパーカーブームを機に、なぜか国産車に傾倒していった変わり者です。こちらではマイHPとかぶらないクルマネタで攻めたいと思っております(^^ゞ
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
Jacobins Square  
カテゴリ:My Personal Homepage
2011/09/15 18:08:17
 
WW2 
カテゴリ:Our Enthusiastic Project
2011/09/15 18:06:58
 
MZ RACING 
カテゴリ:My Favorite Site
2010/05/25 00:05:21
 
ファン
127 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ RX-7 マツダ RX-7
独身時代の2000年にⅣ型からスイッチしたⅤ型。以降5年間で計29回のサーキット走行に供 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
2014年の秋に我が家にやってきた、三代目の嫁さん専用車。全身に躍動的な"魂動デザイン" ...
マツダ ビアンテ マツダ ビアンテ
我が家の遠出&多人数移動用の三列シート車として、V6フレンディのショートリリーフの跡を受 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
嫁さん専用車として2011年7月に契約した、マツダの「SKYACTIV TECHNOLO ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.