車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月26日 イイね!


朝イチで父を見舞ってからの変則的な出勤となっているので、贔屓の500系こだま号ではなく、直通の九州新幹線を利用しています。

ただ、上り方面としては時間帯が悪いのか、さくら号の自由席3両には全く座れる余地がなさそうなので、指定席号車のエリアに向かい、凝ったデザインの通路にいつも陣取るようにしています。

ま、たかだか20分の旅なのでなんてことはないはずですが、こうも疲れが溜まっていると・・・ウーン(-_-;)。

(吊革のない300km/hの移動って、意外と堪えるのよねぇ 苦笑)
2017年04月23日 イイね!
次なる十年の計 ~第十四話~第十三話からの続きです)

新居に引っ越してから1ヶ月が経つというのに、未だに外構工事が完了せず、完成写真の撮れない我が家(^^;)。

でも、別に外構部分だけが遅延していたわけではありません。
年明けに内装の打ち合わせが佳境に入った頃、ハウスメーカー側の納期意識の薄さを察知した私が、本契約時の引き渡し期日を守るように強要したため、竣工確認時点での作業モレや不具合は数知れず。
結果として、入居後も追加工事や手直し工事が続き、毎週のように業者さんが出入りをしていたのです。
ま、こちらの度重なる修正要請や苦言にも嫌な顔ひとつせずに真摯に応じてくれるのは大変心強いのですが^^;

そして、天候不順の影響をモロに受け、都度工程表が書き換えられてきた外装工事も、先週後半の追い込みの成果で、やっと完成形の姿が見えてきました。
もっとも、最後の仕上げがないと画竜点睛を欠いてしまう領域が多く、中途半端な状態で紹介ができないもどかしさは大いにあります(^^;)。

そんな中で、我慢し切れずにひとつだけ紹介してしまうのが・・・今回の写真。
舞台はインナーガレージ前の隣接駐車場スペースですね。

ここに突然出現した、黄色と青の派手な縞模様
外構打ち合わせ時には”ゼブラゾーン”と呼んできたこの帯状の一帯。機能的には、斜めの駐車枠と正方向の駐車枠とを仕切る三角ゾーンの境界線を明示したものです。

だったら・・・
普通の白線で十分なのでは?


いやいや(笑)

ここで私がイメージしたのは、サーキットのゼブラゾーン。
具体的には、本コースとピットロード進入路、およびピットウォールとで切り取られるエリアですね。

ならば、もっとサーキットっぽくしてしまえっ!

ってことで、私自身や赤CHARGE号にとって所縁の深い仏・ルマンのサルテサーキットをモチーフに選び、彼の地の縁石の色合いを真似てみたというわけです。

ま、これを目にした人の99%以上は、何の意味か皆目見当が付かないとは思いますけどね。
さすがに私も、この辺りを「こだわり」と表現するのは憚られる気がして、ハナから「ワガママ」と言うようにしています。
(病床の父が見たら、一体何て言うだろう・・・苦笑)

ちなみに、RX-7のリアタイヤ付近にチラッと見える白線。
実はここにも"ワガママ"が仕込んであるので、これは完成した暁に紹介します(笑)。

(第十五話につづく)
Posted at 2017/04/23 22:53:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 隠れ家の新プロジェクト | 日記
2017年04月19日 イイね!
次なる十年の計 ~第十三話~第十二話からの続きです)

真新しいホビールームに置かれた、唯一の家具らしい家具。

その実態は相当に年季の入ったソファーセットでして、無数の小傷や色褪せ箇所は言うに及ばず、肝心のスプリングはとうにヘタリ切って、どこか黴臭い感じさえする古臭い一品。

でも、これが今回の第十三話の主役なんです。


私が年男だった2016年にぶち上げた申年プロジェクト。

カーライフ環境の刷新を主たる目的とした異例のコンセプトを掲げ、某ハウスメーカーと昨夏に契約。晩秋の地鎮祭を経て、年明けから本格工事に突入した我が家。
それまで何もなかった更地に見る見るうちに構造物が出現していく様子は、見ていても興味の尽きない新鮮な光景でした。
そして、前回の第十二話を書いた頃にはほぼ、新居の基本構造は形作られていたのですが、その後の1ヶ月余りで内外装工事の追い込み作業が急加速。
当初の引渡しタイミングだった3月末には、竣工確認から引越しまでを短期集中型で一気に消化するタイトな運びとなりました。

4月中旬の現在、こと居住空間に関しては、完全に新生活への移行を終えた状態。
しかしながら、建物本体とは対照的に、ガレージを含む外構工事は計画に対して大幅に遅延中で、竣工から1ヶ月近く経っても未だ完成に至らず。
申年プロジェクトの中核を成すカーライフ目線でいえば、つい数日前にやっとマイカー全車を敷地内に集結させたばかりで、一世一代のプロジェクトがいよいよ大団円を迎えるという実感にはまだまだ乏しいというのが本音(+_+)。
・・・ハイ、傍目には決してそう見えないとは思いますけどね(^^;)。

さて
そんな最中にあって、私たちは引越しを敢行したその週末、まだ荷物が片付いていないのは承知の上で、向かいに住む両親を初めて新居に招き、全員でささやかな食事会を設けたのです。

その際、私が両親に用意していたサプライズが、冒頭のソファーセットでした。
というのも、今から半世紀以上も前、若かりし頃の両親が懸命に働いて溜めたお金で買い求めたのが他ならぬこのソファーセットで、なんでもその当時、地元の家具屋さんで最もプライスタグが高かった一品なんだとか。
ただ、20年前に実家を建て替えて以降は完全にお役御免となり、私たちが先月まで住んでいた古家にずっと置き去りにされていました。
おそらく、当の両親もその存在を忘れかけていたであろうこの家具を私はこっそり復活させ、両親を真っ先に案内した1階の私のホビールームに配置していたのです。

果たして、両親は私が勧めるよりも先にヘタり切ったソファーに深々と腰掛け、懐かしそうに昔話を披露。その2人の笑顔がとても印象的で、仕掛け人の私としても十分満足のいく会心の展開となったわけです(^^)v。

でもこれ、父の病状が急変して再度の入院を強いられ、同時に母も体調を崩してしまうという、目の回るようなドタバタ劇が始まるほんの数日前の出来事だったんですよね・・・。

もし仮に新居の引き渡しが一週間延びていたら、もし仮に引越しが予定通りのタイミングで完了していなかったら、ややもすると一生実現できなかった可能性さえあったわけですよ。

ホント、ギリギリのところで間に合って良かった・・・。
私が心底、ホッと胸を撫で下ろしたのは言うまでもありません。

だからこそ、新カーライフ拠点の完成が未だお預け状態でも、また、心労と疲労が重なって体重が6キロ以上落ちてしまっていても、さらには、巨額のローン生活に不安一杯で漕ぎ出していても、こうして現在の私がなんとか健康と平静を保ち、病院と実家と職場を忙しく行き来し続けてられているのでしょう。

古びたソファーセットが与えてくれた、ささやかな達成感。
申年プロジェクトの偉大なる裏の使命はしっかり果たせた・・・そう表現できるのかもしれません。


第十四話につづく)
Posted at 2017/04/20 00:09:08 | コメント(2) | トラックバック(0) | 隠れ家の新プロジェクト | 日記
2017年04月16日 イイね!
全員集合。慌ただしく新居へ引っ越してから三週間。

4月に入っても天候不順が続き、外構工事が全く予定通りに進んでくれないので、外観の完成写真が撮影できずに結構イライラしています(苦笑)。

が、金曜の夕方にやっとインナーガレージへの進入路が確保できたのを機に、暫く休眠状態を強いられていた我が家のカーライフのメインスイッチを「ON」することにしました(^^)。

というわけで、土曜日は朝5時半起きで活動開始。
まずは徒歩で旧拠点へと向かい、長らくロングカーポート下に置き去りにしていたRX-7とビアンテを次々にシャンプー洗車。
ビアンテはスタッドレスタイヤから夏タイヤへの履き替えも実施し、その後は雷雨の合間を突くようにして、長男の部活の送迎もこなしながら1台ずつ、新拠点へと移送。
この2台には別居生活で随分と寂しい思いをさせてしまいましたが、冒頭の画像の通り、ようやくインナーガレージ内の新しい定位置へ収めることができました。


もちろん、中はイイ感じですよ(^O^)

そして、日曜日は朝6時起きでスタート。
今度はデミオ→アクセラの順にそれぞれ旧拠点に自走で持ち込み、約1ヶ月半ぶりのシャンプー洗車を敢行。当然ながらここでデミオもスタッドレスタイヤから夏タイヤへの履き替えを行い、ビアンテと揃って最大の懸案を解消です(^^;)。

あとは、長女の習い事送迎や母の御用聞きをこなしながら、アウターガレージの定位置へ帰還。
3月下旬、私たちと同タイミングで新居へと移り、バタバタと奔走してくれたこの2台も、やっと本来のキレイな姿を取り戻すことができたわけです(^^)v。



ハイ。
ここに、構想から約1年を経て、新拠点での4台フォーメーションが完成するに至りました。

・・・まだ置いただけですけどね(笑)。

この新しい隠れ家で、当初の目論見通りの充実したカーライフを実現するためには、これからやるべきことが山ほどありますが、まぁそれはそれ。私としてはこの集結でやっと引越しが終わったという安堵感に包まれ、心底ホッとしているというのが正直なところです。

ホント悪かったね、三週間も離れ離れにしちゃってて(^^;)。
Posted at 2017/04/16 22:43:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | 隠れ家の案内 | 日記
2017年04月06日 イイね!
3月、完走。多忙を極めた3月上旬に続き、中旬から下旬にかけてもイベントが目白押し。
WBCの戦績は言うに及ばず、プロ野球の開幕さえも後で知ったくらい、私のこれまでの人生の中で最も忙しい3月となりました。

無論、こうして再び拙いブログが書けているということは、波瀾万丈の3月を無事乗り切れた証しではあるのですが、実際には、疲れているヒマも倒れ込むヒマも全く与えられなかった・・・というのが正直なところです。

ここ3週間余りを振り返っただけでも、思わず処刑台を連想してしまった住宅ローン契約(爆)を皮切りに、新宅の竣工確認と引き渡しの同日実施、すぐ翌日から2日間にわたる大引越しの敢行、さらに、今もなお続く外構工事とのシビアな日程調整と、重大イベントがほぼ間髪入れずに駆け巡ってましたからねぇ。
序でにいえばこの間、向かいに住む両親の体調も全く安泰ではなかったですし・・・。

約1ヶ月間、ピンと張り詰めたような緊張感がずっと持続し、私自身が体調悪化や怪我を寄せ付けずにこれたのは奇跡的といえるかもしれません。

さて、現在は引越しから10日ほどが経過し、一時は百数十個にも膨れ上がった段ボールの山も次第に縮小し、全体の4分の3程度を解体。
生活必需品の置き場所もおおよそ見当が付くようになり(笑)、新環境での生活リズムが少しずつ定着しつつあるのは良いのですが・・・
ことカーライフの方に目を転じると、なんとここ1ヶ月間、マイカーの洗車は遂に一度もできず(+_+)。従来であれば、私が長期不在でもしない限りあり得なかった状況ですね。
そんな緊急事態を物語るように、デミオとビアンテに至っては未だスタッドレスタイヤ履きという惨状(苦笑)。

あらら・・・
私が新拠点で最重視していたはずの“カーライフの充実”というメインテーマが、完全になおざりになっているではありませんかっ!?

まぁ、それにもいろいろ事情がありまして・・・

まずは一日も早く家族が新生活に慣れるよう、自分の事は後回しにして、荷物の整理や資材の調達など、新居の環境づくりに注力してきたのが一因。
しかし、それよりも決定的なのは、ワタクシ的には家本体よりも遥かに高い関心を持ってきたカースペースが、今なお完成途上にあること(-_-;)。

普段使いの核となるアウターガレージは目下工事中だし、肝心のインナーガレージもアプローチ部分が未完成なので、未だにクルマが進入できません。
そう、私がたっぷり時間をかけて構想を練り上げたマイカーたちの新フォーメーションが未だ実現に至らず、結果、全くといっていいほど気分が盛り上がらないのですよ(^^;)。
現に、ファーストカーのRX-7と我が家随一のピープルムーバーのビアンテの2台は、古家のロングカーポ―トの軒下に置き去り。季節柄、軒の隙間から容赦なく侵入する花粉や黄砂に塗れているのですから。

早く4台を新拠点に集合させなければ・・・

そんな焦燥感に駆られている毎日。
一歩家の中に入れば、画像のようにインナーガレージと併設ホビールームとの連携が徐々に構築されつつあったりはするのですが、まだまだ完成図には程遠いですね。

いずれ外構工事が完了して真の新拠点完成に至った暁には、自分の趣味ゾーンの構築に本格着手し、少しずつこちらのブログも再開していこうと思います。

ということで、ひとまずは三週間ぶりの生存報告と、引越し完了のご連絡までm(__)m。
Posted at 2017/04/06 23:09:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | 隠れ家よりご挨拶 | 日記
プロフィール
小学生時代のスーパーカーブームを機に、なぜか国産車に傾倒していった変わり者です。こちらではマイHPとかぶらないクルマネタで攻めたいと思っております(^^ゞ
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
Jacobins Square  
カテゴリ:My Personal Homepage
2011/09/15 18:08:17
 
WW2 
カテゴリ:Our Enthusiastic Project
2011/09/15 18:06:58
 
MZ RACING 
カテゴリ:My Favorite Site
2010/05/25 00:05:21
 
ファン
126 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ RX-7 マツダ RX-7
独身時代の2000年にⅣ型からスイッチしたⅤ型。以降5年間で計29回のサーキット走行に供 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
2014年の秋に我が家にやってきた、三代目の嫁さん専用車。全身に躍動的な"魂動デザイン" ...
マツダ ビアンテ マツダ ビアンテ
我が家の遠出&多人数移動用の三列シート車として、V6フレンディのショートリリーフの跡を受 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
嫁さん専用車として2011年7月に契約した、マツダの「SKYACTIV TECHNOLO ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.