• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年02月07日

エポックメイキング物語

エポックメイキング物語 先月買ってきた本です。

『マツダ スカイアクティブエンジンの開発』

まぁ、タイトルからして、SKYACTIVの悪口など書いてあるはずもなく(笑)、2011年にデビューしたデミオの1.3L直噴ガソリンエンジン(P3-VPS型)を中心に採り上げ、マツダが内燃機関の限界に挑んだSKYACTIV TECHNOLOGYを構成する各エンジン要素技術について、事細かに解説してあります。
(正直、ワタシは制御技術の領域はあまりついていけてませんが・・・汗)

“新発想”とか“ブレイクスルー”といったコトバでまとめてしまうのは簡単ですが、実際のところ、量産ガソリンエンジンとしては異例の高圧縮比「14」をはじめ、革新的なエンジンを世に送り出すドライブとなったのは、特定の発明や隠し玉的な技術ではなく、ひとつひとつの技術追求の愚直なまでの積み重ねであり、開発陣がそれらをうまく融合させながら、既存車体への搭載という厳しい制約にもめげず、出力・燃費・エミッションを高次元で調和させることに腐心してきたかがよく伝わってきます。

さらに、私が慧眼だったなと思うのは、そんな珠玉の画期的エンジンを初搭載したSKYACTIVデミオを、ただ単に時流に迎合した低燃費スペシャル車で終わらせることなく、“統一感”という新しいチューニングコンセプトを導入し、マツダ車らしい「走る楽しさ」を新次元で織り込んできたことですね。
結局、次に来たSKYACTIVアクセラ、そして、真打ちのフルSKYACTIV車・CX-5と、マツダが背水の陣で送り出した新技術車が次々に好感されていったのも、元を辿れば「リッター30キロ」で世の中に強烈なインパクトと大いなる存在感を示したSKYACTIVデミオの活躍があってこそ、と言えなくもありません。

そう考えると、先鋒の役割を立派に務め切ったSKYACTIVデミオは、エンジンのみのSKYACTIV化ゆえ、ボディ・シャシー・トランスミッションまで揃ったフルSKYACTIV車には性能では敵わないでしょうけど、マツダの歴史の一頁を切り拓いた重要なクルマとして、今一度持ち上げてやりたい気分で一杯です。(あ、現に持ち上げてますね 笑)
「好きか嫌いか?」と言われたら間違いなく私は後者と答えるCVT(苦笑)だって、P3型エンジンとの徹底的な協調制御によってSKYACTIVデミオの衝撃的パフォーマンスを実現した立派な立役者であるわけで、技術的な存在意義や必然性には何の疑いも持っていません。

というわけで、2011年のデビュー時のローンチカラー・アクアティックブルーをまとい、かつ、オリジナル状態の維持を十分意識してきた我が家のSKYACTIVデミオは、エンジン史の見地からみても、マツダの歴史を語る上でも、大変意義深いクルマの1台であるとあらためて認識した次第です。
(これで少しは延命できたかな?)

では同じように、マツダのエンジン史を語る上で重要なクルマ、他に何があるでしょうか?

まぁ、80余年に及ぶマツダのエンジンの歴史を振り返ったとき、過去最も話題を呼んだ独創的エンジンといえば、間違いなくロータリーエンジン。とりわけ、世界初の2ローターREを搭載してデビューした「コスモスポーツ」は、歴代RE搭載車の代表的存在でもあり、マツダのエンジン史だけでなく、世界の自動車史を語る上でも重要な1台といえるでしょうね(^o^)。

・1967 コスモスポーツ (世界初の2ローター・ロータリーエンジン)

そんなコスモスポーツは別格扱いとして、その次にくる、マツダの個性が光るエポックメイキングなエンジン搭載車を「残り9台」思い浮かべろと言われたら・・・私のチョイスはこれかなと思います。

・1950 CT型三輪トラック (三輪業界初のOHVエンジン)
・1962 キャロル(オールアルミ合金製4気筒エンジン)
・1972 ルーチェAP (REAPS、初の低公害車優遇税制適合エンジン)
・1977 ファミリアAP (希薄燃焼型エンジン、S53規制対策)
・1990 ユーノスコスモ (量産世界初の3ローター・ロータリーエンジン)
・1991 ユーノスプレッソ (当時世界最小の1.8LのV6エンジン)
・1993 ユーノス800 (世界初の自動車搭載用ミラーサイクルエンジン)
・2011 デミオ (圧縮比14のSKYACTIVガソリンエンジン)
・2012 CX-5 (圧縮比14のSKYACTIVディーゼルエンジン)

(独断と偏見で選びました、すみません)

こうしてみると、たとえその大きな存在価値に共感したとしても、今から頑張って所有できるクルマは、やはり少ないですねぇ・・・

CX-5(XD)オーナーの皆さん、
「ぜひ、大切になすってください」(某・鑑定番組風に)

そして・・・

来たれっ、SKYACTIV-R!!
ブログ一覧 | 隠れ家のデミオ | 日記
Posted at 2014/02/07 12:03:30

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

ブルカムちゃんと出逢って2ヶ月が過 ...
カムたくさん

冬の車中泊はこれで決まり!
もきち☆さん

当選者発表!!! REIZ TRA ...
REIZ TRADINGさん

極寒の中、展望台へ... 読書は愉 ...
晴耕雨読さん

☆☆☆本日はクラウン コーティング ...
C-CLINICさん

コペンローブ カーボンリアリップス ...
TADASHI 287さん

この記事へのコメント

2014/02/07 13:19:02
・1990 ユーノスコスモ (量産世界初の3ローター・ロータリーエンジン)
・1991 ユーノスプレッソ (当時世界最小の1.8LのV6エンジン)
・1993 ユーノス800 (世界初の自動車搭載用ミラーサイクルエンジン)

このあたりは、自分も心躍る感じでしたね。
確か中学生付近だったはずですけどw
コメントへの返答
2014/02/07 14:32:41
期せずしてココは、今は亡きユーノスブランド車が並んでいますね(^_^;)。
ま、ロードスターやユーノス500もありましたから、それだけ話題に溢れた新販売チャネルだったということですよね。

それにしても、中学生ですかぁ・・・。
ル・マンでも勝ったし、さぞ面白い自動車メーカーに映ったでしょうね、その頃のマツダ(^^)。
2014/02/08 21:26:10
こんばんは。

はい、
CX5、大切にしております(笑)。

本日の雪も水掛けて丁寧に溶かしましたから・・・(水道代が・・・滝汗)
コメントへの返答
2014/02/09 11:49:55
こんにちは。

でしたねー!記念すべき初フルSKYACTIV車ですし、おまけに初回限定カラー(笑)のスカイブルー!!
これからも大切にしてあげてくださいね~

もしマツダ百周年の記念展示イベントがあったら、出場要請がくるかもしれませんよ(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

小学生時代のスーパーカーブームを機に、なぜか国産車に傾倒していった変わり者です。こちらではマイHPとかぶらないクルマネタで攻めたいと思っております(^^ゞ
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

Jacobins Square  
カテゴリ:My Personal Homepage
2011/09/15 18:08:17
 
WW2 
カテゴリ:Our Enthusiastic Project
2011/09/15 18:06:58
 
MZ RACING 
カテゴリ:My Favorite Site
2010/05/25 00:05:21
 

ファン

131 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
独身時代の2000年にⅣ型からスイッチしたⅤ型。以降5年間で計29回のサーキット走行に供 ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
実家のアクセラXDを2017年8月に名義変更し、亡き父の所有から自称・孝行息子の私の所有 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
2014年の秋に我が家にやってきた、三代目の嫁さん専用車。全身に躍動的な"魂動デザイン" ...
マツダ ビアンテ マツダ ビアンテ
我が家の遠出&多人数移動用の三列シート車として、V6フレンディのショートリリーフの跡を受 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる