車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月06日 イイね!


近所にあるガレージ工具専門店に行って、整頓に便利で雰囲気のある工具用のツールワゴンや
小物入れなどを購入してきました。

小物入れは磁石のついた金属などに張り付けるタイプでしたが、木製の壁に取り付けるための穴あけをお願いしてみると、なんと簡単に引き受けてくれました。

さっそくツールワゴンを組み立てて、小物入れも取り付けました(^.^)


工具ケースに合わせて赤がいいのか? かなり迷いましたが青で良かったと思います。
いい感じに整理も出来てガレージらしくなりました。








これはエアー工具などを引っかけたりするのに使うそうですが、置き場所に困っていた釣り竿をすっきりと収めることが出来ました(^.^)




穴を開けてくれたので木ネジで簡単に取り付け出来ました!
これで水廻りのごちゃごちゃした小物もスッキリしました。






タイヤが邪魔ですが、良い雰囲気です。





赤と青、この青色も好きな色です。
そう言えばキッチンもアイスブルー、ソファーは濃い青色だし、以前のポルシェも今度の240Dもそうだし・・・・
でも好きな色は?って聞かれればオレンジ色やグリーン系の色が好きなんですけどね。


溶接機やエアーコンプレッサーなども買ってしまいそうでしたが、今回は我慢です。






先ほど、123専門店から中間の報告がありました。
相当に丁寧であり、その部分の状態や情景が目に浮かぶほどの内容の為、そのままコピペさせていただきました。

いいところに入院出来たようで安心しました。


ここからがメールの内容です(^.^)
________________________________

〇〇 様

ご連絡が遅くなりまして大変申し訳ございません。
先ほどまで、〇〇様の240Dの点検を行っておりました。

ヒーター&クーラーの吹き出し口の切り替えレバーのワイヤーの点検。
各スイッチのイルミネーション不灯の点検などです。
ワイヤーに関しては単純にワイヤーの外れやワイヤーの取り回しの不良と思っておりましたが、分解の結果色々なことが判明致しました。

簡単に言えば人災でした。センターコンソール内をどこかの工場で分解修理しております。
その際にデフロスターと足元の切り替えレバーのワイヤーのアウターチューブの固定がされておらず、固定用のクリップが無い状態でした。
何とか部品取りの車両からクリップを2個探し、取り付けましたが、非常に狭い上にワイヤーを他の配線と共に固定されていてクリップが
取り付けできない状態になっておりました。

スイッチのイルミもバルブ切れと思い点検を行いましたが、各部品も問題ありませんでした。
配線図を確認したところブロアスイッチまでは正常に点灯しているので、それ以降の配線で断線している可能性が高くなり、
点検の結果、やはりプラス線が断線して各スイッチに電気が流れておりませんでした。

前回コンソールを分解した工場はW123は不慣れのようで、各配線やスイッチにマスキングテープを張り、取り付け位置などを記入しておりました。
そのマスキングテープはそのまま残っておりますので、後で剥がす予定です。
また、一箇所純正のビスではなくナンバーブレートのビスにて固定されております。

粗方部品の価格は見積もり済みなので、近日中にご連絡出来ると思います。
車両本体には特に大きな問題はありませんでした。

下回りで言えばリヤブレーキキャリパーが少し引きずりぎみのようです。
*フロントは全く問題なしです。

また、ラジオの件ですが、やはり1日経つとI/G ONでラジオの電源が入ります。
ラジオ本体の故障のようです。

それとナビの電源ですが、現在はシガーライターから電源を取っていらっしゃますが、ワイヤー&イルミ修理でダッシュ廻りはかなり分解しております。
そこで提案ですが、ヒューズボードより電源を取り、新規でヒューズとシガーソケットを取り付け、ステアリングシャフト付近のカバー内部でそのナビのソケットを接続し、配線を隠すことが可能です。
もしナビの位置を今後移動してもナビ側の配線は加工しないので、いつでも移設出来ます。
ご検討下さい。(そうするといつも灰皿を閉めた状態に出来ます。また、見えるところにシガーソケットが無いのですっきりします。)

_________________________________



進捗の報告や状態などをくわしく説明されていて、我が240Dは幸せものですね~

まだ燃料計の不具合やブレーキ、プーリーや各ベルト類、ヘッドランプのメッキ加工やらいろいろと修理が必要なので入院は長引きそうですが、車両本体には問題が無いとのことで安心しました。

純正のラジオカセットについては部品取り用の同製品が二台ありましたが、ラジオそのものの修理はパーツ交換等で直せなければ対応されていないようでした。

そこでいろいろと調べたところ、神奈川県内に古いオーディオ類の修理を専門とする業者さんが見つかりましたので、万一の場合はそこで修理出来そうです。



この123専門店から帰って来られれば、安心して乗れますね!






Posted at 2017/02/06 19:11:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月30日 イイね!



都内の123専門店にて、不具合の修理を依頼し、不満点の改善のために一時的に入院することになりました。


まず、メーター類の照明については相当に暗いのですが、点検してもらったところ暗いものの当時の照度を維持していて問題ないとのことで、オリジナルにこだわるのであればそのままがベストとのことでした。


エアコンについても問題はなく、いまのところ効きめも充分であることがわかりました。
ただ、コントロールレバーのワイアーに問題があり、点検修復するとのことでした。


純正のカセットラジオについては機能には問題はないものの、スイッチレバーを引くと抜けてしまうのは問題があるので、予備の純正品からスワップして改善につとめるとのこと。
エンジン始動時にオーディオが勝手に入ってしまうのは、単純にON・OFFスイッチの存在を業者さんが知らなかっただけで、テストの結果問題はないことがわかりました。


オルタネーターについては、プーリーが錆ていてベルト類を摩耗させているので、プーリー部の錆を除去して再塗装の上ベルト類を取り替えるとのこと。
オルタネーターを動かすベルトはいつ切れてもおかしくないほどすり減っていて、そのために必要な分の回転を得られずに充電が不足してバッテリー上がりになった可能性があるとのことでした。


ヘッドライトが暗いことについては、反射板のメッキが剥げているので再メッキをして、H4バルブを明るめのモノに変更すれば問題なく明るくなるとのこと。  HIDはカバーの加工が必要になるし、純正カバーそのものも希少なのでH4バルブの変更がベストとのことでしたので、提案の通りオリジナルを維持することにしました。


ドアについては問題があり、運転席側のみ修理されていたので問題なく閉まるのですが、他は新車時からのままで劣化していて、外側からしっかりと閉めれば問題はないのですが、中から閉めると相当に力を入れて閉めないと半ドア状態になるので、他の3か所のパーツを取り替えることにしました。


あと、変速機のレバーのスプリングが本来の機能を果たしていなくて、ゆるゆるでしたがスプリングを交換すれば改善されるとのこと。


燃料計の不具合は、調べてみないとわからないとのことでした。

その他、各部ホース類、オイルやフィルター類、ブレーキも一応点検することになりました。


見積もりは点検後にあらためて連絡をするとのこと。


どのくらいの入院かはわかりませんが、代車があったので助かりました!



代車のVWポロです。  高速性能はさすがVW車だけあって安定感は抜群でした。



ついでにポロとラングラーのタイヤとのショット!  やっぱりデカイ!








トレッドパターンはいい感じです!







まだラングラーの完成の予想図は未定です。  どこにもないように仕上げたいのですけど、どうなることやら・・・・



ソリッドレーシング、カッコイイです!


Posted at 2017/01/30 22:28:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月27日 イイね!



さっそくバッテリーを交換しましょう


時計の針の調整も必要がないくらい簡単に取り替えが出来ましたが、このバッテリーめちゃ重い!




すんなり収まりました!





とそこへ、ファミマのチャイムの音が(我が家の玄関チャイムの音です^^

佐川マンの方が、デカイタイヤが4本ありますとのこと、、、シャッターを開けて協力して降ろしましたが、言葉のとおり相当にデカイタイヤが・・・・
年末から悩みに悩んで決めたタイヤでしたが、PC上の画面では伝わらないので実物を見てビビリました。。。

現行車(まだ納車前)のラングラーに装着されているサイズと同じですが、幅についてはボディーの改造が必要になります。

カイエンのタイヤもデカイと思っていましたが比較にならない大きさです。



123との比較ですが、なにやら重機のタイヤのようです・・・





玄関に鎮座する巨大タイヤ!
ホイールはソリッドレーシングturbine Z1 ストリート、
タイヤは ヨコハマ ジオランダー M/T+ G001C ブラックレター LT315/75R16 113Q にしました。


じゃまです。





ラングラーもいろいろなパーツが集まりつつあります。 海外取り寄せのスペアタイヤホルダーがまだ届きませんが、大体のイメージは決めています。

パイプフェンダーやら足回りの強化、ブレーキの強化も必要です。
テールランプも付け替えるつもりなので、板金や溶接も・・・・自分で出来そうなんですが、ここで溶接するとせっかく塗った床が焼け跡だらけになりそうだし、どうしよう?
外で作業すれば出来なくはないけど、これだけの為に溶接機を購入するのももったいないし・・・
でも面白そうな作業だし悩みどころですね。

肝心な色が決め切れていません。 どんな色がいいのか?  見かけない色でカッコイイ色は簡単には決められません。



三菱ジープ用のテールランプ、カッコイイです。





遊びクルマですが、
まずは安全に街乗り出来きるよう仕上げて行きます。
ショートボディーなので直進安定性能は期待できませんが、なるべく安心して走れるように、そしてしっかり止まれるようにすることに重点を置いて、少しずつ改良していきます。


ちなみに試乗ではコーナーリングの感覚が、面白いというか怖いというか?かなり独特でした。
街でたまに3~4インチUPした車両を見かけると、結構普通に飛ばしていましたが、慣れれば普通に走れるのですかね?




 





Posted at 2017/01/27 15:42:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月27日 イイね!



先日の山小屋からの帰りに、自宅近くのセブンイレブンに立ち寄りコーヒーでプチブレイク、颯爽とクルマに乗り込みエンジンを掛けようとしたところグッグ、ブルッっと少しセルの回り方が鈍くエンジンが掛かりません。
店外でタバコを吸っていたおじさんの視線を気にしつつ・・・少し待ってからもう一度、ッグ・・・・さらに少し待ってもう一度・・・・・

寂しく、そしてさりげなくその場を立ち去り自宅へ急ぎます。(徒歩5分で良かった~)

ジャンプケーブルをセルシオに積んで、店内の照明で明るく照らされた場所での作業ののちW123が復活し戻ってこれましたが、初のトホホ体験でした。。。

恥ずかしくてレスキュー場面の写真を撮る余裕はありません。。。。


123関連の専門店さんのブログ等で、最近のクルマと同等の新しい電装機器など取り付ける場合はハイパワーオルタネーターへの取り替えを薦めているなど、情報としては知ってはいましたが、それらは不具合の洗い出しをしてから相談しようと思っていました。

まあ山小屋からの帰りが少し遅くなったとはいえ、ヘッドライトの点灯は1時間ほど、同時にフォグなども点灯したりもしましたけど・・・・
それ以外は知った道のため不要でしたがミニゴリラを使用したままでした。


いままでは、中古車を購入した時は真っ先にバッテリー・オイルなどの油脂類・各種フィルターなどを交換していましたが、今回は以上のような事情のため油断していました。


そんな訳で、バッテリー・オルタネーターのチェックです!




バッテリーは充電機に接続したところ、メーターのレベル計では1と2あたりをウロウロ・・・・
よくこれまでエンジンを始動出来たもんだと感心しましたが、これはもう使えません。

問題はオルタネーターか、もともとバッテリーが駄目だったかですね。




オルタネーターはやはり純正品のようです。
出力などのチェックは必要ですが、やはり出先でこのようなことにはなりたくないのでハイパワーオルタネーターと大容量バッテリーにするのが安心かもしれないですね。

ちなみにベルトのテンションはゆるゆるでした。指で押すと4~5cmくらいは動くほど・・・
しかしエンジンを始動してみるとオルタネーターをしっかり回っています。
エンジンを吹かしてみればその分しっかり回っているようです。
ただあまりにゆるゆるなので、これも確認が必要ですね!



その他のベルト類は程良い張りがあるので大丈夫そうです。
ディーゼルエンジンのアイドリング音、、、なんかうっとりしそうなくらい素敵です。(ちょっと変態かも)
激しく振動しているんですが、タッタッタッタッタッタとリズムがいい感じです!







いい眺めです。











ついでに足回りも
フロントやリヤのショックアブソーバー は交換したとのことでしたので新しいです。






下廻りにも問題はなさそうです。



リアのショックアブソーバー 、ほんの少ししか見えません。




ついでに撮影したプレート類
記録簿から確認したところ、前オーナー様は新車購入時からずっとヤナセで整備されていたようで、しかも屋内保管車なのでダッシュボードの割れもなく、下廻りなどもいい状態を保っているようです。






その他パーツ関連のプレートやシールなど





オリジナル部品のシールも味があって素敵です。









これはラジオのアンテナ付近に貼ってあったシールですが、日本の職人さんはほほえましいです。
35年前の紙のシールが色あせてますが、(済)のハンコの朱色も確認できます。






その他、刻印など











付属の書類ケースと使用説明書など
ケースも立派なのが二つも付いています。






あらゆる説明書や記録簿など



これはカセットラジオの取説ですが、松下通信工業&ウエスタン自動車の両方が印刷されています。







ず~~~と余談でしたが、昨日も本日もエンジンは掛かりました。。。

でも外出先でのトラブルは困るので、バッテリーをオーダーしたところ本日配達されてきました。

今後高性能バッテリーに交換する可能性を考慮して安いバッテリー、といってもこれが付いていたんですが、ネット購入してから手元に届くのが早くて驚くばかりです。

過去、964にしろ335にしろバッテリーは4~5万は当たり前でしたが、このバッテリーは9千円程度とびっくりでした。







いずれにしても、大体の不具合も判明したので近々整備点検に行かないと、、、オーディオだけまだ迷ってます。 スイッチなどの不具合はありますが直るのであれば残したいです。
AMやFMなのど感度がよければ最高なんですけど・・・・


























Posted at 2017/01/27 11:30:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月25日 イイね!
わずかな距離での結果ですが、燃料計が壊れているので早めに給油してみました。

納車時の距離は63893km、給油時は64250kmでしたので、納車されてから357km走ったことになります。







で、給油は36リットルでしたので、リッターあたり9.9kmでした。  しかも軽油!




走行状態はターンパイクやアップダウンのある山道が大半で、高速道路もハイペース、一般道でも加速の具合をみるためにアクセルを結構踏み込んでいました。


これは良い結果です!
普通に走れば相当の燃費が期待できそうです。


納車時からの不具合も含めて、近々修理を含めて点検に出す予定ですが、それらが改善されれば充分にメインの実用車になりそうです。





Posted at 2017/01/25 21:24:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「ちょっとガレージっぽくなったかも?・・・それとW123の中間報告が届きました。 http://cvw.jp/b/2625351/39280013/
何シテル?   02/06 19:11
あんくまんです。よろしくお願いします。 足あとがあることを、8/3たった今知りました・・・・ 失礼なこともあるとは思いますが、まだまだ操作がわからな...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ブログカテゴリー
ファン
4 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ その他 メルセデス・ベンツ その他
1981年式、35年前の古いベンツです。 グレードは240D、色は淡い水色。 335 ...
ポルシェ カイエン ポルシェ カイエン
カイエンS   2010年の春にオーダーして、本当は年末に納車されるはずが、どんどん遅 ...
トヨタ セルシオ トヨタ セルシオ
多走行車、120000kmで購入しました。 費用は80万円、運転席シートは相当にへたって ...
ジープ ラングラー ジープ ラングラー
古いベンツを試乗しに訪れたショップに展示されていたので、このクルマも試乗させてもらいまし ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.