車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月20日 イイね!


以前から気になっていた240Dのヘッドライトの「暗さ」ですが、ヘッドライト・フォグともに普通のH4バルブとH3cバルブ(w124用)にすることにしました。

今回は傷んでいる可能性のあるヘッドライトリフレクターの再メッキは見送って、バルブのみの交換にして様子を見ます。


ギリギリまでIPF社製のLEDバルブと悩みましたが、カバーとの干渉や熱のことを考えて見送りました。

今回選んだのはPIAA社製H4 3600K、フォグはH3c 2500kイエロー





純正フォグH3バルブとPIAAH3cイエローバルブ








点灯した画像ですが以前とは比べ物にはなりません。 ずいぶんと明るくなりました。
HIDやLEDとは比較にはなりませんけど、普通に走る分には充分の明るさですしW123には丁度いい感じのやさしい明るさに満足です!


これで霧にも安心なはず?です! 



フォグのイエローはまったくわかりません。




まだ霧の山道は走っていませんが楽しみです(^.^)



そう言えばヘッドライトを点灯すると連動しているエアコンダイヤルも点灯するのですが、そのダイヤルが心配なくらい熱っつ熱っになります・・・・・

ダイヤル部分のバルブは一段と明るく点灯していますので、その熱の影響なのはわかりますけど・・・・








先週末の土曜日、箱根ターンパイクを登っていたところ・・・ん、みぞれ?かって思っていたら見る間に雪にかわってきました。







彫刻の森美術館での気温は10℃ほどあったのに頂上はマイナス1℃!!






箱根ではよくこんな場面に遭遇します。 









Posted at 2017/03/20 21:17:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年03月05日 イイね!

気になっていた不具合、純正のオーディオやら燃料計、各種不点灯のバルブやヘッドライトなどなどの修理を終えて、本日ようやくW123が戻ってきました。

相談しながらの作業でしたが、差し当たっての作業はほぼ終了しました。


まずは純正オーディオの不具合(アンテナを引きだすノブが取れる・勝手にオーディオの電源が入る)などが有りましたが、専門店の取り置きの純正品(中古ですが完動品を特別に9000円にて)を取り付けて頂きました!
カセットテープ持参で確認しましたがバッチリでした。



ただ純正のスピーカーが35年物なので音質は微妙です。 次回はスピーカーも変更したいですが、機能は問題ないので満足です!








完動品との交換と思っていましたが、もともと付いていた不具合のラジカセはトランクに置いてありました。


不具合のつまみの部分のパーツとの違いがよくわかります。






同時に各種バルブの不点灯部分も、修理・交換作業もして頂きました。


以前に修理された際に貼られた配線図を記したテープ・・・・たぶんディーラー作業とのことですが、古いクルマの修理にはあまり精通されていなかった為にこのようなテープを残したのでは?とのことでした。


いずれにしても全部バラバラにするんですね!







点灯していなかったバルブ類も全部交換していただきました。









これで気になっていた部分も完全に修理完了です。



断線していた部分も修復されました。








まずはラジカセの交換や各種不点灯部の修復、吹き出し口切り替えレバー・デフロスターと足元レバーアウターワイヤーの修復も完了したので、この部分は安心ですね。










Posted at 2017/03/05 22:40:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年02月06日 イイね!


近所にあるガレージ工具専門店に行って、整頓に便利で雰囲気のある工具用のツールワゴンや
小物入れなどを購入してきました。

小物入れは磁石のついた金属などに張り付けるタイプでしたが、木製の壁に取り付けるための穴あけをお願いしてみると、なんと簡単に引き受けてくれました。

さっそくツールワゴンを組み立てて、小物入れも取り付けました(^.^)


工具ケースに合わせて赤がいいのか? かなり迷いましたが青で良かったと思います。
いい感じに整理も出来てガレージらしくなりました。








これはエアー工具などを引っかけたりするのに使うそうですが、置き場所に困っていた釣り竿をすっきりと収めることが出来ました(^.^)




穴を開けてくれたので木ネジで簡単に取り付け出来ました!
これで水廻りのごちゃごちゃした小物もスッキリしました。






タイヤが邪魔ですが、良い雰囲気です。





赤と青、この青色も好きな色です。
そう言えばキッチンもアイスブルー、ソファーは濃い青色だし、以前のポルシェも今度の240Dもそうだし・・・・
でも好きな色は?って聞かれればオレンジ色やグリーン系の色が好きなんですけどね。


溶接機やエアーコンプレッサーなども買ってしまいそうでしたが、今回は我慢です。






先ほど、123専門店から中間の報告がありました。
相当に丁寧であり、その部分の状態や情景が目に浮かぶほどの内容の為、そのままコピペさせていただきました。

いいところに入院出来たようで安心しました。


ここからがメールの内容です(^.^)
________________________________

〇〇 様

ご連絡が遅くなりまして大変申し訳ございません。
先ほどまで、〇〇様の240Dの点検を行っておりました。

ヒーター&クーラーの吹き出し口の切り替えレバーのワイヤーの点検。
各スイッチのイルミネーション不灯の点検などです。
ワイヤーに関しては単純にワイヤーの外れやワイヤーの取り回しの不良と思っておりましたが、分解の結果色々なことが判明致しました。

簡単に言えば人災でした。センターコンソール内をどこかの工場で分解修理しております。
その際にデフロスターと足元の切り替えレバーのワイヤーのアウターチューブの固定がされておらず、固定用のクリップが無い状態でした。
何とか部品取りの車両からクリップを2個探し、取り付けましたが、非常に狭い上にワイヤーを他の配線と共に固定されていてクリップが
取り付けできない状態になっておりました。

スイッチのイルミもバルブ切れと思い点検を行いましたが、各部品も問題ありませんでした。
配線図を確認したところブロアスイッチまでは正常に点灯しているので、それ以降の配線で断線している可能性が高くなり、
点検の結果、やはりプラス線が断線して各スイッチに電気が流れておりませんでした。

前回コンソールを分解した工場はW123は不慣れのようで、各配線やスイッチにマスキングテープを張り、取り付け位置などを記入しておりました。
そのマスキングテープはそのまま残っておりますので、後で剥がす予定です。
また、一箇所純正のビスではなくナンバーブレートのビスにて固定されております。

粗方部品の価格は見積もり済みなので、近日中にご連絡出来ると思います。
車両本体には特に大きな問題はありませんでした。

下回りで言えばリヤブレーキキャリパーが少し引きずりぎみのようです。
*フロントは全く問題なしです。

また、ラジオの件ですが、やはり1日経つとI/G ONでラジオの電源が入ります。
ラジオ本体の故障のようです。

それとナビの電源ですが、現在はシガーライターから電源を取っていらっしゃますが、ワイヤー&イルミ修理でダッシュ廻りはかなり分解しております。
そこで提案ですが、ヒューズボードより電源を取り、新規でヒューズとシガーソケットを取り付け、ステアリングシャフト付近のカバー内部でそのナビのソケットを接続し、配線を隠すことが可能です。
もしナビの位置を今後移動してもナビ側の配線は加工しないので、いつでも移設出来ます。
ご検討下さい。(そうするといつも灰皿を閉めた状態に出来ます。また、見えるところにシガーソケットが無いのですっきりします。)

_________________________________



進捗の報告や状態などをくわしく説明されていて、我が240Dは幸せものですね~

まだ燃料計の不具合やブレーキ、プーリーや各ベルト類、ヘッドランプのメッキ加工やらいろいろと修理が必要なので入院は長引きそうですが、車両本体には問題が無いとのことで安心しました。

純正のラジオカセットについては部品取り用の同製品が二台ありましたが、ラジオそのものの修理はパーツ交換等で直せなければ対応されていないようでした。

そこでいろいろと調べたところ、神奈川県内に古いオーディオ類の修理を専門とする業者さんが見つかりましたので、万一の場合はそこで修理出来そうです。



この123専門店から帰って来られれば、安心して乗れますね!






Posted at 2017/02/06 19:11:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月30日 イイね!



都内の123専門店にて、不具合の修理を依頼し、不満点の改善のために一時的に入院することになりました。


まず、メーター類の照明については相当に暗いのですが、点検してもらったところ暗いものの当時の照度を維持していて問題ないとのことで、オリジナルにこだわるのであればそのままがベストとのことでした。


エアコンについても問題はなく、いまのところ効きめも充分であることがわかりました。
ただ、コントロールレバーのワイアーに問題があり、点検修復するとのことでした。


純正のカセットラジオについては機能には問題はないものの、スイッチレバーを引くと抜けてしまうのは問題があるので、予備の純正品からスワップして改善につとめるとのこと。
エンジン始動時にオーディオが勝手に入ってしまうのは、単純にON・OFFスイッチの存在を業者さんが知らなかっただけで、テストの結果問題はないことがわかりました。


オルタネーターについては、プーリーが錆ていてベルト類を摩耗させているので、プーリー部の錆を除去して再塗装の上ベルト類を取り替えるとのこと。
オルタネーターを動かすベルトはいつ切れてもおかしくないほどすり減っていて、そのために必要な分の回転を得られずに充電が不足してバッテリー上がりになった可能性があるとのことでした。


ヘッドライトが暗いことについては、反射板のメッキが剥げているので再メッキをして、H4バルブを明るめのモノに変更すれば問題なく明るくなるとのこと。  HIDはカバーの加工が必要になるし、純正カバーそのものも希少なのでH4バルブの変更がベストとのことでしたので、提案の通りオリジナルを維持することにしました。


ドアについては問題があり、運転席側のみ修理されていたので問題なく閉まるのですが、他は新車時からのままで劣化していて、外側からしっかりと閉めれば問題はないのですが、中から閉めると相当に力を入れて閉めないと半ドア状態になるので、他の3か所のパーツを取り替えることにしました。


あと、変速機のレバーのスプリングが本来の機能を果たしていなくて、ゆるゆるでしたがスプリングを交換すれば改善されるとのこと。


燃料計の不具合は、調べてみないとわからないとのことでした。

その他、各部ホース類、オイルやフィルター類、ブレーキも一応点検することになりました。


見積もりは点検後にあらためて連絡をするとのこと。


どのくらいの入院かはわかりませんが、代車があったので助かりました!



代車のVWポロです。  高速性能はさすがVW車だけあって安定感は抜群でした。



ついでにポロとラングラーのタイヤとのショット!  やっぱりデカイ!








トレッドパターンはいい感じです!







まだラングラーの完成の予想図は未定です。  どこにもないように仕上げたいのですけど、どうなることやら・・・・



ソリッドレーシング、カッコイイです!


Posted at 2017/01/30 22:28:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月27日 イイね!



さっそくバッテリーを交換しましょう


時計の針の調整も必要がないくらい簡単に取り替えが出来ましたが、このバッテリーめちゃ重い!




すんなり収まりました!





とそこへ、ファミマのチャイムの音が(我が家の玄関チャイムの音です^^

佐川マンの方が、デカイタイヤが4本ありますとのこと、、、シャッターを開けて協力して降ろしましたが、言葉のとおり相当にデカイタイヤが・・・・
年末から悩みに悩んで決めたタイヤでしたが、PC上の画面では伝わらないので実物を見てビビリました。。。

現行車(まだ納車前)のラングラーに装着されているサイズと同じですが、幅についてはボディーの改造が必要になります。

カイエンのタイヤもデカイと思っていましたが比較にならない大きさです。



123との比較ですが、なにやら重機のタイヤのようです・・・





玄関に鎮座する巨大タイヤ!
ホイールはソリッドレーシングturbine Z1 ストリート、
タイヤは ヨコハマ ジオランダー M/T+ G001C ブラックレター LT315/75R16 113Q にしました。


じゃまです。





ラングラーもいろいろなパーツが集まりつつあります。 海外取り寄せのスペアタイヤホルダーがまだ届きませんが、大体のイメージは決めています。

パイプフェンダーやら足回りの強化、ブレーキの強化も必要です。
テールランプも付け替えるつもりなので、板金や溶接も・・・・自分で出来そうなんですが、ここで溶接するとせっかく塗った床が焼け跡だらけになりそうだし、どうしよう?
外で作業すれば出来なくはないけど、これだけの為に溶接機を購入するのももったいないし・・・
でも面白そうな作業だし悩みどころですね。

肝心な色が決め切れていません。 どんな色がいいのか?  見かけない色でカッコイイ色は簡単には決められません。



三菱ジープ用のテールランプ、カッコイイです。





遊びクルマですが、
まずは安全に街乗り出来きるよう仕上げて行きます。
ショートボディーなので直進安定性能は期待できませんが、なるべく安心して走れるように、そしてしっかり止まれるようにすることに重点を置いて、少しずつ改良していきます。


ちなみに試乗ではコーナーリングの感覚が、面白いというか怖いというか?かなり独特でした。
街でたまに3~4インチUPした車両を見かけると、結構普通に飛ばしていましたが、慣れれば普通に走れるのですかね?




 





Posted at 2017/01/27 15:42:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「W123(240D)のヘッドライトについて http://cvw.jp/b/2625351/39487644/
何シテル?   03/20 21:17
あんくまんです。よろしくお願いします。 初めてのクルマはサニーの1200GLでした。  そのころはトラックを運転しても楽しかったなぁ~ ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ブログカテゴリー
お友達
ファン
4 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ その他 メルセデス・ベンツ その他
1981年式、35年前の古いベンツです。 グレードは240D、色は淡い水色。 335 ...
ポルシェ カイエン ポルシェ カイエン
カイエンS   2010年の春にオーダーして、本当は年末に納車されるはずが、どんどん遅 ...
トヨタ セルシオ トヨタ セルシオ
多走行車、120000kmで購入しました。 費用は80万円、運転席シートは相当にへたって ...
ジープ ラングラー ジープ ラングラー
古いベンツを試乗しに訪れたショップに展示されていたので、このクルマも試乗させてもらいまし ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.