• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

TAKA +のブログ一覧

2013年09月24日 イイね!

「iOS7」レビュー その3

 
純正アプリはアイコンを含めて全てオーバーホールされたようだ。この辺りはAppleのサイトをご覧いただきたい。アイコンは好みが分かれるところか。個人的には慣れてしまったせいか、日に日に違和感がなくなってきた。この辺はさすがAppleと言うべきか。まぁ、最近はAppleもAndroidも大差ないような気もするが。

私の場合、一番頻繁に使うアプリはメールアプリだ。今までより白っぽいベースカラーへの記入が改めてバージョンアップを感じさせる。アイコンを含めて見た目はちょっと変わったが、フォルダ関係他のシステムに大きな変更はない。何度かメールを打ってみて感じることは、若干ではあるが、処理速度が上がったか?ということだ。デフラグを解消した後みたいな感覚だ。

次に最近使うようになった機能はコントロールセンターで、頻繁に呼び出している。懐中電灯は便利で、今まではアプリで対応していたが、アプリだと他のアプリを立ち上げるとライトは消えてしまう。今回はライトを点けたままメールを打ったり、ゲームをしたりと、マルチに活躍してくれている。

電卓も、カメラもすぐに必要!って時に呼び出せるので、この辺りは便利で良いのだが、コントロールセンターの中の機内モードって必要なのか?と以前から思っていた。コントロールセンターに自分の好きな機能だけを登録しておく、なんてことはできなかっただろうか。

Safariはタブのページ数が無制限になったということで、ブラウジングはパソコンと同じ感覚だというのだが、イマイチ使いにくい。これは個人的な感覚によるものなのだが、新しい方がたしかにカッコイイし、速い気がする。でも使いにくいと感じるのは何故なんだろう?

メール以外はあまり使っていないので、きちんとしたレポートできないのだが、「iOS7」になって一番感じるのはデザインの新鮮さだ。ロック画面からのスワイプした時に横から滑り込むように現れるパスコード入力画面。天気アプリの動く背景画面。マルチタクで、ホームボタンをダブルタップして現れるアプリのリスト。そのリストを閉じる時は、そのアイコンを上にフリックすればオーケーだし。機能そのものが大きく変わったわけではないのだが、なんとなく精錬された感じがする。

まだ「iOS6」の友人に「iOS7」でもいけそうだと伝える事にした。



 
Posted at 2013/09/24 14:15:52 | コメント(3) | トラックバック(0) | Apple | 日記
2013年09月21日 イイね!

「iOS7」レビュー その2

 
これほどの大きなアップデートになると、ユーザーの中には混乱してしまう人もいるだろう。現に「iPhone5」を使用中の友人の一人は「iOS6」のままで、しばらくは「iOS7」には行かないと言っている。UIが好みではないんだそうだ。それでも使い勝手を教えてくれと言っているあたり、気にはなっているのだろう。

さて、昨日アップデートした「iOS7」だが、正直悪くない。昨夜結構楽しんであれこれと弄ってみたが、「iOS6」がどうだったかを忘れてしまうほどに、だいぶ馴染んできた。と言うところでレビューをお届けしよう。(そんなに大したものではないが・・・)

機能面で一番目新しい変化は、通知センターの変更とコントロールセンターの追加だろうか。両センターとも、ホーム画面からだけでなく、ロック画面からもアクセスできるのがありがたい。(アクセスできないように設定することも可能なようだが)

ホームボタンを押すと画面が立ち上がる。電波状態を示す5つの丸とその横には「au」の文字。上部右側には、充電の状態を示すアイコンが見える。画面中央上部には時計があり、下部には「>slide to unlock」の文字が。(実は英語表記に変えてみました)

そして最上部には通知センター画面を引き出すようなバーと最下部にはコントロールセンターを引き出すバーが備えられている。オマケに右下のカメラマークをスワイプするとすぐにカメラが起動するシステムだ。これは便利!

画面の上からスワイプダウンすれば、新しい通知センターが画面に広がる。日付や天気、カレンダーのイベントなんかを表示してくれる。「今日の予定は?」ってちょっと確認する時なんかは重宝だ。

一方、コントロールセンターは、機内モードやWi-Fiの設定、ブルートゥース、お休みモード、画面回転設定、画面照度、ミュージックアプリの操作、AirDrop、懐中電灯、タイマー、電卓、カメラ機能まで、すぐにアクセス出来る。個人的には懐中電灯が一番使う頻度が高く、今まで使っていた懐中電灯のアプリは速攻削除した。このコントロールセンターの機能だけでも、「iOS7」にする価値があるような気さえする。

では、スライドしてロックを解除しよう。


おっと、もうこんな時間。続きはまた後日・・・


Posted at 2013/09/21 19:13:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | Apple | 日記
2013年09月20日 イイね!

「iOS7」レビュー その1


巷では「iPhone5s/5c」の発売、特にドコモが参入して、キャリア三つ巴の戦いみたいなことが話題になっている。イマイチ予測より売れ行きが芳しくなかったと言われる「iPhone5」所有者としては、それらに搭載されるiOSの新バージョン「iOS7」の方が気になるところだ。ツイッターでアップデート開始を知った日、早速我が「iPhone5」に「iOS7」へのアップデートを仕掛けた。

職場のWi-Fiではフィルターに引っかかるせいか、アップデートができない。仕方なくPCに繋ぎ、そこからデータをダウンロード、インストールを決行した。結構時間がかかる。とは言ってもバックアップやら何やらの時間も入っているので、実質のアップデートにかかる時間は20分から30分といったところか。

途中Windows絡みのドライバーがどうしたこうしたというアラームが出て「時間がかかるならキャンセルだ」とキャンセルボタンを押したら、これが大問題。「iPhone5」を復元しなければならなくなってしまった。「OSも新しくなるんだし、まぁ、いっか」と思って復元をチョイス。他に選択肢はないのだけれど・・・

「iOS7」が起動し、すぐにバックアップデータを放り込む。「iOS7」アップデート後にキャリアアップデートなるものを適用したので「iOS6」までの「KDDI」の表示が「au」に変更された。アンテナも丸に変わっている。

「これが新しいデザイン・・・アイコンも・・・」

立ち上がった画面を見ての感想は、正直、微妙だ。字体も少し変わったか?これが今後のアップルの顔だといわれても、イマイチしっくりこない。傾けると壁紙が動く?なんか昔の動いて見えるカードみたいだ。パステル調のグラデーションだって、Androidっぽくないか?

「これがサファリ?コンパスかと思った」

アイコンはどうなの?これがこれからのトレンディデザインなの?評判は残念ながら良くないようだ。「カッコイイ!」という声はあまり聞かれない。それでも、白を基調としているせいかもしれないが、たしかに綺麗だ。ただ、見た目がい良くても機能が優れているかどうかは別問題だ。機能が増えても使い辛かったら誰も使わない。実際の機能はどうなのだろう?


もったいぶって、続く・・・




 
Posted at 2013/09/20 15:33:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | Apple | 日記
2013年02月02日 イイね!

「iPhone5」今更のレビュー

 
こうやって、思いもかけずに手に入れた「iPhone5」。今更ではあるが、レビューを記しておこう。

「iPhone4S」を使っている友人が、私の「iPhone5」を手にして開口一番「軽い!」と言った。その友人の「4S」を持たせてもらったが確かに重い。「4S」は140g、「5」は112g。データとしての差は28gだが、この数値以上に大きな違いを感じる。友人が一番羨ましがっていたところだ。軽量化は、手に持っている時間どころか、身につけているすべての時間に感じる進歩であり。大きな改善なのだと思う。

発表されているデータを確認する必要もなく、画面はデカくなっている。「4S」は3.5インチ、横縦比は2:3、つまり、640×960ドットのディスプレイだった。これが「5」では、4インチ、横縦比は9:16で、640×1136ドットのワイドディスプレイとなった。しかしディスプレイは縦に13.7mm伸びたのに対して、本体は8.6mmしか伸びていない。にも関わらず軽くなっているのだ。軽量化の秘密はその薄さにあった。 厚みは「4S」の9.3mmに比べ、「5」では7.6mmとなっている。事実、「4S」と「5」を並べてみると「5」は横幅が小さくなったのか?と、錯覚するほどだという。横幅は全く変わりがない。

デザインは「Appleらしい」というのが適切か。色は黒と白。これも従来通り。まぁ、AppleがピンクのiPhoneを出すことなど想像もできないが・・・。(いや、出してみても面白いかもしれないけど・・・)バックパネルは「4S」の強化ガラスから「5」ではガラス・アルミ・ガラスの3ピース構成に変更されている。アルミ部分は、つや消し仕様になっていて、アップルのロゴとiPhoneのロゴだけは光沢がある処理がされている。この3ピース構造、正直あまり好きではない。「4S」のように一体化されている方が好みで、実は「3GS」のあの丸みを帯びた裏面の感じが結構好きだったりして・・・。(持ちにくいのかもしれないけど・・・)

ホームボタンはご存じの通り凹んでいる。これが結構押しにくい。早々市販のボタンシールを貼り付けて押しやすくした。実はカミさんのiPhoneケース(iPhoneカバー?)に付いていた2つのボタンシールのうち、1つをいただいて貼り付けたのだ。これが便利で、息子たちにも付けるようにアドバイスしてみた。サイド面上の、電源ボタンや、横のマナーつまみ、ボリュームボタンは、すべて押しやすく反応も良好だ。

メニュー画面はMac派の私にとっては見慣れたものだ。iPadを使っているカミさんもあまり違和感なく使っているようだ。もともとメインメニューはアイコンしかないんだから、シンプルで分かりやすい。ちょっと階層が深い部分もあるので、慣れないと今どの階層にいるのか分からずいちいち戻ってくるのが煩わしいかも。「Xperia」では、結構カスタマイズしていたので勝手は違う。iPhoneのiOSに慣れていないと最初に躓くところかもしれない。このあたりのところを「これがiPhoneだから仕方ない」と思えないと辛いかもしれないなぁ。

初期設定は結構大変かもしれない。まぁ「Xperia」の時も同じように大変だったけど。結局コンピュータ1台セッティングするのと同じだからね。特に電話帳データの移行は、ある程度の知識が必要になる。私の場合は「Gmail」の「Xperia」と同期していた連絡先データを、今度はに流し込んだ。これで終了。カミさんは、普段連絡を取っていない人や、音信不通の人を確認して住所録を整理したい、というので、その作業を済ませてからデータを送った。息子たちはそれなりに移行したようだ。心配していたが、なんとか使いこなしているらしい。

新しいメルアドを作って、最低限の人にメールを送る。ホントは私も連絡先を整理したいのだが、少しだけ猶予期間を作ることにした。メルアドが変わっても電話番号は変わらないから、どうしても連絡が取りたかったら電話してくるだろう。ショートメールも使えるし。もともと「Gmail」は継続で通常使用してるし。こちらからメルアドの変更を連絡したのはごく一部の必要だと思う人だけにした。まぁツイッターやフェイスブックもあるから、そちらで済んでしまうことも多いし。

メール受信フォルダの「Draft」と「Junk」は削除できないのか?邪魔だ。

これで最低限の電話とメールの設定は終了。携帯電話としての役割については完了となったわけだ。さて本格的に弄り倒すことにしよう。「iPhone5」のレスポンスは快適だ。プロセッサーも新しい「A6」になり、「4S」と比べて、2倍の速さとアナウンスされている。当然と言えば当然だが、今まで使っていた「Xperia」とは雲泥の差。ただ、最近のAndroidも昔とは違うだろう。このサクサク感が大きなアドバンテージになっているかどうかは良く分からない。

自宅でも職場でも無線LANを使っているので不便は感じないが、以前LTEネットワークで「iPhone5」を使ってみたことがあるが、LTEの通信速度はかなり速いのだ。「au 4G LTE」のエリアはまだ整っているとは言えないので、auには、LTEネットワーク整備を頑張ってもらいたいと思う。 繋がれば魅力倍増だ。ただ、auの公衆無線LANは遅くて使えないのだとか・・・。

iPod時代から使われてきたDockコネクターが廃止され、「iPhone5」では新型デザインの「Lightning」コネクターが採用された。実物を見ての感想は、とにかく小さい。大きさはmicroUSBと同じくらいか。先端を見ると、電極はむき出しになっている。ちょっと怖い感じだが、このコネクターには裏表がない。つまり、USBコネクターのように「どっちが表?」と悩むことがないリバーシブルタイプなのだ。これは嬉しい。 ただし、端子が変わったことで、今までのDockの周辺機器はまったく使えない。今後サードパーティからもいろいろな対応品も出てくるだろうから、それに期待したい。

付属のイヤフォンが嬉しい。Apple最新型の「Apple EarPods」だ。今まで耳の形に合うイヤフォンが見つからず、色々試してみたが、この「Apple EarPods」、それなりに動いてもはずれない。ボリューム調節もできて、なかなか高性能だ。単品で買ってみようと思っていたくらいなので、ちょっと得した気分だ。

私は基本、左手で操作する。手は大きい方だと思うが、それでも本体を握った状態で左手の親指を画面の右上まで伸ばすのはちょっと苦しい。指を伸ばしたとき、落としそうで怖い。メールの入力とかの、キーボードは画面下に表示されるので打ちにくいことはないが、アイコンを押すとかの指の届く範囲は、もしかしたら「4S」の大きさが適当なのかもしれない。

バッテリの持ちは悪くない。初代「Xperia」の時はバッテリーの消耗が激しく、ケーブルを繋ぎながらでないと安心してネットに繋いでおくことはできなかったが、Retinaディスプレイの恩恵だろうか、バッテリーが持たなくて困った、という事はほとんどない。当然、利用頻度や使用方法によってバッテリーの消耗具合は違うんだろうけど、入手に困るLightningケーブルも追加購入は考えていない。「Xperia」の時は予備バッテリーと車用のケーブルも持っていたんだが。

画面サイズが大きくなったために、今までのiPhone向けの2:3比率で作られているアプリは、画面一杯に表示できず、上下に黒い枠が表示されてしまう。ブラックモデルだと目立たないが、ホワイトモデルだと結構目立つ。こうした面から言えば、ブラックモデルの方が違和感がないが、今後アプリのアップデートで、心配はなくなるだろう。情報量が多いワイド画面はそれ自体で大きなアドバンテージになっている。

話題になったGoogleのサービス(Google マップ・YouTube)の削除は残念だった。新しい地図アプリケーションは使えないし、独自の電子チケットサービス「Passbook」なんかは無くても良いとさえ思ってしまう。よく使う人には便利なシステムなのかな?その後、Appleは搭載した地図の不備を謝罪、Googleマップは、アプリとしてダウンロードできるようになった。

この他、アプリは充実しているし、今まで使ってきた昔のiPod touchやiPadの資産があるので、何の問題もない。最新アプリとかはたびたびチェックすることにしているが、無料アプリにも使えるアプリは多い。ワイド画面でのゲームも今までとは違った感じで楽しめる。グループ毎に表示できる電話帳アプリやGoogleカレンダーと同期できる、「Xperia」の時も重宝していたスケジュール管理アプリは一番最初にダウンロードした。

文字変換は相変わらずオバカ的な変換もあるが、グローバル携帯と言っても、もうずいぶん前から日本で投入されているんだから、もうちょっと改善して欲しいところだ。昔のMacの「ことえり」を思い出したりした。面白いのは「Siri」だ。便利は便利だが「Siri」も時々変な日本語を口走る。「キョウノテンキハ ハレ キオンハ ハイフン ヨンド デス」この「ハイフン ヨンド」というのは「マイナス ヨンド」という意味だ。このあたりも改善が望まれる。

通常の使用では、着信ランプがないのが痛いか。呼出し音、特に音源を外部から取り込んでの設定は手間がかかる。今までガラケーで出来たことが、iPhoneで出来ると思わない方が精神衛生上問題ない。日本人的こだわりみたいなのは、やっぱりガラパゴス的な発想なのかもしれないが、それに応えてきたガラケーはスゴイんだと、あらためて思ったくらいだ。

「iPhone5」はテザリングにも対応しているが、使っていない。特に必要な環境ではない。緊急地震速報と災害・避難情報についても、従来モデル同様に対応しているというが、まだ発動はしていない。


さて、これから「iPhone5」を購入しようと考えている人に一言。


まず、現在「iPhone」をお使いのユーザーに。
今までの「iPhone」に不満が無く、金銭的な負担を容認できるのならば「iPhone5」に乗り換えた方が良いのかもしれない。今まで買ってきたアプリなどもそのまま使えるし、「軽さ」「ワイド画面」「LTE対応」の魅力は大きいのだろうと想像する。しかし、「iPhone4S」のユーザーは、まだ縛りの最中で、このタイミングでの買い換えは、懐具合と相談してから、ということになるのだろうか。

Androidからの乗り換えの場合はどうだろうか。
使い慣れたアプリや携帯の状況を放棄してまで「iPhone5」を手にするかどうかは、本人次第としか言えないが、求めるものがドコモのネットワークサービスだったり、おさいふ携帯機能やワンセグ、赤外線通信、防水性能といった日本独自的な便利機能であるならば「iPhone」には手を出すべきではないだろう。今後登場するAndroid端末の方がスペック的には高くなりそうだし、「iPhone」というデバイスとして考えてみても、Androidに対する優位性は無くなってきたと思う。流行に乗じて買うとガッカリするかもしれない。解約にかかわる費用やKDDIからの契約手数料のトータルしか請求は結構な金額だったし。


しかし、だ。

しかし「iPhone」にはスペックでは言葉では言い表せない「何か」がある。それは「iPhone」というものの思想であったり、MacやiTunes、アプリなどとのシームレスな連携による、トータル的なユーザビリティなのだと思う。これは単体のスマートフォンというデバイスのスペックの優劣とは別の次元のものなのだ。後発のAndroidは単体のデバイスとして「iPhone」より優れている点がいくつもある。では、なぜこれだけ「iPhone」が話題になるのか?

それは「iPhone」が「iPhone」であり続けるからだと思う。


私は「iPhone」を購入して、満足している。

Posted at 2013/02/02 12:25:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | Apple | 日記
2013年02月01日 イイね!

「事件は現場で起きてるんだ!」 その4

 
「すいません。色のご希望とかはありますか?まぁ、もともと黒と白しかないんですけど・・・」


やはり、だめだったか?いや、これから更に他の店に当たるのか?と思いながらその場のカミさんと次男に確認してみる。もともと「Xperia」の時は私が黒でカミさんは白だったが、カミさんとすれば黒でも白でも構わないと言う。次男も頷いている。でも、これから探すなら時間もかかるようだし、昼飯もまだだし、今回の話はキャンセルしようと思い私はセールスさんの方を向いた。


「色はどっちでも良いんですけど、これ以上時間がかかるようなら・・・」


という私の言葉を遮るようにセールスさんは声を絞り出した。


「黒2台、白2台、2時間以内で用意できます。これでお願いします」


「エッ!?」


ここからが忙しかった。ドコモへ「MNP」の連絡。ドコモの対応は「上から目線」みたいな冷たい感じ。次男の携帯は2年縛り解除前だったので違約金が発生する。「それでも良いんですよねぇ・・・」的な言葉に「ハイ」と事務的に返事をしたが、将来、ドコモで「iPhone5」を扱うようになったとしても、ドコモには戻るまい、と思った瞬間だった。

そして長男へ連絡。実は長男の携帯だけ私名義でなかったため、長男が直接ドコモへ「MNP」の連絡をしなければならなかったのだ。「ホントに『iPhone5』になるの!?」と聞く長男も嬉しそうだ。「帰りに寄るけど、その時は『iPhone5』持ってくから」と電話を切った。結局これがドコモ最後の電話になった。

契約書類への記入を済ませ、次男の家で2時間遅れの昼食。実感はわかない。受取りの時間は午後4時。多少は遅くなるかもしれないが、長男の住む松本まで約3時間弱。長男のアパートでゆっくりできないが、なんとか予定通りに長男のところで夕食になるだろう。そこから自宅までは約1時間。「iPhone5」4台ゲットのためのタイムロスとしては大きなものではないだろう。

午後4時。「iPhone5」を受取りにショップへ向かう。割引のシステムをいろいろ使っているので、どんな契約になっているか良く分からないが、月々の支払いが安くなることは再確認。ショップまで一緒に行った次男に本人の「iPhone5」を渡し、アパートに戻る。auの紙袋を抱えた次男をアパート前に降ろし、長男のアパートへ向かう。手を振る次男は嬉しそうだ。次男にとっては初スマフォ。いろいろ初期設定に手を焼くだろうが、良い経験になるだろう。

そこで、ハタと気がついた。何時頃着くか、長男に連絡できないのだ。まぁ、何かあればネットのアドレスにメールを送ればいいのだけれど「iPhone5」にはまだ住所録も入ってないし、「Xperia」を調べなければアドレスも分からないし・・・。ドコモの携帯が不通になったのがわかれば、そのうち「iPhone5」が届くんだろう、と予測はできるだろうが。

そして、その日の8時前には長男のアパートに到着。長男にも「iPhone5」を渡す。「iPhone5」になるかも!と長男に連絡してから5時間後のゲットに「こんなに早く、予約もせずに、よく手に入ったね!」と感心している。結局、私と長男が黒、カミさんと次男が白の「iPhone5」を手にすることになった。



さて、その「iPhone5」のレビューは次回。


Posted at 2013/02/01 08:12:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | Apple | 日記

プロフィール

「 GTS オープンベータテストはどうだったか http://cvw.jp/b/262788/40583942/
何シテル?   10/16 13:55
.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フリード+ハイブリッド ホンダ フリード+ハイブリッド
2017.5.28 納車
ホンダ フォルツァ ホンダ フォルツァ
メーター取替えのため、第二期
三菱 アウトランダー 三菱 アウトランダー
 2007年2月28日納車。  2017年5月28日降車。
ホンダ その他 ホンダ その他
44602kmでメーター交換
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.