• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

TAKA +のブログ一覧

2008年04月30日 イイね!

軽井澤物語 #51


彼は家に戻るとマスターのことばを思い出してみた。


     「 いつまでかなわない想いを引きずって生きていくんだ? 」


     ・・・叶わない想いなのか?・・・


彼は今まで、ずっと夢の中で生きてきたような気がしていた。
婚約者の居場所がわかり、迎えにいくとそこには笑顔で迎えてくれる婚約者がいる。


     ・・・あり得ないよな・・・


冷静に考えてみれば、彼自身の中で結論を出していなければならない時期はとっくに過ぎているのだろうと思う。
彼は自問した。なぜ、全てを投げ出してでも婚約者の行方を探さなかったのか…


     ・・・結局、自分が可愛いだけじゃないか・・・


彼は自分を責めた。


     ・・・俺には愛してるなんて言う資格はなかったんだ・・・


自己嫌悪の中で彼はもがき苦しんでいた。


     ・・・俺は俺自身の人間としての
             醜さを隠して生きていただけなのか・・・


そうではないと言ってほしかった。誰かに…。それは誰でも良いのではなく彼女なのかもしれないと彼は思わずにいられなかった。彼は彼の心の中にある、彼女に対する揺らぎのような想いを消してしまう事はできないと思った。


     ・・・彼女に逢いたい・・・


そう思って良いのか悪いのか、今の彼には判断できなかった。





Posted at 2008/04/30 07:42:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2008年04月29日 イイね!

軽井澤物語 #50


何度も、何度も携帯を握りしめた。
何度も、何度もメールを打つ手を止めた。

あれから彼とは話をしていない。仕事場でも、もちろんプライベートでも。


     ・・・彼と話がしたい・・・

彼の背負っているものを知ってしまったことは、彼女にとって絶望感を感じるものだった。


     「 あいつはずっと苦しんでいるんだ 」


マスターの言葉は彼女の心の中で凍り付いてしまったようにいつまでもそこにあった。


     ・・・彼のこと、考えてはいけないの?・・・


一人になると彼の言葉を思い出す。


     「 それは他人の俺が口を挟めるようなもんじゃないし、
       最後はやっぱり君自身が

         決めなきゃならないことなんじゃないかな? 」


     ・・・彼の気持ちの中に、あたしがいる場所はない・・・


彼女はとてつもなく大きな過ちを犯してしまったような気がしていた。


     ・・・彼の事しか考えられないのに・・・


     「 相談してくれたのはうれしいけど、俺には何もしてあげられない 」


相談したのは彼に自分の明日をゆだねてもいいのかを知りたかったからだった。でもそれが彼女の一番のわがままだったということも、今になって思えば当然の事だった。
彼は決して他人のスタンスの中には入って来ない。それは彼の優しさなのかもしれない。


     ・・・これ以上、彼に迷惑はかけられない・・・


それは、彼女が心に秘めた思いだった。



Posted at 2008/04/29 12:48:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2008年04月28日 イイね!

軽井澤物語 #49


店は空いた席が多くなってきた。
新しいオーダーもなくなり、カクテルを作るより片付けの方が忙しくなってきた。
マスターは彼の空いたマグを片付け、代わりのグラスを置いた。


「 こわいんだ 」

「 前に進むことに臆病になっているだけだ 」


洗い物をしながらマスターは答える。


「 彼女のことが気になるんだ 」

「 そう思えるのが、今を生きている証だ 」


彼女への想いを言うつもりはなかったが、言ったという事実に後悔はなかった。


「 どうすればいいのか、わからない… 」

「 それはお前にしか決められない事だ 」


目の前のグラスを口に運ぶ。


「 これは? 」

「 あぁ、ただの水だ 」


グラスの中は冷えた水だった。


「 酔っぱらって考えることじゃないだろ? 」

「 それはそうだけど… 」

「 今日は帰って、今の自分自信と面と向かってみたらどうだ? 」

「 ・・・ 」


これ以上話すことはないといった風で、マスターは仕事に戻った。


「 マスター。…ありがとう 」


マスターは黙ってうなずいた。



Posted at 2008/04/28 08:25:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 軽井澤物語 | 日記
2008年04月26日 イイね!

長野から


 こんなのは聖火リレーじゃない。

 こんな長野は長野じゃない。


 長野にこんなものを持ち込んで、

 誰が責任を取ってくれるのでしょうか。



 「聖火リレー」と呼ばれるものは、まだ続いています。

Posted at 2008/04/26 09:25:36 | コメント(4) | トラックバック(1) | 日記
2008年04月25日 イイね!

聖火 ナガノへ

聖火 ナガノへ 各地で抗議運動を浴びている北京オリンピックの聖火が25日朝、チャーター機で東京・羽田空港に到着した。警備上の理由で、国内の輸送経路、輸送手段は明らかにされていないが、聖火は今頃再び長野に向かっているはずだ。

 最も南で開催された冬のオリンピックとしても話題を呼び、日本ジャンプ陣が活躍した20世紀最後の冬季オリンピック。その長野オリンピックから10年。

 26日に行われる聖火リレーは、出発式など式典会場への入場は規制され、第1走者の星野仙一さん以外のランナーの走行区間は非公表になっている。妨害や激しい抗議行動に備えて市内は厳戒態勢となり、地元は困惑し、歓迎ムードも消えつつある。

 「これでは、リレーをやっても意味がない」という声も聞かれる。市民を遠ざけるような運営に「こんな物議を醸すようなリレーは初めてだ」という人もいる。予想される厳重な警備に「仕方ない。事故など大きなことになったらいけないですからね」という意見も聞かれるが「長野五輪の時は大した警備もなく、うまくいっていたのに…」と10年前を振り返ると残念だ。

 そもそも「なんのためのリレーなのか」。リレー開催地の市民が楽しんだり、かかわれる部分がないと、オリンピックゆかりの地で聖火リレーを行う意味がないのではないだろうか。迫害を受けているチベットの人たちが、こうした機会にアピールすることは自体は思想信条の自由の発進という事から考えれば、規制することはできない問題であろうし、非常に難しい問題だ。

「リレーへの妨害やさまざま団体による活動などがクローズアップされ、むしろチベット問題がぼやけている」という評論家の意見もある。

 長野市内の商店街では、飾られた鉢植えや看板などを撤去している。リレーの沿道で混乱があった場合、破壊されたり、凶器になりかねない心配があるからだそうだ。

 長野県警と警察庁は当初の計画を大幅に増やし、3000人規模の態勢で不測の事態に備えると発表した。聖火ランナーの周りに5人、その両側に約100人の2列縦隊で警備をするという。

 大国と少数民族の問題、政治とスポーツ、秩序と「表現の自由」。難しい問題が重なり合っているが、一番の心配は、一時の感情の高ぶりに引きずられての暴力的な行動なのだと思う。


 共感と反感の間で、聖火はますます市民から遠ざかる。


Posted at 2008/04/25 10:11:25 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「 GTS オープンベータテストはどうだったか http://cvw.jp/b/262788/40583942/
何シテル?   10/16 13:55
.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2008/4 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フリード+ハイブリッド ホンダ フリード+ハイブリッド
2017.5.28 納車
ホンダ フォルツァ ホンダ フォルツァ
メーター取替えのため、第二期
三菱 アウトランダー 三菱 アウトランダー
 2007年2月28日納車。  2017年5月28日降車。
ホンダ その他 ホンダ その他
44602kmでメーター交換
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.