• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ふるすろ#のブログ一覧

2016年11月09日 イイね!

更新

あれから何台かアタックしたので上げておく。

kumanta
43.56

にゃん
43.52

ふるすろ
39.80


kumanta氏は前回アタック失敗してたので当然のタイムアップ。
それにしても一秒近くのアップとは。
ホームコースで横に乗ってて、突っ込みでヒヤッとする唯一の人。

にゃん君はnewタイヤが間に合わずツルツルのタイヤで暫定アタック。
エンジンの不調は直って、よく回ってたので体感的にはアップするかと思ったら逆にダウン。
やっばりタイヤは大事なのね。ダンロップは減るとホントに食わんよな。

俺はタイヤをゼスティノに換えたらアップした。
今後はこのタイヤで回そうかな。


今回は気温が下がってる等の変化があり、前回のアタックとは条件が変わっていることはつけ加えておく。

Posted at 2016/11/10 00:09:58 | コメント(2) | トラックバック(0)
2016年09月11日 イイね!

新企画

長期休眠中というかみんカラやめていたけど
諸事情によりブログ更新。

とあるゲームのタイムアタック大会を開催。
それぞれが自分のマイカーでプレイ。
その結果がこちら。
敬称略



4103 戦闘民族 AP1

4452 kumanta NCP13

4320 にゃん DC2

4396 アレックス EF9

4200 かみかけ JZA80

4464 わっちょ Z27AG

4151 みのっくす AP1

4109 ふるすろ CT9A



文章が長くなるので気遣いなしで感想を。

戦闘民族
恐ろしく車が曲がる。リヤタイヤステアなセッティング。アクセルコントロールをほぼしてないような感じ(アクセル全開?)のままハンドルを切ればその分だけ後輪で曲がるイメージ。

kumanta
恐ろしく非力。ドライビング能力と加速性能が噛み合っていない。もっと馬力があればもっと速く曲がると思われる。

にゃん
VTEC作動不調。車本来の走りはできず。それとは別に車とかコースに対する熟練度を上げる余地あり。これはおっさん連中以外の全員に言える。

アレックス
車が軽い。これを活かせる走りが出来ればタイムはまだまだ上がりそう。

かみかけ
この辺の車になると俺にはわからない。危なげなくキレイに走らせていた。それだけでもスゴイことなのではないかと思う。

わっちょ
最近はあまりないジャンルの車。昔あったスターレットや最新のシビックタイプRとか。うまいこと車を曲げていた。今後は限界を探りながらペースを上げていけば面白いかも。

みのっくす
戦闘民族号とは全く違ったセッティング。それでも近いタイムが出るのが面白い。こちらはグリップをフル活用して曲がる。そのせいか感じる横Gはこちらが上だった。

ふるすろ
今回エントリーマシンの中で最強車種だったのに不甲斐ない結果。走ってるのを見かけても煽らないで下さい。



総評
おっさん連中と若いもん連中との間にはドライビング面でまだまだ大きな隔たりを感じる。
それはつまり、走り込めば1〜2秒はすぐ縮まる可能性があるということ。今後が楽しみ。
もしアドバイスを求められれば僭越ながら、わかる範囲では答えれるかも。気が向いたら聞きに来て下さい。
俺ごときでよければだけど。


終わり

Posted at 2016/09/11 21:46:15 | コメント(1) | トラックバック(0)
2016年01月19日 イイね!

エボ9 GSR その後 パーツ編

しばらく乗ってGSRが多少なりともわかってきた。
今回は取付けたパーツ編

故障なのかハズれなのか
はたまたそれが正常なのに俺が過剰に意識してるせいなのかはわからないが
とにかくABSは使えない。本気で攻めたら多分事故る。
だからずっとヒューズを抜いて走っている。
ヒューズ抜くとABSだけでなくAYCも作動しないと聞いた。真偽の程はわからんが。
それが本当なら今はABS&AYCレス?
そのへんがよくわからなくなってきた。

とにかくそんな状態で走り込んでいる。
その間に8RSからパーツを移植していくうちにいろいろと気付くことがあった。
移植したと言っても俺がDIYで出来るレベルなのでボディ補強パーツばかりだ。

今のエボ9 はなぜか買った時からロールバーが入ってたが、どうもボディがゆるゆるだった。
ブレーキングするとバルクヘッド辺りを境にグニャリと反る感じがあった。
それに高速セクションの細かい段差でフロントタイヤが両輪とも浮いて地面から離れていた。
乗り出して最初にそんなフィーリングだったので俺は先行きに不安を感じていたのを覚えている。

そこですぐに移植したのがロアアームバーだ。
マインズの7点式だ。同時にメンバー筋金クンもつけた。
これの違いははっきりわかった。
反る感じがあまりしなくなった。
その後、リヤトランクバーもつけた。
これはあんまりわからなかった。
パーツで上がる剛性の限界はそんなもんだろうとその状態でしばらく走り込んでいた。

連休で時間があったので8RSから外した補強パーツで、まだ残っていたヤツをつけることにした。
ロールバーと干渉して取り付け出来ないと思ってたのと、このパーツには期待してなかったので後回しにしてたやつだ。
ガレージジャッキを買ったので、なにか作業したくて仕方なかったというのもあって、
少々なら加工してでもつけてやろうとやり始めた。
すると簡単につけれたので助かった。

早速試走して驚愕。
これの効果は絶大だった。フロントタイヤが地面から離れなくなった。
言葉で書くとそれだけのことなのだが、実際に走らせている身になると差は歴然。
今までは75%しか攻めれてなかったのがこのパーツをつけることで85%まで詰めて走れるようになった感じだ。
そのパーツをつけたことでタイムが上がらなくても、よりコントローラブルになることでリスクを下げても同じペースで走ることが出来る。
これに気を良くして、つけるつもりのなかったリヤのストラットタワーバーとトランクバーをつなぐバーもつけた。
これも取り付けたら効果が体感出来た。
スライド時のコントロールが楽になった。


今回のことで3つの事がわかった。

ひとつは
メーカーも効果のないパーツをわざわざ発売していないということだ。
こんなん効くんかなと思っていたパーツもことごとく効果を体感出来た。

次に
自画自賛になってしまうが。
俺が過去に8につけていたパーツに間違いはなかった。
なにひとつ無駄なものはつけていなかった。
俺は自分のパーツ選定眼に満足した。
8RSの時はパーツをいっぺんにつけたので効果がわからなかった。
それに新車の時につけたのでさらにわかりにくかったのだろう。

最後に
これらのパーツをつけてこれだけフィーリングが変わったということは
つけなかったら相当乗れない車だったとも言えるかもしれない。

攻める上でいかにボディ剛性が大事かが身にしみてわかった。

終わり


Posted at 2016/01/19 21:46:51 | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年12月26日 イイね!

RS-RR

ずいぶん前にRS-RRに交換した。
俺なりの感想を。

パターンは悪くないと思っていたが走ってみると
そのパターンが災いしてか、ロードノイズとバイブレーションがかなり酷い。
特にロードノイズは俺の経験上、ぶっちぎりの最悪だ。
電車か貨物トラックが追いかけて来てるみたいな音が常にする。
とても現代のタイヤとは思えない。
俺にとってはロードノイズで快適性とかは別にどうでもいいのだが、
通常走行中にトラブル等を知らせてくれる車からの異音が
そのロードノイズのせいで聞こえないかもしれないというデメリットがあるのではないかと懸念する。

ここからインプレッション。
履き換えて最初に走った時には結構グリップの高さを感じた。
まだ皮も剥けてないのにグイグイと食う感じがあった。
最初期の頃のRS-Rのグリップが還って来たのかと期待するくらい。

期待しつつ皮剥きを終えた。
その時に一つ問題が発生。
諸事情により3,4か月そのままタイヤを屋外に放置することになる。
これがタイヤの性能に影響したかしてないかは分からないが
ここからはそれを踏まえて読んで頂きたい。

履いているサイズは265/35R18。
最初はRS-Rよりタイヤ剛性が上がっていると勝手に期待して温感2.3で走っていたが、
ヨレヨレがヒドくて結局2.5に上げた。
それでもまだヤワかったが我慢した。
肝心のグリップの方もパッとしない。
じゅびじゅび言ってズル滑りする。
限界超えると割と簡単にグリップが抜ける。
危なくて攻めれないというほどでもないが。
期待してたものの、なかなかに使えないタイヤと感じた。
それとタレるのも早い。この季節でも一往復したらあとはズルズルだ。
この辺も前から全く進化していない。
そしてもう一つ致命的なことが。
なにげにフロントタイヤを見たらもう2分山もないほど減っている。
俺的にはまだ半分くらいは残ってるかと思ってた。
減るのがめちゃくちゃ早い。
リヤを見ると6〜7分山ほど残っている。
摩耗が早いのも気になるが、この前後差も気になる。
20年走ってきたがこんなに差がついたのは初めてだ。
負荷がかかると異常に減るタイヤなのか?

俺がRS-RRに期待してた点は
タイヤの横剛性アップ、熱ダレによる性能劣化の抑制、耐摩耗性の改善、そして当然グリップの向上だ。
しかし結局前モデルから良くなっている点は一つも見当たらなかった。
ロードノイズが酷くなったぶん落ちてるんじゃないか?
価格も上がってるし。

という事でおれにとっては、いいことはひとつもないタイヤだったということだ。
俺の中にあったRS-R(フェデラル)に対する神話は完全に失せた。
もう、かつての結構食うのに安くて使えるタイヤではなくなった。
ここまでヒドいと価格分の価値があるかどうかという点でも何とも言えん。

RS-Rの時はタイヤサイズや製造日の違いでコンパウンドが全く違うと感じたことが多々あったのでRS-RRもどうかわからないので全てを否定する気はないが。
俺は今後、練習用タイヤとしても履きたくない。
気が変わることがあるかもしれないが。


終わり
Posted at 2015/12/26 20:01:03 | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年12月22日 イイね!

続き

エボ9GSRと8RSとの間で感じた違い。

ちょっと攻めたぐらいではAYCの効果もあってメチャクチャ曲がる。
それはもう怖いぐらいに曲がる。
曲がるのが楽しくなる。
だが、そこからペースが上がって来ると…
RSに乗ってきた俺にとってはいろいろと厳しくなってくる。

まず、ABSの介入が早すぎて制動距離が伸びる。
それはもう致命的なくらいに。

まずはこれに悩まされることになる。
とてもじゃないけど攻めれたもんじゃないくらいだ。
そしてその症状はまだ解決出来てない。
ここまでABS無しで来た俺にとっては結構な恐怖。
ABSを作動させながらコーナー進入でステア切るのは恐ろしい。
今はキャンセルして走っている。

そこを置いておいて、走っていると次はAYCの作動だ。
効くのはいいのだがコーナーの途中から動きがおかしくなることがある。
後輪が行きたい方向とは反対に曲がろうとしていることがある。
これはコーナリング中の俺のソーイングのせいだろうから俺の方の問題だろう。
やはり聞いていた通り電子制御を理解して運転しないとならないようだ。

フロントセクションに致命的な剛性不足を感じたが、これは補強パーツの装着で解決した。

車重が増えている影響は明確に出ている。
そのせいで走りにキレがないのは仕方ないことか。
かわりに地面に張りついたようなコーナリングをする印象はある。
だがこれが厄介だ。俺の方では気持ちよく走れて、いいタイムが出た感触。
ところがタイムを見ると8RSよりも5秒もタイムが落ちている。
チューニングの度合いの違いはあれ5秒はヒドい。
体感と現実のタイムに大きな開きが出てしまう。

車のポテンシャルが低いというより、俺が全然乗りこなせていないってのが唯一の原因だろう。
どうも車を信用しきれてないようで思い切った突っ込みが出来ない。
致命的なところで車に裏切られそうで怖い。
慣れるためにしばらく走り込むしかない。

ここまでは文句ばかりだったがRSに対して利点も沢山ある。
乗用車として上等なのはもちろん。
AYCは使いこなせれば大きな武器になるだろう。
そして俺が切望してやまなかったMIVECの効果も充分に体感出来る。
6速2000回転以下で街乗り走行が出来るのには驚いた。
このトルクの厚さは攻めている時でも必ずアドバンテージになるだろう。
いずれペースが上がってきたら3速に落としていたところを4速で走れるかもしれない。

4000回転以上はパッとしないが、まぁ仕様を考えれば仕方ないだろう。
パワーのほうは今後の伸びしろに期待。

なかなか自分の思い通りには操れないが
このまま走り込んでシンクロ率を上げて、前の車以上の走りを実現したい。


終わり
Posted at 2015/12/22 00:02:02 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

4103 戦闘民族 AP1 4452 →4356 kumanta NCP13 4320 にゃん DC2 4396 アレックス EF...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

前後デフ、ミッションオイル交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/13 17:20:39
ようやく完成しました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/18 17:18:25
今後の予定。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/09 14:51:43

お友達

いろんな人と情報交換できればいいと思います。
24 人のお友達がいます
じり@EG6じり@EG6 銀兄☆銀兄☆
R F R ☆R F R ☆ Ryouji.Ryouji.
銀 ~SilverBullet~ 弾銀 ~SilverBullet~ 弾 ちょうさん98Rちょうさん98R

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションIX 三菱 ランサーエボリューションIX
念願のMIVEC なかなかRSは手に入らないと思い、GSRにした。
三菱 ランサーエボリューションVIII 三菱 ランサーエボリューションVIII
車が大きくなってⅢやⅥのようなキレ味はないけどなかなかいい車です。 私のようなオーナーに ...
三菱 ランサーエボリューションIII 三菱 ランサーエボリューションIII
新車で購入した初めての車です。 ミーハーな気持ちで買ったのでoptionでサンルーフをつ ...
三菱 ランサーエボリューションVI 三菱 ランサーエボリューションVI
ワイドボディとブレンボに魅かれてエボⅢから乗り換えた車です。 クロスミッション、ボディの ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.