車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月01日 イイね!
イグニスいいぞ!・・・・しかしイグニスがスズキ車として初の「ASV++(ダブルプラス)」を獲得、オーナーとしてイグニスを選んだことに間違いはなかったと、少し誇らしい。

以下スズキ自動車掲載の記事

スズキ株式会社は、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」及び「全方位モニター」を搭載した小型乗用車「イグニス」が、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて71点中66.3点を獲得し、最高ランクの評価であるをスズキ車で初めて獲得したことを発表した。

JNCAP予防安全性能アセスメントは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA※5)が自動車の先進安全技術について評価し、結果を公表する制度である。2016年度の評価対象は、昨年までの「前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS※6)」、「車線逸脱警報装置(LDWS※7)」、「後方視界情報提供装置(バックビューモニター)」の試験に加えて、「歩行者に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」を追加した4項目で71点満点の評価点が与えられる。評価点の合計が12点を超える場合は「ASV+」として認定され、さらに46点を超えると「ASV++」に認定される

自動車事故対策機構掲載から抜粋

○予防安全性能評価
乗用車11車種について評価を実施

メーカー(車種数)

評価対象となった11車種

スズキ (1車種) イグニス
スバル (4車種) インプレッサ,フォレスター,レヴォーグ/WRX,レガシィ
トヨタ (2車種) クラウン アスリート/クラウン ロイヤル/クラウン マジェスタ,プリウス
レクサス (2車種) GS/GS F,RX
ホンダ (1車種) フリード/フリード+
マツダ (1車種) アクセラ
(五十音順)
今回評価した11車種はすべて総合評価でASV++(最高ランク)を獲得
対歩行者自動ブレーキについては、マツダ(株)のアクセラが最高24.5点/25点満点を記録

総合評価:自動ブレーキ(対車両・対歩行者)、車線はみ出し警報、バックビューモニターの4つの試験の合計得点による評価をいう。




イグニスは11車中10位ですが、上位車はイグニスの価格の2倍~4倍はする車ばかり。
予防安全面では優秀でしたが、もう少し乗って操って楽しいハンドリングになれば言う事なしなんですが・・・・・ちょっと欲張りかな?



Posted at 2016/12/02 00:08:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月21日 イイね!
日野ダカ-ルラリーCMとコンテッサ

好きなCMです~
昔、友人の日野コンテッサクーペ1300で四国へ旅行に行き、栗林公園付近でねずみとりに引っ掛かった苦い思い出が・・・・
確か、ミッションもシンクロが無いので床から生えた長いシフトレバーをダブルクラッチを踏んでローへ入れた記憶があります。
今の車と比べ、重厚さがあり車体もそうですが特にダッシュボードの作りは流石ヨーロッパデザインだな~と当時私が乗っていたパブリカSRと比較してしまいました。
日野やいすゞが乗用車生産を止めて久しいのですが、今あるメーカーと競っていた時代が懐かしいです。

蛇足ですが、友人のコンテッサクーペは友人の兄さんが冬エンジンが掛かりやすくするため、エンジンルームに毛布を被せているのを友人が知らずに乗っていると、後ろの車がクラクションを鳴らし、横まで来て「エンジンルームから煙が出てるよ!」と・・・・・・・コンテッサクーペの弱点はリアエンジンなので、後ろから出火してるのが友人には見えてなかったんです。
で、廃車になったそうです。
Posted at 2016/11/21 21:06:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月20日 イイね!
神戸餃子とべっぴんさんとルミナリエ
JR元町駅を南側に出て、道を渡り元町商店街までの左手に小さな餃子屋さんの「赤萬」があります。
3週間に1度は食べに来るのですが、餃子自体の味はあっさりで秘伝?の味噌とラー油・醤油と酢をミックスしたタレでいただくのですが、いくらでも食べられます。(一人2人前が最低注文)

お腹が満たされ、元町商店街を西にしばらく歩くと左手にこども服の老舗「ファミリアが。

こどもが幼い頃はスヌーピーが大きく編まれた紺のセーターやチェック柄のズボンを着せたら我が子も少しは「ぼんぼん」に見栄えがしたものです。(笑)
今、NHK朝ドラで「べっぴんさん」を放映中なのですが、「てるてる家族」「カーネーション」「ごちそうさん」以来の関西が舞台のドラマ、まして身近な神戸「ファミリア」の創業者さん達の物語は興味津々。

ファミリア店内に入ると「ファミリア軌跡展」が開催されています。
戦前から戦後の混乱と苦悩期や現在までの沿革などを知ると、朝ドラ「べっぴんさん」も面白味が増してきました。

お近くの方は足を運ばれては如何でしょうか。

元町商店街から大丸を抜け、三井住友銀行元町支店の前を通ると、何やら工事が・・・・・そうかー
ここはルミナリエのスタート地点だった。

通りがかりにイルミネーションの設置工事を見ていると、ヘルメットを被った人は皆イタリアの人達?かな~ご苦労様です。

阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、1995(平成7)年12月に開催されたのが始まり。以降、神戸を象徴する行事として多くの人々に支えられ、今では神戸の風物詩となっています。

未定らしいですが、今年は2016年12月2日~12月11日 に点灯らしいです。
まだご覧になっていない方は一見の価値ありです。



Posted at 2016/11/20 12:20:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽/映画/テレビ
2016年11月14日 イイね!
TS125のオフ走行道中で新たな発見を・・・・朝から雲が垂れ込めてはいるがまだ雨は降っていない、昨日ビートストッパーを装着したので近くのガレ場へ試走へと一路峠道へとTSを走らせた。
出発直後から雨がポツポツと降り始め、峠に差し掛かるころには本格的な雨になった。
濡れた路面はオフタイヤには天敵、コーナー手前でのブレーキングが少し遅れ、リアブレーキを軽く踏んだだけでもリアタイヤはロックしアウトへ滑りだす、ビビりながら慎重にいつものガレ場へ到着。

ガレ場へ入る前に、普通はエアーを1㌔圧まで落とすのですが、ビートがズレたのがトラウマになっていたのか、若干高い圧で侵入・・・・・ガレ場の石も雨に濡れツルツル、前回はトライアル採点風に言えばクリーン(一度も足を着かない0点)で通過出来た所も、今日は足着きだらけで揚げ句には立ちごけを左右1回づつの5減点!

疲れ果て、傷心でガレ場を後にし一般道へ。
帰りの峠道に入る前に昔ちょっと気になる山間があったので、そちらへ走ってみると・・・・新たなガレ道?を発見!!

しかし、少し進むと「通さないぞ」と言っているかのような倒木が道に横たわり、それ以上は進めず。


さらに違う道を進むと見事なガレ道がもう一本、山間に伸びどう見てもサポーターが居ないと進めそうにない難度A級のガレ道・・・・・・次回にアタックします。

そんなガレ道を出ると傾斜に住宅が数軒あり、その一角に「売り物件」と書かれた可愛い家を発見!!・・・・・
私には移住願望がちょっとあり、小さな家と横にはガレージも作れそうな土地・・・・少しそそられます・・・・・電話してみようかな~

少し視野を広げればいろんなモノが見え発見できる・・・・今日はそういう日でした。

そうそうリアタイヤのビートはまったくズレていませんでした。

Posted at 2016/11/14 23:29:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月13日 イイね!
TS125Rにビートストッパー装着二週間前、みんカラ友Aさんとの林道走行で、リアタイヤのビートがズレ、エアーバルブが⤵てしまい、パンク一歩手前の危うさを教訓にやっと部品と工具が揃ったのでビートストッパーを取り付けてみました。

ビートストッパーはダンロップ製リム幅1.85に適合するモノで、価格は600円台とリーズナブル。
こんなに安いならもう一つ買っておけばと後悔。

今回、あれば便利な工具バルブ虫回しをツールカンパニーの straightさんで購入、価格は300円台。


それと、ビートストッパーを取り付ける為、リムに8ミリの穴を開ける必要があり、ドリル刃先4ミリ~12ミリを1本の刃先で穴あけが出来る優れものを発見。(私だけが知らなかった?) 


上のフォトは転倒しかけているのではありません。
リフトスタンドの持ち合わせがなく、已む無くサイドスタンドを立て、バイクを左に半分倒し、壁に左グリップを当てハンドルを右に切る。
こうするとフォトのような格好になり、後輪が浮くのですが・・・・・・これが後でつまずく原因になります。

さて、タイヤの交換は経験があるので、リアシャフトを抜き、タイヤを前に叩き、チェーンを外す。
後はタイヤレンチの二刀流で固いビートとの力勝負!
何とかリムからタイヤを落としてみると、エアーバルブが曲がっていた為、バルブのチューブ側付け根のボルトがリムバンドを噛み、少し傷があるのを発見⤵、しかし、代わりも無いのでそのまま装着することに。
次はいよいよビートストッパーの穴あけなんですが、ビートストッパーの位置については、いろいろ所説あるのですが、私はビートストッパーが標準装備されてるバイクの位置へ・・・・エアーバルブが9時の位置に対しビートストッパーを2時の位置にしました。

穴あけの位置はノギスを使いニップル間の中心へ、インパクトドライバーに刃先を装着、思ったより順調に穴があき、一度止めて確認すると・・・・偶然にもビートストッパーのボルト(8ミリ)とぴったり!
危ないところでした(汗)
後はバリ取りをし、タイヤとチューブの組み付け・・・・途中で分からなくなったら、youtubeのexciting garageで復習し、何とか組みあがり、いざタイヤをバイクに装着となった時、斜めに傾いたバイクへのリアタイヤ装着は至難の業・・・・・特にリアシャフトはハブ外側左右にカラーを装着し通さなければならず、ブレーキキャリバーが傾いて、右のカラーがなかなか装着できず、リフトスタンドの代わりになるようなものを探しだし、垂直にバイクを立てると、いとも簡単に組めました。
教訓・・・・・・道具はケチらずですね。

どうでしょうか?なかなかの出来栄え!自画自賛


エアーバルブもまっすぐに!

これで、林道へいつでもgo!

後書き・・・・余裕が無く、肝心なタイヤの脱着やビートストッパーの装着のフォト取り損ねました。



Posted at 2016/11/13 22:00:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
upwestです。よろしくお願いします。 バイク歴47年・車歴44年。 バイクは主にオフロード車(CL50・HT90・XL250S・TL200R・TLM20...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
3 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ イグニス スズキ イグニス
スズキ イグニスに乗っています。 基本、ノーマル状態を維持するようにしています。 ちょう ...
ホンダ モンキー ホンダ モンキー
正確には1973年式のモンキーZ50Z。 元のカラーはレッドで、当時受注生産で納車まで1 ...
ベスパ ベスパ125 ET-3 プリマベラ ベスパ ベスパ125 ET-3 プリマベラ
戴きモノのベスパです。 毎日の通勤に使用し快調です。
その他 その他 その他 その他
13年前オークションで買った1959年式の東京発動機製の2サイクル・CVT変速のモペット ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.