車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月07日 イイね!
こんなバイクが欲し~い(モンテッサ4Ride) Montesaトライアルバイクの性能を生かした、快適なオフロードライディングを実現し公道可能なバイクマシン。

過去にHONDA TLR200RやTLM200R・YAMAHA TY250Sなど手頃な国産トライアルバイクがありましたが、トライアルブームが過ぎ、バイク人口が激減し消滅、今はコンペモデルのみ。

こんなモンテッサ4Ride のようなバイクがあれば、林道はもちろんもっと山奥まで行けるのにな~と
思う事しきり。

「じゃ買えば」と言われてもね~・・・・・1,058,400円(税込み)では、プアーな私では妄想にふけることぐらいしかできないです。

ヤマハさん、トリッカーをこんな感じで作り直してくれないかな~。

モンテッサ4Ride 諸元(とにかく軽い!)
■スペック
車両形式 MT04(4RIDE)
4ストロークSOHC水冷単気筒エンジン(HONDA製)
電子燃料噴射 PGM-FI採用
排気量 249.1 cc
ボアストローク 76.5 x 54.2mm
圧縮比 10.5:1
アイドリング 1,800回転
エンジンスターター プライマリーキック形式
エンジンオイル 0.6L (推奨SAE 10W30)
ミッションオイル 0.57L (推奨ELF HTX740 0.54L)
燃料タンク 4.4L
プラグ CR6EH-9 (NGK)
湿式多板油圧クラッチ
トランスミッション 5速
スピードレシオ 1速:2,385、2速:1,933、3速:1,500、4速:1,130、5速:0,815
二次減速比 3,167/4,100
スプロケットサイズ 前10/後41
チェーン 520
全長 2,035mm
全幅 835mm
全高 1,160mm
ホイールベース 1,333mm
シート高 885mm
地上高 330mm
キャスターアングル 24°34′
乾燥重量 82kg
重量 87kg
フロント TECH39mmカートリッジ形式
ストローク199mm
フロントホイールサイズ 21×1.60
リアホイールサイズ 18×15.2
タイヤ ダンロップトライアルタイヤ(前:D803FGP チューブ 後:D803GP チューブレス) ※ミシュランの場合もあり。
フロントディスクブレーキ 4ポットモノブロックキャリパー
フロントディスク径 185×3.5
リアディスクブレーキ 2ポットキャリパー
リアディスク径 180×3.5
チェーン 520サイズ 100リンク
ヘッドライト 12V 35W/35W
ブレーキライト LED
ウインカー 各12V 10W
Posted at 2017/02/08 00:14:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月11日 イイね!
イグニス 飛び石?の傷補修昨年の12月、停車中の我がイグニスに何かが右ドアに当たり(前ブログ見てください)塗装が1ミリと2ミリ程度剥離する傷をもらい、自分で補修することに・・・・・
補修ペイント道具はディーラでタッチペン、その他シリコンオフ・飛び石簡単補修キット(簡単ではないが)・極細筆・マスキングテープなどを揃えました。

道具は揃ったものの、「もしミスったら」が頭に浮かび、補修の必要がない塗装まで痛んだら取り返しがつかないことになりそうで、始める心構えがなかなかつかず・・・・しかしここは意を決して震える手で慎重に傷へ筆を近づけました。
タッチペンでの補修手順
①傷を洗い、水分をふき取る。
②シリコンオフで傷の脂分・ゴミを取り除きふき取る。
③傷の周囲をマスキングテープで覆う。
④タッチペンをよく振り、少量を極細筆の先端に適量(塗料が丸く筆先につかない程度)つけ、傷に軽く叩く様に塗り乾かす、その工程を数回に分けて徐々にペイントを傷に盛り上げ塗る。
⑤1週間自然乾燥をさせる。
⑥乾いたら飛び石簡単補修キット(○穴があくようになった薄いシートが付属されている)で○穴を傷に当て、ボディーに傷がつかないようシート周辺をマスキングテープで覆う。
⑦800番の耐水ペーパーを補修キット付属の固めのスポンジ?に巻き付け、ペーパーを水に濡らしながら盛り上げたペイントをゆっくり削ってゆく。(一番神経を使う難しい工程)
注意!ボディーとの段差は無くなりません。(シートの厚み分は残ります)
本来は次の工程では、マスキングテープを外し、ボディーとの段差が無くなるまで1500番~2000番の耐水ペーパーでペイントを削るのですが、素人の私には無傷の塗装まですり傷をつけてしまいそうなので、コンパウンドセット(粗目・細目・艶出し)を購入し、再度周辺をマスキングしペイントをコンパウンドで磨き、それで仕上げとしました。

出来具合はフォトではあまり鮮明ではありませんが、3メートル先から見えていた傷が補修後1メートル程度からペイント辺りを注視して分かる程度になりました。
完璧には程遠いですが、ペイントした周辺をじっくり見ないようにすれば何とか耐えられそうです。

Posted at 2017/01/11 23:41:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年12月10日 イイね!
イグニスに不幸が舞い降りたイグニスが納車され約7ケ月、安全運転は勿論、駐車する際も他の車から離れて止めたり、細心の注意を払っていたにも関わらず、想定外の出来事が・・・・

上のフォトは神戸の某デパートの駐車場入口、今日はルミナリエが開催されていることもあり、入り口も渋滞し、停車して待っていると、突然「バシ~」という音が・・・・
下りてよ~く見ると右ドア中央やや上に3ミリと1ミリの擦り傷(凹なし)が!
ドライブレコーダーで再生し見てみると、スポーツタイプの自転車が右側を通過したと同時に音がしたように思ったが、それだとミラーにも当たるし?
何かが跳ね当たったのか、結局原因は不明。

タッチペンでの補修も考えたのですが、やはり傷跡が残るのも嫌だし、その足で知り合いの板金屋さんへ行くと、「下地が出ているので再塗装、できればドア一枚塗りたい」と言われたが、何とか部分塗装でお願いし、料金は12,960円(消費税込み)とのこと。
色が変わらないよう願うばかり・・・・まあ腕の良い板金屋さんなのでお任せしました。

幾ら注意して乗っていてもこういう不可抗力な事もあるんだな~と痛感しました。


一日明けて考え直し、やはり塗装を剥離するのは忍び難く、板金屋さんへお断りしに行きました。
板金屋さん曰く、色合わせを気になさるのであれば、ススキさんの色コードで塗装する方が良い、とアドバイスを頂きました。
小さな傷なので、とりあえずはタッチペンで自力修復することにしました。
Posted at 2016/12/10 18:15:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月07日 イイね!
イグニス紀伊半島半周ツーリング観光と温泉・・・それに慣らしを終えたイグニスのインプレッションを兼ね、紀伊半島の串本(樫野崎)と白浜へ。

トルコ軍艦エルツゥールル号遭難事件犠牲者追悼碑


トルコ記念館


樫野崎灯台

冬晴れの昨日、6年ぶりに阪神高速湾岸線に乗り・・・・というのも、6年前ミニクーパーで湾岸線を走行中、飛び石でフロントガラスが割れ、それ以来怖くて走っていなかった。

○強風での高速安定性は?
この日は強風で、たぶん風速は10m以上あり、我がイグニスにとっては初の試練。
イグニスは高速走行になるにつれハンドリングが適度に重くなるセッティングですが、如何せんセンター付近の曖昧さは拭えず、風で振られ修正舵を入れると、修正位置がオーバーし、またそれを逆方向に修正する繰り返し・・・・・少々肩が凝ってしまいました。
もう少しステアリングの中立付近のしっかり感が欲しいところ。

○オートクルーズの操作性
強風の阪神高速から阪和高速道路に入り、和歌山までほぼ1車線(途中何か所が追い越し車線がある)の高速、交通量も少なかったのでオートクルーズを90㌔にセットし走行。
しかし一つ不可解な事が・・・・遅い先行車に突っかかりオートクルーズをキャンセル、再度セットしなおしてもセットしないことが?(ディスプレー上はSET状態)
もう一度マニュアルを読んで見ることにします。

○イグニスのサスペンションセッティング
阪和高速道路でうねった路面があり、そこを高速で通過した時、イグニスのサスペンションは一度の収縮で見事に揺れを止めた。
例えれば・・・・・バイクのトライアル車は高い所から飛び降りた時、リアから地面に接地しリアサスは一度でその衝撃を吸収し抑える・・・・そんなしなやかな面がイグニスにもあるんだと感心。
一方弱点は角のある段差を超えた時の安物っぽい「ドタン~」という音と衝撃。
これは要改善してもらいたい。


○一般道(比較的空いている郊外の道)
阪和高速道路を下り、海岸線沿いを走る一般道の42号線へ入り、右に見える太平洋の景色は最高!でイグニスも水を得た魚・・・・とまでは言えないにしてもタイトターンも多い道を弱アンダーで軽快に走抜けた。
振り返ってみると、購入間もない頃はサスペンションの当たりもついておらず、何かスムーズ感に欠ける感じだったが、それ+フィールグッドを前サスに取り付けたことでターンのクリッピングポイントでのアウト側タイアの粘りが格段に向上したように思われた。

○燃費
今回は一切エコ走行せず、高速350㌔一般道130㌔で平均燃費22㌔だった。


白浜千畳敷の我がイグニス

今回のツーリングでイグニスの長短所がよく分かり、今後どうセッティングしたら良いか参考になりました。

クエ鍋は美味しかった~




Posted at 2016/12/07 23:38:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年12月04日 イイね!
イグニスいいぞ!その2ユーロNCAPがスズキ『イグニス』の衝突安全テストで最高評価の5つ星を認定!

乗っていて各部軽量でひ弱そうなのに、テストではフロントガラスも損傷(前面フルフラップ・オフセット)していない!
開発に当たっては多大な制約の中で、ここまで安全性を高めたスズキ技術陣を敬服します。

Posted at 2016/12/05 00:11:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
upwestです。よろしくお願いします。 バイク歴47年・車歴44年。 バイクは主にオフロード車(CL50・HT90・XL250S・TL200R・TLM20...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ファン
3 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ イグニス スズキ イグニス
スズキ イグニスに乗っています。 基本、ノーマル状態を維持するようにしています。 ちょう ...
ホンダ モンキー ホンダ モンキー
正確には1973年式のモンキーZ50Z。 元のカラーはレッドで、当時受注生産で納車まで1 ...
ベスパ ベスパ125 ET-3 プリマベラ ベスパ ベスパ125 ET-3 プリマベラ
戴きモノのベスパです。 毎日の通勤に使用し快調です。
その他 その他 その他 その他
13年前オークションで買った1959年式の東京発動機製の2サイクル・CVT変速のモペット ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.