• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たまれぼのブログ一覧

2017年05月18日 イイね!

結局カスタマーサポートなんて…

まあこんなものだと言う事で。
要は見た目は先進技術を前面に押し出すものの根本的な部分での完成度の低い欠陥車をうっかり買ってしまった自分が悪いのだなぁ~。BHからの十数年の年月間がこのメーカーにどんな変化を与えたのか((´д`;))
以下、スバル株式会社様からのご回答。

株式会社SUBARU お客様相談部 対応責任者の大村でございます。

今回、去る4月26日にいただいたメールに対する回答が無いとのご指摘を
いただきました。
確認を致しましたところ、返信作業ミスでメールが送信されておりませんでした。
お客様には深くお詫びを申し上げます。

今回、4月26日の二度目のお問合せに対する、弊社の回答をご連絡いたします。

これまで、メーカーである弊社と、特約店の東京スバルと連携しご対応させて
いただいております本件でございますが、お車の車両データを検証した結果、
当該車両データには全く異常が無く、また同型車との比較でも差は無い事が
判明しております。
また、お問合せのRレンジでのロックアップ制御につきましては、
弊社担当部署にて確認の結果、Rレンジではロックアップ制御は行っておりません。

以上、結論を出すにあたり長い時間を要したこと、誠に申し訳ございませんでした。

本確認結果と対応経緯をご説明させていただくべく、東京スバル府中店からも、
並行してお客様にご連絡を試みておりましたが、ご連絡のタイミングが合わなかった
こと、弊社からのメールが返信されていなかったことも含めて、グループとしての
対応により、ご不快な思いをされた事につきまして、重ねてお詫びを申し上げます。

なお、誠に恐れ入りますが、弊社窓口担当者の変更や、郵送での書面回答に
つきましては、弊社といたしましても、上記の回答が最終見解でありますため、
これ以上の変更はなく、お客様のご要望にはお応え出来かねますことを、
ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

なお、弊社オフイシャルサイトからのお問合せは、全角で500文字の制限を
させていただいております事も、併せてお伝え申し上げます。

=================================
このメールは送信専用アドレスから送信しておりますので、本メールに
返信されても対応できません。お問合せの際には、改めて下記URLから
お問合せいただけますようお願い申し上げます。

    ≪オフィシャルWEBサイト FAQ/お問合せ≫
http://www.subaru.jp/faq/inquiry/
=================================
株式会社SUBARU
お客様相談部 主査
大村

結論を出すのに時間がかかったって、結局異常なし。最初から言えよ、と思うんだけど。
なんだかんだ言って全て面倒ごとは販売店に押しつけなんだな。
仕方ないのでツイーターの取付を考えましょう。
Posted at 2017/05/18 21:19:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 欠陥 | クルマ
2017年05月02日 イイね!

(無題)

やっぱ、CVT出来が悪い。
アイドリングクリープで10km/hも出てしまう。加速がもっさりしているという話を聞いたが、久々会社のキャラバンを運転し納得。アクセル踏み込み始めの微妙な反応が来ない。当然走り出してしまえば300馬力もあるのでバカみたいに走るけど。
たぶん、トルコンの容量が小さすぎるのをギリギリ埋め合わせてる感じか。(←個人の意見です。(笑))
あと3週間で1年になるけど何かがっかりな車だ…。せめて音だけでも…。
あと、販売店、カスタマーサポートのアウターの窓口はなんでああも人を見下した物言い意をするのだろう。ちょっと突っ込むと何も言えなくなる。なのに対応悪い。
なんだかな~。(愚痴愚痴…。)
Posted at 2017/05/02 18:00:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 欠陥 | クルマ
2017年04月26日 イイね!

カスタマーサーサポートからーその2

1ヶ月経ち何の音沙汰も無かったので、「おどれ如何ですか」と問い合わせしたところ、

たまれぼ様

株式会社SUBARU お客様相談部 ●●と申します。

前回、3月23日に、東京スバルを通じて弊社に確認をいただいていた、
後進時のトルクコンバーターのロックアップ制御につきまして、
4月25日現在、未だに回答が無いという事で御指摘をいただきました。

たまれぼ様には、ご心配をお掛けいたしております事をお詫び申し上げます。

本件につきましては、既に弊社から東京スバルに回答をフィードバック
いたしておりますが、東京スバル本部へ確認をいたしましたところ、
たまれぼ様へまだご連絡がなされていない可能性が有るとのことで、
いただいた御指摘を申し伝え、早急に担当店舗からたまれぼ様へご連絡を
差し上げるように、手配させていただきました。

本メールと東京スバルからのご連絡が前後している可能性もございますが、
その点をご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

=================================
このメールは送信専用アドレスから送信しておりますので、本メールに
返信されても対応できません。お問合せの際には、改めて下記URLから
お問合せいただけますようお願い申し上げます。

    ≪オフィシャルWEBサイト FAQ/お問合せ≫
http://www.subaru.jp/faq/inquiry/
=================================
株式会社SUBARU
お客様相談部
●●

という回答が来た。
目黒川から目黒駅にむかう「行人坂」をレボーグその他スバルCVT車で登った事がある方、いらっしゃるかしら。てか、登れた?
Posted at 2017/04/27 00:11:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月29日 イイね!

カスタマーサポートから

販売店から検証に来られて3週間あまり、何も音沙汰無しだったので再々再度カスタマサポートへ問い合わせ。下記の如くメール回答がありました。

たまれぼ様

富士重工業 株式会社 お客様相談部 ●●と申します。
お返事が遅くなり申し訳ございませんでした。
また、再三の御指摘を恐縮いたしております。

低速後進登坂での車庫入れにつきまして、たまれぼ様のお車に
近い性能の車両における比較確認の結果、たまれぼ様のお車と
同等の性能であり、車両本来の実力である点をご説明させて
いただいたことは、東京スバルから報告を得ておりました。

なお、トルクコンバーターのロックアップ制御につきましては、
弊社確認の上、ご回答する件を承っていたにもかかわらず、
未だに回答が無いという事で御指摘をいただきました。

お客様のお車につきましての技術的な確認事項は、特約店から、
弊社関連部門へ照会情報を上げ、その結果を弊社から特約店を
通じて回答を差し上げる手順となっておりますが、照会手続きが
滞っており、たまれぼ様にご不快な思いをお掛けしている事を
お詫び申し上げます。

承った件につきましては、迅速に然るべき手続きを進めるべく、
東京スバルおよび、弊社関連部門へご指摘を展開させていただき
ました。

大変申し訳ございませんが、ご回答まで今しばらくお時間を
いただきますようにご了承の程、お願い申し上げます。

=================================
このメールは送信専用アドレスから送信しておりますので、本メールに
返信されても対応できません。お問合せの際には、改めて下記URLから
お問合せいただけますようお願い申し上げます。

    ≪オフィシャルWEBサイト FAQ/お問合せ≫
http://www.subaru.jp/faq/inquiry/
=================================
富士重工業株式会社
お客様相談部
●●

と言うことで、レボーグはみんなバックに弱いと言うことが認められたわけと思い込みます…。ちなみに、ヒルコンはバックでは効かないので(て言うか、意味ない)、立駐での坂道バックは気を付けないと。
回答すると言っているけど、あとどれくらい待ちゃいいのやら… まあ、向こうが不利な回答してくる訳ないので期待はしていないが、大企業に一人で抗うのもなにかアニメヒーローチック(中二病的?)な自己満足なのかしら。
それとカスタマ~の入力フォームが最大500文字(改行含む)なので言いたい事全て書けないのにスバル側からはメールで書きたい放題書いてくるのはなんかアンフェアな気もする(`_´)
Posted at 2017/03/29 23:19:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月07日 イイね!

後退時の登坂能力

先日販売店の方が同型車(C型、自分のはB型)を持込み、性能比較をしましたが、結果、うちの駐車場では2500rpm以上回さないとバックで登れない事がわかりました。ちょっと変わったシチュエーションなので厳しいといえば厳しいのですが、タイミングによって急にトルコンが直結状態になり、急発進状況に陥ると言う感じです。

大型ショッピングセンターやホームセンターなどの立体駐車場のスロープをバックで登ろうとした時、約1500rpmくらいまではトルコンが滑ってしまい、動きませんが、その回転数を超えると急に駆動力がタイヤに伝わり、15km/hくらいで急発進してしまい、速度のコントロールはブレーキだけでしか行えません。(直結状態になるのでクリープでその速度になってしまう)
この様なシチュエーションに出くわす事は殆ど無いと思いますが、とりあえずご報告です。

後退時の速度リミッターが20km/h、40km/hとあるけど、実際そんな速度でバック出来ないので、5km/h、せめて10km/hが有ればと思います。また、「AT誤後進抑制制御」もよほど踏み込まない限り効果が出ません。「アドバンスド~」の「リヤビークルディテクション」もミラー内のインジケーターが昼間では全く視認出来ず警告音も直前にならないと鳴らない(だじゃれ…)ので、左折時とかの巻き込み事故防止には無力(その前にサイドミラー確認してるってーの!)です。

この車は以前に比べ、後進に関してはデメリット増えたにせよメリットは無いに等しいです。後方視界は悪いし、特に雨天時のリアウインドウへの水はねの巻き込みは閉口します。どうせトヨタと提携しているんだからバックソナーを譲ってもらえば良いのになぁ~と思います。

すみません、とんだ愚痴になってしまいました…。

ちなみに(未だ有るんかい!)、販売店さんのC型のハンドルがうちのB型に比べかなり重かったのが気になりました。個人的には重い方が好みでうちの気持ち悪いくらいにゅるにゅるの操舵感は当初から違和感を感じてたのですが、ただ、なんかきしみ音もしてたので、C型の特にSTIは某TVKの車で行こうで1等賞とっているのに大丈夫か?と思いました。

長々と最後までお読み頂いた方、有り難うございました。また、お気を悪くされたら申し訳ございませんでした。m(_ _)m
Posted at 2017/03/07 13:12:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #レヴォーグ 待ち時間で…。(DIATONE SOUNDNAVI。あまり役に立たないかも…) http://minkara.carview.co.jp/userid/2639850/car/2207907/4276869/note.aspx
何シテル?   06/01 12:44
たまれぼです。よろしくお願いします。 SNS経験不足の為、結構放置になっているかもしれません。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

お友達

1 人のお友達がいます
Lev-tazyLev-tazy

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
B型工場出荷最後の2台のうちの1台(?)
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
S-Edition 5MT STIショートシフトリンケージ付 商談時在庫最後の1台 BP ...
スバル インプレッサ スポーツワゴン WRX スバル インプレッサ スポーツワゴン WRX
夏休みにBGが大破(フロントが大幅にトーアウト、自走出来ずドナドナ…) 発売前の5型を予 ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
当時斜め後ろからのデザインに一目惚れ。速くて荷物が積めて、雪道に強いという理由でS13か ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.