車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月03日 イイね!

車もバイクも大好きだけどマンガも大好き。





相も変わらずのマンガ好きが止まらないのである。

今回は東壁面の棚、その3である。



部屋の壁4面とも同じような棚があるので、16回はブログのアップしなければご紹介出来ない。

16分の3回目の因幡屋文庫である。



しかし、悲しい事にこの因幡屋文庫シリーズ、あまり評判がよろしくは無い。
何と言うか、コメントが入らない。

イイね、は通常のブログと大差ないのだが、コメントはあんまり来ないシリーズだ。



やはり皆様、クルマ好きでアウトドアー派なのか、マンガにあまり興味が無いのか。
それとも、私の好きなマンガが趣味が悪いのか・・・。

ちょっと、悩む。

・・・、でも、悩みながらも今回も気にせず行ってみる~(笑)


その3。



上の棚から・・・、言わずと知れた富樫先生である。

レベルEに幽遊白書。
面白いです。
幽遊白書は後半が好き。

そして、HANTER×HANTER。
もう、この先どうなるのか・・・、先が見えない。
・・・、ホント、色んな意味で。

でも、傑作である。

本音を言えば富樫先生、少年誌では無く青年誌で連載して欲しい。
この方のマンガは少年誌の規制で表現を削るのが惜しいと思う。



そして、その下。
こちらも有名。
バ~キ。
グラップラー刃牙(人に貸したら紛失してしまった)からBAKIそして、範馬刃牙。
一応ここまでで軽く100巻は超える。
しかも、現在もタイトルが変わり連載中。

何が凄いって、親子の葛藤を軸に、本格的格闘技漫画?としてスタートしたのに、ラストの親子格闘対決が、みそ汁勝負で決着と言う、破天荒さ・・・(笑)
いやいや、これは笑うしかないでしょう。

・・・私は好きだが(笑)



そして、またまた、その下、ゼットマンとあずみ。
取り敢えず、これは、まっ、良いかな(笑)


更にその下。

イージスのシリーズとジーザス砂塵航路。
そして、死がふたりを分かつまで。

この2種のマンガ、共に原作者と作画者が違う。
今までにも原作者が同じで作画が別の人が同じタイトルを描く事はあった。
また、他のマンガに別のマンガのキャラクターが登場する事も珍しくも無かった。

しかし、このマンガ。

イージスとジーザスは原作 七月鏡一・作画は 藤原芳秀。
そして、死がふたは原作 たかしげ宙・作画は DOUBLE-S
と全部別々。

更にイージス・ジーザスは小学館。
死がふたはスクウェア・エニックス。
とっ、出版社まで違う。

この関連の無いタイトルがお互いのストーリーの中にお互いのキャラクターを入れ込み、一つの物語・ストーリーを両方のマンガで同時進行しながら、互いが違う目線でストーリーを進めて行く。

正直、初めて読んだ時はかなり驚いた。
神業的な手法にも見えた。

だってねぇ、せめて、原作者が一緒とか、出版社が同じで有れば問題も無いのであろうが・・・。


いや、凄いです。
ただただ、脱帽でした。


みな、全て、私が面白いと思うマンガです。

是非、ご一読を。








・・・、てっ、やっぱり、コメント来ないんかなぁ・・・。

この因幡屋文庫シリーズ・・・、続けても良いのか?



Posted at 2016/12/03 15:44:46 | コメント(5) | トラックバック(0) | マンガ | 日記
2016年12月01日 イイね!

車もバイクも大好きだけど忘年会はもっと大好き。





忘年会、大好きです。

毎年、年の終わりの風物詩。

いや~、いいよね(笑)
今年を忘れる会、と言うネーミングも素敵。

無礼講じゃ~。っと、叫ぶ、お殿様の姿が目に浮かぶ。


みんカラには何にも関係無く、お店の忘年会である。
平年は年末に行っていたのだが今年は諸般の理由により11月29日の火曜日に決定。

場所は「しゃぶしゃぶ料理発祥の店 たくみ割烹」ここ、大事です。
全国的にもメジャーな料理、しゃぶしゃぶの発祥のお店なのだ。



諸説はあるが、面倒なのでネットから拝借。

しゃぶしゃぶの起源
しゃぶしゃぶは日本料理であるが、起源については説がある。 北京の火鍋料理に「シュワンヤンロウ」という羊肉でしゃぶしゃぶする料理があり、鳥取市出身で民芸運動の指導者であった吉田璋也が、戦後 京都 十二段家で戦時中に軍医として赴任していた北京の料理を我が国に伝え、羊肉を牛肉に替え、柳宗悦や河井寛次郎等の助言を得て今日の形となったという。 ただ、中国の鍋料理である火鍋に用いられる食材は、日本のしゃぶしゃぶのように、すぐに火が通るものばかりではなく、しばらく煮込む必要がある食材も多い。 なお、吉田璋也によるしゃぶしゃぶの原型「牛肉のすすぎ鍋」は、鳥取市のたくみ割烹で供されている。

しゃぶしゃぶの名称
「しゃぶしゃぶ」の名称は、1952年(昭和27年)に大阪のスエヒロが、自店の料理として出すときに命名したもので、これが始まりとされている。1955年(昭和30年)に商標登録されているが、スエヒロが商標登録したのは「しゃぶしゃぶ」ではなく、「肉のしゃぶしゃぶ」で、「しゃぶしゃぶ」という言葉を、どの店でも使えるようにとの当時の社長の配慮だという。 しゃぶしゃぶ専用の調理鍋の中央にある柱状の突起は、開発当時そこに炭を入れ鍋を加熱したという技術の名残である。


まぁ、要するに料理方法のレシピはたくみ割烹。
料理の名前を付けたのがスエヒロ。
と言う感じである。

私は旨ければ何でも良いのだが(笑)


そして、問題のお料理。



もちろん、しゃぶしゃぶは食べる。
・・・、いゃ、この店では「すすぎ鍋」と言うのだが。

更に本日は、すき焼きも追加。

しゃぶしゃぶとすき焼きの和牛三昧。

よく考えてみたら、本日11月29日。
1129=イイニク=「いい肉」の日らしい(笑)

いい肉の日に肉を食べる・・・。
素敵。

・・・でっ、ここから先は画像も無ければ特に事件も起きない。

何故か? 私は料理の写真は撮れないのだ。

みんカラの皆様のブログに上がったお料理写真を見ているといつも羨ましく思う。

・・・、何故か、そう、私は料理が来ると写真を撮るのをホントに忘れてしまうのだ(笑)
とにかく、スグに箸を付けてしまう。
写真の事など忘れて食べてしまう(笑)

食い意地が張っている、と言うのか、意地汚いのか、早く食べたくて仕方がない。
ブログの写真の事など忘却の彼方だ。

と言う訳で、とにかく、たらふく食べて飲んだ。

そして、いつものバーに寄って、更に飲む。

途中、お店に関する重大発表を行い、スタッフの皆様に多大なるショックを与えたのだが、そのお話は、また後日。


まぁ、楽しい忘年会でした。


後は、みんカラで知り合った方々や、友人たちとの忘年会。




・・・12月って、楽しい(笑)

Posted at 2016/12/01 08:30:56 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2016年11月29日 イイね!

車もバイクも大好きだけどお酒も大好き。







何やかやと忙しく、先日来、手付かずとなっておりました酒樽。

ようやく、中身のワインを取り出しまして、いよいよウイスキーの樽詰め開始。



抜き取ったワインは適当に雑多な瓶やらペットボトルへ。
料理用として使用する。

まずは、樽の中を軽く水洗い。

そして、暫しの乾燥。

・・・、でっ、肝心のウイスキーなのですが・・・。




・・・、誠に遺憾ながら、路線変更。



当初はフィンラガン2種を樽詰め予定でしたが、現在のトコロ、用意できたのが10本。



700ml×10本ですので、7ℓ分です。
樽が15ℓ。

ちょっと、少なすぎる。

せめて、12ℓくらいは入れたい。
これは、樽詰めする際、樽の8割くらいの分量を入れないと空気と接する面積が増え、余り良くない事が起こるらしいから。

大枚はたいて良くない事が起こるなど、言語道断である。



そこで、フィンラガンの追加注文を入れたのだが・・・。

・・・現在、欠品中との事。





あらあら、どうしましょう。




仕方ないので、今回は安っいウイスキーでも入れたるかと。



・・・でっ、選んだのがこちら。

ニッカウイスキーのブラッククリア。
4ℓのペットボトル入り。



見た目からして、いかにも安っい。

値段も手ごろ、アル中の方の懐にも優しい。


でも、コレ、ハイボールとかにして、レモンをタップリ絞ると割と飲める。
何と言うか、ホントに癖の無い味。
もはや、甲類焼酎と遜色なし(笑)

クリアの二つ名は伊達では無い。
喉越しも軽やか、雑味も少ない。

アルコールの味(笑)

ホントにアルコールの味しかしない、琥珀色は当然、着色と思われる(笑)


こんなお酒だからこそ樽詰めの変化による違いを感じやすいのかも知れない。


そして、もう一種類。

富士山麓 樽熟原酒 50度。



10本。
中々にして壮観な景色である。
このクラスの価格帯の商品では好きなウイスキーだ。


7ℓ分、そして、アルコール度数50度。

少しでもアルコール度数を上げる為の苦肉の策で御座います。



癖の無いウイスキーと、逆に値段が安い割には一癖あるウイスキー。

これを、7ℓと8ℓづつ、合わせて15ℓ、樽詰めしてみる。



しかも、ワインカスクフィニッシュって、ヤツですよ(笑)


取り敢えずは1ヵ月後、味見、試飲会。

毎月、一か月毎に試飲をしてみたい。

試飲会にご興味のある方はコメント下さい。


ちなみに、気温の高くなる夏場は味の変化が激しいらしい。





いや、なんか、スッゴイ楽しみなんですけど・・・(笑)


Posted at 2016/11/29 08:14:52 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月27日 イイね!

車もバイクも大好きだけど私は変態では無い。








・・・そう、全くもって、私は変態では無い。





以前のブログで何度か私の奇行について上げた事がある。
その都度、変態の濡れ衣を着せられる。


全くもって冤罪である、許しがたい。

ケシカラン話である。






確かに、人と較べ多少変わっているのは自覚はしている。



捕まったり、叱られたりしなければ、フルチンで外を出歩くことに抵抗は無い。
それどころか、開放感とか爽快感は感じるので嫌では無い。

35歳の頃、夜中、山の中の道路を2キロ程マッパで歩いた事もある。
ひじょうに快適であった。


しかし、これは露出狂とか露出プレイ、はたまた、野外プレイなどでは無い。

そう言うコトは本物の「変態」の人達がする事だ。



・・・何故なら、私はそんな事で性的興奮をしないのだ。





・・・単純に楽しいと思うから色々とヤラかす。






う~ん・・・。

何と、説明すればご理解頂けるのか・・・。




例えば、私はTバックのパンツが好きだ。


いやいや、ホントに大好きだ。


たぶん、車もバイクも大好きだけどTバックの方が大好き。

・・・、っと、言えるくらいTバック好きである。




しかし、私が好きなのは「Tバックを履いたお尻」なのだ。



      残念ながら画像は無い。




本来ならここでお尻の画像をアゲたいのだが・・・。


そんな事をすれば謎の秘密結社にブログごと消されてしまう。

謎の秘密結社は恐ろしいのだ。
何と言っても、皆様に戴いたコメントまで消されてしまうのだから。



私のみん友、Cooたろうさんは、この恐ろしい謎の秘密結社と日夜戦い続けている様だが、ヘタレな私にはそんな度胸は無い(笑)





・・・っと、またまた、話が横道に入ってしまった。





もう一度言わせて戴く。


私の好きなのはTバックその物では無く「Tバックを履いたお尻」なのだ。




とうぜんに、パンツの生地には何の興味も無ければ興奮もしない。


パンツ泥棒の気持ちが理解できない。


この様な布切れに対して性的興奮を覚えるのが変態なのだ。






たまにニュースで見かける「小学校に忍び込み生徒の上履きや運動靴を盗む」などの行為はホントに理解不能だ。

何で、子供の履いた臭い靴で性的興奮を覚えるのか?

こう云う方こそ本物の「変態」だと思う。




私なんかはホント、変態の資格など無きに等しい。

私を変態呼ばわりする事は、本物の変態さんに対して失礼と言うものだろう。






・・・、とっ、言う事で過去に私を変態呼ばわりした諸君、反省したまえ。


「本物の変態さん、ゴメンなさい。」と。




そして、私に対する疑惑は冤罪であると、声を大にして訴えるのだ。

Posted at 2016/11/27 08:04:47 | コメント(7) | トラックバック(1) | 日常 | 日記
2016年11月25日 イイね!

車もバイクも大好きだけど、やっぱ、走らないと。











先回、「休~憩」なんて、ブログアツプしたばかりなのに・・・。

たいして、休憩してねえぞっ、と。





今から3日前の話。



11月22日 火曜日 晴れ

お店の定休日でもある、火曜日。




降水確率90%らしい。
らしいと言うのはネットの天気予報。

しかし、午前中は一切降る気配無し。

外気温度も20度と暖かい。

午後から降水確率50%そして夕方から90%。

・・・、でも、良い天気(笑)
なぁ~んか一向に降る気配無し。





これは、走らなければ・・・。
これからの季節、少しでも隙を見て走らないと・・・、毎月の保険料が勿体ない(笑)


( ̄∇ ̄;)ハッハッハ・・・、セコイ?





っと言う訳で、一人ドライブ。

今流行りのお一人様である。



実際の運転席からの目線。
取って付けたフロントウインドウ代わりの風除けのアクリル板。
視界を遮り、割と邪魔。







・・・でもね、何だかんだ言っても、雨は怖い。


本日のコースは賀露事務所からバイパス、湖山池半周、鹿野温泉からの、大好きな広域農道で青谷の魚見台へと抜けるコース。
またしても、鳥取の民以外は不明なコースだ(笑)

だいたい、1時間弱のルートコースなので急に降っても何とかなるかと・・・。





数年前にバイクで何度か走っていたが、気持ちの良いコース。
ロータスで走るのは初。





田舎の良いトコロ。
路面の舗装は下手くそだが、交通量ほぼ0の農道が至る所に張り巡らされている。


・・・でっ、まぁ、結果、ずっと晴天。


更に他の車両に出会わず、農道独り占め。




・・・、無茶苦茶気持ち良かった。



帰り道、魚見台からの眺め。



水平線を遙かに望む。
寒くも無く、絶好のオープンカー日和である(笑)






・・・、しかし。



車両代金+ガソリン代+保険代+車検+税金から-10年後の下取り価格。
修理代金は予想できないので加味しない。

これを、10年間乗るとして大体の予想走行距離で割る。

ちなみに前に乗ってたヨーロッパSは、年間1000キロも走っていない(笑)





何となくだけど、私の場合、1km走るのにおよそ600円近くの経費が掛かる。

本日は40キロ程の距離を走ったので・・・。

24.000円。

60分間のドライブによる快楽の代金である。


60分のプレイ代金、24.000円
指名は一度キリ、チェンジは不可。


・・・、ホテル代込みのデリヘルとほぼ同額。
更に言えば、中級クラスのソープ並。
もう少し言えば中級マッサージ店の120分フルコースと同額。
高級フレンチのコース料理も食べれる。

あ~、三朝温泉で蟹のフルコースで一泊出来るし、ちょっとしたシティホテルで宿泊も可。






・・・う~ん。

どれも、気持ち良い事に違いは無い。

違いは密室で行われるか、野外で行うか、くらい?




何か、冷静に考えるとスポーツカーって、凄い無駄遣いかも・・・。
Posted at 2016/11/25 08:24:31 | コメント(11) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「因幡屋文庫 東壁 その3 http://cvw.jp/b/2644038/38947697/
何シテル?   12/03 15:44
鳥取市内在住。 テナント業と建築業のかたわらカレー屋しています。 基本ポジティブ。 知らない人と話するの大好き。 もちろん、話、聞くのも大好き。...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ネットの中だけでなくリアルに集まって、走って、駄弁って、食べて、飲んで、遊べる大人な友達大募集中。

出来れば半径50キロ以内だと遊びに行けて嬉しいです。
68 人のお友達がいます
ロッソくんのおやじロッソくんのおやじ * ☆U☆U *
batsubatsu * グランツ@兵庫グランツ@兵庫 *
元峠師元峠師 * take-ctake-c *
ファン
18 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ マークXジオ トヨタ マークXジオ
現場車に使用中。 コンパネも積むし、コンプレッサーも積む。 もちろん釘、金物も積んじゃ ...
ロータス 2_ELEVEN ロータス 2_ELEVEN
ゴレンジャーカラーのロータスに乗っています(笑) サーキットは怖いのでコンビニにタバコ ...
KTM 200 DUKE KTM 200 DUKE
KTMデューク200に乗っています。 いや、殆んど乗っていないので、所有しています程度 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
3年程前にメインで乗っていた。 今は雪の日用に所有。 普段は高齢の父親が買い物等に使用。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.