車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月08日 イイね!
大学時代、競技スキーに興味を持ちつつも基礎スキーに明け暮れていました。

社会人になり、会社のスキー部に入り初めて大回転の大会に出た時に、大学から競技をやってタイムを削ることだけを考えてきた奴らとの差を痛感して以来、その差を埋めようとするも、なかなか差は埋まらず。

ただ、性懲りもなく歳を取っても続けていると、体力的には低下しても技術と理論は少しずつ身に付いて、だんだんと強者たちとのタイム差が縮まってくるのを実感しています。

一度26歳の頃に迎えたピークを超えられるかも知れないと自分の可能性を信じてます。

もちろん絶対的なレベルではないかも知れません。年齢を重ねた相対的な中での話だとは思います。

怪我をしてはもともこもないのですが、守りの滑りだけでは上達は止まります。ポールをうまくくぐり抜けてゴールできたなって時は大抵タイム出てません。練習では玉砕覚悟の突っ込みをして次のポールまで苦しいくらいでリカバリーしつつ、でも無理~ってわかってから、つぎはこのラインで入って繋げての繰り返し。

コースのポールセッターは必ず罠を仕掛けてくる。そこをどうこなすかで大きくタイム差が出るような所に罠を。

例えば急斜面から緩斜面に変化するバーンがあったとする。
急斜面では速度が出るようにポールの振り幅を狭くして、緩斜面に入る部分に例えば一本だけ大きく右にポールを振ってコースセットする。

そこで減速させてその先の緩斜面の速度を奪おうとするのだ。
このあたりはジムカーナでも同じような要素があるかも知れない。

スキーの大会はインスペクションという下見をしてから本番一発勝負だが、インスペ後に一流選手だと目を閉じて本番と同じタイムでライン取りをシミュレーションできるらしい。僕らは40秒のセットを目を閉じてシミュレーションすると、ひとつのターンに三秒くらいかけて滑ってる。

ワールドカップに出ていた海和選手の講演を聞いたことがあるのだが、ストップウォッチで想定タイムでシミュレーションできるまでなんどもイメトレするそうだ。

ポールセッターの罠に対し、インスペクション時にどんなスピードでどんな角度でポールの脇を通り抜けるのか頭の中で予測する能力が、学生時代に競技スキーをやってた奴らと圧倒的に違う。

もちろんたまにはピタリとはまることもある。でもその確率が違うのだ。

同じコースを何度も滑る練習会では似たようなタイムが出せても、一発勝負ではなかなか勝てない。しかも試合では2本合計タイムでの勝負である。
大会では出走順により、バーンコンディションが大きく変わることがある。大雪の日はある程度表面の雪がなくなり掘れて硬い部分が出てきた方がタイムが出ることがあるのだが、普通は早いスタート順の方が有利である。

かつ、一本目のタイムにより2本目の出走順が決まる。
フィリップ15というルールでやっている。
ワールドカップもそうなのだが、一本目で15位までに入ると、2本目は15位からスタートし、14位、13位の出走順となる。16位だと1位まで滑って、ほぼ優勝者が決まったあとの、16番目の出走になってしまう。

15位に入れば、早く出走し、滑る時点では暫定トップになる可能性が高く、続く人のタイムを見ながら何人まくったとか一喜一憂できるわけです。

つまり、フィリップ15に入ることが一つの目標なのだ。

チームのエース級なら一本目の出走シード順もよいのだが、我がチームには俺より速い奴が6人もいる。そうなると、一本目はだいたい70番目の出走になる。そこから上位15人に入るのはとても大変なのだ。

前回の大会では、バチっと滑りがはまり、一本目7位に食い込んだ。
奇跡だ!チーム内でも4位だ!
我がチームはベストテンに6人送り込んだ。

2本目は八番出走なのだが、奇跡は二度は続かないのである。
玉砕して順位を落としてしまった。

でもチーム内外にポテンシャルは証明できた。知らない人はすごい奴と勘違いしてくれてるかも知れない。たまたまミスったんだろうと。

まぐれの確率をあげるには、繰り返し練習して経験値をあげるしかない。もうすぐ冬だ。冬の為のライン取りの練習と思ってサーキットに通っている。

クルマにはアクセルがあるが、スキーでは重力を味方にするしか加速する術はない。そして、無駄な減速をしない。ポールに対し上からライン取りをとる。遅れないようにする。

サーキットでもコーナーからコーナーへの繋ぎは重要だと思いますがスキーにも似たような要素があります。


あれあれ?
サーキットのこと書くつもりがスキーばっかりに(汗)

サーキット遊びはまだ一年半。
まだまだ素人同然。伸びしろたくさんある(といいなぁ)。
タイムアタックの精度は低いし、再現性も低い。
でも目一杯攻めて限界を感じつつ、探りつつ、
ひとつひとつのコーナーを作業のようにこなせるようになれば、
きっとタイムは出るようになるはず。

185Cupのレギュレーションはほんとにありがたい。
エンジンにお金をかけず、比較的安いタイヤでのイコールコンディションの中での自分の上達を感じられる。

185マイスターと呼ばれる人達が見る世界、感覚、話はまだよく理解出来ないけど、いつかそのレベルの話がわかるようになるまで、末長くロードスターに乗り続けていきたいと思います。その頃にはクルマもバージョンアップしてるのかな~


Posted at 2016/11/08 23:19:11 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年11月08日 イイね!
ベトナム出張への機中です。
君の名は。
の映画を見終わったので遅ればせながらアップします。

前回のベトナム行く前ちょっと寄り道した間瀬サーキット。
家族には二日早くベトナム行ってることにして。

雨なんか降るはずないと言われてる運動会。185specialに71Rを投入してベスト更新を目指す。
間瀬は春までの半年で16秒、15、14、13秒と徐々にタイムアップしてきた大好きなコース。ほかにおわらしか知らないけど。

初走行から1年となる今回の目標は夢の12秒台。

しかぁし、天気予報は雨。
それでもタイヤホイール交換し、向かう道中、軽量ホイールと新品タイヤの乗り心地に感動。

小雨が降ったり止んだりの間瀬で、一縷の望みにかけるも本降りに。

雨のサーキット走行経験なんてないに等しく、でもエキパのみなさんの走りを間近で見たくてテールライトを追いかける。

雨のど素人は、テールライトしか見えなくて路面に流れる川なんか気づいてない。
かまわずメインストレートをアクセル全開。と、その時テールがスライドしてタコ踊り状態に。
ドリフトテクなどない俺には祈るしかなく、右、左、右とステアリング切るも時計回りにハーフスピンに。

ゆっくりとした速度でストレート右側のガードレールが迫る。

あと20センチもなかっただろうか。助手席側のボディーに並行に迫ったところでクルマは止まりました。

カメハメ波

助手席側に向かって取ったポーズ、迫りくるガードレールに向かって、
(来ないでくれ~!)
と、唱えてました。

人間無意識に手を出してしまうんだと思いました。窓ガラスは締めるべき。ぶつかる時は四点シートベルトをぎゅっと掴んで手や腕を守れというのはこういうことかと思った瞬間でした。

奇跡的に無傷ですんだロードスターに、落ち着けと言われたような気がして、それからはクレバーな走りを心がけました。

路面状態をよくみて、アクセルを抜いたり、グリップするとこを探したり、フロントに荷重かけて車の向きを早めに変えてアクセル早めに踏めるか試したり。

結果、雨だったけどいい練習になりました。kazuさま、トリ様、tさま、タヌさま、ナカさま、夜の反省会でもありがとうございました。

ソックスと最終コーナーの走り方、26日のリベンジ会で試してみます!

ステージさん太っ腹企画、あざ~す!
Posted at 2016/11/08 23:18:48 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年11月08日 イイね!
本庄ではスナフキンさん、くまモンさん、黒之介さん、ほかにも間瀬運動会でみかける方々も参戦してました。

サーキット走り始めて1年半、おわらと間瀬しか走行経験のない自分が初めてのサーキットでどの程度走れるのか、動画で予習してもどのみち分からないんで、ぶっつけ本番で行きました。

目標タイムは、くまモンベストの47秒6。
間瀬秋の運動会で投入した71Rは雨で熱も入れられないまま。ドライ初走行。

走行1回目、超びびりながらの周回。GPS Lapsアプリのタイムは48秒台後半。慣れてきたころにちょっと頑張って47秒7。185族で真ん中くらい。インスペクションは完了(スキーのレースの下見の言い方です)

スナフキンさんからは、
『AMAさんなら46秒いけんじゃないの?』
と、軽くプレッシャーかけられ。

とりあえず目標のくまモンはロックオン!
くまモンは余裕の後半半日走行とか。

2回目10時枠で47秒2が出て11時から参戦のくまモン撃墜準備完了。

185族4位に付けるも表彰圏内まで0.6秒と絶望的。

三位には黒ノ介さんが入っていてセクター3だけで0.6秒離されてる。セクター3はなんだかかなり遅いぞと、コツを教授いただきにご挨拶、後ろから観察させてもらうことに。
 
そして、くまモンを迎え撃つ11時枠。
黒ノ介さんを追うも47秒4止まり。
午前ベストタイム争いは五位。

くまモンは、なんだか言い訳しててタイムは気にならぬタイムで。。。視界から消えました

なんて言ってたら午後に追い回されるはめに。。。


本庄名物?のカレーを頂き、くまモン曰く、
『グッドイヤーと71Rではタイム違いますからね〜』
と言われ、ならばとZ2☆に交換。

13時枠走行開始。
後ろを見ると見慣れない白ストライプが迫ってくる!
そう、実際にあいまみえるのは初めてか!!

セクター1.2で引き離すもセクター3で追いつかれる。悪夢か。。。。
聞けば彼の車はエアコンなし快適装備なし、軽量フライホイールも投入、幸いなのは運転席の重りぐらいか。
いかん、これではNB8のエンジンパワーに任せて直線番長なだけではないか!!

そんな確信を目の奥に光らせたくまモンが、ピットに降り立ち、後光が射してるように見えたのは気のせいではなかった。

彼は、ありがと〜ございました〜、47秒1頂きました〜!!と、のたまうではないか。

リザルト見るとこちらは47秒4
完敗だ。今夜乾杯するくまモンの姿が目に浮かぶ。どうやらスナフキンさんも撃墜したらしい。nori6さんも。
もう本当に機嫌がよさそうだ。

71Rを再度投入すべきか?いや、これはロド天や間瀬リベンジのために温存と決めたはず。

次も引っ張ってあげるから46秒台連れてったげるよと、根拠のない強がりを言いつつも、おわらサーキットでの朝一の5周にかけるスイッチオンモードに自分を叩き込んでいく。

14時枠。最後の走行だ。
空気圧を2.4キロにして(実はZ2ではあまり走ってないのでデータなし)最後にかける。

くまモンは、俺が前にいると邪魔でタイム出せないとでも言わんばかりに離れてスタート。

アプリ上のタイムは47秒前半が続く。
相変わらず最終コーナーの走り方がわからない。そんな中、アプリ上では46秒7が出ている。
いやいや、何度この表示にヌカ喜びさせられたことか。

結果は珍しくアプリと公式タイムがピタリ。
なんとか46秒台が出ました。

くまモンに撃墜されかかりましたがなんとかリベンジできました。
しかし、セクター3は相変わらず遅い。これは完全にテク不足を露呈している証。

締めレースでは最初のヘアピンで先行車を捉えるもシフトダウンし忘れて三速のまま立ち上がるという痛恨のミス。結局いいとこないままおわりました。

結局セクション3は黒ノ介さんから0.4秒遅いまま。課題を残したまま本庄デビューを終えました。185トップの方はさすがの45秒台。日光41秒台とはそこまで遠い存在なのかと実感。

それよりも、71RよりZ2の方がタイム出るとは、お前には71Rはまだ早いと、71Rに言われてる気がしました。そもそも、タイヤを使いこなす云々のレベルに到底達していないってこと。

う〜〜〜ん。



そして、11/7を控えた日曜日。
家のパソコンで、始発の時間を調べて画面を放置。さり気なく始発新幹線に乗るアピールをしつつ。
7日朝早く家を出て日光へむかう。
そう、我が家においては仕事大変なパパを演じなくてはならないのだ。

初日光とはいえ、ロド天を控えた練習会の様相を呈したジョイファーストさん呼びかけのニッコーへイッコー。2515である。

目標タイムはスポーツ走行枠のクラス分けタイム目安の43秒5。
これを切れなければロド天エントリークラスにしてもらうつもり。
講習を受けてライセンス発行してもらってから10時半枠に参戦。
タイヤはZ2☆。

誰がが三速全開コーナーがあるとか聞いていたけど、とてもじゃないけどムリムリ〜。

走行中にシートに違和感感じつつ走行。途中からシートとサイドブラケットの固定ボルト外れそうになるという整備不良状態に。
手探り走行どころの話でなくなり、離脱。
タイムも45秒後半。

運転席シートを外し、若干寝過ぎだった背もたれ角度も変更して4点シートベルトも取付しなおして二度目の走行へ。

タイムは44秒5と1秒以上更新。
進化スピードだけは今日イチかも(笑)

13時枠。

コースにも慣れてきて、ジョイのトシさんにアドバイスを求めて、早速実行してみる。

最終コーナーの黄色いだんだん?とゼブラの間のタイヤ1本分のコンクリートの部分に前輪を入れるとアクセルをあそこで開けられる!

なるほど〜、みんなそうやってたのね〜、早く教えてよ〜!

なんて出来るはずもなく。
でも最終コーナーへのアプローチの仕方はわかったぞ!
あと、1から4コーナーへの心構えも教えていただき実践。2.5でアクセルオンできるような走り方を試みる。

できない、できた、ちがうな〜、お、これはいいかも、あれ?
の繰り返しで結果43秒3。まだ進化してるぞオレ(笑) 単なる慣れってだけかもですが。

43秒3,
t崎さんに報告すると、
『Fクラス来れるじゃないすか!絶対そっちの方が楽に走れますよ』と。

そうだ、目標達成だ!
そうか、FクラスSクラスってのはFast Slowの略なのかなと思いつつ、13時半の走行枠に連続出走。t崎さんのラインを盜もうと追いかけるも敢え無くちぎられる。。。。
でも43秒1までは来た。

締めは71Rに、昨日発掘してきた25ミリと30ミリのスペーサーを入れてみたくなる。
t崎さんにお手伝いいただき、185スペシャルとスペーサーで武装。

あきらかに爪折したフェンダーに当たる。
リム位置でフロント7.5Jゼロ相当、リヤ8Jゼロ相当。
でもホイールは7Jなのでタイヤの引張具合が違うのでやっぱりショルダー部が当たる。フロントはハンドル切ると後ろ側インナーに当たる。

街乗りでは多少の干渉許容できてもサーキットでは危険なので、元に戻しました。

すこ〜しフェンダー広げれば行けそうなので妄想は膨らむ。しかし現実的には20ミリと25ミリがいいとこか。

最後の走行は、作業疲れか集中力続かずタイムは伸びず。

こうして日光デビューは幕を閉じた。

ロド天に向けて視察に来て良かった。
睡眠不足で仮眠しながら帰宅途中、何時ころ家に着くかの連絡は難しい。秘密の駐車場の近くで娘がカラオケしてるらしい。

見つからないようにしなければ。

そうして、駐車場でスーツに着替え、疲れた顔で帰宅するのであった。
履いてたズボンはこっそりとベトナム行きのスーツケースに入れ、出張の準備をして眠りについたのであった。

ひとつの疑問が解決していない。
果たして71Rでタイム出せるのか?

そして日光経験値が上がればタイムはどこまで伸ばせるのか。

関東は楽しい。
まだ筑波や茂原、あとどこかな?FSW?ほかにも?

タイム伸び悩みに直面するまでは、この仕様のまま行こう。まだ伸びしろはあるはず。きっと。

サーキットシーズンが終わるとスキーシーズンが始まる。
そっちもこの1年間カバンを逆に持って、左肩にかけて、ストレッチをして、身体の歪みを矯正したつもり。車のアライメントをブーツ調整やエッヂ調整とすれば、車のボディ軸歪み矯正のようなものか。
きっと左ターンから右ターンへの切替時の右膝の返しがうまく決まるようになったはず。
3月のレースでライバル達をアッと言わせたい。

冬と夏の楽しみが別々にあるなんて幸せなこと。スキーとボードは両立できないけど、サーキットなら可能。

あとはいくばくかのお金と、家族の理解があれば。早く子供の受験が終わらないかな〜







Posted at 2016/11/08 23:17:48 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年11月08日 イイね!



これは横浜みなとみらいのカート場。
ワールドポーターズってショッピングモールの屋上に期間限定で開催されてるそうで。

年末までやってるそうです。
一周13秒フラットが最速タイムだそうで、ベトナム帰国後に挑戦予定。

ちなみに雨の日に走ったら17秒台でした。
カートはおわらの耐久以来。

スタッフ曰く雨の走りを見た感じだと、ドライでもいいタイム出そうですよ!との営業トークに気をよくして。

貸切は1時間2万だそうです。

だれか一緒に行きませんか?
Posted at 2016/11/08 17:14:31 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年11月08日 イイね!


某ザク乗りな方のツブヤキで、11/5のロドだらの存在に気付き、即参戦表明して本庄サーキットデビューを果たしてきました。

家族にはカートに行くことにしたので、ヘルメットのインナーの洗濯も堂々と出来るようにして。



ロードスターが写らないタイミングを探してパチリ。完璧!!(浮気を疑われているかも〜)

そして、11/6のTC1000も気になりつつ、そこは家の仕事をこなし(トランクルームの片付けで、ロードスター用のタイヤホイール8本の隠し場所に悩み中)、11/7は日光サーキットデビューを果たしてきました。

さ〜、だらだらとした備忘録なんで先に結果を。

本庄内回り 46秒724
日光  43秒13?

びびりながらの初走行の割にはまあよかったかな。日光42秒に入れときたかったけど、本番はロド天なんでその時に再挑戦します。

両サーキットで絡んでくれた方々、主催者の方々、アドバイスや手を貸してくれた方々に感謝です。




リヤに30ミリスペーサーは無理だったの図。
ゆっくりは走れるけどヤバすぎ。tさまに手伝って頂きました。


いまからベトナムへ離陸なんで、とりあえず一旦投稿してみよっと。
Posted at 2016/11/08 17:01:16 | コメント(1) | トラックバック(0)
プロフィール
「さて、本庄、日光のあとはベトナムへ。」
何シテル?   11/08 13:23
E38に乗り続けようと思っていました 乗り換えるならクアトロポルテか、S8と思ってましたが、トランスポーターの映画の影響もありS8にしました。 新車時オプショ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
掲示板
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
今後の予定 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/25 23:43:43
NDロードスター走行会仕様に変身中 シートベルト編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/08 01:13:41
MUGEN / 無限 ツインループマフラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/09 18:13:19
お友達
S8好きな方、気軽に声かけて下さい。
76 人のお友達がいます
KEN(INFECT)KEN(INFECT) カペタ.カペタ.
t崎t崎 アンピンアンピン
CARYCARY masaminkaramasaminkara
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
アウディ S8 アウディ S8
映画トランスポーターに影響されたのか、BMW E38からAUDI S8(映画ではA8 ...
マツダ ロードスター ロド2世 (マツダ ロードスター)
NB6に乗って一年弱、NB8に乗り換えました。 NB6は友人の元へと引き継ぎました。 ...
BMW 7シリーズ BMW 7シリーズ
E38に乗り続けたいと思っています。誰もやらなそうな事をこっそりやるのが好きです。よろし ...
BMW 5シリーズ ツーリング BMW 5シリーズ ツーリング
荷物たっぷり積めます 実用的です 実は代車でした。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.