• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Five00の愛車 [フィアット フィアット500 (ハッチバック)]

カロッツェリアTS-V173S と 鋳造バッフルプレートUD-K611取付【その3】

カテゴリ : オーディオビジュアル > カーオーディオ、ビジュアル > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間12時間以上
作業日 : 2017年07月10日
1
だいぶブランクが空いてしまったが、【その2】からの続き。

スピーカーの構成は、純正ヘッドユニットをそのまま使って、フロント「バイアンプ」にすることにした。

つまり、FIAT純正の4chの出力を、
フロントに全部回して、1つのスピーカーを1つのアンプで駆動するシステムに組みなおす。(ツイーター、ウーファーをそれぞれ一つのアンプで鳴らす)

純正品には特に音場を補正するDSPなどが付いているわけではなく、単純に2chを二つ出しているだけのようなのでこれでもOK。

必然的に純正のリヤスピーカーとの接続は解除になる。後ろから音が聞こえないのはさみしいと感じる場合もあるかも知れないが、セダンやミニバンなどと違い、チンクのようなコンパクトカーなら車内空間が小さいので問題ないだろうし、今回は音質向上に賭けてみたいと思ったのだった。

ツイーターとウーファーのバランス調整には、通常は前後バランスを調整する「FADER」を使えばよい。

ここで、ヘッドユニットの上面にある接続図をみて、左から順番に

LR(左リヤ)→左ツイーター
LF(左フロント)→左ウーファー

RF(右フロント)→右ウーファー
RR(右リヤ)→右ツイーター

となるように結線する。

以上を踏まえて…



2
スピーカー(TS-V173S)に付属のパッシブクロスオーバーネットワークの筐体を4つ並べ、余っていたガンメタの塗料で塗装したベニヤ板にタイラップで固定した。

設置場所は運転席の下に決めた。

予め測っておいた長さにカットしたスピーカーケーブルにギボシ類を取り付けて結線しておく。

ケーブルは、エーモンの0.75sq。(MAX 7A。十分でしょう…)

ケーブル長は

1)純正ヘッドユニットから:2.5m

少し余るが近日中に、運転席下にパワーアンプを増設する予定のため、これでOK。ヘッドユニット裏から、下に伸ばし、センターコンソールの中を経由して、運転席の左後ろのシートレール固定ボルト付近から出てくるようにした。
布製の保護テープで巻いておいた。

2)Lスピーカー:4m

カーペットに穴を開けて、センターコンソールの後ろを迂回して、助手席下経由、Bピラー付近に回し、左サイドシルに沿うルート。ちょっと余る。

3)Rスピーカー:2m

パッシブネットワークの脇のフロアカーペット地に穴を開け、その中にケーブルを通して、サイドシルカバー内を経由、アクセルペダル横の穴からドア内へ。
3
こんなイメージ。フロアカーペットには、大判のベルクロで仮固定。
十分に安定している。

配線には間違えないようにあらかじめマジックとテプラでマークをしておいた。

一旦配線してから間違ってる事に気づいたら最悪なので 

(∪ ̄ω ̄)y-゚゚゚
4
センターコンソールの内部では、サイドブレーキの可動部と接触、摩耗しないように、保護チューブを巻いた上で、サイドブレーキのワイヤにタイラップで固定した。サイドブレーキの操作に伴って動くが、これなら摩耗やショートは心配ないと思う。
5
U字型の専用特殊工具(ネット等で市販されている)を使いヘッドユニットを取り出して、

http://minkara.carview.co.jp/userid/2649750/car/2218656/4054474/note.aspx


裏側のコネクタから出ているスピーカーケーブルを出来るだけ長めにカット、ギボシを取り付ける。

上記の接続図をよく見て間違わないように慎重に行った。

純正のスピーカーケーブルは、ハーネスの布製保護テープが頑強すぎて剥くのにとても手こずった。

カッターの刃も、優しく当てた位では切れないし、(強く当てると勢い余ってコード損傷の恐れあり)、ツメで剥がすのもとても根気が必要だった。残った「糊」もブレーキクリーナーを使ってもほとんど落ちなかった。

なんなんだこれは〜
(;´Д`)…
6
純正のケーブルコネクターは、スピーカー以外の信号線類も接続された一体式になっているので、車から取り出して作業台の上などでギボシ加工などをすることができない。

そこで、作業のしにくい場所のため、加工の失敗に備えてなるべく長めにカットしなければならないが、ケーブルストリッパーを使えば、ほとんど失敗することなく剥き加工が出来る。

どうしてもやや長めに剥けてしまうのが残念だが、一旦、10mmなら10mmでキレイに揃えて剥いておいてあとからニッパーで5mmくらいに切り揃えればいいわけだ。

7
ヘッドユニット裏は、このようにして接続完了。

(つづく)

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

ドア内カタカタ音対策【その5】

難易度:

カロッツェリアTS-V173S と 鋳造バッフルプレートUD-K611取付【そ ...

難易度:

ドアのインテリアパネル強化【デッドニング】

難易度:

シートレールのラバーマウント化をやってみた(その3)

難易度:

ドア内カタカタ音対策【その7・完/解決編】

難易度:

パワーアンプ取付【アルパイン MRV-F300】

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

Five00です。よろしくお願いします。 哲学(??)として 人間に危害が及ばない限り 機械は可能な限り人間の意思に従うべし、と考えます。 大馬...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

サーモスタット交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/20 12:28:35
MEYLE ストラットアッパーマウント 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/21 22:42:14
クイックシフターの取り付け その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/18 14:10:54

お友達

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
2016年、七夕の日に納車になりました。 モディファイしたい点が多数あるので、 これから ...
ヤマハ YZF-R1 ヤマハ YZF-R1
2006年型「非」プレスト・EUフルパワー 主な使用状況 1)ワインディングを繋いでハイ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.