車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月03日 イイね!
少し学んで分からないこと昼の光に、夜の闇の深さが分かるものか

なんて言われても
「いや、ぜんぜん分かんねえや!はっはっは!」
と脳天気に応える

そんな感じの光
先週よりも屈託なく眩い

同じ道を通り、同じ場所へ
違う人と一緒に、違う人に会いに

白と赤「だけ」のS2000
なんだか久しぶりな気がします

ずいぶん違うものだな、と思った出会いから4ヶ月
何が違うのか少しずつ学ばせて頂いてます

分かってくると、その深さに驚きます
闇ではなく、愛(^^)

自分でシートを替えて、初めてその作業の大変さを感じたように
(いや、まあ自分は、特異に不器用ですけども。汗)

どれほどの手間と愛情がこの車に注がれているのか

カカシたちも憧れるように見ています(^^)


脳天気なわたしは、そもそも車好きといえるのかな?
とても大切にされてる車を見ると、そう思います

昼と夜かどちらかなら、夕焼けといったところでしょうか

わっかるかなぁ、わかんねえだろうなぁ
って、わたしも分かりませんっ。笑

イェーイ♪
(松鶴家千とせ師匠)
Posted at 2017/02/11 08:13:15 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月28日 イイね!
残雪の山、快晴の空グアァァアアアン

そんな音がしてた、と思う

光景を鮮明に覚えていても
いつも音が記憶から抜けている

視力に重きを置くと、聴力が遠のく
対面では潮が満ち、側面では潮が引くように

その要因たる引力の主は、白く輝く月
ではなく、ある物体。

出会いは、今日が終わろうとする頃だった



久しぶりに快晴の週末
ファミリーカーで温泉にでも行こう
冬の海を見に白浜もわるくない

なんて予定が出発の朝に飛んでしまう
まあ、そういうこともある

では、いつもの山へ!



山にはまだ雪が残っている
でも、路面の9割はドライ

なにより嬉しい青空
せっかくだから屋根を開けてみる

快晴とはいえ、残雪の山
寒かったら閉めようと思っていたけど、
家に帰るまでずっと開けたまま



ランチを頂くために6日ぶりに伺った場所には、見慣れたお車が
お知り合いの方かとも思ったけど、こちらはカフェの奥様号

今日も美味しいピッツァとカレーを頂く



替えて間もないシートの感触などを確かめつつ
のんびりと帰路へ

そう、のんびり

のんび...
グアァァアアアン!

エンジンの回定数を示すインジケーターが、
11月9日以降の米10年国債の利回チャートのように上昇する

その赤い色は9000回転が迫っていることを示す
しかし、前を走る物体に迫ることができない

その睦月は、R35 GT-R

コーナーからの立ち上がりで離れる
巨大な重力がグッと引き寄せているように加速していく

いやはやすごいです、国産最強

映像や数値から「すごい」という知識はあったのですが、
(失礼ながら)意外にも見とれるほど美しく走る車でした

中空に浮かぶ満月を追いかけているような、
いつかの少年時代の幻想を覗こうとしては
ババババッ!っと飛び石を頂いては我に返るのでした。笑



車という言葉
走るという対話


ご一緒頂いた御礼のために、車を止めお声をかけると
「ちょっとこの先でお話ししませんか」とお誘い頂く

ずいぶん独り言の多い一日でしたけど
最後は楽しい歓談でした♪
Posted at 2017/02/03 17:06:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月22日 イイね!
あの橋を見に行きませんか
「趣味というものは、中級品ではなく、最も優秀なものに接することによってのみつくられる。」
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

ウェルテルのように若くはなくても、それなりに悩みもあるわたしとしては「中級や低級なものに接する趣味があってもいいじゃないかな」と思うのですが。

それは(誤解されている方もおられるでしょうが。笑)詩人でも小説家でもない凡人だからでしょう。

しかし、ゲーテさんのような考え方があっても面白いと思います。

それが趣味の定義ならば、確かに「趣味」をお持ちの方々とお会いすることが出来た一日。



いつもながらの急なお誘い
不安定な天候
不確かな目的地

「あの橋に行きませんか」

そんな抽象的なお誘いに誰が来てくれるだろうか?

って、6台!



ひとりじゃなかったら、それで嬉しい
誰かが来てくれたら

わたしとあの人と、あの人
3台だろうか
なんて思っていたのに。

ありがとうございます(^^)



久しぶりに多様な車たちとご一緒させて頂きました。
S2000だらけはとても楽しいですが、また違う楽しさがあります。

走っている時ももちろんですが、撮らせて頂いた時に強く感じました。
一台ずつ撮らせて頂いていると、その一台ごとに空気感や背景の色合いも変わるようです。

それぞれに「最も優秀なもの」

優秀なものたちの美しさは、きっと写真の写っていると思います♪


あの橋の上に、皆で

(フォトアルバム)
Posted at 2017/01/27 20:48:05 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月09日 イイね!
偶然における青春の検証「おひさしぶりでーす!」

大きく手を振りながらご挨拶。
腕に羽毛が生えていたら飛んでいきそうなほど勢いよく。

いや、本当にちょっと浮いていたかもしれません。



思わぬ所で思わぬ方に出会えると、
そしてとびっきりの笑顔を返してくれると、
とても嬉しいものです。

でも、それは「思わぬ所」ではないのかもしれません。
クルマ好きが集う、とあるカフェ。



駐車場はほとんど満車です。

よくお会いする方
何度かお会いした方
どこかでお会いした方
初めてお会いする方



その場所に行くと、顔見知りばかりなんて、なんだか不思議な感じです。
(もちろん、知らない方ばかりの時もあります。)

「運命の中に偶然はない。人間はある運命に出会う以前に、自分がそれを作っているのだ。」
あるアメリカの政治学者は言います。



わたしが出会いを作り、出会うべくして出会った。
そういうことでしょうか?

「偶然がまだ運命と同一に思われるのは、青春時代の初めだけである。後になれば、生の本当の道は内面によって規定されていたのだ、ということを知るようになる。」
あるオーストリアのユダヤ系作家が言います。

偶然を運命と思えるなら、逆説的にこう解釈しても面白いかもしれません。
「青春時代」なんだと。それは今だと。



って、思えないか。笑
だって、おっさんですもんね。
バケットシートの取り付けから3日経つのにまだ腰が痛いし。汗



さて、先日のブログでご紹介させて頂いた場所、「ここに一緒に行きましょう!」とのコメントを頂戴し欣幸の至りに存じます。

「なんとかなります!」とはお返事させて頂いたものの、本当になんとかなるかどうを確かめるべく、あらためて足を運んでみました。



8台、なんとかなります!

しかーし!自分で自分の車を撮るのはムリっぽいです。
この写真を撮影した直後に、全力で謝りながら走る破目になりました。
頭を下げながら足場の悪いところを駆けるってなかなか難しいものです。

誰かが代わりに撮るか、誰かが代わりに運転するか、ですね。
わたしでよければ喜んでどちらも引き受けます♪


あっ、べつに先日の整備手帳がアレだったんで、今日はテツガクとか引用してカッコつけようってわけじゃないですよ。汗
いや、ほんとそういうんじゃないんで!ほんとっ!
Posted at 2017/01/17 18:38:33 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月04日 イイね!
独りにしか撮れないもの
そうだ京都、行こう。
(すみっこだけど)

曖昧な記憶と、
緻密なgooglemapを頼りに。

でも、そう思い切るまで少し時間がかかる。
鹿たちの周りをうろうろ。



S2000で初走りだ!
っと意気込んではみたが、どうにも気乗りがしない。

不似合いな眉毛のダメージじゃない。
(いや、それも多少あるかもしれないけど。汗)

もしかしてひとりだから、だろうか。
バックパックひとつ持ってひとり旅なんて久遠のこと。



ある先人の方が言います。
「独りの時は独りなりの写真がある。」
(脚色あり。)

そう、そうでした。
つい数ヶ月前までの何十年、ひとりで一台を撮っていたことを忘れてました。



物理的に、またはモラル的に複数の車を並べることが出来ない場所。
でも、もう一台、いや二台くらいならなんとか...

いやいや
ひとりでしか撮れない写真を撮ってるんだ
他の車のことを考えるのはやめよう。


ある永遠の28歳の方が言います。
「あなたと会わなければ、こんな日も来なかった。」
(脚色あり。)



ちぎれた雲の隙間から光が差す。
あわい色がぐっと力を増す。
空の青、木の緑、車の赤。

「ヒョロロロー」
見慣れない異物を警戒したのか、トンビが橋の上を一度だけ旋回する。

よし!
今の一枚はわるくないはずだ。

「ここに一緒に行きましょう!」
そう言ってくれるかもしれない。

誰が?

あの人や、あの人が
きっと。



やれやれ
すっかりひとり遊びが苦手になってしまいました。


ある虎舞竜が言います。
「でも逢わなけりゃもっと不幸せだった。」
(脚色なし。)

あっ、第二章です。笑
Posted at 2017/01/06 19:48:47 | コメント(8) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「春はそこまで♪満開の南部梅林」
何シテル?   02/19 15:24
ちょっとおっさんですが、 心と頭は少年のままです。 少しずつS2000と仲良くなっているところ。 走ることが好きです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
40歳からの「シャコタン」のススメ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/19 05:11:08
鈴鹿サーキットパレードランオフ2017 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/15 22:40:15
 
<<鈴鹿ツインサーキットフルコース・走行会観戦・同乗オフ♪>> 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/15 22:35:36
 
お友達
シャイなのでなかなか声をかけられませんが、気軽にお友達のお誘い頂けたら嬉しいです♪

走ることが好きな方と一緒走った後に、美味いソフトクリームが食えたら最高です!
60 人のお友達がいます
いしでんいしでん * だいぽぽだいぽぽ *
元締め元締め * HIRO2000HIRO2000 *
ごろん♪ごろん♪ * ベータSベータS *
ファン
24 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S2000 ホンダ S2000
赤いです。 笑いながら乗ってます。 まだ仲良くなってる途中です。 なぜS2000? 「 ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
速い車でした。 ちょっと難しい顔をしながら乗っていました。 けっこう長い付き合いでした。 ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
素晴らしい車でした。とっても短い付き合いでした。 どうだったBoxter 「Boxte ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
赤かったです。 笑いながら乗ってました。 そこそこ仲良くなれました。 どうだった?初め ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.