• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Nippoのブログ一覧

2017年09月13日 イイね!

【後編】三重旅行記 伊勢観光編

【後編】三重旅行記 伊勢観光編最終日はゆっくり朝ごはんを食べたあと,宿の温泉に入ってから出発します.
この日はまず「朝練」と称し伊勢志摩スカイラインを走りつつ,伊勢神宮を目指します.
昨日のパールロードと同じく,車が少なく見通しもよいため,非常に走りやすいです.


関東に住んでいる人間からすると伊勢志摩は海のイメージが強かったですが,箱根に負けずとも劣らないワインディング天国ですね.

途中の朝熊山展望台では「天空のポスト」というのがありました.
なかなかフォトジェニックな感じですね.

実際に使われており,集荷もされているそうです.

恒例の?ソフトクリームを頂きます.



一応,外宮→内宮と参拝するのが作法だということで,山を降りて伊勢神宮の外宮に向かいます.



ここでは,ボランティアの解説員の方に解説して頂きました.
やはり,色々なことが分かったうえで参拝した方がより有難みが増しますね.

その後はおにぼうさんに教えて頂いた「中むら」さんで念願の伊勢うどんを頂きました.

この季節に冷やしがあるのはありがたいですね.
炎天下を歩いたあとであったのもあり,美味しく頂きました.


その後は車で5分程度で内宮に到着します.
内宮までの参道は「おはらい町」という横丁になっており,その中に「おかげ横丁」があります.





このような古い町並みが続いており,お土産屋さんなどが並んでいます.
赤福本店などもこちらにあります.





おかげ横丁ではちょうど和太鼓の生演奏をやっていました.


しっかりと全ての社を参拝したあとは,








「せっかく伊勢まできたんだから名物でも食おうや」ということで…

生き地獄してきました.
この季節は赤福氷が頂けるということで,行列になっていました.


本当はもう少しおはらい町を見たかったのですが,赤福を食べ終わった時点で15時半を過ぎており,鳥羽発16時半のフェリーに乗りたかったので先を急ぎます.
帰りもまた伊勢志摩スカイラインを通り,時間までに無事に鳥羽港に到着しました.

乗船手続きを済ませ,いざフェリーに乗り込みます.
実はカーフェリーは初体験なので,緊張の瞬間です.


フェリーではたった330円で展望室に入れたので迷わず入ります.
外の展望エリアで風を感じながら海を眺めていると「旅してるなあ」という気分に浸れます.







結局50分の航行のうち,ほとんどの時間を外で過ごしました.

下船後は東名高速を目指し,国道42号(表浜街道)を浜松に向けて走ります.
渥美半島を東進していきますが,右手に海,左手にメロン畑や牧場,といった景色が続きます.


浜松市内に入り,夕ご飯を食べようということで「さわやか」に向かいます.
やはりいつ来ても混んでいて,いつ来ても美味しかったです.

その後は浜松ICより東名に乗り,12時ごろに帰宅しました.

今回のリザルトはこのような感じでした.





そういえば,昨年の立山黒部アルペンルートもそうでしたが,狙ったわけでもないのに何故かサイコロ4の目的地によく行っているような気がします.
来年はどこに行くことになるのかなあ…

宇都宮や仙台は行ったことがあるので,出雲大社あたりが濃厚かもしれません…
岡山国際サーキットでADAが開催されるようなことがあればあるいは…
Posted at 2017/09/13 22:05:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年09月11日 イイね!

【中編】三重旅行記 志摩観光編

【中編】三重旅行記 志摩観光編









翌朝は前日の疲れが出たのか,朝食後ホテルの温泉に入ったのち二度寝してしまい,12時頃から行動開始です.

まずパールロードを通り,昨年サミットが開催された賢島へ向かいます.
鳥羽市と志摩市を結ぶこの道は,主に海沿いを走る無料のワインディングロードであり,非常に走り甲斐がありました.



途中の鳥羽展望台では,大阪から来られたという595コンペの方と偶然遭遇し,しばし立ち話をしました.
伊勢にはもう何十回も来られているようです.

峠を下り,志摩市の街中に入るとほどなくして賢島に到着です.
伊勢に来たらやはり海老だろうということで,お昼ごはんにエビフライ定食を頂きました.



ちょうどこの日は夏の甲子園の決勝をやっており,お昼ごはんを食べながら普段はあまり見ない野球を眺めていました.
最終的に我が埼玉県代表の花咲徳栄が初優勝しましたね.やはり埼玉県民としては誇りに思います.

賢島ではエスペランサ号という観光船による英虞湾周遊クルーズに参加しました.










ミキモトを始めとして,様々な宝石メーカーの真珠工場や養殖場が見えてきます.
クルーズには出口真珠さんの工場見学が含まれていたので,しばし「核入れ」という作業を見学します.



結構残酷な感じなんですね


船を下りたあとに海沿いに行ってみたら,ちょうど次の便が港を発つところでしたので,エスペランサ号とコラボしてみました.


その後は英虞湾を一望できるという横山展望台に行ってみました.
駐車場が麓にあり,展望台まで山道を15分程度登らなくてはならず汗だくになりましたが,この景色を見たら疲れも吹っ飛びました.
このような美しいリアス式海岸の風景が一面に広がっています.


その後は,営業時間がギリギリでしたが滑り込みで志摩地中海村へ.


15分程度しか居られなかったのであまり見られませんでしたが,お土産でとてもラテンで陽気な感じのTシャツを買いました.


この日の晩は部屋で地元のお酒を頂きました.
シュワワの方は想像していたのと違い,甘めのリキュールという感じでしたが,どちらも美味しかったです.

Posted at 2017/09/11 18:04:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年08月30日 イイね!

【前編】三重旅行記 ADA参加編

【前編】三重旅行記 ADA参加編先日,3回目となるABARTH DRIVING ACADEMY(ADA)のTECHNICO+クラスに参加してきました.
過去2回は富士スピードウェイでの開催でしたが,今回は鈴鹿サーキットでの開催となります.
せっかく片道400km以上もかけて三重まで行くので,ADAに合わせて伊勢志摩観光もしてきました.

今回は自宅出発からADA参加までをつらつらと書いていきます.


当日早朝に出発しようかとも思いましたが,早起きが苦手なうえ,道中で蒲郡や四日市などの渋滞ポイントを通過しなければいけなかったため,大事をとって前日の夜に出発しました.
21時過ぎに出発した時点での到着予想はAM3時ちょうどくらいでした.

東名→新東名→伊勢湾岸→東名阪というルートです.
途中,新東名静岡PAではFIAT500Sの青年に話しかけられ,1時間ほど立ち話をしました.
今年免許を取得され,初めての車が500Sということでした.

偶然の出会いというのは良いものですね.
とても楽しく,時間を忘れて話しておりました.

結局1時くらいにPAを出発し道中を急ぎます.
途中愛知県内で雷雨に見舞われたりもしましたが,4時前に鈴鹿市に到着です.
この日はネットカフェで仮眠を取ったあと銭湯に行き,翌日正午ごろに鈴鹿サーキットに到着しました.


既に参加者の方々の車が集まっています.
後で分かったことですが,午後の部の参加者9台のうち,500は自分ひとりだけのようでした(プント1台以外すべて595コンペ)






135馬力しかないですが,これはこれでバランスが良くていい車なんですよ(´・ω・`)

スケジュールはこのような感じでした.

今回,開会式の後に新しくバスによるコースの下見がありました.
チーフインストラクターである福山講師により,実際のコースをゆっくり3週程度回りながらエイペックスやブレーキングポイントをおさらいしていきます.
これが実際に走行を開始すると非常に役に立ったので,今後のADAでも是非取り入れて欲しいところです.




今回,午後の部は特に参加者が少なかったので,講師の方からマンツーマンで指導頂くことができました.
私を担当して頂いたのは,「りんごちゃん」こと石川紗織講師でした.


先導車に対し生徒の車が2台という非常に贅沢なカルガモ走行の後,いよいよフリー走行開始です.





第1セッションでは,3分4秒程度のラップが続きます.走行前に空気圧を落とすのを忘れていたためズルズルでした.

その後の同乗走行では石川講師と共に改めてポイントをおさらいし,次のセッションに備えます.

第2セッションでは内圧を240kPa/205kPa程度に落としてから走行開始したため,タイヤ本来のグリップを使えたような感じでした.
ラップタイムは3分1秒~フラット程度まで上がってきましたが,まだ3分を切れません.
どうもS字3個め~ダンロップや,ヘアピン~スプーンなど,コーナー後に長い全開区間がある場面でタイムロスをしているようです.

2回目の同乗走行で,石川講師にその辺のポイントを聞き,いざ第三セッションへ臨みます.

第三セッションではついに3分を切り,ベストラップを達成しました.
上記のポイントで,直前のコーナーを捨ててもその後の全開区間を長くとることでタイムアップにつながりました.

最後のセッションでは集中力が切れてきたのかミスが増えてきたため,結局第三セッションで記録した2:58.357がベストとなりました.
少しでもエンジンパワーを温存するため終始エアコンoffで走っており,各セッション終了ごとに1L程度の水を飲むような状況だったので,想像よりも体力を消耗したのかもしれません.

あっという間に17時半になり,閉会式です.







福山講師のスピーチの後,FCAJの広報の方より,「秋に東京で新たなイベントを予定している」という告知がありました.
詳細はまだ未定だそうですが,今から楽しみです.

この日一日ご一緒していただいたおにぼうさん
ありがとうございました.
やはり知っている人がいるというのは心強かったです.

18時過ぎに鈴鹿を出発し,この日のお宿である「かんぽの宿 鳥羽」に向けてひた走ります.

(後編へ続く)


そういえば,今回はRICOHのアクションカメラを用いてオンボード映像を撮影しておりました.
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/wg-m1/


薄々気づいておりましたが,サイドウィンドウに固定したため映像が傾いており,少し見づらくなってしまいました.




このような汎用のサクションカップマウントを用いたのですが,もう少し固定場所を考えた方がよかったですね.
次回までに色々と試行錯誤してみます.
























ちなみに今回のリザルトはこんな感じでした(*/ω\*)
とりあえず目標としていた3分切りは達成したので概ね満足ですが,まだまだ皆様の足元にも及ばないので今後も精進して参ります



Posted at 2017/08/31 01:20:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年07月16日 イイね!

愛車と出会って1年!

愛車と出会って1年!7月16日で愛車と出会って1年になります!
この1年の愛車との思い出を振り返ります!

主な遠出として
2016年8月 白川郷と立山






2016年9月 ABARTH Driving Academy in富士スピードウェイ
BASEクラス






2017年4月 ABARTH Driving Academy in富士スピードウェイ
TECHNICOクラス



に行きました.
アバルトに乗り換えてから,頻繁にサーキットに行くようになったのは大きな変化です.


■この1年でこんなパーツを付けました!
・Yupiteru SUPER CAT A110
・THREEHUNDRED リバウンドストップラバー
・ADVAN Neova AD08R
・Orque Technique Ideale スポーツブレーキパッド
・Cusco アジャスタブルナンバーステー
・NGK R2525-9(明日装着予定)
・BMC 純正交換タイプエアフィルター(明日装着予定)

■この1年でこんな整備をしました!
・エンジンオイル交換 6回(5000km弱毎)
・ミッションオイル交換 2回
・ブレーキフルード交換 1回

■愛車のイイね!数(2017年07月16日時点)
89イイね!

■これからいじりたいところは・・・
吸気,排気,点火系の順番かなあ…
電スロのダルなレスポンスを改善できるというスロコンにも最近少し興味が出てきました.
とにかくレスポンスアップと高回転の伸びを改善したいという方向性です.

■愛車に一言
まずは1年,大きなトラブルもなく走ってくれてありがとう
今後もサーキットに行ったりと結構ハードな乗り方をすることがあると思いますが,よろしくお願いします.


>>愛車プロフィールはこちら
2017年06月18日 イイね!

【備忘録】アバルト500用社外エアクリーナ

アバルトの社外エアクリーナについて
調べた限りだと,主に以下の5種類があります.

・チャンバー内にエアフィルタが配置されているタイプ
1.「BMC OTA」
2.「Forge motorsport エアインダクションキット」
3.「木村自動車商会 SCUD 吸気濾過システム」

・エアフィルタむき出し(毒キノコ?)タイプ
4.「GruppeM K&N タイフーンキット」
5.「アッソ・インターナショナル ハイパワー吸速アクセレーターKIT」

この中で,ブローバイを大気開放しているため車検非対応となるのは,1,4です.
正規ディーラー入庫拒否となるのはADA参加的な意味でも困るので,今回は車検対応品に限って考えていこうと思います.(と言いつつ,某アバルト店の公式ブログではOTAを取り付けている記事があったりするので,店舗運営会社によって許容範囲が違うのかもしれませんが)


2.「Forge motorsport エアインダクションキット」

http://alphaline.jp/items/air-induction-kit-500t/


ワイパー取り付け部分の樹脂に穴を開け,エンジンルーム外から吸気するタイプ
アバルト大阪東さんのブログ
http://osaka-higashi.fgaj-dealer.jp/abarth/blog/pkdjxy8bu/

の写真が分かりやすかったです.

下の2つと違い,エアインテークの開口部が完全にエンジンルーム外にあるので,エンジンの熱による吸気温度の上昇は一番少ないと思われます…?
一方大雨の日などは水を吸ってしまわないかなあ,というのが少し不安なところ.
同じForge製のシリコンホースも同時装着すれば,ほぼ外気温のまま吸気できるのでは?と期待しております.

現在第一候補


3.「木村自動車商会 SCUD 吸気濾過システム」

http://scud.jp/parts/fiat500/detail0000.html

名古屋の木村自動車商会という会社の商品

他社の円筒状のチャンバーと違い,開口部に向かって絞りがついているのが特徴的です.
HPによれば,「吸気導入部で慣性過給効果を利用、吸気管内の脈動を制御し、または積極的に利用することで吸入空気量の増大を可能にした画期的なシステム」
ということです.(出典:http://scud.jp/index.html)
しっかりと流体力学に基づいた設計をされているであろうことがHPから分かります.

エアクリーナを交換しようと思った動機が,レスポンスと2000rpm以下のトルクの薄さを改善したいということなので,理論に基づいて「低中速トルクの増大、スロットルレスポンスの鋭さ、高回転まで澱みない加速が体感できます。」と謳っている本製品は一番満足度が高いのかもしれません.

ただ,インテークがエンジンルーム内にあり,特にヒートシールド板等も付属しないようなので,熱的にどうなのかなあ…とは思います.


5.「アッソ・インターナショナル ハイパワー吸速アクセレーターKIT」

http://cybershop.asso.co.jp/shopbrand/013/004/X/

ホイール等でもお馴染みのASSOさんの製品

「特殊な金型製造技術を駆使して作られたトルネード形状の内壁が流れる空気を螺旋状にすることで、ノーマルのパイプでは内壁面に沿って広がった状態で吸気される空気をパイプ中央部に一転集中させることにより、流れる空気の流速を速め低回転時の出足のモタツキ感を改善しアクセルの付き(ピックアップ)を良くします。」

ということですので,3と同じくインテーク内の流速を高めることで吸気流量を稼ぐという仕組みのようです.

これも3と同じく,エンジンルーム内に開口部があるため吸気温の上昇がちょっと心配です.

また,これだけエアフィルタがむき出しなので,上の2つと比べてフィルタが汚れやすく,メンテする頻度は増えるのかなあ…というのが不安です.



まだまだアバルトを購入してやっと1年ですし,すぐに装着するというわけではありませんがメモとして…
また何か気づいたら追記するかもしれません.

Posted at 2017/06/18 21:52:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | メモ・備忘録 | 日記

プロフィール

基本的にはライトウェイトスポーツやホットハッチなど軽量コンパクトでハンドリングが良い車が好きです. 車歴はヨーロッパ車多めですが乗ってみて楽しければ国籍やメー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

サベルト 4点式シートベルト CLUBMAN B ショルダーパッド付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/05 02:24:04
Orque Technique Ideale 6ポッド鍛造スポーツブレーキシステム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/04 15:52:12
タイヤサイズ変更時の注意 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/18 13:07:04

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット アバルト・500 (ハッチバック) フィアット アバルト・500 (ハッチバック)
Grigio Campovolo 2016年7月16日に納車されました. サソリの毒 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
Blue Water Metallic 2011.07~2016.06 106,215k ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
Magenta Red 2011.11~2014.12 52,815km 某限定色 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
Alpine White III 2005.12(2010.12)~2011.07 71 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる