車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月25日 イイね!
愛車と出会って20年!3月25日で愛車と出会って20年になります!
この1年の愛車との思い出を振り返ります!

■この1年でこんなパーツを付けました!
いや、外した数の方が多いと思います。


■この1年でこんな整備をしました!
不良箇所の修繕がメインです。


■愛車のイイね!数(2017年03月25日時点)95イイね!
ありがとうございます。


■これからいじりたいところは・・・
各部のリフレッシュです。


■愛車に一言
長生きしてね。


>>愛車プロフィールはこちら



みんカラより送られて来た雛形にコメントを入れてみました。もう20年ですかぁ、長いようであっと言う間でしたね。1997年3月当時と言えば私は高校3年生。音楽業界は小室ファミリーが全盛期で、テレビをつければglobeやTRFのメロディが流れていました。テレビと言えばブラウン管のワイドテレビが流行り始めた頃です。時代を感じますね。そんな中で3月25日に前オーナーの元へ青ポール号を引き取りに行き、4月から三重県の医療系大学に進学しました。この間を振り返りながらアルバムを眺めていたら懐かしい写真が出てきたのでご紹介したいと思います。

これは乗り始めて間もない頃です。私もまだ10代ですね。前オーナーの好みで鉄仮面用のフロントスカートが着いて来ましたが、当時はこれが嫌で嫌で仕方ありませんでした。ヘッドライトウォッシャーをRS用に交換し、下手くそポールも他車用を流用した為かなり長いです。


仲間で集まって撮影会をした時の写真です。「長野57 た 38-81」このナンバーを返納してしまった事を未だに後悔しています。R30当時は「長野56」だったはずなので前オーナーが再取得していたようです。


地元に帰省する度にゴールデンパッサゲ号といつも連んで走っていました。志賀高原で走り屋さんをイジメたり、国道の追い越し車線を走り続けている残念な車を有料道路へ追い込んだりと、絶妙なフォーメーションで世直し?をしていた頃です。


大学時代にアパートの駐車場で同期の女子にイタズラされた図です。わざわざ写真にして渡されました。この頃は他車用のリアバイザーが着いてますね。2ドアは流石に要加工でした。


友人が所有していたTI PASSAGEを解体に出すと言うので、左右フェンダーとフロントエプロンを譲り受けました。これでようやく本来のフロント周りとなりましたが、自家塗装だった為に周りと全く色が違って事故車の雰囲気ムンムンでした。


特捜号が納車された直後の写真です。ちょうどこの頃、偶然にもマフラーから響く極上のタービン音を発見する事になります。その音を直近で聞く為に、1人が運転して1人がトランクから顔を出して乗るという危険な事を夜な夜なやってました。本当にビックリする位に良い音がするのでLターボ搭載車の方は是非ともお試し下さい。その時に録音したカセットテープも探せば出てくると思います。


大学の前期試験もようやく終わり、夏休み初日の早朝に長野へ向けて帰るぞー!の図。


特捜号は群馬へ向かうので更埴JCTでお別れです。当時はインスタントカメラでしたのでミスショットが多かったですね。


記念すべき123456.7kmの瞬間を押さえました。夜中に駐車場をグルグル回って2km程走ったんですよねー。


就職した2001年に岡谷の第3駐車場でプチミーティングした時の写真です。この頃に仲良くして頂いていた皆さん、お元気にされてますでしょうか?


丸1年の倹約生活の末、修理資金を貯めて平成の大修理を決行します。腐っていた左右のフードレッジをコアサポートごと新品に交換!


歪んでいた左クウォーターパネルも交換!この頃はまだまだ普通に部品が出ました。


ガラスも外してオリジナルカラー(#375)で全塗装しています。クリヤーは奮発してR-Mの耐擦性能が優れた高級品を使用しました。


工賃節約の為に、ドンガラ状態までのバラしと組み立ては全て自分で行ないました。


週末の度に実家へ帰っては部品を組み付けるという生活を送ること約1ヶ月・・・


堂々の完成です。人車共に、またこの頃に戻りたいですね。

綺麗になったのが嬉しくて嬉しくて、そりゃもう写真ばっかり撮ってました。ちょうどこの頃にデジカメを入手。少し趣向を変えて、こんなのや


こんなのも


嬉しかったですね。



(田んぼES)そうだ、九州へ行こう。
(青ポール号)今からっすか?!

リポD飲んで、着替えを入れて。


金曜日の仕事が終わってひとっ風呂浴びてからそのまま長野を出発し、一晩中走って翌朝には関門橋まで行きました。


予てから間近で見てみたかった由布岳です。想像よりもずっと綺麗でした。


湯布院の宿で一泊して、次の日にはまた関門橋を渡り・・・。


九州の地を後にしたのでした。ありがとう九州!



(田んぼES)そうだ、北海道へ行こう。
(青ポール号)流石にフェリーっすよね?

新潟港から苫小牧港行きのフェリーに乗船します。


北海道へは婚前旅行という事で。お泊まりデートの延長ですね。


釧路のオモテさんにも寄らせて頂きました。


屈斜路湖への道中、夕焼けの中での撮影です。気分はポール・ニューマン?


日本最北端の地、宗谷岬でのショットです。何処までも続く水平線を見て地球の丸さを実感しました。


北海道を1週間かけて一周し、再び苫小牧港からフェリーで新潟へ向かいます。ありがとう北海道!



その後結婚して子供が産まれ、青ポール号にも後継者(車)が登場。暫しの眠りにつきます・・・。
が、しかーし!8年間のブランクを乗り越えて、いま不死鳥の如く蘇ろうとしております。


いや、そうであって欲しい。そうじゃないかな。たぶんそうなんだと思いたい・・・。


側に居てくれるだけでいいからさ。これからも宜しく。



今後もご贔屓にm(_ _)m
Posted at 2017/03/25 09:43:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月16日 イイね!
R30の謎㉑ダッシュボード下のカバーです。このカバーも内装色に合わせてコーディネートされており、塗装による着色です。


しかし、この塗装のヤル気の無さ!明らかに見える所だけ色が着いていればいいやー、的な塗り方です。それにしても何故に厚紙・・・。


それもそのはず、厚紙ならプレス加工すればシワも寄りますよね。

裏側はスポンジが貼り付けられています。内装部品の切れ端を粉砕した物がたくさん入ったスポンジのようです。ある意味エコという考え方もできますが、何とも・・・。


カバーの強度に対して奥側の固定金具のカエリが強く、更には鋭利な造りとなっているために無理な力が掛かると破れます。何度も言うようですが、何故に厚紙・・・。


吸湿、吸音、軽量、そしてコストを兼ね備えた材質であったが故に厚紙が採用されたのでしょうか?厚紙をプレスする型があるのなら樹脂で造って欲しかった気もします。


何故こうなったのか今や誰にも分からない・・・。しかし材質が残念すぎるダッシュボード下のカバーでした。
Posted at 2017/03/16 15:20:50 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年03月07日 イイね!
R30の謎⑳これまでカタログの内容に着目して来たR30の謎シリーズですが、本20回目からは実物における「何故?どうして?」に焦点を当ててみようと思います。


後期用のクラスターリッドCです。内装色に合わせてブラックとグレーの2種類がありますが、前期はこれに加えてブラウンがありました。その前にクラスターリッドBはどれなんだ?という話ですが私も知りません。因みにAはメーター枠のようです。

2色のクラスターリッドCを見比べてみます。まずは外周の色ですが確かに色分けされています。


裏側です。ブラックは裏側もブラック、グレーは裏側もグレーです。これらから外周部分の色は無塗装の素材色である事が分かります。


でも灰皿の周囲は両方ともブラックです。と言う事は何処かで分離できる構造なのか?とも思いましたが一体成型品でした。このマスキングしたかのような跡は何でしょうか?まさか!


そのまさかでした。グレーの場合は灰皿周囲は裏側もグレーです。ここは表側のみブラック塗装が施されていたんです!


色が削れた部分には下の素材色が見えます。サフェーサーも塗らずに直に塗装してますね。


普段からよく触れる部分を塗装にすると色が剥がれる恐れがあるので素材色を変更して成型し、あまり触れない部分を塗装として見た目の色を合わせたものと思われます。グレーのクラスターリッドCは灰皿周囲がブラック塗装されていたとは知りませんでした。塗装工程が余計なので値段も上がるのでしょうか?肝心な価格は私が所有するパーツリストには載っていませんでした。

いくら触れる頻度が少ない部分とはいえ、PPのような材質に塗装するとは驚きの製造方法です。


何故こうなったのか今や誰にも分からない・・・。しかし何気に手が込んでいるクラスターリッドCでした。
Posted at 2017/03/07 11:46:53 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年02月07日 イイね!
R30の謎⑲気のせいのような、気のせいではないような。やっぱり気になるR30の謎です。


昭和56年10月、R30シリーズにバンが追加されます。しかしR30の場合はバンとは呼びません。”美しいスタイリングと乗用車の居住性、そして大きなラゲージルームによる荷物を運ぶ機能性をあわせ持った、新しい時代の車。私達はこの車を「エステート」と名付けました。”とあります。エステートとは明確なコンセプトのもとに名付けられた名前のようです。


その①
リアビューです。一切の無駄を省き、仕事車としての機能美に満ち溢れます。ルーフまで回り込んだサイドガラスが良好な視界と解放感を与え、それまで地味一本であった商用車デザインに一石を投じた存在だと思います。クォーターパネルのセンターモールは専用品ですね。


そのサイドガラスの大きさを生かした写真です。ラゲージルームの花束がお洒落じゃないですか。なかなかニクい演出です。


「かつてこれほど機能的で、美しく、乗心地の良い車があったでしょうか。」
ハイ、今回も大きく出ましたよ。


エステートの長いルーフパネルは強度を持たせる為にプレスラインが追加されています。機能面で追加されたこのラインがアクセントとなって、間延びした印象を与えません。デザイン面でも良い仕事しています。


フロント周りを含めた全景です。丸目4灯のフロントマスクが特徴的です。ヘッドライトは恐らくシールドビームだと思われます。


この顔、良いですねー。意匠は変わっても3面構成された造形はR30そのものです。自分がエステートを所有する事があったら、絶対に顔面は変えずにこのまま乗ります。


乗用車然とした室内です。無駄な装備は省き、使い勝手を最優先しています。質実剛健とはこの事ですね。



その②
グレードはGLとDeluxeの2種類から選べますが、どっちが上なのかが良く分かりません。

「乗用車感覚のスタイリッシュなエステート。毎日のお仕事から、休日のレジャーにまで幅広くご活用ください。2グレード、7車種からお選びいただけます。」

なるほど。グレードと搭載エンジン、ミッションの組み合わせをフル展開すると7種になるんですね。



GLの装備です。
ラジオはFM/AMのマルチタイプで、フェンダーミラーも電動のようです。そして注目すべき点がリアもコイルスプリングだと言う事です。


Deluxeの装備です。
リアワイパーやデフォッガー、電動ミラー等の電装品がとことん省かれます。これらからGLの方が上位グレードという事が分かりますが、まさかGLにはチャイルドプルーフが装備されないなんて事はありませんよね?


リアワイパーはGLにのみ装備されるようです。見慣れたSKYLINEのエンブレムがホッとさせてくれます。


でもサイドバッヂはグレードに関わらずTIで統一されます。ここはGL、DXの専用バッヂを用意して欲しかったですね。


その③
ラゲージルームです。大きく開くバックドア、スクエアな床面は広大で使い勝手が良さそうです。トリム類の張り込みもしっかりしていますね。


エステートを選ぶ人には最重要項目であろう、室内長や開口部の説明です。直線的に構成されたR30のスタイリングは実用面でもプラスに作用する事が良く分かります。


リアドア開口部の説明も重要です。上から見ても定規で描いたような潔さが堪りません。かと言って、角張り方にクドさがないんです。やっぱり最高のデザインだと思います。


商用車であるからこそ、視界の良さを意識している辺りは流石です。こんな部分からも櫻井さんのクルマ造りに対する熱い想いが伝わって来ますよね。


エンジンは2種類から選べます。こういった実用エンジンこそ手を抜かずに開発している事実を、キレイなカーブを描いた性能曲線が物語ります。Z18のフライパンみたいなエアクリーナーが如何にもエンジン!って感じがして良いです。エステートだけL28が選べたりしたら面白い事になっていたかもしれませんね。


LD20搭載車はボンネット裏のインシュレーターも消音効果が高い専用品を奢ってるんですね!知りませんでした。


何と比べたのかは良く分かりませんが、騒音レベルもガソリン車並みなんだとアピールしています。FJは排気音、Lは冷却ファンが結構な音量ですので静寂性をR30のガソリン車と比べてもあんまり参考にならない気がします(笑)


何処か商用車らしさが滲み出ていると思ったらタイヤですね。小型トラックと同じ6プライのバイアスタイヤです。あのミミズ形のパターンが良い味出してます。
それにしても14インチの鉄っチンホイールはエステートからPASSAGEまで幅広く対応していて凄いですね!


その素性の良さからR30シリーズが終了してから5年もの間、1990年(平成2年)の2月まで生産され続けました。8年以上もスカイラインの商用グレードを支え続けた事になります。それはやはり櫻井スピリットが入魂されたモデルにしかなし得ない芸当なのでしょう。
スポーツイメージが先行するスカイラインシリーズの中では軽視されがちな部分でありながらも、モデルの壁を越えてまで縁の下の力持ち役に徹したR30のエステート。輝かしいレースの功績は無くとも、その荷室に付いた傷の方が私には眩しく思えて仕方ありません。


考え続けても答えが出ない・・・。
気のせいのような、気のせいではないような。やっぱり気になるR30の謎⑲でした。
Posted at 2017/02/07 14:49:01 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年01月24日 イイね!
R30の謎⑱気のせいのような、気のせいではないような。やっぱり気になるR30の謎です。


R30のデビューから遅れる事1ヵ月、昭和56年9月にスカイライン史上初となる(と言うか最初で最後)ハッチバックが追加されます。相当気合いも入っていたのでしょう、専用カタログも用意されています。
販売面では不発に終わってしまいますが、時代を先取りし過ぎていたのも事実。当時の日産はもう21世紀へ走り始めていたので仕方ありません。個人的にはR30のハッチバックはかなり点数が高いです。


その①
前期の謳い文句だった「クルマは愛だ」でスタートしますが、ハッチバックに限っては「第2の回答」や「第2弾」と続きます。因みに「第3の回答」や「第3弾」はありません。まさか翌月に登場するRSの為に取っておいたのに出し忘れちゃったんでしょうか?


14インチの鉄っチンホイールです。EXなのでハッチバックもリング付きになります。初期タイプはリアタイヤ前にモミアゲ形のチッピングプロテクターがありません。でもロッカーパネルが全部黒に塗られたタイプでは無いようです。私の中では「ロッカーパネルが全部黒=モミアゲ無し」という認識でしたが、見事に打ち破られました。モミアゲはどのタイミングで装備されたのでしょうか?


フロントタイヤです。私はセンターキャップを取り付ける際にはエアバルブに向かってSマークの直線部分を垂直に合わせるようにしていました。しかしこれにもいろいろあるようです。鉄っチンホイールの場合は45度ズラすのか?それともたまたま止まっていた場所でSマークを垂直にしただけなのか?でもリアタイヤは斜めになろうがエアバルブに合わせてあります。


表紙のハッチバックはエアバルブに合わせています。Sマークが青でリングが無いのでELと見ました。ロッカーパネルが全部黒でモミアゲ無し!


でも車種一覧で出てくるハッチバックは45度ズラしです。ロッカーパネルが全部黒に塗られたタイプはリアタイヤ後ろのミミ部分も黒く塗られているのが分かります。


EXです。リングが付いても45度ズラしは変わらずです。


お?前期は45度ズラす決まりになって来たのか?と思ったら、PASSAGEはエアバルブに合わせています。因みにモミアゲ装着!


何だ?今度は逆45度か?!と見せかけといてエアバルブ合わせかい!


後期PASSAGEでは90度ズラしも登場!もはや法則性も何もありません。


特別仕様の頃のPASSAGEです。アルミホイールを見てみると、ダイヤモンドはエアバルブ合わせです。ロッカーパネルが塗り分けタイプでモミアゲ無し!コレが意味不明なんです。


RSは逆90度ズラしもあり!


このホイールはそうやって合わせるしかないよなー、と思ったら45度ズラしかい!


これに至っては開き直りの境地です(黙祷)


と、14インチは参々です。では15インチはどうでしょうか?ホイールの説明に出てくるフィンタイプとマンホールはエアバルブを真下にしてそこにSマークを合わせています。


鉄っチンも同様です。


どうやら15インチになってからは統一されているようですね。


と思ったら・・・、コラー!やる気あんのかー!!



その②
R30のハッチバックで日本初の採用となったテンパータイヤです。あの黄色いホイールって「みんな見てくれ!俺、パンクしててダセーんだよ!」と、小っ恥ずかしさを周囲に知らしめる意味合いがあったとは知りませんでした。


そのテンパータイヤのお陰でカーゴスペースが広がった訳ですね。リアタイヤの出っ張りはあるものの、スプリットシートを倒せばかなり広い荷室が現れます。でもここで錯覚してはならないのが、この状態では定員2名乗車だという点です。


前期は5種類のエンジンから選べたようです。後期になると整理されて最終的にはターボEXのみに絞られてしまいました。ここにFJ20が入っていたら、国産ハッチバックの位置付けが変わっていたのかもしれませんね。



その③
装備一覧です。基本的には4ドアや2ドアに準じます。「1本スポーク皮巻き風ステアリング」って、凄いんだかショボいんだかよく分かりません。あと、それを言うなら「革巻き風」ですよね。


「傘立て付きドアポケット」って、ハッチバックは立てて収納するんですか?(笑)



考え続けても答えが出ない・・・。
気のせいのような、気のせいではないような。やっぱり気になるR30の謎⑱でした。
Posted at 2017/01/24 18:12:30 | コメント(3) | トラックバック(0)
プロフィール
北信州に生息しております”田んぼES”と申します。 R30スカイラインがピンポイントで大好きです。直6はL、直4はFJをこよなく愛します。中でもターボGT...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
R30好きな皆さんと仲良くして頂ければ幸いです。お気軽にコメントやメッセージを入れて下さいませ。お友達申請も大歓迎です♪
16 人のお友達がいます
赤黒ペンギン赤黒ペンギン * f2000f2000 *
黒い地平線黒い地平線 * テッポロトルテッポロトル
二台流二台流 ミナミナミナミナ
ファン
23 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイライン 青ポール号 (日産 スカイライン)
R30の中でもポール・ニューマン バージョンが持つ独特の雰囲気が好きでした。この車は子供 ...
日産 スカイライン 白ポール号 (日産 スカイライン)
どうしても、どーしてもポール・ニューマン バージョンの4ドア4ATが欲しくて、オークショ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.