車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月30日 イイね!
R30の謎⑭気のせいのような、気のせいではないような。やっぱり気になるR30の謎です。


スカイラインGT誕生20周年を記念して発売されたスーパーサルーンです。12の特別装備が盛り込まれているようです。


その①
ガングレーメタリック(#028)が渋いですね。外板色が#028にも関わらず内装がグレーという事は、スーパーサルーンの内装はこの色のみのようです。因みにボディカラーはホワイト(#002)、ロイヤルシルバーメタリック(#210)、ガングレーメタリック(#028)の3色から選べます。エンブレムやバッヂの色が青なのでELがベース車両なのが分かります。#210は後期から採用された新色で、少しピンクがかったシルバーです。


しかもこのホイールキャップにはエアバルブの反対側にADthreeの刻印があります!正式名称:ADスタイルドキャップ(14インチ)


シートの形状はPASSAGEと同様のルースクッションシートで、生地のみを変更しているようです。


ちょっと待った!シフトレバーの角度が不自然すぎます。RSはターボが出た時点で真っ直ぐのシフトに変更されて手元に近づけたと言っているのに、これでは逆に離れてしまいますよ。3速に入れたらとんでもない方向を向きそうです。もはや折れてるようにしか見えません。



その②
スーパーサルーンのエンジンはNAのみのようです。後期形ではL20Eのヘッドカバーは樹脂製になり、ガスケットも紙ではなくて厚めのゴムパッキンになります。また取り付けボルトも頭が10mmの六角からプラスのタイプに変更されます。何故かこの樹脂製のヘッドカバーがL型エンジン愛好家の中では高値で取引きされるという現象が起きています。理由は分かりません。謎なんです。


純正エアコンも標準装備なんですね。この当時はエアコンが着いているというのはかなりのセールスポイントだったようです。実際にはエアコンというよりクーラーですけどね(笑)


パワステです。AT車は標準でMT車は注文装備だったんですね。スーパーサルーンではMT車も標準装備になるようです。パワステの説明でこのような写真を多く見掛けますが、こんなにも高速回転してるような写真は初めて見ました。何か怖いです。



その③
ではスーパーサルーンに採用された12の特別装備品を見てみましょう。

①高級モケット地ルースクッションシート
②エア式ランバーサポート
③前後調整式ヘッドレスト
④マガジンラック
⑤リアセンターアームレスト
(シートだけで5項目も使っちゃいました)
⑥特製ドアトリム
⑦パワーステアリング
⑧純正エアコン
⑨ブロンズガラス
⑩カラーバンパー
(後期から普通のELは黒バンパーのようです)
⑪ADスタイルドキャップ
⑫特製リアエンブレム

何か少し反則気味な感じもしますが12の特別装備だそうです。

GT誕生20周年を記念して特別価格の169.8万円也。157万円のサラブレッドより13万円ほど高い設定になります。そう考えるとGT系で200万円を超えていたPASSAGEやP.N.V.はかなり高い部類に入る価格設定であった事が分かります。ましてやターボCのRS-Xなんて、とんでもなく高い車だったんですね!



考え続けても答えが出ない・・・。
気のせいのような、気のせいではないような。やっぱり気になるR30の謎⑭でした。
Posted at 2016/11/30 18:28:53 | コメント(3) | トラックバック(0)
2016年11月23日 イイね!
R30の謎⑬気のせいのような、気のせいではないような。やっぱり気になるR30の謎です。

R30シリーズは1983年8月にマイナーチェンジを行なっていますが、その変更点は実に101項目にも及ぶようです。



その①
例の透視図の周りに101項目の変更点が全部書かれています。因みにこの透視図が大好きなんですよ。ずーーーっと見ていても飽きません(病気)


Ⅰ.外観 からスタートです。フロントとリアのバンパーは確かに別物ですけどね(苦笑)それぞれのカラード変更までもちゃっかり項目を使ってます。リアコンビランプの変更もヘッドランプと同様にGT、TI系の同一扱いで良い気もしますが。


Ⅱ.機構 です。後期のハッチバックはリア周りがブラックアウトされましたが、前期でもリアナンバー横のプレスラインから下が黒く塗られた車両を見た事があります。あと、新外板色の採用て。また「外板色ホワイトに内装色2色設定」って、赤のPASSAGEシートが選べる裏技の事でしょうか?


MTのギア比変更点まで書いてます。ATのアウトプットシャフト強度向上やLD28の噴射ポンププランジャー径変更って相当マニアックな内容ですよ。


出ました、マフラー部品変更。後期のターボGTはRSとマフラーの互換性が断たれます。前期は同じでしたがRS用が銀でGT用が黒と色分けされてましたよね。


Ⅲ.内装、装備品 です。システムコンポだけで4項目も使っています。徐々に反則が目立ち始めて来ました。


シート地の変更も全車で良くないですかね?連続式ウォッシャー採用って、前期の間欠ウォッシャーから普通に戻しただけですから(笑)


だいぶインチキ臭いですが、一応101項目ありました。マイナーチェンジ後も更に変更が進められます。防錆鋼板が採用になったりL20ETのタービンが日産内製に変わったり、RS系のドライブシャフトが4本留めになったりとキリがありません。前期で遂に史上最強のスカイラインを発表して乗りに乗ったR30、さあ後期はこの勢いをどの様に展開して行くのか?101項目もの変更を施す辺りに日産の相当な気合いを感じます。やっちゃえ日産!


考え続けても答えが出ない・・・。
気のせいのような、気のせいではないような。やっぱり気になるR30の謎⑬でした。
Posted at 2016/11/23 08:13:19 | コメント(2) | トラックバック(0)
2016年11月16日 イイね!
R30の今後について考えるいつも部品の注文をしているのは最寄りの日産プリンス系ディーラーです。注文と言っても全て「製廃です」の答えしか返って来ないので、ここ最近は購入にまで至っていないのが実情です。欲しい部品が片っ端から製廃で撃沈が続いていますが、今日もまた小さなクリップとリアショックのダストブーツの在庫確認に行きましたが敢え無く製廃でした。

ここの工場長さん、「私、R30の事が好きで堪らなくてこの会社に入ったようなもんですから。」と嬉しそうに語るほどR30を愛している方です。嬉しいですね。部品の注文時にも「R30の頃はこうでしたもんね!」なんて言いながら盛り上がる事もしばしばです。でもメカニックの中でLやFJの事が分かる人は既に居ないそうです。現実問題、そんなエンジンを搭載した車が入庫する事は皆無に等しいですから仕方の無い事ですけどね。R30に関する資料も配線図とサービス周報が数冊あるのみにとどまる上に使用するのは社員ではなくて顧客の私だけというような状態です。

部品検索の間にいつも座らされる席が決まっていて、目の前に歴代スカイラインの写真が飾られています。おそらくP&Sミュウジアムで撮影して来たものだろうと思われます。



スカイラインにはニックネームが与えられるのが常ですが、注目の6代目。言いたい事は分からなくもないですが、ポールニューマンて・・・。せめてニューマン・スカイライン、もしくは鉄仮面と書いて欲しかったです。



この店舗も数年前に建て直されたので現代風の建物になっていますが、以前は如何にも日産プリンスというトリコロールカラーが施された店舗で情緒がありました。オイルやガソリンの匂いがかすかに漂い、工場内に響くインパクトレンチや電話呼び出しの音が何とも言えない雰囲気を醸し出していました。そんな正に”工場”の二文字が似合うこの場所から新車のR30達がオーナーの元へ巣立って行ったんだなぁと、遠い昭和の時代に想いを馳せていたものです。これは現在残っている全てのR30に言える事ですが、高額であったにも関わらず新車を購入してくれた先人達がいてこその中古車流通なのは紛れもない事実です。40万6,432台もの数をよくぞ買ってくれたと、時に感謝の気持ちでいっぱいになります。

そんなR30もデビューから35年を迎えて既にヒストリックカーの領域に入っていますが、旧車を取り巻く環境は日に日に厳しさを増しています。自動車税の増税は新車購入を促すためだけのものであって環境への配慮とは到底解釈し難く旧車イジメ以外の何物でもありません。そういった理不尽極まりない扱いの中でも旧車人気は高まる一方の様子ですので、車が持つ本来の楽しさを求める同志はまだまだ沢山いるのだと胸を撫で下ろす面もあります。
しかし昨今の旧車価格の高騰は異常と言えます。アメリカで旧車人気が高まったのを皮切りにどんどん海外に流出しているようです。また利潤ばかりを追い求めるショップの存在も価格高騰に拍車をかける要因であると言わざるを得ません。R30での金儲けは絶対にやめて頂きたい!
私個人としてはR30はこの先もずっとプレミアとは無縁の庶民的な車であって欲しいと願っています。R30に興味を持った若者が初任給で手にする事ができ、車の楽しさを存分に味わえるような身近な存在であり続けて欲しいです。その方がR30が持つ本当の良さを心底分かち合える仲間が増えると私は考えます。

櫻井さんが手掛けた最後で最高のスカイラインであるR30。この唯一無二の存在である永遠の名車を安心して楽しみ続けられる世の中となってくれる事を願わずにはいられません。
Posted at 2016/11/16 19:38:55 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月10日 イイね!
R30の謎⑫気のせいのような、気のせいではないような。やっぱり気になるR30の謎です。


前期のオプションカタログです。R30にとってADthreeはもはや鉄板ブランドですよね。ここでは説明不要な超定番のパーツが紹介されています。



その①
エアコンの説明です。オートエアコンと標準エアコンが選べるんですね。


標準エアコンというか、天然エアコンですけど(笑)



その②
前期のシステムコンポです。これには「テクニクス」と「ダイバーシティ」の2種類が存在します。チューナー部分が二段重ねになっているのがバブルコンポみたいで良いですよね。また、前期のクラスターリッドはラジオのフェイス部分を兼ねた穴開きの壁がありますが、システムコンポ用の物は最初から大きく切り抜かれているんでしょうか?機種も好きな方を選べたのかも不明です。


「スカイライン システムコンポ」はクラリオン製のようです。


「テクニクス システムコンポ」は読んで字の如くテクニクス製です。これで日立製だったら怒られますよね(笑)


どうやら「スカイライン システムコンポ」=「ダイバーシティ」のようです。なるほど、だからリアガラスにもサブアンテナがあるPASSAGEしか「スカイライン システムコンポ」が選べない訳ですね。納得しました。


そうなって来ると、ハッチバックのエクストラはハッチガラスにもサブアンテナが仕込まれている訳ですか!希少な上に更に希少なハッチバックのエクストラです!


同時期のC31ローレルでは「ハイクォリティ サウンドシステム」と言う名前になります。ダイバーシティ付きを採用しなかった事から、ローレルのリアガラスにはサブアンテナが無いという事が分かります。配色も明らかにオーディオ部分だけが目立ってますし、トンカチレバーもESやRS系のような黒メッキなのでローレルもブラックフェイスを採用した方が良かった気もしますよね。


そして某雑誌に出ているフルオプションの鉄仮面ですが、何故か前期用のシステムコンポが着いています。前期はサウンドバランサーで各スピーカーに音量を分配するため、そちらも小物入れの部分にちゃんと設置されいますね。ここの幅が合わないために左右にスペーサーを入れてある辺りに芸の細かさを感じます。でも何でデッキがクラスターリッドから飛び出す形で取り付けられているのでしょうか?クラスターリッドの穴の大きさは変わっていないはずですし、デッキのサイズ的にも中に収まると思います。そもそも前期と後期ではオーディオ系のハーネスが違うので取り付けはかなり大変な作業になります。部品が少ない現代で仕方なしに前期用を取り付けるのとは訳が違い、新車時にそこまでしてわざわざ前期用を取り付けた心理が分かりません。しかもRS-Xはダイバーシティに対応しているにも関わらずテクニクスを選んでますし、カセットデッキとチューナーの位置もあえて左右反転させています。これにはオーナーのみが知る何か深い理由がありそうですね。


「ガーニッシュ部分もスモークに変更されている」いえいえ、違いますから(笑)鉄仮面のグレーのテールランプにGTのガーニッシュが着くと不思議な感覚ですね。



その③
こちらは後期のシステムコンポです。この時代の日産お得意カラーですね。前期型最初期はブラック、小変更時にグレー、マイナーチェンジでシルバーと、内装も刻々と様変わりしていきます。好みが分かれる部分でもありますよね。個人的にはシルバーも渋くて好きですが、塗装の耐久性に難ありです。注意書きに(ただし、ハッチバックを除く)と書かれている事から、後期型のハッチガラスにはサブアンテナが無い事が分かります。


このシステムコンポもC32ローレルのメダリスト系に使われています。でもカセットデッキのボタンが押し込むタイプです。このカセットデッキはY30にも多く使われていますよね。


と思ったらフェザータッチ式のタイプもあるようです。APSのインジケーターも確認できますので、これはR30の物が中で二段重ねになっているだけです。C32も20年位前には解体屋でたくさん見たのにスルーしていたのが悔やまれます。


C32には更に上位機種の「エミネンス サウンドシステム」が存在します。これはメダリストの上級グレードであるエミネンスに採用された物でグライコまで着いちゃいます。R30への流用は難しそうですが、現物があれば是非とも挑戦してみたい逸品です。


少し脱線しましたが、PASSAGE、P.N.V.、RS-X等のブロンズガラスを採用する車両はリアガラスにサブアンテナがありますので、標準デッキでもダイバーシティ付きとなります。


そうなると気になるのがサラブレッドXです。リアワイパー付きでブロンズガラスという事は、おそらくRS-XやP.N.V.と同じガラスを使用しているはずですのでオーディオもダイバーシティ付きのデッキになるであろうと予測できます。


でもチューナー部を見るとツマミはTIの物と同様の黒です。更によーく見ると、FADER調整がありません!と言う事は・・・。


サラブレッドXはフロントのみの2スピーカーなんですね!


リアワイパー付きのブロンズでサブアンテナが無いガラスが存在するのでしょうか?それとも単に配線を繋いでないだけなのでしょうか?更にPASSAGEはリアワイパー無しのブロンズでサブアンテナ付きになります。でもTI PASSAGEはどうなるんでしょう?


流石のTI PASSAGEでもリアスピーカーは無く、フロントのみの2スピーカーのようです。


必然的にチューナーも2スピーカー用となります。


ブロンズガラスやパワーウインドウ、リアエンブレムの説明はありますがリアガラスの詳細までは分かりません。



ここでハッチバックを除いたリアガラスの種類を考えてみます。仮に全種類が存在したと仮定すると・・・

①ブルー、リアワイパー無し
②ブルー、リアワイパー有り
③ブロンズ、リアワイパー無し、サブアンテナ無し
④ブロンズ、リアワイパー無し、サブアンテナ有り
⑤ブロンズ、リアワイパー有り、サブアンテナ無し
⑥ブロンズ、リアワイパー有り、サブアンテナ有り

の6種類。更に2ドアと4ドアで違いますので、全部で12種類!ただ、後期TIに2ドアは存在しないため2ドアのTI PASSAGEの分を引いても11種類です。流石にこんな事はしないですよね?またサラブレッドXやTI PASSAGEのリアガラスにサブアンテナがあったとしても8種類は確実です。リアガラスだけでも凄まじい数になります。こりゃ部販も大変ですよ。

どれだけR30に気合い入ってたんだよ日産自動車!あの時の熱い情熱を今こそ部品の再販に注いでみてはくれませんかね?・・・無理ですよね(悲)


考え続けても答えが出ない・・・。
気のせいのような、気のせいではないような。やっぱり気になるR30の謎⑫でした。
Posted at 2016/11/10 10:09:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月06日 イイね!
カーフェスタ諏訪湖 2016でろい屋さんのお声掛けでエントリーさせて頂きました。今回は展示車両としての参加になります。楽しみですが少し緊張しますね。

6:30に姨捨SAに集合ですので5:45に出発しました。晴れの予報が中野市は雨混じりの強風です。何で??
今日はテッポロトルさんが市民大清掃に参加されているために後から来られますのでRS-FLAMEさんと2台で諏訪を目指します。



諏訪湖SAで偶然にもバンカーDR30さんと合流し、朝食をとってから会場に向かいます。旧東洋バルブの跡地である会場は広大な工場内です。雨風が凌げるのでこのような催しには最適の場ですよね。
R30軍団は前泊組と当日組で配置が分かれてしまうところでしたが、でろい屋さんが事前に交渉して下さったお陰で一列に並べる事ができました。ルーフアンテナが延々と続くこの構図。壮観です。



おっと、ここでは最新型ニューマン・スカイラインの新車発表会が開催されています(爆嘘)



バンカーさんとお揃いのナンバープレートを着けてのツーショットも念願叶いました。見学者の方の中からも「新車の展示会みたい!」という声が聞こえて来ました。作戦大成功でしたね!



個人的には発動機も楽しめました。このメカが堪りません。



コチラはご厄介になりたくないクルマ達です。でも各車には工夫がいっぱいでした。



子供達も重機を操縦させて貰ってご満悦でした。



楽しい時間はあっと言う間です。会場からの退場シーンも見逃せません。R30の渋滞は全く苦になりませんよね。



場所を諏訪湖畔のヨットハーバーに移して撮影&帰りの会です。諏訪湖からの冷たい風が容赦なく吹き付けます。良く考えたら、もう11月ですもんね。寒い訳です。






最後はでろい屋さんの〆のお言葉で解散になりました。でろい屋さんには大変お世話になりありがとうございました。細かいお気遣いのお陰で出席者みんなが楽しむ事が出来ました。参加された皆さんも楽しい時間をありがとうございました♪

Posted at 2016/11/06 20:27:20 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
北信州に生息しております”田んぼES”と申します。 日産ファンでもスカイラインファンでもありません。R30スカイラインという車が大好きなだけです。直6はL...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
R30好きな皆さんと仲良くして頂ければ幸いです。お気軽にコメントやメッセージを入れて下さいませ。お友達申請も大歓迎です♪
15 人のお友達がいます
f2000f2000 * でろい屋でろい屋
ミナミナミナミナ 二台流二台流
テッポロトルテッポロトル 赤黒ペンギン赤黒ペンギン
ファン
20 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイライン 青ポール号 (日産 スカイライン)
R30の中でもポール・ニューマン バージョンが持つ独特の雰囲気が好きでした。この車は子供 ...
日産 スカイライン 白ポール号 (日産 スカイライン)
どうしても、どーしてもポール・ニューマン バージョンの4ドア4ATが欲しくて、オークショ ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.