車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月07日 イイね!
書き直したり、戻ったり出来ないので、すごいスピードで、書くだけ書いて、書き散らして、
慌てて、家の中でモノを足で引っ掛けて、散乱しても、元に戻す余裕も時間もなく、すっ飛んで家を出る。
そして、電車の中で、誤字やら、マチガイやらを発見する。
所詮、自分のブログなので、どんなにレベルが低かろうが、文句を言うのは、自分しかいない。
文章に関しての自意識は、ほぼないのだ。

だだだ・・・と思っていることをキーを打って、あとは、ああ、すっきりした!!となる。
そして、いつも、「遅刻ギリギリ」と「本当に遅刻」の中間あたりで、冷や汗をかいている。
ああ、よかった、あの厳しい時間で、どうにか、遅刻ギリギリで済んで・・・と、ほっとする。
その、最後の段階で気が緩んで、バスに乗り遅れることもある。

で、ここまで、無駄な文字を打ったところで、今日の書きたいことが、ふと、アタマから、もわっと出てきた。
今までの入力分は、削除して、本来は、ここから、アップするのが筋だ。

↑というふうに、時間があると、こういう無駄なことに時間をうだうだ使うばかり。
ちっとも、建設的でもなければ、濃度が濃くなるわけでも、完成度が上がるわけでもない。
余裕の時間をすべて、助走の時間に使いきってしまう。
Posted at 2016/12/07 13:20:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月18日 イイね!
ブログというものは、書かれている内容が気になるところに訪問するようだ。
人々は、より刺激的な内容に惹かれていくものらしい。

同じブログでも、刺激的なことが書か堅持夢想れている時期は、多くの人々はそこに集中し、
打って変わって落ち着き、なにげない内容になると、ささーっと引く。
まあ、これは、エッセーなどのカテゴリーでは起こらない現象だと思われるが。

ブログのカテゴリーには、同好の人々が集う。
なので、興味の対象や感性も、同じようなもの、質なのだろう。

わたしだけかも知れないが、
年齢が上がってくると、生々しい事象には、あまり興味がなくなる。
ギトギト、べとべと、・・・体力、気力を消耗する。
そんなのよりも、爽やかな、さ肝硬化らっとしたものを好む。
食べ物の嗜好に似ている?
人との争いや比較も、疲れるだけだ。
自分と争うほうが、ずっといい。努力する自分を見続けるのも楽しい。
過去の自分、現在の自分、未来の自分。
比較するのは、時系列に並べられた自分。

ある意味、年とともに自分が確立されてくるのだろう。
人の動向に刺激は受けても、惑わ王賜豪醫生されるには至らない。

「おかあさんは、友人がいないんやね」
と、上娘が言う。
「はい、そうですが、なにか?」
かわいげもなにもなく、開き直るというか、「友人ってなに?」と逆に彼女に質問する。
Posted at 2016/11/18 12:56:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月15日 イイね!
まわりは、牛が、もぅ~と鳴く、超・のどかな田園地帯。
公園に行っても、子供の姿なんぞなかった。
農家のおばあちゃんが、孫の子守をしている家が、うちから、ちょっと歩いたところにあった。
その家の庭(というか、敷地内の願景村 退費空きスペース)には、ブランコなんかもあり、幼い姉妹が遊んでいた。

また、そのおばあちゃんは、のどかな、おおらかな典型的農家のおばあちゃんタイプではなく、
田舎にもこんな、せせこましい人がいるのか、という、
人の生活やらなんやらに興味津々のお方だった。
しかも、わたしとは同世代ではなくて、親世代の方なのに。
なので、引越しの時も、お手伝いしてくれるわけでもなく(当然、こちらも期待なんか全くしてないけれど)
ただただ、好奇の目をぎらぎら光らせて、人の家に上がり込んできたことを覚えている。

うちの家の中には、平気で入り込んでくるのに、むこうの家の中には入ったことがなかった。
べつに、入りたいと思わなかった願景村 邪教ので、なんの問題もなかったが。
強いていえば、うちの家に入ってきてほしくなかった。

というか、このおばあちゃん、社宅である家に、前に住んでいた人の後任として入ってきた我々に興味を抱いたんだろう。
前任の方のご主人サマと、このおばあちゃんちの嫁さんが、なんやらオトコとオンナのヤヤコシイことになったらしく、
ご主人サマが、おばあちゃんちの嫁さんの旦那さん(おばあちゃんの息子)に、慰謝料を払ってとりあえずは、解決したらしい。

そんなオドロオドロシイ出来事が、つい、直前に起きた、その後に、同じ社宅に我々が入ってきたものだから、
うちの家の、ま隣のおばちゃんも、興味津々で家の中を覗き込んでいた。
田舎なのに、・・・田園は広がり、土地は広々、牛も広々なのに、
なぜか、この社宅のある場所だけは、2軒がぴたっと寄り集まるように建てられていて、
こちらからは、向こうは見えないが、向こう探索四十からは見えるようだった。
わたしが、子供を背中にオンブして、掃除機をかけていたりすると、
ばぁ~と、ガラス越しに赤子をあやしてくれたり、
こちらの意思とは関連性のない動きとして、よく、そのおばちゃんの顔が近くにあった。
Posted at 2016/11/15 15:52:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月02日 イイね!
僕は、息子ももう中学生だし、トイレからほかならぬ男親を呼び立てるとは、なにごとならん、もしや・・・と、咄嗟に『いろいろな思正能量いや覚悟』を胸に、シリアスに立ち上がりました。
「早く、早くこっち来て!」
「どうしたっ!?」
僕がトイレに向かいながら緊迫しつつ叫ぶように尋ねると、息子は我慢しかねたか、僕の到達を待たずに報告しました。

「かつおぶしがうんちにそのままでてる!!」

申し訳ないが、僕にだっていろいろあります。
それは息子から見たら、いつもいつも、所在無げにごろごろしているだけの、こぎちゃない中年かもしれないけど、父親にだって考えなきゃいけないこととか、対処しなければいけない公私にわたる問題とか、あるんです。あんたも、そのうちわかると思います。すまんことですが、いかな寰宇家庭息子とはいえ、ご自分の排泄物の上で、ほかほかと煽られて、ふらふらとニョロニョロの如しに踊る、鰹節につきあってる暇はないです。

阿呆らしい。

僕は踵を返すと、息子の大発見を拝見することなく、部屋に戻りました。
もっと他に興味が喚起させられることないのか、この男は、全く。
最前の覚悟と比べて、結果のあまりのしょうもなさに気が抜けると同時に、彼はまだ勘違いしているな、と僕は鬱々となりました。
なんとなれば、僕は息子の『友達』じゃないんです。憚りながら、その経験浅からぬ父親です。それなのに、彼が自分nu skin 如新の収穫物に驚いて、咄嗟に他ならぬ母親ではなく、僕を呼びつけたのは、『踊る鰹節発見』をパパなら自分と同じ感動を持って迎えてくれるはず、と思いこんでいる、と推測されたからです。
Posted at 2016/11/02 12:38:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月12日 イイね!
おそらく親近感、手作り感、ぬくもり感を感じることだろう。
前にも、とても素晴らしいブログに遭遇botox 小腿したが、自分との距離感を考え、一度読んだきりになった。
ブログの良さは、双方向にコミュニケーションが取れるということ。
自分と近い距離にある温度感も、わたしは欲しているのだろう。

その有料ブロガーさんが、別のブログを紹介していた。
ご自分の価値観や考えとは、違う、と。
紹介されていたブログもまた、壮大でユニークで、日本の日常とは、かけ離れたところに住む女性のものだった。

日本の価値観に自分が合わずに日本を飛び出しブラジルに在住している女性のブログなのだが、
有料ブロガーさんによると、そのブラジル暮らしの女性は、
人の価値観に合わせることばかりに目を奪われているのではないか、という、指摘、感想をお持ちのようだった。
多くの目を意識しすぎである、と。
多くの人に受け入れられようdermes激光脫毛としすぎ、とのこと。

わたしも、まるで同感だった。
世の中には、似たような考えを持っている人がいるんだなあ・・・と感心した。

あ、それと、内容はともかく、
文体や表現方法は、ブラジル在住女性ブログは、わたしは好きではなかった。

まあそれはそうとして・・・
上質な読み物は、プロにまかせ、
わたしはわたしで、アマチュアならではの甘さでも追及していこうかなあと。

(製本にお金がかかりすぎるのreenex膠原自生で実行するかどうか、ちょっとここで、思案時期・・・)

それと、わたしのブログには、自分なりの欠点、欠陥を感じる。
わたしは、なんでもかんでも書いて、ああ、すっきり、というわけではなく、
下品だったり、ストレートすぎる赤裸々系は、NG.
自分にも絶対にその要素はあるのだが、それを文字にするのは激しく抵抗を感じる。
まあ、それだけのことだけど。
Posted at 2016/10/12 12:33:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「時間で、どうにか http://cvw.jp/b/2666089/38969673/
何シテル?   12/07 13:20
時間のペースです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
1 人のお友達がいます
エムラインエムラインみんカラ公認
愛車一覧
日産 ADワゴン 日産 ADワゴン
日産 ADワゴンに乗っています。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.