• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

にゃんこまるのブログ一覧

2017年05月27日 イイね!

ドライブ in リアル脱出ゲーム

ドライブ in リアル脱出ゲーム先日、リアル脱出ゲームに参加して来ました。

以前よりリアル脱出ゲームには何度も参加しており、ブログでもたまに紹介をしておりますが

「リアル脱出ゲーム」とは2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマットをそのままに現実 世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されている。2007年に初開催して以降、現在までに330万人以上を動員。日本のみならず上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を熱狂の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテイメントである。
〜リアル脱出ゲームのHPより〜

今年で10年目なんだそうです。

今回のリアル脱出ゲームの舞台は



遊園地です。
その名も「夜の魔王城からの脱出」です。
閉園後の夜の遊園地が舞台となります。

その遊園地の場所は、
東京の稲城市にある「よみうりランド」です。

ゲーム開始は夜なのですが、せっかくなので視察がてら遊園地も堪能して来ました。

日曜日に行ったのですが、
人もまばらな状態。。。
USJやTDL、TDSと違って閑散とした感じが漂います。。。
ジェットコースターもそんなに並ばずに乗ることも出来たりと、長い行列に並んで待つのも好きではありませんが、閑散とした雰囲気の遊園地はちょっと悲しいですね。
遊園地って、あんまり人気がないのですかねぇ。
遊園地を夢の国と感じていた子供の頃と違って、今はそういう感じではないのでしょうかね。

しかし、この「よみうりランド」は2016年に新しいアトラクションエリアが誕生しています。



その名もモノづくり体験型の新アトラクション「グッジョバ!!」

「東洋経済ONLINE」によると、

もともと駐車場だった遊園地入り口付近の敷地2.4万平方メートルに、日産自動車や日清食品など大手企業をスポンサーに、自動車、食品、ファッション、文具という4つの「工場」を新設、計15の新アトラクションを設け、
グッジョバ!!の総投資額は約100億円。同社にとっては1964年の開業以来の大型投資である。イルミネーションイベントの人気でよみうりランドの入園者数は直近5年で約2倍と右肩上がりが続いている。

新エリア効果で2016年度の入園者数を200万台(2015年度比18%増)へと、さらなる成長を目指す。狙いは「受け身」の遊び場から「攻め」の遊び場への転換にある。既存の遊園地にあるジェットコースターなどは、決められたとおりに乗るだけの「受け身」の遊具がほとんどだ。

しかし今、時代が新たに求めているのは工場見学など「体験型」の娯楽である。「このままの遊園地では頭打ちになる」という危機感が100億円投資を決断させた。

4つの「工場」では、ワークショップを通じてクルマや即席麺などの実際のモノづくりを体験できる。高度成長期のモノづくりを担った祖父母世代が孫世代に、楽しみながら自身の仕事体験を伝えられる場を目指している。

ただし「工場」といっても、そこは遊園地。食品や服飾など各工場内で製造工程を辿れる乗り物に乗れば、ジェットコースターばりの激しい揺れが待ち受ける。ここがキッザニアなど、既存の職業体験施設との大きな違いだ。

とのこと。

キッザニア東京は子供向けの職業体験施設であるのに対し、こちらは子供だけでなく大人も楽しめる要素が存在します。
事実、このエリアは他のエリアに比べても人の数が違いました。
待ち時間が1時間のアトラクションもあり、100億円の投資効果は大いにあったと思えます。
この施設の中でも大人気なのがカップヌードルでお馴染みの日清のエリアでアトラクションもユニークなのさることながら、カップヌードルミュージアムのようなオリジナルのカップ焼そば「UFO」のオリジナルUFOを作ることが出来ます。

そんなわけで久々に昼間の遊園地を楽しんだ後は本題のリアル脱出ゲーム「夜の魔王城からの脱出」へ参加。




今回は1000人が参加するというで会場は満員状態。
ネタバレ禁止なので詳細を明かすことはできませんが、リアル脱出ゲームは数々の難解な謎を解き明かすゲームなので、1人で参加するのもいいのですが、チームを組んで知恵を振り絞って解き明かす方が面白かったりします。

制限時間は大抵が60分ですが、今回は70分程度。
遊園地という広大なフィールドを駆け回ることもあり、各々に散らばる謎を探し回り、チームで役割分担と情報共有をしながら謎を解き明かしていきました。

結果は、
残念ながら脱出失敗ではありましたが脱出条件である1つはクリアしてはいたので、悔しいですが、次のリアル脱出ゲームにおいての脱出成功の手応えを感じることが出来ました。




帰りは大半が電車での参加だったこともあり、駐車場は自分の車だけがぽつん
とあったり。。。

ちなみに「よみうりランド」はわりと丘の上にあるため、帰りの道は狭い峠道のような下りが少しあります。
しかも、中央線にはキャッツアイ。。。
後ろにはやたら改造を施したインプレッサWRX STIが煽って来ます。
しかし、そんな煽りを気にせず慎重に峠道をパスしながら帰りました。

その後、遊び疲れたせいもあり、泥のように眠りにふけました。
Posted at 2017/05/27 11:37:07 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年05月19日 イイね!

シビックタイプR(FK2)レンタカー

シビックタイプR(FK2)レンタカー限定750台のFK2 シビックタイプR。
そのうちの1台が千葉県野田市にある「おもしろレンタカー」にあります。

限定の750台の1台が何故、ココにあるのかという疑問などいろいろありますがそれはさておき、お金はかかりますが、唯一、FK2をレンタカーとして借りられるという点ではまさにおもしろです。




しかし、その中で気になる紹介文…




この3ヶ月でキャッツアイを踏んだことによるタイヤ破損、アルミ曲がりが5回以上…

急激なアクセルオンによるオーバーステアが激しいとのこと。
(リバースステア?タックイン?)

個人的にはアンダーを感じますけど…


ちなみに他のスポーツカーにはこんな衝撃的な紹介文が書かれていないことを考えるとタイヤがデリケート過ぎることがよくわかります。

確かに気を遣いながら走ってるもんなぁ…




Posted at 2017/05/19 00:59:39 | コメント(5) | トラックバック(0)
2017年05月03日 イイね!

シビックタイプR(FK2)あるある

シビックタイプR(FK2)あるあるガソリンスタンドにて
「窓をお拭き致しましょうか?」
という嬉しいお言葉。
その嬉しいお言葉の中、窓を拭いてくれますが・・・


ココだけは絶対、拭かれることはありません。
何気にココ、スゴく重要な箇所です。

外から見ると一見、窓には見えないのと
位置的に誰も窓があるとは思わない箇所であるので、
ガソリンスタンドの人が悪くはないんですけどね。



Posted at 2017/05/03 20:32:25 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年05月01日 イイね!

忘れられない味

忘れられない味幼い頃、
「チビ」という雑種のメス猫を飼っていた。
チビは俺が生まれる前からずっと家におり、赤ちゃんの頃は常に俺のそばにいてくれたという。
幼い記憶でもいつもチビがそばにいて、外に行くのもチビと一緒にいたことは覚えている。



※写真は現在の実家の猫の佐助くんです。


常にチビとは一緒だった。
それだけにご飯もチビと同じものを食べていた。

両親もチビと同じものを食べようとするのをわかっているからなるべくチビには人間が食べるものを出していた。
※裏ではキャットフードの缶詰をきっと与えていたのだろうと思うし、まったく同じものを与えていたわけではないと思うが。

チビと一緒に食べていたものとは、
ご飯にお味噌汁がかけられている「ねこまんま」

味噌汁は小魚と大根の味噌汁で、とてもおいしかったのを今でも覚えている。

その後、その味噌汁を越えるおいしい味噌汁に今でも出会ったことはない。





FK2の買うため、そして、FK2を維持するために始めた自炊生活。

たまに味噌汁を作っているとあのねこまんまの味噌汁のことを思い出す。
そして、
あの味噌汁を自分自身で再現出来ないだろうか。と考える。

ちなみに「ねこまんま」だが、
Wikipediaによると東日本はご飯に鰹節をかけて醤油をかけて混ぜ込んだものを「ねこまんま」と呼ぶらしく、一方、汁をかけたご飯を西日本は「ねこまんま」と呼ぶらしい。

東京だが、俺が慣れ親しんだ「ねこまんま」は西日本のタイプのようである。
また、味噌汁の味噌に関しては祖父の故郷である信州で作られた味噌であり、その味噌は自家製味噌だったということがわかった。

ある日突然、味噌汁の味噌が変わり、それ以降、あの味の味噌汁が出なかったのを覚えているが、それは信州の実家で味噌を作らなくなったからなのだという。

もはやこの時点で味は再現不可能に近い状況。
それでもそれに近い味にはとかすかな記憶を頼りに味噌がなんだったのかを思い出す。

確かこうじ味噌で合わせ味噌・・・。
白の比率の方が赤味噌よりも多かった色だった気がする。

そして、
味噌汁の具だが、小魚は煮干しであり、恐らく出汁のために入れた煮干しをそのまま入れた状態にしてあるのだと思われる。



こんな感じだろうか。

煮込んで、煮干しから出たアクを取り、
赤味噌と合わせこうじ味噌を調合し入れ、大根に味を染み込ませるために冷ましてから冷蔵庫で更に1日冷ます。

1日経ち、味噌汁を味わってみるが、
やはりあの味には程遠い・・・。

いつかあの味になるまで試行錯誤はこれからも続く。。。


Posted at 2017/05/01 01:51:08 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年04月30日 イイね!

グレードアップ

グレードアップ先日、車のコーティングが完了し、
さて今回のグレードアップはドレスアップになります。

FK2の方々はだいたいご存知なのですが、



海外のFK2にはフロントとリアに赤いラインがあります。
しかも、海外のタイプは塗装されております。
※写真はファイナルエディション


750台限定の日本仕様のFK2にはそれがありません。
これはこれで良いとは思っていましたが、やはり赤いラインは入っていた方がカッコいいです。

さすがに塗装を行うは出来ないことはないだろうが、
それなりにお金がかかると判断し、他のみん友さんもやられている赤いシールを貼り付けようかと。

ちなみに日本仕様のものも塗装はないにしても赤いラインの箇所は窪みがあります。
しかし、この赤いシールを貼るのはなかなか難しい。
というのもフロントのエアロはまっすぐになっているわけではなく、所々、曲線を描いているため、それなりに工夫が必要で綺麗に貼るにはコツがいるわけです。



というわけで綺麗にラインシールを貼られているみんカラ友達のsennaさんの元を訪れました。




さっそく到着し、作業開始です。

実は。。。
既に製作して頂いておりました。
よって、あとは貼るだけです。
しかも、貼る作業もsennaさんにやって頂いてしまいました。
手際良く、かつそれでいて綺麗に貼って頂いちゃいました。







そして、瞬く間に完成!





スポーツカーなんですけど、赤いラインがあるだけでよりスポーツカー感を与えてくれ、存在感をより引き出してくれます。




せっかくなんでチャンピオンシップホワイトとブラックパールのFK2を並べ
みました。







写真では伝えきれませんが、2台が並んでのこのカッコ良さはヤバいです。

sennaさんありがとうございます!



Posted at 2017/05/01 00:21:20 | コメント(2) | トラックバック(0)

プロフィール

にゃんこまると申します。 車にあんまり詳しくありませんが、ずっと欲しかったシビックタイプRに2016年8月から乗ることになり、それを機にみんカラに登録致しました...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

新型シビックタイプRがベールを脱ぐ!市販モデルを世界初公開 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/07 23:51:37
ホンダ シビックタイプR 現行型、生産を終了 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/11 01:19:16

お友達

あんまり車に関して詳しくないですが、勉強しますので仲良くしてください。
21 人のお友達がいます
伊勢伊勢 * こんなんこんなん *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 モデューロXモデューロX
RYOYARYOYA Hiroto-AHiroto-A

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
念願のホンダ シビックタイプR(FK2)です。久々にマニュアル車なので四苦八苦中です。
ホンダ エアウェイブ ホンダ エアウェイブ
2016年7月まで約10年間乗っていたエアウェイブ。 ある日突然、車が欲しくなり、 当 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.