車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月22日 イイね!
 先日、圏央道の境古河IC~つくば中央IC間が今年の2月26日に開通するというニュースを見て、↓
http://www.e-nexco.co.jp/road_info/open_schedule/kanto/keno01.html

アップルやオートランドテクノ方面に行くのに便利になりますな。Ψ(ω)Ψ

とtwitterでつぶやいたら、年末のワンスマカートレースでご一緒したフォロワーさんから、アップルは閉店したことを知らされ、調べてみると、なんと昨年10月30日に閉店したとのこと…。
 正直に言って、料金設定は最近できたカート場と比べると割高ではあるのですが、体力的に厳しく、かつ難しいコースレイアウトで、最近できた、いわゆるティルケ氏がデザインしたっぽいサーキットにはあまり類がないような魅力のあるコースだっただけに残念です。そういうコースだからこそ一時期ホームコースにしていたというのもあったわけですが。

 更に調べてみると、群馬県のカートランド関越は2015年6月28日で閉店していて、2013年に閉店したカートランドORCも含めると、北関東のカート場で閉店が相次いでいるのが目につきます。あとは、村田杯をやっていたF1カート宮沢湖は、宮沢湖周辺にムーミンのテーマパーク「メッツア」が今年開業することになった(予定)のに伴い、西武ドーム近くに「モーターパーク所沢」と名称を変えて移転した、というのもあります。場所的には、西武ドームで日本ハム戦をやるときに合わせて、ナイター観戦とセットにして行くのもありかな?という気もしていますが…。(笑)

 カート場というと、騒音などの関係で、どうしても交通の便の悪いところにある場合が多いわけで、レンタルカートであれば多くのところで運転免許は不要とはいえ(ネオのように例外はありますが)、実際問題、車でないと行きづらい場合が必然的に多くなるわけです(アップルなども送迎サービスはやってましたが)。その一方で、主に経済的な事情で、若者を中心に車を持てない人が増えているというのも現実としてあるわけで、そうなると交通の便のいいところにお客さんが集中してしまうことになりますよね…。そしてそういうところほど料金設定が割安であることも少なからずあるとあっては尚更でしょう。
 実際のところ、去年自分が行ったカート場で、北関東にあるのはツインリンクもてぎだけですからね…。(^_^;)

 そういう点から言えば、木更津サーキットやサーキットスタジアム634のように、駅からは遠いものの、ショッピングモール内あるいはその近くにあって、最寄り駅からショッピングモールの間を結ぶバスを使って行けるようなところにあるカート場が今後どうなっていくのかが、今後、関東のレンタルカート業界がどうなっていくのかを占う上での1つの試金石になるのかなという気がしています。ショッピングモールであれば、北関東でもいろいろありますからね。
Posted at 2017/01/22 11:14:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 社会 | スポーツ
2017年01月08日 イイね!
昨日、2017年の走り初めということで、木更津サーキットに行ってきました。
 元々は今日の予定だったのですが、午後から雨の予報ということなので、1日前倒ししました。
 3連休初日ではあったのですが、年末年始の休みが明けてすぐの連休ということもあってか、意外と混んでませんでした。

 天気はよくて風はなかったですが、とにかく寒くて、今年一番の寒さじゃないかというくらい寒かったです。その代わり、海ほたるからは割と遠くの方までバッチリ見えましたが。



 少し早めに着くように出かけて、イオンモール木更津で買い物してお昼を食べたあと、13時ちょっと前に木更津サーキットに着いて走り始めました。



 実は、2015年の走り納めの時に買った13回券が5回分残っていました。
 この1月から料金改定があって、保険料100円が走行料金に上乗せされたのですが、料金改定以前に買った分についても、追加料金等を払う必要もなく普通に走れました。

 さて、今年一番くらいじゃないかという寒さということは、気象コンディション的にはタイムが出やすい一方、タイヤがなかなか温まらなくてスピン・クラッシュしやすいということでもあります。

 2017年一発目のタイムアタックでは3号車に乗って、

25秒195

と、Sodi RX-8にマシンが変わってからの自己ベストを更新しました。

 ところで、ここのコースは2本ある長いストレートをヘアピンでつないだコースなので、ヘアピンで曲がれるくらいまでちゃんと減速する必要があるわけですが、昨日は、ヘアピンで十分減速しないで曲がり切れずにクラッシュした方がいつも以上に多い気がしました。しかも、奥のヘアピンのクラッシュパットに突っ込んでクラッシュパットを破壊し、その修復のため1時間弱の間走行中断ということもありました。
 木更津サーキットの場合は、Sodi RX-8に270ccのエンジン搭載という、もてぎカートランドで言えばS車両に匹敵する性能のマシンに基本的に誰でも乗れるというのもあってか、スタッフさんが見ていて、ちょっと危ない走りをしている方がいたら、遠隔操作でリミッターをかけてスピードが出ないようにする措置を取ったりしていました。
 速い人がヘアピン手前まで全開で来ていてもクラッシュせずに曲がれるのは、ヘアピンの手前でちゃんと減速しているからであって、カート走行経験がそれほどない方にとっては、その辺のさじ加減がよくわからないというのは確かにあると思います。今は速い方だって、程度の差こそあれ、いろいろ失敗したりしてそこから学んで速くなったわけで、誰もが通る道ではあるんですけどね。
 自分がカート始めた頃は無限PK-50が主流だったのに対して、今はN35やSodiなど、重くて頑丈で、しかも4スト200ccあるいは270ccといった、よりエンジンパワーのあるマシンが主流になっているという違いがあります。比較的最近できたカート場(個人的には「ティルケ氏デザイン風サーキット」と呼んでますがw)は、ランオフエリアはそれほど広くない割にコース幅が広いところが多いという違いもありますね。ちょっとやそっとぶつかったくらいならば簡単に壊れなくなっただけに、カート経験に関係なく、思いっきりやり過ぎてしまう傾向があるのかも?と、自戒の念も込めて思いました。

 5回分あった回数券は全て使い切りましたが、ラスト1回はコース修復作業のため長時間待つことになり、思いがけずナイター走行になりました。
 イオンモール木更津の駐車場部分の照明もあるので、ナイター照明は明るくて走りやすかったのですが、同じ組で走った常連さんと思われる方が24秒台を出していた一方、自分は7号車で25秒874…。

 結局、1本目で出したタイムが昨日の自己ベストとなりました。(実は意外とありがちパターン爆)

 というわけで、走行を終えて帰宅の途についたのは17:40過ぎになってしまったのですが、アクアラインの渋滞がいつもの週末に比べると少なくて、渋滞の最後尾が木更津金田ICの入口だったので、海ほたる到着以降はいつもと変わらないくらいの時間でした。



 次回は、29日にサーキットスタジアム634を予定しています。
Posted at 2017/01/08 11:18:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | カート・2017 | スポーツ
2017年01月01日 イイね!
新年明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 さて、毎年恒例となっている今年のテーマは、松岡茉優さんがJ-WAVEでレギュラー出演している番組「AVALON」から横取り40萬バロンさせていただいて(またまたそのパターンかよ爆)、

FIGHTING DREAMER


にしたいと思います。

AVALONのHP内の「FIGHTING DREAMERS」のサイト↓
http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/matsuoka/

のマニフェストにはこんなことが書いてあります。

夢のない時代なんて言わせない。
目の前の扉を開こうとする
あなたの勇気を全力で応援します。
夢を掴むために一緒に戦いましょう。


 時代がどう変わろうとも、生きていく上で、目の前の扉を切り開いていくために、いろんな意味で戦う(ここでいう戦うとは武器を使ってという意味ではありませんよ、念のため)必要が出てくるであろうかと思います。

 自分にとっての夢というか目標は、やはり何と言ってもGEN CUPレベルのレースでもちゃんと戦えるようになるようになることですね。どういうコンセプトの耐久レースであれ、誰かの実力不足のせいで順位を落とした場合、同じチームになった方がいろいろ気を使ってくださったとしても本人が一番気にするものなのでね。

 ところで、先月29日にスマホの機種変更しました。
 auにMNP移籍してからは、W43CA→W62SH→SH009→AQUOS PHONE SERIE SHL21→AQUOS SERIE SHL25と、シャープが4代続いていたのですが、今回もまたシャープにするかLGにするか迷いました。最終的に決め手になったのは、ワンセグ・フルセグが搭載されているかということでした。
 シャープの場合は、2つ前のモデルにはワンセグ搭載されているものの、自分が行ったauショップには既に在庫はなく(ヨドバシAkibaあたりならもしかしてまだあったのかな?)、最新モデル及び1つ前のモデルはワンセグ非搭載でした。冬モデルでワンセグ搭載されているのはSONY、LG、サムスンのみ…。

 そこで今回は、LGの

isai Beat LGV34

に機種変更しました。

 同じAndroid端末とはいえ、メーカーが変わるといろいろ勝手が違うことも少なからずあるのは仕方がないとしても、前回に続いて、電話番号などの情報が入ったIC Cardが変わって、今まで使ってた携帯を、故障時などのバックアップ用に使えないのは何とかならなかったのかなとは思いますね。それに伴う手数料とかは別途取られないとはいえ…。
 ちなみに色は、日本ハムファイターズのビジターユニっぽい色のゴールドです。(爆)
阪神タイガースと日本ハムファイターズの二刀流応援は今年で3年目となります。昨年の後半はほぼファイターズの応援に専念する展開となってしまいましたが、今年は、できれば阪神と日本ハムの日本シリーズが見たいですね。(爆)

 ところで、今年の走り初めは、8日に木更津サーキットで予定しています。更にその次は、29日にサーキットスタジアム634に行く予定(仮)にしています。
Posted at 2017/01/01 11:39:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常・その他 | 日記
2016年12月31日 イイね!
自分にとっての2016年を漢字一文字で表すと、



ということになろうかと思います。

 阪神タイガースの監督が金本監督に代わり、「超変革」を掲げて、前任者の( ´◔‿ゝ◔`)とは一転、若手を積極的に起用するなど、いい意味での「変」もありましたが、国内外問わず、悪い意味での「変」も少なからずあったように思います。

 特に、政府に批判的なことを言っていたキャスターが相次いで降板させられ、政府の広報まがいのことをやってる人たちが幅を利かせていることについては、強い危機感を感じずにはいられません。国の最高責任者が正しいと信じる政策(←それが本当に正しいことなのかということに関しては、異論が少なくとも334個はありますがw)を進めていって、それでもなお選挙で多数の支持を得ているのならば(自分は一貫して支持してないですが)、何故政府に都合の悪いことを報道させないように圧力をかける必要があるのか正直わかりません。何か後ろめたいことでもあるんでしょうか?そうでなければ、姑息な工作などしないで、「言いたい奴には言わせておけ」くらいの気持ちで、もっと堂々としていればいいんじゃないかと思うのは自分だけでしょうか?
 「政府が右だと言うものを左だと言うわけにはいかない」など数々の迷言を残したNHK会長が任期満了で交代することになりましたが、それでNHKの報道姿勢が変わるのか、それとも変わらないのかということに注視したいと思います。

 あと、勤め先の事務所が両国に移転になって、実は長年の念願であった「埼玉都民」になりました。お昼を食べる店が実は都内の方が多いというのも驚きではあったのですが、それ以上に驚いたのが、コンビニやチェーン展開している飲食店での外国人スタッフ(大部分は中国系の方と思われますが)の多さでした。こういうのも見て肌で感じているだけに、今の政府の経済政策が本当に正しいのか疑問に感じているところでもあるわけです。

 芸能界では、1年前にも取り上げた女優の松岡茉優さんの活躍は今年もすごかったですね。元日早々、おぎやはぎの2人とテレビのバラエティ番組の司会から始まり、J-WAVEでの1時間半の番組に抜擢されたりといろいろありましたが、何と言っても大河ドラマ「真田丸」に出演したのが一番うれしかったです。他にも楽しみな若手がいろいろ出てきた一方で、週刊誌報道をきっかけに不可解な消え方をした方もいたりとか、浮き沈みの激しい世界であることを思い知らされた1年でもありました。

 カート活動のことに話を移すと、今年は2年ぶりにレースに参戦しました。今年初めて参戦した、澤選手主催のワンスマカートではまあ見せ場は作れた一方、GEN CUPでは、文字通り何もできずに終わったという…。とはいえ、あれで引き下がるつもりは全くないので、ちゃんと戦えるように準備をして再挑戦したいと思っています。

 今年行ったカート場は以下の通り。

 1/ 3 NEO SPEED PARK
 2/21 F.ドリーム平塚
 3/27 ハーバーサーキット
 4/ 9 フォーミュランド・ラー飯能
 4/24 木更津サーキット(ワンスマカート華CUP参戦)※初参戦でいきなり雨(笑)
 5/ 8 ツインリンクもてぎ
 6/11 F.ドリーム平塚
 6/18 新東京サーキット&木更津サーキット
 7/ 2 新東京サーキット(GEN CUP参戦)※2年ぶり参戦するも完敗(; ̄ェ ̄)
 7/17 NEO SPEED PARK
 8/ 7 F1リゾート秩父
 9/11 NEO SPEED PARK(NSP Freshman Race Rd-3参戦)※完全ウェットレース
10/ 2 AZ山梨サーキット
10/30 中央サーキット藤野
11/13 F.ドリーム平塚
11/27 ハーバーサーキット
12/11 NEO SPEED PARK
12/25 CITY KART(ワンスマカートレース華CUP参戦)

 11月くらいには密かに気づいていたのですが、実は、今年はサーキットスタジアム634には1回も行けずじまいだったんですね…。(^_^;)

お世話になったみなさん、どうもありがとうございました。m(_ _)m

 1年の締めくくりに、この動画を貼っておきます。(某マニーさんに対抗するわけじゃないけど爆)
Posted at 2016/12/31 10:54:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常・その他 | その他
2016年12月30日 イイね!
25日にシティカートで行われた、ワンスマカートレースに参加してきました。
 今年は、このレースも含めて4つのレースに参戦しましたが、幸か不幸か、これまで終始完全ドライでレースできたのは、イージーカートを使って行われた7月のGEN CUPのみでした。しかしこの日は雨の心配はなく、通常レベルのレンタルカートでのレースとしては今年初めて(そして最後w)完全ドライでのレースとなりました。



 今回は、1チーム5人の計12チームの参加だったのですが、シティカートの場合、同時に走れるのが最大で6台までなので、全セッションAグループとBグループの2つに分けての走行となりました。(レース結果により途中での入れ替えとかはなし)

レース方式は以下の通り。

☆練習走行25分
 適宜ドライバー交代して、チーム全員が走る。

☆個人スプリントレース
 1人当たり3周のレース×2回走行。各チーム1人目は、練習走行でチームごとのベストタイムのよかった順にグリッドに並んでスタート。チェッカーを受けたらその着順でグリッドに並んでレース2スタート。チェッカーを受けたらその着順でグリッドにマシンを並べて各チーム2人目のドライバーに交代して2人目のレース1スタート。これを5人目まで繰り返す。

☆決勝耐久レース
 グリッドは個人スプリントレースの最終順位。45分耐久レースで、ピットイン時に、走ってきたドライバーが、ビンゴゲームに使うような?ボタンを押すと任意の2ケタの数字が表示される機械を使って抽選して出た数字に応じたアトラクションをやって(出た数字によってはアトラクションなしの場合もあり)、そのアトラクションが終わるまでは次のドライバーはスタートできない。従って、アンカーで走る人はアトラクションに参加する権利がない。ドライバー交代は最低4回、1人当たり最低5周以上は走らなければならない。レース終了3分前にピットクローズとなる。

 スプリントの各レースでのポイントに、耐久レース結果に女性ハンデを加味した順位でのポイントを合計した結果が総合順位となる、というのは木更津のときと同じです。

 今回も例によって個人参加でした。個人参加の人だけで3チームできて、自分は「華-3」チームになったのですが、実は木更津のときも同じチームだった方もいたり、ツイッターやインスタグラムでのフォロワーさんもいたりしたという…。(笑)
 華-3チームはBグループに入りました。

 練習走行とスプリントレースは自分が一番最初に走りました。
 練習走行では、自分が出した35秒189がチーム内のベストタイムで、スプリントのレース1は2番手スタートということになりました。
 シティカートのN35は新しくなって、ブレーキ踏んだ状態でアクセル踏んでも吹けないタイプになってた(前からでしたっけ?)のにスタート時に気づきました。なので、スタートカウントダウン5秒前の表示が出たらすぐにブレーキを踏んだままアクセルを踏んで、「GO」の表示が出たらブレーキペダルだけを離せばいい状態にしていたので、まずまずいいスタートは切れました。
 が、レース1で後続のマシン1台に抜かれ、そのままの順位でフィニッシュ…。そしてレース2は3位スタートで3位のままフィニッシュでしたので、自分個人としては計10ポイント獲得という結果となりました。(^_^;)
 スプリントでの華-3チームの獲得ポイントの合計は62ポイントでBグループ2位となり(1位フィニッシュが3回あったのが大きかったです)、耐久レースは2番グリッドからのスタートとなりました。

 今回のチームでは、自分と同じくらいか、一発の速さでは自分より若干速いかも?という方(ちなみにスプリントでは2勝でした)がいましたので、スプリントである程度見えてきた他チームの戦力も考えて、自分がアンカーに回ることにしました。
 このレースは、ピットイン時のアトラクションも楽しみの1つでもあるわけで、自らアンカーを志願するということはアトラクションに挑戦できる権利を自ら放棄するということでもあるわけですが、ワンスマのコンセプトである「結果に拘らない、安全に楽しむっていうマインド」を遵守しつつ、チーム全員がそれぞれ今できるベストを出し切れる(←結果にはこだわらないけどこれにはこだわりたい、と個人的には考えています)にはどうするのが一番いいのかを考えた結果、そうした方がいいのではないかと考えました。
 今回は、全セッションAグループ、Bグループに分けての走行で、Aグループが先に走る形でしたが、Aグループが走っている間に作戦とかを考えたりする時間が十分あったのでありがたかったですね。なお、当初は50分耐久の予定だったのですが、時間が押していた関係で45分に短縮ということで行われました。

Aグループ耐久ラスト10分の模様↓


 そしてBグループの耐久レースです。
 1人目に走った方がスタートでトップに立って、予想に反してどんどん後続を引き離す展開になりました。薄々は感じていましたが、他のチームは必ずしもチーム内で一番速い人がスタートドライバーではなかったようで…。もっとも、アトラクションで何が出るかによっても順位が大きく左右されるのがこのレースでもあるわけで、実際自分たちのチームも、今回のアトラクションで、各チームにとって今回の最大の鬼門になった「けん玉」を引き当ててしまい順位を落としたりもしてましたからね…。それでも自分たちの場合は、2位と2周差があったおかげでリードラップの2位で戻れたのは不幸中の幸いではありましたが。
 その後コース上で抜かれたりとかもあって、4位で自分の番が回ってきました。
 結果には拘らないのがコンセプトとはいえ、自分の実力不足のせいで順位を落とした悔しさは、今年のGEN CUPで嫌というほど思い知らされたところでもありますので、1つでも順位を挽回しようと、それこそ毎周予選アタックのつもりで走りました。
 5号車?のすぐ後ろでコースに戻り、出ていったラップで秒殺で抜いたあとは、徐々に前との差を詰めるものの恐らくは秒単位でのタイム差はない感じで、途中からは後ろからも追い上げられる展開となり、最終的には6台中4台が1つのフレームに収まるような接近戦となりました(周回数の違いはありましたが)。
 朝の寒さから一転、耐久レースが行われた時間帯には晴れてきて、この時期としては暖かくなったので、正直体力的にはきつかったです。
 結局、前に追いついたところでフィニッシュとなり、耐久レースは4位という結果となりました。前回の木更津と同様…いや、それ以上に文字通り全部出しきった感じで、ピットに戻って立ち上がるのがしんどいくらいでした。



 それもそのはずで、5人の周回数を見てみると、14周→12周→11周→8周→18周(ドライバー交代の周回を除く)と、レギュレーションで決まっていた1人当たりの最低周回数(5周以上)こそクリアしているものの、他のチームのピットインの状況に応じてピットインのタイミングを前後させたりしたしわ寄せが全部自分のところにきたという…。(苦笑)

 とはいえ、スプリントと合わせた総合ポイントではBグループ3位となり、ワンスマ参戦2戦目で初の表彰台となりました。



リザルト↓
http://www.onedaysmile.jp/2016odskartresult.html

澤選手のブログの記事↓
http://minkara.carview.co.jp/userid/145876/blog/39064863/

 表彰式後に行われたじゃんけん大会で、ジャパンカートのカレンダーをゲットしました。前回はまさかの何も当たらないというオチがつきましたが、今回は割と早いタイミングで当たりました。もっとも、今回は全員何かしらもらえて更に「2巡目」もあったのですが。

 忘年会の方は不参加で、レース後東京スカイツリーに行きました。勤務先が両国に移転して、通勤のときの通り道ではないものスカイツリーが見えるところにほぼ毎日のように行ってるにもかかわらず意外と行くチャンスがなかったのと、この日はクリスマスでもありましたのでね…。(ry

 東京ソラマチで遅いお昼を食べたあと、展望台に上がるための整理券をもらって待ったのですが、15時台でもフードコートは大混雑で、空いている席を探すのが大変なくらいでした。
更に展望台に上がるための配布の方は、16時くらいの時点で集合時間17:30~18:00のものを配っている状態でしたが、クリスマスということを考えれば意外と少ないかも?と思いました。オープンしてしばらくは、普段の休日でも整理券もらって2~3時間待ちは当たり前みたいな感じでしたからね…。
ちなみに、自分は入りませんでしたが、隣接する「すみだ水族館」の方も長い列ができていました。NHKでやってたドラマ「水族館ガール」の影響で、水族館がブームになっているんでしょうか…?(←さすがに某恋ダンスほどの影響力はないやろ爆)

 上に上がれたのは暗くなってからでしたが、都内の夜景は言わずもがな、遠くは海ほたるや木更津あたりと思われる明かりも見えました。



 年内はこれで走り納めということになります。各地のカート場でお会いしたみなさん、どうもありがとうございました。

 年明けは、1月8日に木更津サーキットでの走り初めを予定しています。表彰式で、来年の開幕戦は2月19日に木更津サーキットで予定しているという話が澤選手の方からありましたので、それに出れるかどうかは今のところ微妙なところですが、気持ち的には出るつもりで練習する予定です。
Posted at 2016/12/30 17:47:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | カート・2016 | スポーツ
プロフィール
「カート業界も地域間格差拡大? http://cvw.jp/b/267005/39209635/
何シテル?   01/22 11:14
☆ハンドルネームの由来  NHK朝の連続テレビ小説”ちりとてちん”のヒロイン・喜代美のように、不器用で一生懸命なアホだけれど(ただの天然ボケかもしれませんが...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
燃費記録 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 18:25:10
 
燃費記録 2015/02/22 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/22 17:43:38
 
マイリスト機能リリースのお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/07/30 12:31:43
お友達
カートを通して楽しくお付き合いできそうな方、お友達になりましょう。
65 人のお友達がいます
澤 圭太澤 圭太 * ENZO (エンツォ)ENZO (エンツォ) *みんカラ公認
tapiotapio * あくせる_F32/435iあくせる_F32/435i *
オカピー156オカピー156 * 白FD白FD
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ フィットハイブリッド BLUESTAR号 (ホンダ フィットハイブリッド)
2012年5月4日契約。6月3日に納車。
ホンダ シビックフェリオ ホンダ シビックフェリオ
 10年も前の車なのに、ハンドリングが非常によくて乗りやすい車です。 かずみっちことレ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.