• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年09月04日

過去所有の車から ~トヨタヴィッツ TA-SCP10

過去所有の車から ~トヨタヴィッツ TA-SCP10
レビュー情報
乗車形式過去所有
メーカー/モデル名トヨタ / ヴィッツ F_Dパッケージ(5ドア_MT_1.0) (2000年)
乗車人数1人
使用目的通勤通学
おすすめ度★★★
走行性能
自動車評論家の故・徳大寺有恒氏は、著者
「間違いだらけのクルマ選び」
にてヴィッツ初代モデルを評論した時、甥にプレゼントしたという1000マニュアル車について低速トルクも充分で走りがいい…
と評しており、私が購入した動機の一つに氏の評論を踏まえた点もありました。

しかし私の印象としては低速トルクはスカスカに近く、渋滞路や車庫入れ、そして瞬発力が要される状況にて頻繁にエンストし捲りました。
兄が運転した時もやはり多々エンストし、この低速トルクの弱さには辟易したものです。
吹かせば其なりにキビキビとは走ってくれますが、市街地など発進・停止の多い状況下では、どちらかと言えば運転があまり楽しくありません。

ハンドリングは可なし不可なし、よほど攻めない限り怖い思いはしませんが、スニーカーとの相性は今一つでした。
乗り心地
段差や継ぎ目などでは、リヤから突き上げ感が伝わって来ますが、後席でもどうにか許容範囲という処です。
前席なら乗り心地は良い方で、造りの良いシートと相俟って、渋滞さえしなければ長距離ドライブでも疲れません。

高回転まで頻繁に吹かさない限りは静粛性も高い方です。
燃費
一般道の長距離ドライブが最も燃費を伸ばせました。高速走行ではあまり燃費は伸びません。
私の運転で、2007年4月に一度だけ34km/Lを記録した事があります。

それ以外では長距離ドライブで20~25km/L台、市街地中心で13~18km/Lでしたが、晩年は高速走行や市街地などで
10km/Lを割る事も増えました。
積載性
F Dパッケージの後席は一体可倒式で尚且つ可倒レバーが背凭れの裏側ですので、トノカバー装着時は降車しないと操作出来ず、使い勝手は難がありました。
可倒すれば、ある程度のガサ物も積めますが後席を可倒した時の段差は大きいので、荷物の内容に拠っては注意が必要です。
故障経験
納車されてから4ヶ月後の2006年4月から、チェックエンジン警告灯が多々連続点灯するようになり、酷い時は全般に吹け上がりがグズり気味になりました。
ディーラーでは点火系ではとの事で、2年近くは断続的に発症しました。

また標準装備のインテグレート型ステレオは2010年頃にCDの音飛びを繰り返すようになり、修理に1ヶ月半近く掛かりました。

2012年12月28日の朝、通勤の為に出発した直後にヒーターコアが破裂し、車検・修理代が段々と高額になって来たのに嫌気が差していた事も重なって、修理を見送り廃車にした次第です。
満足している点
・ソティリス・コヴォス氏の手に成るスタイリング。
・乗り心地も良い方で、渋滞さえしなければ長距離ドライブでも疲れにくい。
・前席のシートの造りが良い。
・居住性。
不満な点
・低速トルクはスカスカ、渋滞路や車庫入れ各々、合流する時などの瞬発力が必要とされる状況下でエンストしやすい。
・アイドリング時のエンジンの音質。よく大昔のディーゼル車みたいと嘲笑された。
・ステアリングの位置は、個人的にもう少し高めの方がいい。チルトの調節範囲も狭い。
・前方視界。ウインドウ面積は広いように見えるがAピラーの形状と位置が悪く、特に斜め前の死角が大きい。
・冬季のデフロスター能力に難がある。
・ワイパーの払拭は助手席側がかなり悪く、同側のゴムが短期間でダメになりやすい。
・ヘッドライトが暗い。何度か夜間に複数の人に貸した時も、必ずハイビームのままで返って来た。
・リヤホイールアーチ前部はチッピングを受けやすく、晩年は当該箇所の塗装が無惨な姿になった。
・物入れ関係。数は多いが容量が中途半端。
・フロントディスクブレーキ関係の弱さ。頻繁に高速走行する用途には不向き。
・フロントウインドウはガラスが薄いのか、ヒビや傷が付きやすかった。
総評




2005年12月に中古購入し、2012年12月まで丸7年間乗っておりました。

本音としましては1500RSのマニュアル車が欲しかったのですが当時は中古でもかなり高価で、ヴィッツの前所有車だったカリーナEDのオイル漏れが重篤化していた事から、予算上の都合に加え時間の制約も重なり
1000F Dパッケージとなりましたが、走行性能の項にて述べた経緯から、初めからマニュアル車以外は考えませんでした。
後々、スカスカの低速トルクに散々泣かされる事になるとは知る由もなく…

2008年1月から2009年12月まではジムニーJA11パノラミックルーフと、2012年2月25日に納車され現在に至るサンバートライXVと各々の併用期間もありましたが、実質的にはサンバートライXVの前所有車となります。

車体色はダークブルーマイカ(8K8)で、
初年度登録は2000年9月です。


中古(ディーラー)とは言え経済車として購入した積もりでしたが、車検及び修理代諸々は常に前所有車だったカリーナEDを大きく上回り、後に私が貨物登録の軽自動車しか所有出来なくなった遠因になってしまいました。

2012年12月28日の朝に、通勤の為に出発した直後にヒーターコアが破裂してしまい、上記の通り維持費が高くなっていた事に嫌気が差していた事も重なり、修理を断念し廃車にしました。

もしもう一度ヴィッツ初代モデルに乗るとしましたら、やはり1500RSのマニュアル車に乗りたいです。
今やヴィッツ初代モデルも、たまに見掛けるも経年で疲弊した個体が多くなって来ておりますが、1000ccの1SZ-FE型エンジンを選ぶなら、無理してマニュアル車にせずオートマ車にした方が良いかと思います。
ブログ一覧 | クルマレビュー | クルマレビュー
Posted at 2016/09/04 06:00:57

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

過去所有の車から ~トヨタカリーナ ...
志津川みずき振興會さん

愛車紹介の項について
志津川みずき振興會さん

2016年8月12日撮影 ~スバル ...
志津川みずき振興會さん

1月も半ばとなりましたが
志津川みずき振興會さん

代車として乗りました ~トヨタヴィ ...
志津川みずき振興會さん

どうにか元気でございます ~サンバ ...
志津川みずき振興會さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「みんカラ:モニターキャンペーン【フィリップスLEDヘッドライト】 http://cvw.jp/b/2670667/41130348/
何シテル?   02/22 01:08
スバルサンバートライXV・ECVT車(V-KV3)を所有しております。 年波が隠せないボロ車ではございますが、経年劣化そして相次ぐパーツの製廃と闘いながら、悪...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

"スバル サンバー"の愛車アルバム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/19 01:16:18
沢山荷物が入ります(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/03 06:59:43
初年度登録から四半世紀が過ぎ、経年劣化に拠る課題は尽きません【再投稿】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/17 03:16:38

お友達

プロフィールに於ける自己紹介
「お友達について」
の項を熟読して頂きたくお願い致します。
55 人のお友達がいます
利根川の天然水利根川の天然水 * Aki@MiyagiAki@Miyagi *
シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認 銀狐銀狐 *
じろうさわだじろうさわだ * 青葉裕紀青葉裕紀 *

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

スバル サンバー スバル サンバー
みんカラ内では既出になりますが、主に運転しているのが私ですので、所有形態はメインにて登録 ...
スバル R2 スバル R2
メインとして登録しているサンバートライXVが依然としてトラブルの頻発が続き、短距離の走行 ...
スバル サンバー スバル サンバー
私が初めて乗った方のサンバートライです。 また免許を取得して最初に所有した車でもあります ...
トヨタ カリーナED トヨタ カリーナED
1996年11月にサンバートライXSが貰い事故にて廃車になり、 代車のミニカ660ピアチ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.