• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ムインのブログ一覧

2014年02月03日 イイね!

南アフリカの鉱山ストでプラチナ価格が高騰するらしい

南アフリカの鉱山ストでプラチナ価格が高騰するらしい1月24日(金)のテレビ東京のモーニングサテライト(朝5:45~朝6:40)でウォールストリートジャーナルの記事が紹介されていた。

最近、プラチナの不足で価格が高騰しているが、南アフリカの鉱山の賃上げストライキが木曜日から始まり、ストライキが長引けばさらに供給不足になり年末には1600ドル(1トロイオンス)に上昇するかもしれないというアナリスト予想だった。


そんな話を聞いたうち欲の皮のつぱった人はどうするだろうか?
値段が上がるなら買いたいと思うだろう。



でもニュースというのは、「株価上昇!これからもっと上がるかも!」という場合は、前半は過去の実績、事実としても後半の予想の部分はあてにならない。

株でも商品でも売買するには相手が必要なわけで、大口の買いがあったとして、値が上がって評価上の利益を確定させるためには、誰かに売らなければならない。

売りつける相手(買手)を市場に呼び込むための情報じゃないのかな?

もうすぐ3月で期末だし決算用のネタの可能性は高いだろう。

そう見たら「年末に1600ドルも」とか、すぐに文句を言われないように”年末”とか”アナリストがいうてる”とか”もありうる”のような可能性を示唆しているだけだから、結果的に値段が上がらなくても責任を取らなくてもよいように断定はしていない。
無責任な予想情報を無責任に垂れ流す理由は・・・欲の皮の突っ張った個人投資家に買わせたいのだ。それしか思いつかない。
後から来たやつにジョーカーを引かせたいんだ。

そもそも「投資、投機は自己責任で!」という一言で文句は受け付けないのだ(笑)

そうみたら経済紙なんて、人間の欲望をあおるだけで責任を取らない落書きのようなもの。

逆にそこまで相手(情報の出し手)の考えを読めば、損をしないし、同じ行動を取れば、おこぼれにあずかれるかもね。(コバンザメみたいに生き残る作戦としてはアリだろう)

NY価格でみても


東京市場でみても


さがっとるがね!

1/21(火)高値、終値4795円(4800円に届かず)翌日から1/31(金)には終値4480円まで315円の値下がり。

NYだと米紙の日付は1/23だから終値1460.65ドル→1377.90ドル
82ドルもさがっとるがね!

標準偏差で見ると+2σから-2σまで見事な値動きだがね!

商品市場は規模が小さいからすき放題にできる・・・可能性は否定できないだろう。

/////
大規模なスト再発リスクに怯える南アフリカのプラチナ鉱山業界
小菅努 | 大起産業(株)情報調査室室長/商品アナリスト 2014年1月21日 9時10分

1月の貴金属市場では、プラチナ相場の高騰が目立っている。ドル建て相場を年初来の騰落率でみると、金・銀・パラジムがそれぞれ4~5%程度の値上がりになっているのに対して、プラチナは約7.6%の急伸となっており、約2ヶ月半ぶりの高値まで上昇している。

金価格とプラチナ価格の価格差(=プラチナ価格-金価格)も、昨年末の170ドル前後から足元では220ドル台まで広がっており、貴金属市場の中でプラチナ相場のパフォーマンスが向上しているのは明らかである。

背景にあるのは、南アフリカで今週中に再び大規模なストライキが発生するリスクだ。

南アフリカでは、昨秋から鉱山会社と労働組合が賃上げを軸とした労使交渉を本格化させている。一部労働組合は同国のインフレ率を上回る賃上げ案の提示を受け入れたが、主要労働組合である鉱山労働者・建設組合(AMCU)は未だ合意点を見出せない状況が続いている。

昨年は仲裁機関での調停も行われたが、両者の主張の隔たりが解消されない中、AMCUは1月23日から主要なプラチナ鉱山でストライキを決行すると通告している。アングロ・アメリカン・プラチナ、ロンミン、インパラ・プラチナなどの主要鉱山会社で一斉ストライキが実施されると、少なくとも7万人規模が就業を拒否するとみられている。

プラチナ供給は、南アフリカ1カ国で世界の7~8割をカバーする寡占市場にあるため、今後の展開次第では自動車関連メーカーや工業プラント建設などに影響が生じる可能性もある。しかも、今回はアングロゴールド・アシャンティなど金鉱山でも同時ストライキが検討されており、2012年型の大規模な労働争議に発展するリスクが高くなっている。

まだ鉱山会社側は対話への期待を示しているが、スト回避までに残された時間は限られており、21日と22日に具体的な進展が見られなければ、プラチナ供給は大きなダメージを受ける可能性が高い。12年当時との比較では、鉱山会社が手元在庫の拡充に動いているため、ストライキに対する抵抗力は強くなっている。しかし、こうしたストライキを前提にしなくても14年の世界プラチナ需給バランスは3年連続の供給不足となる可能性が高い状況にある。こうした中、労働争議に基づく減産はプラチナ需給を一段と引き締めることになりかねず、そうした危機感が足元のプラチナ価格に反映されている。
/////

プラチナは車の排気ガスの浄化に使われる以外にもエネファームのような家庭用のガスから水素を分離して燃料電池として発電する際の触媒にも使われるから万年不足なのは間違いないんだけどね。

同じ白金族のパラジウムを使っても出来るが、量が2倍で白金と同等の効率なので値段は約半分になっている。

パラジウムは万年供給過剰で余っているから本当に困ったらパラジウムを使えばいいのだ。

ナノ粒子化で効率を上げる手もあるから、何が何でもプラチナでないとダメというものでもないだろう。
そういう技術をニュースで流せば、価格もまた下がるだろう。
本当に価格操作なんてメディアを買収(または広告料)したら単純に出来ると思う。

本当に世の中ってペテンに満ちてるわ

\\\\\\\\

2月5日までのプラチナETF日足チャート 追加

4700円で買った人は4400円のときー300円で6.4%も含み損を抱えたのね。
果たして年末までに高騰するのか?
動きがあったらまた追記してみよう。
Posted at 2014/02/03 00:11:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 資産運用 | 日記
2014年01月07日 イイね!

今年の株はダイジョウブ?


佐々木さんの無料メルマガに時限爆弾(株価暴落)、外国人投資家の立場について書いてありましたので、一部転記します。(メールで転載の許可を取ってます)

くるかもしれない株価のピークアウトに備えて資産防衛の準備はしておきましょうね(出来る範囲で)

2013年の日本株買い越し15兆円と為替ヘッジ5兆円の解消、巻き戻しが来たら・・・

まぁ、私が外国人投資家(ヘッジファンドなど)の立場なら、自分の成績と報酬の最大化を狙って大暴落を画策して容赦なく追撃売りしますね。

奴らの常套手段ですもの

本当に暴落するかどうかは分かりませんが、20兆円の巻き戻しだけですむとは思えません。


連中の行動パターンとしては
「為替の円安で保有する日本株の価値が減少するから、日本株の上昇が止まると見越したら売ってくる。」
のだそうです。



ヤフーの皆の予想だと年末16000円~18000円の間が多いのね。
さて、当たるにしても道中がどうなるか?

波乱があってもなくても大丈夫なようにはしておきましょうね

私は株は持ってないけどねー。

/////////
                 2014/1/7 No.2762
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 10秒で読む日経!視点が変わると仕事と投資のネタになる
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
   _______
   今日のNews
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●日経平均が41年ぶりの上昇率、円相場が対ドルで34年ぶりの下落率と記録ずくめとなった13年から年が明けた最初の取引で日経平均は一時400円あまり下げた。
昨年末までの9日続伸で1100円超上昇し、利益確定売りが出やすかったとは言え、下げ幅の大きさは正月気分を吹き飛ばすには十分だった。
 大発会で日経平均が下げたのは、2000年以降では01年と08年に続き3回目。
 01年はIT(情報技術)バブルの崩壊、08年はリーマン・ショックで日経平均は年間でそれぞれ3243円、6448円下げた。
日銀の量的・質的緩和や国内の景気回復の持続で円安と株高が続くとの市場参加者の強気の見方に変化はないが、大発会の株安というジンクスが投資家心理に陰を広げつつある。
 新興国発の波乱はないのか、年初から一抹の不安が漂ってきた。
                   日本経済新聞 1月7日 

●波乱の新年入りとなった6日の東京株式市場だが、こと個人投資家に限ればその勢いに陰りはみえない。
中小型株や新興株は堅調に推移し、急落した主力大型株の一角にも個人の押し目買いが活発に入ったようだ。
少額投資非課税制度(日本ISA=NISA)の始動も支えになっており、日経平均株価の382円安だけからは読み取れぬ需給の良好さをうかがわせた。
 日経平均は昨年12月17日から30日までで9連騰し、上げ幅は1138円(7.5%)に達していた。
短期的な過熱感も出ていたため、大発会はヘッジファンドなどによる利益確定売りが膨らみ、先物主導で下げが加速した。
一方、先物の影響を受けない東証2部株価指数は5営業日続伸。終値は3601.53と、2007年11月以来約6年2カ月ぶりに3600台に乗せた。
                   日本経済新聞 1月7日 

●東京・日本橋兜町には「株を枕に寝正月」という格言がある。
昨年の日経平均株価は56.72%の上昇と戦後4番目の上げ相場になり、市場には先高観が満ちているからだ。
しかし、バブル崩壊が始まった1990年の正月も「株を枕に……」がぴったりの雰囲気だった。
今年は上がるかもしれないが、ベテラン投資家に本音を聞くと「難しい年になりそうだ」との反応も多い。
消費税率引き上げの反動、内閣支持率の低下懸念、そして米国で中間選挙が実施されることも、東京市場には逆風だ。
                   日本経済新聞 1月1日 
   __________
   佐々木の視点・考え方
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★大発会の昨日、そして今日と日本の株式市場で株価が下落中。
 強気の個人投資家が、小型株等を買ってはいるが、不安を持ち始めた者も少なくない様だ。

 こういう時に必要なのが事実確認。
 昨年の日本株上昇は、ひとえに史上最大の外国人投資家による買い越しによるもの。

 外国人投資家2013年年間では14.7兆円もの日本株を買い越した。

 この、買い増しした日本株を、2014年に彼らはどうするか、彼らの立場になって考えてみよう。

 米ドル建てが基準となる為替で見れば、昨年の日本株の成績は米国株の32.4%欧州株の28.7%上昇に劣る27.3%だった。

 他の地域のファンドマネージャーに比べれば、日本株担当者は相対的に劣っていた。

 しかし、昨年は日本円が大きく安くなる事が分っていたので、殆どの日本株ファンドマネージャーは、日本株投資額全体を為替ヘッジした。

 全額為替ヘッジによって日本株ファンドマネージャーは日本円での日本株の上昇率の56%に近いリターンを得れたのだ。(為替ヘッジコスト分は差引かれる)

 つまり、約15兆円分の円売りドル買いの先物をして、現在もロールオーバーしているわけだ。
ここ数年の2桁の円ドルレートで日本株を買った分約5兆円も為替ヘッジしているだろうから、約20兆円分の為替ヘッジとなる。

 コストがかかる為替ヘッジがあるため、日本円が長期で円安になり、株価上昇が止まるなら、買ってきた日本株を売却し、為替ヘッジを解消しなければいけない状況にある訳だ。

 外国人投資家は長期保有してくれると多くの日本人投資家は思い込んでいる。
 為替が長期的に円高傾向にあった1980年代から200年代にかけては、日本株価が上昇しなくても為替で挽回できたから、この考えが正しかった。

 しかし、現在の外国人投資家は異なる。為替の円安で保有する日本株の価値が減少するから、日本株の上昇が止まると見越したら売ってくる。

 あなたは、こうした外国人投資家の考え方の変化を想定して、今年の投資方針を決めただろうか?
//////////

たしか「株で損しない方法は、株をやらないことだ」って言葉があったよね。

私は、株の売買はやってないので心配ないのだ^^
Posted at 2014/01/07 19:31:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 資産運用 | 日記
2011年01月30日 イイね!

ハイパーインフレのリスク

///
<日本の失われた20年から学ぶべきこと>
日本の行く末はどうなるのか。
 巨額の債務負担を抱え、赤字を削減できず、債務の貨弊化に走るとなれば、日本のたどるべき道は1つしかない。インフレだ。しかも、ちょっとしたインフレではなくハイパーインフレだ。
こう予想するのは、ソシエテジェネラルのストラテジスト、ディラン・グライス氏。同氏の主張には残念ながら説得力がある。
 こうした日本の大きな「巻き戻し」は、遅かれ早かれいずれ訪れる可能性がある。それは皮肉にも、世界的な景気回復期待を背景とする債券利回りの上昇によってもたらされる可能性がある。そうなれば日本経済は、たとえわずかな利回り上昇であっても、金利負担の増加によって赤字がさらに拡大し、その結果さらに金利が上昇するという悪循環に陥る可能性がある。
ウォールストリートジャーナル 1月12日
///
しがらみの多い日本のマスメディアより、海外の方が遠慮がないので分かり易い。
もしものときに予め備えておく(保険をかける)のが大人の行動だろう。
もしもハイパーインフレになったらどうなるか?
また、それに備えるにはどうするか?

<ハイパーインフレの例> 某国に関する記述(さてどこでしょう?)
 その国は経済大国だった。
世界中がその国の商品を買いたがり、富裕国となった。
 その強みは、国民の歓心を買おうと税金や公共工事のばらまきをする政治家と、排他的経済政策が長びくにつれ次第に消えていった。
 肥大化した公務員・準公務員セクターへの出費や、多額の財政支出と金融緩和も財政赤字の拡大に繋がった。
 弱い国内経済と、多額の財政債務を懸念して、多くの人が自分の資産を国外に避難させている・・・



↑答えは今の日本…じゃなくて1980年代のアルゼンチン。

アルゼンチンの消費者物価  1986年を100として
1987年   131%上昇      231 ←100%上昇なら物価は2倍
1988年   343%上昇     1,023
1989年  3080%上昇    32,542
1990年  2314%上昇    785,561
1991年   191%上昇   2,285,983 ←22,859倍!

 雇い主が上記並みに賃金を上げず、店子が上記並みの家賃上昇を受け入れず、政府が上記並みに年金を増額しないと被雇用者、大家、年金生活者の生活が困窮、破綻する。
 賃金、家賃、年金のアップはインフレを大幅に下回るものだった。
 更に、預金金利の上昇も上記以下だったので、預金は紙くずになった。

ハイパーインフレがやってくるとは、多数の貧窮生活をする人と、一部のとても裕福な生活をする人との極端に別れるということ。
 ハイパーインフレ時のアルゼンチンで貧窮者と富裕者を分けたのは、インフレ前に国内資産を外貨に換えた人達。
 ハイパーインフレ中にアルゼンチンペソが対米ドルで2万分の1に暴落したので、外貨に換えた資産価値が2万倍に暴騰したからです。
******
【10秒で読む日経】2011/1/17~20分より抜粋

今は、外貨に変えるといってもドルもユーロもアレなので、資源国の豪州通貨か現物資源の貴金属(GOLD)を選ぶ方がリスクは少ないだろう。
プラチナを選ばないのは、取引量が少ないからで、流動性の問題。
車の触媒が主な需要だが、パラジウムでも代替が可能だし、使用量を減らす研究も進んでいるので、その種の発表があるたびに価格が暴落するなど、変動が激しいので投機目的ならいざ知らず、投資目的なら流通性(換金性)が高い金の方が良いと思うからだ。

金投資=悪徳業者、いかがわしい先物という悪いイメージが広まっているが、んなものは、投機にするからで、投資ですれば問題ない。
私の定義:投資は資金をそのまま1倍で買うなどローリスク運用で、投機は倍率をかけた信用取引でハイリスク運用。

資産を何にも運用しない(預金、タンス預金だけ)とハイパーインフレに対する保険も抵抗力もなく、強毒性のインフルエンザにかかって、倒れるようなものだと思う今日この頃。
Posted at 2011/01/30 07:26:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 資産運用 | 日記
2011年01月28日 イイね!

今年の金はどっちだ?

今年の金はどっちだ?←チャートを見ると11月~12月、12月末と2011年1月始に1400ドルをつけている。
1月は下落が続いたが、1/28には反発している。

///
2010年10月12日(ブルームバーグ):ゴールドマン・サックスは、金相場の1年間の見通しを1オンス当たり1650ドルに引き上げた。電子メールで送付したリポートで、半年では1525ドルに、3カ月では1400ドルに達する可能性があるとしている。
///

2011年 金価格見通し(予想)
ゴールドマンサックス 1650ドル  (2012年 1750ドル?)

・2011年第1四半期     1450ドル
・2011年第2四半期     1550ドル
・2011年第3四半期     1650ドル
・2011年第4四半期     1750ドル

・2011年平均        1650ドル
1650ドルを円換算すると(1650/31.1*80=4244)

1ドル=75円で、約3980円/g
1ドル=80円で、約4240円/g
1ドル=85円で、約4510円/g

2011年01月29日 04時00分の金先物(11年/12月)価格は終値で3545円
ドル円レートは約81円
為替が80円で4244円なら現状3545円から約700円アップですな。

もし1kg持ってたら、+70万円 ボーナスですな。

1750ドルで為替が80円なら4500円、現状3545円から約950円アップで1kgなら95万円!

まぁ、その通りにならなくても GS(ゴールドマン・サックス)は責任を取らないわーけーだーがー。
お金に余裕のある人は、将来来るかもしれないハイパーインフレに備えて、保険として金を持つのはよろしいかと。

あと金の現物だと売るとき消費税が受け取れるので、買うとき5%払っても、売るときの税率がもし上がっていたら値上げ分と税率アップ分でダブルでお得。

もし先物でやるなら今は100g単位の金ミニという商品があるから35万円でやれば1倍なので、価格が10%動こうが30%動こうが放置して値上がりを待てばよい。
ただし保有期間が最長1年という期限付き(放置すると自動で強制決裁)なので、適当に利益が出た時点で反対売買して決裁するのが良いだろう。

金の積立なら月々3000円から始められるので、長期に積立するならこっちでよい。(途中で安いと思ったら追加買いもできる)

将来、年金だけでは不安がある現状では、自分年金を作っておくに越したことはないと思うのだ。
Posted at 2011/01/29 20:30:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | 資産運用 | 日記
2009年12月14日 イイね!

顧客情報管理、データ更新

顧客情報管理、データ更新かれこれ10年は放置している口座(残高ゼロ)がある証券会社からアンケートが来た。

裏面は「内部者登録」つまりインサイダー取引(未公表の情報で有利に売買)できる立場かどうかを届け出ろということ。

役員等で辞任、退職後1年以内の本人以外にも家族や同居人も対象になるらしい。(該当者は○を記入)
でも、実際にそれが可能な立場で、その気と人脈があれば、1年超でも情報は入手できるから有名無実な規制だと思える(建前だけって奴だ)


表面は年収と金融資産を書けと
ともに区分は
1 500万円未満
2 500万~1000万円
3 1000万~3000万円
4 3000万~5000万円
5 5000万~1億円
6 1億円超

銀行では、預金に(ペイオフで1000万円まで保証せなあかんから)保険をかけるので、口座金額1000万円未満の客は保険料で赤字になるとかで裏では”ゴミ”と呼んでいるとか。

証券会社でも同様に資産1億未満の一般客は、ゴミとしか扱われないらしい。
大口客の株を売り抜けるときにランクの上から順に「お勧め銘柄」を買わせて売らせる、「ババ抜き」だから、ランクの低い人に「お勧め」情報が来たときには、逆に売り時だということが多い。

そういった業界の”裏”を知らない頃は証券会社のお勧め銘柄で損するのが不思議だった^^;
損する確率90%以上だった。
ボーナスシーズンに必ず勧誘されて、買った株やお勧めのファンドも値下がり続きで評価額10%~20%になるのも珍しくなかった><
だから、夏と冬のボーナスシーズンは株は買うときではなく、(下がるから)売る時期なんだと経験から学んだ。
一般大衆からお金を市場に集める時期なんだと。

会社の持ち株会も早々に退会したのは、株価を見てそれに気がついたから。
持ち株会が株を購入する毎月月末とボーナスの時期は株価が上がることが多い。
絶対に買い注文が入ると分かっているのだから、証券会社はその時期に株価を吊り上げれば簡単に儲かる。
事前に安く株を仕込み、事後に安く株を買い戻す。
どちらでも、両方でも儲かるわけだから、持ち株会の窓口の証券会社は損するわけが無い。(これこそインサイダーで一般大衆から見たら詐欺だと思うけどねぇ)

そういえば、バブルの頃、この証券会社の窓口の新人の子が言ってた。
「入社半年後の初ボーナスで100万円以上貰った♪」って。
当方は入社10年くらいだったが、下回っていた。
製造業だから比較にならないと分かっていても複雑だった。

その子が悪いわけではないので「良かったね!すごいね!」とは言っておいたが、ふざけんな証券会社!って思った。
新人がそのくらいなら、ベテランは1000万円以上は堅い。
利益を税金でゴッソリ持っていかれるより、社員に配るというのは、良いのだけれど、顧客には還元なしというのが、おかしいと思った。

所詮、客=カモだったんだけど。


なんにしても、少数のお金持ちの利益を大勢の貧乏人で支える構造ですな。
株の裏側が分かってからは、口座はゼロにしている。
取引する気は、ゼロなのでこのアンケートは”ほかす”(捨てる)。


日本で富裕層と呼ばれる金融資産1億円超を持っている人は147万人だとか。(人口の約1%)
中国の富裕層は4000万人だから中国人のほうがお金持ちの比率が高い。(人口が15億人でも20億人でも率では負けている)

また、日本の国富の80%は60歳以上の高齢者が持っている。(貯蓄)
高齢者は、現役世代と違って子育ても家のローンも終わっているから、お金をあまり使わない。
裕福なお年寄りには景気を良くする為にもお金を貯め込まないで是非使って欲しいと思う。

お年よりは、老後にイロイロな不安を抱えているから、防衛本能で意識は蓄える方に向いている。
お年寄りが老後に不安なく、安心してお金を使えるような社会的な整備をすると景気も良くなると思う。

オレオレ詐欺や振り込め詐欺の被害者はお年寄りが多いもの納得だ。
お金を持っているのは、お年寄りで、現役世代は貧乏なのだから…><

年間3万人の自殺者の大半は中高年(現役世代)という悲しい現実。
日本人はどこまで痛めつけられるのだろうか?
ドMばかりでないことを祈ろう。

というわけで、世知辛い世の中を再認識した年末なのだ。
Posted at 2009/12/14 14:04:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 資産運用 | 日記

プロフィール

「フォークス・オーバー・ナイブズ(DVD)を見た http://cvw.jp/b/267137/40053658/
何シテル?   07/08 07:13
38年式 関西人です。 環境を住めなくする危険をはらむ原発より、LNG、光合成(食料以外のバイオマス、廃材や藻の油)を利用すべきだと思いませんか?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

早く起きたので、教科書に載っていないことを。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/27 03:59:01
【靖国参拝批判に首相「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/27 03:56:34
(気をつけるしかできないけど)三宅島地震と昨日の宮城県沖を考察して 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/22 12:22:53

ファン

14 人のファンがいます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.