• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ムインのブログ一覧

2014年11月02日 イイね!

珊瑚密猟船って中国政府公認の海賊だよね。もう退治していいと思う



密猟って、海の盗賊だから海賊じゃないの?

海賊退治名目でなら海上自衛隊を出せるんじゃないの?

動画とか見てると、もう完全に統率の取れた、侵略、略奪行為だと見える。

しかも中国政府が後押ししてるとなると、これはもう戦争行為じゃないの?

日本政府は、黙ってみているの?

もう罰金がどうとか、抗議しているとか、相手が実力行使しているのにこれ以上、腰抜け外交してると日本政府に対して国民の追及が向かうかもよ。

/////
サンゴ密漁:価格高騰 罰金払ってまた…中国船歯止めなし

【佐藤賢二郎、宮崎隆、上海・隅俊之】東京・小笠原などでの中国漁船によるサンゴ密漁問題で、過去に別の海域で逮捕された中国人船長が小笠原近海で再び逮捕されていたことが31日、関係者への取材で分かった。
船長は罰金を払いながら密漁を繰り返していた。
サンゴが中国で億単位で取引されるのに対し、日本での密漁の罰金は最大1000万円。罰金が軽すぎて法で歯止めがかからない実態が浮かんだ。

 横浜海上保安部は30日、小笠原諸島・北之島沖で中国サンゴ漁船の船長(45)を漁業法違反(無許可操業)で現行犯逮捕した。海保によると船長は昨年3月、沖縄県の宮古島沖でも逮捕され、罰金を払い釈放された。

 海保によると、逮捕歴のある中国人船長が小笠原諸島で逮捕されたのは初めて。海保幹部は「サンゴを求め沖縄から小笠原に移動してきた可能性が高い。中国で良質のサンゴは億単位で取引されているとの情報もあり、担保金(罰金)の額が低すぎる」と話した。

 実際、「一獲千金」を狙う中国の密漁船は後を絶たない。海底を根こそぎさらう漁法に、中国の業者も「赤サンゴは日本でも取れなくなるのでは」と懸念している。

 中国紙によると、福建省寧徳で2012年5月以降、10以上の密漁団が摘発され、約38キロの赤サンゴが押収されたケースでは、評価額は2240万元(約4億円)に上った。
 ある密漁者は出稼ぎ先で技術を学び、仲間数人で密漁を計画。漁船を約100万元(約1800万円)で購入し、赤サンゴを取る大型網を隠せるよう改造し密漁船に仕立てた。密漁先で裏切り者が通報しないよう携帯電話の電波を遮断する機器を付ける船もある。

 乗組員の給料や漁船の改造費、燃料費なども含めると投資は約200万元(約3600万円)。それでも密漁が成功すれば見返りは大きく、全財産を投じる者もいる。
赤サンゴに詳しい上海の業者によると、以前は台湾の業者が高知県産を中国で販売していたが、ここ数年で日本産の価値に中国漁民が気づき始めたという。

 上海の専門店には日本円で数十万円から100万円以上の値札が付いた赤サンゴの宝飾品が並ぶ。日本の赤サンゴは「アカ」、桃色サンゴは「モモ」と日本語で呼ばれる。中でも深紅の「アカ」は人気で、高級品は1グラム1万元(約18万円)以上と5年前の約5倍に高騰しているという。

 中国は法律で採取を禁止し、悪質な場合10年以上の懲役刑が科される。だが、執行猶予の付くケースもあり、密漁の歯止めにはなっていない。業界関係者は「日本の赤サンゴは密漁者に根こそぎにされる」と警告する。

 太田昭宏国土交通相は31日、「違法操業には厳正に対処する。(中国側には)外交ルートできちんと抗議している」と述べた。だが、小笠原近海で今年、船長が逮捕された中国漁船は6隻、拿捕(だほ)は1隻にすぎず、残りは法令に基づき洋上で釈放しているのが現実だ。

 一方、小笠原諸島の警戒強化で警視庁は同日、小笠原署に警察官28人を派遣した。島内パトロールや船員が上陸した場合のトラブルに備える。10月に入り「陸から見える距離に不審船が近づいている」などと住民から不安の声が上がっていた。
(毎日新聞)
/////

コレだけなら、一攫千金に命を掛けてきているとか、リスクをとっても一回成功したら利益の方が十分すぎるほど莫大なので、やらないやつはバカだということなのだろう。
まさに
”海の底に宝が落ちているのに拾いに行かないのは愚か者!”
”盗られて困るなら盗られないようにしていないほうが悪い!”
ということなのだろう。

さらに中国政府のお墨付きもある様子。(先の南シナ海向けで最新装備実装済み)

なんだか16世紀~18世紀の英国の私掠船免状みたいですな。(海賊の免許)
燃料の補助、有事の際の緊急連絡、GPSの設置(コスト90%補助)

ロイター 南シナ海進出の中国漁船、人工衛星と政府支援で「縦横無尽」
2014年 07月 29日 17:32 JST

ちょこっと抜粋↓

/////
最新のハイテク機器を装備。
フィリピンやベトナムの巡視船と遭遇した際、自国の海洋監視船に直接連絡できる衛星ナビゲーションシステム。


中国独自開発の中国版GPSの北斗衛星測位システムがあるが、国営メディアによると、同システムは昨年末までに漁船5万隻以上に搭載された。
南シナ海への玄関口に位置する海南島では、漁船の船長たちは同システム設置コストの10%程度しか自己負担しておらず、残りは政府が支払っている。

漁師たちに対して当局は、領有権を争う海域でも操業するよう奨励していることだ。遠く離れた海域までの航行は、政府の燃料補助によって可能になっているという。

中国国営メディアによれば、機械的なトラブルを起こしたり、外国の海事当局ともめごとになったりした漁船は、北斗システムを使って救難信号を送ることができる。

漁船の非常ボタンを押せば、中国海洋当局に直接メッセージが届くようになっており、北斗システムが位置情報を常に発信しているため、当局は各漁船の正確な位置を特定することもできる。
/////

どうやら、AUTOさんのいうように「こっそり来てるなら、こっそり沈めてしまえ!」というわけには行かないみたい。

中国政府は、密漁船にGPS搭載を装備させて、どこにいるかも把握しているらしい。

もう、台風で一掃されたらいいんだ!
命掛けできているんだから海の藻屑になっても本望でしょう?
Posted at 2014/11/02 17:52:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | TV,ニュースネタ | 日記
2014年11月01日 イイね!

これも騙される方が悪い例かもしれない

これも騙される方が悪い例かもしれないそこそこ面白いメルマガで”お薦め!”されていたので見てみたが、はっきり言って時間の無駄だった。

メールのタイトルを見ただけでも迷惑なセールスメールだというのが想像できる。

評判を検索してみたら10月に入って早々にセールスレターを送っているみたいでレビューもあった。
私のタイミングは、10月後半だから第二期みたい。

最初の2通の動画2本は延々と自慢話が続くだけの退屈なもので話も繰り返しみたいなもので全然進まないで、3本目に引っ張っておわり。
別のことをしながらのBGM替わりに流してみてたが、こんな退屈なセールス動画もいまどき珍しいと思った。

3本目の動画で手法を解説してたが酷いものだった。
「多数決で決まったほうにつくとか、後だしじゃんけんみたいなもので、結果が分かってから売買するので負けません!」って^^;

ローソク足30分の止まったチャートで5日分やって、もみ合い後、上下に抜けた次の足で売買して、5銭、10銭抜きを繰り返すというもの。

2014年8月のドル円のチャートで5日分やって、+207銭だそうな。
でも途中で、夜の時間は、「私は寝てますけどねー」とも言っていた。

ここまででの疑問
一日2分で出来るというのに30分足でサインを見るなら30分に一度チェックしないといけないのか?
夜中も含めて24時間見ないといけないのか?

それに対してはメールで知らせるというサービスを提供するらしい。
メールを受け取って、それで注文を出すのなら確かに2分で出来るかもしれない。

動画の中で驚いたのは、損切りについて無視している様子だったこと。
レンジブレイク後のエントリーだから負けないといういう主張だったが、万一にでも大きく逆方向に動いたら強制決済もありえるのだから、損切りを軽く考えるのは危険極まりない。

もうひとつ気になったのは、1万ドルの取引で必要なお金は42000円だといっていたからレバレッジ25倍(今の日本の業者の最大値)だったこと。

昔は50倍、100倍、400倍もあったけどね。

25倍でも安全とはいえない。
株の信用取引も危険だといわれているがあれでも3倍なのだ。
危険だといわれている先物商品でも20倍程度なのだ。
「小豆相場には手を出すな」という遺言もあるくらいなのだ。

値動きの幅が為替のほうは商品よりも少ないが、それでも資金管理を無視した話の進め方は危険だ。
この人、45冊本を出しているというが、本のレビューもひどいものが多い。
ネットで拾える内容を集めただけとか、読む価値無しとか、損切りを考えていないというコメントもあったから、株でも同じだったのだろう。
アマゾンでの中古本も1円が多い。(≒無価値)

これ、初心者が真に受けたら4万円そこそこで5日間で(200銭×1万)で+2万円の利益だから1週間で50%の利回りと勘違いさせたいみたいだ。

確かに全部は取引できないから半分か1/3で考えましょうといってるが、同時に月30%稼げますとも断言している。
また、これを私から学んだ人は全員儲けていますとも言っていた。
それ誇大広告じゃないの?
100%断言なんて、いまどきどこの広告でもいわないよ?

本当にそんなことが出来るなら、銀行や証券会社のプロのトレーダーよりすごいことになる。
年率30%だってすごいのに月30%といえば年率360%!

プロだってそんな数字は安定して出せるものではないのだから、ちょっと考えたら怪しいと分かりそうなもの。

その後の動画では、すごく儲かるから動画セミナー(三学期)の勧誘の繰り返し。
一学期は月30%、二学期は月50%、三学期は月100%稼げる手法を教えるんだそうな。
月100%で毎月倍!倍!倍!ともうるさく言ってた。
月単位で倍倍だで12ヶ月で4096倍・・・もはや寝言だわ。

んでそのセミナー代金は約50万円のところを先着10名様、100名様は値引きをするから早く決断しろと煽っている。

受付開始したらアクセスが集中してサーバーがパンクしたといっているが、その後も先着10名様!を繰り返している。

問い合わせの電話で回線がパンクし、サーバーがダウンするほどアクセスあって、何日も先着10名が埋まらないの?

メールの煽り文句がひど過ぎるので、コレだけでも”あかんやつ”だと分かりそうなもの。

以上個人的感想でした。

中国だけではなく、日本にも、人に騙されるほうがバカで、騙す方が賢いだけっていう考えが侵食して来ているようですね。

どっからみても関わりたくない人だわ。
Posted at 2014/11/01 13:31:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | FX(メモ) | 日記

プロフィール

「フォークス・オーバー・ナイブズ(DVD)を見た http://cvw.jp/b/267137/40053658/
何シテル?   07/08 07:13
38年式 関西人です。 環境を住めなくする危険をはらむ原発より、LNG、光合成(食料以外のバイオマス、廃材や藻の油)を利用すべきだと思いませんか?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

早く起きたので、教科書に載っていないことを。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/27 03:59:01
【靖国参拝批判に首相「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/27 03:56:34
(気をつけるしかできないけど)三宅島地震と昨日の宮城県沖を考察して 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/22 12:22:53

ファン

14 人のファンがいます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる