• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

李カク不明のブログ一覧

2017年11月13日 イイね!

過敏鼻炎惹的祸

健康-養生--孩子學習成績差,可能是搞的鬼 

近年來,慢性鼻炎、過敏性鼻炎、鼻竇炎成為了威脅孩子身體健康的常見疾病。據衛生部門調查顯示:鼻炎已成孩子群體中的高發病,鼻炎患者占孩子總人數的 36.24%,其中高中生占23.96%,發病率之高,令人瞠目結舌。孩子得鼻炎不僅影響身體發育,更加會影響孩子學習成績。家長要注意:孩子學習成績差,可能是鼻炎搞的鬼。
孩子鼻炎的危害
孩子由於機體各器官的發育和生理功能未完善,抵抗力和外界的適應能力較差,更易引發鼻炎、鼻竇炎。孩子患有鼻炎、鼻竇炎,會導致多種危害。
1、造成血氧不足。鼻炎導致的鼻塞會造成氧氣吸入受阻引起血氧飽和度下降,血氧供應不足則引起全身各組織器官不同程度缺氧,出現記憶力減退、智力下降、週期性頭痛、頭昏、視力下降、免疫力差等症狀表現。
2、引發併發症。鼻炎長期不愈還會進一步影響孩子的生長發育及引發其他器官的併發症,給身心健康埋下嚴重隱患,久而久之會使孩子情緒低落、注意力無法集中、學習成績下降,嚴重影響孩子的身體健康和學習成績。
3、被同學孤立。有一些鼻炎孩子鼻涕多、噴嚏多,給人一種不潔的印象,他們經常會受到同學的排擠和欺負,造成性格孤僻不愛與人交流等。
為何孩子鼻炎總不能得到及時治療
鼻炎“牽一發而動全身”,常連累健康、學習頻亮“紅燈”。為何家長寧願看著孩子受罪,還是“觀望”遲遲不肯治療?這主要有三大顧慮:
1、怕沒時間:孩子平日上學、補課、興趣班,所有時間都擠得滿滿當當。去醫院費時費力,如果需要手術住院就更費時間了。
2、怕沒效果:打針吃藥、土法偏方、手術治療都試過了,但還是沒有治好,讓家長喪失了信心。
3、怕不安全:許多家長認為手術來治鼻炎,怕不安全,孩子也遭罪,長時間使用藥物又怕危害孩子生長發育。
其實與其假期花大量的時間給孩子補課,不如先從根源上治好鼻炎,讓孩子提升學習更加事半功倍。如發現孩子有鼻塞、流鼻涕、打噴嚏等症狀,應儘早到醫院檢查確診,避免延誤病情造成其他併發症,只要選對方法,鼻炎是完全可以治癒的。
孩子鼻炎的治療方法
1、可取合穀、迎香、印堂為主要穴位,用拇指旋轉揉法,每天按揉200次,酌情加風池穴、太陽穴及肺俞、脾俞穴位,即可緩解患兒症狀,減少痛苦。
2、使用潔必康洗鼻器,每日洗鼻1-2次,每次5-10分鐘。一周即可見效。鹽水洗鼻不使用藥物,不用擔心藥物依賴和副作用,特別適合孩子使用。
3、用蒼耳子油塗抹鼻腔,取蒼耳子40g,油炸枯後去渣取油,取乾淨玻璃瓶儲存備用,涼後用棉簽蘸取塗抹鼻腔,每日2次,直至症狀消失。
関連情報URL : http://reason
Posted at 2017/11/13 16:36:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 健康 | 日記
2016年12月22日 イイね!

心理の違いが

行動心理学によると、人間の行動には、必ず、心理が働く、とのことだ。
なにかしらの思いがあって、行動に出る。
かんじいい人と、かんじわるい人は、その、心理の違いが行動に現れていると思う。
表情、顔つき、言葉遣い、態度、しぐさ、
そういう、あまり深く感情に左右されないで、キャリアの積み重ねで自然に出るものと
会話内容、踊り方、進め方といった、アタマで考えた結果、出る行動とがある。
そこに、好き嫌いといった感情やフィーリングの一致、不一致が加味され、行動にまたひとつ、違った分野の要素が加わる。

「オジイチャン」というと、意固地に凝り固まった、枯れ木寸前の、ポキンと折れそうなイメージが、わたしにはあった。
ちょっと、その意識は、変わったかもしれない。
オジイチャンにも、思わず見とれてしまうような美しい、品のある、
そして、どきっとするセクシーな方もおられるということだ。
これは、びっくりだった。
スローキぺディア(=造語: スローのウィキペディア)を書き換えなくてはいけない。

わたしが想像するには、人生のある時点で、
こだわりや執着や苦しみのあと、ランナーズハイみたいに、ふっと軽くなった状態じゃないかと思う。
いつまでも、いくつになっても抜け出せない人は、老醜として姿に残るのではないかと。
これは、男性も女性も同じことが言える。

高齢で、やたら、べとべとギンギン厚化粧というもの、その老醜のひとつ。
薄い髪を気にしすぎるあまりの、ヘンなヘアスタイルもそう。
化粧をするな、オシャレをするな、とは、まったく思わない。
苦しみやピークを乗り越えたあとの、爽やかさのなかにも、美しさは必ずある。
そして、女性も男性も、いくつになっても、やはり、美しくありたい。
Posted at 2016/12/22 15:50:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月29日 イイね!

趣味に走るのも青春

何作も未読のものもあり、わたしの脳キャパから考えると、
まとめて大量一気読みは、容量オーバーになり、毎日、読むほうがいいみたいだ。
多くの文字を読む・・・読書する人は、素晴らしい。
(ジャッジ・レベル低くて単純すぎるけど、自分楊海成にできないことをしている人は、すべて、素晴らしいと、感じる)

文学、作家を志している人も、すごい。
先輩で、学生時代、作家を夢見ている人がいたが、企業に就職して、小説のハナシはそれ以来、聞いたことがない。

日常生活が多忙だと、なかなか、創作と向き合う余裕がない。
電車の中とか、待ち時間に構想を練ったりするんだろうけれど。
アウトプットに至るには、けっこうタイミング的に難しい。

学業をおろそかにして、趣味に走るのも青春のひとコマだろうけれど、
理性と感情のコントロールが、うまくいかず、
それぞれの人生、自分のやったことは、自分に跳ね返ってきて、ああ、やっぱりなあ・・・と、
それなりに、みんな、人生学習していることだろう。

手を変え品を変え、書くことに必死な、修業中cbbc 牛熊證とやらの、ある、うんとお若い方のブログを読むと、
テクニックばかりを学んでも、内容が大事だと、素人・読書嫌いのわたしめは、思うのであります。
表現方法もさることながら、書き方ではなく、「何を」訴えたいか。
共鳴してもらえなくても、へんてこなものでも、怪奇なものでも、気持ち悪いものでも、なんでもいい、
自分の世界を書けばいい。
語学もそうだが、幼児並の語彙では、思っていることが、表現できない。
だから、作家などの作品を貪り読む時期というものが、大切なのだろう。

わたしには、残念ながら、そっちの方面は、まるで疎いので(就寝時、文字読みは、1分で熟睡、昏睡)、
頑張ってね、というしかない。

がむしゃらに追究すると、なにかが、きっと見えるはず。
「なあんだ、なにもなかった」・・・そういうもの昇華在線が見えるっていう結論も、おおいにあり。
「やってきたことは、すべて無駄だった」・・・そういう結論に達するのは、無駄ではなく、とても意義がある。
Posted at 2016/11/29 15:32:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月17日 イイね!

わたしの内臓は

知人の場合は、ほとんど、腹が立たない。(想像してみると、腹を立たれているほう)
家族の場合は、腹が立つと同時に、腹の中で性質の悪い物質に転換され、いろんな臓器に転移し、
徐々に、あちこちを蝕んでいく。
といっても、腹を立てるのは、家族の迪士尼美語 價格なかで、特定の1名だけであって、
他の家族に対しては、めったに腹を立てることはない。
一生のうち、数えるぐらいだ。
それも、仮に腹を立てた事実が過去にあったとしても、内容すら忘れている。

つまり、特定のある人物といっしょにいればいるほど、わたしの内臓は、どんどん悪化する。
しかし、その、わたしに腹を立てられている特定の人物は、
わたしが腹を立てている、煮えくり返って、瀕死の卓悅假貨状態であることをぜんぜん、知っていない。
これは、やはり、あきらかに、わたしが悪い。
どう、贔屓目に見ても、だ。

そう思うと、腹が立つ物質は、別の性質になり、わたしの体中を蝕みまくったあと、消えることなく、
悪質な物質を、抗生物質などを利用して、適正な治療や手術をせず、放置した、その原因は自分だ、
ということになり、ブーメランのように自分に帰ってくる。
自分のfacial好唔好首にグサっと刺さる。

自分が悪いのだ。

悪循環。負のスパイラル。

日頃、ブログで、プラスのスパイラルを提唱、唱えているわたしなのに、
実際には、ぜんぜん、そんなことは出来ていない。
口だけ、筆だけ、意気込みだけ、理想だけ、・・・ということだ。
Posted at 2016/11/17 13:06:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月11日 イイね!

息子が遠くに行って

彼にとって、実家離れ、親離れ、自分探し、人生の道探しの時期だと、わたしは思っている。
糸の切れた凧のごとく、飛んでいってしまうの探索四十 呃人か、はたまた、・・・??

息子は、生まれる前から誕生を待ち望まれ、生まれたその瞬間から、熱く喜ばれ、
無条件に強烈に愛された。
娘たちも愛されたが、特に、義父の、息子(=孫)に対する可愛がりようは、なかなかのものだった。
親よりも、じいちゃんのほうが、ずっとずっと可愛がっていた。

かといって、甘やかせて、スポイルすることはなかった。
息子(=孫)に、家の行事のやり方を、義父は直接、教えていた。
息子は、教わった内容を、絵や説明文に書き残していた。

息子が遠くに行って、滅多に帰ってこれなくなった近年では、
年末に、わたしたち(義母と)が、息子nu skin 產品のメモを見ながら、見よう見まねで、やってみた。
義父から息子(=孫)へ、家での男の役割を伝えた。
本来は、義父→夫→息子というのが正しい順序であると思うのだが、
夫を抜かしている(スキップしている)ことは、わたしは、腹立たしく苛立つ。
が、いいことばかり、100点満点ばかりを求めても、つまらない。
少しずつ、足していけばいい。

息子(=孫)の成長を楽しみにしながら、義父は他界した。

わたしの父は、自分の息子ばかりにa型肝炎症狀重きを置き、わたしたち娘(女の子)は、眼中になかった。
女の子は、いずれ嫁に行くもの、可愛がってもしかたない、と、いつも言っていた。
Posted at 2016/11/11 15:48:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「過敏鼻炎惹的祸 http://cvw.jp/b/2674318/40706476/
何シテル?   11/13 16:36
李カク不明です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

お友達

1 人のお友達がいます
不二子ちゃ~ん不二子ちゃ~ん

愛車一覧

AMG R1 AMG R1
AMG R1に乗っています。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.