車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月09日 イイね!
 時光在走,我們也在走,時光不僅把皺紋雕刻在我們臉上,也把歲月的滄桑駐留在我們心間。

  曾經我們風塵僕僕,仿佛就為了赴對方的一面之緣,一見傾心,相見恨晚。我們都懷著探秘的好奇來結識彼此,也希望把自己最好的一面對對方展現。

  從最初的彼此試探到後來的肆無忌憚,我們開始明白對方每一個無傷大雅的小缺點,同時也懂得了對方的軟肋所在。我們彼此在意卻又彼此傷害,也許一個過頭的玩笑就能讓我們的情誼土崩瓦解。也許時間的琢磨,就把我們變成左手右手般親密或疏遠。

  不知從什麼時候起,我們便不再聯絡,從習慣彼此的存在到習慣彼此的消失,卻需要我們慢慢學會習慣。

  我們不能再重新認識,因為彼此那麼熟悉過;我們也不能彼此忘記,因為彼此那麼在意過。我們終於成為了對方——最熟悉的陌生人。

  天下大勢,分久必合合久必分,可於感情卻只有合久得分,沒有分久的合。

  有時感覺人生就像在跳圓舞,我們跌跌撞撞,兜兜轉轉,也許總是終點又回到起點。就好像得到複失去,就好像從沒有得到過一樣。

  但好像只是好像,時間是怎樣把握了我皮膚,世事是怎樣輾轉了我初心,只有我自己清楚。

  追不回的從前,回不去的過往,曾經的形影不離如今的形同陌路,,也經歷了轉身而走的離散。

  我們都希望人生總是如初見,初見驚豔,再見依然。可希望只是希望,人生怎能永如初見?人來人往的萬丈紅塵裡,我只能經歷一個人的海枯石爛,天荒地老。

Posted at 2017/01/09 13:06:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月19日 イイね!
  我接受著所有的夜,灑落幾許悵然的歎息,留下幾度無奈的回眸,那不是我無理取鬧的情愫,而是憂傷中略帶幸福的柔軟。我無法去表達出那種溫馨的色彩,因為我相信,能夠懂的人都會明白,不是麼?
  
  當時間沉澱了所有的記憶,回想起來的那一瞬間,你是否還會有那麼一點失落和心痛;也許,只有失去過後才知道什麼是“珍惜”什麼是“愛情”也許,我們唯一能做的就是傻傻的站在原地打轉,深迷其中;我想放下過去,怎奈歲月不給我抹去這些無奈而傷痛的記憶去紋.....
  
  幾許情意綿綿,留下多少無奈回眸,原來,學會放棄的那一刻,也會心痛,也會有太多不甘心,只是我們又能怎樣?
  
  也許,你根本從未在乎過我,根本體會不到如今的我是如何身受傷痕累累的積累;也許,你根本不會懂得。
  
  曾幾何時,我把唯一一顆從未受傷過的心給了你,你卻讓我遍地鱗傷。
  
  如果,我們不曾相遇,故事的結局是否就不會留下我一個人獨自承受著傷痛?
  
  如果,我們不曾相遇,是否你我還是那個你來我去的陌生而不熟悉的快樂人?
  
  曾幾何時,我想和你互相浪費,一起虛度短的沉默、長的無意義,一起消磨精緻而蒼老的宇宙,一起旅行、看世界的風景,直到所有被虛度的事物,在我們身後,長出薄薄的翅膀什麼是Beauty Box
  
  你問我什麼是最好的愛情?最好的愛情就是:我願意陪你度過冗雜的日常,也想和你一起去看遠方的星光。你就是最好的愛情;如果你愛一個人,那就和她去旅行,如果旅行過後你們仍舊相愛,那就結婚吧。
  
  好好珍惜對你好的人,弄丟了,上百度也找不回來。世界這麼大,有人對你好,是你的驕傲;人心如此小,有心裝著你,是你的自豪。總有一個人把你看得很重,失去什麼也不肯把你丟掉,這世上,錢能買得起真正的奢侈品,但最奢侈的是你用多少錢,也無法買到的一顆真正惦記你的心!
  
  請不要說我變了,因為我沒變,只不過懂得了,別人怎樣對我,我就該怎樣去對待別人;有些東西,想起來總是很美好的,於是在你的想當然中,荒廢了一場本來可以很開心的現實。
  
  若是有緣,時間空間都不是距離。若是無緣,終日相聚也無法會意。凡事不必太在意,更不需去強求,就讓一切隨緣吧!思念總是有不得不收藏起來的時刻,而生命裏最捨不得,藏得總是最深,且不讓人知道。一個人受到感情的傷害,原本是可以慢慢淡忘的什麼是Beauty Box,但如果心裏一直念念不忘,就會使其所受的傷害,永遠難以痊癒。該是你的遲早都會是你的,若不是你的即使強留也留不住。
  
  感謝生命中每一個陪伴我的朋友,雖然有很多身影已遠去到望不見足跡,但我始終堅信,思念的額角不會褪色,它會伴我跨越時間和空間的距離,把最真摯的問候,帶去你們的身旁,感謝你們,風雨相伴那麼久,不管彼此身在何處,是否還能再相見,請記得彼此!
Posted at 2016/12/19 18:58:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月17日 イイね!
それでも優しいあの人は決して私にそれを言おうとはしなくて、だから私の方から一方的に別れを告げるしかないと思った。
それが彼の為には一番いいのだろうと思ったから
むしろ、そばにいるべきではないんだ・・・。

「だけどよ、お前はまだ前の男のこと・・・」

「それはもう、終わった事です」


私の返事に土方さんはまだ少し腑に落ちない顔をしていたけど、私が「ね?」と念押しするように笑いかければ少しだけ安堵したような表情をする。
そんな姿を見れば、一体この人はどれだけ強い不安を抱えながら生きて来たのだろうと胸が軋んだ。



今目の前にいるこの人は私を必要としてくれている。
それが単なる寂しさから来るものでも、一時の思い違いでも、それはそれだ。

例えどんな風に回り道をしても、最後に二人の気持ちが同じ場所に辿りつければそれでいいと思った。



「土方さんだけじゃないですよ。私だってあなたに頼って縋ってばっかり・・・。やっぱり私は土方さんがいないとダメみたい!」

「葉月・・・」

「だから、ずっとそばに置いて下さい・・・」


私が彼を見詰めれば、その綺麗な瞳がすっと細められる。

そして、差し伸べられた手が頬に触れ、そっと私の顔を引き寄せた。



「土方・・・さ・・・」



途切れた声は彼の唇に塞がれ、飲み込まれる。
それは私を受け入れてくれた彼の気持ちの表れに思えて、じわりと心が熱くなるのを感じた。


土方さんは私を信じてくれた。
ならば、私はそれに応え、辛い人生を送って来たこの人の支えになってあげたい・・・。


同情しているわけじゃない。
求められたからそばにいるんじゃない。

私がそうしたいと思ったから、ただそれだけだ。

そんな思いを込めて、私は彼の背中に腕を回す。
そして、それに応えるように彼の温かい手が自分の背中に回される感触を私は涙の滲むような気持ちで受け止めていた。

ちょっとシリアスモードにシフトしましたが・・・。

土方さんが自分のトラウマを告白して、彼に好感を持っている葉月ちゃんはそんなこの人を支えてあげたいと思うようになります。
だけど疑り深い土方さんはまだ前の彼に未練があるのではと疑い、でも前の彼にもう自分は不要な存在だと思っている葉月はそれを否定します。

でも、葉月の気持ちはまだ中途半端です。
今はどっちかって言うと土方さんを好きと言うよりも彼を支える「使命感」で一緒にいなくてはと思っている節があります。
で、もちろん土方さんもバカじゃないので、そんな彼女の未練をちゃんと理解しているんですね。

だからここで前の彼が登場しちゃったりしたら・・・?
というのが今後の展開ですw

葉月ちゃんは一見おバカキャラなんですが、本当は意外な一面もありまして。
これからはそんな彼女もちらちらと書いて行きたいと思います。
Posted at 2016/10/17 12:46:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月27日 イイね!
そのうち症状が治まるはずと放置していたのだが、
そういえば4年前に冷氣機價格比較治療した「帯状疱疹」によく似ていると思い当たった。

身体の片側にしか出現していない。

数日後に海外旅行を控えている身には、悄然とする事態である。
しかも、皮膚科医も盆休みで治療を受けづらい状態だ。
一刻も早く治療を受けたほうが望ましい疾患なのだが、隔靴掻痒の思いである。

以前は「帯状疱疹は一度罹患すれば再発しない」と言われていたが
2年過ぎると再発を繰り返すこともあるらしい。

加齢や免疫力の低下、栄養バランスの悪さ、睡眠不足、ストレス等が引き金になるらしい。
どれもこれも心当たりがある。

一日1000円くらいの飲み薬で、あっという間に回復した記憶がある。
私はそれほど浪費家ではないが、医療費のみ青天井なので、悪化する前に
何とか手を打ちたい。

いや、待てよ。
まだ診断が下ったわけでなく、私が勝手に妄想を逞しくしているだけだ。
もしかすると、単なる湿疹かもしれない。

そんなわけで強めのステロイド(テクスメテン)を塗布してみた。
※帯状疱疹の場合、この冷氣機邊個牌子好処方はあまりお勧めできない。

明日の朝には綺麗に治まってくれることを祈りつつ、
これから訪問国の語学復習をしよう。「最近太ったね、ぷりぷりじゃない」と久しぶりに会った母親に言われ
「プリンちゃん」というあだ名が付けられた。

名称は可愛らしいが、本人的には面白くない。
他人は絶対指摘しないことなので、ありがたいことでもあるが。

これを機に、頑張ってダイエットに励もう!と決意した。

ダイエットの王道と言えば、である。運動は――この暑さの中、動く元気はないので
取りあえず、カロリー制限を行った。

朝は、ヨーグルト(オリゴ糖をかける)のみ。
たまに納豆だけにするときもある。
とにかく腸内環境を整えることを重視する。

昼はなるべくそば類を食べる。

甘味料入りの者は飲まず、0㎉のお茶をメインに摂取する。
お菓子は食べない。

夜は少なめにする。
野菜をたっぷり樂聲東芝冷氣比較、タンパク質や繊維質を意識的に摂取。
Posted at 2016/09/27 16:20:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月06日 イイね!
買うべきか買わざるべきか、・・・ハムレットの心境・・・
 ・・・で、結局買った。

 「ありがとうござい腋下脫毛ます。またお越しください」
 「また来るかどうか判らないけどね・・・」
 葉巻売り場のお姉さんは、営業スマイルをちょっと歪ませた。

 葉巻を買うと、それまで頻繁だったガムや水の量が減り始めた。そして、葉巻を吸ったのは買った2日後だった。つまり、買った当日と翌日は葉巻に火を点けることに逡巡していたのである・・・
 火の点いていない葉巻を咥えている私を見て、子どもが笑った。それでも、不思議と心が落ち着いた。いつだって吸えるんだ・・・

 葉巻は1回に1口、2口しか吸わなかった。葉巻の煙は濃厚だし、吸うのではなく、ふかして香りを楽しむものなのだ。取り敢えずは吸った気になるし、値段を考えれば、1口、2口で我慢す眼皮下垂る・・・ケチな私にピッタリだった。
 葉巻は香りが強いので、外出時に吸うにはちょっと勇気がいる。そもそも、ゆったりと吸うものなので、持ち歩かずに家でだけ吸うようにした。
 家に帰れば葉巻が吸える・・・そうして、家に帰るまでは煙草を我慢した。

 結局、その葉巻は2週間もち、外では煙草を吸わなかった。
 一度だけ、葉巻ホルダーに入れて出かけたことがあったが、中で灰が落ちて、震動のために葉巻が灰まみれに香港 夜景なってしまった。それで、持ち歩かずに家だけで吸うことにした。

 ケチな私は考えた・・・
 1400円の葉巻が2週間もった。それまで私は紙巻煙草を日に1箱吸っていた。
 300円×14日=4200円
 ・・・葉巻の方が安い。しかも、減煙できる!
 煙草を吸わない人には判らないかもしれないが、吸う人には喫煙量の激減振りが判ると思う・・・
Posted at 2016/09/06 16:12:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「我們經歷了燦爛如花的相遇 http://cvw.jp/b/2677042/39150455/
何シテル?   01/09 13:06
mailingsfruit@gmail.です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
愛車一覧
日産 180SX 日産 180SX
日産 180SXに乗っています。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.